コロナ ウイルス hiv 薬。 WHO 新型コロナウイルスにHIV治療薬の有効性を研究

厚労省 新型コロナで抗HIV薬の安定供給呼びかけ 製薬各社はワクチン開発にアクセル

コロナ ウイルス hiv 薬

中国の武漢から発生した新型コロナウイルスの治療薬について、エイズ治療薬が有効の可能性という記事が英国エクスプレスUKからでていましたので、ご紹介します。 <> 中国の医師らが明らかにしたところによると、コロナウイルスは、HIVの蔓延を食い止めるために、主に抗HIV特攻薬で治療されているという。 12人以上の英国人がこの致死性の高いウイルスの検査を受けており、現在、NHS(英国の国営医療サービス事業)は、感染拡大を食い止めるために、インフルエンザに似た症状のある人全員をチェックするよう命じられている。 英国保健省のマット・ハンコック長官は、コロナウイルスの症例が間もなく英国で「急速に発展する」アウトブレイクの一部として見られる可能性があると警告している。 このウイルスによって世界中で確認された症例630人のうち、すでに18人が死亡している。 現在2019 800nCoVとして知られているこのウイルスは、新型の重症急性呼吸器症候群 SARS であると考えられている。 この研究から、ネルフィナビルとして知られる薬物の一つが、「SARSコロナウイルスとの関係を強く阻害」し、すでに感染した細胞の毒素を減少させることが明らかになった。 そして、「ネルフィナビルは細胞からのウイルス産生を減少させる」 と結論づけた。 2006年、世界保健機関 WHO のSARS治療に関する専門家委員会は、SARS感染患者に用いられたプロテアーゼ阻害剤治療の系統的レビューおよび包括的要約を、将来の治療の指針とし、研究の優先順位を明らかにするために要求した。 同年、科学者たちは、ロピナビル、リトナビル、リバビリンなどの他のプロテアーゼ阻害剤をSARS患者41人に使用することに成功した。 SARSは、コロナウイルスの新たな流行で発見されたのと同じ系統の病気である。 その研究では、三つの治療法すべてが「有意に低い」陰性の結果をもたらし、2. この研究では、ロピナビルとリトナビルが良好な転帰と関連していることが明らかになったが、2004年以降、様々な異なるプロテアーゼ阻害薬が試験されており、リバビリンは「効果のない」と判定されている。 昨日、ハーバード大学公衆衛生学部の疫学者、マイケル・ミナ氏は、ガルベストン大学の専門家がコロナウイルス対策にプロテアーゼ阻害剤を 「ある程度成功している」 ことを明らかにしました。 香港大学の微生物学者ユエン・コック・ヤングYuen Kwok-yung氏は、中国の市民に心配しないよう呼びかけ、プロテアーゼ阻害剤の使用が感染と戦うために使用されることを確認した。 英国のクリス・ウィッティ最高医療責任者教授は昨日、NHSイングランドと英国公衆衛生局がNHSの医療スタッフに追加のアドバイスを出したが、英国で発生した場合に薬が使用されるかどうかは確認しなかったと明らかにした。 WHOは、このアウトブレイクに関して国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言することは「制限的で二元的な性質を考慮すると早過ぎる」と述べた。 (海外ニュース翻訳情報局 樺島万里子)• (日本語)• We introduce foreign news and opinions that are relevant to Japan from various viewpoints to promote reading and thinking about world news. It is still a volunteer activity now. We think we can introduce fair articles because it is non-profit. We are not working for a specific political or religious organization, but rather, we are a group of volunteers who can speak English and foreign languages who want to let people know what is happening overseas.

次の

HIVのテレビ情報

コロナ ウイルス hiv 薬

世界の治療薬やワクチン開発はどうなっているのか、日本の現状は。 加藤厚労相はレムデシビルの特例承認を決定。 国内初の新型コロナ承認薬レムデシビル。 だがまだ高い効果の薬があると考えた国立感染症研究所の渡士研究官。 渡士は「一般的にウイルスは薬の投与をし続けると耐性を持つことがある」と耐性ウイルスの懸念。 渡士は2月から約300の既存薬を集め一つ一つ新型コロナウイルスに使用。 一方、産業技術総合研究所の広川博士は、最先端技術の「イン・シリコ・スクリーニング」を使用。 これについて広川は「ドッキングシミュレーションを使用しコンピュータで高速に予測することを実施」と話した、つまりコンピュータのプログラム内にウイルスの分子構造を3D再現しPCで治療薬を探す試み。 そのころ中国の研究グループが公開したタンパク質「メインプロテアーゼ」の分子構造、このウイルスには隙間がありそこにぴったりはまる薬があれば症状の悪化は止まる。 広川はコンピュータシュミレーションを生かし1日最大1000種類、2週間で合計8000の既存薬スクリーニングした。 すると空洞と一致する薬を発見、「ネルフィナビル」抗HIV薬として使用された実績がある。 2週間後実験を繰り返していた渡士も新型コロナウイルスの増殖を抑える薬を発見、「ネルフェナビル」だった。 別々の研究所、別々の方法で同じ薬にたどり着いた。 そのことを知った研究者が即座にその2人を引き合わせ、共同研究スタート。 その結果、渡士がもう一つ見つけていた「セファランチン」という脱毛症などの治療薬も広川のシュミレーションで効果を確認。 さらにその2つを併用した場合ウイルス量が7パーセントまで減少したシュミレーション結果がでた。 こうして2人の研究者の共鳴により新たな選択を得た日本。 夏ごろに臨床試験を終え実用化を目指す計画。 副作用として下痢症状のほか併用の危険性も今後検証する。 渡士は「治療の選択肢は広ければ広いほどいい、現時点では様々な可能性を探るのが必要」と話した。 感染収束のカギとなるワクチン開発は主導権争いが勃発。 アメリカは「我々の様にウイルス確認から2か月で臨床試験を開始できる前例がない」とし、中国は「我が国の開発の早さは驚嘆に値する」とし、イギリスは「かなり自信がある」とアフターコロナの主導権争い。 WHOが確認しているだけで108のワクチンが開発中。 先行逃げ切りを狙うのが世界で初めて臨床試験を始めていたアメリカ。 そもそもワクチンの実用化に向けた臨床試験は「第1段階人の安全を確認」「第2段階少人数で効果を確認」「第3段階大人数で効果を確認」と分かれている。 アメリカの医師は「ワクチンの安全性を確認するのが使命」と話し、まだ45人に投与し安全を確認をした段階に過ぎないのだが、Fox Newsに出演したトランプ大統領は「年末までにワクチンが出来ていると確信している」と語った。 自信の裏には「オペレーション・ワープ・スピード」というワクチンの完成を待たずに資金提供し迅速かつ大量に生産できる体制を構築し始めている。 その額約1000億円。 大阪大学宮坂教授は「これまでのワクチン開発までに多いのは第1段階ではいいものの、第2段階から副作用が発見、第3段階で使用できなくなる。 開発の9割がなる」と話した。 中国は世界最速で第2段階へ入った。 臨床試験に参加している男性は「ワクチン投与後2週間刻みで採血し、半年後に採血し終了」と話しあと半年で臨床試験の第3段階が終了するとし、年内実用化も見えてくる。 しかし、中国はワクチン開発が進んでいるのか、宮坂教授は「人海戦術、中国は物や資金が豊富にある。 とにかくウイルスを量産しそれを不活化させればいいはず」と語った。 ワクチン開発に豊富な人手をかけれるとした戦略。 新聞には「ワクチンがあれば全世界で中国の影響力を強化でき主導権を掌握できる」と書かれていた。 ワクチン開発の先のトップ争いがすべての状況でワクチンは届くのか 他にもこんな番組で紹介されています… 7年前に横浜刑務所に服役していた受刑者がHIVの血液検査で陽性だったのに結果を知らされないまま1年ほど放置され、その後エイズを発症したことについて、神奈川県弁護士会は「人権侵害にあたる」として刑務所に対し警告した。 受刑者は今も刑務所で治療を続けていて、3年前に国に対して賠償を求める訴えを起こし裁判が続いているという。 1980年代、正体不明とされたエイズの脅威を訴え続け、舞台作品で患者に対する偏見を描いたアメリカの劇作家ラリー・クレイマーさんが亡くなった。 84歳だった。 プレシジョン・システム・サイエンスの社長にPCR検査の精度が7割程度と言われていることについて聞いた。 同社はPCR検査における遺伝子の抽出から測定まで全自動で行えるシステムを作っており、先月23日には駐在フランス大使から感謝状をもらっているという。 PCR検査はHIVや肝炎のウイルスを含んだ血液を見つけ出す工程にも使用されている。 献血におけるPCR検査機器自体 緊急事態宣言が解除となり、収束の気配が一旦見えているが、今後第2波への懸念についてゲストの医師に聞くと欧州ではかなり収まっており、少しずつ解除となっているが、実際にシンガポールでも第2波が出てきており、韓国などでも出てきてかなり気をつけながら緩和をしていかなければいけないという。 栃木・宇都宮でも緊急事態宣言が解除された後にクラスターが発生したという。 ゲストの WHOは新型コロナウイルス感染症について、長期間対応が必要な疾病となる可能性を指摘し「終息の予測は不可能」と警告した。 しかしエイズウイルスを例に「消滅したわけではないが、以前ほど恐れる必要がなくなった」と強調。 治療法確立の協力を呼びかけた。

次の

HIVのテレビ情報

コロナ ウイルス hiv 薬

新型コロナ治療薬候補のカレトラ、臨床試験の結果が明らかに 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンや新しい治療薬の開発が進む一方で、既存の薬剤の中からCOVID-19に有効なものを見つけようとする動きも進んでいる。 例えば、抗HIV薬のロピナビル・リトナビル(商品名カレトラ)や抗インフルエンザウイルス薬のファビピラビル(商品名アビガン)が有効であったことが、国内外で報告されている。 しかし、National Clinical Research Center for Respiratory Diseases(中国)のBin Cao氏らが、COVID-19に対するカレトラによる治療は有効性が示されなかったとするオープンラベル・ランダム化比較試験の結果を「New England Journal of Medicine」3月18日オンライン版で報告した。 COVID-19に対する抗ウイルス薬の候補として、現在、アビガンやトシリズマブ(商品名アクテムラ)など、いくつかの薬剤について臨床試験が実施されている。 同じコロナウイルスが原因で発症する重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)に対する有効性が示唆されているカレトラも、そうした候補薬の一つと目されている。 Cao氏らがこの臨床試験で対象としたのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染が確認された武漢金銀潭医院の重症患者199人。 これらの患者のうち、100人を標準治療を14日間受ける群(標準治療群)に、99人を標準治療に加えてカレトラ(ロピナビル400mg・リトナビル100mg)を1日2回、14日間経口投与する群(カレトラ投与群)にランダムに割り付けた。 患者の年齢の中央値は58歳で、そのうち60. 3%は男性だった。 主要評価項目は「臨床的改善に至るまでの日数」で、「臨床的改善」は重症度スケールで2ポイントの改善または退院のいずれかと定義された。 臨床的改善に至るまでの日数は、両群とも中央値で16日であった。 カレトラ投与群から同薬投与後24時間以内に死亡した3人を除いて解析すると、臨床的改善に至るまでの日数は、標準治療群の16日に対してカレトラ投与群では15日と1日だけ短縮した。 28日死亡率については、カレトラ投与群の方が標準治療群よりも低かった(19. 2%対25. 0%、-5. 8%差)が、この差は統計学的に有意ではなかった。 5、10、14、21、28日目にSARS-CoV-2のRNAが検出された患者の割合も両群で同程度であった。 副作用については、カレトラ投与群で標準治療群に比べて、悪心や嘔吐、下痢といった消化器系の有害事象の発生頻度が高かったが、深刻な有害事象の発生頻度は標準治療群の方が高かった。 こうした結果を受けて、Cao氏らは「今回の試験では、重症のCOVID-19成人患者にカレトラを投与しても、標準治療を超えるベネフィットは得られなかった」と結論付けている。 その一方で、症状が現れてから12日以内にカレトラ服用を開始した患者では、標準治療群に比べて、臨床的改善に至るまでの日数が短く(16日対17日)、死亡率も低下していた(19. 0%対27. 1%)。 このことから、同氏らは、カレトラによる治療を早期に始めれば、効果が得られる可能性も考えられ、さらなる研究が求められると述べている。 この研究論文の編集委員を務めたLindsey R. Baden氏らは、今回の試験結果について「主要評価項目については残念な結果だった。 しかし、死亡率については、被験者数が少なかったため慎重に解釈する必要はあるが、カレトラ投与群で若干低かった点は興味深い」と記している。 また、カレトラが有意な効果を示さなかった理由として、対象者が重症な患者集団であったためか、またはそもそもカレトラに抗SARS-CoV-2作用がないかのいずれかが考えられるとしている。 All rights reserved. 構成/DIME編集部.

次の