かかと が 痛い 心臓。 かかとが痛い原因は痛風?体温の低い所と刺激の所に尿酸が溜まる

かかとが痛い方必見!痛む場所でわかる疾患名まとめ

かかと が 痛い 心臓

この記事を読んでいるということは、あなたが踵(かかと)の痛みで困っているからだと思います。 踵(かかと)が痛くて、以下のようなことに悩まされていませんか? ・出勤や仕事に支障が出ていて困っている。 ・部活や趣味のスポーツが思うようにできずにストレスがかかっている。 ・家事が辛い、外出するのが億劫になる、ずっとこのままなのか?と不安になっている。 ・動くのが少なくなって太ってしまうのが怖い。 このような悩みがあるのではないでしょうか? 上記のような悩みを抱えていると、「このまま踵の痛みと付き合っていかなくちゃいけないのか・・・。 」と、不安になってしまうのではないでしょうか? そのままの状態で生活を続けていると、踵に負担をかけないようにかばって歩く癖がついてしまい、周りの関節や筋肉に負担がかかりすぎて腰痛や股関節痛や膝の痛みなど、他の症状が少しずつ現れてしまいます。 また、骨の変形によって最悪の場合手術をすすめられることも実際にあります。 そこで、この記事ではあなたがいますぐに踵の痛みを改善できるように、踵の痛む場所別の代表疾患とその原因、対処方法について細かく説明していきます。 あなたの生活に支障をきたしている「踵の痛み」は一体何か?どうすれば悪化せずに痛みのない生活を取り戻せるのか?その不安を解消する為に役立ててください。 踵のどこが痛みますか? 踵のどこが痛むかで、ある程度判断できます。 あなたの踵のどこが痛むか? まずは、下記の画像3枚からあなたの痛む場所(番号)を確認してみてください。 ではその痛む番号の考えられる疾患名をお伝えします。 「 踵骨疲労骨折」(しょうこつひろうこっせつ)• 「 踵骨後部滑液包炎」(しょうこつこうぶかつえきほうえん)もしくは「アキレス腱皮下滑液包炎」• 「 足底筋膜炎」(そくていきんまくえん)• 「 アキレス腱周囲炎」• 「 踵部脂肪褥」(しょうぶしぼうじょく) 以上が踵の痛みが起こる場所ごとの、疾患名になります。 それぞれを解説していきますので、 下記からあなたの当てはまる番号をチェックしてみてください。 ・走る、跳ぶといった、踵に衝撃が加わり、大きな負荷のかかるスポーツに多い。 (事例)サッカー、バレー、陸上競技、剣道など• ・底の硬い革靴で歩き回る営業マンや骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の高齢者に発症することもある。 痛みの特徴• ・軽度の場合は、運動開始直後と終了後に痛みを感じやすいが運動中はさほど痛みを感じないことが多い。 ・中程度〜重度の場合は、痛みが強くて体重をかけることができずにヒョコヒョコ歩く。 腫れや皮下出血(内出血)、赤みをともなうこともあります。 おもな原因 踵の骨が疲労骨折するということは、文字通り「骨に疲労がかかり続けた結果おこる骨折」です。 運動するときは、このふたつの筋肉が伸び縮みすることで、地面を蹴るなどの動作を行うことができます。 しかし、このふたつの筋肉も激しい収縮を繰り返していると、当然付着部である踵に負担がかかり、疲労が蓄積します。 疲労が築成することで、骨にヒビが入り、結果的に疲労骨折となってしまうのです。 どうやって治療していくのか まずは、整形外科を受診しましょう。 レントゲンで確定診断が可能です。 (確定診断とは、疲労骨折しているかそうでないか判断がつくということです) もし、疲労骨折していると診断されれば 基本的には運動を中止することになります。 処置はヒールパッドといって踵にクッションをかますことを一般的に行います。 そうすることで、踵への歩行時のストレスを減らしつつ生活を送ってもらいます。 もちろん安静第一。 重度で踵をつくのもできないくらいなら松葉杖をつくように指導されることもあります。 早ければ10日〜、遅くても1ヶ月程度あれば完治してスポーツ復帰できることがほとんどですから、早めの受診が大切です。 個人的な見解としては疲労骨折が完治したら、再び症状が出ないよう、調整を施しておかなければなりません。 例えば、以下のような調整をしておくことで、踵に変なクセをつけずに済みます。 ・アキレス腱のねじれ、癒着、硬さ、弾力性の調整。 ・踵骨のねじれ、踵骨の上に乗っかってる距骨(きょこつ)を正しい位置に調整。 ・足の甲の関節(ショパール、リスフラン)や5本の足趾関節に股関節の調整。 これらを調整することで、踵の骨にかかるストレスもグッと下がります。 イメージしやすいように下記のイラストをご覧ください。 ところでこの滑液包ってどんな役割を果たしていると思いますか? 文字通り、「滑りやすくするヌルヌルとした液体を包んでいる袋」です。 ヌルヌルしたクッションの役目をしてくれる滑液包があることで、皮膚やアキレス腱、踵の骨とアキレス腱の摩擦を軽減してくれるんです。 この滑液包に刺激が加わりすぎるとどうなるでしょうか? そうです。 「炎症」がおこるんです。 では、これから2つの特徴を分けて解説していきますね。 どんな人に発症しやすいか アキレス腱皮下滑液包炎• ・10代〜40代の女性に発症しやすいです。 ・ハイヒールをよく履く方。 ・ヒールを出勤で履く方。 ・新しい靴に変えた後。 ・硬いスポーツシューズ(スパイクなど)で運動する方。 ・革靴の吐き口が硬いものを履く方 踵骨後部滑液包炎• ・足首を頻繁に曲げ伸ばしする方に多く発症します。 ・マラソンランナー。 ・現場仕事で階段をとにかく往復する方。 ・運送業の方。 ・剣道や柔道をする方。 痛みの特徴 アキレス腱皮下滑液包炎• ・腫れている感覚がする。 ・皮下に赤みが見られる。 ・触れたり押すと痛む。 ・靴を履いて歩くときに、踵の部分が当たると痛む。 踵骨後部滑液包炎• ・赤みは見られにくい。 ・歩行時に痛む。 ・患部を押すと痛む。 ・触れるくらいでは痛みを感じないことが多い。 ・階段昇降時に痛む。 ・立った状態からつま先を上げることを繰り返すと痛む。 ・つま先立ちを繰り返すと痛みを感じる。 おもな原因 アキレス腱皮下滑液包炎 女性の履くヒールには、脱着をしやすくするために、踵の部分にちょっとしたスペースがあります。 しかし、このスペースが歩行時に踵とヒールの摩擦を招いてしまい、アキレス腱皮下滑液包に刺激が加わり続け、炎症を起こす原因となってしまいます。 ビジネスマンの革靴やスポーツ用のスパイクなども同様に、サイズや靴の形状が足にフィットしていなければ、踵に大きな負担をかけてしまいます。 踵骨後部滑液包炎 足首を頻繁に動かすことで、アキレス腱と踵の骨の間にある「踵骨後部滑液包」が刺激されて炎症がおこります。 シンプルですが、これがおもな原因です。 当然その状況を生み出す、ランニング、階段の昇降が多い仕事。 営業で歩き回る環境の方に起こりやすいですね。 また、最近の健康ブームでジムに通う方が増えましたよね?ランニングマシンやスタジオでエアロビなどでも炎症をおこすことが多くなりました。 特に、ランニングマシンは外を走るのとはわけが違うくらい踵に負担がかかります。 外よりも柔らかいので足腰に負担がかかりにくと思われますが、地面が常に動いている状況ですから自然と踵が接地した際に全身がブレないように力が加わり負担がかかるのです。 ジムでランニング頻度が高い方は注意が必要ですね。 どうやって治療していくのか アキレス腱皮下滑液包炎 整形外科を受診して診断を受けましょう。 踵の検査ではエコー(超音波)検査やレントゲンをとることが一般的ですが、それらの情報をもとに治療方法を決めていきます。 基本的に、あなたのシューズチェックを元に対処として• ・適切な靴を変えていく。 ・適切なヒールパッド(踵の保護クッション)をつけるように指導が入る。 ・安静。 ・アイシング。 といった治療をすすめていくことになります。 市販のヒールパッドも雑貨屋さんなどでよく見かけますが、応急処置として買って試してみるのも良いでしょう。 シューズを変更することや、足の構造的な問題を処置していくことが大切なので、ガマンし続けないようにしてくださいね。 踵骨後部滑液包炎 ・こちらも整形外科を受診して診断を受けましょう。 対処としては上記「アキレス腱皮下滑液包炎」とほぼ同じです。 特にこちらの疾患は、シューズの見直しやヒールパッドやインソール。 アキレス腱や踵骨などの調整がアキレス腱皮下滑液包炎より大事になります。 それに、特に多いランニングマシンでトレーニングしている方は上述した通り踵の負担が強いので見直しが必要です。 この場合は手術適応になることがありますから、やはり整形外科で画像検査をしてもらうと安心ですね。 あなたが踵の裏が痛いのなら一度は聞いたことあるのではないでしょうか? 踵の裏の痛み=足底筋膜炎といわれるくらいこの症状で悩む方が多いです。 どんな人に発症しやすいか• スポーツマン。 その中でも特にランニングや登山愛好家に多いです。 痛みのでる数年前から著しく増加した方。 肥満傾向の方。 間違ったフォーム(走り方や飛び方や着地の仕方)でスポーツする方。 正しくないサイズや硬さのシューズでスポーツをする方。 革靴で歩き回る営業マンやOL。 足首や足の甲の関節、ふくらはぎの硬い方。 痛みの特徴• 朝起きて立ち上がる時に踵や足の裏が痛む。 立ちっぱなしになると踵や足の裏が痛む。 歩き続ける、走ると踵や足の裏が痛む。 硬い靴で歩くと痛みがいつもより増す。 足の裏が痺れるようなピリピリすることもある。 おもな原因 結論、足底筋膜炎は「足の底の筋膜(筋肉を包んでいる膜)に炎症」が起こっている状態のことをいいます。 上記イラストにあるように足の裏の踵から指先まで覆っている膜で、繊維状の硬いのが足底筋膜です。 この足底筋膜は踵から足指の骨まで長く筋肉が伸びているのですが、その中でも足裏中央は特に分厚くなっています。 歩く際はもちろん、スポーツをする方はジャンプやランニング、をした際にこの筋膜が伸び縮みすることで着地の衝撃をやわらげてくれています。 その反面、スポーツに限らず、硬い靴で歩き回る環境であったり、足を酷使する環境が続くことで、負担がかかり続けて炎症してしまう。 これがおもな原因となります。 どうやって治療していくのか まずは、整形外科を受診しましょう。 その結果今の状態が、足底筋膜炎なのかどうか判断してもらいます。 治療としては、• ・まずは安静。 ・足底に負担のかかる状況(仕事内容、シューズの問題、インソール、ヒールパッドの挿入)を変えるように指導が入る。 ・負担を減らすために減量するように指導されることもあります。 ・消炎鎮痛剤(湿布やお薬)を処方される。 ・足裏のマッサージやストレッチ、電気治療。 上記を行いそのまま経過をみて症状が引いていくように治療していくことが一般的です。 個人的な見解としては足底筋膜炎が完治したら、再び症状が出ないよう、調整を施しておかなければなりません。 例えば、以下のような調整をしておくことで、足底に変なクセをつけずに済みます。 ・アキレス腱のねじれ、癒着、硬さ、弾力性の調整。 ・踵骨のねじれ、踵骨の上に乗っかってる距骨(きょこつ)を正しい位置に調整。 ・足の甲の関節(ショパール、リスフラン)や5本の足趾関節に股関節の調整。 ・足底の筋膜の調整。 これらを調整することで、足底筋膜にかかる伸張ストレスもグッと下がります。 腱が分厚くって長い、人体の中でもトップレベルに強い腱です。 なぜそんなに強いかというと、歩行で衝撃に耐えなければいけないから必然的に強くなるんです。 そのため両足のアキレス腱が断裂したら歩けません。 当然立っていることも困難になります。 歩く、走るといったスポーツや仕事、生活環境でアキレス腱を使いすぎることで、上記の画像で記した赤い部分に炎症が起きて、腫れや痛みを伴います。 どんな人に発症しやすいか• ランナーに特に多いです。 足に負担がかかるスポーツ全般。 (事例)サッカー、柔道、剣道、バスケット、バレー、ラグビー。 練習を頑張りすぎる傾向のある方に。 階段の昇降が多いお仕事の方。 歩き回ることが多いお仕事の方。 痛みの特徴• アキレス腱部が腫れている感覚がする。 熱感(触ると熱い)がある。 皮下に赤みが見られる。 アキレス腱をつまむと痛む。 荷重時に痛む。 (歩行、階段、片足立ち、走る) おもな原因 オーバーユース(使いすぎ)がほとんどです。 スポーツもそうですし、仕事で階段や歩き回るのもそうですが、革靴や硬いソールの靴、剣道などフローリング上で裸足で踏み込む環境でもアキレス腱が収縮を繰り返されるます。 繰り返し収縮することでアキレス腱が磨耗して、発症しやすいです。 どうやって治療していくのか 整形外科で診断を受けることになると思いますが、基本的には、1〜2週間のスポーツ中止が必要です。 処置としては、• ・アイシングやテーピング。 ・現在使用している靴の見直し。 ・ヒールパッドでアキレス腱の負担を減らす。 ・アキレス腱のストレッチ、ふくらはぎのストレッチ。 炎症がおさまれば、徐々に競技復帰に向けて運動強度をあげながら日々のケアをしつつ、症状がまた出ないようにしていきます。 個人的な見解としてはアキレス腱炎が完治したら、再び症状が出ないよう、調整を施しておかなければなりません。 例えば、以下のような調整をしておくことで、アキレス腱に変なクセをつけずに済みます。 ・アキレス腱のねじれ、癒着、硬さ、弾力性の調整。 ・踵骨のねじれ、踵骨の上に乗っかってる距骨(きょこつ)を正しい位置に調整。 ・足の甲の関節(ショパール、リスフラン)や5本の足趾関節に股関節の調整。 ・ふくらはぎ(浅い部分と深い部分)の筋膜の調整。 これらを調整することで、アキレス腱にかかるストレスもグッと下げることができます。 「褥」は褥瘡の褥です。 褥瘡とは、寝たきりの方が寝返りできないために、背中が圧迫されすぎてアザができたり皮膚がただれたりすることを言います。 踵は硬いイメージがあると思いますが、実際は割と分厚い脂肪のクッションで踵の骨が守られています。 (上記画像参照) 画像の黄色いのが脂肪体。 踵の画像左半分に写ってますが、このように黄色い脂肪が踵の骨を包んでいます。 その脂肪が褥瘡みたいに薄くなってしまって踵の骨にクッションが足りなくてダメージがきて痛んじゃうっていう状況です。 これが「踵部脂肪褥」です。 なんとなく伝わりましたでしょうか? どんな人に発症しやすいか• ・ランニングやマラソンなどの負荷の高いスポーツの初心者に多いです。 ・しばらく運動習慣がなかったのに、ダイエットや暖かくなったからと急にスポーツをし始めた方。 ・脂肪が薄くなってくる高齢の方。 ・スポーツや仕事をする際のシューズのソールが薄いものを使用する方。 痛みの特徴• ・立って荷重時に踵の中央が痛む。 ・踵の裏側の骨が隆起(突出)していて触ると痛む。 ・隆起部分を押すと痛む。 おもな原因• 加齢による踵脂肪の硬さの低下。 使いすぎや加齢による踵脂肪の弾力性低下。 使いすぎや加齢による踵脂肪の厚さの低下。 上記の状況でスポーツを始めたばかりの方やオーバーユース、ソールの薄いクッションの少ない靴を使用していることで炎症がおこることが主な原因です。 どうやって治療していくのか まずは整形外科を受診しましょう。 検査、診断の結果処置内容が確定します。 処置としては基本的に、、• ソールパッド(踵のクッション)を挿入して生活する。 テーピングを施すこと。 シューズのサイズを適切なものに変更するよう指導。 踵をしっかり保護してくれるクッション性とホールド感のあるシューズの選択。 こうして踵にかかる負担を軽減して生活することで改善していくようにしていきます。 個人的な見解としては踵部脂肪褥が完治したら、再び症状が出ないよう、調整を施しておかなければなりません。 例えば、以下のような調整をしておくことで、踵に変なクセをつけずに済みます。 アキレス腱のねじれ、癒着、硬さ、弾力性の調整。 踵骨のねじれ、踵骨の上に乗っかってる距骨(きょこつ)を正しい位置に調整。 足の甲の関節(ショパール、リスフラン)や5本の足趾関節に股関節の調整。 足底の筋膜の調整。 これらを調整することで、踵にかかるストレスもグッと下がります。 まとめ 踵の痛みについて解説してきましたが、いかがでしたか? あなたの踵の痛む場所を照らし合わせていただいて、その番号の内容をご覧いただければ、あなたの不安の解消に少しでも繋がったと思います。 踵は足ですから、ほとんどの症状が歩く、走る、靴、使いすぎといったキーワードが絡んできたと思います。 共通事項が多いのが踵の痛みの特徴ですが、読んでいただくと少しずつ負担のかかり方の違いがあったり、おこりやすい年齢や性差があったりかと思います。 踵の痛みは、原因を突き詰め、その原因となっている要素を取り除くようにしていけばちゃんと良くなります。 この記事があなたの今抱えている踵の痛みを解消して、やりたくてもできなくて困っているスポーツや家事や仕事や趣味を不安なく楽しめるように役立てば幸いです。 川上健史郎.

次の

革靴が痛いときの対策まとめ。甲・かかと・親指の付け根などタイプ別に解説

かかと が 痛い 心臓

突然のかかとに痛みを感じた時、まず、どの病院へ行かれますか? 多くの場合は、足の問題ですので、 整形外科を受診されるかと思います。 しかし、いつもとは違うかかとの痛みは、骨や筋肉だけの問題だけではないのです。 痛みの原因によっては、整形外科以外の科目を受診する必要もあります。 かかとの痛みが起きた場合、冷やしたり安静にすることでほとんどの場合は良くなります。 しかし、 歩けないくらいのなかなか変わらない痛みは、もしかしたらかかと以外に原因があるかもしれません。 そのような時は、かかる診療科を選ぶ必要があります。 今回は、そんな歩けないほどのかかとの痛みがあるときの対応についてご説明させていただきます。 Contents• 歩けないほどのかかとの痛みは重大な病気なのか? かかとの痛みは、 疲労の蓄積をまず考えます。 しかし、歩けないほどの激しい痛みの場合は、疲労よりももっと重篤 (じゅうとく)な怪我や神経が過敏になって痛みを感じやすいことが多いです。 疲労による痛みの場合なら、安静にして休むことで回復していきます。 しかし、 骨そのものにダメージがある、神経に異常がある場合には、休んでも回復しにくいものです。 このように、いつもとは違う痛みの場合は、視野を広げて体を観察していく必要があります。 そこで代表的な疾患をあげさせていただきます。 かかとの痛みの原因と疾患• 骨に問題がある場合• 神経に問題がある場合• 内科的な疾患が背景にある場合• そのほかの痛み これらの痛みは、内科的な疾患~神経の問題まで含まれております。 歩き方や足のつき方などの体の扱い方から、普段の日常生活の習慣によって引き起こされるものが多いです。 その場合は、生活の仕方も含めて改善していく必要があります。 骨に問題がある場合• シーバー病• 成長痛のシーバー病 身長の伸びが著しい成長期には、骨の痛みを伴いやすいです。 特に膝や肘、足首などの大きい関節では、この 成長痛が起こりやすいです。 太ももやふくらはぎなどの大きい筋肉の柔らかさがない場合には、かかとや膝などの筋肉がついているところに負担がかかります。 この負担がかかる力が大きくなり、長期に渡ることで炎症が起こります。 それがかかとで起きたのが シーバー病と呼ばれるものです。 シーバー病気が慢性化すると、アキレス腱の付着部が硬化していき膨らんで見えます。 足を突くだけでも痛みを伴うまでになってしまうので、早めの対処が必要になります。 疲労骨折 一方、疲労骨折は、繰り返し起こる刺激によるものと、急激な力による外傷があります。 骨にヒビが入り足をつくことでも痛みを伴います。 このような骨折の場合は、安静にしているだけでも痛みを伴いやすいものです。 同じ骨の痛みと言っても、感じ方の違いがあります。 疲労骨折の場合には、固定をして安静にします。 骨にヒビなどがある場合は、足をつくごとに痛みを感じやすいです。 神経に問題がある場合• 踵部痛 (しょうぶつう)(神経絞扼 しんけいこうやく)• 神経が圧迫されるかかとの痛み かかとの痛みは、神経を伝って感じ取ります。 かかとには、神経が張り巡られています。 この神経が圧迫を受けたり、痛めたりすることで痛みを感じやすくなります。 ちょうど、正座をして足が痺れた時に、ほんの少しの動きに対しても感じやすくなる状態に近いです。 足首周りの神経の圧迫 この圧迫が、神経そのものに加わる場合は、 神経痛です。 筋肉や健が通る足根管 (そっこんかん)と呼ばれる部分で、圧迫を受ける場合には、 足根管症候群と呼ばれる疾患になります。 その場合は、痛みだけでなく、筋肉の動きや足首の動きまでも不具合をきたします。 痛みを感じる部分や感じるきっかけの違いがあります。 内科的な疾患が背景にある場合• 糖尿病• 糖尿病による神経痛 糖尿病は、血管がもろくなる病気です。 その影響が神経に渡ると痛みに過敏になることがあります。 もともと内科的な疾患をお持ちの場合には、このような神経過敏症を疑います。 免疫異常で感じるリウマチの痛み また、リウマチのように免疫異常で強張りを感じる時も痛みとして認識されやすいです。 これらの問題は、血液検査などすることで疾患名が明確になります。 リウマチを疑う場合には、下記のチェック項目の確認をして見ましょう。 かかとの痛み以外にも複数該当する場合には、リウマチ科や内科などの受診をお勧めいたします。 パジャマのボタンが外しにくい• 家の鍵が開けにくい• 歯ブラシが持ちにくい• コーヒーのふたが開けにくい• RVのリモコンが押しにくい• 朝食を作るとき、動作に違和感を感じる• ドアノブが回しにくい• 靴ひもやリボンが結びにくい• ハサミが使いづらい• ホチキスが使いずらい• おはしが上手に使えない 引用) どんな医療機関に診てもらうのがいいのか?• 整形外科• 心療内科• ペインクリニック• 脳神経外科 かかとが痛む時には、 どんな風にすると痛みが増すのかで受診する科目が異なります。 骨の異常を疑う場合には、整形外科で画像で明確にできます。 また、内科的な疾患を疑う場合には、かかとの痛み以外にも、 手にしびれや こわばりがあるか、内臓の問題も疑われるのかを確認します。 血液検査や画像でもはっきりした所見が得られない場合には、体の不調を痛みとして認識していることも考えられます。 そのような場合には、心療内科を受診して、痛みを感じる理由を明確にしていきます。 骨の異常を疑う場合 整形外科 内科的な疾患を疑う場合 内科 血液検査や画像でもはっきりした初見が得られない 心療内科 その他、考えられること 痛みと痺れは似ている感覚です。 痛みと感じていても、実はその感覚は痺れのこともあります。 その痛みと痺れについてご説明させていただきます。 痺れを感じやすい疾患• 関節の問題• 脳の問題• 内分泌系の問題• 神経の問題 これらの問題は痛みと痺れを混同しやすい疾患です。 その問題がどこに原因があるのかが理解できれば適切な対処ができます。 それぞれの問題には特徴があり、痛みや痺れを感じている部分の問題と区別する必要があります。 もし、初めにお伝えした、かかと周囲に原因がなければ、これらの疾患も疑って見ましょう。 今回の記事のまとめ さて、いかがでしたでしょうか? かかとの痛みは疲労の蓄積以外にも起こります。 これらの痛みを明確にするには3つの情報を整理します。 どんな時に痛むのか• どうすると痛みが増すのか• かかとの痛み以外の体の変化はないか を観察します。 そうすることで、何が痛みを引き起こしたのかが見えてきます。 まずは、専門家にその状況を伝えて、適切な判断を仰いでみましょう。 原因がわかることで、不安も払拭されます。 この記事が改善の手立てになれば幸いです。

次の

かかとを押すと痛い!慢性的な痛みの原因と治し方は?

かかと が 痛い 心臓

突然のかかとに痛みを感じた時、まず、どの病院へ行かれますか? 多くの場合は、足の問題ですので、 整形外科を受診されるかと思います。 しかし、いつもとは違うかかとの痛みは、骨や筋肉だけの問題だけではないのです。 痛みの原因によっては、整形外科以外の科目を受診する必要もあります。 かかとの痛みが起きた場合、冷やしたり安静にすることでほとんどの場合は良くなります。 しかし、 歩けないくらいのなかなか変わらない痛みは、もしかしたらかかと以外に原因があるかもしれません。 そのような時は、かかる診療科を選ぶ必要があります。 今回は、そんな歩けないほどのかかとの痛みがあるときの対応についてご説明させていただきます。 Contents• 歩けないほどのかかとの痛みは重大な病気なのか? かかとの痛みは、 疲労の蓄積をまず考えます。 しかし、歩けないほどの激しい痛みの場合は、疲労よりももっと重篤 (じゅうとく)な怪我や神経が過敏になって痛みを感じやすいことが多いです。 疲労による痛みの場合なら、安静にして休むことで回復していきます。 しかし、 骨そのものにダメージがある、神経に異常がある場合には、休んでも回復しにくいものです。 このように、いつもとは違う痛みの場合は、視野を広げて体を観察していく必要があります。 そこで代表的な疾患をあげさせていただきます。 かかとの痛みの原因と疾患• 骨に問題がある場合• 神経に問題がある場合• 内科的な疾患が背景にある場合• そのほかの痛み これらの痛みは、内科的な疾患~神経の問題まで含まれております。 歩き方や足のつき方などの体の扱い方から、普段の日常生活の習慣によって引き起こされるものが多いです。 その場合は、生活の仕方も含めて改善していく必要があります。 骨に問題がある場合• シーバー病• 成長痛のシーバー病 身長の伸びが著しい成長期には、骨の痛みを伴いやすいです。 特に膝や肘、足首などの大きい関節では、この 成長痛が起こりやすいです。 太ももやふくらはぎなどの大きい筋肉の柔らかさがない場合には、かかとや膝などの筋肉がついているところに負担がかかります。 この負担がかかる力が大きくなり、長期に渡ることで炎症が起こります。 それがかかとで起きたのが シーバー病と呼ばれるものです。 シーバー病気が慢性化すると、アキレス腱の付着部が硬化していき膨らんで見えます。 足を突くだけでも痛みを伴うまでになってしまうので、早めの対処が必要になります。 疲労骨折 一方、疲労骨折は、繰り返し起こる刺激によるものと、急激な力による外傷があります。 骨にヒビが入り足をつくことでも痛みを伴います。 このような骨折の場合は、安静にしているだけでも痛みを伴いやすいものです。 同じ骨の痛みと言っても、感じ方の違いがあります。 疲労骨折の場合には、固定をして安静にします。 骨にヒビなどがある場合は、足をつくごとに痛みを感じやすいです。 神経に問題がある場合• 踵部痛 (しょうぶつう)(神経絞扼 しんけいこうやく)• 神経が圧迫されるかかとの痛み かかとの痛みは、神経を伝って感じ取ります。 かかとには、神経が張り巡られています。 この神経が圧迫を受けたり、痛めたりすることで痛みを感じやすくなります。 ちょうど、正座をして足が痺れた時に、ほんの少しの動きに対しても感じやすくなる状態に近いです。 足首周りの神経の圧迫 この圧迫が、神経そのものに加わる場合は、 神経痛です。 筋肉や健が通る足根管 (そっこんかん)と呼ばれる部分で、圧迫を受ける場合には、 足根管症候群と呼ばれる疾患になります。 その場合は、痛みだけでなく、筋肉の動きや足首の動きまでも不具合をきたします。 痛みを感じる部分や感じるきっかけの違いがあります。 内科的な疾患が背景にある場合• 糖尿病• 糖尿病による神経痛 糖尿病は、血管がもろくなる病気です。 その影響が神経に渡ると痛みに過敏になることがあります。 もともと内科的な疾患をお持ちの場合には、このような神経過敏症を疑います。 免疫異常で感じるリウマチの痛み また、リウマチのように免疫異常で強張りを感じる時も痛みとして認識されやすいです。 これらの問題は、血液検査などすることで疾患名が明確になります。 リウマチを疑う場合には、下記のチェック項目の確認をして見ましょう。 かかとの痛み以外にも複数該当する場合には、リウマチ科や内科などの受診をお勧めいたします。 パジャマのボタンが外しにくい• 家の鍵が開けにくい• 歯ブラシが持ちにくい• コーヒーのふたが開けにくい• RVのリモコンが押しにくい• 朝食を作るとき、動作に違和感を感じる• ドアノブが回しにくい• 靴ひもやリボンが結びにくい• ハサミが使いづらい• ホチキスが使いずらい• おはしが上手に使えない 引用) どんな医療機関に診てもらうのがいいのか?• 整形外科• 心療内科• ペインクリニック• 脳神経外科 かかとが痛む時には、 どんな風にすると痛みが増すのかで受診する科目が異なります。 骨の異常を疑う場合には、整形外科で画像で明確にできます。 また、内科的な疾患を疑う場合には、かかとの痛み以外にも、 手にしびれや こわばりがあるか、内臓の問題も疑われるのかを確認します。 血液検査や画像でもはっきりした所見が得られない場合には、体の不調を痛みとして認識していることも考えられます。 そのような場合には、心療内科を受診して、痛みを感じる理由を明確にしていきます。 骨の異常を疑う場合 整形外科 内科的な疾患を疑う場合 内科 血液検査や画像でもはっきりした初見が得られない 心療内科 その他、考えられること 痛みと痺れは似ている感覚です。 痛みと感じていても、実はその感覚は痺れのこともあります。 その痛みと痺れについてご説明させていただきます。 痺れを感じやすい疾患• 関節の問題• 脳の問題• 内分泌系の問題• 神経の問題 これらの問題は痛みと痺れを混同しやすい疾患です。 その問題がどこに原因があるのかが理解できれば適切な対処ができます。 それぞれの問題には特徴があり、痛みや痺れを感じている部分の問題と区別する必要があります。 もし、初めにお伝えした、かかと周囲に原因がなければ、これらの疾患も疑って見ましょう。 今回の記事のまとめ さて、いかがでしたでしょうか? かかとの痛みは疲労の蓄積以外にも起こります。 これらの痛みを明確にするには3つの情報を整理します。 どんな時に痛むのか• どうすると痛みが増すのか• かかとの痛み以外の体の変化はないか を観察します。 そうすることで、何が痛みを引き起こしたのかが見えてきます。 まずは、専門家にその状況を伝えて、適切な判断を仰いでみましょう。 原因がわかることで、不安も払拭されます。 この記事が改善の手立てになれば幸いです。

次の