車 12 ヶ月 点検 費用。 12ヶ月点検は『ジェームス』が安価! 「LANDCRUISER PRADO(ランクルプラド) 2.8L ディーゼル LDA

車検のコバックで12ヶ月点検 代車の有無や料金、所要時間について【体験談・レビュー】|Myny【毎日、まいにー】

車 12 ヶ月 点検 費用

私の家族の車は、新車登録から早18年で、今年1月に民間指定工場の車検専門店に 12カ月点検を出してきました。 それで、民間指定工場のスピード車検受けた特典でエンジンオイルは半年ごとに 無償で交換してもらえますので、12カ月点検でもお願いしました。 3人くらい同時で一気にやるのですぐに終わる感じで、「どこも悪くありませんでした。 ただ、Vベルトが少しキュルキュル音出ていたので張りを少し調整していますので もう少しお待ちください」 と言われました。 エンジンオイルはそこで車検受けると合計4回無償で交換してもらえます。 私の家族の車の場合、自動車保険の更新とかで走行距離数入力すると、適当に年間 走行距離数5,000km未満とチョイスしていたのが、「走行距離数から保険料変更 になりました」 と自動計算で3,000km未満になります。 そんな感じですので半年ごとに「オイル無料交換してほしい」 と予約の電話しますと 普通に交換してもらえます。 一応規則的には、5,000km毎とかとかあるみたいです。 古い車とか、後は普段乗っている人が車に詳しくない主婦とか高齢者の場合ですと、 ディーラーでも半年に1度6カ月点検というメニューがありますのでリフトに載せて 下からチェックするという点検をした方が良いです。 例えば、エンジンフード開けるとメンテナンスの交換サイクルが記載されていて、 エンジンオイルは15,000毎とか書いてあります。 メーカーでは、「まあ最低このくらいで交換していれば壊れないかなという目安で、 調子よく乗るにはその半分とかで交換するかな」 というノリで書いてあるらしいので すが、稀に真に受けてしまい、長く交換せずに、いざ交換に来たらエンジンオイル量 がほとんど入っていないケースがあるらしい。 車のエンジンは燃えにくいガソリンを燃料としているので、オイルですすを洗い流す 感じがあるので、点検に出す=エンジンオイル交換必須みたいな感じあります。 1つのエンジンオイルを長く使うとどうしてもブローバイガスとか増えるので、そんな 使い方しますと、EGRとかPCVバルブとかに負担かかり、オイル喰いとか出る車に なったりします。 そんな感じですので8千円もあれば、OKだと思います。 ちなみに車検専門店とかでは、トヨタ純正キャッスルオイル使用されていて、「粘度指定」 とかもリクエストできたりします。 後はパーツの調整とかは無料だったりします。

次の

車の法定12ヶ月点検について質問です。会社の車の法定12ヶ月点検が...

車 12 ヶ月 点検 費用

法定12ヶ月点検を自分で行うメリットについて まずはじめに、法定12ヶ月点検を自分で行うメリットについてお話していきます。 【メリットその1】点検費用を節約できる 法定12ヶ月点検を自分で行う一番のメリットは、点検費用を節約できるということです。 一般的に、法定点検にかかる費用の内訳は以下のようになっています。 点検料金;8000~10000円程度• 部品代;交換が必要な部品が合った場合のみ(オイル代なども含む)• 工賃;交換整備が必要な場合のみ 自分で法定点検作業を行なった場合、上記の点検料金が必要なくなりますので、その分節約になります。 ただし、自分で点検作業を行なったとしても、交換が必要な部品があったりした場合、部品代などは別途必要となりますので、財布からでていくお金が完全に0円になるというわけではありませんので、ご注意を。 【メリットその2】車の状態をしっかりと把握できる 法定12ヶ月点検を自分で行うと、車の状態をしっかりと把握することができます。 次に交換すべき箇所が分かっていたら、良いパーツを安く仕入れたり、、暇な時に余裕を持って交換作業を行えますし、その分次回の車検費用の節約にもつながりますね。 【メリットその3】車に詳しくなる、DIYスキルが上がる、達成感がすごい! 法定12ヶ月点検を自分で行うようになると、点検整備作業を通じて、車の構造に詳しくなったり、DIYスキルが上がります。 実際に物を見たり、触ったりして作業することで得られる経験値は、本やネットなどで勉強することの何倍にもなります。 ネジ一本を例にとっても、固着しているネジをどうやって外したらいいのかとか、どうすれば規定されたトルクでネジを締めることができるのかとか、どうしてこのネジは緩んでしまっていたのかとか、もう本当に自分の知らない事ばかり・・・。 これは一見、デメリットのように感じる場合もありますが、その場面を乗り切った後はその分車のことに詳しくなったことになりますし、DIYスキルの幅も広がったことになります。 法定12ヶ月点検を自分でやりきった後の達成感は最高です。 法定12ヶ月点検を自分で行うデメリットについて ここからは、法定12ヶ月点検を自分で行うデメリットについてお話していきます。 【デメリットその1】とにかく面倒くさい 法定12ヶ月点検を自分で行う一番のデメリットはとにかく面倒くさいということです。 一度、点検整備記録簿の項目を見てもらうと分かるのですが、全てしっかりとチェックしていこうとすると、点検だけで半日~1日ぐらいはかかってしまいます。 それに加えて、整備しなければならない箇所が見つかった場合は、部品を取り寄せて、その後交換作業を行なっていかなければなりません。 そこまで考えると、点検整備でトータル1~2週間かかってしまうこともざらにありますし、自分で作業できない場合、結局業者に整備を依頼しなければならなかったりもします。 そういう意味で、法定12ヶ月点検を自分で行うのはとにかく面倒くさいことだということを理解しておくといいと思います。 【デメリットその2】工具や検査機器にお金がかかる 法定12ヶ月点検をしっかりとやり遂げるためには、それなりの工具や検査機器が必要になります。 普段から自動車の整備などを行っている人は、既にいろんな工具を持っていることと思いますが、これから自動車整備に手を付け始めようとしている人の場合、法定12ヶ月点検をや理遂げるためにそこそこの出費(業者に依頼するより高くなるかも?)を覚悟しておいたほうがいいでしょう。 【デメリットその3】メーカー保証などが受けられなくなる可能性がある もう一つ、法定12ヶ月点検を自分で行うデメリットとして忘れてはいけないことは、メーカー保証などが受けられなくなる可能性があるということです。 元・消費者相談窓口担当です。 保証の前提はディーラーでの定期点検ということになっております。 エンジンオイルやフィルター等の交換有無で壊れる場合 ボディーブローのようにダメージが蓄積する場合 もありますのでメンテナンスレコードがしっかり証明できることを前提としております。 他の方が言っているように前提や建前よりもお客様との付き合いを重視して、定期点検に入ってきていなくてもよほどのことが無い限り、保証期間内は面倒見てくれますよ。 ただし、上記のようにダメージが蓄積していくようなものにより壊れた場合には保証を拒否されることがあります この案件を仲介したことがあります 引用) メーカー保証やディーラーの無償対応などは、対応可否のラインがはっきりしないものなので、保証期間中などはこちらに少しも非がない状態を保持、つまり、ディーラーで法定点検を受ける(自分で法定点検をしない)ほうがいいかもしれませんね。 最後に一言 今回は、【法定12ヶ月点検】料金費用の相場と節約DIY点検の方法とその手順についてお話しました。 法定12ヶ月点検を自分で行う際のポイントは、自分でできるところは自分でやる、業者にお願いするところはお願いするという判断を如何に上手くやるかということだと思います。 私の場合は法定点検費用を節約するという視点だったのですが、私の知り合いの中には、自分が乗る車を他人に触らせるのは怖いから、自分で点検整備やユーザー車検をしているという強者もいたりします。 繰り返しになりますが、法定12ヶ月点検を行うのはユーザーの義務ですので、自分で行うにせよ、業者に依頼するにせよ、時期が来たら指定された点検項目の点検整備を行うようにしてくださいね。 それでは!.

次の

カーリースの料金に点検は含まれる?知らないと損するカーリース事情とは

車 12 ヶ月 点検 費用

12ヶ月点検は法律で定められているのですが 自動車の点検に関する法律があり、道路運送車両法第四十八条に1年ごとに点検するようにと定められています。 罰則もないことから、12ヶ月点検のためにディーラーや整備工場に予約を入れてわざわざ乗っていくという人は現実には少ないのです。 中には自ら陸運局に自動車を持ち込んで車検を通す人もいますが、車検に通ればそれで良いと24ヶ月点検も省いてしまう人も少なからずいるのが現実なのです。 でも本当にそれでよいのでしょうか? 12ヶ月点検を受ける意義って? 12ヶ月点検を受けない人の大半が思うことは 「だって故障しないから」 「2年に1回車検を受けてるから」 「面倒だし、お金も時間もかかるから」 だいたいこの三点に集約されていますよね? 逆に12ヶ月点検を受ける意義を三点に集約すると 「車検から車検の間に一回点検を受けることで、さらに故障の確立が低下する」 「軽微な不具合を早期発見でき、修理が必要な故障の発生を未然に防げる」 「修理代や修理期間より12ヶ月点検の費用のほうが安くて点検時間も短い」 言ってみれば12ヶ月点検は定期健康診断や人間ドッグと同じで、早期に悪いところを発見することができます。 この段階で手当てを受ければ投薬で治るかもしれません。 しかし健康診断を全く受けていない人は、病気が発見されたときにはすでに進行していて長期の入院と費用が必要になることも。 いきなり動かなくなるなど大きな故障が発生することを防ぎ、多大な修理費用を抑えることができるというメリットが、12ヶ月点検を受けることで享受できるということができるのです。 12ヶ月点検の費用 気になるのが12ヶ月点検の費用ですが、同じ自動車メーカーでもディーラー(販売会社)による違いがありますし、自動車整備工場や自動車パーツ販売店(イエローハットやオートバックスなど)、またガソリンスタンドなど点検を受ける場所によってもかなり違いが出てきます。 例として千葉トヨタのホームページに掲載されている12ヶ月点検の料金を示しましたが、自動車メーカーのディーラーでは車の大きさによって料金が分けられていることが多く、ここでは約10,000円から約16,000円が基本料金となっています。 では約14,000円から約20,000円 では約12,500円から約26,000円 などとなっています。 12ヶ月点検の基本費用はイエローハットやオートバックスなどの自動車パーツ販売店やガソリンスタンドが安くて10,000円以下が多く、ついで自動車整備工場が10,000円程度、そしてディーラーが最も高い設定となっています。 ちなみに筆者は2500㏄のミニバンを所有しており、ディーラーでは12ヶ月点検の基本料金は20,000円でしたが、自動車整備工場では12,000円でした。 実際にはこれらの基本料金だけで済むケースは非常に稀で、エンジンオイル・オイルフィルター・エアクリーナーエレメントのほかエアコンフィルターやブレーキパッド・タイヤの交換など追加の費用がどうしても発生してしまいます。 車検までもつものは交換しないとはっきり伝えることで、追加の費用を抑えることができます。 ちなみに私はエンジンオイル・エアクリーナーエレメント・エアコンフィルター・リヤのブレーキパッドを交換して総額約30,000円でしたので、追加費用は部品代と工賃などで約18,000円かかったということになります。 12ヶ月点検の所要時間 6ヶ月点検は法定点検ではないのですがディーラーがよくお勧めしてきたり、点検や車検がパックになったものには含まれていますが、これは点検項目も少ないために1時間程度で終わります。 しかし 12ヶ月点検となるとその点検項目の多さから1時間で終わらせることは不可能です。 中には1時間程度で12ヶ月点検を終わらせる業者やディーラーがありますが、きちんと見れているのかちょっと疑問に感じます。 いっさい点検に出ださないよりはマシというレベルでしょうか。 一般的に12ヶ月点検になると早くて2~3時間、通常は半日から丸一日かかります。 このため早めに予約してお願いしておけば、代車を用意してくれる業者もあります。 せっかくの機会ですから、じっくりと時間をかけてきちんと点検してもらいましょう。 12ヶ月点検を受けられる期間は決まっている? 12ヶ月点検を受ける時期は、新車として購入して1年後または車検を受けてから1年後が期限のように感じます。 ディーラーや自動車整備工場などの業者から12ヶ月点検を知らせるハガキが送られてくるのですが、そこにも12ヶ月後が期限のように書かれていることが多いです。 車検は期限がはっきりと決まっており、期限を過ぎても車検を通していない自動車を公道上で走らせることはできません。 市区町村役場で自動車臨時運行許可申請を行い、仮ナンバーを取得すれば最大5日間は走ることができます。 車検が切れた自動車を自走で検査場や整備工場へ持ち込む際に利用されます。 結論から言うと、12ヶ月点検は期限を超えても受けることができます。 1~2ヶ月超えて入庫させても全く問題ありません。 8月の末に車検後12ヶ月の期限を迎えた私の愛車は、10月の初旬に自動車整備工場へ出しましたが、何かを言われることもなくふつうに点検を受けることができました。 12ヶ月点検はどこに出す? 一般的にはその自動車を購入したディーラーに出すことが多いですね。 特に点検や車検をパックにした「メンテナンスパック」を購入している場合には、そのディーラーへ出さないと損しますからね。 ただ何でもかんでもディーラーに任せるのではなく、自動車整備工場やオートバックスなどの自動車パーツ販売店に出すということも視野に入れましょう。 自動車整備工場はとっつきにくく感じる方も多いと思いますが、整備を専門にしているだけあり腕は確かな業者が多く、自動車を買い替えて違うメーカーになったとしても変わらず付き合っていけますよ。 オートバックスやイエローハットといった自動車パーツ販売店ならば、電話予約も気軽にできますし費用も安いです。 自動車整備工場や自動車パーツ販売店で車検を受けた場合、12ヶ月点検では割引が受けられることも多いです。 12ヶ月点検はディーラーや業者などで受けるだけではなく、腕に自信があれば自分で行っても問題はありません。 ただ現実的に考えると個人で簡単にできるものではなく、やはり業者へお願いすることが賢明でしょう。 12ヶ月点検を受けて安心ドライブを 12ヶ月点検の基本費用に追加費用を足すとそこそこの出費になってしまいます。 また点検にかかる時間も忙しい人にとっては捻出することが難しいかもしれません。 しかし運転中に故障して動けなくなり、レッカー車を頼んで修理に出すことを思えば安いとも言えるはずです。 最近の自動車は性能も良くなり、故障を起こすことは少なくなっています。 ただ昔の自動車より緻密に作られているため、トラブルが起きた場合に素人が簡単に手を出せないのもまた事実です。 トラブルや故障を未然に防いで、愛車に長く乗っていくためにはやはり12ヶ月点検は必要なものです。 安心でライブができるように、ぜひ12ヶ月点検を受けましょう。

次の