五分以上の動画を送る方法。 LINEで長時間の動画を無制限に友達に送信できちゃう方法|5分以上の動画も送れる

LINEで5分以上の動画を送れない!こんな簡単な解決方法があった!

五分以上の動画を送る方法

iPhoneは年々便利になってきていて、既存の世の中にある様々なアイテムが必要なくなりました。 例えば、カメラ。 デジカメを持たずにiPhoneのカメラだけですます、という方は多いのではないでしょうか。 電話、ネット、メール、カレンダー、マップ、ライト、アラーム、電卓などなど、様々な事がiPhone一台で出来る世の中となりました。 数年前までは専用の機会が必要であったビデオカメラも、iPhoneの代表的な機能のひとつでしょう。 iPhone一台で、綺麗な画質で動画を撮れる時代になっています。 しかし、動画は容量も大きく、撮った動画をお友達に送る場合などは意外と苦労するものです。 本日は、 iPhoneの動画を送る方法を6つご紹介します。 valuecommerce. valuecommerce. iPhoneの動画をメールで送る方法【パソコンへも可】 まずは基本的な送り方から。 メールで送る場合の方法です。 メールで送る事ができる動画の容量は、キャリアにもよりますが 最大でも10MBほどです。 またGmailであれば最大で25MBまで送る事が出来ます。 1、送りたい動画を開き、左下の上矢印マークを選択します。 2、メールで送信を選択します。 3、メールに動画が添付されました。 宛先にメールアドレスを入力すれば送信ができます。 もちろんパソコンで見れるメールアドレスであれば、パソコンへも送ることが可能です。 アイフォンの動画を手軽にLINEで送る方法 続いて、ご存知LINEでの送り方です。 今やメールにとってかわって人々の連絡手段のメインとなっています。 LINEで送信可能な動画の最大サイズは、300MBまでです。 LINEでの動画の送り方は2パターンあります。 動画から送る場合 1、先ほどと同じ要領で、送りたい動画の共有でLINEを選びます。 LINEがここにでてこない場合は、一番右のその他からオンにします。 2、LINEが開きますので、送信先を選べば送ることが出来ます。 LINEから送る場合 1、LINEを起動してから送る方法です。 送りたい相手のトークルームへ行き、左下の+マークを選択します。 2、「動画を選択」を選択します。 3、送りたい動画を選択します。 4、右下の選択で、送ることが出来ます。 <相手のiPhone> 2、すると相手のiPhoneが反応し、動画を送る事が出来ます。 もしAirDropで相手の名前が出てこない、送れない等の場合は下記記事を参考にしてみて下さい。 iPhoneの動画をアプリで高画質で送るには。 パソコンへも可 ファイル保存、共有アプリ「Dropbox」を使います。 ネット上に保存できる場所を設け、そこに保存し共有するという方法です。 これをオンラインストレージサービスといいます。 予めDropboxをダウンロードして登録しておきましょう。 1、Dropboxを起動し、画面下部の+ボタンを選択します。 2、「写真をアップロード」を選択します。 3、はじめは画像が表示されますので、上部のカメラロールを選択します。 4、アルバム選択で、ビデオを選びます。 5、送りたい動画を選択後右上のアップロードを選択します。 6、動画のアップロードが始まりました。 しばらく待ちましょう。 7、アップが完了したら、その動画の右横の下三角を選択します。 またパソコン版のドロップボックスもありますので、パソコンからアクセスすればパソコンに送ることも可能です。 長いサイズの動画は分割して送る【iPhone標準機能で可】 動画が長くて送れない場合は、分割しちゃいましょう。 アプリを入れることなく標準機能のみで分割可能です。 1、動画を開き、下部のメニューの右から2番目を選択します。 2、まず左のバーを動かし開始地点を決めます。 続いて右部分を選択します。 3、切り取る範囲を決めることが出来ます。 実際に動画を流して確かめるには、再生ボタンを。 位置が問題なければ、右下の完了を選択します。 4、新規クリップとして保存します。 同じような流れで、例えば前半、後半という形で分割していきましょう。 分割すれば、ひとつの動画あたりの容量は落ちますので、あとはお好きな方法で送信します。 類似のアプリはです。 アプリを使って動画そのものを圧縮して送る方法です。 以下の無料アプリをダウンロードします。 1、アプリを起動し、圧縮したい動画を選択します。 その後、「緑の圧縮する」ボタンを選択します。 2、動画が圧縮されました。 動画に記載の数字が容量です。 142. 5MBから37. 1MBまで圧縮されていますね。 3、圧縮した動画は、カメラロールに保存することが出来ます。 あとはこれまで紹介したいづれかの方法で、送ることが出来ます。

次の

LINEで5分以上の動画を送れない!こんな簡単な解決方法があった!

五分以上の動画を送る方法

最近は気軽にスマホで動画を撮る人が増えましたね。 SNSでの動画共有ブームの影響もあり、「チーズがとろける料理」や「ペットのかわいい動き」、「友人とのダンス」といった動画をスマホで撮影する人も多いのではないでしょうか。 LINEでは、スマホで撮影した動画を友だちに直接送ることができます。 送信方法は「LINEアプリで動画を撮影」と「スマホに保存した動画を選択」の2つ。 どちらの方法でも、友だちに送れる動画は最長5分なので、注意しましょう。 LINEアプリで動画を撮影して送信する 自撮りの動画メッセージなど、手早く撮影して動画を送りたいときに便利なのが、「LINEアプリで動画を撮影」する方法です。 動画を送りたい相手のトークルームにある「カメラボタン」から撮影します。 動画を送りたい相手のトークルームを開き、カメラボタンをタップします カメラが起動したら、動画を選択して「撮影ボタン」をタップ。 撮影を終えるときはもう1度タップします。 送信ボタンが表示されるので、タップして相手に動画を送ります。 撮影スタート。 今回は左端のフェイススタンプを施しました• 撮影が終わると、送信ボタンが表示されます• 相手に送信されました スマホに保存した動画をLINEで送信する スマホに保存されている動画を友だちに送ることもできます。 その際、動画の音を消す、トリミング(カット)する、フィルターをかけるといった簡単な動画編集もアプリ内で行えます。 まずは、送信したい相手のトークルームで「写真ボタン」をタップします。 動画を編集しない場合は、サムネイル画像の右上にある「選択ボタン」にチェックを入れて送信するだけ。 選択ボタン以外の部分をタップすると、編集画面に移ります。 トークルームで写真ボタンをタップします• 送信したい動画を選択し、送信ボタンを押します• 送信できました• 画像の加工や編集をしたい場合は、選択ボタン以外のところをタップします• 編集中の画面です。 右上に、サウンド(入れない場合はスピーカーに斜線を入れた状態にする)、トリミング(ハサミのマーク)、フィルター(3色のアイコン)のボタンが表示されます• トリミングでは、開始と終了を枠で指定します。 「完了」をタップすると、変更点が反映されます• フィルターでは、「Clear」「Youth」「Heart」といったテーマから、動画を好みのトーンに加工できます• 送信する動画が1つの場合は、右下の送信ボタンをタップ。 ほかにも送る動画がある場合は、左下の選択ボタンにチェックを入れて戻ります 5分以上の動画を送るにはトリミングが必要 LINEで送れる動画は最長5分。 5分を超える動画を選択すると、先頭からトリミングされた状態でプレビューが表示されます。 トリミング位置は変更できるので、5分までに長さを調整してから送信しましょう。 また、動画を保存できるLINEの「ノート」や「Keep」機能でも最長5分までしか保存できません。 どうしても5分以上の動画を送りたい場合は、AirDropなどのファイル共有サービスを使うか、クラウドサービスに保存して共有設定を行い、動画の共有URLをLINEで送るようにしましょう。 5分以上の動画を選択すると「最大5分まで送信できます。 」と表示されます。 トリミング位置を指定するには、トリミングボタンをタップします• 送りたい場所を指定します• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

LINE(ライン)で動画が送れない理由&対処方法は?動画の長さ制限やファイル形式、アプリ不具合や通信環境も影響

五分以上の動画を送る方法

どうも『ペコ』です。 今回のテーマは 『LINEで長時間の動画を無制限に友達に送信できちゃう方法』 についてご紹介します。 LINEのトークから友達に長い動画を 送ろうとしたんだけど出来なかった! 今、リアルな情報・臨場感を 友達と共有したかったのに・・ あ〜!! 残念。 こんな残念な思いをしたことないですか? 友達の結婚式で都合上で出れない友達に ムービーを取って送ろって言われてたけど・・ ごめん! LINEじゃ長い動画は送れないし 他に動画を送る方法がわからない。 残念ながらペコは何度かこういう場面に遭遇し どうにか解決する方法はないかと探しまくった結果・・・ ありましたよ〜! 無制限に動画をLINEで送る方法を発見。 スポンサーリンク 目次• LINEで通常時に動画アップできる容量と時間はどれくらい? LINEへ普通に動画をアップできる容量と時間は実際どれくらいなのか! LINEで送れる動画の長さは5分の動画になります。 画像の様に 5分 以上の動画アップしようとすると 動画の中から5分間に収まる様に選択・編集しないといけません。 この様に編集できる様なしょうもない動画であればいいのですが・・ 動画の全部を編集なしで友達に送りたいって人が多いでしょう。 LINEで5分以上の長時間の動画はKeepを使っても送れない 通常のトークで5分以上の動画が送れないのはご存知でしょうが、LINEのKeepの機能を使っても送ることができません。 あるサイトでは、できると書いてありますが、、、 実際に試してみるとこのように5分以上の動画は送れないと表示されますよ〜! ここから先週しないで 大きな動画を 送る方法を解説していきますね。 スポンサーリンク LINEで無制限に動画を送るならDropboxを使うべし LINEのアプリだけでは5分以上の動画をアップすることは現在出来ません ここは 外部のアプリを使用することが必須になります。 今回おすすめするのは・・ ・Dropboxを使用すると容量を気にせずに 使用することが出来ますよ。 もちろん無料ですよ!! 関連: DropboxからLINEへ動画を送る方法 のアプリをしましょう。 ようこそと歓迎されていますがまだ登録をしていないので『ここではログインしない』 で右にスライドして行ってください。 これら二つの表示画面をスライドしていくと・・ やっと登録画面が表示されました! 『登録』から新規登録を行いましょう。 『名』『氏』『メールアドレス』『パスワード』 を入力して新規登録は完了です。 最後に 『同意する』をポチッと押して登録完了です。 『カメラアップロードをオン』するのか求められますのでここは左上から 『キャンセル』しましょう。 これを『オン』にすると 現在、スマホに入っている全ての写真をアップしようとするのですっごく読み込みに時間とメモリを消費してしまいますよ。 時間があれば『オン』にしても構わないですが・・・ 下のアイコンの『ファイル』を選択して右上にある 『・・・』をポチッと押しましょう。 2番目の『ファイルをアップロード』を選択しましょう。 お次は 『写真』を選択してくださいね。 動画でも選択は写真なのでご安心くだされ。 ここでアップロードする動画を選びますよ〜!! もちろん写真もまとめてアップすることが出来ます。 これでアップロードが完了するまで まずは待ちましょう。 動画の容量が大きければ大きいほど アップロードに時間がかかってしまうので要注意! また現在の電波状況もアップロードの時間に影響 してきますので、考慮しておきましょう。 アップロードが完了すると薄い文字から濃い文字へと 表示表記が変わりますので 送りたい動画や写真を選択しましょう。 右上の赤枠に囲まれた 『共有マーク』を選択しましょう。 するとどのアプリで共有するかを選択することができます。 この中にLINEのアプリが表示されればLINEを選択してください。 LINEのアプリがない場合は『・・・』を選択して LINEのアプリを探しだしましょう。 次の画面はこんな感じです。 赤枠に囲まれた 『連絡先』を選択して これから 送りたい相手をLINEの友達リストから抽出しましょう。 こんな感じで友達を選択することが出来ますよ。 ここでリンクと一緒に文章も作成することも可能なので なにか一言つけて送ると相手も すぐになにか判断できるので 安心してリンクを開いてくれるでしょう。 文章の作成が完了したら 右上にある 『送信』を選択して完了です。 これは送られた側に表示される画面です。 このリンク先をポチッと押すと 容量オーバーの動画を確認することが出来ます。

次の