春の 全国 交通 安全 運動 2020。 交通安全県民運動(令和2年度)/茨城県

交通安全対策|政策統括官(共生社会政策担当)

春の 全国 交通 安全 運動 2020

2020年(令和2年)春の全国交通安全運動の推進要綱が発表されました(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。 運動の実施期間は、4月6日(月)~15日(水)の10日間で、期間中の4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。 依然として歩行者の交通事故被害が目立つだけでなく、高齢運転者による重大事故も多発しています。 運動の重点項目には 「子供を始めとする歩行者の安全の確保」が第一に掲げられ、新年度になり、入学や進級を迎える4月以降に小学生の歩行中の交通事故が増加する傾向にあることから、歩行者の安全確保を図る必要があることが強調されています。 事業所では通勤のマイカー・バイク、自社の営業車両が不用意に生活道路を走行したり、歩行者の多い場所で無理な運転をしないように指導しましょう。 高齢者や子どもと遭遇する機会が多い道路ほど事故の危険も増大します。 やむを得ず生活道路や学校・施設の近くなどを走行する場合は、どのような危険があるのかヒヤリマップなどでチェックして危険を周知しておくことが大切です。 交通安全教室などを企画した場合、大人数で密集したり、閉鎖空間での講習は避けましょう。 業所等の業務形態に対応した交通安全教室等の開催• 横断歩道上の 歩行者等の優先を徹底する。 また、歩行者に対する思いやりのある模範的な運転を推進• 飲酒運転や無免許運転、また、いわゆる「あおり運転」等による交通事故の実態を知らせるとともに、その悪質性、危険性を周知• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する交通ルール遵守の徹底• 高速乗合バス及び貸切バス等の事業者は、 全座席でのシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発の強化.

次の

大阪府/令和2年春の全国交通安全運動の実施について

春の 全国 交通 安全 運動 2020

いつも飲酒運転をしている人がいる• 車を運転して来店した人が飲酒している• ドライバーにも酒類を提供する飲食店を知っている 北海道警察のメール通報窓口: 東北 青森県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月21日(火)~7月31日(金)• 実施要綱:• ポスター等:発表され次第掲載 岩手県-夏の交通事故防止県民運動• 期間:令和2年7月17日(金)~7月26日(日)• 年間スローガン:「 ベルトした? うしろの席も もうしたよ 」• ポスター等:発表され次第掲載 運動の重点• 暑さなどによる過労運転の防止• 高齢者と夏休み中の子どもの交通事故防止• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 秋田県-夏の交通安全運動• 期間:令和2年8月1日(土)~8月10日(月・祝)• ポスター等:発表され次第掲載 宮城県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月21日(火)~8月20日(木)• ポスター等:発表され次第掲載 年間スローガン• 「スマホより 横断歩道の 僕を見て」• 「夕暮れの 一番星は 反射材」• 「しっかりと 止まってかくにん 横だん歩道」 山形県-明るいやまがた 夏の安全県民運動• 期間:発表され次第追記します。 福島県-交通事故防止県民総ぐるみ運動• 期間:発表され次第追記します。 スローガン:「うしろでも シートベルトを つけようね」• ポスター等:• 運動の重点: 重点項目• 子供と高齢者の交通事故防止• 道路横断中の交通事故防止とゆずりあい運転の実践• 飲酒運転、無免許運転及び速度超過など悪質・危険な運転の根絶• 自転車の交通事故防止(特に、福島県自転車安全利用五則の周知徹底)• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 関東・甲信 群馬県-夏の県民交通安全運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• 年間スローガン:「いそいでも 心のブレーキ かけましょう」• ポスター等: 栃木県 県統一での実施予定の発表はありません。 6月1日(月)~8月31日(月)の間、 各 機関・団体において期間を定めた運動が実施されます。 茨城県-夏の交通事故防止県民運動• 期間:令和2年7月20日(月)~ 7月31日(金)• ポスター等:• スローガン:気をつけて 子供に自転車 お年寄り 重点項目• 歩行者(特に子供と高齢者)の保護• 飲酒運転・スピード違反・過労運転等の防止• 自転車の安全利用の推進 新潟県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月22日(水)~7月31日(金)• スローガン:夏の道 ゆとりとマナーで 防ぐ事故• 実施要綱: 重点項目• 横断歩道での歩行者優先• 疲労運転の防止• 飲酒運転の根絶 千葉県-夏の交通安全運動• 期間:令和2年7月10日(金)~7月19日(日)• スローガン:「交さ点 命のきけんが かくれんぼ」• 実施要綱: 重点項目• 子供と高齢者の交通事故防止• 自転車の安全利用の推進(特に「ちばサイクルール」の周知徹底)• 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 埼玉県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月15日(水)~7月24日(金)• スローガン:人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県• ポスター等: 重点項目• 子供と高齢者の交通事故防止• 二輪車・自転車の交通事故防止• 飲酒運転の根絶 重点日• 7月17日(金) 二輪車・自転車の交通事故防止の日・飲酒運転根絶の日• 7月20日(月) 交通事故死ゼロを目指す日・歩行者保護の日 東京都 発表はありません。 神奈川県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月11日 土 ~7月20日 月• ポスター等:発表され次第掲載 山梨県-夏の交通事故防止県民運動• 期間:令和2年7月21日 火 ~8月20日 木• 「乗せるのは 君の宝(かぞく)と その未来(あした)」• ポスター等:発表され次第掲載 重点項目• 飲酒運転の根絶• 高齢者と子供の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止• 二輪車の交通事故防止• 自転車の安全適正利用の推進 東海・北陸 愛知県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• 県内一斉大監視:7月15日(水)午前7時から午前9時の間• 実施要綱:• ポスター等:こちらから:• 岐阜県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• ポスター等:発表され次第掲載• スローガン:「ゆずりあう心で夏の交通事故防止」• ポスター:• リーフレット: 運動の重点• 子供と高齢者の交通事故防止• 横断歩道における歩行者最優先の徹底• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 三重県-夏の交通安全県民運動 静岡県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• スローガン(年間):安全をつなげて広げて事故ゼロへ• 実施要綱:• ポスター等: 重点日• 運動事前広報街頭指導の日:7月10 日(金)• 子供と高齢者の交通事故防止の日:7月15 日(水)• 飲酒運転根絶の日:7月17 日(金) 長野県-夏の交通安全やまびこ運動• 期間:令和2年7月22日 水 ~ 7月31日 金• ポスター等:発表され次第追記します。 石川県-夏の交通安全県民運動[北陸3県統一]• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• スローガン:「さわやかに 夏を走ろう 北陸路」• ポスター: 富山県-夏の交通安全県民運動[北陸3県統一]• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• スローガン:「さわやかに 夏を走ろう 北陸路」• ポスター:発表され次第追記します。 実施要綱:発表され次第追記します。 福井県-夏の交通安全県民運動[北陸3県統一]• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• スローガン:「さわやかに 夏を走ろう 北陸路」• ポスター:発表され次第追記します。 実施要綱:発表され次第追記します。 近畿 大阪府-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月1日(水)~7月31日(金)• ポスター:• リーフレット(表):• リーフレット(裏): 重点項目• 子供の交通事故防止• 自転車の安全利用の推進• 二輪車の交通事故防止• 飲酒運転の根絶 京都府-夏の交通事故防止府民運動• 期間:令和2年7月21日(火)~7月31日(金)• 年間スローガン:「思いやりで 高めよう! 京都の交通マナー」• ポスター等:発表され次第掲載 奈良県• 期間:発表があった場合に掲載• 年間スローガン:発表があった場合に掲載 滋賀県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月1日(水)~10日(金)• ポスター等:発表され次第掲載• スローガン:「速さより マナーで競う 湖国道」、「スマホより 横断歩道の 僕を見て」「あせらずに あおる心に ブレーキを」 重点項目• 高齢者および子どもの交通事故防止• 歩行者および自転車の安全確保• 生活に密着した身近な道路および交差点における安全確保• 全席シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 和歌山県-わかやま夏の交通安全運動• 期間:令和2年7月11日 土 ~20日 月• ポスター等: 兵庫県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月15日(水)~7月24日(金)• ポスター等: 重点項目• 子供と高齢者の安全な通行の確保• 高齢運転者等の交通事故防止• 自転車の交通安全• 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 中国 広島県-夏の交通安全運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• ポスター等(表):• ポスター等(裏): 岡山県 実施予定の発表はありません。 山口県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• ポスター等: 重点日• 7月13日(月):子供を始めとする歩行者の安全の確保• 7月15日(水):高齢運転者等の安全運転の励行• 7月17日(金):自転車の安全利用の推進• 7月20日(月):横断歩道における歩行者優先の徹底 鳥取県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月13日(月)~22日(水)• 年間スローガン:「つくろうよ 事故なし 笑顔の鳥取県」• ポスター等:発表され次第掲載 島根県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月1日(水)~21日(火)• 年間スローガン:「広げよう事故ゼロしまねの思いやり」• ポスター等: 重点項目• 子供と高齢者の交通事故防止• すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶• 過労・わき見運転の防止 四国 徳島県 実施予定の発表はありません。 高知県 実施予定の発表はありません。 愛媛県 実施予定の発表はありません。 香川県 実施予定の発表はありません。 九州・沖縄 福岡県-夏の交通安全県民運動• 期間:発表され次第追記します。 ポスター等: 佐賀県-夏の交通安全県民運動• 期間: 令和2年7月8日 水 ~7月17日 金• ポスター等: スローガン 「守ろう交通ルール 高めよう交通マナー」 サブスローガン 「やめよう!佐賀のよかろうもん運転」 重点項目• 「よかろうもん運転」の根絶• 子どもを始めとする歩行者の安全の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 飲酒運転の根絶• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 「原則ハイビーム」による夜間の交通事故防止• 自転車安全利用の推進 長崎県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月10日 金 ~7月19日 日• スローガン:「スマホより 横断歩道の 僕を見て」• ポスター等: 重点項目• 歩行者の道路横断時の交通事故防止• 高齢運転者等の安全運転の励行• 飲酒運転の根絶 熊本県-夏の交通安全県民運動• 期間:発表があった場合に掲載• ポスター等:発表され次第掲載 大分県-おおいた夏の事故ゼロ運動• 期間:令和2年7月13日(月)~7月22日(水)• ポスター等:発表され次第掲載 重点日• 7月13日 月 早朝または夕刻における街頭啓発• 7月20日 月 早朝または夕刻における街頭啓発 宮崎県-夏の交通安全県民総ぐるみ運動• 期間:令和2年7月11日 土 ~7月20日 月• ポスター等: 重点項目• 子供と高齢者の交通事故防止• 脇見・ぼんやり等の漫然運転追放及び歩行者優先運転の推進• 全席シートベルト・チャイルドシートの正しい着用の推進• 飲酒運転の根絶• 自転車の安全利用及び自転車保険加入の促進 鹿児島県-夏の交通事故防止運動• 期間:令和2年7月11日 土 ~20日 月• スローガン:鹿児島の夏!マナーが輝く快適ロード• ポスター等:発表され次第掲載 重点項目• 子どもと高齢者の交通事故防止• 全ての座席のシートベルトの着用とチャイルドシートの正しい使用の徹底• 飲酒運転・あおり(妨害)運転等無謀運転の根絶• 自転車利用時のヘルメット着用及び自転車損害賠償保険等への加入の徹底~かごしま自転車条例の更なる理解促進~• 二輪車の交通事故防止 沖縄県-夏の交通安全県民運動• 期間:令和2年7月11日(土)~7月20日(月)• ポスター等:• リーフレット: 重点項目• 飲酒運転の根絶• 二輪車の交通事故防止(無謀な運転の防止・マナーアップの推進)• 子どもを始めとする歩行者の安全の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 飲酒運転の根絶 飲酒運転のその先に あおり運転の厳罰化 後部座席のシートベルト 自転車のヘルメット 高齢者の自動車免許返納 交通安全に関する記事 交通違反の取り締まり総件数は、1日あたり約2万件(検挙数は約1万7500件)です。 「一時停止違反」と「歩行者妨害」の取り締まりが強化されています。 第一当事者の死亡事故件数は、75歳を超えると大きく増加。 免許取り消し、高額な罰金だけでない。 懲戒免職・解雇等になるケースも少なくなく、失われるかもしれない未来はプライス。 業務用の「運転日報」・「車両点検表」を無料でダウンロードできます。

次の

令和2年春の全国交通安全運動について

春の 全国 交通 安全 運動 2020

令和2年春の全国交通安全運動実施要綱 令和2年1月30日 千葉県交通安全対策推進委員会• 令和2年春の全国交通安全運動 運動期間: 1 令和2年4月6日 月曜日)から4月15日(水曜日)までの10日間 2 交通事故死ゼロを目指す日 4月10日(金曜日) 入園・入学のこの時期は、子供の交通事故の増加が懸念されます。 また、依然として高齢者が関係する死亡事故の割合が高く、特に歩行中の事故が多く発生しています。 この時期に、幼児・児童には、交通社会の一員としての自覚と基本的な交通ルールとマナーを身に付けさせるとともに、運転者には、高齢者に対する保護・誘導活動意識をさらに醸成するなど、県民一人ひとりが交通ルールの遵守と交通マナーを実践し、交通事故防止の徹底を図ることを目的に実施します。 ~見過ごすな 信じて挙げた 小さな手~• 子供を始めとする歩行者の安全の確保• 高齢運転者等の安全運転の励行• 飲酒運転等の危険運転の防止• 自転車の安全利用の推進 特に「ちばサイクルール」の周知徹底 千葉県交通安全対策推進委員会 (1)子供を始めとする歩行者の安全の確保 歩行者の交通ルールの遵守• 安全に道路を通行するための子供とその保護者等に対する交通安全教育• 子供の登下校時における通学路等の安全確保 歩行者の安全の確保• 道路を横断する際の危険性を周知し、横断時は横断歩道を通行することを広報• 歩きスマホなどの「ながらスマホ」の危険性に対する広報啓発 高齢歩行者の交通事故防止• 外出する時は明るい服装と反射材の利用促進 2 高齢運転者等の安全運転の励行 高齢運転者の交通事故防止• セーフティ・サポートカーの普及啓発• 運転免許の自主返納制度及び返納者に対する支援措置の広報啓発• 運転に不安のある運転者等に対する相談窓口の周知及び利用促進 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 一般道路での後部座席における全席着用の徹底• 正しい着用の必要性・効果に関する理解の促進 3 飲酒運転等の危険運転の防止• 飲酒運転の悪質性・危険性への理解と規範意識を育てる運転者教育の促進• ハンドルキーパー運動の促進や飲酒運転根絶協議会等による飲酒運転を許さない環境づくりの促進• あおり運転等の危険性・迷惑性の高い行為を防止する広報啓発の推進 4 自転車の安全利用の推進(特に「ちばサイクルール」の周知徹底)• 「千葉県自転車条例」及び「」に基づく自転車の通行方法等の交通ルール・交通マナーの周知• 自転車の点検整備と自転車事故被害者の救済に資するための各種保険制度の普及啓発• 自転車のライトの早めの点灯とヘルメットの着用推促進 あなたとみんなの命を守る「ちばサイクルール」 【自転車に乗るときのルール】• 車道の左側を走ろう• 歩いている人を優先しよう• ながら運転はやめよう• 交差点では安全確認しよう• 夕方からライトをつけよう 地域、家庭等における活動• 家族とともに、近所の交通上の危険箇所における通行方法や高齢者の運転について話し合いましょう。 夕暮れ時や夜間・早朝に外出する際は、明るい目立つ色の服装や反射材の着用を家族全員で心掛け、道路の横断方法や自転車の安全な乗り方などの基本的ルールについて、よく話し合いましょう。 歩きながらスマートフォンを使用すると、道路で人や自転車と接触したり、不注意で車道に出て車に跳ねられてしまうほか、駅で線路に転落するなど、大変危険です。 また、自転車乗用中にスマートフォン等の携帯電話を使用すると交通違反になります。 こうした危険性を十分話し合いましょう。 子供を対象とした活動• 子供と保護者が一緒に学ぶ参加・体験・実践型の交通安全教室等の開催、歩行中の安全な通行方法や、自転車安全利用のため「ちばサイクルール」を活用してルールとマナーの理解を深めましょう。 保護者等を交えた交通危険個所への点検、ヒヤリ地図の作成等による子供の目線から危険個所を把握して保護誘導活動を行いましょう。 子供の安全を保護する観点から、幼児から心身の発達段階に応じた交通安全教育の推進や通学路等における歩行者等の歩行空間の整備を推進しましょう。 高齢者が利用する機会の多い施設等における活動• 自治体、民生委員、老人クラブ等と連携し、反射材の利用促進や参加・体験・実践型の交通安全教室等の開催による歩行中・自転車乗用中の安全な交通行動等の指導を行いましょう。 高齢者サークル活動、医療施設等高齢者が多く集まる場所において、交通事故防止ポスターの掲示や映像を流すなど、交通安全啓発を推進しましょう。 千葉県警察ホームページに掲載されている県下の高齢者事故の発生場所を活用し、事故マップを作成するなど、身近な場所で発生している交通事故の実態を把握してもらいましょう。 職域における活動• 深酒や二日酔いに対する社内における注意喚起や職員による地域の交通安全啓発活動への参加を促進しましょう。 飲酒運転・無免許運転・携帯電話等使用の運転等による交通事故の実態及び悪質性・危険性の周知をしましょう。 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底について理解を深めましょう。 各種行事・会合や家族向け広報媒体(回覧板、チラシ)を活用し、「ちばサイクルール」について啓発に努めましょう。

次の