ガスコンロ 点火 しない。 ガスコンロから異音がする、ピピッ・ピーなどブザー音が鳴る理由

ガスコンロに火がつかないのはなぜ?点火しないときに確認したい8つの項目 [ママリ]

ガスコンロ 点火 しない

ガスコンロが点火しない理由1:ガスの元栓が閉まっている まず、 ガスの元栓が閉まっていないか確認しましょう。 コック部分をひねるだけでOKです。 理由2:ガス管が折れている また、 ガス管(ゴムホース)が折れている場合も、ガスの通りが妨げられ、点火部分まで届かない原因となります。 まっすぐに伸ばしてガスの通りを良くしましょう。 理由3:点火プラグの絶縁体が壊れている 点火プラグ(火花の出る針のようなところ)を覆う白い部分が割れていませんか? この部分は絶縁体と言って、電気が外に逃げないようにするためのものです。 この部分が割れていると、電気が外に逃げてしまい、 点火プラグに電気が届かず、火花が飛びません。 この場合は交換するしかありません。 理由4:バーナーキャップがずれている バーナーの場合、バーナーキャップがずれている場合があります。 割とよくある原因です。 私の家にあるコンロですが、正しいキャップの位置はこうです。 これが、こうなっていたり、(上の白い部分が点火プラグ) こうなっていたりすると、点火しにくいか、点火しません。 点火しても不安定で危険です。 この場合は、ずれたキャップを正しい位置に修正しましょう。 理由5:汚れている コンロやグリルが汚れている場合にも、火がつかなかったりします。 具体的には、 点火プラグ部分や、 温度センサー部分、 立ち消え安全装置などです。 この場合は、布や歯ブラシなどで汚れを取り除きましょう。 その際は、安全のため、ガスの元栓を閉めたり、電池を外すなどして、作業中に点火しないように気をつけましょう。 参考のため、上の画像のとおり、私のコンロは結構汚れていますが、この程度でも、汚れが原因で点火しなくなったことは今のところありません。 理由6:電池切れ よくある火花が飛ばない理由として、単純な 電池切れの可能性があります。 この場合は電池を替えるだけでよいです。 電池が入っている所は、取扱説明書に書かれてあるはずです。 通常は点火ボタンのある前面になります。 私のコンロはパロマ製品ですが、左の前面にあります。 普段は点火ボタンと同化していて、存在に気付きません。 理由7:水に濡れている 水に濡れているというのもよくあります。 グリル部分には特に多い症状です。 グリル(ガスコンロ)の水濡れは、目視では分かりにくく、それが原因になっているとは気づきにくいです。 ガスの元栓は開けているし、火花も飛んでいるのに点火しない、という場合はまず水濡れを疑ってみましょう。 この場合の対処法は、乾くまで待ってもよいですが、1番手っ取り早いのは ドライヤーで乾かすことです。 安全のため、ドライヤーを使う時は、ドライヤー内部の電熱線にガスが引火しないように、窓を開けたりコンロの周辺・グリル内部をうちわで扇ぐなど、換気をしっかりしましょう。 それでも解決しない場合は… 以上の方法を試しても解決しない場合は、ガスコンロのメーカーに修理を依頼するか、買い換えることを検討しましょう。 代表的なメーカー窓口へのリンクは以下のとおりです。

次の

ガスコンロでグリルだけ火がつかない場合の故障内容と対策法について

ガスコンロ 点火 しない

ガスコンロが点火しない原因と対処方法 まずは、ガスコンロが点火しない原因をみていきましょう。 コードの接続不良 ガスコンロを使う際、コードで元栓と接続する必要があります。 このコードが何らかの理由で接続不良を起こしていると、ガスコンロが点火しなくなります。 まずは、コードが正しく接続されているかを確かめてください。 コードの接続不良は、接続部のズレ・故障、コードの中折れ・断線などが原因となっていることが多いです。 よく確認して不備のないようにしましょう。 電池切れ ガスコンロは、ガスをコードで繋げば動くというものではありません。 ガスコンロ本体の電源が稼働しなければ、当然ガスも点火しないのです。 そのため、ガスコンロの電源を定期的に確認するようにしましょう。 ガスコンロの電源は、電源式と乾電池式があります。 電源式なら電気コードの確認、電池式なら乾電池切れの確認をしておけば、点火不良の解消に繋がります。 点火する対象物がない 最近のガスコンロは、安全装置が働くことも多いです。 その1つとして、ガスコンロに鍋などの点火対象物がない場合、点火できないことがあります。 そのため、まずはガスコンロの上に点火するものを置いてみましょう。 また、点火した後も上に乗っているものがなくなれば自動的に点火がストップすることもあります。 点火がうまくできない原因になっていることも多いので、確認してみてください。 バーナーの不備 ガスコンロを使う際、必ずバーナーの上に鍋などを置くようになります。 しかし、バーナー自体に不備があれば、点火がうまくいかないこともあります。 そのため、バーナーがどうなっているかを確認してみましょう。 バーナーの不備は、ホコリが溜まる、水などで濡れている、劣化しているなどがあります。 原因がわかれば点火もしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。 元栓が開いていない よくあるガスコンロが点火しない原因として、元栓の開き忘れがあります。 ガスをガスコンロに送るためには、元栓を開かなければなりません。 しかし、ガスコンロをあまり使わない人などは、元栓を開いていないことも多いです。 簡単なことですが、意外と見落としがちなので、ガスコンロを使うときは忘れずに元栓を開いておきましょう。 ガスコンロ自体に問題がある ガスコンロが点火しない理由として、そもそもガスコンロ自体に問題がある可能性もあります。 経年劣化による寿命や内部の汚れなど、ガスコンロ本体に考えられる問題は多いです。 そのため、なるべく普段からきれいに使ってあげる必要があります。 日頃の掃除や部品チェックを行うことで、ある程度ガスコンロの寿命を長くできます。 長く使い続けられるよう、大切に使っていきましょう。 まとめ:ガスコンロが点火しない・・・考えられる原因や対処方法を解説 今回は、ガスコンロの点火ができない原因と対処方法を紹介しました。 ガスコンロは油などが付着しやすく、点検も面倒なことが多いものです。 しかし、なるべく長い期間、問題なく使いたいなら点検・掃除は必要だと覚えておきましょう。 どうしても点火できない原因がわからないときは、専門店などで見てもらうことがおすすめです。 お得に使うならまるっとガスがお得 ガスコンロを初めとして、ガスをよく使うならまるっとシリーズのまるっとガスを利用してみてはいかがでしょうか? 東京ガスと同じ料金で利用でき、同じまるっとシリーズと組み合わせればさらに割引を受けることができます。 他にもお得なサービスが揃っているので、ぜひ活用してみてください。 投稿ナビゲーション.

次の

ガスコンロに火がつかない!片方だけの時の原因や対処法

ガスコンロ 点火 しない

この記事の目次• ガスコンロに火がつかない!片方だけ付かないのは何故? ガスコンロが付かない時にまず一番先に疑ってみるのは電池の消耗!これは電池を取り替えるだけで改善が出来るので、私はまずここをチャックします。 ガスコンロはガスがキチンと出ていれば着火すると思っている方もいるのではないでしょうか。 この着火には多くのガスコンロに電池が使われているので電池が消耗してしまうと点火が出来ません。 これは コンロのつまみやボタンを押したときに、カチャッという音と共に火花が飛んでいるかどうかで確認ができます。 火花が飛んでいないのであれば電池の交換をしてみましょう。 逆に火花が飛んでいるのにガスが付かない場合には、ガスが出ていないガスが出る穴が詰まっている可能性があります。 この場合はガスコンロを点検しなければいけないので業者の方にお願いをすると良いでしょう。 ガスコンロの火がつかない?片方だけつかない場合 電池を交換しても、なお火がつかない時はガスコンロ自体に問題がある場合がほとんどです。 まずは ガスコンロのガスが出る部分に目詰まりがないかどうか掃除をしてみるのも手です。 コンロの掃除をしたことがあるという方は分かると思いますが、ガスが出るところには皿のような丸く穴が付いた部品があり取り外しが出来るようになっています。 バーナー部分ではなく、このバーナーキャップと呼ばれる部分の掃除をして目詰まりを解消してみて下さい。 もし掃除をしたばっかりなのに付かない、という時には所定の場所にキチンとはまっていないのかもしれません。 ずれた場所にバーナーキャップがあるとガスの出口を塞いでしまい火がつかない事もあるので、掃除をした後は元の場所にキチンと戻す事も重要です。 もちろん 水洗いをした後は濡れたままにせずに、水分を十分に拭き取ってから設置してくださいね。 こちらも火が付かない原因になりますよ。 ガスコンロに火がつかない片方だけの時に考えられる理由 ガスコンロに火が付かない時、考えられる原因の1つとして 温度センサーが反応をしているという事も考えられます。 こうした 温度センサーが付いているガスコンロはセンサーが250度を超えると作動するようになっていて火が消えてしまうようになっています。 つまみやボタンを押している間は火が付くのに、手を離すと消えてしまうというような場合はこのセンサーが反応しているのではないでしょうか。 この場合は温度センサーが汚れていたり電池の残量が少なくなっていたりする事も原因として考えられるので、電池交換やセンサーの先端を硬く絞った布巾などで優しく拭いて対処をしてみてください。 ちなみに温度センサーが付いていないガスコンロもあります。 このようなガスコンロで同じような症状が出る場合は安全装置が働いているのかもしれません。 この安全装置はガスが煮こぼれなどで消えてしまった時にガスを止める装置です。 これが上手く炎を感知しない為に、つまみやボタンから手を離すと安全装置が働いてガスが付かない場合もあります。 バーナーの付近に炎を感知する鉛筆の芯のようなものがあるので、そこを優しく拭いて汚れを取り除きましょう。 ガスコンロを久しぶりに使うと火がつかないことがある? ガスコンロが付かない時、前に使ったのはいつか考えてみて下さい。 いつも料理をする方でもコンロが2口や3口の場合はしばらく使っていなかったのではありませんか? しばらく使っていないコンロも掃除をしないと周りからの汚れによって、目詰まりを起こす場合もあります。 また旅行や仕事などで長い間、家を留守にしていてガスコンロを使っていない時などはガス管の中に空気が混ざりこんでしまい、ガスがなかなかつかない事もあるようです。 しかし、このような場合は 何度か点火をしているうちにガスが正常に出るようになりますので点火を繰り返してみて下さい。 使わなさすぎるのも調子が悪くなる原因となる事もあるので、定期的にガスコンロを使うようにすると良いでしょう。 ガスコンロの火がつかない場合の原因と対処法 ガスコンロはしばらく使っていないと火がつかない事があるとお話ししましたが、その逆に使い込んでいると寿命で付かなくなる事もあります。 片方だけを使い込んでいるような場合は、他のバーナーよりも早く寿命が来てしまいます。 上記したような対処方法を試して見ても火が付かない時は、バーナー自体が傷んでしまっているのかもしれません。 また最初にご紹介した電池の消耗が考えられる場合は、点火用の電池がコンロのバーナーそれぞれについている場合です。 電池を入れる場所が1つしか付いていない場合は片方だけではなく全てのバーナーの火がつかないという事が起こります。 その他にもガスが全て使えないのか、コンロだけが使えないのかをチェックする方法もあります。 ガス給湯器を使っている場合にはお湯が出るかどうかを確認してみて下さい。 この時にお湯が出るのであればガス自体には問題がない可能性が高いです。 コンロ自体の問題であり、自分で出来る対処法を試して見てもダメな時は無理をせずに業者の方に連絡をしてみてもらいましょう。 自分で分解したりなどは決してしないで下さいね。

次の