全日本 もう 帰り たい 協会。 僕たちはもう帰りたい

ネット上で猛威を振るう「全日本もう帰りたい協会」に共感の声

全日本 もう 帰り たい 協会

やる気が出ない…… 新年度が始まってもうすぐ2週間。 新しい環境に苦労している人も多いだろう。 4月13日の早朝、ツイッターで「 全日本もう帰りたい協会」というハッシュタグがトレンドに入り、話題となっている。 ヤフーのリアルタイム検索で確認すると、この日の午前7時から8時台にかけて、このハッシュタグがついたツイートが殺到。 例えばこんな感じだ。 「眠い。 全日本もう帰りたい協会」 「 全日本もう帰りたい協会 職場着いてしまった…。 帰ってゲームしたい。 撮り溜めしてるアニメ見たい」 最高気温11度に「布団から出たくない」 「 全日本もう帰りたい協会」というタグ自体は以前からあり、会社や学校でやる気をなくした人たちが度々ツイートを投稿していた。 だが4月13日のやる気の出ない具合は、より一層深刻だったようだ。 「まだ家だけど辛い」「あー眠い、帰りたい 働きたくない…」 「朝、目覚ましがなって目が覚める。 自室の布団の中で浮かぶ最初の言葉。 帰りたい」 一体、何があったのか。 まず、週明けの月曜日で憂鬱なこと。 そして何よりも天気の悪さだろう。 この日は全国的に雨模様で、東京の最高気温も11度で肌寒い。 これでは「布団から出たくない」と呟きが出るのも無理はない。 交通機関の乱れも発生した。 ジョルダンライブ!によると、JR中央線や総武線のほか、東急田園都市線や小田急小田原線などで10分以上の遅れが発生した。 全国屈指の混雑率で知られる東京メトロ東西線では、体調不良になる乗客が相次ぎ、救護活動が複数回行われたようだ。 「痛勤」で体力を消耗してしまったのか「まだ電車にしか乗ってないけど帰りたい」という嘆きのツイートもあった。 もっともこうした事態に一番気持ちが萎えてしまっているのは、慣れない環境で悪戦苦闘している新社会人かもしれない。 ツイッターには「 全日本もう帰りたい協会」のタグをつけて、「新入社員とか学校始まった子たち頑張れ」と励ます人もいた。

次の

次は11年後・・・。連休終了にざわめく「全日本帰りたい協会」のツイートに涙が止まらない

全日本 もう 帰り たい 協会

内容 「利益出せ」「納期を守れ」「早よ帰れ」…ゼッタイムリ! 全ページ書き下ろし! Twitterフォロワー20万人突破の漫画家が描く、 もう帰りたい…あの行き場のない気持ちの「取扱説明書」。 あなたは「全日本もう帰りたい協会」というツイッターアカウントがあることをご存知だろうか? ・「行く前からすでに帰りたい」 ・「冷静に考えてほしい。 週5日の労働の疲れが週2日の休みで取れるわけないだろう? 」 ここでは働く人々の「もう帰りたい」という気持ちが日々つぶやかれている。 このアカウントのフォロワー数はなんと…ご…54万人! こんなにも多くの人が帰りたいと願っていて…なぜ帰れない? 例えば… ・なぜ無意味な残業に付き合わされる? ・「板挟み」状態をどうすればいい? ・上司の無茶振りにどうやって対処する? ・なぜうちの会社は効率が悪いんだ? ・妻でも母でも社員でもない私の時間が欲しい ・何を最優先にすればいいんだろう? ・自分の居場所は本当にここなのだろうか? 「もう帰りたい」と願う理由も…年齢も…性別も…立場も全く異なる…これから始まるのはそんな人々のお話。 ・なぜ偉い 帰れる奴より 帰らない奴 ・フルコミット 覚えた横文字 もはや死語 ・「なんか違う」 そういうあなたが なんか違う ・嘘でしょう 期待に応えて 仕事増え ・どうすれば 残業減るかと 残業中 ・できません 言える勇気も 社会人 ・ミスすると 増えるマニュアル またミスる ・会社にいる 今の自分が すべてじゃない ・数字では 割り切れないのが 家事育児 ・「ウチなんて…」 人の愚痴聞き 我がフリ直す ・有給を 取るため残業 徹夜かな ・気づいたら 休み方すら 忘れたよ ・「エモい」とか「分かりみ」だとか「よき」だとか ・欲しいのは アドバイスより 「がんばれよ」.

次の

次は11年後・・・。連休終了にざわめく「全日本帰りたい協会」のツイートに涙が止まらない

全日本 もう 帰り たい 協会

やる気が出ない…… 新年度が始まってもうすぐ2週間。 新しい環境に苦労している人も多いだろう。 4月13日の早朝、ツイッターで「 全日本もう帰りたい協会」というハッシュタグがトレンドに入り、話題となっている。 ヤフーのリアルタイム検索で確認すると、この日の午前7時から8時台にかけて、このハッシュタグがついたツイートが殺到。 例えばこんな感じだ。 「眠い。 全日本もう帰りたい協会」 「 全日本もう帰りたい協会 職場着いてしまった…。 帰ってゲームしたい。 撮り溜めしてるアニメ見たい」 最高気温11度に「布団から出たくない」 「 全日本もう帰りたい協会」というタグ自体は以前からあり、会社や学校でやる気をなくした人たちが度々ツイートを投稿していた。 だが4月13日のやる気の出ない具合は、より一層深刻だったようだ。 「まだ家だけど辛い」「あー眠い、帰りたい 働きたくない…」 「朝、目覚ましがなって目が覚める。 自室の布団の中で浮かぶ最初の言葉。 帰りたい」 一体、何があったのか。 まず、週明けの月曜日で憂鬱なこと。 そして何よりも天気の悪さだろう。 この日は全国的に雨模様で、東京の最高気温も11度で肌寒い。 これでは「布団から出たくない」と呟きが出るのも無理はない。 交通機関の乱れも発生した。 ジョルダンライブ!によると、JR中央線や総武線のほか、東急田園都市線や小田急小田原線などで10分以上の遅れが発生した。 全国屈指の混雑率で知られる東京メトロ東西線では、体調不良になる乗客が相次ぎ、救護活動が複数回行われたようだ。 「痛勤」で体力を消耗してしまったのか「まだ電車にしか乗ってないけど帰りたい」という嘆きのツイートもあった。 もっともこうした事態に一番気持ちが萎えてしまっているのは、慣れない環境で悪戦苦闘している新社会人かもしれない。 ツイッターには「 全日本もう帰りたい協会」のタグをつけて、「新入社員とか学校始まった子たち頑張れ」と励ます人もいた。

次の