ハイドロ カルチャー 肥料。 パキラをハイドロカルチャーで楽しもう!

ハイドロカルチャーで観葉植物を枯れさせずに育てるコツを紹介します!

ハイドロ カルチャー 肥料

ハイドロカルチャーに合った肥料を選ぶ 水を吸いやすい専用の土を使って栽培するハイドロカルチャーでは、「水溶性」が大事なキーワードとなります。 水で育てるという性質を持っているので、水に溶きやすい肥料を選ぶのが適切です。 ハイドロカルチャーは土に水分を溜め、同じ水を無駄なく利用する仕組みが使われています。 そのため、環境に優しい有機肥料を使用した場合は水が腐りやすくなってしまい、カビなどが発生する原因になります。 カビの発生などを防ぐ成分がしっかりと配合されている化学肥料であれば、水が腐りにくくきれいな状態を保てます。 また、ハイドロカルチャーには固形肥料よりも水に溶けやすい液体肥料のほうが適しています。 固形の肥料を使った場合は、なかなか水に溶けにくかったり均一に混じらなかったりするためです。 肥料の成分と合わせて考慮すると、ハイドロカルチャーのような水耕栽培には化学肥料の液肥がベストといえます。 適切な肥料の与え方とは 一般的な液肥を使用する場合、肥料の種類によっては薄めて使用する場合もあるため難しく思われがちです。 しかし、ハイドロカルチャー専用に作られた肥料を使えば、薄める手間もなく楽に栄養を与えられます。 植物の状態が気になったとき、さっと手軽に使えるので、事前の準備なども必要ありません。 土用の液肥をハイドロカルチャーで使う場合は濃度を調整しなければならないので、500倍ほどに希釈してから与えましょう。 ハイドロカルチャーで栽培している植物を順調に育てるには、適切な時期に肥料を使うのがポイントです。 一般的に、肥料を与えるのは4〜10月がよいといわれています。 この時期は植物が生長しやすい時期なので、2週間〜1カ月置きに肥料を使いましょう。 与える頻度は植物の生長度合いなどを見て加減します。 寒さを感じる冬は、植物の生長スピードがとても緩やかになる時期です。 生長スピードに合わない頻度で過剰に肥料を使ってしまうと、植物が枯れてしまうおそれがあるので注意しなければなりません。 暖かい時期になって再び生長を始めるまで、肥料は与えないほうがよいでしょう。 ハイドロカルチャーで肥料を与えるときの注意点 ハイドロカルチャーで肥料を与えるときには、与える量についても気を付ける必要があります。 肥料を与えすぎると根の周囲の肥料濃度が高くなって、枯れるおそれがあるためです。 例えば、パキラに肥料を与えすぎてしまうと、根の周りの肥料濃度を薄めるため、パキラ自身が水分を排出しようとします。 生長に必要な水分まで排出することになり、結果的に枯れる原因に繋がるのです。 また、肥料を与える前には植物の状態をよく見るのも大切なポイントです。 植物の元気がないときは、根が傷んで栄養を効率よく吸収できていないおそれがあります。 そのときは、通常より薄めた肥料を使い様子を見て、しっかりと回復させましょう。 土用の肥料は含まれている成分や配合にそれぞれ違いがあるため、植物の状態や種類によっては負担がかかってしまう場合があります。 きちんと栄養を与えるためにも、水耕栽培用の肥料を使うようにしましょう。 肥料の加減が難しくてわからないときの対処法 水耕栽培に慣れていないときは、肥料の加減や与え方について迷ってしまいがちです。 難しいと感じた場合は、「イオン交換樹脂栄養剤」を使用してみると良いでしょう。 水質の浄化を行ってくれるものとして「イオン交換樹脂剤」は知られています。 「イオン交換樹脂栄養剤」は、養分を少しずつ排出する働きをしてくれる便利な栄養剤です。 自分で加減しながら肥料を使用する手間を省けるので、簡単に植物に栄養を与えられます。 「イオン交換樹脂栄養剤」を与えるときは、使用方法についても気を付けなければなりません。 一般的に、「イオン交換樹脂栄養剤」の効果はおよそ3カ月間といわれています。 不安だからといって必要以上に栄養剤を与えたり、効果が切れるタイミングを忘れたりしないようにしましょう。 「イオン交換樹脂栄養剤」は底に敷いて使う種類の肥料です。 事前に使い方をよく調べておき、正しい方法で使いましょう。 また、栄養過多になってしまうため、「イオン交換樹脂栄養剤」を使用する際はほかの肥料と併用しないように気を付けます。 ハイドロカルチャーの特徴に合った肥料を与えよう ハイドロカルチャーで育てている植物に肥料を与える場合は、液肥か「イオン交換樹脂栄養剤」を使用するという方法があります。 液肥は植物の状態に合わせて自分で加減を調整しやすく、「イオン交換樹脂栄養剤」は肥料を調整する手間を省けるのが特徴です。 必要以上に肥料を与えてしまうと、栄養過多になったり枯れたりするおそれがあるため注意しなければなりません。 ハイドロカルチャーの特徴に合った種類の肥料を選んで適切な方法で与え、元気な植物を育てましょう。

次の

ハイドロカルチャーの肥料は液肥一択!『ハイポネックス』の特徴

ハイドロ カルチャー 肥料

ハイドロカルチャーとは? ハイドロカルチャーは 土を必要としない植物栽培方法、ということで、女性を中心に人気を集めています。 土が必要ないということは、 土がこぼれて家を汚すこともないし、 土を触って手を汚すこともありません。 そのような点が、女性から支持を得ているのでしょうね。 今回はハイドロカルチャーを実際に楽しんでいる人、これから始めてみようかなと考えている人に向けて ハイドロカルチャーを行ううえで、 必須となる肥料についてお話ししたいと思っています。 ですがその前に、ハイドロカルチャーに関する基本的なことが、頭に入っていない人も多いのではないでしょうか。 せっかく適切な肥料を選ぶことができても、基本的な知識が欠けていれば 植物を上手に育てることはできないかもしれません。 そんな人はこの記事を読んでおけば安心です。 植え替え方法や水やりの仕方などを説明しているので、気になる人はぜひご覧ください。 ハイドロカルチャーには肥料が必須! そもそもハイドロカルチャーには、なぜ肥料が必要なのでしょうか? 土で栽培する植物に肥料を用いることはもちろんありますが、 基本的に植物は適切な育て方をしていれば肥料がいらないこともありますよね。 肥料はあくまで補助的な役割で、必ずしも必要なワケではないはずです。 しかし、 ハイドロカルチャーでは違います。 ハイドロカルチャーは、本来土で育つはずの植物を土に埋めずに育てます。 土で育った植物の 根っこは強くなり、土から栄養をしっかりと吸収するのですが ハイドロカルチャーで育った植物の 根っこは弱く、栄養をしっかりと吸収することができないのです。 それに加え、植物に 必要な栄養素は水だけではありません。 土は植物にとって栄養の宝庫なので、たくさんの栄養素を土から確保するのですが、ハイドロカルチャーはそもそも土がありません。 そこで肥料が大活躍をします。 ハイドロカルチャーで栽培された植物にとって、肥料は 補助的なモノではなく必須となるモノだったのですね。 植物に必要な栄養素は? ハイドロカルチャーに、肥料が必須となることはお分かりいただけたでしょうか? そこで皆さんには、ハイドロカルチャーを楽しむにあたって、肥料をしっかりと使用してもらいたいと考えています。 ですが、いざホームセンターに足を運んでみると、 たくさんの種類の肥料があるんです。 過去に植物の栽培を行ったことがある人ならともかく、ハイドロカルチャーはおろか植物栽培の経験もない初心者に 大量の商品の中から 適切な肥料を選べというのは少し酷です。 そもそも植物に、どんな栄養素が必要となるか分かりませんよね。 決して全てを理解する必要はありませんが、頭に入れておけばよりハイドロカルチャーを楽しむことができるようになると思います。 植物は、炭素、酸素、水素、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄、マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデン、塩素、ニッケル、合計 17種類もの栄養素を必要とします。 学校の授業を思い出して、頭が痛くなりませんでしたか? 今から暗記をしてください、と言っているワケではありませんよ。 ただ知識として必要となった際に、この記事を読んでざっくりと覚えていただければと思います。 オススメの肥料はコレ! 前置きが少し長くなりましたが、今からハイドロカルチャーにオススメの肥料を紹介しますね。 [ ハイポネックス] まず、ハイドロカルチャーで 最も代表的な肥料がこちらです。 ハイドロカルチャーに限らず、土で植物栽培を行う際にもチョイスされることが多い肥料ですね。 ハイポネックスは植物に必要な栄養素の 15種類の栄養素をバランス良く配合した肥料で、花色や葉色を強めてくれる優れモノです。 また、根っこが強く育つ効果もあります。 ハイドロカルチャーで育った植物は根っこが弱いので、ハイポネックスの効果は非常にありがたいですね。 ハイポネックスに含まれていない栄養素は、空気と水で補うことができるので、 コレひとつあれば成分上は問題ありません。 ハイポネックスは液体肥料となっていて、水で薄めて使用することを前提としています。 いくら植物に良いからといっても 与えすぎは禁物です。 枯れてしまう原因になりかねません。 希釈倍率は植物によって異なるので、 必ず確認して使用してください。 [ 微粉ハイポネックス] また、微粉ハイポネックスという商品もあります。 こちらは液体タイプではなく粉末タイプですが、こちらも水に溶かすことで与えることができます。 植物を丈夫に育てるカリウムとカルシウムを多めに含んでいて、上記で紹介したハイポネックスとは違い 水耕栽培にも使用できます。 微粉ハイポネックスは、 植物の疲労回復効果が期待できるので 植え替えを行ったあとや、雨続きで日光浴が足りていないとき、季節の変わり目の際は特に効果があるとのことです。 こちらも適切な分量が決まっているので、 必ず確認して育てる植物に適切な量を与えてください。 最後に ハイドロカルチャーに使用できる肥料は他にもたくさんありますが、 ハイポネックスは本当に万能な肥料なのでオススメです。 液体タイプか粉末タイプかは、好みで選んでも良いと思いますが、間違いない方を選ぶのであれば、粉末タイプを選んでおきましょう。 ただ液体タイプは与えるのが非常に楽なので、こちらも良い商品ですよ。

次の

正しい肥料でモンステラを元気に育てる方法

ハイドロ カルチャー 肥料

MAINTENANCE お手入れ方法• ハイドロカルチャー(水耕栽培) 観葉植物の育て方 このカタログに掲載している植物は全てハイドロカルチャー(水耕栽培)で生産しています。 植え込みの商品にもこの植物を使用しています。 ここではハイドロカルチャーの特徴を生かした数々の商品を簡単に管理できるようまとめてみました。 清潔な室内園芸またインテリアとしてハイドロカルチャーをお楽しみください。 苗(土耕栽培)の植物との違い 土植えの観葉植物との大きな違いは、穴のないポットを使い、水を溜めて育てるという点です。 ポット内の水から水分を吸収していきます。 ハイドロカルチャーの基本的な水やり 溜まっている水がなくなってから次の水を与えてください。 水の継ぎ足しはやめましょう。 水が腐って根腐れの原因になります。 観葉植物は生き物です。 品種によって最適な環境は微妙に異なります。 水やりも植物の状態、時期に合わせて適度に与えましょう。 置き場所は明るい室内 南向きの室内でレースのカーテン越しの光が適当です。 冷暖 房の風が直接当たらない所に起きましょう。 冬は窓辺ではなく冷たい風が当たらない場所 へ移動してあげるとよいでしょう。 肥料の与え方 5 月、9 月に栄養剤を水やりの代わりに与えます。 固形や挿すタイプの肥料はハイドロカルチャーには不向きです。 植物の名札についているQR コードで簡単な育て方が調べられます。 一部商品を除く 意匠登録第1263270 号• 植え込み材料によって2通りの水のやり方があります。

次の