ソフトバンク simロック解除。 初心者でもできる!XperiaシリーズのSIMロック解除方法

SIMロック解除されてるか確認する方法【このスマホはSIMフリー?】

ソフトバンク simロック解除

キャリアの端末にはSIMロックが掛かっているというのはご存知の方も多いと思います。 端末を購入したキャリア内で使う分にはSIMロックが掛かっていても不都合は基本的には生じません。 しかし、別のキャリアや格安スマホといった乗り換え(MNP)を検討した時、このSIMロックが問題になるのです。 ソフトバンクのSIMロック解除に関しての話題としては2019年10月の改正電気通信事業法の施行の絡みで、ソフトバンクの端末購入サポートの「半額サポートプラス (2019年10月10日からは「トクするサポート」に名称変更)」が2019年9月から新たに始まりましたが、そこでソフトバンクのSIMロック解除に関する問題・SIMロック解除条件の緩和などの動きがありました。 今回は、ソフトバンクのSIMロックを解除する方法を具体的に解説したいと思います。 「SIMフリー端末」とは? 先に出てきた「SIMフリー端末」という言葉、SIMロックと同じくらいに出てくる単語でもあります。 SIMフリー端末というのは、通信規格や周波数が対応していれば、世界中どの国のSIMカードを入れても音声通話やデータ通信が使える端末のことです。 海外旅行や出張によく行く方にとっては、SIMフリー端末は無くてはならない存在です。 ところで、SIMカードとはどのようなチップなのでしょうか? 前項で、スマホというのは機種が同じであれば中身も基本的には同じという話をしました。 自分のスマホと他人のスマホの区別を付けるために、SIMカードがあるのです。 SIMカードには電話番号や通信事業者との契約に関する情報が記録されているので、スマホにはSIMカードを入れて初めて自分のスマホということになります。 SIMロックとは? さて、スマホにSIMロックが掛かっているとどうなるのでしょうか? 他社のSIMカードを入れて使えないということは、 他のキャリアや格安スマホに乗り換える際にその端末を使い回せないということです。 つまり、SIMロックというのは実質的にユーザーの他社への流出を阻止するためのものといえます。 2010年以降、総務省はSIMロックがスマホユーザーの流動性を失わせ、そのことがキャリアの料金が高止まりしている要因としてキャリア各社へ解除を促すようになりました。 その結果として、 2015年5月以降にキャリアから発売されたスマホは基本的に全てSIMロックが解除できるようになった、という経緯があります。 海外で現地のSIMカードを入れて使うことができない• 他のキャリアに端末を持ち込んで使うことができない• 格安スマホの乗り換え先がソフトバンク系の回線に限られてしまう 特に、3つめの格安スマホの乗り換え先が限定されてしまうのは大きな問題です。 格安スマホにはドコモ系、au系、ソフトバンク系の3タイプの事業者があります。 現在、ソフトバンク系の事業者は限られる程度しかありませんので、ドコモやauのユーザーと比べて選択肢がかなり少なくなってしまいます。 分割払いでも100日以内のSIMロック解除する方法(ソフトバンク回線契約をしていない場合のみ) 2019年10月1日から条件緩和で適用になった条件で、 ソフトバンクの回線なしでスマホ端末のみを購入、およびソフトバンク回線解約済の人のみが適用対象になりますが、 クレジットカードの支払いで端末を購入した場合には100日以内でもソフトバンクショップのみですが、即日のSIMロック解除の手続きが可能です。 ただし、 ソフトバンクショップでSIMロック解除の手続きには3,000円の手数料が必要です。 これは、2019年9月からソフトバンクで始まった端末購入サポートプログラムの「半額サポートプラス(2019年10月10日からトクするサポートに名称変更)」が関係しています。 この割引は ソフトバンク以外の携帯会社を利用している人でも利用できるプログラムですが、このプログラムを利用してソフトバンクで端末を購入しても、 ソフトバンクで購入した端末にはソフトバンクのSIMロックがかけられているため、ほかの携帯会社の回線を利用している人にとってはソフトバンクのSIMロックがかかっている状態では、すぐに購入した端末を利用できない問題点がありました。 ソフトバンクでは2019年10月1日に100日以内のSIMロックを解除できる例外条件にこの条件を加え、 クレジットカード払いで購入することで、即日SIMロック解除をすることができるようになりました。

次の

初心者でもできる!XperiaシリーズのSIMロック解除方法

ソフトバンク simロック解除

SIMロック解除をし忘れていた父 父は数年前にdocomoからmineoにしてたのですが、その時はSIMロック解除をしなくても問題なくmineoが使えたので、そのままになってたんです。 その後数年…スペイン旅行が決まり、ThreeのSIMを購入したものの、日本でもアクティベーション(SIMが使えるように有効化すること)ができてしまうこと、アクティベーションした日が利用開始日としてカウントされてしまうことなどからアクティベーションしませんでした。 そのためSIMロック解除できてないことに気づかないままスペインへ旅立つことに… SIMロック解除されてるかはやめに確認しよう! SIMロックを解除するのに約1週間くらいかかる場合もあるので、いざ新しいSIMを使おうとして使えなかったらもう手遅れです。 なので海外で使用できるSIMを使おうとしてる人や通信事業者の乗りかえを検討している人は、 いま使っているスマホがSIMフリー(SIMロック解除されている)かはやめに確認しておいたほうが安心です! ドコモやau、ソフトバンクなどで購入したスマホは、そのキャリアでしか使えないようにロックがかかっている場合があります。 これは SIMロックと呼ばれているのですが、 SIMロックの状態だと、格安SIMなどの契約していない回線のSIMは使えないので、SIMロックが解除されていること(SIMフリー)をちゃんと確認する必要があります。 SIMロックが解除されているか確認する方法 SIMロックが解除されているかを確認するには大きく3つの方法があります! 通信業者に問い合わせるか、今契約していない他社のSIMカードを挿すか、スマホの画面から確認する方法です。 通信事業者に問い合わせる 会員用ページやカスタマーサービス、路面店(ショップ)などで問い合わせることができます。 たとえばソフトバンクの場合はソフトバンクショップ、ソフトバンクカスタマーサポート対応しています。 他社のSIMを挿してみる 契約中の通信事業者ではないSIMカードを使って確認する方法です。 例えばいまauで契約中なら、ドコモのSIMを挿してみます。 ソフトバンクで契約中ならドコモのSIMを挿してみます。 このように違う通信事業者のSIMに差し替えても問題なく使えるようならSIMフリー、パスコードなどを求められてしまい、使えなかったらSIMロックがかかっています。 SIMロックがかかっている場合、Androidでは、SIMカードを挿したあとSIMロック解除コードの入力」を求められます。 またiPhoneでは、「SIMがロックされています」「アクティベーションが必要です」「このiPhoneに挿入したSIMカードはサポートされていないようです。 iPhoneをアクティベーションするには、サポートされている電話会社の互換性のあるSIMカードしか使用することはできません。 」 などのメッセージが表示されます。 ちなみに格安SIMではau、docomo、ソフトバンクの回線を借りています。 例えばドコモのSIMを格安SIMのmineo(docomoの回線を使うプラン)のSIMに入れ替えた場合は どちらもdocomoのため、SIMロックを解除しなくても基本的に使えます。 必ず いま利用している通信事業者とは違う通信事業者のSIMを使って確認しましょう! iPhoneでSIMロック解除されてるか確認する 手元に他社のSIMがない場合は、 iPhoneを一度消去したあとで復元してみることでSIMロック解除されてるかを確認できます。 一度バックアップを取った状態でiPhoneを消去・復元してみて、「iPhoneのロックが解除されました」と表示される場合はSIMロックが解除されています。 AndroidでSIMロック解除されてるか確認する 設定>端末情報>端末の状態で、 SIMカードが「ロック解除されています」や「許可」であればSIMロック解除されている状態です。 本体起動時の画面でSIMロックの状態が確認できる機種もあるようです。 またXperiaでは秘密のコマンドを入力することでできます。 詳しくは別記事で説明しています。

次の

SIMロック解除のデメリットは? 使えなくなる機能はありますか?

ソフトバンク simロック解除

SIMロック解除をし忘れていた父 父は数年前にdocomoからmineoにしてたのですが、その時はSIMロック解除をしなくても問題なくmineoが使えたので、そのままになってたんです。 その後数年…スペイン旅行が決まり、ThreeのSIMを購入したものの、日本でもアクティベーション(SIMが使えるように有効化すること)ができてしまうこと、アクティベーションした日が利用開始日としてカウントされてしまうことなどからアクティベーションしませんでした。 そのためSIMロック解除できてないことに気づかないままスペインへ旅立つことに… SIMロック解除されてるかはやめに確認しよう! SIMロックを解除するのに約1週間くらいかかる場合もあるので、いざ新しいSIMを使おうとして使えなかったらもう手遅れです。 なので海外で使用できるSIMを使おうとしてる人や通信事業者の乗りかえを検討している人は、 いま使っているスマホがSIMフリー(SIMロック解除されている)かはやめに確認しておいたほうが安心です! ドコモやau、ソフトバンクなどで購入したスマホは、そのキャリアでしか使えないようにロックがかかっている場合があります。 これは SIMロックと呼ばれているのですが、 SIMロックの状態だと、格安SIMなどの契約していない回線のSIMは使えないので、SIMロックが解除されていること(SIMフリー)をちゃんと確認する必要があります。 SIMロックが解除されているか確認する方法 SIMロックが解除されているかを確認するには大きく3つの方法があります! 通信業者に問い合わせるか、今契約していない他社のSIMカードを挿すか、スマホの画面から確認する方法です。 通信事業者に問い合わせる 会員用ページやカスタマーサービス、路面店(ショップ)などで問い合わせることができます。 たとえばソフトバンクの場合はソフトバンクショップ、ソフトバンクカスタマーサポート対応しています。 他社のSIMを挿してみる 契約中の通信事業者ではないSIMカードを使って確認する方法です。 例えばいまauで契約中なら、ドコモのSIMを挿してみます。 ソフトバンクで契約中ならドコモのSIMを挿してみます。 このように違う通信事業者のSIMに差し替えても問題なく使えるようならSIMフリー、パスコードなどを求められてしまい、使えなかったらSIMロックがかかっています。 SIMロックがかかっている場合、Androidでは、SIMカードを挿したあとSIMロック解除コードの入力」を求められます。 またiPhoneでは、「SIMがロックされています」「アクティベーションが必要です」「このiPhoneに挿入したSIMカードはサポートされていないようです。 iPhoneをアクティベーションするには、サポートされている電話会社の互換性のあるSIMカードしか使用することはできません。 」 などのメッセージが表示されます。 ちなみに格安SIMではau、docomo、ソフトバンクの回線を借りています。 例えばドコモのSIMを格安SIMのmineo(docomoの回線を使うプラン)のSIMに入れ替えた場合は どちらもdocomoのため、SIMロックを解除しなくても基本的に使えます。 必ず いま利用している通信事業者とは違う通信事業者のSIMを使って確認しましょう! iPhoneでSIMロック解除されてるか確認する 手元に他社のSIMがない場合は、 iPhoneを一度消去したあとで復元してみることでSIMロック解除されてるかを確認できます。 一度バックアップを取った状態でiPhoneを消去・復元してみて、「iPhoneのロックが解除されました」と表示される場合はSIMロックが解除されています。 AndroidでSIMロック解除されてるか確認する 設定>端末情報>端末の状態で、 SIMカードが「ロック解除されています」や「許可」であればSIMロック解除されている状態です。 本体起動時の画面でSIMロックの状態が確認できる機種もあるようです。 またXperiaでは秘密のコマンドを入力することでできます。 詳しくは別記事で説明しています。

次の