アルベール カミュ。 Exposition numérique Albert Camus 1913

509夜『異邦人』アルベール・カミュ

アルベール カミュ

あらすじ [ ] のに暮らす主人公ムルソーの元に、母の死を知らせる電報が、養老院から届く。 母の葬式のために養老院を訪れたムルソーは、涙を流すどころか、特に感情を示さなかった。 葬式の翌日、たまたま出会った旧知の女性と情事にふけるなど、普段と変わらない生活を送るが、ある日、友人レエモンのトラブルに巻き込まれ、を射殺してしまう。 ムルソーは逮捕され、裁判にかけられることになった。 裁判では、母親が死んでからの普段と変わらない行動を問題視され、人間味のかけらもない冷酷な人間であると糾弾される。 裁判の最後では、殺人の動機を「太陽が眩しかったから」と述べた。 死刑を宣告されたムルソーは、懺悔を促す司祭を監獄から追い出し、死刑の際に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にする。 影響 [ ] 映画 [ ] 詳細は「」を参照 アルジェリアの作家は、2013年にムルソーに殺された名前のない「アラブ人」の弟を語り手とする『ムルソー再捜査』を発表し、翌14年に処女小説賞を受賞した。 日本語を含む世界28か国語に翻訳されている。 日本語訳書 [ ]• 『異邦人』訳、新潮社、1951年。 『』訳、新潮社〈新潮文庫〉、1963年7月(原著1954年9月)、改版。 『異邦人』編、第三書房、1956年2月。 カミュ『異邦人・転落』・訳、新潮社〈カミュ著作集 第1〉、1958年。 カミユ『異邦人・ペスト・転落・誤解』ら訳、新潮社〈世界文学全集 第39〉、1960年。 カミュ「異邦人」訳、 『現代フランス文学13人集 第1』・編、新潮社、1965年。 カミュ「異邦人」訳、 『新潮世界文学 第48』新潮社、1968年。 カミュ『異邦人・シーシュポスの神話』・編集、新潮社〈カミュ全集 2〉、1972年。 アルベール・カミュ「異邦人」訳、 『集英社ギャラリー「世界の文学」 9』集英社、1990年7月。 脚注 [ ] []• Yale University. 2019年7月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 、訳 『異邦人』(改版) 、1995年6月。 初版は1954年9月• 『カミュ「異邦人」を読む』彩流社、2011年4月、増補版。 関連項目 [ ]• - |の代表曲。 は、カミュ作品の熱心な読者で、曲に登場する人物と「異邦人」の主人公をオーバーラップさせた構成にしたという説がある [ ]。 外部リンク [ ]• 2011年2月11日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

アルベール・カミュ『正義の人びと』

アルベール カミュ

フランスの作家、アルベール・カミュ(1913~60年)が1947年に発表した小説「ペスト」の売れ行きが好調だ。 文庫を発行する新潮社は2日、1万部の増刷を決めた。 伝染病で封鎖された街を舞台にした物語が、新型コロナウイルスの感染拡大と重ね合わせられているようだ。 ノーベル賞作家の代表作の一つである「ペスト」は、アルジェリアの都市で高い致死率のペストがはやり、死者が急増。 感染拡大を防ぐために街は封鎖され、孤立状態になる。 主人公の医師らが、ペストの猛威や人間性を脅かす不条理と闘う姿を描く。 同社によると、新潮文庫版は69年に刊行。 ロングセラーとして、毎月平均300冊ほど出荷されていた。 ところが、中国の武漢市が封鎖された1月下旬ごろから注文が急増。 ツイッターで「武漢はまるで『ペスト』のようだ」などの反応があった。 2月中旬に4千部を増刷し、さらに1万部の増刷を決めた。 同社の広報担当者は「タイミングからみて、新型コロナウイルスの影響としか思えない。 全く予想しておらず、ただ驚いている」という。 「ペストの脅威と闘う登場人物の姿と、今のコロナウイルスの感染が広がる状況を重ねているのではないか」と話した。 (宮田裕介).

次の

アルベールカミュの提唱した「不条理の哲学」とは何か?

アルベール カミュ

アルベール・カミュ( 2020 年 4 月 16 日) 新型コロナウイルス( COVID-19 )感染拡大防止策として、日本政府が緊急事態を宣言して数日がたちました。 東京都でも都民に不要不急の外出は自粛するように呼びかけています。 そんな昨今、アルベール・カミュが 1947 年に発表した小説『ペスト』が注目を集めています。 今回はアルベール・カミュの雑誌記事索引を紹介します。 アルベール・カミュは第二次世界大戦後、「不条理」の哲学をかかげて登場し、『異邦人』『シーシュポスの神話』などの実存主義的作風で一世を風靡しました。 カミュを Web OYA-bunko で検索しますと、人名検索で 52 件、目録検索で 54 件ヒットします。 索引の古いものでは再録ですが『中央公論』 1952 年 3 月号「ヒロシマ 原子爆弾と平和」などカミュ本人が執筆したものも数件あります。 また、 1957 年にはノーベル文学賞を受賞しますが、当時の雑誌記事もいくつかあります。 小説『ペスト』は中世で流行した病気「ペスト」が 20 世紀のアルジェリアの都市オランで再発生し、恐ろしい速度で蔓延。 やがて感染者を隔離するため都市は封鎖されるという物語です。 パンデミックでロックダウンした街で、翻弄される人々を様々な視点から描いています。 病気が発生したころの、なかなか事態を認められない知事や医師たち。 日に日に罹患者や死者が増加していく社会。 商店の品物を買い占める人々の様子は現在の新型コロナウイルスをとりまく状況と似ています。 この先の世界で起こりうる展開もこの小説から予測できるかもしれません。 どうぞご利用下さい。

次の