喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法。 喉がかゆくて咳が出るときの対処法!かゆい時期の対策と応急処置

喉の風邪で声が出ない!考えられる病気と効果のある対処法を教えて!

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

スポンサードリンク 痰は、気管支から分泌される気管粘液であり、気管支と気管の内側にある繊毛細胞によって気管末端の喉頭にまで運搬されます。 その中には、吸気によって気管や気管支に進入したウイルス・細菌・粉塵などが含まれています。 気道が正常な状態であれば、痰はそのまま喉頭から食道に入り、唾液に流されて胃へと運ばれ消化されます。 しかし、気道に何らかの異常が起きている場合は、気管の末端で複雑な構造をしている喉頭蓋の周辺に痰が付着した状態となります。 これが、いわゆる「痰がからむ」という現象です。 高齢者の痰がからむ主な原因には、以下のものがあります。 のどの乾燥 冬の乾燥した冷気や就寝中の口呼吸などによって喉頭・喉頭蓋の周辺が乾燥すると、痰を食道へスムーズに排出することができなくなり、痰がからんだ状態になります。 ただし、通常は軽い咳で痰を切ることができます。 喫煙・汚れた空気 喫煙はタバコの煙の粒子が気管や気管支に充満するため、その粒子を排出するために確実に痰の量が増えます。 量が多いためにスムーズに排出し切れず、喫煙者はよく咳や咳払いをします。 また、幹線道路沿いなど排気ガスの濃度が高い場所で生活している人も同様です。 呼吸器系疾患 呼吸器系疾患の中でも、以下のようなゴホンゴホンといった湿った咳の出る病気で痰が出ます。 ほとんどが組織の炎症によって生成された痰です。 病気によっては、黄色などの色付きの痰や血の混ざった血痰などもあります。 肺がん(血痰) インフルエンザ 風邪 急性・慢性気管支炎 肺炎 気管支喘息 肺結核(痰が出ない場合や血痰の場合も) 肺気腫 など スポンサードリンク 高齢者の痰がからむときの対処法 痰は汚いものという意識から必ず吐き出そうとする人や、無理に強い咳をして吐き出そうとする人がいます。 しかし、 自分の痰はそのまま食道の方へ飲み込んでも、何ら害がありません。 また、無理に強い咳をすると確実に気管の粘膜を痛め、新しい炎症を引き起こしたり、治りかけた炎症部分を悪化させたりすることになります。 痰を吐き出したいときは、なるべく静かな咳で切るようにしましょう。 上記の風邪を除く呼吸器系疾患の場合は、それぞれの専門医による治療が必要ですが、単に痰や痰を伴う咳を何とかしたいというときは、市販の痰・咳に効く薬で治療するのがもっとも簡単な方法です。 その際、粘り気のある痰、水様の痰など、痰の性質によって効く薬と効かない薬がありますので注意してください。 また、 常用したい場合は、長期間使用しても副作用がほとんどなく、薬効の強さと速さは新薬と変わらない漢方製剤が適しています。

次の

喉がかゆくて咳が出るときの対処法!かゆい時期の対策と応急処置

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

寒くなるにつれ空気が乾き、のどがイガイガ、咳き込みやすい季節になりました。 咳(せき)そのものは、鼻や口から呼吸とともに入ってくる異物(埃や病原体)などを体外に排出するための大事な生理的な働きですが、咳が続くと苦しく、体力も消耗します。 このシリーズでは、特に高齢者の咳への対処法などを考えます。 <監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄 / 文・椎崎亮子> 咳はなぜ出るのか 咳は、気道(鼻や喉、気管、肺)の内部にある咳受容体と呼ばれる器官が、なんらかの刺激を感じてその刺激を排除しようとして、筋肉を震わせ、肺の中の空気を急激に排出する反射運動のことです。 咳受容体を刺激するのは、呼吸時に空気とともに入ってくる異物(埃など)や、気道におきた炎症から過剰に分泌される浸出液(痰のこと)などです。 咳受容体で感じた刺激は、延髄にある「咳中枢」に伝えられ、そこから迷走神経を伝って胸や腹など気道周辺の筋肉などに指令がいき、筋肉が急激に収縮して肺の中の空気を一気に押し出します。 これが咳(咳反射)です。 咳として急激に押し出される空気は、時速数百キロメートルという高速になるといわれています。 このとてつもない高速の空気が気道の粘膜を摩擦し、その力で異物や不要な分泌液などを外に吹き飛ばすのです。 異物や、それに混じった病原菌などを排除する大事な機能でもあるので、咳が出るからといって、やみくもに咳止めなどを服用して、無理やり咳を押さえ込むのは良いことではないといえます。 咳にも種類がある 咳は、大きく分けると、乾性(乾いた)の咳と、湿性(湿った)咳に分類できます。 乾性の咳とは、いわゆる「から咳」で、痰がほとんど出ません。 湿性の咳は、痰がからんだ咳のことです。 痰とは、気道の粘膜から分泌される液体です。 また、急性の咳と慢性の咳に分類することができます。 急性とは、おおむね2週間前後でおさまるもので、2~3週間以上続くと慢性の咳になっていると認められます。 下の表は、日本気管食道科学会で出している、咳の分類と、その原因になる疾患の表です。 ただし、この表に当てはまるからこの病気、と決め付けることはできません。 咳の原因は本当にさまざまですので、厳密には医師が診察が必要になります。 <表・咳の分類とその基礎疾患 日本気管食道科学会ホームページより> 急性 慢性 乾性 かぜ症候群 感染後咳嗽 自然気胸 後鼻漏症候群 肺塞栓血栓症 喘息(咳喘息) 非定型肺炎 アトピー咳嗽 ウイルス、マイコプラズマ、クラミジア、レジオネラ 慢性気管支炎(たばこ気管支炎) 過敏性肺炎 マイコプラズマ、クラミジア感染症 薬剤性肺炎 間質性肺炎 胸膜炎 肺癌 心内膜炎 放射線肺炎 気道異物 気管支結核 百日咳 胃食道逆流症 心不全 アンギオテンシン変換酵素阻害薬服用 心因性咳嗽 百日咳 湿性 かぜ症候群 感染後咳嗽 急性気管支炎 後鼻漏症候群 細菌性肺炎 喘息 誤嚥性肺炎 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 肺化膿症 気管支拡張症 肺損傷 非定型抗酸菌症 急性呼吸促迫症候群 ARDS びまん性汎細気管支炎 肺水腫 肺癌 心不全 肺胞上皮癌 肺結核 胃食道逆流症 心不全 肺真菌症 誤嚥性肺炎 高齢者の咳で気をつけたいこと 咳の原因となる疾患の治療がまず大切なことですが、高齢者では、咳が続くことによる呼吸の苦しさ、それにともなう体力の低下なども問題になります。 また、骨粗しょう症が進行している方では、咳のしすぎで肋骨や脊椎を骨折することがあります。 また逆に、筋力の衰えのために、必要な状況なのに咳をすることが難しく、異物を排出することができずに誤嚥性肺炎の原因になるといったこともあります。 つまり、咳は、必要最小限のところで収めることが必要なのです。 咳があっても、生活に大きな支障が出ていなければ、家庭でおおよそ対処が可能です。 もし、咳のために眠れない、食欲が出ない、咳をすると苦しい、咳ができなくて苦しいなどが見られたり、風邪のあとの咳がおおむね2週間を超えて長引くときには、医師に対処をお願いするのが良いと考えられます。 について考えます。

次の

喉がたまらなくかゆい

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

風邪の治りかけに咳が出る原因 喉粘膜の炎症 「風邪」とは、ウイルスが鼻や喉などの上気道に感染することで起こります。 これにより、鼻や喉の粘膜が炎症を起こし、鼻水、咳、喉の痛み、発熱、頭痛、嫌悪感などのさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。 発熱や嫌悪感などのほとんどの風邪の症状は長くても1〜2週間で治ることが多いです。 しかし、喉粘膜の炎症は比較的長期間続く場合があり、これにより風邪の治りかけに咳が出てきてしまうのです。 つまり、発熱などの風邪の症状は治ってきているのに喉粘膜の炎症は治っていなく、咳が続いてしまう状態になるのです。 このような原因で風邪の治りかけに咳が出る場合は、まだ風邪が完治していない証拠でもあるのでしっかりと安静にしていなければなりません。 喉の乾燥 風邪の治りかけに咳が出る場合、喉が乾燥していることが原因であることも考えられます。 特に、寝起きや夜には体の現象によって喉が乾燥するので、この時間帯に咳が出やすくなります。 また、上述したように風邪が治りかけのときは喉の炎症が完治していないため、刺激に対して敏感になります。 なので、このタイミングで喉が乾燥してしまうと咳が出やすくなってしまうのです。 風邪の治りかけのときは、マスクをつけたり、加湿器をつけたりして喉の乾燥を防ぐことが大切です。 体の冷え 体が冷えていると咳が出るキッカケとなります。 特に風邪の治りかけのときは、しっかりと体を温めておかないと体内に侵入したウイルスに対しての抵抗力が低下してしまいます。 温かい飲み物を飲んだり、服を十分に着込むなどして体を温かくしておくように心がけることが大切です。 口呼吸 無意識に口で呼吸をしている場合は、上述した喉の乾燥を招き咳が出る原因となってしまいます。 また、口臭や虫歯などのさまざまな悪影響が引き起こされることにつながりますので、口呼吸に心当たりがある場合はしっかりと矯正していかなければなりません。 口呼吸の治し方についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 風邪の再発 風邪の治りかけ時は、ウイルスなどの異物に対しての免疫力も低下し風邪が再発しやすいタイミングです。 上述したように、喉が乾燥していたり体が冷えていたりして、咳が出る場合は再び他のウイルスに感染するリスクが高まっている状態です。 つまり、風邪の治りかけに咳が出ていると感じているのが、実際は新たな風邪にかかってしまいその影響で咳が出てきているということも疑われるのです。 このように風邪をぶり返すことが内容に以下の対処法をしっかりと実践していきましょう。 風邪の治りかけに出る咳を治す方法 安静にする 風邪の治りかけということは、まだ風邪が治っていない状態なのでしっかりと安静して完治させていくことが最も大切です。 上述したように風邪の治りかけのときは、喉の炎症が続いている場合が多く、その影響で咳がたくさん出ることもあります。 このようなときは、喉の炎症が治まり風邪が完治するまで安静にするようにしましょう。 また、ウイルスに対する抵抗力が弱まっているタイミングでもありますので他の違うウイルスに再度感染してしまい風邪をぶり返してしまうことも考えられます。 風邪の再発を避けるためにも風邪の治りかけに咳が出るときは、安静にしていることがとても大切なのです。 喉を保湿する 前章で喉が乾燥していると咳が出やすくなることをお伝えしました。 特に夜や寝起きの時間帯は喉が乾燥しやすくなるので注意しなければなりません。 喉を保湿するために、マスクをしたり、のど飴をなめたり、加湿器をつけるなどして喉をしっかりと保湿しておくようにしましょう。 この対処法の中でも、マスクをつけることはとても効果的なのですが、マスクの中の臭いが気になるという方も多いはずです。 こちらでマスクの臭いの対処法についてお伝えしています。 参考: 体を温める 体が冷えていると咳が出やすくなるだけでなく、体の抵抗力も低下し風邪が悪化してしまう原因にもなります。 特に冬場の気温が低い時期は、しっかりと服を着込むなどして意識的に体を温めるようにしましょう。 また、生姜湯、ホットミルクなどの温かい飲み物を飲むことで体の内部から温めることはとても効果的です。 特に生姜湯は喉にも優しいのでおすすめです。

次の