コカコーラ オリンピック 応援 マーク。 コカ・コーラが東京2020オリンピックで緑茶「綾鷹」を推す理由|食品産業新聞社ニュースWEB

東京2020オリンピック開幕まで約一年コカ・コーラ社製品を飲んで、東京2020オリンピックの聖火ランナーになろう! コカ・コーラ社 東京2020オリンピック 応援キャンペーン

コカコーラ オリンピック 応援 マーク

コカ・コーラシステムは、緑茶ブランド「綾鷹」が、東京2020オリンピックの公式緑茶になったことを記念し、6月17日から「綾鷹 東京2020オリンピック記念デザインボトル」を全国発売している。 また、「綾鷹」ブランドアンバサダーとして、新たに、東京2020大会開会式・閉会式チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターであり、狂言師の野村萬斎さんを起用し、新CM「綾鷹 心をととのえる」篇を18日から放映している。 野村さんは、26日に行われた「綾鷹」の戦略発表会に、同じくアンバサダーである女優の吉岡里帆さんとともに出席し、「お茶という日本の文化を表現させていただき光栄です。 日本のお茶の深さをお伝えできる一助になればと考えています」と話した。 コカ・コーラシステムは、オリンピックに向けて「コカ・コーラ」「アクエリアス」「ジョージア」「い・ろ・は・す」「綾鷹」の5ブランドに、「コカ・コーラ オリンピック応援マーク」をつけるなど全面的に訴求している。 だが、なぜ激しい戦いが予想されるスポーツの祭典のオリンピックにおいて、炭酸でもスポーツドリンクでもない緑茶を強化することにしたのか。 「東京2020を最大活用する綾鷹のブランド戦略」 日本コカ・コーラ資料 今後、パッケージの他、テレビCMや店頭訴求、デジタルでの発信など多面的な活動で「綾鷹」とオリンピックの結びつきを強く訴求する考え。 そして、中期的に目指すのは「マインドシェアナンバーワンの緑茶ブランド」のポジションだ。 1になりたい」とする。 現在、緑茶飲料市場は過去10年にわたり成長しており、「綾鷹」は市場を上回る成長を遂げている。 東京2020オリンピックを最大限活用し、緑茶市場の中でポジションを高める考えだ。

次の

はがきで応募の懸賞情報 » コカ・コーラ コカ・コーラ TOKYO2020 第1弾キャンペーン

コカコーラ オリンピック 応援 マーク

日本コカ・コーラ株式会社 6月17日(月)から全国でスタート あなたもオリンピック聖火ランナーになれるチャンス!! 日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーとして、同大会の聖火ランナーやコカ・コーラオリジナル オリンピック応援グッズに応募できる「東京2020オリンピック 応援キャンペーン」を6月17日(月)から全国でスタートします。 本キャンペーンでは、スマートフォンアプリ「Coke ON」を使ってたまる「コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」で、どこよりも早くオリンピック聖火ランナーに応募いただけます。 聖火リレーは多くの方が参加できるオリンピックならではの特別な体験です。 アムステルダム1928大会以来、90年以上にわたりオリンピック大会を支援してきたコカ・コーラ社は1992年のバルセロナ大会から初めて公式にオリンピック聖火リレーに参加し、これまでオリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーを11回務めてきました。 オリンピック聖火ランナーの応募開始に合わせ、東京2020オリンピックの聖火ランナー体験ツアーのイベントを全国で開催するなど、東京だけでなく、日本全国津々浦々にオリンピックの特別な体験をお届けします。 来年の夏にはいよいよ東京2020オリンピックが始まります。 オリンピックの聖火ランナーに応募いただける本キャンペーンで、約一年後に迫った東京2020オリンピック開幕に向けて日本中の機運を高め、オリンピックまで一気に盛り上げていきます。 「コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」は、スマートフォンアプリ「Coke ON」を使ってためることができます。 ためたポイント数に応じて、「東京2020オリンピック聖火ランナーになろう」コースの他、抽選で合計5万名様に当たる「コカ・コーラ オリジナル オリンピック応援グッズ」コースに応募することができます。 さらに、「コカ・コーラオリジナル オリンピック応援グッズ」コースに外れた方へのWチャンスとして、「Coke ON」で使える「オリジナルデザインスタンプ」が、抽選で合計200万個当たります。 詳細は、チーム コカ・コーラ 東京2020公式サイト()をご参照ください。 さらに、6月10日(月)に東京2020を盛り上げるコカ・コーラ社公式ソーシャルアカウントとして、Twitter teamcocacola とTEAM Coca-Cola YouTubeチャンネル )を開設し、東京2020オリンピックにむけて、さまざまな情報を発信していきます。 対象製品にあるマークをスキャンすると、1ポイントたまります。 対象製品の中には、販売状況により、「コカ・コーラ オリンピック応援マーク」が掲載されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 <ポイントのためかた> 1. 「コカ・コーラ オリンピック応援マーク」を「Coke ON」アプリのカメラ機能でスキャンしてためる 対象製品に掲載された「コカ・コーラ オリンピック応援マーク」を「Coke ON」アプリのカメラ機能でオリンピック応援マークスキャンすると、「コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」が1日1回、1ポイントたまります。 オリンピック応援マーク 2. 「Coke ON」対応自販機でコカ・コーラ社製品を購入してためる 「Coke ON」アプリを対応自販機に接続した状態で、コカ・コーラ社対象製品を購入いただくと、製品1本購入ごとに通常の「Coke ON」スタンプの獲得と同時に「コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」1ポイントがたまります。 ・選考は、プレ選考、本選考の2段階に分けて行います。 ・志望理由をはじめとした応募者の情報を、審査委員会が厳正に審査し、聖火ランナーを選びます。 (聖火ランナーに決定した方への告知は2019年12月中旬ごろを予定) 【1ポイント応募】 「忘れ物防止機能付き!スマートピンズ」コース(45,000名様) 臨場感あふれる動画を気軽に撮影できる小型アクションカメラ。 持ち運びに便利な軽量・コンパクトモデルで、自転車やヘルメットなどへの取り付けパーツや防水ケースも付属しており、さまざまなシーンでご利用いただけます。 「Coke ON」スタンプは、15個ためると1枚の無料ドリンクチケットと交換できます。 ギリシャのアテネで採火された火が開催国に運ばれ、国中に希望の火をともしながら、来るオリンピックの開催への期待を全国に届けるリレーです。 東日本大震災から10年目の被災地を訪れ、新しい時代の希望のオリンピック聖火リレーとして、復興に力を尽くされている方々にも、元気や力を届けます。 また、震災当時世界中から寄せられた支援や励ましに対し、震災から10年目の日本の姿を感謝の気持ちとともに発信し、困難を乗り越える人々の力・不屈の精神を伝えます。 1992年以来、オリンピック聖火リレーの支援を通じて、オリンピックの特別な体験を世界中の方に提供してきたことは、コカ・コーラ社ならではの取り組みです。 コカ・コーラ社が初めて公式に参加したオリンピック聖火リレーはバルセロナ1992大会です。 それまではオリンピック開催国だけで聖火をリレーするのが一般的でしたが、バルセロナ1992大会からは、開催国だけでなく、世界各国から選出された人も聖火ランナーとして参加できる「オリンピック聖火ランナー国際プログラム」が始まり、50カ国以上から150人の参加者が集まり、近代オリンピックの聖火リレーの歴史におけるターニングポイントとなりました。 東京2020オリンピックで、コカ・コーラ社がオリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーとなるのは12回目で、アトランタ1996大会、長野1998冬季大会、ソルトレーク2002冬季大会、アテネ2004大会、トリノ2006冬季大会、北京2008大会、バンクーバー2010冬季大会、ロンドン2012大会、ソチ2014冬季大会、リオ2016大会、平昌2018冬季大会に続いています。 コカ・コーラ社が参加したオリンピック聖火リレーの総距離は408,768kmで、12万6231人の聖火ランナーが1152日間走りました。 日本で開催された大会でもオリンピック聖火リレーを支援してきました。 1992年に公式にオリンピック聖火リレーに関わるようになる以前の東京1964大会でも、日本全土にわたって聖火を歓迎し、聖火ランナー一行を先導・追行する車両の運行や「コカ・コーラ」のサンプリング、聖火歓迎用の小旗を沿道の人たちに配るなど、賛助と協力を惜しみませんでした。 また、札幌1972冬季大会はもちろん、プレゼンティングパートナーとなった長野1998冬季大会では、オリンピック聖火リレーをコーヒーブランド「ジョージア」で支援し、全国で545人の聖火ランナーおよび575人のエスコートランナーと2300人のサポートランナーを選出し、たくさんの方にオリンピックならではの特別なひとときを体験いただきました。 それ以来、コカ・コーラ社は、オリンピックが世界で注目度が高く、意義あるスポーツイベントへと発展する過程をともに歩み、支援してきました。 現在コカ・コーラ社は、IOCのワールドワイドパートナーで、オリンピック大会を支援してから92年となります。 ミュンヘン1972大会では、初めて「公式清涼飲料」の協賛企業として認定。 また、カルガリー1988冬季大会では、初めて「コカ・コーラ オリンピック ピントレーディングセンター」を開設し、それ以降大会ごとに趣向を凝らしたピン交換が言葉や文化を超えた交流として楽しめるようになりました。 その他にも、オリンピックを目指してトレーニングに励む多くの選手やオリンピック参加選手などに対する援助を行いながら、大会運営も支援しています。 こうして90年もの間、コカ・コーラ社は、大会拡大や選手育成をはじめ、ピントレーディングやオリンピック聖火リレーなど、数々の特別な体験を提供し、オリンピックで繰り広げられる感動と興奮を世界中に届けてきました。 2020年に向けてコカ・コーラ社は、オリンピックのワールドワイドパートナーとして、そして東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとして、東京2020を日本と世界にとってこれまで以上に忘れられない特別な大会にできるよう取り組んでいきます。

次の

はがきで応募の懸賞情報 » コカ・コーラ コカ・コーラ TOKYO2020 第1弾キャンペーン

コカコーラ オリンピック 応援 マーク

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーとして、どなたでも参加できるアスリート応援キャンペーンを6月15日(月)から9月6日(日)の期間、全国で実施します。 2020年7月開幕予定だった東京2020オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大を受け、延期となりました。 日本でも全国に緊急事態宣言が発令され、自粛ムードの中、アスリートから発信されるSNSやニュースは、国民の希望となり励みとなりました。 そうしたアスリートを今度はわたしたちが応援すべく、長きに亘ってオリンピックパートナーを務めてきたコカ・コーラ社ならではのアスリート応援キャンペーンを立ち上げます。 コカ・コーラ社のアスリート応援キャンペーンの中心となるのは、東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団への寄付プログラムで、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」からどなたでも参加できます。 その貯まったポイントを東京2020オリンピック日本代表選手団、もしくは東京2020パラリンピック日本代表選手団から選んで寄付いただけます。 また、本キャンペーンのサポーターには、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーの北島康介氏や契約選手の熊谷紗希選手(サッカー女子)、大迫傑 すぐる 選手(マラソン)、西村詞音 ことね ・碧莉 あおり 姉妹(スケートボード)、上地結衣選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(パラ走り幅跳び)の7名を迎え、アスリートへの応援を呼びかけていきます。 東京2020は、「スポーツには、世界と未来を変える力がある。 」というビジョンを掲げ、レガシーを未来へ継承することを目指しています。 オリンピックのパートナーとして最も長い歴史を誇るコカ・コーラ社として、東京2020が、コロナ禍にある世界の大きな希望となるよう尽力していきます。 その第一歩として、まずはオリンピック・パラリンピックの舞台で多くの人々に勇気や希望を与えてくれるアスリートたちを応援し、希望をつなぐ橋渡しをしていきます。 このプログラムは、コカ・コーラ公式スマートフォンアプリ「Coke ON」で貯められる「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」を使って、東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団に寄付することで、アスリートを応援できるものです。 「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」1ポイントは1円として換算され、1ポイントもしくは5ポイントを東京2020オリンピック日本代表選手団か東京2020パラリンピック日本代表選手団から選んで寄付できます。 やり方は簡単で、2つの方法から「チーム コカ・コーラ オリンピック応援ポイント」を貯められます。 本プログラムに参加し寄付していただいた方には、抽選で「チーム コカ・コーラ限定デザインのスピーカー付きワイヤレスイヤホン」(1万名様)、「Coke ONスタンプ」(合計150万個)が当たります。 詳細は、「Coke ON」アプリ内やチーム コカ・コーラ 東京2020公式サイト()をご参照ください。 集まった寄付額や寄付後の詳細レポートなどについては随時公開し、対象期間終了後の9月末に一括して寄付を行う予定です。 対象製品にあるマークをスキャンすると、1ポイント貯まります。 2,000万ダウンロードを達成した「Coke ON」アプリ 「Coke ON(コーク オン)」は、アプリ内でスタンプを15個貯めて1本分のドリンクチケットが獲得できる、おトクで便利なコカ・コーラの公式スマホアプリです。 ドリンクチケットは、コカ・コーラ社製品1本と無料で交換でき、お客様のお好きな製品を選ぶことができます。 2020年5月末時点で、2,000万ダウンロードを超え、全国36万台の「Coke ON」対応自販機でご利用いただけます。 対象製品の中には、販売状況により、「チーム コカ・コーラ オリンピック応援マーク」が掲載されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 Bluetoothでスマートフォンと連携させ、ワイヤレスイヤホンとしてご利用いただけるだけでなく、イヤホンを充電ボックスに入れると、ボックスをワイヤレススピーカーとしてお使いいただけます。 『Coke ON』スタンプ(合計150万個) 「Coke ON」スタンプを、抽選で合計150万個プレゼントします。 「Coke ON」スタンプは、15個貯めると無料ドリンクチケット1枚と交換できます。 ドリンクチケットは、「Coke ON」対応自販機でお好きなコカ・コーラ社製品と交換できます。 ・東京2020パラリンピック日本代表選手団を選んだ場合 日本パラリンピック委員会の加盟競技団体(夏季パラリンピック競技)へ寄付します。 事務局から日本パラリンピック委員会へ一括して寄付し、その後、各競技団体へ割り振ります。 ・東京2020オリンピック日本代表選手団(おまかせ)を選んだ場合 日本オリンピック委員会の加盟団体へ寄付します。 事務局から日本オリンピック委員会へ一括し、その後、各競技団体へ割り振ります。 ・東京2020オリンピック実施競技の35競技団体を選んだ場合 東京2020オリンピック実施競技の35競技団体の中から、競技団体を選んで寄付できます。 期間終了後に、事務局から日本オリンピック委員会へ一括して寄付を行います。 その後、寄付された金額に応じて、各競技団体へ割り振ります。 TVCMやデジタル・新聞広告で「#みんなで希望をつなごう」というハッシュタグでアスリート応援を呼びかけ、「Coke ON」アプリでは、彼らからのメッセージ動画がご覧いただけます。 コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー 北島康介氏 Stay Home状況の中、私は自宅で適度なトレーニングをしていましたが、アスリートたちは普段使っている施設が使えなくなり、大変な思いをしていたかと思います。 来年のオリンピックに出場し、メダルを獲得して日本中、世界中の皆さまに元気を与えて欲しいと思います。 そして、皆さまからの応援がアスリートたちの希望になりますので、日本コカ・コーラのアスリート応援キャンペーンにご参加いただき、応援をよろしくお願いします。 熊谷紗希選手(サッカー女子) 今こそチーム一丸となって日本の力を見せつけたいと思います。 ここ数ヵ月なかなか練習もできない状況でしたが、こういうときだからこそ強い気持ちを持って、来年の東京2020に向けて練習に取り組みたいと思います。 皆さま、応援お願いします! 大迫傑選手(マラソン) オリンピックが来年に延期になりましたが、1年余分に強くなれる時間をもらったと思い、毎日練習に励んでいます。 世界中で大変な状況が続く中、東京2020が盛り上がれば多くの方の希望に繋がると思います。 すべての選手がその舞台で力を発揮できるよう、日本コカ・コーラのアスリート応援キャンペーンにご参加ください。 西村詞音選手(スケートボード) 1人ひとりがお互いに支えあうことで、大きなパワーが生まれます。 東京2020オリンピックは来年に延期になりました。 ますます大きなパワーが必要となりますので、これからもチーム コカ・コーラへ応援よろしくお願いいたします。 西村碧莉選手(スケートボード) 前向きな気持ちを持ち続ければ、素敵な未来につながると思います!まだまだ自粛ムードではありますが、来年の東京2020に向けて、私も引き続き前向きに練習していきますので、サポートお願いいたします! 上地結衣選手(車いすテニス) みんなで希望を持ち続ければ、どんな困難でも乗り越えられると信じています。 早くコートで皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。 それまでできることをできるだけ頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。 中西麻耶選手(パラ走り幅跳び) 自分の目指す場所へたどり着くためにはつらい道を避けず進んでいかなければなりません。 どんな困難な道でも現実を受け入れて一緒に乗り越えていきましょう。 本TVCMには、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサーの北島康介氏、弊社契約選手の熊谷紗希選手(サッカー女子)、大迫傑選手(マラソン)、上地結衣選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(パラ走り幅跳び)の5名が出演。 各選手がそれぞれの競技に懸命に打ち込む姿を追いながら、「みんなで希望をつなごう。 さあ、ともに前へ」と、アスリートへの応援を呼びかけます。 それ以来、コカ・コーラ社は、オリンピックが世界で注目度が高く、意義あるスポーツイベントへと発展する過程をともに歩み、支援してきました。 現在コカ・コーラ社は、IOCのワールドワイドパートナーで、オリンピックを支援してから92年となります。 ミュンヘン1972大会では、初めて「公式清涼飲料」の協賛企業として認定。 また、カルガリー1988冬季大会では、初めて「コカ・コーラ オリンピック ピントレーディングセンター」を開設し、それ以降大会ごとに趣向を凝らしたピン交換が言葉や文化を超えた交流として楽しめるようになりました。 その他にも、オリンピックを目指してトレーニングに励む多くの選手やオリンピック参加選手などに対する援助を行いながら、大会運営も支援しています。 こうして90年以上もの間、コカ・コーラ社は、大会拡大や選手育成をはじめ、ピントレーディングやオリンピック聖火リレーなど、数々の特別な体験を提供し、オリンピックで繰り広げられる感動と興奮を世界中に届けてきました。 2021年に向けてコカ・コーラ社は、オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナー、そして東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーとして、東京2020を日本と世界にとってこれまで以上に忘れられない特別な大会にできるよう取り組んでいきます。

次の