調整 くん。 出欠管理・日程調整ツール『調整さん』『調整くん』

調整さん

調整 くん

調整さんとは 「調整さん」は、2006年にリクルートホールディングスからリリースされている老舗の出欠表ツールです。 アプリなどのダウンロードは不要で、パソコン・スマホどちらからでもブラウザで簡単にアクセスできます。 登録可能人数に上限がないため、大人数でのイベントにも活用できます。 登録・ログイン不要で出欠表が簡単に作成できる 会員登録やログインの必要がなく、サイトにアクセスするだけで最短30秒ほどで出欠表を作成できます。 操作もいたってシンプルですから、Webサービスを使い慣れない人でも安心して利用できるのが、根強い人気の理由です。 また、出欠表をエクセルにダウンロードすることができるので、大人数でもソート機能を用いてスムーズに出欠情報の確認ができます。 類似の日程調整サービス「LINEスケジュール」はメンバーがLINEに登録する必要がありますが、調整さんは スマホやタブレット、パソコン、そしてガラケーユーザーも利用できるので対応機種を確認する必要がありません。 【パソコン版】調整さんの使い方 主催者がウェブ上でイベントの候補日や概要などを盛り込んだ出欠表を作成し、参加者にURLを連絡して出欠確認を取ります。 画面右側にあるカレンダーの日付をクリックして候補日時を指定します。 時刻はあらかじめ19時に設定されているので希望の時刻を直接入力します。 続いてイベント名とメモ(任意)を記入します。 概要と回答締切日、開催場所や参加費などを記入します。 最後に内容を確認して「出欠表を作る」をクリックします。 すると出欠表のURLが表示されます。 生成されたURLをコピーして、メールで送信したりSNSのグループページに投稿したりして、メンバーに共有します。 URL上でメンバーの回答状況を確認できます。 参加人数の多い日には色がつくので一目でわかります。 参加者が出欠を入力する方法 参加者がURLにアクセスすると、出欠入力画面に移ります。 メモに目を通して「出欠を入力する」をクリックします。 名前と出欠を入力し、主催者に伝えたいことがあればコメント欄に記入します。 最後に[入力する]をクリックします。 以上で出欠入力は完了です。 予定の修正もできる 予定が変わった場合でも簡単に修正できます。 再度URLにアクセスし、自分の名前をクリックします。 修正して「更新する」をクリックすれば完了です。 念のため、URLにアクセスし修正が反映されていることを確認しましょう。 キャラクター(アバター)が楽しい さらに調整さんには、出欠表に自動でキャラクター(アバター)が登場するユニークな機能も備わっています。 イベントの作成画面右上にある[イラスト]をONにすると、回答がある度に出欠表にメンバーのキャラクター(アバター)がランダムに現れます。 回答者が自分のキャラクターを選択することはできません。 出欠表は参加の可否のほか、メンバーのコメントも一括で確認できるため細かい条件も含めた総合的な日程調整が可能です。 イベントの履歴をマイページ上で閲覧できるようになる• データを消去してしまってもログインすればイベントの編集ができる• スマホで作成したイベントをパソコンで管理するなど、異なる端末間でイベント編集ができる 【スマホ版】調整さんの使い方 スマホも基本の操作手順は変わりません。 カレンダーの日付をタップして候補日時を指定します。 時刻はあらかじめ19時に設定されているので、希望の時刻を直接入力します。 イベント名とメモ(任意)を記入します。 概要と回答締切日、開催場所や参加費なども記入し、内容を確認して[イベントをつくる]をタップします。 出欠表のURLが生成されます。 URLをコピーして、メールで送信したりSNSのグループページに投稿したりして、メンバーに共有します。 参加人数の多い日は色がつくのでわかりやすい。 URL上でメンバーの回答状況を確認できます。 参加者は出欠を入力する手順 URLにアクセスします。 メモに目を通して[出欠を入力する]をタップします。 名前と出欠を入力し、主催者に伝えたいことがあればコメント欄に記入します。 最後に「入力する」をタップします。 以上で出欠入力は完了です。 予定の修正も簡単 URLにアクセスし、自分の名前をタップします。 修正して「更新する」をタップすれば完了です。 念のため、再度URLにアクセスし修正が反映されていることを確認しましょう。 スマホ版調整さんでも、パソコン版と同じようにキャラクター(アバター)を表示させることができます。 出欠表の画面上部にある[イラストをON]をタップすると、画面下部にそれぞれのキャラクター(アバター)が現れます。 LINEの友だち・グループでの日程調整に便利「LINEスケジュール」 調整さんとよく似た機能を持ったツールのなかでも知名度の高い「LINEスケジュール」。 LINEのグループまたは友だちを選ぶだけで出欠表が送れるので、LINE上で日程調整が完結する便利さが人気です。 左:イベントを作成した後、友達やグループを招待する。 右:事前にグループを作成しておくとスムーズです。 日時や概要を盛り込んだイベント情報を作成し、友達やグループを招待してシェアします。 あらかじめグループを作成しておくと便利ですが、友だちを個別に招待することもできます。 通常のトーク画面のほか、ノートやタイムラインにもイベントが投稿されるので、トークに参加できなかった場合でも直接確認ができます。 メンバーから回答があっても通知はされないので、イベントの主催者は定期的にLINEスケジュールを確認する必要があります。 LINEユーザーを対象としたツールですが、イベントのURLが生成されるのでLINE以外の方法で友人と情報をシェアすることもできます。 LINEと調整さん、使い分けのポイントは? 日程調整の2大ツールである調整さんとLINEスケジュール。 特徴によってどう使い分けるのが得策かをまとめてみました。 LINEスケジュールが適しているケース グループ作成やメンバーの追加が簡単にできるLINEは、参加者のほとんどがLINEユーザーであればとにかく便利です。 ただ、出欠の有無だけでなく参加者の意向を聞き取りたい場合や開催される時刻が重要な場合などは、機能上調整さんがより適していると言えるでしょう。 参加メンバーが複数グループにまたがる• メンバーを簡単に追加したい• 何度も催されているイベントで開催時刻が明確• メンバーにLINEユーザーが多い• 単純に招待メンバーの出欠のみを確認したい• 出欠の通知は不要 調整さんが適しているケース イベントの開催時刻があらかじめ「19:00」に設定されていて、必ず修正しないといけない調整さん。 ひと手間かかりますが、開始時間が重要な会合では主催者も参加者も情報の共有漏れがないため安心です。 さらに、出欠表でメンバーのコメントも確認できるため、出欠だけでなく全体の意向を知りたい場合にも適しています。 参加メンバーが流動的でなく固定されている• 開催時刻が重要• メンバーにLINEユーザーが少ない• 参加者の意向を聞き取りたい• 出欠を通知でいち早く確認したい 参加メンバーがお店選びに参加できる「調整丸」 ぐるめ情報検索サイト「」が提供する日程調整ツールが「」です。 候補店を「ぐるなび」から検索・追加することができ、参加者は出欠確認ページでお店の詳しい情報を見ることができるので事前にミスマッチを防げます。 パソコンまたはスマホのWebブラウザからサイトにアクセスして利用します。 イベントのURLをコピー&ペーストして出欠表を送付することもできますし、LINE上で友だちを選択して送ることもできます。

次の

ゆっくり調声くん紹介ページ

調整 くん

こんにちは、あまと( )です。 調整さんというスケジュール管理ツールをご存知でしょうか? 複数人で「今度会おう!」となって、予定を決めるときに全員の予定を1人が把握してまとめて・・・とやっていると不便ですよね。 そんなときに便利なのが調整さんというツールです。 操作がめちゃめちゃ簡単なのに便利なのが最高です。 調整さんは前々から聞いたことはあったのですが使ったことがなく、今回たまたま使う機会が出てきたので使ってみたら思った10倍は簡単でした。 (笑) 複数人のスケジュールや出欠管理で手間ひまかけているあなたのために調整さんをぜひおすすめしたいので、やり方から使ってみた感想まで紹介したいと思います。 スケジュール調整や出欠管理が簡単にできる調整さんとは? 調整さんはスケジュール調整や出欠管理が簡単に作成でき、なおかつ共有できるツールです。 複数人で予定をたてるときに超絶便利なんです。 予定を組みたい日程を複数選んで、時間を指定してあとは出来上がったURLをみんなにコピペするだけ!! とまぁ、流れはこんな感じです。 PC版とスマホ版はやる順番が少し違いますがどちらも簡単なので安心してください。 言葉で聞くよりも見てみたほうが分かりやすいかと思うので今から1つずつ説明していきますね。 調整さんのURLは下からどうぞ。 また下でもURLを貼っておくのでやり方を確認してからでも大丈夫ですよ。 調整さんのスケジュールと出欠管理作成のやり方(PC版) 調整さんのやり方は本当に簡単です。 まずは流れから説明しますね。 以下のような流れになります。 スケジュールのイベント名をつける(メモを記載する)• 候補日を設定する• URLを友人・知人に送る• 管理画面で確認する これだけです。 では1つずつ見ていきましょう。 スケジュールのイベント名をつける(メモを記載する) 調整さんを開くとこのような画面が出てきます。 作成はこの画面で全部です。 この部分を設定するだけでスケジュール管理ができるのです。 まずは左側のSTEP1にイベント名とメモを記載しましょう。 (メモは任意です。 ) イベント名は分かりやすいように、メモは締切などを書いてあげると良いかもしれません。 候補日を設定する STEP2は候補日の設定です。 右側のカレンダーをクリックすると候補日程のところに日付が出てきます。 時間は初期値が19:00となっているので、時間を変えたい場合は手動で変えるようにしましょう。 完了したら下の「出欠表をつくる」を押して作成は終わりです。 URLを友人・知人に送る 「出欠表をつくる」を押したら下の画像のようにURLが出てきますので、それを共有したい人に送りましょう。 このURL先は、同じ画面にある「イベントページを表示」のページに飛ぶようになっています。 管理画面で確認する あとは管理画面で確認するだけです。 右側に入力した人たちの名前が並んで、左側に合計数が出るので見やすいですね。 こんな感じで登録してくれた人の分がどんどん足されていくので管理しやすいですよ。 以上がPC版のやり方でした! 調整さんのスケジュールと出欠管理作成のやり方(スマホ版) では、続きましてスマホ版のやり方について紹介していきます。 スマホ版の調整さんの使い方は以下のような流れです。 候補日を設定する• スケジュールのイベント名をつける(メモを記載する)• URLを友人・知人に送る• 管理画面で確認する では1つ1つ見ていきましょう。 候補日を設定する まずは調整さんのページの右下にあるオレンジ色の「イベントをつくる」を押してください。 そして、まずはSTEP1の日程の調整を行いましょう。 カレンダーの日付をクリックしたら日付の部分に日時が自動で埋め込まれます。 PC版と同じく、初期値は19:00となっているので時間を変える場合は手動で時間を変更してください。 スケジュールのイベント名をつける(メモを記載する) 次に、イベント名を決めましょう。 他の人が見ても分かる名前がいいですね。 メモは任意ですが、締切などを書いておくと丁寧ですね。 終わりましたら「イベントをつくる」を押しましょう。 URLを友人・知人に送る するとURLが作成されますので、これを友人や知人など共有する方に送りましょう。 URLを送り、あなたは「イベントページを表示」を押した先で管理をしましょう。 自分自身のスケジュールは「イベントページを表示」の先で入れることができますので安心してください。 管理画面で確認する 最後に、管理画面でスケジュール管理を行いましょう。 URL先で入力してくれればどんどんと自動で増えていきますので管理がしやすいですね。 右上にある行と列を入れ替えれば下の図のように見やすくもなります。 調整さんは、簡単に管理できるスグレモノですよね! 調整さんを使ってみた感想 調整さんは有名なので知ってはいたんですが、あまり使う機会がありませんでした。 ただ、実際に使ってみると 簡単という言葉がまさに合いますね。 聞いた話よりも、実際にさわってみたら思った以上に簡単で驚きです。 あとは無駄な機能もないのでシンプルで使い方に迷ったりしません。 これは間違いなく進められる便利なツールで間違いないですね。 まとめ 簡単にスケジュール調整・出欠管理のできるツール「調整さん」について紹介しました。 もう一度URLを貼りますね。 出欠管理は複数人で予定を決めるときに1人が全員に聞いてまわるのは効率が悪いですし、LINEにもそういった機能がありますが必ずしもLINEでのやり取りとは限りませんからね。 調整さんは操作も簡単ですし、ぜひ試してみてくださいね。

次の

調整さんの類似サービスを一挙紹介【海外・国内両方】|shuhei koyama|note

調整 くん

調整さんの全体的なまとめとして、幹事が日程調整をするのに便利なサービスです。 ソフトやサービスの加入、個人名の登録などは一切ありません。 イベントの入力をして、予定日を記載すればそれだけで利用することができます。 この情報を受ける側としてもURLを届けられ、そのURLにアクセスしてそれぞれの日の予定をクリックするのみです。 後はその情報が幹事の元に集められて幹事はそれを元に日程を決めることができます。 今までは書類を回したり、個別にメールで確認をしたりすることがありました。 人数が多くなるとかなり大変な作業になることもありましたが、このサービスなら日程調整に時間がかからなくなります。 参加予定者がインターネットの利用、インターネットのサービスをよく利用しているなら送りやすいです。 参加予定者によって利用できる人の範囲が変わることがあります。 調整さんとは、イベントなどの幹事が日程の調整をすることがしやすくなるサービスです。 イベントにはいろいろあります。 会社などにおける忘年会などの行事があります。 会社において特に仲間同士で集まるイベント、その外会社とはまったく関係のない交友関係などで行なうこともあります。 会社の中であればメールなどで出欠などが取りやすくなるので比較的幹事の仕事も楽になります。 でも会社から離れた人同士だと個々のやり取りの中で行なっていかないといけないのでけっこう難しくなります。 このサービスを利用すると、インターネットを利用できる環境にある人に対して簡単に都合の良い日などを選んでもらうことができます。 それを簡単に調べたり比較することができるので、幹事の仕事を楽にしてくれます。 幹事としてはお店選びなどに時間をかけることができます。 初心者が調整さんを利用する時の基本的な使い方として、社外の交友関係同士でビアガーデンでの飲み会を開催することがあります。 社外なので通常なら個別に連絡を取り合う必要がありました。 まずはページにおいてイベントの登録をします。 イベントの内容、候補日などを作成してイベントを作成します。 そうするとURLが作成できるので、これを参加予定者にメールなどで配信します。 初歩的にはこれで完了です。 後はそれぞれの人にURLに行ってもらい、候補日の状況を入力してもらいます。 しばらくすると情報が集まります。 丸や三角が多い日を中心に日程を決定することができます。 場所であったり細かいことが決定したらメールなどで詳細を送信します。 調整さんはその名の通りに、予定を調整するときに使用すると便利なツールです。 URLをメンバーに送るだけで、出欠の確認や日程の確認などを行う事が出来ます。 無料のツールですので、特に準備などの必要はありませんし、誰でも簡単に使用することが出来ます。 調整さんの利用方法はとても簡単で、会員登録の必要もありませんし、ログインする必要もありません。 プライベートな飲み会から仕事の会議や同窓会や送別会など、色々な場面で活躍することが出来るでしょう。 パソコンや携帯からアクセスするだけで簡単に作成することができます。 機種仕様なども選びませんから誰でも簡単に扱うことが出来るというメリットがあります。 送られてきた方もアクセスするだけなので簡単です。 調整さんはWEBサイト上で簡単に全員の都合を確認することが出来る便利なツールのひとつです。 大人数が参加する飲み会や会議の場合、ひとりひとりの予定やスケジュールを聞いて日程を決めるとなるととても大変ですし時間もかかります。 そこで便利なのが調整さんというツールです。 このアプリケーションを利用することによって簡単に全員の出欠や日程などを調整することが出来ます。 このアプリケーションの良い点が、基本的に会員の登録も必要ありませんし、ログインする必要も一切ありません。 ですからどなたにでも簡単に扱うことが出来るツールと言って良いかもしれません。 パソコンや携帯の初歩的な操作が行える方なら簡単に扱うことが可能です。 利用方法も簡易的です。 調整さんは全員の予定を管理するだけの機能ですから、無駄な機能や便利機能などは一切ないという点でも扱いやすいと言えます。 使い方は、幹事の方は画面の指示に従って入力していくだけです。 イベントの名前や内容、そして候補となる日程などを入力していきます。 すべての入力が完了したらURLを共有するだけです。 メールなどで共有することが出来ます。 ひとりひとりに日程の確認や参加の確認などをする手間が省けますから、幹事としては便利なアプリケーションでしょう。 受け取ったひともURLを確認して日時の都合を記号で選択すれば良いのでとても簡単です。 煩わしい手間をすべて省くことが出来るのがこのツールの良い点です。 必要に応じてコメントも残すことが出来ます。 調整さんを使用することによって、スケジュール管理が簡単になります。 人数が多ければ多いほど、日程を決めるのも大変です。 全員の都合などを聞かなければなりませんし、ひとりひとりにメールや電話で確認するだけでもかなりの手間が掛かってしまいます。 しかし調整さんを利用すればWEB上で情報を共有することが出来るだけではなく、参加するかしないか、日程の調整などを簡単に行うことが出来ます。 全員にとってメリットしかありません。 余計な機能が一切ついていないので、操作も簡単です。 スケジュールを管理するためだけのアプリケーションですし、すべての回答が出そろったら、一覧で回答を確認することが出来ますので、日程も決めやすいでしょう。 調整さんの利用方法での注意点として参加者がどのような人になるかがあります。 会社の同僚、仲間、友人などであればそれなりにパソコンの利用、スマートフォンの利用などをしています。 いろいろなサービスの利用にもなれています。 一方で少し年配の人となると使えないことはないにしてもあまりネットサービスなどの利用をしていない人もいます。 会社の忘年会などだとメンバーによっては必ずしも使えない場合があります。 年配の人でもネットなどを使いこなしている人なら可能です。 返事についてはいつまでにお願いするかは基本的には記載してのお願いのみになります。 アラームなどがなるわけではありません。 わかりやすく書かないと期限までに返事が集まらない場合があります。

次の