松井証券 クチコミ。 松井証券の口コミ(クチコミ)・評価・評判・感想・レビュー|クチコミの王様

松井証券の口コミ(クチコミ)・評価・評判・感想・レビュー|クチコミの王様

松井証券 クチコミ

松井証券は2018年8月30日に、オンライン入金サービス「らくらく振替入金」の利用可能金融機関に、新たにみずほ銀行と三井住友銀行を追加したことを発表しました。 リアルタイム入金サービスには、このほかに「ネットリンク入金」もありますが、それぞれどのようなサービスなのかを見てみましょう。 口座振替が手軽にできる「らくらく振替入金」 「らくらく振替入金」は、銀行口座の登録から松井証券口座への振替入金まで、インターネット上でリアルタイムにできるサービスです。 振替時の手数料は無料です。 初回利用時に登録手続きをすれば、次回からは銀行口座の口座番号やパスワードなどのログイン不要で、松井証券「ネットストック」会員画面内の操作だけで入金手続きが完了します。 ネットバンキング不要で誰でも利用できる 同じく入金手数料無料で入金手続きができるサービスには「ネットリンク入金」がありますが、ネットリンク入金とは異なり、らくらく振替入金はインターネットバンキングの契約が不要です。 対象となる銀行で口座開設済みの松井証券利用者なら、原則として誰でも利用できます。 今回のらくらく振替入金の対応銀行の拡大も、細かいものの利便性を高める魅力的な改善といえます。 免責事項 株の教科書. com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。 その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。 当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。 お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。 投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。

次の

株の手数料が安くておすすめなのは「松井証券」と「SBI証券」その他おすすめ理由も

松井証券 クチコミ

松井証券は2018年8月30日に、オンライン入金サービス「らくらく振替入金」の利用可能金融機関に、新たにみずほ銀行と三井住友銀行を追加したことを発表しました。 リアルタイム入金サービスには、このほかに「ネットリンク入金」もありますが、それぞれどのようなサービスなのかを見てみましょう。 口座振替が手軽にできる「らくらく振替入金」 「らくらく振替入金」は、銀行口座の登録から松井証券口座への振替入金まで、インターネット上でリアルタイムにできるサービスです。 振替時の手数料は無料です。 初回利用時に登録手続きをすれば、次回からは銀行口座の口座番号やパスワードなどのログイン不要で、松井証券「ネットストック」会員画面内の操作だけで入金手続きが完了します。 ネットバンキング不要で誰でも利用できる 同じく入金手数料無料で入金手続きができるサービスには「ネットリンク入金」がありますが、ネットリンク入金とは異なり、らくらく振替入金はインターネットバンキングの契約が不要です。 対象となる銀行で口座開設済みの松井証券利用者なら、原則として誰でも利用できます。 今回のらくらく振替入金の対応銀行の拡大も、細かいものの利便性を高める魅力的な改善といえます。 免責事項 株の教科書. com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。 その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。 当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。 お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。 投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。

次の

松井証券「らくらく振替入金」にみずほ銀行と三井住友銀行が追加

松井証券 クチコミ

この記事のもくじ• 松井証券の概要 松井証券は1918年 大正7年 に「松井房吉商店」としてはじまり、1931年に法人化、1947年に商号を「松井證券株式会社」となりました。 中堅株式会社として営業していましたが1995年にインターネット証券に参入し、2001年にはインターネット取引専業の証券会社として日本で初めて東証一部に上場するほど成長しました。 特にインターネット証券としては松井証券がはじめて実装したことで、今では多くの証券会社にも導入されるようになったサービスも多く、業界からも投資家からの人気も高い証券会社です。 松井証券がはじめて導入したサービス 今では多くのインターネット証券が導入しているサービスは、松井証券がはじまりとなっています。 一日の取引の回数ではなく、一日の取引の合計金額に手数料がかかる定額制手数料やデイトレード専用で条件を満たせば手数料が無料になる一日信用取引など、さまざまな取引を導入しているパイオニアとして知られています。 驚きの10万円まで取引手数料0円 松井証券が最初にはじめたサービスである定額制手数料のボックスレートは、一日の約定合計金が10万円以下であれば手数料が0円になるシステムです。 主要ネット証券では多くの場合、1回の注文ごとに手数料が発生する仕組みですが、松井証券では1日の合計金額に手数料がかかり、その日の取引の合計金額が10万円以下であれば手数料が0円、30万円まででも300円となっています。 この手数料の安さはネット証券でもダントツです。 現物取引・信用取引のどちらでもこのレートで固定なので分かりやすく、手数料の少なさから初心者や少額投資家に特におすすめです。 信用取引の手数料と金利に注目 信用取引をするときにも松井証券は有利です。 信用取引とは「お金や証券を担保にして証券会社からお金を借りて、その担保の約3. 3倍程度までの金額で取引をすることができます。 返済期限が6ヵ月までと決められている制度信用取引や返済期限を証券会社が決める一般信用取引、返済期限が無期限の無期限信用取引があります。 また、一日で売買を済ませるデイトレード専用の信用取引、一日信用取引といったものもあります。 松井証券には「制度信用取引」と「無期限信用取引」、「一日信用取引」があります。 注目すべきは、松井証券では「一日信用取引」での手数料が無料となっています。 前述の「定額制手数料」とは違い、「一日信用取引」の場合は10万円以上の取引でも売買手数料は発生しません。 さらに、「一日信用取引」では1約定で300万円以上の取引をした場合は金利が0%になり、300万円未満でも業界最安水準の2%となっています。 信用取引でデイトレードをする投資家はぜひ松井証券での取引を検討してみてください。 無料で使える高性能ツール 松井証券では高性能のツールの多くが無料で利用することができます。 登録した銘柄の株価をリアルタイムで確認できる株価ボード、高性能な発注機能を搭載しつつ、様々な情報を自分の好きなようにカスタマイズできるネットストック・ハイスピードなどが代表的です。 また最近では、スマートフォン用アプリケーションとして「株touch」も登場しました。 株touchは株取引などができるだけでなく、株に関する様々な情報が最短0秒で更新される株価ボード、複数画面からタップひとつだけで注文できるスピード注文など様々な機能が搭載されています。 出先でも取引をしたり、株価をチェックしたりできるのでかなり便利です。 完全平等抽選の新規公開株(IPO) 「IPO証券」とはまだ株式を公開していない企業が、投資家が株式を購入できるように新しく市場に公開する株式です。 新規公開する株式は公開してから少し経つと株価が上がりやすく、投資家の注目を集めることが多いです。 IPOは抽選で購入できる人が決まりますが、証券会社によって抽選方法に違いがあります。 申し込み数によって当選確率が変わるタイプでは資金が多い投資家ほど有利になります。 松井証券では 完全平等抽選というシステムを導入することで、資金力に左右されやすいIPO抽選に誰でも参加できるようにして、購入するチャンスを拡大しています。 預株サービスが個人投資家でも利用できる 預株サービスとは投資家が保有している株式を一定期間証券会社に貸すことで、レンタル料を得ることができるシステムで、こちらも松井証券がはじめて導入したシステムです。 多くの証券会社では預株サービスは個人投資家には行わず、大口投資家や機関投資家のような保有している株式が多い投資家あるいは信用がある投資家にしか行っていない場合がほとんどです。 松井証券では個人投資家でも預株サービスが利用できます。 そのうえ、「保証」が適用されます。 通常では預株サービスでは投資者保護基金の対象外となるため、万が一証券会社が倒産してしまった場合、株式が返還されません。 しかし、松井証券の場合は保証をサービスで適用しているので、ノーリスクでレンタル料を受け取ることができます。 受け取れるレンタル料が市場の需要によって変動する場合があるので、レンタル料が安定しない点には注意が必要です。 投資家が満足できる松井証券 松井証券はインターネット証券会社のパイオニアとして長年続いているだけあってサービスが充実しています。 初心者投資家や少額投資家には10万円以下の取引手数料が0円、IPO狙いの投資家には完全平等抽選など投資スタイルを問わず様々なメリットを受けることができます。 また、PCはもちろん、スマートフォンからでも充実したサービスを利用できるのは、今でもネット証券のパイオニアとしての面が窺えます。 約100年の長い歴史による安定感と、業界のパイオニアとしての面から今後も松井証券からは目が離せません。 編集部からのおすすめポイント 1998年にオンライン証券第1号として登場。 大正7年(1918年)に創業した松井証券は、ネット証券の中で唯一のオーナー系であり、店舗を持つ対面証券からネット専業に転身を成功させた唯一の証券会社でもある。 「1日信用取引」「無期限信用取引」などのサービスを次々と生み出し、業界の「革命児」ともされていた時期がある。 1日の約定代金合計が10万円以下なら売買手数料無料のほか、 NISA口座での売買手数料を恒久で無料とすることを宣言している数少ないオンライン証券であり、24時間リアルタイム入金で手数料無料、地方市場(札幌、福岡など)の株式を売買できるなどのメリットが有名。 売買手数料は、他のオンライン証券と比較すると、決して安くはないのだが、「それでも松井で取引する」というコアなファンがいることも松井の特徴。 また、 情報データとして日本経済新聞グループの「QUICK(クイック)」情報が使えることもポイントだ。 タイトル : 株は初心者だったので不安はありました• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 最初に松井証券とお付き合いをしようと考えたのは、手数料の安さでした。 特に10万円以下の取引に関してはメリット感があります。 しかし、実際に取引をしてみて感じたのはサポートの良さでした。 株の取引の専門的な用語すら知らない状態でしたので、サポート自体が敷居が高かったのですが、その人のレベルを少しの会話で察知しサポートしてくれる技術、能力は大変なものだと感激しました。 他の証券会社だとサポートする人に差があるのですが松井証券に関してはレベルが保たれている感じがします。 それは安心感につながっています。 初心者なので悪い点は特に感じません。 ただ、ネット上でのサイトデザインは、かなり古臭く見ずらいです。 タイトル : 10万円以下は手数料無料が魅力的ですね。 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : デイトレードで少額取引するなら松井証券は最適ではないでしょうか。 何といっても10万円以下の取引なら手数料が無料なので、とても重宝しています。 株を今から始める人には最初に松井証券をおすすめしたいですね。 老舗なので実績と安心感がありますし、サポート対応が良いので特に初心者には良いと思います。 取引ツールはPC、スマホ共に使いやすい方ですが、最近は機能もアップデードされて、スマホはさらに使い勝手が良くなりました。 魅力は手数料の安さで、少額投資からNISAも始めやすい証券会社ですね。 タイトル : 一日信用取引に惹かれて利用• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : デイトレードをしていた時に手数料の負担を抑えるため、松井証券を利用していました。 一日信用取引を利用すると約定代金にかかわらず手数料が0円となるのがとても魅力的で、発注専用の証券会社として利用していました。 ただし、あくまでデイトレードに関してであって、翌営業日まで持ち越してしまうと高い手数料が発生するので注意が必要です。 なお、松井証券で利用できる取引ツールはいくつかありますが、自分の場合はチャートの見た目などが合わなかったので、現在は利用しなくなりました。 なんか目がチカチカするカラーやフォントの種類が多かったです。 タイトル : 手数料が安く、取引ツールも分かりやすい• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 過去2社の証券会社を利用していましたが、それぞれに不満を感じ、15年ほど前に友人の勧めで松井証券に乗り換えました。 それ以降、ずっと利用していますが、問題は一切なく、快適に取引できています。 1日の約定代金合計10万円までなら取引手数料無料なのが非常に魅力的で、少額取引をしている私には、とても助かります。 私はパソコンで取引しているのですが、取引画面もシンプルで分かりやすく、銀行からの入金・銀行への出金手続きも簡単で、とてもスムーズに手続きを行えています。 タイトル : 初心者でも利用しやすかった証券会社です。 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 松井証券に対しての口コミを見たり、知人からの良い情報を得て利用の決めてとなりましたが、初心者でも利用しやすい分かりやすさがあるサイトになっていたり、手数料も低めでしたので、松井証券を利用して良かったと思います。 サポートの方でもしっかりと丁寧なサポートがありましたし、安心して利用でき取引なども行えることができましたね。 良い印象しかなかったので悪い点というのはなく、また証券会社を利用するときは松井証券を第一候補として選びたいと思います。 タイトル : 取引手数料の少ないお得な証券会社• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : もっとも良かった点は、1日の約定代金が10万円以下で、取引手数料が無料だということです。 私は3年ほど前、松井証券で株式の売買をしていました。 投資スタイルは、その日のうちに決済してしまうスキャルピングやデイトレードでした。 これら短期売買で重要なのは取引手数料です。 当時学生だったこともあり、大きな金額は投資できなかったので、松井証券の1日約定代金10万円以下なら手数料無料というのは大変助かりました。 反対に悪かった点は、やや取引ツールのデザインが安っぽく見にくいと感じたことでした。 その点は改善していってほしいです。 タイトル : 口座を開設して感じたメリット• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 松井証券は老舗の証券会社ですが、顧客獲得の為に最近ではサービスに力を入れているようですね。 口座開設のキャンペーンの他にもエントリーした上で一定要件を満たす取引を行うとキャッシュバック貰えるキャンペーンも自分が口座を開設した時はやっていました。 松井証券で人気があるNISA口座も開設しましたが口座を作るのも簡単で手数料が無料なので、かなりサービスはよかったです。 取引ツールが少し使いにくくて他社に比べてIPOの取り扱いが少ないのが欠点ですが、キャンペーンが豪華でNISA口座の手数料無料は有難いです。 タイトル : 松井証券のシステムはダウンしません• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 松井証券を利用して良かったと思った点は、システムダウンが発生しない点が挙げられます。 他のインターネット証券では、株式市場に大量の注文が発生したときにシステムダウンが発生したり、システムにバグが発見されたことが原因で、数時間ネット上で発注できないケースが散見されるのですが、この証券ではそのような事故は発生しません。 システムの安定性は高く評価できます。 一方悪かった点は、松井証券は債券を扱っていないことが挙げられます。 私の場合は常に株式に資金を投入しているわけではありませんので、現金にしている状態が長引くようであれば債券を買いたいのですが、この証券会社では債券を扱っていないことが残念です。 タイトル : 手数料が抜群に安い証券会社• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 良かった点は、1日あたり10万円以内の株式売買手数料が無料に設定されていることです。 私は株を買うときに、最初は試しに100株買って1日値動きの様子を見ることにしていますので、10万円以内の株式購入については手数料無料という点については、とても助かっています。 一方悪かった点は、一日信用取引の手数料が0円ということです。 私の場合、買った銘柄の値動きが悪くて数日間持ちこしてしまい、数日後に、信用取引で買った銘柄を売却したところ、結果的に0. 3%の手数料を支払うことになってしまいました。 これなら、手数料0円に魅力を感じて一日信用取引を利用しないほうが良かったと後悔しています。 タイトル : はじめてで唯一利用している証券会社• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 良い点は、いい意味でほったらかし、という点です。 しつこい連絡や勧誘はなく、こちらから問い合わせをすれば答えてくれます。 売買システムも初心者でも使える内容で、独力でできました。 悪い点は、良い点の裏返しですが、サポートがこちらが発信しないとされないので、少し不安になることや、サポートを受ければもう少しうまくいったかもしれないという取引もあります。 基本はほったらかしでいいのですが、多くの利用者が不安に感じそうなことを予想して、良いタイミングで手を差し伸べられればベストかと思います。 タイトル : 株の勉強を始めたい方にお勧め• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : 株を初めてやるときに松井証券を使いました。 理由は10万円以下の手数料が最安値だからです。 なんと1日の約定合計が10万円以下なら売買手数料が無料です。 また24時間リアルタイム入金で手数料無料です。 デメリットとしては10万以上なら約定手数料がかかることです。 始めて株の勉強のために5万円ぐらいの株を買いました。 これで株の取り引きのやり方を覚えましたし1000円ぐらいですが利益も出ました。 今では取引の口座としては使っていませんが、毎月5万円分のETFを買っています。 積み立て運用の口座として使っているのですが10万以下なら手数料無料なのでとても便利です。 一方で海外ETFが無いなど、商品力が弱点です。 タイトル : やっぱり手数料重視• 総合評価 :• 手数料 :• 取扱い商品 :• サービス :• 取引ツール :• サポート : なんといっても手数料無料(10万円まで)がありがたいです。 短期売買する人は手数料の恩恵は少ないですが小額の株主優待狙いの人はおすすめです。 小額の株なら松井証券、値の張る株は他の証券といった区分けをしています。 悪い点は情報量の少なさでしょうか。 某ネット証券の検索ツールと比較するとやはり見劣りします。 また携帯アプリのメンテナンスが多い印象を受けます。 取引のない土曜日など事前発注しておきたいときは少し不便です。 ただ口座開設は無料なので主要口座でなくとも開設しておくべきだと思います。 上限は1億円超/100000円 松井証券の取引手数料(信用取引・税抜) 信用取引にかかる費用には、取引手数料のほかに買方/売方金利や品貸料(逆日歩)、貸株料などが発生します。 上限は1億円超/100000円 松井証券の取引手数料(先物・オプション取引・税抜) 日経225先物 日経225mini TOPIX先物 ミニTOPIX先物 200円 一日先物:150円 35円 一日先物:25円 300円 一日先物:250円 40円 一日先物:25円 日経平均VI先物 JPX日経インデックス400先物 TOPIX Core30先物 東証マザーズ指数先物 - 40円 一日先物:25円 - 40円 一日先物:25円 東証REIT指数先物 NYダウ先物 台湾加権指数先物 FTSE中国50先物 - 300円 - - 日経225オプション 日経225オプションweekly TOPIXオプション JPX日経インデックス400オプション 売買代金の0. 15% 一日先物:約定代金の0.

次の