転職活動 2ch。 20代の転職で知っておくべきことと転職成功者から学ぶ3つの秘訣

仕事を辞めたい!と思ったらやるべき9つの行動やその後の生活・転職活動を解説!

転職活動 2ch

転職サイトと転職エージェントについて まずはじめに「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについてご紹介します。 転職サイトとは 転職サイトは好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めていく転職サービスです。 リクナビNEXTやビズリーチ、dodaなどが転職サイトにあたります。 転職活動において転職サイトを使うメリットは「自分で好きな求人を探せること」です。 大量の求人から自分が興味ある求人を探して応募することができます。 一方で、デメリットとして、 転職サイトからの応募者に対しては、企業側が 学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターを設定しているケースがあることです。 自己応募で好きな求人に応募するには良いですが、書類選考の通過率を高めるために転職エージェントを併用するのがおすすめです。 転職エージェントとは 転職エージェントは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。 リクルートエージェントやマイナビエージェント、JACリクルートメントなどが転職エージェントにあたります。 自分で求人を探す転職サイトとは違って、おすすめの求人紹介や応募書類の準備、面接対策、推薦分や入社までのフォローをしてくれるので、効率的に転職活動ができます。 転職サイトからの応募も良いですが、個人的には、転職サイトと転職エージェントの両方を活用して、推薦文などをつけてもらった方が、書類選考を通過する企業のレベルやオファー年収は高くなりました。 具体的には、下記の手順で行動します。 【転職サイトと転職エージェントを使った応募方法】 1. 転職サイトに登録する 2. 転職サイトで求人情報を検索する 3. 気になった求人を転職エージェントに伝える 4. 転職エージェントから推薦状付きで応募する この方法は、転職回数の多い方や、職歴が短い方、知名度の低い会社から転職する人におすすめです。 転職サイトに掲載されている求人は、転職サイトからの応募者に対して、学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターを設けていることがあります。 そのため、 転職サイトからの応募だけでは機械的に落とされてしまうことがあります。 転職サイトで応募しただけでは落ちてしまう可能性もあるので、転職エージェントも合わせて利用することで書類選考の通過率を上げる方法がおすすめです。 気になる求人があるときは、転職サイトから応募するだけなく、転職エージェントも併用して利用すると良いです。 各転職エージェントからおすすめの求人をもらう方法についてはをご覧ください。 最もおすすめな転職サイトと転職エージェント これまでの5回の転職活動で、最もよく利用したおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。 私は実際に転職エージェントと面談し、内定に繋げてもらった経験もあります。 初めての転職でも、2回目以降の転職でも、毎回役に立った転職エージェントでした。 転職サイトの『』を使うよりおすすめです。 システム的に送られてくる求人のレコメンド精度はイマイチでしたが、それ以外はとても使いやすいので登録しておいた方がいいです。 求人検索においては、転職サイトの『 』との連携も便利でした。 転職サイトだけでなく、転職エージェント機能もあるため、転職サイトdodaで求人を探して、転職エージェントから応募するのがおすすめです。 中でも転職サイトの中にある 「転職人気企業ランキング」は参考になるので一見の価値ありです。 dodaの転職エージェントは、希望した求人をちゃんと提案してくれましたが、企業担当と求職者の面談担当が分かれいるため、企業情報は少し薄い感じがありました。 とはいえ、大手とあって大きな不満は無く、転職サイト、転職エージェントともに利用価値は高かったので登録しておいて損はないです。 僕は20代で地方ホームセンターに勤めていたときに利用しましたが、他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人が結構あり、非常に便利でした。 ほかの転職サイトと違って地方にも支社があるため、地元の求人にも強いです。 地方での転職活動には特にマイナビ転職が便利でした。 転職活動をする上では登録しておいて損のないおすすめ転職サイトです。 登録時の年収が400万円くらいのときはあまりスカウトが来ませんでしたが、年収が500万円を超えたあたりから「面談確約スカウト」が届くようになりました。 登録するだけで企業や転職エージェントからスカウトが届きますが、企業よりも転職エージェントからのスカウトが多い点が気になりました。 とはいえ、ほかの転職サイトより質の高いスカウトが届きました。 企業のレベルはもちろん、求人の質なども他の転職サイトに比べて高めなので、転職サイトと転職エージェントの両方に使えます。 使って良かったおすすめ転職エージェント 今回は「求人件数が多い」「面談の対応レベルが高い」「書類選考の通過率が高い」という3つの条件を満たす転職エージェントをご紹介します。 転職エージェントは、各エージェントごとに持っている求人が異なるため、複数登録しておくのがおすすめです。 在籍年数が浅い状態でも、しっかり対応してくれました。 転職サイト「マイナビ転職」の転職エージェント版で、意外と良い求人が眠ってました。 経験年数が少なくても結構頑張って書類を通してくれたので、普通に使えました。 求人は中小やベンチャーが多めです。 他のエージェントに比べてレスが早く、サポート熱心な印象がありました(職務経歴書や履歴書について丁寧なアドバイスをくれました)。 初めての転職や、書類の書き方、面接が不安な人におすすめな転職エージェントです。 転職サイトである「マイナビ転職」も見ておくと良いです。 求人は転職サイトの「」と同様、外資系や日系大手が多いので、キャリアアップや年収アップ、ハイクラス求人を求める人に向いている転職エージェントです。 特定の企業においては、他社の転職エージェントよりも圧倒的に通過率が高く、年収交渉も強かったです。 企業ごとに担当が付くので、企業情報を詳細に知れたの点に安心感がありました。 自分で転職サイトを使って求人を探すより楽に見つけることができます。 本当に数多く求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を幅広く見た上で判断したい人におすすめです。 転職エージェントではありますが、求人情報の収集先としては転職サイトよりも便利です。 登録して求人をもらうだけでも価値のある転職エージェントでした。 パイプが強い企業においては、書類選考や年収交渉をかなり頑張ってくれました。 都内の企業の求人に強いですが、地方の求人には弱いです。 地方で転職するなら「」や「」などの大手転職サイト、転職エージェントを使った方が良いです。 type転職エージェントは過去の面接で聞かれたことや、見ている点などを細かく教えてもらえたので、個人的には結構信頼をおける転職エージェントでした。 よく使ったおすすめ転職サイト おすすめな転職サイトは「求人数が多い」「手軽に使える」「ほかには無い求人がある」という基準で選びました。 転職サイトは「非公開求人」をメインに見るのがおすすめです。 自分の希望条件や職務経歴を細かく入れなくても自分にあったおすすめ求人をレコメンドしてくれます。 「20代で未経験可」の求人も多くあり、「今すぐ転職したい」というより「何かいい仕事があったら見たい」という感じでも使える転職サイトだったので、20代は登録しておいて損ないです。 求人はベンチャーが中心ですが、たまに外資系企業などもありました。 求人の質は高いですが、ハイクラスな求人を求める人は転職サイトの「 」を使うのがおすすめです。 IT業界に特化した営業やエンジニアの求人に強かったです。 採用に積極的な企業が使っているためか、気になるボタンを押した後、すぐにリアクションがありました。 転職サイト内における企業とのメールのやりとりも、用意されたテンプレで対応できるので便利でした。 オファーの辞退などもやりやすいです。 アプリがあるのでダウンロードしておくと良いです。 リクナビNEXTは転職サイトと違って経歴書に転職サイトのロゴが入らないのでおすすめです。 ワードとエクセルへ出力できるので、とても重宝します。 最大手の転職サイトとあって、新着求人数は毎週1,000件を超えてくるので、正直見きれません…。 あまりにも求人数が多いので私は「スカウト機能」を利用してました。 DMで非公開求人のスカウトを受け取り、リクナビNEXTのサイト上で「人気求人ランキング」を見ると良いです。 求人の数が多いだけあって、稀に良い求人を発見できます。 年代別におすすめな転職サイトと転職エージェント 総合的におすすめな転職サイトと転職エージェントをご紹介しましたが、私が20代から30代の転職活動において利用したサービスを年代別にまとめました。 20代向け 20代での転職は職歴が浅いため、転職サイトだけでなく、転職エージェントも活用して効率的に進めるのが良いです。 転職サイトで求人を見つけて、直接応募するのではなく、転職エージェントに推薦してもらう方法を使ってみてください。 私は20代で3回転職をしていますが、そのときに利用した転職サイトと転職エージェントをご紹介します。 【関連記事】 30代向け 30代の転職はこれまでの経験(業務)内容、ポジション、年収、転職経験回数が重視されます。 また、年収650万円台の30代は人材業界では「ハイクラス」と呼ばれて転職エージェントの対応も変わってきます。 中でも年収650万円以上であれば、リクナビNEXTなどの転職サイトは使わず、転職エージェントをメインに利用するのがおすすめです。 私が実際に30代で利用した転職サイトと転職エージェントをご紹介します。 【関連記事】 女性向け 過去には人材会社やリクルートキャリアに在籍し、女性の中途採用を担当した時期もありました。 今回は僕自身の人材業界経験から「女性の転職に役立つ転職サイトと転職エージェント」についてご紹介します。 【関連記事】 ベンチャー転職向け 私は、20代後半から30代前半までに2社のベンチャーに在籍していました。 1社は5名のスタートアップ、もう1社は現在在籍している20名のベンチャー企業です。 いずれも転職エージェント経由で入社しています。 そのときに使った転職サイトと転職エージェントをご紹介します。 【関連記事】 第二新卒向け 第二新卒に強い転職サイトで求人を出している企業は、転職サイトからの応募者に対して、学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターを設けていることがあるため、転職サイトの応募では機械的に落とされてしまうことがあります。 そのため、転職エージェントをメインに利用していました。 実際に役立った転職サイトと転職エージェントをご紹介します。 【関連記事】 転職サイトと転職エージェントの求人と合わせて見るべきサイト 転職サイトと転職エージェントの情報だけでは「どんな人が働いているのか」「給与はどうなのか」「仕事環境は?」などの情報が不足します。 不足したまま転職するのは危険なので、出来る限り情報収集することをおすすめします。 私が参考としているのが「その企業で働いている人の口コミ」や「自分の市場価値(年収)」です。 下記サイトがおすすめなので、転職サイトや転職エージェントの情報と合わせて見ておくのがおすすめです。 ミイダス 【公式サイト】 現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『 』で調べることが出来ます。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。 僕は転職時に参考程度に使っています。 転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるためやってみて損はないです。 実際に企業からのオファーも届きます。 転職におけるオファー年収は、転職活動時の年収交渉において重要なので、しっかりと把握しておくと良いです。 転職会議 【公式サイト】 『 』は「5ch化してる」なんて言われたりもしてますが、結構参考になります。 転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されているため、転職先を検索してコメントを見ておくと良いです。 僕は年収と退職理由を中心に見ています。 転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。 OpenWork(旧Vorkers) 【公式サイト】 個人的に社員の口コミで信憑性が高いと思っているのが『 』。 組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。 転職サイトの求人と合わせて見ると良いです。 転職サイトに掲載されている年収だけではリアリティがないので、私はOpenWorkで年収と社風を必ず参考にしています。 行きたい企業で同士を比較したり、この情報を基に転職エージェントに内情を聞いてみるのがおすすめです。 転職 人気企業ランキング 転職サイト『 』のサイト内にある『 』は最近人気が出てきたようで、更新頻度も増えたため一見の価値あり。 今の転職者にはどの企業が人気なのか、今出ている人気求人は何かなどがわかります。 大手転職サイトに掲載されているランキングなので、人気企業が中心ですが、自分の知らない企業や求人もあったりするので、登録しておくと良いです。 掲載されている転職サイトのdodaから応募することができます。 むしろ、私の転職経験の中では転職サイトと転職エージェントの両方を活用した方が書類の通過率は上がりました(企業HPの応募は返事が遅かったり、募集が終わっていたりすることが多かったです)。 余談ですが、転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。 報酬の相場は転職者のオファー年収の30%〜40%程度。 年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。 転職エージェントは、求職者が転職しないと売上にならないため、様々な見せ方やトークで企業や求人を紹介し、入社を薦めてきます。 もちろん、良い求人もありますが、中には彼らが売り上げのためにこちらの志望とは違う求人を薦めてくることもあるので、注意が必要です。 とはいえ、求職者としては転職エージェントを「どう使うか?」を考えることが大切です。 少なくとも、年収交渉は自分で交渉するより転職エージェントに任せたほうが上がりやすいです。 個人的な主観ですが、転職エージェントの使い方については にまとめています。 さらに言うと、交渉力の高いエージェントを味方にすれば自分の年収は大きく上がります。 転職エージェントはできるだけ活用したほうが良いです。 ただし、転職エージェントは会社というより人次第なので「この人ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてください。 経験上、時間の無駄でしかないです。 今回わたしが紹介した転職サイトや転職エージェントは、転職をするしないに関わらず、登録しておくのがおすすめです。 今の自分のキャリアで受かる企業のレベルや、自分の市場価値(年収)を知ることができるので、転職サイトでスカウトをもらったり、転職エージェントと定期的に面談してみてください。 転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価してもらえるので、転職サイトや転職エージェントをうまく使いこなして、良い転職をしましょう。 最後になりますが、私の書籍でより詳しく転職活動について書いているので、よろしければ合わせて読んでみてください。

次の

転職活動は在職中・退職後、どちらが良いか?|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

転職活動 2ch

ページコンテンツ• 14 ID:bvtm87iS0. 非公開求人の中には、新卒のときには手の届かなかったような大手有名企業が含まれており、転職で憧れの企業から内定を勝ち取った人もいます。 dodaに登録し、最初に職務経歴や条件を伝えておくと、条件にあった求人情報が大量に送られてきます。 転職でチャレンジしてみたい企業がある、 たくさんの求人から自分にマッチする条件の企業を選びたいと考えている人に向いているエージェントです。 66 ID:9CnbP7iY0. net 逆に、自分の経歴に自信があるならエージェントは大いに利用するべき 提出書類の添削も担当者が嫌がるくらい何度も依頼しろ 嫌がるかな?と謙遜する必要はない。 優秀な人材ならむしろ大歓迎 面接も事前の質問と対策を聞き出して、模擬面接も依頼して、万全の対策で望め リクエーよりdodaのほうが企業担当の押しが強い印象があるから 彼らを味方につけて猛プッシュしてもらえ 利用者の中では求人紹介以外にdodaの提供する 転職フォローが役に立つ、とコメントしている人が目立ちます。 「キャリアアドバイザーが過去に聞かれた質問内容を教えてくれた」、「dodaで書類添削を受けてから、書類審査通過率が目に見えて上がった」という感想が多く、 書類添削や模擬面接に時間をかけてくれる、 アドバイスの内容が的確で役に立つ、という大きなメリットがあります。 65 ID:aVzN479R0. net 転職フェアすごい収穫多かった 30代職歴ほぼなしと絶望的な経歴だからネット応募だと弾かれまくったけど面接何社か決まった dodaの特色に 転職フェアやセミナーなどのイベントを積極的に行っているという点をあげることができます。 転職フェアでは中途採用に意欲的な 企業の採用担当者と直接話せて、セミナーでは 転職に役立つ情報を効率良く手に入れることができます。 「転職フェアで企業のブースを回ったら希望する職種の幾つもの企業から面接の約束を取り付ける事ができた」という感想もあり、こうしたイベント参加の目的でdodaに登録する人もすくなくありません。 31 ID:VeRpnbQN0. net 四国在住エンジニアだけど リクエー、リクナビ、マイナビ、doda、メイテックネクスト、中四国拠点エージェント、地元エージェント と使ってるけど 書類添削してもらうならメイテックネクスト 求人の数だけならリクエー、doda 親身になってくれたり地元優良企業の非公開求人持ってるのは中四国と地元 かなぁ.. 親身になってくれるエージェントさんはちゃんとこちらの希望と相手の希望吟味してくれるから 書類選考通過しやすいね dodaは北海道から九州まで全国10箇所に拠点があります。 そのため 地方で働いている人にとって利用しやすいというメリットがあります。 またキャリアアドバイザーとの 面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい社会人でも仕事をむやみに休むことなく、効率よく転職活動をすすめることができます。 たくさんの選択肢の中から応募する会社を見つけたい人におすすめ dodaは働きながら転職活動をしていて、 たくさんの求人の中から応募する企業を選びたい人におすすめのエージェントです。 dodaでは、その人が応募可能な求人をできるだけ多く紹介する方針なので、たくさんの情報の中から、 自分の決めた条件にそって応募する会社を選べる人、頻繁な エージェントとのやり取りが苦にならない人におすすめの転職サービスです。 47 ID:ydzD3GHz0. net ここだと半分以上書類審査は通るけどなぁ またキャリアにも経歴にも自信があるけれど、なぜか 書類選考で落とされてしまう人、面接で実力を発揮できない人もdodaの利用がおすすめです。 dodaを経由して企業に応募すると、書類添削や模擬面接といった転職フォローにくわえて、 応募の際にキャリアコンサルタントが推薦状をつけてくれるので、 自力で応募するより内定を貰える確率が高くなります。 53 ID:mq2rR3MC0. net 着信拒否にしてから、一日に12,3回電話来るんだけど。 62 ID:Z74dJe0k0. net 一度応募して 選考の結果、大変残念ながら今回は、 次の選考にお進み頂けない結果となりました。 39 ID:YRdF2ppM0. net 転職活動が長期化してるんだけど、これまで転職を何回かしてるので、次は長期間働ける企業を納得した上で選びたいと思っているところ。 なんだけど、ドーダで応募した案件で、妙に担当者がプッシュしてくるやつがある。 自分の中では第5~6希望くらいの企業で、正直気が乗らない。 オファーが出たんだけど、内容を十分に考えて、できれば比較をしたいので、少し待って欲しいと伝えたんだけど「他の企業で内定が出る保証はないんですよ? 今OKしないと!」とせっついてくる。 企業側は早めに人を確保したいだろうし、ドーダは早くクローズして売り上げ立てたいんだろうけど、ものすごく押し込められているような感じがして、逆に行きたい気持ちが萎えてきてる。 こういう時にドーダが本領発揮するとは思わなかった。 20 ID:x8SWVYED0. 60 ID:XyIETXkV0. net 本当に電話しつこいよね エージェント利用しないってチェックしてるのに毎日かかってくるわ まぁ数回なら分かるが、ログイン時間見てるのか何度も何度も どうせかけてくるなら最初から利用するか聞くなよと思う dodaの口コミで一番多いのが、 エージェントからの電話の回数が多すぎるというものです。 dodaからのメインの連絡手段が電話で、多くの求人情報を転職希望者に提供するという企業のスタンスが頻繁な電話につながっているのですが、日中働いている登録者にとって 折り返しの手間がかかる、 転職を急かされているような気になるという理由で、dodaからの電話を敬遠する人も少なくありません。 「dodaの電話がしつこい」という悩みを抱えている人向けに、dodaがたくさん電話をかけてくる理由や、電話がしつこくて困っているときの対処法などを紹介していきます。 メールでやり取りできる転職エージェントも紹介するので、参考にしてください。 23 ID:BN9AUKjd0. ってメールが来て1週間くらい経ったんだけど、その時応募した会社をまた勧めてくる意味がわからん。 すごく無能な気がするんだけど、こんな人にも仕事があるのに自分が無職って現状に落ち込むわ。 25 ID:XjqB7J0j0. 19 ID:9ZssgdBT0. net ニッチな業界の大手企業から内定貰ったんだねど、その企業を調べまくってたら、ブラック臭がヤバイのが見えてきた。 エージェントへ正直にブラック臭いから辞退したいと言ったら それ以来、3週間経っても案件紹介が来ない。 エージェントへ電話したが案件がないとかフザケた対応 ムカついて仕方ないんだけど dodaは規模の大きい転職エージェントのため登録者数は非常に多く、その結果エージェントひとりで大勢の転職希望者を担当しています。 経験豊富で有意義なアドバイスをしてくれるエージェントもいますが、「 マニュアルな対応ばかりで親身になってくれない」、「 連絡事項全般が遅い」など、エージェントにマイナスな印象を持っている人も多いのが実情です。 連絡がストレスの場合はエージェントに相談 エージェントから連絡が多くて困っている人はどちらかと言うと、転職の見込みがありエージェントが力を入れている人です。 電話が多すぎてストレスを感じている場合は、求人紹介の際にフィルターをかけてもらい、 より条件が希望にマッチしているものに絞って連絡してもらう、 連絡手段を電話からメールにしてもらうなど、一度 連絡の方法や内容についてエージェントに相談するのが有効です。 エージェントの対応が良くない場合は乗り換えを検討 エージェントが自分の希望に合った仕事を紹介してくれない、連絡があまりこないなどのエージェントの対応全般が不満な人は、職歴が浅かったり、年齢が企業の欲しがる人材像からかけ離れていたりするなど、どちらかというと dodaの中で対応を後回しにしてもよいと判断されている可能性があります。 エージェントの担当替えを希望しても状況が変わらなければ、dodaより 規模が小さめの、フォローの手厚い転職エージェントに登録することをおすすめします。 フォローが手厚いパソナキャリア パソナキャリアはdodaのように質の高い求人が集まる総合型の転職エージェントですが、 転職希望者のフォローに力を入れています。 ひとりひとりに時間をかけてキャリアカウンセリングを行い、希望にマッチングした求人の紹介を行っています。 またエージェントが、 求人を出す企業に足を運び、企業の内情に精通しているため、応募する前に気になる会社内の雰囲気をエージェントに確認することができます。 67%以上の人が年収アップに成功しているという実績もあり、キャリアアドバイザーの支援サービスの質や交渉力の高さがうかがえます。 キャリアが浅い人に対しても親身にサポートしてもらえ 2019-20年と利用者の満足度は連続No. 1です。 転職活動を始めて3週間で内定を獲得&年収アップ転職に成功した著者が、実際に使った転職エージェントと転職サイトを紹介します。 最速で内定を獲得するための転職エージェントの活用方法も解説しますので、これから転職活動を始める人は参考にしてください。 59 ID:xbAaLLmJ0. 61 ID:xbAaLLmJ0. 04 ID:mEvahK0q0. 24 ID:wEX3H94t0. net ココ3日間で別々の人から同じところの案件をダブって紹介されたんだけど、 先に出してきた人のですでにデータ送付済みなんだけどなぁ。 50 ID:WbH2IN9B0. 必然的に、売れそうな奴の取り合いになるし、売れそうにない奴は塩対応。 13 ID:W9awZOUR0. 23 ID:BN9AUKjd0. 53 ID:mq2rR3MC0. net 着信拒否にしてから、一日に12,3回電話来るんだけど。 73 ID:xxed2QsK0. 64 ID:M40FKLzj0. 45 ID:9fsyIoh30. net エージェントサービスマイページみたら、応募した企業で書類選考結果のメールが来てない会社が、選考終了になってた。 選考終了の表示は、選考辞退か不合格時らしい。。。 ってメールが来て1週間くらい経ったんだけど、その時応募した会社をまた勧めてくる意味がわからん。 すごく無能な気がするんだけど、こんな人にも仕事があるのに自分が無職って現状に落ち込むわ。 25 ID:XjqB7J0j0. 19 ID:9ZssgdBT0. net ニッチな業界の大手企業から内定貰ったんだねど、その企業を調べまくってたら、ブラック臭がヤバイのが見えてきた。 エージェントへ正直にブラック臭いから辞退したいと言ったら それ以来、3週間経っても案件紹介が来ない。 84 ID:n1QrAqdJ0. 65 ID:aVzN479R0. 39 ID:sSGtfpKD0. 83 ID:7K4Sehla0. net 1月に応募して書類アウトだったところに5月再度応募したら書類通った。 前職はあるエージェントで書類アウトだったけど、他のエージェント使ったら内定もらった。 48 ID:edjfYpFq0. net たまにあるエージェントへ履歴書・職務経歴書・写真など直接送れって案件で 明らかに二重応募した様なんだけど、その時の担当にメール送っても来やしねぇ。 どうなってんだよ。 07 ID:hPgkXqL10. 36 ID:WL7j4MXf0. net ここ全然書類が進まなかった。 たまに進むと思ったら、大量採用の案件ばっっか。 ハロワ案件も普通に紹介してくるし。 47 ID:ydzD3GHz0. 14 ID:4AXRQxrZ0. 62 ID:Z74dJe0k0. net 一度応募して 選考の結果、大変残念ながら今回は、 次の選考にお進み頂けない結果となりました。 35 ID:KOK92shd0. 63 ID:4cFIQz2d0. 52 ID:tDfPNjFc0. 39 ID:YRdF2ppM0. net 転職活動が長期化してるんだけど、これまで転職を何回かしてるので、次は長期間働ける企業を納得した上で選びたいと思っているところ。 なんだけど、ドーダで応募した案件で、妙に担当者がプッシュしてくるやつがある。 自分の中では第5~6希望くらいの企業で、正直気が乗らない。 オファーが出たんだけど、内容を十分に考えて、できれば比較をしたいので、少し待って欲しいと伝えたんだけど「他の企業で内定が出る保証はないんですよ? 今OKしないと!」とせっついてくる。 企業側は早めに人を確保したいだろうし、ドーダは早くクローズして売り上げ立てたいんだろうけど、ものすごく押し込められているような感じがして、逆に行きたい気持ちが萎えてきてる。 こういう時にドーダが本領発揮するとは思わなかった。 66 ID:9CnbP7iY0. net 逆に、自分の経歴に自信があるならエージェントは大いに利用するべき 提出書類の添削も担当者が嫌がるくらい何度も依頼しろ 嫌がるかな?と謙遜する必要はない。 61 ID:qtwaQNu50. 58 ID:FdU7qb920. 61 ID:CeYn3b550. net dodaで書類選考落ちた会社に直接応募したら、最終面接通過後に正社員雇用決まったわ。 以前dodaで応募して書類選考落ちたのですがと言ったら君の情報は来てないよって言われた。 クソdoda内で書類選考してるの確定。 二度と使わね。 57 ID:eYSwAe1R0. 個人的な経験では、リクエーでやるはずが手違いでリクナビ直接応募してしまったことがあって、内定後、会社見学に来た際に面接官に良かったですね、リクエーからだったらお祈りしていましたよ、って嫌味言われたことがある。 こっちからお祈りしたが。 95 ID:kvxmltaA0. 71 ID:HFTfJ1xZ0. net 面接確約!とかいうメール送っておきながら 応募が殺到してしまいました為、 書類選考を実施させていただくこととなりました。 60 ID:vwlHMFhB0. 81 ID:fw5cAvUd0. net エージェント紹介の求人に応募依頼して2日経つけど連絡ない。 エージェントからの返信って結構空くんか?応募依頼したら飛び付いてくると思ってた。 10 ID:1hb5aFlo0. 20 ID:x8SWVYED0. 60 ID:XyIETXkV0. 14 ID:bvtm87iS0. 31 ID:VeRpnbQN0. net 四国在住エンジニアだけど リクエー、リクナビ、マイナビ、doda、メイテックネクスト、中四国拠点エージェント、地元エージェント と使ってるけど 書類添削してもらうならメイテックネクスト 求人の数だけならリクエー、doda 親身になってくれたり地元優良企業の非公開求人持ってるのは中四国と地元 かなぁ.. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. 2ch. しかし、 エージェントの対応が悪いというような口コミも見られます。 dodaの対応が今ひとつと感じている人は、 転職者のフォローに力を入れているマイナビエージェントがおすすめです。

次の

【リクルートエージェント】の2chの評判ってどうなの?2chの書き込みを徹底比較!

転職活動 2ch

09 ID:PCKqAz8xM. 34 ID:GFJHQqyM0. 66 ID:nrY05jaFa. 50 ID:5fi4WFkg0. 53 ID:p6HDNUnZ0. 95 ID:r4N0prps0. 72 ID:Rv2DCz8m0. 20 ID:tcNTBs2Xa. 76 ID:fqEhNI8G0. 29 ID:hP2VVrNVM. 78 ID:tpzC9ODj0. 98 ID:vFXfOLj10. net 応募者の履歴とか見れるページの掲示板で書かれるだけだな 総レス数 16 3 KB.

次の