あさり 冷凍。 【栄養UPの冷凍保存方法】あさりの冷凍・解凍方法とレシピ5選!

【栄養UPの冷凍保存方法】あさりの冷凍・解凍方法とレシピ5選!

あさり 冷凍

働いていたり子育てに追われていると、例え近所であっても、買い物に費やす時間と労力は大変なものですよね。 そんな手間を省くには大量に買って保存することですが、貝類って保存がきくの? という疑問があるはず。 あさりは冷凍できる? 実はあさりは冷凍保存が可能なのです。 ですから、しじみも同様に冷凍保存が可能です。 ところが、この冷凍保存はいきなり凍らせてしまうと大変! 必ずやっていただきたいのが、砂出しのひと手間なんです。 あさりの冷凍の仕方 あらかじめ砂抜きのあさりを購入するのもありです。 が、どちらにせよ、砂抜き後に貝を優しくこすりあわせ汚れを取ったら、ペーパータオルでよく水気を拭いて、ジップロックをしてください。 袋はなんでもよいですが、何度も小分けで使うにはジップロックが便利ですよね。 その際平らに冷凍するとあとあと使いやすくて、よいですよ。 冷凍あさりの調理方法 そして次に、いざ冷凍したあさりを使いたい時の方法をお教えします。 お味噌汁などの場合には沸騰してからではなく、水からあさりを投入してください。 これは料理好きさんならご存知かと思いますが、冷凍したあさりは水から入れるのが常です。 なぜなら、この方が貝のうまみ成分が汁に十分でるからなのです。 ただしあまり新鮮でないものはお湯からという方も中にはいらっしゃいます。 私は冷凍1か月でもその臭みを気にしたことはないのですが、気になる方はお湯から入れてみてくださいね。 ここでのポイントは、絶対にあさりを解凍しない! ということです。 あさりは一度解凍すると、臭みや劣化が勢いよく増します。 また、あさりは必ず、汁ものでも酒蒸しでも、冷凍のまま使ってください。 混ぜご飯などに使いたい場合には、一度味付けしてから加えたら臭みは抑えられると思います。 貝に至っては、他の野菜類とは異なり、夏でも梅雨でも気にせず保存できること良い点ですね。 私のおすすめレシピは、冷凍の貝をたっぷり使ったパスタ、ボンゴレビアンコです。 ボンゴレビアンコの作り方 関連ページ 母が市場に努めているため、魚をよく購入してきて、おすそ分けしてくれるのですが、その量が半端ないほど多いので毎回、食べるのにひと苦労です。 三人家族なのに、カワハギを6枚とか、ぶりの切り身を10切れとか、いっぺんに食べきれません。 そのため、魚を扱っていることもあって、母に保存方法を習いました。 一人暮らしをしているのですが閉店間際のスーパーにいき、安くなって割引されているお刺身をたくさんかってきてたべたりしています。 ですがお刺身は長持ちしないので安くなっていても、買いだめなどはできません。 そこで、お刺身の美味しく食べられる期間から、保存方法などを調べたのでお伝えしようとおもいます。 ある日、突然義母から生のさんまが送られてきました。 とてもありがたいのですが、その数、なんと30尾。 とても一度に食べきれるはずがありません。 もちろん冷凍すれば保存できることは知っていたのですが、できるだけおいしい状態で、しかも簡単に保存したいですよね。 そこでさんまをできるだけ新鮮なまま、かつ簡単に保存できる方法について調べてみました。 しじみとか味噌汁くらいにしか使い道わかんないし、余らすと保存がきかず臭くなりそう。。。 と思っていた矢先、母親に相談したらなんとしじみは冷凍保存ができるとのこと。 また、なんと冷凍の方がうまみがアップするとのこと!! 今回はそのしじみの冷凍保存の方法をご紹介するので、ぜひご参考頂ければと思います。 魚介類を長持ちさせるコツや常温・冷蔵・冷凍の場合の保存方法、保存期間の目安など、各魚介類の保存方法を詳しく解説してます。 私は以前マグロやというマグロ専門の居酒屋で働いていたので毎日のようにマグロを触り、マグロの種類に合わせた保存の仕方を学びました。 たくさん必要な時やあまり出ずに余ってしまうことが日によって起こってしまうのでマグロ保存には気を使い悩まされてました。 そんな元マグロやの店員の私ががマグロの種類と保存方法を教えます。

次の

あさりの冷凍保存の仕方。美味しく食べられる保存期間も紹介。

あさり 冷凍

Sponsered Link あさりの5分砂抜き法 用意するもの• ボウル アサリの5分砂抜き法:やり方• ボウルに沸騰したお湯500mlと水500mlを入れ、50度のお湯を作ります。 そこにアサリを入れ、3分ほど待ちます。 すべてのアサリの口が少し開いたら、ボウルの中で1分程度こすりあわせるように洗います。 最後に水できれいに洗い流します。 memo 50度で砂抜きしたアサリは傷みやすくなっていますので、砂抜き後はすぐに調理しましょう。 熱すぎると貝が死んでしまって砂を吐き出せず、低すぎても反応が薄くなってしまうため、50度くらいが最適です。 Sponsered Link 王道のあさりの砂抜き方法• 3%の食塩水を作ります。 あさりを、ざるに重ならないようにして入れ、バットの上に置きます。 あさりがひたひたに浸かる程度に食塩水を注ぎ入れ、新聞紙などをかぶせて暗くして、そのまま1時間ほどおきます。 あさりを水で綺麗に洗います。 あさりのうまみアップ法 王道の砂抜き後、そのまま1〜3時間常温に置いておくだけで、旨味がアップして美味しくなります。 これは、貝に含まれるうまみ成分「コハク酸」が数倍にアップするためです。 Sponsered Link あさりの冷凍保存&解凍方法 あさりは冷凍保存することも可能で、3か月はおいしく食べることができます。 冷凍すると死んでしまうので、後から砂抜きをすることができません。 ですから、冷凍する前に砂抜きをしておきましょう。 あさりの冷凍保存の方法• あさりは砂抜きをして綺麗に洗い、水気を切ります。 小分けにして、保存袋などに入れ空気を抜いて密封し、冷凍します。 あさりの解凍方法• 鍋にお湯を沸かし、沸騰したお湯の中に冷凍のあさりを入れる。 沸騰したお湯に入れるのがポイントです。 まとめ 5分で砂抜きは、時間がない時に便利ですね! あさりも1年中買えますが、やはり旬の時期は新鮮でおいしいですよね。 殻ごと冷凍できるというのは知らなかったのですが、旬の安い時に少しまとめて買って冷凍しておくのもいいですね。 おいしい出汁が出るので、お料理に上手に活用したいです。 ぜひ試してみてください。

次の

あさりの冷凍保存の仕方。美味しく食べられる保存期間も紹介。

あさり 冷凍

手順 が終わったら、貝の水気を取ります。 水気を取ったら、ビニール袋に入れて冷凍すればOK。 我が家の場合は、使う時に便利なように袋に小分けにして冷凍しています。 ただ、貝ごと冷凍する場合は、必要な分だけ取り出すことができるため、特に袋を開けなくても良いと思います。 真水に浸して冷凍する ~ 味を重視 味を重視する方は、真水に浸した状態で冷凍する方法があります。 この方法はテレビで「あさりを乾燥させずに、旨みを閉じ込めることができる」と紹介されていました。 手順 が終わったら、貝ごと真水に浸して袋に入れます。 その時のポイントはこちら• 氷と一緒に入れておくと早く冷凍できる• 一回で使いきれる分を袋に小分けにする なるべく空気が入らないように袋を結んて冷凍庫に入れればOK。 水と一緒に冷凍しているので味噌汁などにするのが良いですね。 酒蒸しにして冷凍する ~ 調理がお手軽 & むき身にすれば省スペース 酒蒸しにした状態で冷凍しておくのも一つの手です。 解凍時にすぐに料理と混ぜて使いたい方や、冷凍庫の専有スペースを少なくしたい方にオススメ。 手順 が終わったら、鍋にあさりとお酒を入れて煮詰めます。 貝が開いたら冷めるのを待ちます。 冷凍庫のスペースを節約したい場合は、むき身にすると良いです。 トングを二つ使えば効率的に作業ができます。 袋やタッパに、使う分だけ小分けにして冷凍すればOK。 少々手間ですが、むき身にすればサイズが小さくなりますが、面倒なら貝ごと冷凍してしまうのもありだと思います。 個人的には、半分ぐらいむき身にすれば良い気がします。 省スペースになりますし、料理で使った時に貝付きが少しあったほうが見映えが良いです。 冷凍したアサリはいつまで食べられる? 冷凍したあさりはいつまで食べられるのか気になる方も多いと思います。 しっかりと冷凍されていれば、理論的にはいつまででも食べられるはずですが。 実際のところは2~3ヶ月で食べ切った方が良いと思います。 我が家の経験談をご紹介します。 2~3ヶ月なら安心して食べられる 一般的には、家庭用の冷蔵庫で冷凍したあさりは2~3ヶ月で食べきると良いです。 あさりの冷凍方法を調べてみると、2~3ヶ月なら問題なしと紹介されていることが多いです。 半年ほど経っても問題なし 我が家では、冷凍してから半年ほど経ってからあさりを食べることがありますが、今までアタったことはありません。 個人的には半年程度であれば、問題なく冷凍したあさりを食べることができると思っています。 1年経ったら要注意 過去に、1年ほど冷凍しておいたあさりを食べたことがありますが、やめておいたほうが良いです。 味噌汁にしたのですが…。 私 … 匂いがおかしいと感じて食べなかった• 妻 … 食べたらお腹の調子が悪くなった 笑 妻は、実際に食べて腹の調子が悪くなりました。 食中毒のレベルではないのですが、お腹がゆるくなったとのこと。 私は匂いがおかしいと感じ食べるのをやめておきました。 冷凍したあさりは、一気に加熱して貝を開かせる 冷凍したアサリは、低温で調理すると口が開かないです。 一気に加熱するのがポイント。 例えば、味噌汁などにするときには、水からあさりを投入するのではなく、煮えてきた状態で冷凍したあさりを投入すると良いです。 また、しっかり管理して冷凍されていれば、口が開かなくても食べても大丈夫です。 腐っているわけではありません。 まとめ あさりの冷凍方法を3種類ご紹介しました。 貝ごと冷凍する方法 ~ お手軽• 真水に浸して冷凍する ~ 味を重視• 酒蒸しにして冷凍する ~ 調理がお手軽 & 貝を剥けば省スペース 冷凍したアサリは2~3ヶ月で食べきると良いです。 我が家は半年経っても食べます また、解凍する時には一気に加熱しないと貝が開きません。

次の