蛇 香 の ライラ 感想。 蛇香のライラ 鱗 希驪 感想

蛇香のライラ〜Trap of MUSK〜感想

蛇 香 の ライラ 感想

4人目は今作のクライアント、鱗帝国の第二皇太子・鱗 希驪(cv. 佐藤 拓也)です。 兄の異常な性癖をいろいろと心配し、彼の幻想を打ち砕いて欲しい思いから兄に白娘子認定を受けたシリーンに、彼の心を奪い振ってほしい、白娘子の幻想を打ち砕いてほしいという依頼をします。 自分は女の子みんなのもの、1人を選ぶなんてしないと常日頃から思っている彼ですが、自分で兄の誘惑を依頼したと分かっていても、シリーンに徐々に惹かれていく心が止められないようで… 【ネタバレ感想】 彼のテーマは愛し方が軽薄な王子…なんですが、軽薄かな? 誰よりもうぶな子だった印象が強くて全然軽薄な感じがしないw 軽い感じで口説いてくるところとかはありますが、そういう輩はむしろシリーンが扱いなれすぎてて軽くあしらわれるところがまたかわいいんですよね。 あっさりやられちゃうし拗ねちゃうところがかわいらしい。 この素直さはシリーンも慣れていないところだったでしょうね。 自分で皇驪太子を誘惑して欲しいと依頼した彼でしたが、徐々にシリーンに惹かれていく心が止められません。 何回も止めようとしていましたけどね。 「だめだめ!俺は女の子みんなのものなんだから!」 「俺まで好きになっちゃってどうするよ!」 みたいなことを悶々と考えては持ち直してまたぐるぐる考えて…ずっとエンドレスww 気持ちグラグラで大丈夫かいwと思っちゃいましたww 皇驪太子とシリーンがキスしちゃったと勘違いしてシリーンに当たっちゃったり、会期が終わりに近づいてもうすぐ離れ離れになる焦りから押し倒しちゃったり… いろいろとやらかし皇太子でしたが、八つ当たりした後は素直に謝るしいい子でした。 会期を終えて帰った皇驪太子と は別に、彼はシャナーサに残り、シリーンに好きになってもらえるよう頑張ります。 シリーンの元に押しかけて通って、シリーンを喜ばせようとする姿がやっぱりかわいい。 軽薄はどこにww そんな2人に不穏な影が…。 美蘭ちゃんまで残ってるのはなんでww 実は希驪太子のことが好きな美蘭ちゃんが、恋の悩み相談を打ち明けたのはでした。 ここでのの返答が物騒すぎてぶっとびましたw 完全にが戦犯ww 美蘭ちゃんが歪んじゃったのはのせいです! まあ元々素養があったのかもしれないけど… 初めての恋にはしゃぐ希驪太子、そんな彼に絆されつつも、彼の立場を思い身を引こうとするシリーン。 改めて彼を振るシリーンですが、どうしても惹かれる気持ちは止められず悩む希驪太子のもとへ、美蘭ちゃんが自国で自殺未遂を図ったことがわかります。 希驪太子が好きだから、シャナーサ王国から帰ってこない不安から自殺を図ったと。 自分の命を脅迫材料に使うってずるくないですか…。 結果希驪太子を傷つけているし、美蘭ちゃん悪女の道へ進んでしまった…。 どうしたらいいのかわからない希驪太子に、シリーンは美蘭ちゃんと向き合うよう説得します。 希驪太子ならきっと美蘭ちゃんを傷つけず思いを伝えられるという励ましを受け、希驪太子は自国へ戻ります。 「きっとまた戻る、待ってて」と言い去った希驪太子に、もう二度と会えないだろうと悟りながら彼女は別れを告げました。 希驪太子と別れた後、なぜか気持ちが晴れないシリーンにじれじれ。 シリーンも徐々に希驪太子に惹かれていたんだろうにね。 別れることになって切ない…と思ってた矢先にどんでん返しです 笑 店主が調べた結果希驪太子は特殊な血を持っていることがわかり、彼を連れてきて欲しいと店主からお願いされたのです。 シリーンも言ってたけど、遅いよww なんで希驪太子が言っちゃってから言うのww 結局店主のお願いしに従い、シリーンは鱗帝国に行くことに。 あの切ない別れはなんだったのww シリーンに励まされ美蘭ちゃんと話をしようとした希驪太子でしたが、美蘭ちゃんは彼を避け、一向に話ができません。 どうしたらいいのか悩む彼の前に、シリーンが現れ、すがりつくように抱きしめました。 全身で再会を喜ぶ希驪太子と同じように、シリーンも自分の中で嬉しい気持ちが湧き上がる気持ちを自覚しました。 店主の命を実行するため気持ちを切り替えるシリーンですが、彼の想いを利用してシャナーサ王国に連れてきてもいいのに、彼を騙したくないという思いから美蘭ちゃんと話せるよう協力することになります。 彼には誠実でいたいんですねシリーン。 もうかわいい。 美蘭ちゃんは希驪太子と話せる状態ではない、ということでまずはシリーンが彼女と話し、彼女の体と心が回復するまでのリハビリを手伝うことになりました。 美蘭ちゃんはシリーンに心を開いてるように見せかけ、彼女を人気のない場所へ連れ出して背後から刺してしまいます。 美蘭ちゃんはその場から去りますが、偶然物思いにふけりに来た希驪太子に見つけられ、シリーンは一命を取り留めます。 希驪太子は懸命にシリーンの看病を行い、回復した頃に誰が刺したのか犯人を聞きますが、希驪太子を傷つけないよう美蘭ちゃんが犯人であることを隠します。 シリーンが回復するまで、希驪太子はずっとついていてくれました。 つきっきりで看病している間に、希驪太子が幼い頃に母親が毒殺されて亡くなったことを打ち明けてくれました。 おそらく皇后の手によって毒殺されたこと、自分が大切な人を作れば再び失われるかもしれない可能性もあること、そんなトラウマが希驪太子が本気の恋をするための妨げになっていたのかもしれませんね。 そんな希驪に対して、シリーンは励まします。 自分はとして生きてきたから強い。 しっかり回復すれば早々やられないという言葉は希驪太子を安心させてくれました。 けれどシリーンは体が回復してきた頃、店主の命を実行するため血を抜き取るために希驪を誘惑します。 いろんな葛藤はあったんでしょうけどね…シリーンにとって最優先事項は店主の命なんですよね。 真相を知ると仕方がないとも思えるんですが、それでも希驪太子がかわいそうで…。 シリーンが騙そうとしていること、希驪太子は気づくんです。 シリーンの目的を打ち明けられても、自分の思いを利用せずに誠実でいてくれた彼女に逆にお礼を言って、シリーンが完全に回復してから共にシャナーサ王国に行くことを約束してくれます。 希驪太子本当にいい人すぎるよ。 いい人すぎて、希驪太子が真っ白すぎて、軽蔑されたくなくて本当のことを言えないシリーンへ向けた希驪太子の言葉が好きすぎました。 「人を殺しててもいい、他人の人生を壊してもいい。 希驪太子!やっと届いたね!粘り勝ちです! その後は希驪太子と駆け落ちしてみたり、希驪太子のお母さんの死の真相がわかったり、復活した美蘭ちゃんが皇驪太子を人質にとってあばれたりひと悶着ありましたが 笑 、無事解決! 美蘭ちゃんがもう狂いすぎてて怖かったけれど、ちゃんと正気を取り戻したのはとりあえずよかったかな。 美蘭ちゃんのお姉ちゃん大活躍です。 お姉ちゃんが最初から来てれば万事解決だったろうにってくらいあっさりと 笑 なかなかうまくいかない世の中ですよね。 そして希驪太子の母親の死の真相は…皇后によるものではなく、自分で命を立つ服毒自殺でした。 皇后がきっかけではあるのですが。 皇后は皇驪太子の地位を守るため、希驪太子にずっと毒を盛り続けていたのです。 幼い頃から毒を飲み続けていたことが店主の目に止まる特別な血になった理由だそうで。 希驪の母は、皇后に毒を盛ることを止めるよう懇願しても止めてもらえないこと、自身が不治の病に冒されていることから希驪太子を守るため、自ら命を断つ道を選んだようです。 かつては親友だった皇后と希驪太子の母ですが…悲しい結末ですね。 希驪太子の母の日記から、誰も恨んでいないこと、希驪や親友を愛しく思っていることを読み取った皇后はこれまでの行いを謝罪し、皇驪の進言もあり、を譲り皇帝とともに隠居することに。 ここでもあっさり許されちゃうのねと思いつつww そして希驪太子は皇帝の弟として、皇驪の目となって働くことに。 ほんとに前半不憫すぎて… よく頑張ったよほんと。 一番頑張ったかも。

次の

蛇香のライラ〜Trap of MUSK〜「鱗 皇驪」ネタバレ

蛇 香 の ライラ 感想

4人目は今作のクライアント、鱗帝国の第二皇太子・鱗 希驪(cv. 佐藤 拓也)です。 兄の異常な性癖をいろいろと心配し、彼の幻想を打ち砕いて欲しい思いから兄に白娘子認定を受けたシリーンに、彼の心を奪い振ってほしい、白娘子の幻想を打ち砕いてほしいという依頼をします。 自分は女の子みんなのもの、1人を選ぶなんてしないと常日頃から思っている彼ですが、自分で兄の誘惑を依頼したと分かっていても、シリーンに徐々に惹かれていく心が止められないようで… 【ネタバレ感想】 彼のテーマは愛し方が軽薄な王子…なんですが、軽薄かな? 誰よりもうぶな子だった印象が強くて全然軽薄な感じがしないw 軽い感じで口説いてくるところとかはありますが、そういう輩はむしろシリーンが扱いなれすぎてて軽くあしらわれるところがまたかわいいんですよね。 あっさりやられちゃうし拗ねちゃうところがかわいらしい。 この素直さはシリーンも慣れていないところだったでしょうね。 自分で皇驪太子を誘惑して欲しいと依頼した彼でしたが、徐々にシリーンに惹かれていく心が止められません。 何回も止めようとしていましたけどね。 「だめだめ!俺は女の子みんなのものなんだから!」 「俺まで好きになっちゃってどうするよ!」 みたいなことを悶々と考えては持ち直してまたぐるぐる考えて…ずっとエンドレスww 気持ちグラグラで大丈夫かいwと思っちゃいましたww 皇驪太子とシリーンがキスしちゃったと勘違いしてシリーンに当たっちゃったり、会期が終わりに近づいてもうすぐ離れ離れになる焦りから押し倒しちゃったり… いろいろとやらかし皇太子でしたが、八つ当たりした後は素直に謝るしいい子でした。 会期を終えて帰った皇驪太子と は別に、彼はシャナーサに残り、シリーンに好きになってもらえるよう頑張ります。 シリーンの元に押しかけて通って、シリーンを喜ばせようとする姿がやっぱりかわいい。 軽薄はどこにww そんな2人に不穏な影が…。 美蘭ちゃんまで残ってるのはなんでww 実は希驪太子のことが好きな美蘭ちゃんが、恋の悩み相談を打ち明けたのはでした。 ここでのの返答が物騒すぎてぶっとびましたw 完全にが戦犯ww 美蘭ちゃんが歪んじゃったのはのせいです! まあ元々素養があったのかもしれないけど… 初めての恋にはしゃぐ希驪太子、そんな彼に絆されつつも、彼の立場を思い身を引こうとするシリーン。 改めて彼を振るシリーンですが、どうしても惹かれる気持ちは止められず悩む希驪太子のもとへ、美蘭ちゃんが自国で自殺未遂を図ったことがわかります。 希驪太子が好きだから、シャナーサ王国から帰ってこない不安から自殺を図ったと。 自分の命を脅迫材料に使うってずるくないですか…。 結果希驪太子を傷つけているし、美蘭ちゃん悪女の道へ進んでしまった…。 どうしたらいいのかわからない希驪太子に、シリーンは美蘭ちゃんと向き合うよう説得します。 希驪太子ならきっと美蘭ちゃんを傷つけず思いを伝えられるという励ましを受け、希驪太子は自国へ戻ります。 「きっとまた戻る、待ってて」と言い去った希驪太子に、もう二度と会えないだろうと悟りながら彼女は別れを告げました。 希驪太子と別れた後、なぜか気持ちが晴れないシリーンにじれじれ。 シリーンも徐々に希驪太子に惹かれていたんだろうにね。 別れることになって切ない…と思ってた矢先にどんでん返しです 笑 店主が調べた結果希驪太子は特殊な血を持っていることがわかり、彼を連れてきて欲しいと店主からお願いされたのです。 シリーンも言ってたけど、遅いよww なんで希驪太子が言っちゃってから言うのww 結局店主のお願いしに従い、シリーンは鱗帝国に行くことに。 あの切ない別れはなんだったのww シリーンに励まされ美蘭ちゃんと話をしようとした希驪太子でしたが、美蘭ちゃんは彼を避け、一向に話ができません。 どうしたらいいのか悩む彼の前に、シリーンが現れ、すがりつくように抱きしめました。 全身で再会を喜ぶ希驪太子と同じように、シリーンも自分の中で嬉しい気持ちが湧き上がる気持ちを自覚しました。 店主の命を実行するため気持ちを切り替えるシリーンですが、彼の想いを利用してシャナーサ王国に連れてきてもいいのに、彼を騙したくないという思いから美蘭ちゃんと話せるよう協力することになります。 彼には誠実でいたいんですねシリーン。 もうかわいい。 美蘭ちゃんは希驪太子と話せる状態ではない、ということでまずはシリーンが彼女と話し、彼女の体と心が回復するまでのリハビリを手伝うことになりました。 美蘭ちゃんはシリーンに心を開いてるように見せかけ、彼女を人気のない場所へ連れ出して背後から刺してしまいます。 美蘭ちゃんはその場から去りますが、偶然物思いにふけりに来た希驪太子に見つけられ、シリーンは一命を取り留めます。 希驪太子は懸命にシリーンの看病を行い、回復した頃に誰が刺したのか犯人を聞きますが、希驪太子を傷つけないよう美蘭ちゃんが犯人であることを隠します。 シリーンが回復するまで、希驪太子はずっとついていてくれました。 つきっきりで看病している間に、希驪太子が幼い頃に母親が毒殺されて亡くなったことを打ち明けてくれました。 おそらく皇后の手によって毒殺されたこと、自分が大切な人を作れば再び失われるかもしれない可能性もあること、そんなトラウマが希驪太子が本気の恋をするための妨げになっていたのかもしれませんね。 そんな希驪に対して、シリーンは励まします。 自分はとして生きてきたから強い。 しっかり回復すれば早々やられないという言葉は希驪太子を安心させてくれました。 けれどシリーンは体が回復してきた頃、店主の命を実行するため血を抜き取るために希驪を誘惑します。 いろんな葛藤はあったんでしょうけどね…シリーンにとって最優先事項は店主の命なんですよね。 真相を知ると仕方がないとも思えるんですが、それでも希驪太子がかわいそうで…。 シリーンが騙そうとしていること、希驪太子は気づくんです。 シリーンの目的を打ち明けられても、自分の思いを利用せずに誠実でいてくれた彼女に逆にお礼を言って、シリーンが完全に回復してから共にシャナーサ王国に行くことを約束してくれます。 希驪太子本当にいい人すぎるよ。 いい人すぎて、希驪太子が真っ白すぎて、軽蔑されたくなくて本当のことを言えないシリーンへ向けた希驪太子の言葉が好きすぎました。 「人を殺しててもいい、他人の人生を壊してもいい。 希驪太子!やっと届いたね!粘り勝ちです! その後は希驪太子と駆け落ちしてみたり、希驪太子のお母さんの死の真相がわかったり、復活した美蘭ちゃんが皇驪太子を人質にとってあばれたりひと悶着ありましたが 笑 、無事解決! 美蘭ちゃんがもう狂いすぎてて怖かったけれど、ちゃんと正気を取り戻したのはとりあえずよかったかな。 美蘭ちゃんのお姉ちゃん大活躍です。 お姉ちゃんが最初から来てれば万事解決だったろうにってくらいあっさりと 笑 なかなかうまくいかない世の中ですよね。 そして希驪太子の母親の死の真相は…皇后によるものではなく、自分で命を立つ服毒自殺でした。 皇后がきっかけではあるのですが。 皇后は皇驪太子の地位を守るため、希驪太子にずっと毒を盛り続けていたのです。 幼い頃から毒を飲み続けていたことが店主の目に止まる特別な血になった理由だそうで。 希驪の母は、皇后に毒を盛ることを止めるよう懇願しても止めてもらえないこと、自身が不治の病に冒されていることから希驪太子を守るため、自ら命を断つ道を選んだようです。 かつては親友だった皇后と希驪太子の母ですが…悲しい結末ですね。 希驪太子の母の日記から、誰も恨んでいないこと、希驪や親友を愛しく思っていることを読み取った皇后はこれまでの行いを謝罪し、皇驪の進言もあり、を譲り皇帝とともに隠居することに。 ここでもあっさり許されちゃうのねと思いつつww そして希驪太子は皇帝の弟として、皇驪の目となって働くことに。 ほんとに前半不憫すぎて… よく頑張ったよほんと。 一番頑張ったかも。

次の

蛇香のライラ 第一夜 ヨーロピアンナイト フルコン所感・感想

蛇 香 の ライラ 感想

お久しぶりです、蛇香のライラの第一夜やりました🌸 調子乗ってやってたら、 一晩でフルコンしちゃいました() なので、取り敢えず感想をダバーッと書いちゃいます。 レビューみたいに、纏めてないので読みにくいかとは思いますが、今現在悩まれている人向けに今書いちゃおうと思いますン ネタバレには配慮している。。。 つもりですが、心配なので折りたたみにします! 読む方は続きからどうぞ🐈 え~取り敢えずフルコンして思ったことは、 ・声優が好き ・作品のテイストがたまらなく好き 以上に当てはまらない方は、 購入ちょっと待って!!!という感じです。 最近のゲームにしてはシナリオはやや短め 最近のゲームは、重厚なシナリオ・感動的など謳っているものが多く、モノによっては長くてダレるものも多い印象でした。 こちらの作品は、 一昔前の平均的な長さ、と思ってもらっていいんじゃないでしょうか? 作中での日にちの進み方は、3日後、~~日後など明確になっておらず 結構すっ飛ばされています。 最近は、 1か月ほぼ丸まる日ごとに展開されるゲームが多い印象でしたので、そういうのに慣れていると「雑くない?」ってなるかと思います。 また、そこに 攻略キャラが2人+おまけという形で少ないこともその印象に拍車をかけているのかと。。。 「PCだから多分長いわ💗」っていうのは割と幻想です。 そんなにえっちくない え~、ライラ購入前に「なんて妖しそうなゲームなんだ!!!これはR18スレスレに違いない!」と思った人もいるんじゃないでしょうか、 私はそうだった。 確かに性表現はありますが、行為の詳細が事細かに記述されるシーンは少ないです。 これは、 かの有名なより少ないです、まともです。 別にPCじゃなくても十分やれたかなって!!! 正直上記の行為のシーンを省いても成り立つ作品だったと思います。 まぁ、これはあくまで他作品プレイ済みの私の感じ方ですので、 今までうた〇リ、スタ〇カしかやったことないよ~みたいな人には多分刺激が強いです。 そんなにしてない 主人公はサロンの踊り子で裏の稼業で—— って聞いたらこれは大人の駆け引きが行われているに違いない、って思いませんでしたか? 私は思った。 でも、そんなことはなかった。 確かに彼女は仕事をこなしているし、男のあしらい方やの使い方なんかを知ってます。 でも、精神面ではやっぱ21歳なんですよ、です。 すーーぐなんか色々あって 「今仕事のこと考えてる???」ってレベルで恋に落ちてます。 よく言えば人間味がありますが、多分シリーンちゃんはこの稼業向いてないよ。 テイストの混ぜ方としては、殺〇トと同じくらいかな、と個人的には思います。 要素が少ないせいで、ただ灼熱の国で男を知っただけの話になっちゃってます。 (主人公は作中でキャラと結ばれるまで処女だった) 勿論、第一夜だからジャブ、っていう可能性も否定できませんが。 キャラはよかったと思う キャターは中々いい味だしてたと思います。 ヴィンスもロランも可愛かったし、特にロランの立花さんの演技はすごかったです。 ロランの複雑な感情の動きを感じて、思わずナイスキャスティングと(???) ただ、やっぱ推し~!みたいにするにはシナリオが少し弱いかなと。 ひとめぼれじゃん!ってレベルで、お互いに好意を持ってしまうので「あぁ~これはフィクション特有の大恋愛!」みたいな感じはあんまりなかったです。 ここまで言ったけど、気になるなら買って欲しいとは思う なんか不満点ばっか書いてしまった気もしますが、 もし少しでも気になるなら買って欲しいとは思います。 昨今自体も下火といえば下火ですし、PCなんてほとんど出ないじゃないですか。 パソコン好きの私としては、もっと頑張ってほしいんです。 その未来を考えると、ここでの売れ行きって大事かなって思うので、推します。 ただ、やっぱり上記の理由から考えると、 フルプライスで人に自信をもってオススメとは言えないです。 お金を払うのは自分なので、ゆっくりと検討してもらえたらな、と思います。 ちなみにオススメの攻略順とかある? A. そんなに気にしなくていいと思うけれど、おまけルートの分岐がロランからあるので、先にヴィンスをやった方が話の構成としては分かりやすいかと思います。 攻略難しい?バッドエンディングは? A. ヴィンス:バッド・ハッピー各1、ロラン:バッド・ハッピー各1、中途バッド1、おまけルート(分岐なし)という感じです。 攻略は、特に難しい好感度調整は不要だと思います。 ハッピーなら愛キャッチのあるもの、バッドならないもの。 分岐は、があるため、直前の選択肢を変更していけば問題ないと思います。 あと、最後に一言。 買うなら、3夜まですべて購入した方が多分いいです。 多分3夜が本番です。 先にも書きましたが、マジで砂漠の国で男を知ってしまった事しか書かれていないんです。 主人公のいた店の事とかなーーーーんにも分からない。 多分、店主は自身の研究のために人をモノとしか見ていないタイプです。 優しさもモノが壊れると困るからで、悪い事してると思ってないタイプ。 「人類の発展のために役立てるなら君も嬉しいよね?!」とか言い出しそうです(妄想) と長くなりましたが、間違いなく第一夜のみでは不完全燃焼もいい所ですので、もしプレイされるなら最後までやりま、、、、しょう!!!! raspberrysyrup.

次の