紙 ナプキン マスク の 作り方。 【手作りマスク】ダイソーペーパーナプキンと輪ゴムだけでも出来る!リユースでエコ!2種類!作り方!レスキューマスク!簡単!DIY|ウィーンの薔薇🌹|note

簡単!使い捨てマスクの作り方を紹介!紙ナプキンとキッチンペーパー使用【ノーズワイヤー入り】

紙 ナプキン マスク の 作り方

ペーパーナプキンの特徴 ペーパーナプキンの魅力は、 デザインが豊富なことですよね。 柄物も豊富で、カラフルなものから、モノトーンのクールなもの、シンプルに白など、ど んなもので作るか、迷ってしまいます。 ペーパーナプキンは、食事中や後に口元や手元を拭くためのナプキンなので、結構しっかりした素材でできています。 ティッシュに比べるとパリッとした感じですよね。 油っぽい口元もしっかり拭けることからもわかるように、マスクをしてくしゃみをしたりしてもすぐに破れることもなく、結構しっかりしています。 市販の不織布のマスクに比べても、花粉やウイルスを除去する効果も期待できるようです。 ただ、パリッとしている分、肌触りがちょっと硬い感じがあるので、内側にはティッシュを使って作ります。 用意するもの マスク本体になる部分はおもて面(着用した時に外側になる部分)はペーパーナプキン、うら面(着用した時に内側になる部分)には、ティッシュを用意します。 それ以外に用意するものは下記の通りです。 1つずつ説明していきます。 サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー(10cm前後)1本~2本• ゴム(30cm前後)• 型紙 サージカルテープ サージカルテープとは、包帯などを留めるテープで、伸縮性のあるものです。 ティッシュなどの強度の弱い紙を留めるときは、セロハンテープだとゴワゴワして扱いづらいので、サージカルテープがおススメです。 100円ショップなどでも手軽に手に入ります。 今回使用したサージカルテープ100円ショップのSeriaで購入した不織布タイプのものです。 両面テープ 文房具売り場で売っている普通の両面テープです。 使用する位置が1cm幅のところがあるので、両面テープは1cm幅以下のものを用意しましょう。 ノーズワイヤー 鼻の凹凸に合わせてマスクをフィットさせるために入っているワイヤーです。 ノーズワイヤーなしでも作れますが、入っていた方がしっくりきます。 ワイヤーの主な種類は次の3つです。 カラータイ(ラッピングの時に使うワイヤー)• テクノロート(プラスチック素材のワイヤー)• 使い捨てマスクのワイヤーを再利用 ノーズワイヤーは、使用後の使い捨てマスクから抜き取って再利用すれば、わざわざ購入する手間もお金もかからないので手っ取り早いです。 10㎝くらいがちょうどいいので、長いようならハサミでカットしてください。 こちらの記事でノーズワイヤーについて詳しく説明しています。 2020-03-11 17:24 ゴム ゴムは、マスク用のゴムがおススメですが、丸ゴムや平ゴム(パンツなどに使う細めのゴム)やヘアゴムなどでも大丈夫です。 ゴムは、一度使っただけで捨ててしまうのがもったいようでしたら、洗って再利用も可能です。 ゴムについてはで詳しく説明しています。 型紙 仕上がり寸法に切った型紙を用意しておくと、作りながら大きさを合わせながら作れるので便利です。 型紙を作るのに使用する紙は、新聞紙や広告など、なんでもOKです。 衛生面が気になる場合は、料理用のオーブンペーパーがおススメです。 サイズ 市販の使い捨てマスクを参考に2サイズを記載しますが、お好みで自分サイズで作ることも可能です。 プリーツ部分は畳んで平らに置いたときのサイズです。 《用意するもの》• ペパーナプキン・・・厚手なら1枚、 薄手なら2枚• サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー• 型紙(作りたいサイズ) 1. プリーツを作る ノーズワイヤーに両面テープを付けておきます。 今回は、カラータイを使って作ります。 1本だと弱いと感じる場合は2本入れてみてください。 うら面(着用した時に内側になる面)を上向きに置いて、1cm幅に、上部を三つ折り(2回折る)し、真ん中に先ほど両面テープを付けたノーズワイヤーを貼り付けます。 下部は二つ折り 1回折る)します。 折る部分の端っこに小さく印をつけとくとわかりやすいです。 山をつまんで、1cmくらいの幅で折り、下側に向けて倒します。 この折り幅は後で微調整するので、目分量で大丈夫です。 プリーツがばらけないように、おもて面から、サージカルテープを貼ってプリーツを固定します。 内側のティッシュを挟む マスク本体をうら面を上向きにしておいて、上部の三つ折りの間にティッシュを挟み、ノーズワイヤーの両面テープで固定します。 下部も紙ナプキンの折り目に挟み込み、両面テープで貼り付けます。 ティッシュのたるみを図のように折りたたみます。 ゴム通しを作る マスク本体を内側を上向きにして置き、ティッシュのプリーツがずれないように端の部分にサージカルテープで固定します。 マスク本体の中心に型紙を置き、余った部分を三つ折りしてゴム通しにします。 まず、型紙のギリギリのところまで1回折ったら、上の部分に両面テープを貼ります。 型紙を外してさらにもう1回折って三つ折りにし、先ほどの両面テープで固定します。 ゴム通し部分を両側作ったら、本体の完成です。 型紙とマスクが同じ大きさになっていればOKです。 最後にゴム通しにゴムを通したら、マスクの完成です! うら面から見ると、こんな感じです。 白のペーパーナプキンなら100円分で60個作れてお得! こちらの白いペーパーナプキンはダイソーで 120枚入りで100円(税込110円)で購入できます。 ペーパーナプキン2枚で1つのマスクが作れるので、60個作れる計算です。 めちゃめちゃお得ですね! 市販の使い捨てマスクのような出来栄えです。 マスク関連グッズの作り方紹介 使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。 使い捨てマスクの作り方.

次の

ペーパーナプキンで作るマスクがおしゃれ!デザイン&簡単レシピ特集

紙 ナプキン マスク の 作り方

ペーパーナプキンの特徴 ペーパーナプキンの魅力は、 デザインが豊富なことですよね。 柄物も豊富で、カラフルなものから、モノトーンのクールなもの、シンプルに白など、ど んなもので作るか、迷ってしまいます。 ペーパーナプキンは、食事中や後に口元や手元を拭くためのナプキンなので、結構しっかりした素材でできています。 ティッシュに比べるとパリッとした感じですよね。 油っぽい口元もしっかり拭けることからもわかるように、マスクをしてくしゃみをしたりしてもすぐに破れることもなく、結構しっかりしています。 市販の不織布のマスクに比べても、花粉やウイルスを除去する効果も期待できるようです。 ただ、パリッとしている分、肌触りがちょっと硬い感じがあるので、内側にはティッシュを使って作ります。 用意するもの マスク本体になる部分はおもて面(着用した時に外側になる部分)はペーパーナプキン、うら面(着用した時に内側になる部分)には、ティッシュを用意します。 それ以外に用意するものは下記の通りです。 1つずつ説明していきます。 サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー(10cm前後)1本~2本• ゴム(30cm前後)• 型紙 サージカルテープ サージカルテープとは、包帯などを留めるテープで、伸縮性のあるものです。 ティッシュなどの強度の弱い紙を留めるときは、セロハンテープだとゴワゴワして扱いづらいので、サージカルテープがおススメです。 100円ショップなどでも手軽に手に入ります。 今回使用したサージカルテープ100円ショップのSeriaで購入した不織布タイプのものです。 両面テープ 文房具売り場で売っている普通の両面テープです。 使用する位置が1cm幅のところがあるので、両面テープは1cm幅以下のものを用意しましょう。 ノーズワイヤー 鼻の凹凸に合わせてマスクをフィットさせるために入っているワイヤーです。 ノーズワイヤーなしでも作れますが、入っていた方がしっくりきます。 ワイヤーの主な種類は次の3つです。 カラータイ(ラッピングの時に使うワイヤー)• テクノロート(プラスチック素材のワイヤー)• 使い捨てマスクのワイヤーを再利用 ノーズワイヤーは、使用後の使い捨てマスクから抜き取って再利用すれば、わざわざ購入する手間もお金もかからないので手っ取り早いです。 10㎝くらいがちょうどいいので、長いようならハサミでカットしてください。 こちらの記事でノーズワイヤーについて詳しく説明しています。 2020-03-11 17:24 ゴム ゴムは、マスク用のゴムがおススメですが、丸ゴムや平ゴム(パンツなどに使う細めのゴム)やヘアゴムなどでも大丈夫です。 ゴムは、一度使っただけで捨ててしまうのがもったいようでしたら、洗って再利用も可能です。 ゴムについてはで詳しく説明しています。 型紙 仕上がり寸法に切った型紙を用意しておくと、作りながら大きさを合わせながら作れるので便利です。 型紙を作るのに使用する紙は、新聞紙や広告など、なんでもOKです。 衛生面が気になる場合は、料理用のオーブンペーパーがおススメです。 サイズ 市販の使い捨てマスクを参考に2サイズを記載しますが、お好みで自分サイズで作ることも可能です。 プリーツ部分は畳んで平らに置いたときのサイズです。 《用意するもの》• ペパーナプキン・・・厚手なら1枚、 薄手なら2枚• サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー• 型紙(作りたいサイズ) 1. プリーツを作る ノーズワイヤーに両面テープを付けておきます。 今回は、カラータイを使って作ります。 1本だと弱いと感じる場合は2本入れてみてください。 うら面(着用した時に内側になる面)を上向きに置いて、1cm幅に、上部を三つ折り(2回折る)し、真ん中に先ほど両面テープを付けたノーズワイヤーを貼り付けます。 下部は二つ折り 1回折る)します。 折る部分の端っこに小さく印をつけとくとわかりやすいです。 山をつまんで、1cmくらいの幅で折り、下側に向けて倒します。 この折り幅は後で微調整するので、目分量で大丈夫です。 プリーツがばらけないように、おもて面から、サージカルテープを貼ってプリーツを固定します。 内側のティッシュを挟む マスク本体をうら面を上向きにしておいて、上部の三つ折りの間にティッシュを挟み、ノーズワイヤーの両面テープで固定します。 下部も紙ナプキンの折り目に挟み込み、両面テープで貼り付けます。 ティッシュのたるみを図のように折りたたみます。 ゴム通しを作る マスク本体を内側を上向きにして置き、ティッシュのプリーツがずれないように端の部分にサージカルテープで固定します。 マスク本体の中心に型紙を置き、余った部分を三つ折りしてゴム通しにします。 まず、型紙のギリギリのところまで1回折ったら、上の部分に両面テープを貼ります。 型紙を外してさらにもう1回折って三つ折りにし、先ほどの両面テープで固定します。 ゴム通し部分を両側作ったら、本体の完成です。 型紙とマスクが同じ大きさになっていればOKです。 最後にゴム通しにゴムを通したら、マスクの完成です! うら面から見ると、こんな感じです。 白のペーパーナプキンなら100円分で60個作れてお得! こちらの白いペーパーナプキンはダイソーで 120枚入りで100円(税込110円)で購入できます。 ペーパーナプキン2枚で1つのマスクが作れるので、60個作れる計算です。 めちゃめちゃお得ですね! 市販の使い捨てマスクのような出来栄えです。 マスク関連グッズの作り方紹介 使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。 使い捨てマスクの作り方.

次の

ペーパーナプキンマスクの作り方【画像21枚で全行程を徹底解説】

紙 ナプキン マスク の 作り方

ペーパーナプキンの特徴 ペーパーナプキンの魅力は、 デザインが豊富なことですよね。 柄物も豊富で、カラフルなものから、モノトーンのクールなもの、シンプルに白など、ど んなもので作るか、迷ってしまいます。 ペーパーナプキンは、食事中や後に口元や手元を拭くためのナプキンなので、結構しっかりした素材でできています。 ティッシュに比べるとパリッとした感じですよね。 油っぽい口元もしっかり拭けることからもわかるように、マスクをしてくしゃみをしたりしてもすぐに破れることもなく、結構しっかりしています。 市販の不織布のマスクに比べても、花粉やウイルスを除去する効果も期待できるようです。 ただ、パリッとしている分、肌触りがちょっと硬い感じがあるので、内側にはティッシュを使って作ります。 用意するもの マスク本体になる部分はおもて面(着用した時に外側になる部分)はペーパーナプキン、うら面(着用した時に内側になる部分)には、ティッシュを用意します。 それ以外に用意するものは下記の通りです。 1つずつ説明していきます。 サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー(10cm前後)1本~2本• ゴム(30cm前後)• 型紙 サージカルテープ サージカルテープとは、包帯などを留めるテープで、伸縮性のあるものです。 ティッシュなどの強度の弱い紙を留めるときは、セロハンテープだとゴワゴワして扱いづらいので、サージカルテープがおススメです。 100円ショップなどでも手軽に手に入ります。 今回使用したサージカルテープ100円ショップのSeriaで購入した不織布タイプのものです。 両面テープ 文房具売り場で売っている普通の両面テープです。 使用する位置が1cm幅のところがあるので、両面テープは1cm幅以下のものを用意しましょう。 ノーズワイヤー 鼻の凹凸に合わせてマスクをフィットさせるために入っているワイヤーです。 ノーズワイヤーなしでも作れますが、入っていた方がしっくりきます。 ワイヤーの主な種類は次の3つです。 カラータイ(ラッピングの時に使うワイヤー)• テクノロート(プラスチック素材のワイヤー)• 使い捨てマスクのワイヤーを再利用 ノーズワイヤーは、使用後の使い捨てマスクから抜き取って再利用すれば、わざわざ購入する手間もお金もかからないので手っ取り早いです。 10㎝くらいがちょうどいいので、長いようならハサミでカットしてください。 こちらの記事でノーズワイヤーについて詳しく説明しています。 2020-03-11 17:24 ゴム ゴムは、マスク用のゴムがおススメですが、丸ゴムや平ゴム(パンツなどに使う細めのゴム)やヘアゴムなどでも大丈夫です。 ゴムは、一度使っただけで捨ててしまうのがもったいようでしたら、洗って再利用も可能です。 ゴムについてはで詳しく説明しています。 型紙 仕上がり寸法に切った型紙を用意しておくと、作りながら大きさを合わせながら作れるので便利です。 型紙を作るのに使用する紙は、新聞紙や広告など、なんでもOKです。 衛生面が気になる場合は、料理用のオーブンペーパーがおススメです。 サイズ 市販の使い捨てマスクを参考に2サイズを記載しますが、お好みで自分サイズで作ることも可能です。 プリーツ部分は畳んで平らに置いたときのサイズです。 《用意するもの》• ペパーナプキン・・・厚手なら1枚、 薄手なら2枚• サージカルテープ• 両面テープ 1cm幅のもの• ノーズワイヤー• 型紙(作りたいサイズ) 1. プリーツを作る ノーズワイヤーに両面テープを付けておきます。 今回は、カラータイを使って作ります。 1本だと弱いと感じる場合は2本入れてみてください。 うら面(着用した時に内側になる面)を上向きに置いて、1cm幅に、上部を三つ折り(2回折る)し、真ん中に先ほど両面テープを付けたノーズワイヤーを貼り付けます。 下部は二つ折り 1回折る)します。 折る部分の端っこに小さく印をつけとくとわかりやすいです。 山をつまんで、1cmくらいの幅で折り、下側に向けて倒します。 この折り幅は後で微調整するので、目分量で大丈夫です。 プリーツがばらけないように、おもて面から、サージカルテープを貼ってプリーツを固定します。 内側のティッシュを挟む マスク本体をうら面を上向きにしておいて、上部の三つ折りの間にティッシュを挟み、ノーズワイヤーの両面テープで固定します。 下部も紙ナプキンの折り目に挟み込み、両面テープで貼り付けます。 ティッシュのたるみを図のように折りたたみます。 ゴム通しを作る マスク本体を内側を上向きにして置き、ティッシュのプリーツがずれないように端の部分にサージカルテープで固定します。 マスク本体の中心に型紙を置き、余った部分を三つ折りしてゴム通しにします。 まず、型紙のギリギリのところまで1回折ったら、上の部分に両面テープを貼ります。 型紙を外してさらにもう1回折って三つ折りにし、先ほどの両面テープで固定します。 ゴム通し部分を両側作ったら、本体の完成です。 型紙とマスクが同じ大きさになっていればOKです。 最後にゴム通しにゴムを通したら、マスクの完成です! うら面から見ると、こんな感じです。 白のペーパーナプキンなら100円分で60個作れてお得! こちらの白いペーパーナプキンはダイソーで 120枚入りで100円(税込110円)で購入できます。 ペーパーナプキン2枚で1つのマスクが作れるので、60個作れる計算です。 めちゃめちゃお得ですね! 市販の使い捨てマスクのような出来栄えです。 マスク関連グッズの作り方紹介 使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。 使い捨てマスクの作り方.

次の