宅 建 業法。 「宅建業法」の勉強のポイント

e

宅 建 業法

宅建試験に合格できない理由・宅建業法NG編 宅建試験は7割以上得点していれば合格できます(例年それくらいが合格ラインです)。 しかし、宅地建物取引業法(以下、「宅建業法」と略す)で7割程度の正解を狙って学習すると不合格になる可能性が高くなります。 というのは、合格者は9割近く得点しているからです。 【解決方法】 1.満点を狙う 宅建業法は86条からなる法律です。 つまり、少ない条文知識から毎年似たような問題が出題されています。 したがって、学習方法さえ間違えなければ、短期間で満点が狙える法律科目なので、正確に丁寧に学習しましょう。 2.「100の曖昧な知識」より「1つの正確な知識」 宅建業法で満点を取るためには、知識の量より質のほうが大切です。 というのは、宅建業法の問題は、単に知っているというレベルではなかなか点が伸びない難解なものが多いからです。 難解といっても内容が難しいという意味ではなく、条文を一語一句正確に暗記していなければ解けない問題が多いという意味です。 ですから、どれだけ知識があっても、何度も出題されている重要な条文知識を正確に暗記できていなければ、選択肢を2つまで絞れるけどあと1つが選べない…という状況に陥ります。 宅建業の免許・宅地建物取引士の登録・取引士証の効力を整理できない 運転免許のように、自分がこれから取得する資格が宅建業の免許だと勘違いしている方がたまにおります(初学者に多い)。 そのような理解のままで学習を進めると5点分くらいは得点できなくなりますので不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 これからみなさんが受験して取得しようとしている資格は、宅地建物取引士です(以下、取引士と省略します)。 宅建業の免許はお勤め先の会社が取得するものです。 極端な話ですが、宅建業の免許はお金があれば誰でも取得できます。 取引士とはまったく異なります。 ただ、宅建業の免許と取引士の資格登録はとても似ているので、比較して暗記すると早く正確に暗記できます。 「媒介契約書面は賃貸借の場合にも適用される」と勘違いしている 宅建業法では媒介契約を前提とした問題がよく出題されます。 宅建業法では売買と賃貸で異なるルールを設けている場合が多いので、これを混同して曖昧に覚えていると「ひっかけ問題」にひっかかり、4点分くらいは得点できなくなるので不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 まず、媒介契約書面に関するルールは、賃貸借には適用されません。 したがって、法的には書面作成義務もありません。 また、自分で所有するマンション等を自ら貸すような場合には宅建業法が適用されません。 さらに、契約締結時期についても、貸借の場合には建築確認後等の制限がありません。 それ以外にも、報酬額の上限も売買と賃貸では異なっています。 これらを意識して正確に暗記しておきましょう。 重要事項説明事項を丸暗記しようとしている 重要事項説明の内容について、宅建業法では2~3問程度出題されています。 この2~3問分の出題範囲をすべて網羅して暗記しようとすると数か月かかるくらいの量となります。 むやみやたらに暗記しようとすると他の分野の学習が滞り不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 1.過去問ベースで学習する 重要事項説明事項の一覧を眺めてもそう簡単に暗記できるものではありません。 問題演習から学習をはじめ、間違えた問題をテキストで確認し、自分でわかるようにチェックを入れて行きましょう。 2.買主・借主の立場になって問題を解く 重要事項説明事項の問題は、買主・借主の気持ちになって、「この内容は、契約する前に聞きたいなあ」と思って、解答もそうなっていれば、本試験でも間違えないのでとくに暗記する必要はありません。 間違えたものだけをテキストにチェックを入れて本試験に備えましょう。 法令所の制限と建物区分所有法の理解が重要 試験対策にこだわりすぎると、実務や全体像が見えなくなり、重要事項説明の学習が単なる丸暗記につながってしまいます。 法令上の制限については、「建物貸借の媒介の場合にも説明が必要なのか」という観点で、学習し直してみましょう。 建物区分所有法(マンション法)も同じです。 分譲の場合と賃貸の場合で説明内容が異なるのはなぜなのかを意識しながら、再度、建物区分所有法を学習し直すと、必ず新たな発見があります。 自ら売主制限の8つを覚えていない 自ら売主制限の中でもクーリング・オフや手付金等の保全措置、瑕疵担保責任等の頻出分野の内容ばかりを学習し全体を意識しないと、業者間取引の場合には適用されないかどうかの判断を求める問題に正解できなくなります。 わずか1問程度ですが、大きな1点に泣かないためにもちゃんと整理しておきましょう。 【解決方法】 (1)クーリング・オフ、(2)手付の額・性質の制限、(3)手付金等の保全措置、(4)損害賠償額の予定等の制限、(5)自己所有でない物件の契約制限、(6)瑕疵担保責任の特約制限、(7)割賦販売契約の解除等の制限、(8)所有権留保等の禁止、の8つについてだけ売主が宅建業者で買主が宅建業者以外の場合に適用されることを正確に記憶しましょう。 これをしっかり憶えたら、そのうち、「特約」の内容が制限されているのが(1)(2)(4)(6)(7)の5つであり、さらにその中で買主等に不利な特約が無効とはっきりと法律に定められているのは(1)(2)(6)の3つだけだということも正確に記憶しておきましょう。 弁済業務保証金制度を用語が難しくて学習していない 弁済業務保証金制度は用語が難解で暗記するのに苦労するところです。 しかし、ここを学習しないと確実に1点落とすことになり、さらに営業保証金との比較問題が多いことから、営業保証金の1点も落とすことになりかねません。 【解決方法】 1.弁済業務保証金制度の特徴を理解する 弁済業務保証金を理解するコツは、(1)面倒な手続きは保証協会がやってくれること、(2)保険に似た制度を利用していることの2つの特徴を理解することです。 また、全宅連等のホームページなどを参照して、実際に支払われている金額等をみると理解しやすくなりますのでお勧めです。 【関連記事】• 更新日:2019年08月26日.

次の

「宅建業法」の勉強のポイント

宅 建 業法

「宅建業」とは? 宅地建物取引業 宅建業 は、 宅地若しくは建物(建物の一部を含む。 )の 売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の 売買、交換若しくは貸借の代理若しくは 媒介をする行為で業として行うものをいいます。 ・宅地または建物を自ら賃借する行為 サブリース、転貸借、使用貸借も含む は、 宅建業とはなりません。 ・「業として行う」とは、 不特定多数の者を相手方として、 反復・継続して行うことをいいます。 営利目的かどうかは問いません。 ですので、「不特定多数の相手方に対して、一度限り行うこと」や、 「特定の相手方に対して、反復・継続して行うこと」は、 業として行うことにはならず、 宅建業にはならないことになります。 ・田や畑の土地でも、「宅地予定地」としての売買の場合、 宅建業法上「宅地」として扱われますので、 Aが自己の所有地する田畑を宅地予定地として区画割りした後、 甲に代理権を授与して、 その土地の売却を一括して依頼し、 甲がAの代理人として不特定多数の者に反復継続して売却する場合、 甲もAも宅建業に該当し、免許が必要となります。 甲が宅地予定地として区画割した土地を Aに一括売却して、Aが反復継続して売却する場合は、 Aは宅建業に該当しますが、甲は宅建業には該当しません。 「宅建業者」とは? 宅建業法の言う「宅建業者」とは、 免許を受けて宅地建物取引業を営む者をいいます。 ですので、免許を受けずに、 モグリで宅建業を営んでいるものは 宅建業者ではありません。 また免許を受けなくてもよい国・地方公共団体も、 「宅建業者」には該当しません。 宅建業者、モグリの業者、国・地方公共団体を合わせて 「宅建業を営む者」という言い回しがされています。 ・信託業法3条または53条の免許を受けた信託会社は、 宅建業法の免許に関する規定が適用されず、 国土交通大臣への届出のみで国土交通大臣の免許を受けた 宅建業者とみなされます。 ですので、この信託会社は、 宅建業の免許を受けずに宅建業を営むことができます。 この信託会社は、免許及び免許取消処分に関する規定のみ、 適用除外となりますが、 専任の取引士の設置、営業保証金の供託、 廃業届等は義務付けられます。 ・ ・ スポンサードリンク 関連記事• PV数ランキング• 民法初学者の部屋(民法総則・物権・債権総論) これから法律を勉強したい方、興味があるけど 何から手をつければいいのかわからないという方に向けて、 指針を示... 行政法総論(行政法の一般的な法理論) ・補助機関・執行機関・監査機関・参与機関・諮問機関とは? ・許可・特許・認可の違い ・不可争力・不可変更力とは... リラックス法学部 >リラックス解説 > 「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」の違い 「又は」と「若しくは」 「又は」と「若しくは」は... 憲法の判例についてわかりやすく解説します。 ・マクリーン事件 憲法21条1項・外国人の人権 ・定住外国人地方選挙権訴訟 外国人の地方参政権 ・東京都管... 法令用語や、言い回し、わかったようでわからないモヤモヤしがちなところを リラックスヨネヤマが限界まで噛み砕いてわかりやすく解説します。 ・憲法判例 ・民法判例 条文別 ・民法判例 事例別 総則 ・民法判例 事例別 物権 ・民法判例 事例別 債権 ・民法判例 事例別 相... ・民法【総則】試験対策・要点まとめ ・民法【物権】試験対策・要点まとめ ・民法【債権】試験対策・要点まとめ... リラックス法学部 >民法をわかりやすく解説 > 法定地上権をわかりやすく解説 わかったようでわからない法定地上権を リラックスヨネヤマが限界まで噛み... リラックス法学部 >憲法判例>わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生存権)の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生...

次の

宅建業法 37条書面 ①基本事項②売買・交換・貸借の記載事項・まとめ表

宅 建 業法

このページの目次 CLOSE• 宅建業法とは? 宅建業法は、宅地建物取引士 宅建士 に直接関係する法律で、最も重要な科目です。 買主・借主が契約前に伝えるべき重要事項の説明、契約書(37条書面)など、実務に直結する知識を問う問題が出題されます。 比較的得点しやすい科目なので、ここで点数を稼いでおきましょう。 科目 主な学習分野 出題数 宅建業法 免許制度 宅地建物取引主任者制度 業務上の規制 20問 権利関係 民法 不動産登記法 借地借家法 建物区分所有法 14問 法令上の制限 都市計画法 建築基準法 土地区画整理法 宅地造成等規制法 8問 税その他 税法鑑定評価基準 地価公示 住宅金融支援機構 景品表示法 8問 宅建業法分野の特徴 宅建業法は、消費者を守ることを目的に作られている法律なんですよ 宅建業法の目的はお客様に損害を被らせないこと まず宅建業法の存在意味から確認していきます。 宅建業法は不動産取引において、お客さんに損害を生じさせないようにすることを目的に作られている法律です。 不動産取引には多額のお金が動くとともに、不動産業者の方が一般の顧客よりも情報をよく知っています。 そのため、不動産取引野放しにしておくと、場合によっては悪質な業者によって不公正な取引が行われて顧客に損失が生じることも考えられます。 そこで、不動産業(宅建業)を免許制として、不当な業者を排除します。 そして適正不動産業者として免許を得るとともに役所による監督の手続きなどを定めているのが宅建業法ということになります。 適正業者を確認するための3つの規制 宅建業法では、開業時の規制、業務上の規制、罰則(監督処分も含む)の3パターンの仕組みで適正な業者であることの確認をしようとしています。 例えば、開業時の規制の一つとして、欠格事由(免許がもらえない理由)を定めていて、暴力団関係者や、一定の前科がある場合などには免許を得られない仕組みになっています。 また、業務上の規制としては、一定の業務(重要事項の説明など)は宅地建物取引士が必ずすることなどが決められています。 さらに宅建業法に違反した業者には業務停止や免許取り消しといった罰則があります。 宅建業法は、まずこのような法律の目的と規制の全体の仕組みを理解することが大切です。 宅建業法学習のポイント さて、宅建業法の仕組みを見たら、次は宅建業法を試験科目として学習する際のポイントを見ていきます。 絶対に苦手科目にしちゃダメ! 目標点は18点! 宅建業法は最初に書いたように50問中20問も出題されます。 そして、例年の合格点が35点前後ですので、宅建業法で点数を取れないと合格が厳しくなるというのは容易に想像がつくと思います。 理想的な点数は宅建業法で18点(9割)です。 宅建業法で18点、権利関係で10点~12点程度、残りを法令上の制限とその他の分野で取得して合格点(35点前後)を取るというのが一般的な合格スタイルです。 宅建業法では9割を目標に勉強をしてください! 宅建業法はわかりやすいと感じるところから学習をスタート! 宅建業法の勉強はわかりやすいところから始めるというのが学習のコツです。 権利関係などは論理的な体系(システム)が成り立っているので、基本的に前から学習をして、何度も何度も繰り返して学習していくうちに理解ができていくという科目です。 しかし、宅建業法は論理的に前後の制度がつながっているというわけではないので、わかりやすいと感じるところから勉強をすることでスムーズに学習を進めていくことができます。 例えば、宅建業法では後半に書かれている「クーリングオフ」とか重要事項の説明などから学習したほうが楽しく、イメージが持てるでしょう。 わかりやすいと感じるところから勉強するというのが宅建業法を苦手としないコツです。 前からはじめると宅建業法がキライになるかも・・ 宅建業法が嫌いになってしまうケースの一例として、宅建業法を最初から勉強してしまったため嫌いになったというケースがあります。 宅建業法は最初に「宅建業」の定義から勉強します。 宅建業とは、「宅地建物の取引を業とするもの」という定義から始まります。 次にここでいう「取引」には自ら当事者となって売買・交換することは含むが、賃貸することは含まない、一方で代理または媒介の場合には売買・交換に加えて賃貸も含む・・といった具合で、とても抽象的な事からスタートします。 この抽象度の高さから「宅建業法はイヤだ!」とおもってしまい、苦手位意識を持つ人もいます。 重要事項説明の義務が課されているのは宅建業者であり、宅建士ではないためです。 (宅建業法第35条) このように正確に知識を押さえていなければ引っかかってしまう出題、知識をナナメから聞いてくる出題というのが少なくありません。 深く学習~欠格事由を例に 次に、宅建業法の問題を解くためには他の法律の知識も含めて、深めに学習をしておく必要もあります。 次の過去問を見てみましょう。 「未成年者は、成年者と同一の行為能力を有していたとしても、成年に達するまでは取引士の登録を受けることができない。 未成年者であっても、成年者と同一の行為能力を有していれば、登録を受けることができます。 「未成年であっても、成年と同一の行為能力を有している」とは? この選択肢が言っている、「未成年であっても、成年と同一の行為能力を有している」とはどういう意味でしょうか? これは未成年であっても、頭がいいとか、営業スキルが高いとかそういう意味ではありません。 民法のルールから「未成年であっても、成年と同一の行為能力を有している」とは• パターン1:婚姻をしている(民法第753条・成年擬制)• パターン2:不動産業について、親など法定代理人から営業の許可を得ている(民法第6条) この2パターンを指します。 つまり、先に挙げた選択肢の意味を理解するためには宅建業法だけではなく、民法も学習していることが必要ということになります。 宅建業法では他の法律を参考にしないと正確に理解することができない制度もあります。 (例えば、「供託」というお金をあずける制度についても多少の制度理解が必要になってきます) そのため、宅建業法を勉強していて「どういう意味だろう??」と思ったら、テキストやインターネットなどで調べて深く学習するということも必要になってきます。 なお、予備校の講座ではこういった関連知識も含めて解説をしてくれます。 宅建業法学習のまとめ.

次の