除籍影響。 【速報】新型コロナ関連の企業融資・補助金・助成金まとめ※4/6追記

【速報】新型コロナ関連の企業融資・補助金・助成金まとめ※4/6追記

除籍影響

この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 国会における除名 [ ] 除名は国会議員に対する懲罰の一種として規定されている(第2項、第122条第4号)。 除名処分は、「院内の秩序をみだした議員」が対象とされ(日本国憲法第58条第2項)、より具体的にはでは「議院の秩序をみだし又は議院の品位を傷つけ、その情状が特に重い者」を対象とするものとし(衆議院規則第245条)、では「議院を騒がし又は議院の体面を汚し、その情状が特に重い者」を対象とするものと定めている(参議院規則第245条)。 「」も参照 はへ付託され(衆議院規則第234条、参議院規則234条)、その後、本会議において委員長が報告することとなる。 議員を除名するには除名対象議員が所属する議院の本会議において出席議員の3分の2以上の多数の賛成による議決が必要である(日本国憲法第58条第2項)。 なお、議院規則に基づき、本会議決議における除名決議において出席議員の3分の2以上の多数による賛成がなかった場合にも、出席議員の過半数の賛成で他の懲罰を科することができるとされている(衆議院規則第246条、参議院規則第246条)。 除名処分が下されると、当該議員は議員の身分を失う。 ただし、除名処分者は処分後の選挙に立候補して当選した場合には再び議員となることができ、両議院は、除名された議員で再び当選した者を拒むことができないものとされている(国会法第123条)。 国会において除名された議員 本会議採決日 議院 議員 賛 反 比率 理由 1950年4月7日 118 10 92. 政府・の政策を反動と非難してとを賞賛、の否定とも受け取れる発言)への陳謝を拒否したため 「」も参照 帝国議会における除名 [ ] 帝国議会における除名は、衆議院においては院議により、貴族院においては勅裁によるとされていた。 除名の原因は懲罰を原因とするものと召集不応または欠席を原因とするものの2種とされていた。 懲罰による除名 衆議院においては事犯のあった日から議員20人以上の賛成をもって動議をなし(議院法第98条)、その表決数は出席議員の3分の2以上とされていた(議院法第96条第2項)。 ただし、除名された議員が選挙で再選された場合に衆議院はこれを拒むことができないとされていた(議院法第97条)。 召集不応または欠席による除名 議員が正当な理由なく指定期日後1週間以内に召集に応じない場合、正当な理由なく本会議や委員会を欠席した場合、請暇の期限を過ぎたにもかかわらず議長より発せられた招状を受けてから1週間以内に出席しない場合には、貴族院においては出席停止とした上で上奏して勅裁を請うものとし、衆議院においては除名することとされていた(議院法第99条)。 なお、貴族院議員については禁錮刑以上の刑に処せられた場合または破産宣告を受けてそれが確定した場合にも勅命をもって除名すべきとされ(貴族院令第10条第1項)、除名された議員についてはさらに勅許がなければ再び議員となることができないとされていた(貴族院令第10条第3項)。 帝国議会において除名された議員 本会議採決日 議院 議員 賛 反 比率 理由 1893年12月13日 185 92 66. 除名は懲罰の一種であり(地方自治法第135条第1項)、その動議を議題とするには議員の定数の8分の1以上の者の発議によらなければならない(地方自治法第135条第2項)。 また、除名については、定足数は議員の3分の2以上、表決数は議員の4分の3以上とされている。 除名決議に関連する訴訟事件 [ ]• 政党の除名 [ ] においても、で反党行為や反社会的行為や公序良俗に反する行為に対するへの除名(党によっては「」)を定めている。 特に、経験者や中央幹部経験者の行動における政党本部による処分の場合は注目される。 第86条第9項・第10項で、国政選挙の比例区の候補者が除名により政党に所属する者でなくなった場合、政党が「当該候補者が政党に所属する者でなくなった旨の届出」と「当該除名の手続を記載した文書」と「当該除名が適正に行われたことをが誓う旨の宣誓書」を提出することが規定されている。 この手続きにより、仮に欠員が生じての対象となっていたとしても、政党の比例代表名簿から抹消されているため、当選の権利を有しないこととなる。 当該事例として、での名簿に登載されていた(詳細はを参照のこと)、での名簿に登載されていた(比例単独)の事例があげられる。 国会議員経験者の除名処分 [ ]• 、(1952年):同年中に除名取り消し。 石橋湛山、(1954年):に参加。 石橋は二度目の除名。 いずれも後のによって自由民主党に参加している。 詳細は「」を参照• 1993年 :衆議院定数是正法案に党方針に反して賛成。 「板橋民主党」を結成、その後、新党さきがけを経て民主党へ移籍。 (1993年):民主改革連合、新進党を経て自由党へ移籍。 (1994年):首相指名選挙で党首の以外に投票。 新進党を経て自由連合へ移籍。 、、(1995年):伊東は自民党などの推薦を得て知事選に立候補。 金田、中尾は伊東を支援したため。 金田は新党さきがけを経て、民主党へ移籍。 中尾は、、新党さきがけを経て民主党へ移籍。 (1995年):知事選で、新進党推薦のを支援。 (1995年):前年の首相指名選挙でに投票。 新進党などを経て、それぞれ民主党へ移籍。 、、、、(1996年):党のや自衛隊容認方針をめぐり反発しを結成。 矢田部・小森・栗原・岡崎は歴代委員長に就任。 、(1996年) :らとともにを結成。 のち民主党へ移籍。 (1998年):党の沖縄基地問題の方針をめぐり、民主党へ移籍。 (2001年):改正案に党方針に反して賛成。 無所属の会へ移籍。 詳細は「」を参照• (2020年):後に、新宿・歌舞伎町の性風俗店を利用する軽率な行動をとったため。 (2018年):執行部を批判し、党の名誉・信頼を傷つけ、党の結束を乱す背信行為のため。 無所属として活動ののち院内会派に入会。 、(2018年):党の結束を乱す背信行為のため。 今井は民主党在籍時に続き、自身2度目の除籍。 長浜は無所属として活動のち立憲民主党に入党。 今井は立憲民主党の院内会派に入会。 (2019年):党の名誉及び信頼を傷つける行為及び党の結束を乱す行為・言動に抵触する重大な反党行為のため。 立憲民主党に入党。 (2019年):国対委員長代行の要職にありながら国会会期中に重い職責を放棄する無責任極まりない行為のため。 立憲民主党の院内会派に入会。 党所属かつ員の議員が党から除名されると、続けて学会からも除名処分を受けることになる。 ・故殺人・反逆のの罪を犯した場合、あるいは監臨・主守の職にある者が担当場所にて犯した罪、盗み・略人(人身売買)・受財枉法(収賄して法律を枉げる)・その他五流()相当の罪などを犯した場合、それぞれの本刑に加えて出身以来の・を全て剥奪され、のない者の場合には庶人に降格された。 また、・・も没収されて一般庶民と同様に課役の対象とされたが、官人が持つとされた「」としての名誉を重んじる観点から、実際の労役・兵役が伴う課役については免除された。 この他にも免所居官(現任の位階、無位であれば勲位の剥奪)、免官(現任の位階・勲位両方の剥奪)などが除名より軽い付加刑として存在していた。 これらをまとめて 除免(じょめん)と呼ぶ。 日本の律令制においては以降に執行が事実上停止となったの代替として行われた流罪の付加刑として執行されることもあった。 除免および同様の効果をもたらす換刑措置であるは官人の身分に関わる重大な処分であったことから、日本においては一旦などで処分が決定された後もにおいて再審が実施され、更にの手続によるの裁可を必要とした。 除免・官当となった者のは天皇の裁可が降りた日に太政官において破毀され、やに保管されている位記の写しにも「毀」の一字が上部に記された。 除名とされた場合には処分を受けた時から6載の後(丸6年が過ぎた後の最初の(通常は7年目の正月に実施される叙位))に元の位階などに応じて数段格下げされた位階が再叙された(なお、免所居官の場合には1載の後に1階格下げ、免官の場合には3載の後に2階格下げの位階を再叙されている)。 なお、こうした再叙規定は日本では3年()に初めて導入されたことが知られており(『』慶雲3年条)、には再叙の規定は存在せず、になってから初めての規定として加えられたとする説もある。 八虐・故殺人・反逆の縁坐以外の理由で除名された場合には、によって刑罰が執行されなかった場合でも除名は解除されなかったが、それ以外の理由による除名では恩赦で刑を免除されれば免所居官、減刑されれば免官に処分が引き下げられた。 参考文献 [ ]• 利光三津夫「除名」(『国史大辞典 7』(吉川弘文館、1986年) )• 小林宏「除名」(『日本史大事典 3』(平凡社、1993年) )• 野村忠夫「除名」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) )• 水本浩典「除名」(『日本歴史大事典 2』(小学館、2000年)) スポーツ界の除名 [ ] 日本の場合は、財団や社団となっている各競技団体が前述の「民法上の除名」に沿って、寄附行為や定款、またはルールブックなどで定めている。 プロ野球の除名 [ ] 日本野球機構の除名 [ ] を統括する(NPB)では、 第18章に 「有害行為」という条項があり、有期・無期・永久の3段階の失格処分が定められている。 このうち無期と永久が本項の「除名」に相当するものである。 詳細は「」および「」を参照 独立リーグの除名 [ ] 、のチームであっても日本プロフェッショナル野球協約は適用されるが、失格処分を決定するのはNPBではなく、(IPBL)となる。 アマチュア野球の除名 [ ] 日本学生野球協会の除名 [ ] 大学・高校のアマチュア野球を統括するでは、第29条に 「協会は学生野球団体、野球部、部員、指導者、審判員および学生野球団体の役員が本憲章に違反し、または前条の注意または厳重注意に従わない場合には、当該の者に対して処分をすることができる」と定めており、その最も重い処分として同30条に除名の規定がある。 除名処分を受けると、該当する個人の学生野球に関わる資格がすべて失われ、憲章15条にある「学生野球資格を持たない者との交流」からも排除される。 ちなみに除名は個人のみに適用されることになっており、野球部全体あるいは傘下の大学野球連盟・都道府県高校野球連盟を除名相当にする場合は、加盟校であれば 「登録抹消」、未加盟校は 「登録資格喪失」とする。 なお、部員または指導者個人が違反を起こした場合は野球部全体が合わせて処分を受けることがある。 また、学生野球と関係のない教職員や、私立校であればその設置者たるの役員が違反を犯した場合にも指導者ないしは野球部全体が処分の対象になり得るとも規定されている。 処分は高校であれば都道府県高等学校野球連盟からに報告され、審議委員会で処分の方向性を決定した後、日本学生野球協会の審査室会議に上申されて最終決定が行われる。 大学の場合は、所属する大学野球連盟からへの報告を経て協会への上申となる。 ただし外部者からの通報など協会に直接上申がなされることも可能であり、この場合審査室長の指示で日本高野連と全日本大学野球連盟が調査を行う。 協会に直接通報された事案は、報告遅れとして処分が重くなる傾向がある。 「」も参照 協会は、除名によって学生野球資格を失った者であっても反省の度合いによっては復帰への道を開いており、憲章29条の6に 「処分後の被処分者の情状を考慮して、処分の内容を解除変更することができる」と規定、将来的に除名が取り消される可能性もある。 また、審査室が行った除名の決定に不服の場合は協会会長、またはに申し立てができるとも定めている。 (昭和21年)の設立以降現在まで、協会が在学中の部員(選手)個人に対して除名処分を行った例はない。 監督・責任教師など指導者に対しては複数の実例があり、最近では(平成9年)にの監督がで逮捕された例、(平成14年)にの部長が違反罪で逮捕された例 などがある。 (平成23年)12月にはの野球部長を務めていた元教師が違反で逮捕された後に除名処分を受け 、また(平成27年)には学校名非公表となりながらも責任教師が違反(淫行)で逮捕され、除名となった例がある。 また野球部全体に対する登録抹消は(平成19年)のと2011年のがそれぞれ日本高野連審議委員会から処分相当の内示を受け協会に上申された例があるが、どちらも審査室会議直前に野球部を解散したり高野連を脱退するなどし、処分は行われなかった。 「」も参照 日本野球連盟の除名 [ ] ・および日本学生野球協会に未登録の大学・高校の野球部については、公益財団法人(JABA)の管轄となる。 日本野球連盟では、チームないしは競技者個人については登録規程 第16条で「本連盟、加盟地方団体及び地区連盟の名誉を傷つけ又は連盟設立の目的、定款および別に定める規程ならびに加盟地方団体及び地区連盟の目的、規約、規程等に違反する行為があったとき」に登録を取り消すことができると規定しており、これが除名に相当する。 役員についても同第33条、地方団体・地区連盟については第42条で、ほぼ同様の規定が設けられている。 処分は連盟理事会の議決かつ加盟地方団体・地区連盟会長の同意を得て行うとされている。 実際に処分が行われた例としては、(平成25年)に除名となったがいる。 沼田は大学を中退後、クラブチームに在籍しながらプロとの契約の可能性を探ったが、NPBとJABAの申し合わせで定められた交渉制限期間を無視してMLBとマイナー契約したことが判明、その際にクラブから円満退部であることを証明する書面を取らず、なおかつアマチュア登録も抹消しなかったため、除名となった。 沼田は帰国後、BCリーグので日本のプロ選手となっており、その後は同リーグのを経て、NPBのにドラフト指名され入団している。 詳細は「」および「」を参照 大相撲の除名 [ ] のを行う公益財団法人では、「解雇」を上回る最も重い処分として「除名」が制度上は存在し、一般企業の、ヤクザ社会の絶縁に相当する強い意思を協会所属員の総意によって表すものと位置づけられる。 処分を受けた場合、退職金、功労金(一般企業の特別退職金に相当)などが一切支払われない。 また今後協会が行う一切の活動に参加できなくなるだけでなく、協会ないしは関連の企業との間で利害関係、取引関係を持つこともできなくなる。 現役力士が除名された場合は、それまでの・地位および競技成績についても一切無かったことにされる。 (平成26年)2月に公益財団法人に移行した際に賞罰規定の改正が行われ、除名に相当する場合でも理事会で機動的に対応できる「解雇」を平常時に取り得る最高の処分とすることにした。 ただし解雇ではファンの理解を得られないと執行部が判断した非常事態の場合に限り、評議員会の特別決議で除名処分が発動され得る。 旧法財団法人時代は、理事会の4分の3以上の賛成で評議員会を招集し、そこで役員を含む全員、日本国籍を持つ・陣、およびからなる評議員全体の4分の3以上の賛成によって特別決議すると定めていた。 詳細は「」を参照 (14年)の現法人設立以降では適用された例はないが、明治時代に運営方法の対立から前身のとは別の団体を立ち上げようとした力士数名が除名となった例がある。 2009年(平成21年)には所持で逮捕された力士に対して除名論が出たが、「前年に大麻所持で逮捕された別の力士を解雇にしており整合性がとれない」「(4分の3以上に緩和されていても)否決でもされれば余計混乱する」として解雇に落ち着いている。 なお、解雇でも「を許さない」点、また2014年に正式な処分として追加された引退勧告も拒否すれば解雇に切り替わる点を考慮すると何れにせよ極めて重い処分であり、かつ相撲のプロ組織は日本相撲協会しかないため事実上選手生命を絶たれることになる)。 詳細は「」および「」を参照 宗教の除名 [ ] キリスト教の除名 [ ] において、の誤ったの主張者や、罪を犯した者に対して、処分として執行される。 除名された者は教会員として扱われなくなり、教会から一切の交際を絶たれるが、悔い改めが認められた場合は、復帰が許される。 仏教の除名 [ ] においても寺院側に正当な理由があれば檀家を除名することができる。 新宗教系教団では信徒個人または信徒団体が誤ったを主張、ないしは開祖や幹部を批判したりした場合、あるいは罪を犯した者を除名することがある。 檀家の除名 [ ] 江戸時代には、檀徒が信徒としての責務を果たせないと判断された場合、寺はの発行を拒否することができた。 事実上の檀徒除名であり、後日、からも削除されてやとなり、社会生活から除外された。 詳細は「」を参照 創価学会の除名 [ ] 日蓮正宗の傘下団体として発足し、その後仏教系団体となったは会則69条で「会員は退会または除名によってその資格を喪失する」と定めており、その具体的運用として会則72条に「会員としてふさわしくない言動をした会員に対し、その情状に応じ、戒告、活動停止または除名の処分を行うことができる」という記述がある。 処分に関しては中央および総県に設けられた「審査会」が、区本部長以上の幹部から出される申し立てに対して速やかに処理しなければならないとされる。 公明党議員の除名 から除名された議員経験者は遅かれ早かれ学会からも除名されることになる。 実例としてが(平成10年)に公明党から除名された直後、創価学会も竹入を除名している。 また(昭和63年)に党を除名されたも学会から除名されている。 しかしやは公明党が処分を見送ったため、離党届受理、学会も自主的退会で済んでいる。 「」も参照 この規定は第2代会長が存命だった時代には厳しく運用され、大阪事件では当時の理事長と選挙運動の最高責任者として派遣されていた渉外部長の(後に3代会長・名誉会長)以外に逮捕された学会員全員が除名された。 しかし、戸田が死去し池田体制になった後は、日蓮正宗と違って一度除名処分を受けると二度と活動に復帰することはできないという内部の事情もあり、学会が起こした事件に関与した幹部の中には除名されなかった者もいるなど、 「学会のために行動して逮捕された」と認められた学会員や幹部への処遇は戸田時代より甘くなった。 例として、やに関与し逮捕され、宮本顕治宅盗聴事件の判決文で挙げられた学会員の一人が除名されず、(平成16年)のでは創価学会幹部として逮捕されている。 また、2002年のでは逮捕された実行犯の三人は除名されず、通信会社を処分になった学会員は裁判確定前に創価学会弁護団の斡旋で別の企業に再就職した経緯も存在する。 「」も参照 また学会と同様に一度除名されると復帰は不可能だが、稀に退会者と同様の折伏が行われることもある。 その場合、過去に支部や隊レベルで除名の決定を受けていたことが後日発覚すれば本部レベルでの除名に切り替わり、再入信はできなくなる。 創価学会から顕正会に移籍した会員については、昭衛への忠誠心が低下したという理由で除名されても、前述の通り退会ないしは除名処分を受けた時点で学会に戻れなくなる。 この結果、学会復帰を諦めて宗門や正信会へ再度移籍した人もいる。 ただし、顕正会への入会前に学会員の経験がなかった者については顕正会を除名された後、創価学会へ移籍することができる。 この場合、入会に際して地区部長や区本部レベルで通常の新規折伏よりも厳しい審査が行われ、総県を担当する副会長や幹部経験者であれば中央本部の承認が必要となることもある。 詳細は「」を参照 オウム真理教の除名 [ ] 後身のでは、会費を滞納すれば自動的に除名される。 Alephから分裂したでは、以下のいずれかに該当する場合は除名することができるとしている。 教団の基本理念、本会則及び役員会の定める規定に反する行為をしたとき• 重大な法令違反をしたとき• 教団又は他の会員の、又は重大な損害を与えたとき• 教団又は他の会員の活動を妨害したとき• 他の会員の、、及びその他の権利を侵害したとき• その他、会員としてふさわしくないと判断される行為をしたとき イスラム教の除名 [ ] イスラム教では信仰を捨てることが禁止されているが、これは逆にいうとイスラム教徒に対して破門や除名を行うことはできないという意味になる。 そのため、イスラム教では除名という概念が存在しない。 「」も参照• - 公式ホームページ。 - 2015年11月11日付け1面。 - ホームページ、2015年11月10日更新。 日本学生野球憲章30条の3。 憲章29条の2。 憲章29条の3。 - 47NEWS 2002年12月9日掲載。 - 2011年12月8日付• - 時事ドットコム 2015年4月16日掲載。 - 日本野球連盟ホームページ。 - 講道館ホームページ。 - 朝日新聞デジタル 2013年4月13日閲覧。 講道館を通じて柔道競技に関わった競技者および指導者全体を指す。 - 創価学会公式ホームページ。 - cobatch's Favorite 2010年6月11日閲覧、2005年8月26日付4面掲載の再録。 当時の創価学会理事長の発言より。 「しんぶん赤旗」2003年05月15日〜5月17日付け• 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

だれも教えてくれない戸籍の話(転籍)

除籍影響

退学と除籍の違い 除籍や退学の規定は大学によって異なる 実は、 除籍や退学について統一された規定はなく、各大学が定める学則によって決められています。 そのため、大学によって除籍者の扱いは少し異なりますが、多くの大学では以下のように定められています。 退学 「退学」とは、学生本人が退学届を提出し、大学側が退学届を受理したことを指します。 除籍 「除籍」とは、事務上の処理を指す言葉で、 学生が大学に在籍している状態から、在籍していない状態にすることを指します。 自分の意志で退学手続きを行って辞める自主退学との大きな違いは、 大学側から在籍者リストから外す手続きが行われることです。 除籍をされる理由には、以下のようなものがあります。 学費を納付しない• 在籍限度年数を超えた(4年制大学で8年、短大で4年のケースが多い)• 休学期間を超えた• 学業を怠り、成業の見込みがない• 指定された期間内に履修登録をしない この中でも、「学費を納付しない」という除籍理由が最も多く、家庭の経済状況など本人が理由ではないことも多いです。 しかし、どんな理由であっても、 正式な退学手続きを行っていないことに変わりはありません。 そうした理由から、除籍に対して、 自主退学よりも良い印象を持たない人が多いのが現状です。 自主退学も除籍も「大学中退」に含まれる 上記で、退学と除籍は大学によって定義が違うことをお伝えしました。 大学を退学した人のことを、「大学中退」と言いますが、実は 除籍であっても「大学中退」にあたります。 そもそも「大学中退」とは、 大学中途退学の略称で、大学を卒業せずに辞めることを意味しています。 大学中退というと「退学届けを出して大学を辞めること」というイメージがありますが、大学を途中で辞めていれば、 退学届けを出して自主退学しても、退学届を出さないで大学から除籍されても、大学中退になります。 自主退学は退学証明書、除籍は除籍証明書が発行される 大学を中退すると、もう大学と関わることはないと思いがちですが、 就職時や編入時に大学に発行してもらう証明書が必要になることがあります。 就職の場合は、 履歴書に記載された学歴が虚偽ではないかの確認のために利用され、別の大学に編入する場合は、 二重学籍(二つの大学に同時に在籍する)を防止するために利用されます。 正式な退学手続きを行った 自主退学の場合、大学中退者が必要になる証明書はすべて発行することができます。 しかし、除籍された場合、発行できる証明書が限られるなど大学によって対応が異なります。 〈自主退学者が発行できる証明書〉• 退学証明書• 成績証明書 〈除籍者の場合〉 除籍になった学期の成績は載せてもらえませんが、 除籍前に修得した単位の、成績証明書は出してもらえることが多いです。 ただし、除籍になった理由や大学の方針によっては、 除籍者の単位は一切認めず、成績証明書も発行できないという場合もあります。 また、除籍されると、基本的に 退学証明書は発行できませんが、代わりに「除籍証明書」や「在籍期間証明書」を発行してくれる大学もあります。 大学に通っていたという事実は、「除籍証明書」や「在籍期間証明書」で証明できますが、提出した時点で除籍だという事実は分かってしまいます。 他の大学への編入を考える場合も、除籍証明書では編入を認めてもらえないことが多いです。 除籍者の証明書については大学によって対応が様々なので、詳しくは各大学に問い合わせるのが確実です。 自主退学と除籍では認定される単位が異なる 除籍されると、これまでに修得した単位はどうなるのかと疑問に思う人が多いです。 自主退学の場合、退学までに修得した単位はすべて認定されます。 基本的に、 退学後何年経っていても、単位修得証明書の発行が可能なので、「やっぱり大学卒業しておきたい」と思った時に、これまでの単位を活かして編入することもできます。 一方で除籍された場合、単位認定は大学によって対応が異なるものの、 「 除籍になった学期の単位は認められないが、それまでに修得した単位は認められる」 というケースが最も多いです。 ただし、除籍の定義は各大学が決めているので、除籍者の単位は一切認定しない大学や、除籍になった学期の単位も認定する大学もあります。 除籍理由によっても対応が異なるので、詳しくは各大学に問い合わせることをおすすめします。 自主退学でも除籍でも、在学していた記録は残る 退学届が受理された 自主退学の場合、入学から退学までの在籍記録はもちろん、修得単位数などの記録も残されています。 一方、除籍をされると「大学にいた事実がなくなる」といわれることがありますが、ほとんどの場合、 除籍をされても、大学にいた事実は在籍記録として大学に残っています。 例えば、除籍証明書に「大学に在学していなかったものとする」といった内容が書かれていたとしても、「除籍者」として記録は残してあることが一般的です。 抹籍 除籍に似た言葉に「抹籍」がありますが、抹籍とは字があらわす通り、籍を抹消することです。 抹籍扱いになるのは、重大な犯罪を犯した場合など、限られたケースしかありません。 抹籍になると、 在籍記録も消されて大学にいた事実がなくなるので、就職のために履歴書を作成する際にも、大学に関する学歴は記載できません。 自主退学なら再入学、除籍なら復籍ができる 大学中退後でも、 自主退学の場合は再入学、除籍の場合は復籍の手続きを行えば、もう一度大学に通うことができます。 再入学も復籍も、もう一度大学に通うという点では同じですが、受理される条件が違うことが多いです。 〈再入学〉• 再入学できる期限は、退学後2~4年と決められていることが多い(大学によっては期限を設けていないこともある)• 退学に至った理由に問題点がないか審議され、再入学できるかどうかが決められる• 再入学試験を受験しないといけない大学も多い• 再入学する際、 入学金(25万円前後)が必要な大学もある 〈復籍〉• 復籍できる期限は、 除籍されてから1年以内と決められていることが多い• 除籍になった理由が、犯罪に近い問題を起こした場合などは、復籍が認められないこともある• 復籍するための試験に合格しないといけない大学が多い• 復籍手数料(3千~1万円程度)を払う必要がある• 復籍期限を超えても、再入学できる場合もある 退学届の提出期限を過ぎても、退学を受理してくれる大学もある 除籍になると世間からのイメージがあまりよくないので、除籍されるのは避けたいという人もいるでしょう。 そのような場合は、大学に退学届を提出すれば、自主退学になり退学証明書が発行されるので、大学から除籍されることによる悪い印象を持たれることがなくなります。 大学に退学届を提出できる期間は、基本的にすでに支払った学費の有効期間とされています。 しかし支払った学費の有効期間を過ぎても、 次の学期の学費納付期限(前期4月末、後期10月末など)までであれば、次の学期の学費が未払いでも退学届を受け付ける大学も多いです。 退学届提出期限を過ぎると、退学届を提出するために次の学期の学費を支払わないといけなくなります。 すでに提出期限を過ぎていた場合は、 そのまま除籍になるか、半期分の学費を支払って退学手続きを行うのか、どちらが自分にとってメリットが大きいかを考えて判断しましょう。 大学の退学手続きは、基本的に以下のような手順で行います。 親の同意を得る• 学生課に退学届をもらいに行く• 退学届に必要事項を記入する• 指導教員や教授と面談を行い、承認印をもらう• 学生証と一緒に退学届を提出する 以下の記事では、大学の退学手続き方法を1から詳しく説明しているので、こちらも参考にしてみてください。 大学除籍学歴の履歴書の書き方 除籍者が中途退学と書いても学歴詐称にはならない 除籍の履歴書の書き方をインターネットで調べると、 「除籍は大学に在学していなかったことになるので、大学名を書いてはいけない。 」 「除籍なのに中途退学と書くのは学歴詐称になる。 」 といったことがよく書かれています。 しかし、前述したように、 除籍も中途退学と言えるので、中途退学と書いても学歴詐称にはなりません。 もちろん 大学名を書くことも学歴詐称にはなりません。 除籍通知書で、履歴書に書く除籍日がわかる 大学を除籍されたら、大学から「 除籍通知書」が本人と親宛に届きます。 この除籍通知書に記載されている日付が、正式に除籍された日である「 除籍日」になります。 前期分の学費が支払えない場合は、 前年度の3月31日。 後期分の学費が支払えない場合は、 9月20日前後に除籍日が決まるケースが多いです。 すでに、除籍通知書が届いていれば、履歴書の学歴欄にはその日付を記入します。 しかし、 除籍が決まるのは、授業料の納付期限から2~3か月後で、除籍通知書はそれ以降に郵送されます。 また、除籍が確定する前に就職活動を始めることにはメリットがあります。 後で就職先の人に除籍だと知られても、「 就職活動中は自主退学する予定でしたが、最後の学期の学費が支払えず除籍となりました。 」と、除籍になったことを堂々と伝えることができます。 大学除籍学歴の履歴書の書き方【見本】 除籍学歴の履歴書の書き方に決まりはなく、 「中途退学」と書いても「除籍」と書いても構いません。 学費未納という除籍理由を書くことで、 やむを得ない事情で除籍になったと伝えることができ、除籍のイメージ改善に繋げることができます。 履歴書に「中途退学」ではなく「除籍」と書くメリット 上記で、除籍者が履歴書を書くときには「中途退学」「除籍」どちらを書いても構わないことを解説しました。 一般的には、履歴書には除籍と書くよりも中途退学と書いた方が印象は良いです。 正直に「除籍」と書くメリットとしては、• 入社時に退学証明書を求められたとき、堂々と除籍証明書を提出することができる という点です。 近年、入社時に 最終学歴を証明できる書類の提出を求める企業が増えています。 そうした企業では、大学中退であっても、退学証明書などを提出をする必要があります。 しかし、上記でも述べたように、多くの大学で、除籍者には退学証明書ではなく除籍証明書が発行されるので、 書類提出の時点で除籍と分かってしまいます。 除籍を中途退学と書いても学歴詐称にはなりませんが、就職先の人が後から除籍と知って、どう対応するかは企業によります。 「 学費を支払期限までに支払えず除籍処分になりました。 」と伝えれば、大抵の企業は理解してくれますが、最初から除籍と伝えなかったことに不信感を抱かれることもあるかもしれません。 除籍者が履歴書に「中途退学」と書くことは、学歴詐称ではないので、堂々と「中途退学」と伝えて問題ありません。 しかし、後で除籍だと分かることがあることも理解し、どちらを書くか決めましょう。 また、除籍されたのだから「 大学に入学したことを履歴書に書かなくてよいのでは?」と思う人もいるかもしれません。 しかし、 大学の学歴を記載しないと、高校を卒業してから空白期間(ブランク期間)ができてしまい、その期間については面接で必ず質問されるので回答に困ってしまいます。 また、 大学入試に合格したことは企業から評価されることもあるので、大学の学歴については履歴書に記載しておいたほうがよいでしょう。 ただし、大学の学歴を記載するとしても、 大学を卒業したことにするのは完全な経歴詐称ですので絶対に避けてください。 大学中退者の履歴書の書き方については、以下の記事でさらに詳しく説明しているので、こちらも参考にしてみてください。 除籍された人の就職面接対策 履歴書に「中途退学」と書いた人の就職面接対策 履歴書に「中途退学」と書いた場合、 大学を除籍された事実は履歴書からはわかりません。 就職面接では、面接官から、 大学を途中で辞めた理由だけが確認されます。 大学を途中で辞めた理由を説明する際には、「学費を納めず除籍されました」などの除籍された事実がわかる理由を述べてもよいですが、あえて述べなくても嘘をついていることにはなりません。 学費を納めず除籍されたのであれば、 「 経済的に厳しく、学費を支払うのが難しかったからです。 」 というように答えれば、 後から除籍だと知られても学費未納のつじつまが合います。 また、退学証明書の提出が不要な企業では、 除籍の事実を知られることなく、そのまま就職できることも多いです。 正直に「除籍」と伝える人の就職面接対策 履歴書に「中途退学」「除籍」のどちらを書いても、面接官からは必ずと言っていいほど大学を辞めた理由を聞かれます。 除籍について詳しく知っている面接官は少なく、「何か問題を起こして除籍になったのではないか」と不安に思われることが多いです。 たとえ経済的な理由で学費を払えないようなケースでも、「 退学届けを提出することはできたはず」と考える面接官は多く、自分のすべきことをしていない人というマイナスの印象を持たれてしまいます。 除籍理由を伝えるときに大切なことは、 いかにやむを得ない事情であったかを伝えることです。 以下に例文を上げておくので参考にしてみて下さい。 「学費の支払いは親に任せていて、学費未納状態になっていることを除籍直前で知りました。 学費を払えば退学届を受理してもらえるとのことでしたが、期限までに学費を支払うことができず、除籍となりました。 自分自身が学費のことを気にしていなかったことを反省しています。 」 「家庭の経済状況が突然傾き、学費納入期限までに学費を支払うことができませんでした。 奨学金を借りても足りなくて、そのまま除籍となりました。 」 たとえ、退学届が受理された自主退学であっても、「学業についていけなかった」「大学に意味を見出せなかった」など、努力不足と捉えられるような理由では、面接官を納得させることは難しいです。 学費未納で除籍になった人は、 伝え方によっては自主退学よりもやむを得ない事情だったと分かってもらえることもあります。 正直に「除籍」であると伝えると決めたら、あまり悲観せず前向きに就職活動を進めましょう。 大学除籍後の就職を支援してくれるサービスを利用しよう! ここまで除籍後の就職活動方法について説明してきましたが、 自分一人だけでは就職活動を行うのが難しいなと感じた人も多いかもしれません。 そのような人は、 大学中退者向けの就職支援サービスを利用してみてください。 大学中退者向けの就職支援サービスでは、• 除籍後の就職に関する相談• 除籍された人向けの履歴書の添削や面接対策• 除籍をされた人が応募できる求人の紹介 を無料で行っていて、 孤独になりがちな就職活動をサポートしてもらえるので、 一人で就職活動をする場合に比べて就職率が飛躍的に高くなります。 以下の記事で、大学中退者が利用して内定をもらっている就職支援サービスを紹介しているので、除籍後の就職活動に不安がある人はぜひ活用してみてください。 除籍後は奨学金の手続きを行う必要がある 奨学金を借りていた人が除籍されたら、 すみやかに奨学金を止める必要があります。 奨学金を止める手続きは大学の担当窓口で行えるので、早めに手続きを行いましょう。 除籍をされた日以降に奨学金が振り込まれていた場合は、大学で振込先を教えてもらい返金する必要もあります。 奨学金の返済は、奨学金を止めてから7か月後にはじまります。 もし経済的に困難な状況で、奨学金の返済が難しいのであれば、 奨学金の「返済期限猶予制度」を利用して、最長10年間返済を猶予できるので、こちらも一緒に手続きをしておくとよいでしょう。 奨学金を止める手続きや返済期限猶予制度の手続き方法については、以下の記事で詳しく説明しているので参考にしてください。

次の

大学退学と除籍の違いと、除籍された人の就職方法

除籍影響

大学中退と除籍の違いを知らないと、就職で大きな差が出てくるので、2つの違いについてわかりやすく解説してきます。 「 中退」とは「中途退学」の略語ですが、どちらかというと「 自分の意志で辞める」意味合いが強いです。 一方で「 除籍」とは「 籍(在学しているという情報)が 除かれる」と言う意味で、「 自分の意志とは関係なく、大学側から辞めさせられる」という意味で使われます。 「 大学中退」で辞める場合は、経済的な理由や健康上の理由、家庭の事情等の「 一身上の都合」で辞めることが多いですが、「 除籍」で辞める場合(辞めさせられる)は、学費を支払わなかったり、休学期間を超えても復学しなかったり、大学で問題を起こしたりした場合に、「 大学側から強制的に辞めさせられる」ことになります。 自主的に「大学中退」する場合は、退学届けを大学に提出する必要がありますが、退学届け受理期間というのもがあるので、この期限を過ぎて退学届けを提出した場合、「 学費を支払わない限り大学中退を認めないよ。 払わないと、除籍にするよ?」と対応する大学は多いので、そこがややこしい点だと言えます。 これから大学中退予定なのであれば、この「 退学届け受理期間」を大学側にすぐに確認するべきです。 大学届受理期間は次の学期が始まってから1か月以内に退学届けを提出すれば、次学期分の学費を支払わずに「中退」させてくれる大学が多いですが、 退学届け受理期間は大学によって違うので、この点は優先的に確認すべきポイントだと言えます。 例えば、後期は10月から始まる大学が多いですが、9月20日までに退学届けを出せば後期の学費が不要で退学受理してくれる大学や、10月末までに退学届けを出せば学費不要で受理してくれるなど、各大学で違うイメージです。 ただし、履歴書の中退理由の書き方次第で書類選考の合否結果が大きく変わるので、何でもバカ正直に「学費未納のため中途退学」のように書くことはオススメできません。 経済的な事情によっては、「 どうしても学費の納入が難しい…」というケースもあるはずです。 そういった場合は、 学費の支払いをせずに除籍という形で辞めて就活するのも1つの手です。 除籍通知書が届く場合は、大抵の場合、学費の未納や休学限度期間が過ぎても復学しなかった場合に多いですが、 この通知書は親にも郵送で必ず届くので、親に隠していても必ずバレます。 もし大学中退することを親に言っていないのであれば、早めに相談しておくことをオススメします。 大学除籍通知はいつ届く?そして就活はいつから始めるべき? 大学によっても異なりますが、大学除籍通知書が届くのは、大体、 学期の学費納入期間内に学費の支払いがないと大学側が把握した時点で通知書が送られます。 大学のホームページには必ず学費の納入期限が載っているのですぐ確認できると思いますが、 多いのが4月末前後(春学期分)、9月末前後(秋学期分)と設けている大学が多いかなと感じます。 除籍通知書(除籍証明書)が届いて初めて自分の「大学退学日」が判明するわけですが、この日付を履歴書に書き込むことになります。 この通知書が届かない限り退学日がわからないことが多いので、就活も始められないと悩む方も多いですが、この場合は、 という形で、退学日を記入せずに「中途退学予定」ということで就活しても問題ありません。 基本的には、就活スタート時期はできるだけ早めがいいです。 現段階で「中退(除籍)予定」であるなら、 中退前に就活を始めることをオススメします。 早めに就活した方が良い理由としては、中退前に就活をスタートさせることで、まだ除籍を言い渡されていなかったということで、堂々と「中退予定」ということで就活することができるからです。 就職後に証明書の提出を求められても「 あの時は中退予定で就活を進めていましたが、最近除籍ということが決まったので、証明書の発行が難しいです」と、堂々と説明することができます。 また、大学中退という経歴があると、書類選考で落とされることが多いので、 就職活動に時間がかかることが多いです。 最悪なケースは、大学中退後しばらく就職先が見つからない状態が続くと、ブランク(空白期間)が長くなって、今度はそのブランク期間が問題となって、 更に内定が出にくくなるという悪循環が生まれます。 「 大学中退後、落ち着いてから就活しよう」と余裕を持っていると、後で大変な思いをするので、早め早めに行動した方が失敗しにくいです。 この記事のまとめですが、大学を「除籍」という形で辞めたとしても、 正社員への就職は可能です。 ただ、除籍で辞めた時の一番のリスクは、 就職後に職場から証明書の提出を求められた時です。 就職に影響がない場合もありますが、やはり入社前に印象が悪くなってしまう可能性があるので、できれば証明書一式が発行できる状態であることが理想的です。 上のリスクの対策法としては、「 除籍していても復学できる」ということを覚えておけば大丈夫です。 大学によって復学手数料が違いますが、大体手数料5000円~2万+滞納していた学費の支払いを済ませれば復学できることが多いです。 復学のために学費分と復学手数料はかかってしまいますが、内定後に証明書がどうしても必要という場合の対応策として覚えておくといいですよ。

次の