サトシ の リオル。 サトシ X カモネギ がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

リオル X サトシ

サトシ の リオル

いやいや、やれやれ 脚本家:吉田玲子 :山崎玲愛、武内啓 絵コンテ:尼野浩正 演出:髙木啓明• このサトシは解釈違い? アニメ2019 通称新無印 にてサトピカ回である「いやいや、やれやれ」が放送された。 やる気のあるリオルの特訓だけに集中してを放っておいたしまったサトシに対しては怒り家出する回であり、仲直りしてより一層絆を深めるという回でもある。 が可愛かったり、いい話なので概ね好評ではあったが一部では 解釈違いという声も。 と言っても一日経って検索掛けてもかあんまり居なかったので大した人数じゃないどころか、かなり少ない意見ではあるけど面白い話題ではあると思うので個人的な見解を述べられたらなと。 なんたって俺は 解釈違い という言葉が大嫌いだからな!!!! サトピカが怒った原因 タマゴから生まれて特訓ばかりしていたリオルがついにランクバトルで勝利し、ウキウキにサトシ。 も自分もバトルがしたい!と言うが今はリオルのやる気を優先したいがために後回しに。 まぁはゲンガー、、、リオルと比べても圧倒的に実践で戦うことが多いのでこれは仕方がない。 実際は今作において、ダンデ、ビスケス、ハシバ、セイヤ、バトルフェスなど様々なバトルに参加している。 はやる気があるがサトシはリオルを優先したいので中々特訓に参加させてもらえず、そのままベンチで寝てしまう。 サトシは後ろにいるは勿論見えてないため「 リオルがこんなに頑張っているのに寝てたのか? そんなんじゃ公式バトルに出せないぞ」と釘を刺す真似をしてしまったのだ。 そしてこれが問題の発言でもある。 の解釈違い 今までヤキモチ妬いたことなかったのにサトシのが今更ヤキモチ妬くのはおかしい! という意見を見掛けたが、これに関してはちょっと疑問に思うことがある。 そもそもサトシのが嫉妬をするような場面が今まであったのかという話になるが恐らくなかったと思う。 サトシみたいな視聴者目線からだと優遇されているは居るだろうけど、サトシ目線で優遇しているはおらず 特別視しているですらある程度平等に扱っている。 なので今までにないパターンである以上これは キャラ崩壊というよりは の新しい一面が出ただけだと解釈も出来る。 サトシの解釈違い 先程のベンチのやり取りは正直言ってあまりサトシらしくないと俺も思う。 なんでサトシらしくないの?と言えば いやお前どうせ大好きなは公式バトルに出すだろと思っているからだ。 そもそも何でにあんなことを言ったかと言うと、恐らく後ろに気を配れなかったサトシががサボってるように見えたから釘を刺したんだろう。 ここで大切なのは サトシ目線と 視聴者目線 である。 所謂 神視点とも言われる視聴者目線はアニメを見ているので全てを知っている。 がやる気があることもベンチでうずうずとしていたことも。 しかしサトシ視点だと背中に目が付いていないのでの様子が分からずただ寝ているだけに見えてしまうのだ。 勿論知らなかったとは言えサトシが全面的に悪いが、サトシ側の気持ちを取り汲む必要があると思う。 何でサトシはリオルばかりに構ったのか そもそも今回のサトシはなぜよりもリオルに構いすぎたのか。 まず一つに リオルが生まれたてでやる気があることでやはり強くなりたいというリオルに気持ちを第一に取り汲んでいると思われる。 このリオル生まれてからすぐに戦闘意欲に湧いていて、サトシはの気持ちを優先することが多い。 勿論絶対に優先する訳では無くやる気よりも作戦などを大事にする場合もある そして第二に リオルがかなり負けず嫌いでサトシ本人ですら自分に似てるという点。 やっぱりタマゴから生まれたてでこんなにも意欲を燃やしてるリオルが可愛くて仕方がないんだろう。 こんなパターンは今までになかったのでいつもバトルさせてるよりも戦闘経験が足りないけどやる気のあるリオルを買いすぎた結果の喧嘩とも言える。 そもそもサトシは常にサトシらしくあるべきか否か そもそもサトシはこんなこと言うような奴だっけ?と思う人はいるはず。 それでは過去の事例を幾つか紹介してみよう。 タッグバトル!サトシvsハルカ!? こちらはアドバンスジェネレーション 72話 「タッグバトル!サトシvsハルカ!?」から。 先を急ぎたいサトシに数秒鏡の前で身嗜みを整えるハルカと喧嘩。 めっちゃハルカのことを急かすし、何でもないようなことで顔がまるでオクタンのようになってしまっている。 かな~~り短気だしどうでもいいことでキレてて余裕なさげ。 サトシとアイリスが絶好!?別れの一本道!! こちらは131話「サトシとアイリスが絶好!?別れの一本道!!」という回からをゲットしようとしていたサトシがエレキボールを当てようとするがよろめいたがにぶつかりエレキボールは外れに逃げられてしまう回。 わざとやったわけではないに「 あの時が邪魔さえしてなければ」と言ってしまう。 迷いの森 … 進化の夜明け! こちらはXYシリーズから121話 「迷いの森 … 進化の夜明け!」 ショータに続きウルップに負けてらしくもなくかなり落ち込んでるサトシ。 セレナが励まそうとすると「 セレナに何がわかるんだよ!」と苛立ちと共に怒号を上げてしまう。 その後 こんなのサトシじゃない! とセレナに怒られてしまうぐらいにはサトシらしくなかったと言える。 他にも色々とあるが違うケースで最近だとコルニと戦う時に様子見の に対してコルニに で様子見なんて らしくないよ!と言われることもあった。 の光煌めく波動弾といい、炎のように燃え盛るのエフェクトといい、並に大袈裟にぶっ飛ばしたりと兎に角すごい作画。 今回のにしても今までの喧嘩回にしてもサトシがカッとなってサトシらしくない一面を見せてしまったのだろうが、誰だって怒っている時は普段の自分とは違う一面を見せるとは俺は思うのだ。 これからから導き出される俺の結論• リオルに構いすぎてを放置• サトシのそんなんじゃ公式バトルに出せないぞ発言• がヤキモチ 今回の論点は凡そこの3つだと思う。 が、サトシも稀に間違えることもあるので常にサトシらしくあるべきだとは思わない。 人間誰でもらしくない行動は取る時がある。 これは今までにないケースだったのでの新しい一面が出ただけ。 それに対しての個人的な解答はコチラ。 今回の話を見て悶々としてた人はそう多くはないと思うが、悶々としていた人は なるほど、こういう考え方もあるんだなとポジティブに考えてくれると嬉しい。 解釈違いって俺が思っているのと違うから認めん!と言いたいのが大半だと思うがこの作品に限らずそのキャラがらしくない行動を取るのは全然有り得る話である。 …と言ってもらしくなさにも限度は勿論あるので何でもかんでも許容しろという話でもないのだが。

次の

リオル X サトシ

サトシ の リオル

つい最近までされる側だったのに、大きくなって…。 kbchax リオル可愛いし今回のサトシの手持ちいいよね〜🥳 サトシのリオルがルカリオに進化したらメガシンカ習得してコルニにわからせて欲しい いつもならリオルを選びそうなのにカイリューとゲンガーにするあたり今日のサトシさんガチだな アニポケ サトシのリオル、これは流石にルカリオになるでしょ…え、なるよね?メガ進化対決とかしてみてほしい~! ルカリオに憧れるリオルが可愛かった。 カイリューとメガルカリオの最後の立ち姿を見てたら無印編セキエイ大会のサトシのリザードンとシゲルのカメックスの最後の立ち姿を思い出した。 そういえばコンコンブルの声優も以前は石塚運昇さんだったな...。 シゲルのカメックスも...。 サトルのリオルもルカリオになるのかな? アニポケ ゲッコウガ出て欲しかったって言ってる人多いけどそう焦らないでください。 今後サトシがメッソンをゲットした場合の手持ちはピカチュウ、ゲンガー、カイリュー、リオル、メッソン。 1枠余ります。 つまりそういうことです。 妄想 サトシのリオル、進化後のcvが浪川さんならめちゃくちゃアツいし以前アニポケでコンコンブル師匠のルカリオのcvも担当されてたからワンチャンあると信じてるけれど、真堂さんのリオルの声も可愛くて好きなので進化したら聴けなくなるのは惜しい メガシンカルカリオさんイケメンすぎる。 いつかサトシくんの可愛いリオルがルカリオ進化したらイケメン待ったなしだろ サトシのリオルがルカリオになってコル二ちゃんのルカリオとバトルする回もある?!.

次の

サトシのポケモン (テレビアニメ第7シリーズ)

サトシ の リオル

凡例 [ ] 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• OA 構成 [ ] 同様、ゲット後はサクラギパークに預けている。 声 -• 戦績:2勝• 登場時期:PM2 第10話から登場。 PM2で最初にゲットしたポケモン。 元々はカイリュー系統の棲息地 にいた群れのうちの1体。 空を飛べずに悩んでいたところ、サトシと共に特訓を行って見事飛行できるようになった。 その矢先、カイリューの群れを狙ったのが暴走。 絶体絶命のピンチに陥ったサトシを助けるため、勇敢に立ち向かったところカイリューへ進化した。 騒動が治まった後、自ら仲間になることを選びゲットされた。 温和で人懐っこく、気に入った相手に抱きつく癖がある。 ゲット以降、空からの偵察や飛行要因として活躍。 サクラギパークの守り神でもあり、ポケモンフーズを盗まれた事件で喧嘩しているポケモン達を仲裁しようとしたサトシとゴウを移動させて、ポケモン達の様子を伺わせている。 サトシの手持ちとしては、歴代トップクラスの実力を有する。 強力なポケモンだけあって潜在能力は凄まじく、通常の倍近くある巨大と互角に渡り合い、コルニのメガルカリオにすら競り勝っている。 第25話で公式戦デビューを果たす。 「りゅうのまい」を使った戦法でコジョンドを圧倒し、続くメガルカリオ相手とも互角に渡り合う。 最終的に「グロウパンチ」と「ドラゴンクロー」のぶつかり合いの末、わずかな差で勝利を収めた。 使用技は「りゅうのまい」、「はかいこうせん」、「ドラゴンクロー」、「ぼうふう」。 ゲンガー [ ]• 声 -• 特性:のろわれボディ• 戦績:1勝2敗• 登場時期:PM2 第11話から登場し、第16話でゲットされた。 一時同行していたを除くと、サトシ初のゴーストタイプ。 イタズラ好きな性格。 ゴーストタイプらしくやに潜むほか、壁抜けなども行える。 かつては別のトレーナー(声 - )の手持ちだったが、不幸な出来事が続いたことで疫病神扱いされ、サクラギ研究所ができる前の屋敷に捨てられてしまう。 それ以来、人間を信用できなくなりを働いていた。 初登場時、サトシたち一行を襲撃するが、の「スパーク」で屋外へ吹き飛ばされてしまう。 後に第14話のラストシーンに再登場し、第16話で懲りずにまたサクラギ研究所を襲撃する。 今度はサトシに憑りつくが 、まもなく元トレーナーに遭遇して騙されていたと気付く。 自暴自棄に陥ったところをロケット団に狙われるが、サトシと共闘して見事撃退する。 騒動が治まった後、サトシの見舞いに訪れてモンスターボールを渡し、自らゲットされる道を選んだ。 ゲット前から非常に高い実力の持ち主であり、サトシが認めるほどのつわものである。 抜群のバトルセンスを有し、型に囚われないトリッキーな戦法を用いる。 一方、自分より素早さで勝る相手は苦手としている。 第18話で公式戦デビューを果たす。 1番手のに完勝するものの、続くには「でんじふゆう」を利用した戦法に翻弄されて敗北する。 第25話のバトルフェスでも先鋒として登場する。 しかし、コルニのコジョンドのスピードに終始翻弄され、さらに「とんぼがえり」で交代したルカリオに敵わず敗れる。 使用技は「シャドーボール」、「れいとうパンチ」、「ナイトヘッド」、「サイコキネシス」。 リオル [ ]• 声 -• 登場時期:PM2 第21話から登場。 元々はで発見されたタマゴ。 長きにわたり孵化しなかったものの、波導を感じ取ったサトシに心を開き 、ようやく孵った変わり種。 頑固で負けず嫌いな性格。 また、向上心が強く格上にも果敢に挑むが、生まれたばかりのため未熟な面もあり返り討ちに遭うこともある。 生まれてすぐ野生のポケモンたちに次々とバトルを仕掛け、敗れては幾度も戦いを挑んでいた。 その最中、遭遇したに追い詰められたところ、サトシと共闘して勝利する。 後に自らゲットされる道を選んだ。 波導をキャッチすることもできサトシとコルニのルカリオの波導も感じ取っていた。 また、進化形であるコルニのルカリオに強い憧れを抱いている。 コルニもこのリオルがお気に入りでバトル中にアピールしていた。 第20話からエンディングにて、タマゴの姿で本編に先駆けて登場。 使用技は「しんくうは」。 注釈 [ ] []• 各シリーズにおける初ゲットの中では、話数として最も遅い(これまでの最長はAG・SMの第4話)。 に囲まれた(景観としてはに近い)。 ハクリュー時代、愛情表現でサトシに巻きついた名残り。 ゲンガーの特性は「のろわれボディ」のみ。 このゲットにより、サトシは正式に全18タイプをゲットすることになった。 その性格のせいでサトシからパーク内のポケモンフーズを盗んだ犯人だと疑われたこともあった。 これが原因でサトシは体調不良を悪化させてしまう。 23話で判明。 その際、サトシ本人も「俺を呼んでいる」と悟った。 特訓でバリヤードにあしらわれたり、ゴーストタイプのゴルーグに効果のない「しんくうは」を繰り出したり、相性で有利なブニャットに押されたりしている。 通常モンスターボールでゲットする際、少なくとも数回は小刻みに揺れるものの、リオルの場合は1回も揺れることなくゲットされた。

次の