りそな マイ ゲート と は。 外貨預金為替手数料割引プラン|外貨預金|りそな銀行・埼玉りそな銀行

りそなマイゲートとは?手数料がお得なネットバンキングでスマホ振込などが可能に

りそな マイ ゲート と は

りそな銀行の口座を持っていて、web上で履歴確認や振込、引き落とし登録などを行いたい。 そんな人にとってりそなマイゲートはとても便利です。 ただ、登録完了に少し時間がかかったり、気をつけたほうがいいところがあったりします。 この記事では、りそなマイゲート登録時に実際にしてしまった失敗談をもとに、注意点や対処法をご紹介していきます。 りそなマイゲートでメールアドレスはとても大切 りそなマイゲートにおけるメールアドレスの役割は多様です。 振込予約の通知• ワンタイムパスワード設定メールの受信 が主ですが、簡単に言うと確認書類のような役割をしています。 FacebookやLINEなどの SNSサービズの多くは、電話番号の認証を使っているので、万一メールアドレスを誤って入力しても 電話番号あてにSMSでリセット用のパスワードを送らせるということもできます。 りそなマイゲートは これができません。 そのため、登録時に メールアドレスを誤って入力してしまうと リセット方法がなくなり、それ以後は振込などのパスワードの入力を求められる手続きができなくなってしまいます。 (ログインはできますので、残高参照くらいは可能ですけどね) こんな変更をするときは気をつけて 私の場合は、携帯電話会社を変更したことで、メールアドレスの変更が必要になり、手続きをすることになりました。 ここで、(アホなのですが)入力を間違えました。 そのため、問い合わせてみました。 結論から言うと、 新規登録時と同じ流れをとるしかありません。 今の登録はそのまま無視して、新規登録と同じように手続きをしてください。 チャットサポートを使用した際のやりとり りそなのチャットサポートを使用した際のやりとりを(一部抜粋で)転載します。 こんな風にコメントしてもらえます。 自分: ワンタイムパスワードなどを送信してもらうためのメールアドレスを誤って入力してしまいました。 変更は可能でしょうか。 現在、ワンタイムパスワードや振込連絡などが届かず、再設定もできない状態です。 りそな: お問合せいただきありがとうございます。 お客さまは、現在ワンタイムパスワードの使用ができないため、メールアドレスの変更も行えない状況とのことでよろしいでしょうか。 ご不便をおかけしております。 りそな: ログインパスワードの初期化とワンタイムパスワードの再発行を伴いますが、 お取引状況が下記条件にあえば、マイゲート再設定を行っていただくことにより、メールアドレス変更が可能でございます。 通帳をお持ちである• キャッシュカード暗証番号が他人から推測されにくい• 口座お届け住所と現住所が一致している この1つ目の「通帳を持っている」が実は結構重要です。 りそなマイゲートの登録申請には「通帳記載の最終残高」の入力が必要なのです。 この「記載残高」というのは、現在の実際の残高とは異なり、その名の通り「通帳に記載してある」最終残高なのです。 もししばらく通帳記載をしていないとしても、記載してある最終残高を入力します。 通帳をなくしてしまっている場合、これがわからないので、申請は完了できません。 自分: いずれも問題ありません。 りそな: それでは下記URLの新規お申込み画面より、マイゲート再設定のお手続きをお願いいたします。 口座情報入力画面では正しいメールアドレスをご入力いただくと、マイゲートの登録アドレスも上書き変更されます。 新規申込と同じ画面で申し込んでいただくとマイゲート再設定の扱いとなります。 また、口座情報入力画面で「ソフトウェアトークンを申込する」もしくは「ハードウェアトークンを申込する」を選んでいただいた場合、1週間~10日程で口座お届け住所宛に転送不要の簡易書留郵便で届きます。 口座情報入力の次に、キャッシュカード暗証番号認証を行った後、「すでにマイゲートご登録済みですが、再設定しますか?」と画面が聞いてきますので「再設定する」を選んでいただきます。 という違いがあります。 私としてはソフトウェアトークン(スマホさえ持っていればどこでも使える)がおすすめですが、どちらでもいいと思います。 web上では残高照会くらいしかしないのなら、ここの申し込みは不要です。 自分: 簡易書留の到着を待たなければ再設定は完了しないということですよね。 りそな: 再設定完了後、即時、新アドレス宛へEメールでログインIDの通知がございます。 ログインパスワードは初期化され、「口座番号7桁+キャッシュカード暗証番号4桁」の合計11桁の数字になります。 画面が再設定完了となりましたら、すぐに初期パスワードでログインして、新しいパスワードに変更していただくと、マイゲートはご利用いただけるようになりますが、 振込等のワンタイムパスワードを使用する取引は簡易書留郵便が届いてから可能となります。

次の

ログイン りそなマイゲート

りそな マイ ゲート と は

残高・入出金明細照会• 振込(振替)• 定期預金• カードローン• 投資信託• 個人向け国債 特に、振込やローン返済がスマホでできるのは便利です。 今まで、りそな銀行の支店やATMにわざわざ足を運んでいた人は、特に便利さを実感できると思います。 りそなマイゲートならではの優待がある取引もあるので、順に見ていきます。 日常の取引-振込手数料の優遇 普段から利用する頻度が高い、 残高・入出金明細の照会や 振込も、りそなマイゲートで取引できます。 たとえば、残高を見て「少し余裕が出てきたな」と感じたら定期預金に回す、ということも店舗やATMに行かずにネットで完結できます。 このような日常的な取引で、りそなマイゲートを利用するメリットは2点あります。 振込手数料が優遇される• 明細照会のメモ書きや編集ができる まず、りそなマイゲートで振込をすると、 店舗ATMより振込手数料が安くなります。 他行宛の振込手数料も ATMの半額以下になるので、振込をよく利用する人はりそなマイゲートがおすすめです。 ちなみに、りそな銀行のポイントサービス「りそなクラブ」でステータスを上げると、 他行宛の振込手数料も無料にすることができます。 りそなクラブにはATM手数料の優遇もあるので、日頃の手数料を大きく節約できるようになります。 さらにもう一つ、個人的にとても便利だと感じるりそなマイゲートの機能が、 入出金明細にメモ書きができることです。 りそなマイゲートの入出金明細は、メモ書きだけでなくカレンダー表示もできるので、おこづかい帳のような使い方もできます。 (りそな銀行公式サイトより引用) ローン系取引-返済がスムーズに りそなマイゲートでは、 カードローンと 住宅ローンの返済もできます。 口座登録・開設• 残高・明細照会• 購入 一般的に、投資信託は銀行より証券会社の方がラインナップも豊富と言われています。 しかし、りそな銀行は 低コストな資産運用商品が多いと評判です。 貯金だけではなく資産運用もする人は、りそなマイゲートで一括資産管理ができて便利です。 厳重なセキュリティ体制 りそなマイゲートは手数料の優遇などのメリットがありますが、ネットでの取引に不安を感じる人もいるかもしれません。 しかし、りそな銀行では 厳重なセキュリティ対策を徹底しているので、安心して利用できます。 主なセキュリティ対策は以下の6点です。 ウイルス対策ソフトを無料配布 SaAT NetizenというPCセキュリティーサービスを提供し、 ウイルスやスパイウェアの検知・排除を行います。 データ改ざんを防ぐための暗号化 データ送信をする際はSSLの暗号化を行い、 情報漏えいや盗聴、データ改ざんを防ぎます。 一定時間で自動ログアウト りそなマイゲートにログインしたまま一定時間放置すると 自動的にログアウトするので、共有パソコンなどでのログオフ忘れをしても安心です。 一定回数以上パスワード入力を誤ると取引を一時停止 第3者がパスワードを何度も入力してログインしようとすることを防ぎます。 前回ログイン時間の表示 身に覚えのない時間にログインされていた際に、不正利用にいち早く気付くことができます。 万が一、ログインパスワードの盗難などによる不正利用が行われた場合は、 マイゲートあんしん保険で補償してもらえます。 補償額は被害の状況などによりますが、 最大300万円まで補償してもらえます。 より不正利用に備えたい場合は、 1日の振込限度額を低めに設定すると安心です。 振込限度額の変更もネット上で可能です。 無通帳口座TIMOとの併用もおすすめ りそな銀行でネットバンキングを主に利用する人には、 無通帳口座TIMOと りそなマイゲートを併用するのもおすすめです。 無通帳口座TIMOとは、 紙の通帳を発行しないりそな銀行口座です。 紙通帳からTIMOに切り替えると、りそなの独自サービスプログラム「りそなクラブ」のポイントが毎月もらえるメリットもあります。 一方、TIMOのデメリットは、残高・入出金明細の照会が13ヶ月前までしかさかのぼれないことです。 普段使いには困らないと思いますし、13ヶ月以上過去の明細が必要な時は店舗で手続きをすれば確認することができます。 口座の残高や入出金の確認をほとんどWeb上で行う人は、ペーパーレスなTIMOを検討しても良いと思います。 参考記事: りそなマイゲートの申込は簡単 りそなマイゲートは、 りそな銀行の口座と メールアドレスを持っていれば、簡単に申し込みができます。 申し込みは、 ネット・郵送・店舗のいずれかで行います。 最もスムーズなのは、ネット申し込みです。 まだりそな銀行の口座を持っていない人も、 無通帳口座TIMOなら店舗に行かずに口座開設とりそなマイゲート申込が可能です。 りそなマイゲートとネット銀行の違い 冒頭でも触れた通り、りそなマイゲートは ネット銀行感覚でりそな銀行のサービスを利用できるネットバンキングです。 りそなマイゲートがネット銀行と異なるのは、下記の3点です。 実店舗の有無• 預金金利や手数料• ネット上で扱える取引数 まず、りそな銀行は 実店舗があるという点が、ネット銀行と大きく異なります。 ネット銀行は実店舗を持たないことで運営コストをカットし、メガバンク以上の金利やサービスを提供しています。 何かあった時に実店舗で相談できた方が安心なら、りそな銀行がおすすめです。 一方、預金金利や手数料などを少しでもお得にしたい場合は、ネット銀行の方が良いです。 入出金や振込、預金などの普段使いをするだけなら、ネット銀行でも十分活用できます。 当サイトではセキュリティも万全で信用度の高いネット銀行のみを紹介しているので、比較の参考にしていただければと思います。 実はネット銀行は、メガバンクに引けを取らないセキュリティ対策をしています。

次の

ログイン りそなマイゲート

りそな マイ ゲート と は

りそな銀行の口座を持っていて、web上で履歴確認や振込、引き落とし登録などを行いたい。 そんな人にとってりそなマイゲートはとても便利です。 ただ、登録完了に少し時間がかかったり、気をつけたほうがいいところがあったりします。 この記事では、りそなマイゲート登録時に実際にしてしまった失敗談をもとに、注意点や対処法をご紹介していきます。 りそなマイゲートでメールアドレスはとても大切 りそなマイゲートにおけるメールアドレスの役割は多様です。 振込予約の通知• ワンタイムパスワード設定メールの受信 が主ですが、簡単に言うと確認書類のような役割をしています。 FacebookやLINEなどの SNSサービズの多くは、電話番号の認証を使っているので、万一メールアドレスを誤って入力しても 電話番号あてにSMSでリセット用のパスワードを送らせるということもできます。 りそなマイゲートは これができません。 そのため、登録時に メールアドレスを誤って入力してしまうと リセット方法がなくなり、それ以後は振込などのパスワードの入力を求められる手続きができなくなってしまいます。 (ログインはできますので、残高参照くらいは可能ですけどね) こんな変更をするときは気をつけて 私の場合は、携帯電話会社を変更したことで、メールアドレスの変更が必要になり、手続きをすることになりました。 ここで、(アホなのですが)入力を間違えました。 そのため、問い合わせてみました。 結論から言うと、 新規登録時と同じ流れをとるしかありません。 今の登録はそのまま無視して、新規登録と同じように手続きをしてください。 チャットサポートを使用した際のやりとり りそなのチャットサポートを使用した際のやりとりを(一部抜粋で)転載します。 こんな風にコメントしてもらえます。 自分: ワンタイムパスワードなどを送信してもらうためのメールアドレスを誤って入力してしまいました。 変更は可能でしょうか。 現在、ワンタイムパスワードや振込連絡などが届かず、再設定もできない状態です。 りそな: お問合せいただきありがとうございます。 お客さまは、現在ワンタイムパスワードの使用ができないため、メールアドレスの変更も行えない状況とのことでよろしいでしょうか。 ご不便をおかけしております。 りそな: ログインパスワードの初期化とワンタイムパスワードの再発行を伴いますが、 お取引状況が下記条件にあえば、マイゲート再設定を行っていただくことにより、メールアドレス変更が可能でございます。 通帳をお持ちである• キャッシュカード暗証番号が他人から推測されにくい• 口座お届け住所と現住所が一致している この1つ目の「通帳を持っている」が実は結構重要です。 りそなマイゲートの登録申請には「通帳記載の最終残高」の入力が必要なのです。 この「記載残高」というのは、現在の実際の残高とは異なり、その名の通り「通帳に記載してある」最終残高なのです。 もししばらく通帳記載をしていないとしても、記載してある最終残高を入力します。 通帳をなくしてしまっている場合、これがわからないので、申請は完了できません。 自分: いずれも問題ありません。 りそな: それでは下記URLの新規お申込み画面より、マイゲート再設定のお手続きをお願いいたします。 口座情報入力画面では正しいメールアドレスをご入力いただくと、マイゲートの登録アドレスも上書き変更されます。 新規申込と同じ画面で申し込んでいただくとマイゲート再設定の扱いとなります。 また、口座情報入力画面で「ソフトウェアトークンを申込する」もしくは「ハードウェアトークンを申込する」を選んでいただいた場合、1週間~10日程で口座お届け住所宛に転送不要の簡易書留郵便で届きます。 口座情報入力の次に、キャッシュカード暗証番号認証を行った後、「すでにマイゲートご登録済みですが、再設定しますか?」と画面が聞いてきますので「再設定する」を選んでいただきます。 という違いがあります。 私としてはソフトウェアトークン(スマホさえ持っていればどこでも使える)がおすすめですが、どちらでもいいと思います。 web上では残高照会くらいしかしないのなら、ここの申し込みは不要です。 自分: 簡易書留の到着を待たなければ再設定は完了しないということですよね。 りそな: 再設定完了後、即時、新アドレス宛へEメールでログインIDの通知がございます。 ログインパスワードは初期化され、「口座番号7桁+キャッシュカード暗証番号4桁」の合計11桁の数字になります。 画面が再設定完了となりましたら、すぐに初期パスワードでログインして、新しいパスワードに変更していただくと、マイゲートはご利用いただけるようになりますが、 振込等のワンタイムパスワードを使用する取引は簡易書留郵便が届いてから可能となります。

次の