税込み計算。 エクセルで「消費税と税込/税抜き価格」を求める計算式【Excel関数】

消費税の税込み価格、税抜き価格の計算方法は?

税込み計算

Q 2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。 おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。 問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。 今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は おふくろの年金から差し引かれる事になる。 するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、妹、三男)だと思うが妹と三男は「おふくろの遺産」は何にもいらないから 税金も払わないと。 すると私と兄貴が払う事になるが問題は「おふくろと私(次男)」が建てた家の税金。 7年前に私と(次男)おふくろが共同で資金を出し合い新居を建てる。 名義も私とおふくろ。 しかし現在は私もおふくろもその新居には住んでいない。 私の息子が住んで管理している。 兄貴にすると なぜ俺がおふくろの税金(新居の)を払わなくてはならないのだと。 次男が払うべきだだと。 つまり次男は7年前に共同で家を建て名義も半分ずつではないかと。 私(次男)が思うのには「おふくろ」が亡くなるまではおふくろの税金は子供達で払う義務があると思う。 おふくろの他界後に遺言状なり話し合いにより「おふくろの持つ半分の名義(新居の)」が私(次男)の物に法的に名義変更されればその税金は全部(新居の)次男が払う責任が(義務)があると思うが。 もし兄貴も妹、三男も「おふくろ名義の税金」は払わないよと言い税金の滞納をした場合税務署は 新居を差し押さえしますか?問題は新居には建てた本人(私しとおふくろ)が住んでいない。 私の子供(次男)が住みその家の管理をしている。 弁護士によると私の子供(次男)には居住権があるから住めると。 兄貴、妹、三男は私(次男)の子供を追い出す事が出来ないと。 彼らが(兄、妹、三男)不満なのは(税金を払いたくない)次男とおふくろが建てた家のおふくろ名義の税金を払いたくないという事。 おふくろは現在介護施設に入り生活しているがまだ現在97歳でも元気でおそらく100歳までは生きるでしょう。 兄曰く「俺はおふくろより先に行くかも」と。 なぜなら数年前に癌の手術で左肺を取り除き現在酸素ボンベを引きながら生活していると。 だから俺は「おふくろの税金」など払いたくないという心境。 妹も三男もおふくろが亡くなればいずれその家は次男の物になるだろう、だから俺達も税金など払いたくないという気持ち。 とにかくおふくろが生きている間は「おふくろの税金」は子供達で払う事だと思うが。 彼らが言う「おふくろの遺産」は何にも要らないから税金は払わないと言うのは間違いだと思う。 おふくろが他界し 遺産分割協議書に私達は権利放棄しますと家庭裁判所に申請し受理された時点で権利放棄が認められると思う。 まだおふくろが生きている間は権利放棄出来ないと思う。 税金は払う義務があると思うが? 2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。 おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。 問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。 今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は おふくろの年金から差し引かれる事になる。 するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、... A ベストアンサー 「正直いい「何にも無い方」がいい」 私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。 根本は「固定資産税」です。 土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。 土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。 しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。 「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。 人口が少なく、畑や田んぼばかりでのところで、土地は余ってる。 ここに駐車場を作っても需要などありません。 いっそ売ろうと思っても買い手もないのです。 特殊な畑、例えば茶畑なのでは、お茶の取り高販売金額よりも肥料代の方が大きいので、持ち主が死んでも誰もいらないと言い、近隣者でも誰も購入してはくれません。 「いったい自分の所有物になったとして、固定資産税をどうやって工面するのだ」状態になるわけです。 このような租税負担問題以外に、相続問題があります。 付加価値が高い遺産でしたら「是非おらにおくれ」という争いになりますが、ただ広いだけの土地などは「おら面倒みるのはヤダ」として、押し付け合いになるわけです。 相続した雑種地にいろんな虫が発生して、近隣から苦情がくるので、定期的に草刈りをせんとあかんという土地などは「おらは、絶対にいらん」というわけ。 本質問のように「おっかさんが住んでる家の税金支払いをどうする」となれば、まずは「おっかさんの金」で払ってもらうようにするしかないです。 今までの貯えと年金から納税してもらう。 それとて永遠でありません。 納税資金が尽きるのと、おっかさんの命が尽きるのとどちらが早いか、という誠に不遜な話になります。 固定資産税を年金が入金される口座から引き落とす口座振替にしておけば「預金がある限りは滞納者にはならない」ですが、さて、年金を資金とする生活費(入院とか治療とか諸々)はどうするか。 これは「子」が、母の口座に一定額を振り込んで生活を支える話ができると良いと思います。 育ててもらった恩を考えれば、できない話ではないはずです。 子全員で「各人が月に3万円振り込んでおこう」など話ができれば、解決するように感じます。 ここで「おれはおふくろの財産を貰う気がないから、その金は出さん」という人もいるでしょう。 それは話がこんがらがってしまってるのです。 「親の口座にいくらかないと、生活費が不足してしまう」 これを子がなんとかしようと言う話です。 その口座から引き落としされる、固定資産税が悪者なのではありません。 もし税が悪者だというなら、水道代、電気代、電話代も悪者になります。 いざ「相続発生の時に遺産を貰う気があるかないか」などは、別次元の話でしょう。 自分たちを生んで育ててくれた母親の生活を子が面倒見ることは、当然のことです。 「なぜ、遺産を貰う気がない俺が、その遺産にかかる税金を負担せんといかんのだ」 という意見は、死んだ先の事まで考えすぎているのです。 「そんな、未来の話じゃなくて、今だよ今。 今の話をしてる」 なお、生きてる納税者の税を、その子が負担しなくてはならないという税法は現状では存在しません。 親孝行をなさってください。 「正直いい「何にも無い方」がいい」 私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。 根本は「固定資産税」です。 土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。 土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。 しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。 「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。 人口が少なく、畑... A ベストアンサー 今上陛下は大学をご卒業されていません。 嘘だと思うなら、宮内庁のHomePageに行って陛下のご略歴を見てご覧なさい。 「大学教育ご終了」になってるでしょ。 卒業された皇族の方は皆「ご卒業」となってます。 ご卒業されていないから「ご終了」なのです。 こうなったのは、皇族としてのご公務を優先されたがため、出席日数が足りず、単位取得が出来なかった科目があったからです。 つまり日本国の為の公務を果たしていたが為に、卒業を犠牲にせざる得なかったのです。 家業の都合により、卒業を断念せざる得なかったと言えるでしょう。 陛下は公務と学業を両立される為に苦労なさった学生だったのです。 陛下はキチンと余人に代えがたい公務をしながら大学に通っていたのですよ。 陛下に限らず、皇族の方は学生の内からご公務をなさっています。 大学をレジャーランドと勘違いしているかのようなその辺の学生とは訳が違います。 貴方は何も知らずに勝手な思い込みでケチを付けているだけです。 Q 時給を下げられました。 保育士として働いています。 入社は29年7月1日。 この時の時給は朝7時半~10時半までが1100円。 それ以降は900円でした。 一年務め30年4月1日からは昇給し、朝7時半~10時半までが1200円。 それ以降は1000円で働いていました。 私は8時からの勤務が多いので、そのような場合は時給1000円になると決められていました。 早遅パート保育士の配置強化の為ご協力お願いしますとの事でしたが、とても納得行きません。 会社側が決めたことは大人しく従わなければならないのでしょうか。 それとも、今までの時給でと懇願してもいいのでしょうか。

次の

税抜き価格の計算式と計算ツール

税込み計算

Q 2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。 おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。 問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。 今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は おふくろの年金から差し引かれる事になる。 するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、妹、三男)だと思うが妹と三男は「おふくろの遺産」は何にもいらないから 税金も払わないと。 すると私と兄貴が払う事になるが問題は「おふくろと私(次男)」が建てた家の税金。 7年前に私と(次男)おふくろが共同で資金を出し合い新居を建てる。 名義も私とおふくろ。 しかし現在は私もおふくろもその新居には住んでいない。 私の息子が住んで管理している。 兄貴にすると なぜ俺がおふくろの税金(新居の)を払わなくてはならないのだと。 次男が払うべきだだと。 つまり次男は7年前に共同で家を建て名義も半分ずつではないかと。 私(次男)が思うのには「おふくろ」が亡くなるまではおふくろの税金は子供達で払う義務があると思う。 おふくろの他界後に遺言状なり話し合いにより「おふくろの持つ半分の名義(新居の)」が私(次男)の物に法的に名義変更されればその税金は全部(新居の)次男が払う責任が(義務)があると思うが。 もし兄貴も妹、三男も「おふくろ名義の税金」は払わないよと言い税金の滞納をした場合税務署は 新居を差し押さえしますか?問題は新居には建てた本人(私しとおふくろ)が住んでいない。 私の子供(次男)が住みその家の管理をしている。 弁護士によると私の子供(次男)には居住権があるから住めると。 兄貴、妹、三男は私(次男)の子供を追い出す事が出来ないと。 彼らが(兄、妹、三男)不満なのは(税金を払いたくない)次男とおふくろが建てた家のおふくろ名義の税金を払いたくないという事。 おふくろは現在介護施設に入り生活しているがまだ現在97歳でも元気でおそらく100歳までは生きるでしょう。 兄曰く「俺はおふくろより先に行くかも」と。 なぜなら数年前に癌の手術で左肺を取り除き現在酸素ボンベを引きながら生活していると。 だから俺は「おふくろの税金」など払いたくないという心境。 妹も三男もおふくろが亡くなればいずれその家は次男の物になるだろう、だから俺達も税金など払いたくないという気持ち。 とにかくおふくろが生きている間は「おふくろの税金」は子供達で払う事だと思うが。 彼らが言う「おふくろの遺産」は何にも要らないから税金は払わないと言うのは間違いだと思う。 おふくろが他界し 遺産分割協議書に私達は権利放棄しますと家庭裁判所に申請し受理された時点で権利放棄が認められると思う。 まだおふくろが生きている間は権利放棄出来ないと思う。 税金は払う義務があると思うが? 2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。 おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。 問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。 今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は おふくろの年金から差し引かれる事になる。 するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、... A ベストアンサー 「正直いい「何にも無い方」がいい」 私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。 根本は「固定資産税」です。 土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。 土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。 しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。 「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。 人口が少なく、畑や田んぼばかりでのところで、土地は余ってる。 ここに駐車場を作っても需要などありません。 いっそ売ろうと思っても買い手もないのです。 特殊な畑、例えば茶畑なのでは、お茶の取り高販売金額よりも肥料代の方が大きいので、持ち主が死んでも誰もいらないと言い、近隣者でも誰も購入してはくれません。 「いったい自分の所有物になったとして、固定資産税をどうやって工面するのだ」状態になるわけです。 このような租税負担問題以外に、相続問題があります。 付加価値が高い遺産でしたら「是非おらにおくれ」という争いになりますが、ただ広いだけの土地などは「おら面倒みるのはヤダ」として、押し付け合いになるわけです。 相続した雑種地にいろんな虫が発生して、近隣から苦情がくるので、定期的に草刈りをせんとあかんという土地などは「おらは、絶対にいらん」というわけ。 本質問のように「おっかさんが住んでる家の税金支払いをどうする」となれば、まずは「おっかさんの金」で払ってもらうようにするしかないです。 今までの貯えと年金から納税してもらう。 それとて永遠でありません。 納税資金が尽きるのと、おっかさんの命が尽きるのとどちらが早いか、という誠に不遜な話になります。 固定資産税を年金が入金される口座から引き落とす口座振替にしておけば「預金がある限りは滞納者にはならない」ですが、さて、年金を資金とする生活費(入院とか治療とか諸々)はどうするか。 これは「子」が、母の口座に一定額を振り込んで生活を支える話ができると良いと思います。 育ててもらった恩を考えれば、できない話ではないはずです。 子全員で「各人が月に3万円振り込んでおこう」など話ができれば、解決するように感じます。 ここで「おれはおふくろの財産を貰う気がないから、その金は出さん」という人もいるでしょう。 それは話がこんがらがってしまってるのです。 「親の口座にいくらかないと、生活費が不足してしまう」 これを子がなんとかしようと言う話です。 その口座から引き落としされる、固定資産税が悪者なのではありません。 もし税が悪者だというなら、水道代、電気代、電話代も悪者になります。 いざ「相続発生の時に遺産を貰う気があるかないか」などは、別次元の話でしょう。 自分たちを生んで育ててくれた母親の生活を子が面倒見ることは、当然のことです。 「なぜ、遺産を貰う気がない俺が、その遺産にかかる税金を負担せんといかんのだ」 という意見は、死んだ先の事まで考えすぎているのです。 「そんな、未来の話じゃなくて、今だよ今。 今の話をしてる」 なお、生きてる納税者の税を、その子が負担しなくてはならないという税法は現状では存在しません。 親孝行をなさってください。 「正直いい「何にも無い方」がいい」 私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。 根本は「固定資産税」です。 土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。 土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。 しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。 「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。 人口が少なく、畑... A ベストアンサー 今上陛下は大学をご卒業されていません。 嘘だと思うなら、宮内庁のHomePageに行って陛下のご略歴を見てご覧なさい。 「大学教育ご終了」になってるでしょ。 卒業された皇族の方は皆「ご卒業」となってます。 ご卒業されていないから「ご終了」なのです。 こうなったのは、皇族としてのご公務を優先されたがため、出席日数が足りず、単位取得が出来なかった科目があったからです。 つまり日本国の為の公務を果たしていたが為に、卒業を犠牲にせざる得なかったのです。 家業の都合により、卒業を断念せざる得なかったと言えるでしょう。 陛下は公務と学業を両立される為に苦労なさった学生だったのです。 陛下はキチンと余人に代えがたい公務をしながら大学に通っていたのですよ。 陛下に限らず、皇族の方は学生の内からご公務をなさっています。 大学をレジャーランドと勘違いしているかのようなその辺の学生とは訳が違います。 貴方は何も知らずに勝手な思い込みでケチを付けているだけです。 Q 時給を下げられました。 保育士として働いています。 入社は29年7月1日。 この時の時給は朝7時半~10時半までが1100円。 それ以降は900円でした。 一年務め30年4月1日からは昇給し、朝7時半~10時半までが1200円。 それ以降は1000円で働いていました。 私は8時からの勤務が多いので、そのような場合は時給1000円になると決められていました。 早遅パート保育士の配置強化の為ご協力お願いしますとの事でしたが、とても納得行きません。 会社側が決めたことは大人しく従わなければならないのでしょうか。 それとも、今までの時給でと懇願してもいいのでしょうか。

次の

消費税の端数処理は切り捨てが当たり前? 申告時の計算法とは?

税込み計算

取引先から個人事業主に支払われる報酬について 報酬金額が決まっていて、そこから源泉徴収税が引かれる場合と、 手取り金額が決まっていて、そこに取引先が源泉徴収税をのせてくれる場合があります。 基本的には、報酬が決まっていてそこから源泉徴収税が引かれ、手取り金額が支払われるものだと考えておきましょう。 源泉徴収税とは? 給与や報酬などを支払う際に、支払側が差し引いておく税金のこと。 報酬の支払いにおいては、支払側が所得税を差し引いて、税務署へ納めておく。 ただし、こちらが個人事業主だからといってどんな仕事の報酬でも源泉徴収されるわけではありません。 相手が法人の場合は、源泉徴収義務者です。 相手もこちらと同じように個人の場合は、源泉徴収義務者でない可能性が高いです。 報酬金額にこの10. 請求金額から源泉徴収税を差し引いた額が、実際に振り込まれる金額になります。 源泉徴収税は、取引先が税務署へ納めてくれます。 報酬額と消費税額を明確に分けている場合は、消費税を含めていない報酬金額に10. () それぞれの例を順番にみていきましょう。 8979という数字は、1から源泉徴収税の税率(10. この場合の報酬金額は11,137円となるので、この金額に消費税率をかけます。 5円 このように、算出される源泉徴収税に小数点以下の数字が出る場合には、 その小数点以下の数字を切り捨てることになっています。 つまり、この場合の源泉所得税は1,531円です。 (「0. (事業主貸ではなく、仮払源泉税や仮払税金といった勘定科目で仕訳しても構いません。 その場合は、決算のタイミングで事業主貸へ清算をします。 日付 借方 貸方 摘要 20XX年5月15日 売掛金 10,000 売上高 10,000 A社 デザイン料 そして、実際に預金口座へ入金があった日付で以下のように仕訳します。 免税事業者は、受け取った消費税を納税する必要はありません。 また開業してから2年以上経っていても前々年の課税売上高が1,000万円を超えていなければ、免税事業者のままでいられます。 (ただし、前年の上半期の課税売上高だけで1,000万円を超え、なおかつ、この期間の給与等の支払い金額も1,000万円を超えた場合には課税事業者となります。 ) これらの消費税や源泉徴収税を、どのように請求書へ記載するかは下記を参考にして下さい。

次の