かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道。 あの時代の「なぜ」への道しるべ―日本新聞が示すもの

NHK「戦前最大の右派新聞」特番で知る、今の日本から感じる恐怖

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

画像 C は、戦前の思想みたいな人が、どうして国体主義と結びついていったのか、興味ある人だったが、息子さんがまだ存命だったとは。 息子さんは父の書いたものにはいっさい目を閉ざしてきたと。 — うえしん ueshinzz 今日の 「かくて"自由"は死せり」、終わり方はアレだったが支持するぞ。 の終焉と現在の令和の独裁政治化がリンクする。 戦争の惨禍を再現させてはならないと決意する。 — Ryn noyragan 戦前、国民が貧しくなっていく。 これに伴ってから侵略に方向転換する。 ここに中谷武世氏、小林八十吉氏らによる政治活動や聞による扇動もあったかもしれないが、国が貧しくなるとおかしくなる。 平和のためには経済的に豊かであるべきだ。 — KUMA bearvalleyt 議会制の機能停止に導いたについて法学的な議論を詳しく知りたい人は是非、中野登美雄『の独立』を紐解いてみて欲しい。 他にはの尾高、清宮、筧についての研究もきわめて参考になると思われる。 — フクロウ hukuroulaw うーーむ、 肝心なところ、抜けていない? 話が飛び過ぎてる気も。 不勉強過ぎてほぼ理解できず。 悲しい。 不平不満が、日本国民こそが優れているという優民思想を強めていく。 やっていることは今と何も変わらないのでは — らいおん atsslion たかが、イチ思想団体・新聞によって立憲政治が崩壊するほど、体制は軟弱ではないよ。 政治に結び付けないで、もうちょっと精神史として純粋に思想内容にフォーカスすればよかったのに。 戦争のほんの10年前まで"自由"はあった…という言葉。 そう指摘されるのは衝撃的だわ。 私たちがしているものはすぐに崩れ去る。 危機感を常に。 様々な出来事、事件を知り、どう思うのか意見をぶつけ合うような学習が必要ではないかと思う。 戦争を感情的に断片的に語る記録はたくさん残されているけれど、こうやって戦争に向かうメズムを知ることが最も学びになり、抑止力に繋がるのではないか — らいおん atsslion eiganoheya.

次の

NHKスペシャル

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

最近はNHKスペシャルで戦争シリーズが放送されていますが、今回は日本新聞を舞台に様々な歴史を紐解いていきます。 再放送の予定を調べてみましたが現時点で未定の様です。 お試し期間が設けているので仮に 無料期間中に退会してもいっさい料金はかかりませんので、まずはお試しからスタートできます。 なぜ日本人は、戦争への道を歩むことを選択したのか。 これまで"空白"だった道程を浮かび上がらせる第一級の史料を入手した。 治安維持法制定時の司法大臣・小川平吉が創刊した戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。 1925~35年に発行された約3千日分が今回発見された。 発刊当時、言論界は大正デモクラシーの全盛期。 マイナーな存在だった"国家主義者"は、「日本新聞」を舞台に「デモクラシー=自由主義」への攻撃を開始する。 同志の名簿には、後に総理大臣となる近衛文麿、右翼の源流と言われる頭山満などの実力者が名を連ねていた。 国内に共産主義の思想が広まることを恐れた人たちが、日本新聞を支持したのである。 さらに取材を重ねると、日本新聞は地方の読者に直接働きかける運動を展開していたことも明らかになってきた。 そして、ロンドン海軍軍縮条約、天皇機関説排撃など、日本新聞が重視した事件がことごとく、社会から自由を失わせ軍の台頭を招く契機となっていく。 知られざる日本新聞10年の活動をたどり、昭和の"裏面史"を浮かび上がらせる。 小川平吉役は、伊武雅刀さん。 他に石丸幹二さん、正名僕蔵さん、小林勝也さん、高瀬哲朗さんが出演。 出典:NHK スポンサーリンク U-NEXTはNHKオンデマンドや最新映画、ドラマどの視聴も! U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスの為、NHKオンデマンド提携しているので大河ドラマやNHKスペシャルその他の人気NHKを見逃し視聴する音ができます。 映画やドラマ、バライティなど動作配信が多彩でで12万本以上の動画を観る事ができます。 雑誌を1冊購入しようと思うと、1000円弱の料金がかかりますが、読み放題であればかなりコストを抑えつつ最新の情報チェックできますね。 親アカウント1台でその下にファミリーアカウントを追加する事ができますので、4人で利用する事ができます。 私の場合、パソコンやスマートフォンで視聴しているのですが、様々なディバイスで視聴する事ができるので、書斎ではパソコンで視聴、布団などで視聴する時はスマートフォンなど使い分けています。 まとめ NHKスペシャルですが、かつて存在した日本新聞の知られざる10年間の活動をもとに歴史を振り返ります。 万が一、初回のNHKスペシャルを見逃した場合でもU-NEXTで配信され、無料で視聴する事ができますのでチェックしてみてください。

次の

無料視聴あり!Nスペ 社会 「アイアンロード~知られざる古代文明の道~」『Nスペ 社会』の動画

かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道

これまで"空白"だった道程を浮かび上がらせる第一級の史料を入手した。 治安維持法制定時の司法大臣・小川平吉が創刊した戦前最大の右派メディア「日本新聞」である。 1925~35年に発行された約3千日分が今回発見された。 発刊当時、言論界は大正デモクラシーの全盛期。 マイナーな存在だった"国家主義者"は、「日本新聞」を舞台に「デモクラシー=自由主義」への攻撃を開始する。 同志の名簿には、後に総理大臣となる近衛文麿、右翼の源流と言われる頭山満などの実力者が名を連ねていた。 【PR】 国内に共産主義の思想が広まることを恐れた人たちが、日本新聞を支持したのである。 さらに取材を重ねると、日本新聞は地方の読者に直接働きかける運動を展開していたことも明らかになってきた。 そして、ロンドン海軍軍縮条約、天皇機関説排撃など、日本新聞が重視した事件がことごとく、社会から自由を失わせ軍の台頭を招く契機となっていく。 小川平吉役は、伊武雅刀さん。 他に石丸幹二さん、正名僕蔵さん、小林勝也さん、高瀬哲朗さんが出演。

次の