豚 ロース 生姜 焼き 用 レシピ。 【殿堂】生姜焼きレシピ!人気1位は?つくれぽ1000超えの絶品だけ集めました♪

【殿堂】生姜焼きレシピ!人気1位は?つくれぽ1000超えの絶品だけ集めました♪

豚 ロース 生姜 焼き 用 レシピ

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の

豚生姜焼き用肉のレシピ一覧|おいしいレシピ

豚 ロース 生姜 焼き 用 レシピ

豚ロースは薄切り・厚切りで食感が異なるのが魅力 豚ロースは肉と脂質のバランスがよく、柔らかく美味しい部位です。 厚切りロースはトンカツ用などと表示して売られています。 トンカツやポークソテーなどに使い、柔らかく適度な脂身があって美味しい部位で厚切りなので食べ応えがあります。 ロース肉は塊でも売っていて、チャーシューや角煮などのレシピに向いています。 塊のまま調理して食べるときにお好みの厚さに切っていただきます。 しっかり煮込んだロース肉は厚く切っても柔らかく美味しいです。 チャーシュー丼やラーメンなどは少し薄めでいただくのがおいしいでしょう。 薄切りロースは生姜焼きなどのレシピに使われます。 適度な歯ごたえとタレに絡み合う厚さがおいしいです。 しゃぶしゃぶなどは超薄切りでサッとお湯に通すだけでいただけて、ひと噛みで豚ロースの旨味を堪能できます。 超薄切りロースでの炒め物や生姜焼きのレシピも野菜やタレと絡めて食べられておすすめです。 薄切り豚ロースの簡単レシピ 薄切り豚ロースは適度な脂身もあって柔らかいので食べやすく、味も馴染みやすいです。 薄いので調理もしやすく便利な豚ロースを使った簡単レシピをご紹介します。 豚肉と小松菜のオイスター炒め• チーズ入りミルフィーユカツ• 豚と卵の炒め物• 豚肉のアスパラ巻き• 小松菜は体に良く摂取したい緑黄色野菜の中でも栄養価が高い野菜です。 オイスターソースで中華風の炒め物は食欲をそそる1品です。 サッと炒めるだけでとっても簡単レシピです。 他にもキノコや他の野菜、豆腐などを加えると彩りもよく栄養価もたかくなりおすすめです。 お肉の中でしっかりと熱せされたチーズがとろけて肉汁と絡む美味しいレシピです。 ベビーチーズを使用していますが、とろけるチーズでもトロトロに溶けて美味しいでしょう。 大葉を一緒に入れると見た目も味もさらにUPでおすすめです。 フライパンに直接卵を割り入れて調理するので、時短で洗い物も少なくすみます。 味付けも塩こしょうと醤油でシンプルですぐできるのに美味しくて満足な味です。 時間に余裕があれば、野菜や食材を増やしたり、味付けを色々変えてアレンジすると幅が広がりそうです。 アスパラはさっと茹でて使うので豚ロースに火が通れば出来上がりです。 こんがりした焼き色がたまりません。 アスパラが旬の春には太くて甘いアスパラがたくさん出回るので是非お試し下さい。 カレー風味で味も香りもとても良く食が進みます。 れんこん、マイタケと体にいい食材で作る簡単おすすめレシピです。 れんこんはたくさん買ってもついつい同じようなレシピになってしまいがちですが、カレー風味のこのレシピはいつもとちょっと違った使い方ができて覚えておきたいレシピの1つです。 薄切り豚ロースのおすすめレシピ 薄切り豚ロースを使ったレシピはまだまだたくさんあります。 中でも人気のあるおすすめレシピをご紹介します。 生姜焼き• 大根と豚肉の煮物• 高野豆腐の肉巻き焼き• 帯広風豚丼• 少し厚めの豚ロースで作る生姜焼きも美味しいですが、このレシピは しゃぶしゃぶ用の薄切り豚ロースを使います。 楽天のレシピランキングで1位になり、年間ランキングでも3位に選ばれた人気レシピです。 おいしかったお店の再現レシピだそうです。 大根の煮物はお肉なしでも美味しいですが、お肉が入るとコクが出てやはりおいしいです。 鶏肉やひき肉などどのお肉で作ってもそれぞれの美味しさがありますが、今回は豚ロースで作る大根と豚肉の煮物のレシピです。 使っているお肉は薄切りでも超薄切りのしゃぶしゃぶ用ロース肉です。 豚ロースのジューシーなコクが大根にしっかりと染みてほっこり大根の出来上がりです。 夕飯のメインメニューにもなるおすすめのレシピです。 高野豆腐は栄養価が高く、お味噌汁などに入れたりして毎日摂取したい食材の1つです。 そんな栄養たっぷりの高野豆腐に豚ロースを巻いたレシピです。 高野豆腐の中には梅肉が入っていて見た目のボリューム感とは違うさっぱり感が箸を進ませます。 豚丼の発祥は北海道の帯広と言われています。 北海道を開拓した人達が疲労回復料理として北海道では手に入らなかったウナギの代わりに食したとも言われています。 甘辛いタレで絡めた豚ロースが白いご飯とベストマッチでご飯が進みます。 何時間もかけて作るチャーシューが15分ほどで出来ておいしい満足レシピです。 チャーシューはそのままお皿に並べて食卓に出しても美味しく豪華な1品になります。 チャーシュー丼やラーメンなど使い方はたくさんで、家族にも人気で喜ばれるレシピです。 厚切り豚ロースの簡単レシピ 厚切り豚ロース肉はトンカツ用などと表示されて売られています。 美味しく簡単に作れるトンカツや他にも厚切り豚ロース肉を使った簡単レシピをご紹介します。 豚肉のみそ焼き~にんにく風味~• 豚肉のカレーチーズ焼き~お弁当用~• 豚ロース肉の塩麹漬け焼きとんかつ• 和風甘辛ステーキ丼• 味噌につけ置きしておくレシピもありますが、味噌が付いた状態で焼くので焦げ付きやすいです。 このレシピは焼いてから味噌と絡めるので焦げ付きにくくお肉もしっかりと美味しく焼き上がります。 調味料を混ぜた味噌を焼いたロース肉に絡めるだけの簡単時短レシピなので忙しいときにおすすめです。 水を入れてしっかりと火を通して茹で焼き上げたロース肉にカレー粉と粉チーズを振りかけて香り高く焼き上げるレシピです。 水を入れて焼くのでしっとりした焼き上がりです。 簡単に作れてお弁当にもぴったりの1品です。 忙しく時間のない日の前日にちょっと一手間かけて準備するだけで簡単時短のメインディッシュの出来上がりです。 胃腸の働きを助けてくれる麹を使って時短で簡単に作れる嬉しいレシピです。 とんかつのように衣を付けないのでとても簡単です。 お肉を焼いたフライパンでステーキのタレも作るので洗い物も少なく手間がかかりません。 ボリューム満点の厚切り豚ロース肉ステーキは子ども達にも喜ばれる1品です。 ソースをかけると照りがでて見た目にもおいしそうです。 お肉を焼いたフライパンで簡単にとろみのある美味しいソースが出来上がります。 さっぱりとしたバルサミコ酢と醤油のソースは他のお料理にも使えそうな美味しいソースです。 厚切り豚ロースのおすすめレシピ 厚切り豚ロース肉を使ったお料理は夕食のメインメニューにピッタリです。 とんかつを上手に作るコツや厚切り豚ロース肉を使った美味しいおすすめレシピをご紹介します。 トンテキ ニンニクソース• ポークソテー・オニオンソース• マスタード風味のポークピカタ• ヒレかつ• にんにくたっぷりのソースでご飯が進みます。 にんにくは疲労回復や免疫力アップの効果があります。 ボリュームたっぷりのにんにくソースのトンテキでスタミナをつけましょう。 オニオンソースに漬け込むことによって味がしっかりとつき、お肉も柔らかくなって美味しくなります。 さっぱりして美味しいソースはキャベツにも合います。 ハンバーグや他のソースとしてもおすすめです。 ピカタは下味を付けたお肉に小麦粉をまぶし、粉チーズ入りの溶き卵にくぐらせて焼いたものです。 卵がふんわりとしてやわらかくて美味しいです。 にんにくの香りもよく、チーズもよく合います。 マスタードを入れているので味にアクセントもありとても美味しいレシピです。 作り方の基本、簡単に美味しく作るコツ、お弁当に入れても美味しいヒレカツの作り方が紹介されています。 カツを作るそれぞれの工程で美味しく作るための準備や手順があり、それが美味しく作れるコツとなっています。 一つ一つ難しい作業ではないので気を付けて丁寧に作ると美味しく揚げられます。 コクと食べ応えのある食感の厚切りロース肉を柔らかく美味しくいただく方法をご紹介します。 まずは筋切りです。 包丁の背や肉を叩くための調理器具である肉叩きを使ってロース肉の筋繊維を軽く叩きます。 そのことによって 筋繊維が切断されてお肉が柔らかくなります。 また豚ロースをコーラで煮ると美味しく柔らかくなるレシピもあります。 豚ロース肉を炭酸飲料に漬けることによって柔らかくできるのです。 他にも重曹に漬けたり、塩麹も柔らかくする効果があります。 蜂蜜や砂糖、ワインやビールなどのアルコールに漬けておいても柔らかくくなり、ワインなどは臭みを消す効果もあります。 牛乳やヨーグルト、ジャムなどもお肉を柔らかくし、まろやかな味わいにもしてくれます。 その時々の味付けや調理法、キッチンにあるもので手軽にロース肉を柔らかくすることができます。

次の

豚生姜焼き用肉のレシピ一覧|おいしいレシピ

豚 ロース 生姜 焼き 用 レシピ

はみ出す!豚ロース肉の生姜焼き丼 佐藤です。 今回は、「豚肉の生姜焼き丼」を伝授します。 「豪快にごはんをかき込める丼を食べたい!」。 こんな気分の時もあるのではないでしょうか。 そこで、おすすめしたいのが、「豚ロース肉の生姜焼き丼」。 たっぷりの豚ロース肉をフライパンでササッと焼いて、特製生姜焼きのタレを絡め、丼ごはんにのせるだけ。 丼から豚肉がはみ出す、少しコッテリ味の豪快などんぶり。 醤油味が濃く効いたタレが絡んだ豚肉に、カブっとかぶりついたら、その勢いのまま、ごはんをグワ~っとかきこむ…。 生姜醤油の味と豚肉の脂の旨味がハーモニーを奏でる…。 口いっぱいに頬張りながら食べるにふさわしい男の丼ですね。 私が居酒屋で働いていた時に、賄でたまに作っていた丼です。 めしをゆっくり食べる時間がない時に、こういった「丼」は、パパパッと食べることができる。 しかも肉だから食べ応えが合って、腹持ちもいいし、旨い! 私、ネギが好きなのでネギも「これでもか!」っていうくらい入れてたので、しつこく感じず、サラッと食べられましたね。 そんな豪快丼!のレシピ見て下さい。 レシピ 【材料】(1~2人前)• 豚ロース肉…5枚(150g、生姜焼き用スライス)• 小麦粉(片栗粉でもOK)• 油…大さじ1杯• ごはん…適量• 刻みネギ…少量• 濃口醤油…大さじ2杯• 酒…大さじ2杯• みりん…大さじ1杯と小さじ1杯• おろし生姜…小さじ1杯 1.生姜焼きのタレを合わせます。 ボウルに濃口醤油、酒(各大さじ2)、みりん(大さじ1+小さじ1)、おろし生姜(小さじ1)を入れて混ぜておきます。 2.豚ロース肉船体に片栗粉をまんべんなく塗します。 3.フライパン(大)を強火で熱し、油(大さじ1杯)を入れ全体に広げます。 4.40秒ほど熱したら、中火の強にして豚肉を入れ焼きます。 5.1分焼いたら裏返し、反対面も同じように焼きます。 6.反対面も1分焼いたら、生姜焼きタレを入れます。 7.弱火にして、タレを豚肉全体に絡めます。 1分ほど煮詰めたら火を止めます。 8.どんぶりにごはんを入れます。 9.ごはんの上に盛ります。

次の