アトピー 性 皮膚 炎 治療。 アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎とは?|治療薬にも種類があるってご存知ですか?|あなたにあったアトピー性皮膚炎治療を。|マルホ株式会社

アトピー 性 皮膚 炎 治療

アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎とは、環境や食べ物などのアレルゲンの刺激を受けることで発症し猛烈なかゆみの症状が出る病気です。 現在では、乳幼児から成人まで、日本人の約20%がアトピー性皮膚炎を患っていると言われています。 一昔前はアトピー性皮膚炎は大人になれば治ると言われていましたが、最近では30代以降になっても病院へ通う患者が増加します。 子供の頃にアトピー性皮膚炎を発症していなかった大人でも突然アトピーを患う事例が増え、社会人にとっても大きな悩みの一つとなり「大人アトピー」等と呼ばれるようになっています。 大人アトピーの原因 大人アトピーの原因には様々なものが考えられます。 原因と言っても人それぞれ育ってきた環境や、今の環境、状況やライフスタイル等、様々違うところがありますので一つに断定する事が出来ませんが、恐らくいくつもの原因が重なっている事が多いでしょう。 大人アトピーは主に次のような事が原因と考えられています。 ペリオスチンと呼ばれるタンパク質が過剰に体で作られる• フィラグリン遺伝子の変性• 肌への刺激• 肌を洗いすぎて、ボロボロになっている• スキンケア(保湿)のしすぎ• ステロイドを長く使っていた• 食事のバランスの乱れや添加物の多い食生活• 不規則な生活• 運動不足• 呼吸が浅い• 家がダニやカビ等、見えない微生物で蔓延している• 環境の変化• ストレス ペリオスチンと呼ばれるタンパク質が過剰に体で作られる 最近の研究では、皮膚で作られる「ぺリオスチン」というたんぱく質がアトピー性皮膚炎を引き起こしているというメカニズムが発見されました。 体内でペリオスチンが過剰に作られると、免疫細胞が増加・活性化し、皮膚炎を起こしているそうです。 ぺリオスチンの発見により、アトピー性皮膚炎の発症を抑えるような、新しい治療薬の開発につながると期待されています。 フィラグリン遺伝子の変性 アトピー性皮膚炎の方はフィラグリン遺伝子と呼ばれる肌の構造を設計する遺伝子が変異している方が多いと言われています。 フィラグリンとアトピー性皮膚炎の関係について注目され始めたのは「アトピー性皮膚炎」の患者の約20%にフィラグリンを作り出す上での体の設計書である「フィラグリン遺伝子」に変異が見られた事が始めです。 アトピー性皮膚炎を始めとした「慢性的な皮膚炎」の患者にはこの「フィラグリン遺伝子変異」の傾向がみられると報告がされています。 フィラグリン遺伝子の変異により正常にフィラグリンを生成する事が出来ないとなると、共に角質層を作る「ケラチン」との合成がうまくいかない、もしくは不足する事態となり慢性的なドライスキンの環境を生み出します。 フィラグリンは角質層の水分量やアミノ酸に関わっていますので、すなわち「乾燥したもろい肌」を体質的に作り上げてしまう事がアトピー性皮膚炎の原因として考えられるのです。 フィラグリン遺伝子の変異については「」の記事でも紹介していますので参考にしてください。 肌への刺激が増えた 成人を迎えると体の機能が低下し始め、肌も同じくバリア機能の低下等が起こります。 大人になると思春期に増えた皮脂が再び減ってくるため、肌が乾燥しやすくなります。 そのため、汗や衣服との摩擦 まさつ など日常の暮らしのなかでのありふれた刺激が、肌にとっては負担となり、皮膚炎を生じます。 日常の暮らしの中でのありふれた刺激ですので慢性的な刺激となってしまう事が多く、皮膚炎を慢性化させてしまう事で、アトピー性皮膚炎を生じてしまいます。 肌が洗いすぎて、ボロボロになっている 日本はとても清潔な国ですので、毎日お風呂に入り体を清潔に洗います。 しかし、肌にとっては毎日の入浴と洗浄が負担になってしまう事があります。 石鹸やアカスリを使う事で、肌の必要な皮脂を落とし、角質層も削りとってしまうと肌のバリア機能を低下させてしまうどころか、肌そのものへの負担となり、ボロボロにしてしまいます。 ボロボロになった肌は刺激にとても弱い状態になり、ちょっとしたきっかけでアトピー性皮膚炎になってしまう事があります。 スキンケア(保湿)のしすぎ スキンケアはとても重要ですが、やり過ぎは体や肌にとって負担やダメージになります。 スキンケアは体にとって不足している物を補う事で、肌を健康な状態にしていくことが目的です。 しかし、あまりに外部から補う事を続けてしまうと肌本来の機能が弱まり、結果的に弱い肌となってしまいます。 肌の機能はまた使えるくらいに回復するまで時間がかかるので、その間に受けた刺激によってアトピー性皮膚炎を発症してしまう事が考えられます。 ステロイドを長く使っていた ステロイドは優れた消炎効果があり、炎症を起こした体の症状に非常に高い効果がある薬で様々な治療に使われています。 しかし、高い効果の反面、副作用も強い薬です。 アトピー性皮膚炎の治療にもステロイドは使われますが、体が慢性的な炎症を起こしてしまうような疾患では同じくステロイドを長く使っている可能性があります。 ステロイドには皮膚を薄くする副作用があったり、毛細血管を拡張するような副作用があり、これが原因でアトピー性皮膚炎を発症させてしまったり、悪化させてしまったりします。 適切な期間で、適したステロイドの使用であれば問題はないと言われていますが、長期・過剰なステロイドの使用はアトピー性皮膚炎の原因に繋がります。 食事のバランスの乱れや添加物の多い食生活 大人になる事で食事のバランスが乱れがちになった事が大人アトピーの原因の一つと言われています。 社会に出た事で飲みの席に呼ばれる事が多くなったことや、自分の好きな物を食べる事が出来る事が偏った食事を作る一つの要因です。 添加物は血管を傷つけたり、過剰に摂取する事で血管を固くしたり、体に蓄積されるるなど体の健康に様々な影響を与えます。 正常な状態ではなくなった体は、傷の治癒や健康な肌を作る事が出来ず、ボロボロな肌を作り出します。 ボロボロになった肌は刺激に弱く、慢性的な皮膚炎をおこし、アトピー性皮膚炎へとつながっていく原因になります。 不規則な生活 仕事が忙しくなった、子供が出来て規則的な生活が難しくなった等、不規則な生活が原因でアトピー性皮膚炎を発症する人が多いです。 体には体内時計があり、規則的な生活は概日リズムと呼ばれる体内のリズムを刻み生活するのが一番健康的です。 規則的な生活を送ると、質の良い睡眠をとる事や自律神経の働きを正常化させたり、ホルモンの分泌が正常になります。 体を効率的に動かしたり、回復させるには規則的な生活は必要です。 しかし、体内時計が狂ってしまった体は効率的に体を活動させたり、回復させる事が出来なくなるため、肌へのダメージも回復する事が出来ません。 肌よりもっと深いところがダメージを受けていた場合は更に肌をボロボロにしてしまいます。 ボロボロになった肌は慢性的な皮膚炎であるアトピー性皮膚炎の原因となります。 運動不足 運動は体の隅々に酸素と栄養を働く効果があります。 運動をする事で、活動に必要な栄養と酸素が供給されるため、活動的な生活や健やかな毎日を送る事が出来るのです。 運動不足の方は体が硬くなりやすく、隅々まで栄養と酸素が運ばれていない事が多くあります。 健康な肌を作ったり、強い肌を作るには栄養と酸素が必要になりますが根本的に肌が材料不足となり、ボロボロの肌になります。 ボロボロの肌は刺激に弱く、慢性的な運動不足で更に栄養や酸素が足りない状況が続くので肌は修復できなくなります。 皮膚炎を起こせば治癒できない為、アトピー性皮膚炎のような慢性的な皮膚炎の原因となります。 呼吸が浅い 運動不足と共通するところがありますが、呼吸が浅いことは酸素が不足する事に繋がります。 呼吸は肺の換気をしていて、肺を喚起する事で酸素を体に取り入れ、二酸化炭素を吐き出します。 このガス交換の量が少ないと、体が危険な状態と感知し、活動量を低下させたり息苦しさを感じて深い呼吸を意識的に体に要求するようになります。 呼吸が浅いと慢性的に酸素不足を招く事になり、自律神経を乱す原因になります。 自律神経は体の回復に深く関わっていて、肌の修復にも影響があるので、慢性的に乱れた自律神経は慢性的な肌荒れへとつながります。 慢性的な肌荒れは慢性的な皮膚炎に繋がっていくことが多く、アトピー性皮膚炎の原因になります。 家がダニやカビ等、見えない微生物で蔓延している アトピーの原因となるアレルギーで多いのはハウスダストやダニ、カビです。 家の中のホコリ(ハウスダスト)には、ダニがいっぱい潜んでいるので、かゆみの原因として高い割合をしめています。 その他、カビにも注意しましょう。 ここ最近でピティロスポルム(マラセチア)という菌に対してアレルギー反応を示す人が増えてアトピー性皮膚炎との関係が注目されています。 このカビは誰の皮膚にも存在するのですが、顔、首、上半身の皮膚の脂の分泌が多く、かゆみやフケを発生させます。 環境の変化 大人になると様々な場面で環境の変化が付きまといます。 引っ越しや仕事の環境が変わった、パートナーとの別れや、結婚等、ライフイベントによっても様々な影響が付きまといます。 このような影響は心身共に負担となる為、自律神経を乱すきっかけとなり、睡眠障害を招いたり摂食障害を起こすこともあります。 環境が変われば今までと過ごす環境が変わる事にもつながるため、ダニやカビ等の影響の変化もあるでしょう。 自律神経が乱れる事で体は肌の回復が十分にできなかったり、ストレスによる更なる体へのダメージが肌荒れに繋がります。 環境に慣れるまではこの状況が慢性的に続く事になりますので、結果的に肌ダメージが回復できず炎症を起こし、アトピー性皮膚炎の原因となってきます。 ストレス 最近はストレス社会と言われる程、ストレスの多い日常が多くなりました。 ストレスはうつ病や慢性疲労症候群などの精神的なトラブルに繋がる事が多いです。 精神的なトラブルは自律神経の乱れ、摂食障害、睡眠障害、生活意欲の低下につながり、体への負担も大きくなります。 体への負担が大きくなると体は炎症を起こし、肌もそれに伴って炎症を引き起こします。 ストレスによって肌もボロボロになっていますので、結果としてアトピー性皮膚炎になってしまうケースもあります。 症状の現れ方 全身の皮膚の乾燥に加えて、毛穴が盛り上がった鳥肌のような湿疹が固くなり、全体にザラザラした皮膚になります。 毛穴が盛り上がった鳥肌のような湿疹は丘疹といいます。 丘疹は掻くのを繰り返すうちに固くなり、大きな豆くらいの大きさの痒疹結節 ようしんけっせつ になる事もあります。 手足や背中、首、胸の皮膚炎は慢性化して分厚くなります。 顔ではおでこや目のまわりが赤くなり、次第に顔全体に広がり、時にじくじくと湿ってきます。 症状は上半身に強い傾向があり、いずれも強いかゆみを伴います。 顔面の症状が悪化して顔をたたくことを繰り返すと、白内障 はくないしょう 、網膜剥離 もうまくはくり などの眼の症状が併発することがあるので、過度に叩く事は目の健康を害する事があります。 症状悪化の要因 アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下している状態なので、先ほど紹介した大人アトピーの原因以外の原因でも、あらゆる刺激物が症状を悪化させます。 主な刺激物とは、石鹸、洗剤、化粧品などに含まれる化学成分、添加物、乾燥、汗やアカ、汚れなどです。 また、疲れや緊張、悩みなどのストレスもアトピー性皮膚炎悪化の要因として考えられます。 受験から解放されたと同時に症状が改善されたり、環境が変わることによる変化も見られます。 逆に新しい環境による緊張が、アトピー性皮膚炎の再発を引き起こす場合もあるようです。 アトピー性皮膚炎の検査 アトピー性皮膚炎は血液検査でigEの濃度を調べることによって、ダニ、ほこり、花粉などアレルギー反応によって皮膚炎を悪化させる物質の見当をつけることができます。 igEについては「」で紹介していますので参考にしてください。 ただしigEが陽性であったものが実際の皮膚炎の悪化に本当に関係があるかどうかは、医師と相談して慎重に判断する必要があります。 アトピー性皮膚炎の経過中に、口唇 こうしん にヘルペスウイルスによる小さな水疱 すいほう ができたあと顔全体に広がるカポジ水痘様発疹症 すいとうようほっしんしょう や、外用薬などによる接触皮膚炎を併発することがあるので、急に症状が悪化したら、皮膚科を受診しましょう。 治療の方法 白色ワセリンやヒルドイドソフトなどの保湿剤を入浴後に塗り、皮膚炎にはステロイド薬を塗るのが一般的な治療法です。 皮膚炎が軽くなっている時でも保湿剤の外用は続けて、調子のよい状態を保つようにします。 かくのが止まらない時には、患部にステロイド薬を塗ったあと亜鉛華 あえんか 単軟膏を布に伸ばしたものを貼って包帯で巻くのも有効です。 また、抗ヒスタミン作用のあるかゆみ止めの内服も効果的です。 ステロイド薬とは異なるプロトピックは、顔や首など塗り薬が吸収されやすい場所を中心に、皮膚炎とかゆみを緩和する作用があります。 ただし、治療で使用されるステロイド薬やプロトピックは長期使用や過剰使用をした場合は、アトピー性皮膚炎の悪化要因となる事があるため、治療がもし長期化してしまった場合は医師に相談して、ステロイドの使用やプロトピックの使用について相談してみましょう。 基本的な対策 大人アトピーになってしまったり、なってしまった疑いがあるときは生活上でどのような事を気を付ければよいのでしょうか。 主に生活上の対策としては次のような対策を行うと効果的でしょう。 ダニ・カビ対策• ストレス対策• 衣服からの刺激対策• 規則的な生活を心がける• お風呂上りの対策• 食事での対策 ダニ・カビ対策 ダニのフン・死骸がアレルギーを引き起こす主要な原因物質と言われています。 大人の場合はストレスやダニ、ホコリなどの環境因子が悪化の原因になっているので、それらの原因を除くことが大切です。 部屋はこまめに掃除をして、ほこりのたまりやすいものをたくさん部屋に置かず、部屋を閉めきらずに風通しをよくします。 ストレス対策 大人の場合は環境や生活習慣の変化、イライラした気分などがアトピーを悪化させてしまうので自分なりのストレスの発散方法をみつけるなど、メンタルケアに努める事も大切です。 衣服からの刺激対策 デリケートな肌は衣服がこすれるくらいの弱い刺激でもかゆみや皮膚炎につながるので、肌触りのよい柔らかな木綿の素材のものが好適です。 規則的な生活を心がける 夜更かしや寝不足が続くと皮膚の調子にも悪影響を及ぼすので、なるべく規則正しい生活をします。 またイライラしたりストレスがたまってくるとかく回数が増えることが多いので、上手に気分転換をすることも大切です。 お風呂上りの対策 風呂に入ってかゆみが増すようならビタミンCを多めにとるようにし、風呂上りにしっかり保湿しましょう。 塗り薬は、でき始めの軽い皮膚炎にはよく効きますが、慢性化して固くなってくると効きにくくなります。 また皮膚炎があるために、汗や摩擦 まさつ などの刺激にますます敏感に反応して一段と皮膚炎を起こしやすくなり、かゆいところをひっかくことで皮膚炎がさらに悪化するといった悪循環を防ぐためにも、皮膚炎は軽いうちに対処するようにします。 食事での対策 食事では「ビタミン」「ミネラル」を多く含む「旬の新鮮野菜」「玄米」「緑黄色野菜」「海藻類」を摂るようにします。 逆に食事で避けるべきは次のような食品です• 甲殻類• チョコレート• ナッツ類• オレンジ• バナナ• 残留農薬• 食品添加物• 品質保持薬剤• ジャンクフード• インスタント食品• 着色料を含む食品 まとめ この記事のまとめです。 大人アトピーは主に次のような事が原因と考えられています。 ペリオスチンと呼ばれるタンパク質が過剰に体で作られる• フィラグリン遺伝子の変性• 肌への刺激• 肌を洗いすぎて、ボロボロになっている• スキンケア(保湿)のしすぎ• ステロイドを長く使っていた• 食事のバランスの乱れや添加物の多い食生活• 不規則な生活• 運動不足• 呼吸が浅い• 家がダニやカビ等、見えない微生物で蔓延している• 環境の変化• ストレス• 症状の現れ方は全身の皮膚の乾燥に加えて、毛穴が盛り上がった鳥肌のような湿疹が固くなり、全体にザラザラした皮膚になります。 アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下している状態なので、先ほど紹介した大人アトピーの原因以外の原因でも、あらゆる刺激物が症状を悪化させます。 アトピー性皮膚炎は血液検査でigEの濃度を調べることによって、ダニ、ほこり、花粉などアレルギー反応によって皮膚炎を悪化させる物質の見当をつけることができます。 主に生活上の対策としては次のような対策を行うと効果的でしょう。 ダニ・カビ対策• ストレス対策• 衣服からの刺激対策• 規則的な生活を心がける• お風呂上りの対策• 食事での対策 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

アトピー性皮膚炎の専門治療が可能な病院 2,641件 【病院なび】

アトピー 性 皮膚 炎 治療

当サイトでは、 アトピー性皮膚炎の原因、症状や対策、治療についての情報や、 アレルギーや人体の免疫について、 ステロイドの効果や副作用などに関する情報を紹介しています。 「 アトピー 」 という病気は名前の由来のとおり、いまだ解明されていない部分も多い、アレルギー性の皮膚疾患です。 食生活や生活環境、遺伝や人間関係、精神的なストレスなど、 さまざまな要因が重なり合って発症する。 と考えられていますが、 「 原因を特定しづらい 」 というのが このアトピーの治療を妨げている点でもあります。 お風呂に入って皮膚を清潔な状態にし、常に保湿させ、潤いのある状態にしておくこと。 つまりスキンケアを入念にするのも、もちろん大切です。 しかし症状改善については、 ステロイド剤を使うような対症療法以外には、なかなか 「 劇的な効果 」 が現れにくいという現実もあります。 やはりアトピーを根本から治療するためには、 生活習慣をひとつひとつ見直していくことが重要なのだと思います。 東洋医学的な治療法。 体を温め、血行を良くする。 そして人が本来持っている自然治癒力を発揮する。 そうやって内部から確実に身体を治癒していく。 それには時間が掛かりますが、 「 アトピーを根治させる 」 にはこういう方針が一番理にかなっているように感じます。 根本治療のポイントとなるのは、とりわけ内臓の強化であり、 そして毒素の排出(デトックス)ということになるでしょう。 また、ステロイド剤が諸悪の根源であるような意見も目にしますが、 副作用などの問題はあるのもの、強力な消炎作用で炎症を抑えてくれる効果があるのも事実。 漫然と使い続けてはいけませんが、 痒みや、かきむしりなどが酷く、炎症を悪化させてしまっているような場合には、 ためらわずにステロイド剤を使うのも大切なのでしょう。 アトピー性皮膚炎による乾燥肌や痒みに悩まされている方や、 なんとかこの病気を治したいとお悩みの方にとって、 このサイトが、 少しでも悩みを和らげることにつながり、 少しでも症状改善、体質改善、根本的な治療につながれば幸いです。

次の

アトピー性皮膚炎について

アトピー 性 皮膚 炎 治療

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う皮疹が全身に現れ、皮膚症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴の皮膚疾患です。 アトピー性皮膚炎の発症に重要と考えられているのがアトピー素因です。 アトピー素因とは• 家族にアレルギー疾患にかかった人がいる• 自身がアトピー性皮膚炎以外の気管支喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎などの既往歴がある• IgE抗体を産生しやすい体質 のことです。 こうした背景を持つ方がアトピー性皮膚炎にかかりやすいことはわかっていますが、具体的になぜアトピー性皮膚炎を発症するかはまだほとんど分かっていません。 これまでに明らかになっていることとして、• 予防及び治療に肌の保湿が非常に重要であること• 乳幼児のアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーや気管支喘息など他のアレルギー疾患の引き金となりうること• 他のアレルギー疾患や感染症などによって皮膚炎が増悪すること などがあります。 これまでアトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏及び保湿剤の使用が主でしたが、昨今ではアトピー性皮膚炎に対する新たな飲み薬の開発やかゆみを抑える注射薬の開発が行われ、少しずつですが実際に使われるようになってきました。 このトピックスではこれまでに明らかになった知見から、最新の治療法や皮膚ケアの方法、増悪させないための注意点などをご紹介していきます。 アトピー性皮膚炎のスキンケア アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿しんが慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚の病気です。 その原因や悪化要因は多種にわたります。 そこで治療の基本になるのは薬物療法とスキンケアと悪化要因の除去です。 ここでは、治療の3本柱の1つであるスキンケアについてお話しします。 アトピー性皮膚炎の患者さんのお肌は、バリア機能が低下しており、乾燥しすく、炎症が起こりやすい、またかゆみが起こりやすい状態である。 そのため、低下したお肌のバリア機能を正常な状態に近づけてあげることが大切です。 スキンケアの基本は、 お肌を清潔に保つための洗浄と、 皮膚のうるおいを保つための保湿です。 この2つを正しく行い、低下している皮膚のバリア機能をしっかりと保持しましょう。 からだの洗い方 ステロイド外用薬について 現在、ステロイド外用薬の効果や安全性は多くの研究で示されており、成人や小児を問わず、アトピー性皮膚炎の治療薬として推奨されています。 ステロイド外用薬は皮膚から吸収された場合の作用(血管収縮作用)の強さによって、日本では5段階に分けています。 1群が最も強く、5群が最も弱い段階に分類されています。 湿疹の重症度や使用する部位などを考慮して薬剤を選択していきます。 使い方については、いつまで?どのくらい塗るの?と疑問や不安をもつ方も多いでしょう。 燃え上がる炎を消すには少ない水ではなかなか消えません。 それどころか炎は大きくなるばかりです。 これと同じで、皮膚の炎症を十分にしずめるためには必要なランクと十分な量のステロイド外用薬を使用する必要があります。 そして、症状が改善したら徐々にお薬を減らしていきます。 このように表面上だけでなく皮膚内部の炎症の火種をしっかりとなくすことが大切です。

次の