田園 都市 線 運行。 東急 田園都市線 に平日1本だけあるメトロ線内あの駅折り返し、引き上げ線がある途中駅の役割

東急田園都市線 停車駅一覧、遅延・運行情報|鉄道路線情報

田園 都市 線 運行

東急田園都市線 略年表 ===東急田園都市線 略年表=== ||| 大正11年 1922 9月 2日 目黒蒲田電鉄(株)創立 昭和2年 1927 7月 6日 大井町〜大岡山間開業 昭和3年 1928 10月10日 東洗足(現:旗の台)〜大岡山間に「池月」駅新設 昭和4年 1929 11月 1日 自由ヶ丘〜二子玉川間開業 昭和4年 1929 12月25日 大岡山〜自由ヶ丘間開業、大井町線全通 昭和5年 1930 4月 1日 九品仏〜等々力間に「尾山台」駅新設 昭和5年 1930 5月21日 「池月」駅を「洗足公園」に改称 昭和8年 1933 4月 1日 「中丸山」駅を「緑ヶ丘」に改称 昭和11年 1936 1月 1日 「戸越」駅を「下神明」に、「蛇窪」駅を「戸越公園」にそれぞれ改称 昭和14年 1939 10月16日 商号を「東京横浜電鉄(株)」に変更 昭和15年 1940 12月 1日 「二子玉川」駅を「二子読売園」に改称 昭和17年 1942 5月 1日 商号を「東京急行電鉄(株)」に変更 昭和18年 1943 7月 1日 玉川線二子読売園〜溝ノ口間を1067mm軌間に改軌、大井町線電車の乗入れ開始 昭和19年 1944 10月20日 「二子読売園」駅を「二子玉川」に改称 昭和26年 1951 3月 1日 「東洗足」駅を池上線との交差地点に移設して「旗の台」に改称 昭和28年 1953 1月19日 「城西南地区開発趣意書」発表 昭和29年 1954 8月 1日 「二子玉川」駅を「二子玉川園」に改称 昭和29年 1954 10月16日 東横線に5000系就役 昭和33年 1958 12月 1日 東横線に5200系就役 昭和35年 1960 4月 1日 東横線に6000系就役 昭和37年 1962 1月27日 東横線に7000系就役 「大井町線(大井町〜溝ノ口)」を「田園都市線」に改称 同日溝ノ口〜長津田間延伸工事着工 昭和41年 1966 1月20日 田園都市線「緑ヶ丘」駅を「緑が丘」、「自由ヶ丘」駅を「自由が丘」、「溝ノ口」駅を「溝の口」にそれぞれ改称 昭和41年 1966 3月18日 田園都市線上野毛〜高津間改良工事完成、二子橋の併用軌道が姿を消し、専用橋に 昭和41年 1966 3月27日 自由が丘検車区を鷺沼に移転し、鷺沼検車区と改称 田園都市線 溝の口〜長津田間開業 大井町〜鷺沼間は4両編成、鷺沼で分割併合して以西は2両編成での運転 昭和41年 1966 9月21日 田園都市線ダイヤ改正 朝ラッシュ時、上下3本を鷺沼〜長津田間4両運転になるとともに、上野毛〜高津間改良工事が進捗し、二子新地前〜高津間に残っていた単線区間を解消 昭和42年 1967 3月27日 田園都市線に7200系就役 昭和42年 1967 4月 1日 目蒲線目黒〜田園調布間折返し列車4連化。 田園都市線所属車を充当し、朝4運用、夕2運用。 昭和50年 1975 2月20日 田園都市線に8500系就役 田園都市線ダイヤ改正 5000系、8000系、8500系の5両編成運転開始 これに伴い朝ラッシュ時は27本/時(2分15秒ヘッド)になるとともに九品仏、下神明の両駅でも扉非扱いを開始(下神明は後に解消) 昭和51年 1976 8月5日 田園都市線二子新地前〜溝の口間高架化 田園都市線二子玉川園以西の踏切は残り1か所(田奈1号踏切:国鉄と共用)となる。 平成10年 1998 12月13日 二子玉川園駅改良工事の進展に伴い、同日初電から下り線入替。 1番線が田園都市・新玉川線下り、2番線が大井町線に 平成11年 1999 4月16日 3000系、東横線に就役 平成11年 1999 7月11日 300系、世田谷線に就役 平成11年 1999 8月1日 横浜高速鉄道Y000系、こどもの国線に就役 平成11年 1999 8月23日 藤が丘駅改良工事に着手。 駅舎改築・自動改札化、エスカレーター・エレベーター・旅客用便所新設、ホーム上家増設、上り待避設備新設で平成14年3月完成予定 平成11年 1999 9月4日 二子玉川園駅改良工事の進展に伴い、同日初電から上り線入替。 二子橋梁上の大井町線引上線も同日から使用開始。 2番線が大井町降車専用(深夜の鷺沼行きを除く)、3番線が大井町線上り、4番線が田園都市・新玉川線上りとなり、大井町線の到着・発車番線統一がついに現実のものに。 これに伴いダイヤを一部変更、緑地の「二子玉川園」方向幕も前日限りでお役御免に。 平成11年 1999 10月1日 つくし野、すずかけ台の両駅を、券売機、自動精算機の遠隔監視、インターホンの設置等による「遠隔監視化駅」に。 平成11年 1999 12月1日 つきみ野駅も「遠隔監視化駅」となると共に、つくし野、すずかけ台を含めた3駅について、ホーム、コンコースへの駅務員巡回を実施。 平成12年 2000 1月16日 つくし野、すずかけ台、つきみ野の3駅に「サービスマネージャー」導入。 配置時間は7時〜21時。 平成12年 2000 3月29日 こどもの国線通勤線化 長津田〜こどもの国間に「恩田」駅を新設、同日から営業開始。 運行時間帯を6〜24時に拡大、運転間隔は平日朝10分30秒、日中20分、夕方12分、土休日は終日20分。 平成12年 2000 7月3日 目蒲線の運転系統変更に伴い、この日から一部列車の3連運行を開始。 日を追うごとに3連運用が増加し、「目蒲線」最終日となる8月5日は全列車3連での運行となる。 平成12年 2000 7月11日 つくし野、すずかけ台、つきみ野の3駅の「サービスマネージャー」配置時間を1時間延長し、7時〜22時に。 これ以降、夏休み期間、年末年始、GWの土日祝日における急行の南町田臨時停車が恒例化。 平成12年 2000 8月4日 目蒲線の運転系統変更に伴い、7200系はこの日限りで営業線から退役。 最後まで営業運転を行ったのは唯一の2M2T編成であった7205F。 平成12年 2000 9月26日 営団南北線目黒〜溜池山王間、都営三田線目黒〜三田間開業、東急目黒線との相互直通運転開始 南北線、三田線への直通列車をほぼ同数づつ設定。 この日から、自動改札機による乗降確認「フェアスルーシステム」導入。 主な変更内容は、 ・大井町線改良工事区間を「大井町〜二子玉川間」に変更 ・大井町駅改良工事、旗の台駅改良工事を新たに追加 ・尾山台(下り)、等々力(上り)の急行待避施設を等々力(上下)に集約 ・梶が谷駅構内留置線新設工事を新たに追加 平成12年 2000 12月8日 夕ラッシュ以降の大井町線鷺沼入庫回送のうち、平日4本、土曜、休日各1本について、二子玉川〜鷺沼間回送を全区間営業運転に変更。 平日の1本目は梶が谷で急行待避、1〜3本目は鷺沼4番線到着。 平成12年 2000 12月10日 南町田駅にも「サービスマネージャー」を配置すると共に、既存3駅を含めて配置時間を初電〜終電に延長。 これ以降、GW、夏季、年末年始の臨時停車が恒例化。 平成13年 2001 3月6日 あざみ野、藤が丘の両駅に「サービスマネージャー」配置。 長津田以西とは異なり、駅係員も従来通り常駐。 平成13年 2001 3月28日 東横線ダイヤ改正、 特急列車の運転開始。 停車駅は自由が丘、武蔵小杉、菊名、横浜。 また、埼玉高速鉄道線赤羽岩淵〜浦和美園間開業に伴い、東急目黒線〜営団南北線〜埼玉高速鉄道線の3者相互直通運転を開始。 東急の電車が営業運転で初めて埼玉県内に足を踏み入れる。 平成13年 2001 9月3日 平日深夜に渋谷始発長津田行の普通列車を2本(渋谷発0:00、0:20)増発。 平成14年 2002 3月23日 自動改札機へのパスネット・乗車券類2枚投入サービスを全駅で一斉に開始。 平成14年 2002 3月28日 田園都市線ダイヤ改正 この日からあざみ野が急行停車駅になるとともに、土曜ダイヤ、休日ダイヤを土休日ダイヤに1本化。 深夜時間帯の増発、田園都市線〜大井町線直通列車の増発も実施。 平日の大井町発鷺沼行最終電車を、鷺沼で長津田行最終電車に接続するよう変更。 平成14年 2002 5月2日 新5000系、田園都市線に就役 平成14年 2002 9月1日 電車とバスの博物館、田園都市線複々線化工事に伴い宮崎台へ移転することになり、この日を以て一時休館 平成14年 2002 12月1日 りんかい線天王洲アイル〜大崎間開業。 停車駅は田園都市線内は急行停車駅、大井町線内は各駅、下りは全区間回送。 中央林間からの大井町行は初登場。 平成15年 2003 2月2日 半蔵門線で新ATC使用開始。 同日より東急車の運行番号末尾を「T」から「K」に変更、合わせて編成前後の運番表示器への表示を開始(東横線転属予定の8694Fを除く)。 平成15年 2003)3月19日 東急全線(軌道線除く)ダイヤ改正 東横線は特急停車駅に中目黒を追加、平日朝ラッシュ上り、夕ラッシュ下りに「通勤特急」を新設(停車駅は特急停車駅+日吉)。 目黒線は朝ラッシュ時増発と日中6分ヘッド化。 池上線、多摩川線では土曜ダイヤと休日ダイヤを一本化、これで全線が平日ダイヤ+土休日ダイヤの組み合わせとなる。 田園都市線では半蔵門線水天宮前〜押上間、東武伊勢崎線押上〜曳舟間開業により 中央林間〜渋谷〜押上〜南栗橋間の相互直通運転を開始。 東武30000系を使用し、南栗橋にて分割。 (復路は翌日運転) 平成15年 2003 5月1日 全駅構内で終日禁煙実施。 この日以降、駅構内の吸殻入れは撤去または使用停止となった。 停車駅は田園都市線内は急行停車駅(南町田臨時停車は実施せず)、大井町線内は各駅。 臨時列車の設定本数が多く、定期列車の時刻変更、運用変更も多岐にわたったため臨時ダイヤを設定。 田園都市線のGW臨時ダイヤは19年(18年?)ぶりのこと。 大井町発の中央林間行は初登場。 ||| <備考>• 一部の項目について、下記の参考文献間で異なった日付が記述されているものがありましたが、その場合は原則として東急電鉄発行の資料(社史、会社要覧等)の記述を優先しました。 車両の使用開始日は上記によりましたが、記述のなかったものについては最初に入籍した車両の入籍日を基準としました。 路線名、駅名等は原則として当時のものとしました。 昭和54年 1979 8月〜平成12年 2000 8月の「田園都市線ダイヤ改正」は、全て田園都市・新玉川・半蔵門・大井町の4線同時改正です。 平成12年 2000 8月以降の「田園都市線ダイヤ改正」は、全て田園都市・半蔵門・大井町の3線同時改正です。 <参考文献>• 東京急行電鉄50年史 (東京急行電鉄)• 東京急行 新玉川線建設史( 同上 )• '92/'93東京急行 ( 同上 )• 多摩田園都市 開発35年の記録( 同上 )• 鉄道ピクトリアル1977年6月増刊号「東京急行電鉄」特集• 〃 1985年1月増刊号 〃• 〃 1994年12月増刊号 〃• 〃 1996年8月号 「街づくりと鉄道」特集• 東急電車 新玉川線物語 (山本泰史著 多摩川新聞社刊)• 東急電車物語 (宮田道一著 多摩川新聞社刊)• 都市交通年報 (運輸経済研究センター)• 「 nifty 鉄道フォーラム」各館電子会議室• 東京急行電鉄ホームページ()• さいとうゆういちさん「東急電車フォトギャラリー」ホームページ()• 坪内伊丹さん「かってに東急」ホームページ() はっとり(服部 浩幸) E-mail:hiroyuki. hattori nifty.

次の

東急田園都市線

田園 都市 線 運行

東急運用検索 田園都市線 検索条件 運行番号から検索 東急車運用• 東京メトロ車運用• 東武車運用• 行き先から検索 東急線内• 東京メトロ線内• 東武線内• 発着時刻から検索 渋谷駅発車時刻• 渋谷駅到着時刻• 中央林間駅発車時刻• 中央林間駅到着時刻•

次の

東急田園都市線の路線図

田園 都市 線 運行

東急田園都市線 略年表 ===東急田園都市線 略年表=== ||| 大正11年 1922 9月 2日 目黒蒲田電鉄(株)創立 昭和2年 1927 7月 6日 大井町〜大岡山間開業 昭和3年 1928 10月10日 東洗足(現:旗の台)〜大岡山間に「池月」駅新設 昭和4年 1929 11月 1日 自由ヶ丘〜二子玉川間開業 昭和4年 1929 12月25日 大岡山〜自由ヶ丘間開業、大井町線全通 昭和5年 1930 4月 1日 九品仏〜等々力間に「尾山台」駅新設 昭和5年 1930 5月21日 「池月」駅を「洗足公園」に改称 昭和8年 1933 4月 1日 「中丸山」駅を「緑ヶ丘」に改称 昭和11年 1936 1月 1日 「戸越」駅を「下神明」に、「蛇窪」駅を「戸越公園」にそれぞれ改称 昭和14年 1939 10月16日 商号を「東京横浜電鉄(株)」に変更 昭和15年 1940 12月 1日 「二子玉川」駅を「二子読売園」に改称 昭和17年 1942 5月 1日 商号を「東京急行電鉄(株)」に変更 昭和18年 1943 7月 1日 玉川線二子読売園〜溝ノ口間を1067mm軌間に改軌、大井町線電車の乗入れ開始 昭和19年 1944 10月20日 「二子読売園」駅を「二子玉川」に改称 昭和26年 1951 3月 1日 「東洗足」駅を池上線との交差地点に移設して「旗の台」に改称 昭和28年 1953 1月19日 「城西南地区開発趣意書」発表 昭和29年 1954 8月 1日 「二子玉川」駅を「二子玉川園」に改称 昭和29年 1954 10月16日 東横線に5000系就役 昭和33年 1958 12月 1日 東横線に5200系就役 昭和35年 1960 4月 1日 東横線に6000系就役 昭和37年 1962 1月27日 東横線に7000系就役 「大井町線(大井町〜溝ノ口)」を「田園都市線」に改称 同日溝ノ口〜長津田間延伸工事着工 昭和41年 1966 1月20日 田園都市線「緑ヶ丘」駅を「緑が丘」、「自由ヶ丘」駅を「自由が丘」、「溝ノ口」駅を「溝の口」にそれぞれ改称 昭和41年 1966 3月18日 田園都市線上野毛〜高津間改良工事完成、二子橋の併用軌道が姿を消し、専用橋に 昭和41年 1966 3月27日 自由が丘検車区を鷺沼に移転し、鷺沼検車区と改称 田園都市線 溝の口〜長津田間開業 大井町〜鷺沼間は4両編成、鷺沼で分割併合して以西は2両編成での運転 昭和41年 1966 9月21日 田園都市線ダイヤ改正 朝ラッシュ時、上下3本を鷺沼〜長津田間4両運転になるとともに、上野毛〜高津間改良工事が進捗し、二子新地前〜高津間に残っていた単線区間を解消 昭和42年 1967 3月27日 田園都市線に7200系就役 昭和42年 1967 4月 1日 目蒲線目黒〜田園調布間折返し列車4連化。 田園都市線所属車を充当し、朝4運用、夕2運用。 昭和50年 1975 2月20日 田園都市線に8500系就役 田園都市線ダイヤ改正 5000系、8000系、8500系の5両編成運転開始 これに伴い朝ラッシュ時は27本/時(2分15秒ヘッド)になるとともに九品仏、下神明の両駅でも扉非扱いを開始(下神明は後に解消) 昭和51年 1976 8月5日 田園都市線二子新地前〜溝の口間高架化 田園都市線二子玉川園以西の踏切は残り1か所(田奈1号踏切:国鉄と共用)となる。 平成10年 1998 12月13日 二子玉川園駅改良工事の進展に伴い、同日初電から下り線入替。 1番線が田園都市・新玉川線下り、2番線が大井町線に 平成11年 1999 4月16日 3000系、東横線に就役 平成11年 1999 7月11日 300系、世田谷線に就役 平成11年 1999 8月1日 横浜高速鉄道Y000系、こどもの国線に就役 平成11年 1999 8月23日 藤が丘駅改良工事に着手。 駅舎改築・自動改札化、エスカレーター・エレベーター・旅客用便所新設、ホーム上家増設、上り待避設備新設で平成14年3月完成予定 平成11年 1999 9月4日 二子玉川園駅改良工事の進展に伴い、同日初電から上り線入替。 二子橋梁上の大井町線引上線も同日から使用開始。 2番線が大井町降車専用(深夜の鷺沼行きを除く)、3番線が大井町線上り、4番線が田園都市・新玉川線上りとなり、大井町線の到着・発車番線統一がついに現実のものに。 これに伴いダイヤを一部変更、緑地の「二子玉川園」方向幕も前日限りでお役御免に。 平成11年 1999 10月1日 つくし野、すずかけ台の両駅を、券売機、自動精算機の遠隔監視、インターホンの設置等による「遠隔監視化駅」に。 平成11年 1999 12月1日 つきみ野駅も「遠隔監視化駅」となると共に、つくし野、すずかけ台を含めた3駅について、ホーム、コンコースへの駅務員巡回を実施。 平成12年 2000 1月16日 つくし野、すずかけ台、つきみ野の3駅に「サービスマネージャー」導入。 配置時間は7時〜21時。 平成12年 2000 3月29日 こどもの国線通勤線化 長津田〜こどもの国間に「恩田」駅を新設、同日から営業開始。 運行時間帯を6〜24時に拡大、運転間隔は平日朝10分30秒、日中20分、夕方12分、土休日は終日20分。 平成12年 2000 7月3日 目蒲線の運転系統変更に伴い、この日から一部列車の3連運行を開始。 日を追うごとに3連運用が増加し、「目蒲線」最終日となる8月5日は全列車3連での運行となる。 平成12年 2000 7月11日 つくし野、すずかけ台、つきみ野の3駅の「サービスマネージャー」配置時間を1時間延長し、7時〜22時に。 これ以降、夏休み期間、年末年始、GWの土日祝日における急行の南町田臨時停車が恒例化。 平成12年 2000 8月4日 目蒲線の運転系統変更に伴い、7200系はこの日限りで営業線から退役。 最後まで営業運転を行ったのは唯一の2M2T編成であった7205F。 平成12年 2000 9月26日 営団南北線目黒〜溜池山王間、都営三田線目黒〜三田間開業、東急目黒線との相互直通運転開始 南北線、三田線への直通列車をほぼ同数づつ設定。 この日から、自動改札機による乗降確認「フェアスルーシステム」導入。 主な変更内容は、 ・大井町線改良工事区間を「大井町〜二子玉川間」に変更 ・大井町駅改良工事、旗の台駅改良工事を新たに追加 ・尾山台(下り)、等々力(上り)の急行待避施設を等々力(上下)に集約 ・梶が谷駅構内留置線新設工事を新たに追加 平成12年 2000 12月8日 夕ラッシュ以降の大井町線鷺沼入庫回送のうち、平日4本、土曜、休日各1本について、二子玉川〜鷺沼間回送を全区間営業運転に変更。 平日の1本目は梶が谷で急行待避、1〜3本目は鷺沼4番線到着。 平成12年 2000 12月10日 南町田駅にも「サービスマネージャー」を配置すると共に、既存3駅を含めて配置時間を初電〜終電に延長。 これ以降、GW、夏季、年末年始の臨時停車が恒例化。 平成13年 2001 3月6日 あざみ野、藤が丘の両駅に「サービスマネージャー」配置。 長津田以西とは異なり、駅係員も従来通り常駐。 平成13年 2001 3月28日 東横線ダイヤ改正、 特急列車の運転開始。 停車駅は自由が丘、武蔵小杉、菊名、横浜。 また、埼玉高速鉄道線赤羽岩淵〜浦和美園間開業に伴い、東急目黒線〜営団南北線〜埼玉高速鉄道線の3者相互直通運転を開始。 東急の電車が営業運転で初めて埼玉県内に足を踏み入れる。 平成13年 2001 9月3日 平日深夜に渋谷始発長津田行の普通列車を2本(渋谷発0:00、0:20)増発。 平成14年 2002 3月23日 自動改札機へのパスネット・乗車券類2枚投入サービスを全駅で一斉に開始。 平成14年 2002 3月28日 田園都市線ダイヤ改正 この日からあざみ野が急行停車駅になるとともに、土曜ダイヤ、休日ダイヤを土休日ダイヤに1本化。 深夜時間帯の増発、田園都市線〜大井町線直通列車の増発も実施。 平日の大井町発鷺沼行最終電車を、鷺沼で長津田行最終電車に接続するよう変更。 平成14年 2002 5月2日 新5000系、田園都市線に就役 平成14年 2002 9月1日 電車とバスの博物館、田園都市線複々線化工事に伴い宮崎台へ移転することになり、この日を以て一時休館 平成14年 2002 12月1日 りんかい線天王洲アイル〜大崎間開業。 停車駅は田園都市線内は急行停車駅、大井町線内は各駅、下りは全区間回送。 中央林間からの大井町行は初登場。 平成15年 2003 2月2日 半蔵門線で新ATC使用開始。 同日より東急車の運行番号末尾を「T」から「K」に変更、合わせて編成前後の運番表示器への表示を開始(東横線転属予定の8694Fを除く)。 平成15年 2003)3月19日 東急全線(軌道線除く)ダイヤ改正 東横線は特急停車駅に中目黒を追加、平日朝ラッシュ上り、夕ラッシュ下りに「通勤特急」を新設(停車駅は特急停車駅+日吉)。 目黒線は朝ラッシュ時増発と日中6分ヘッド化。 池上線、多摩川線では土曜ダイヤと休日ダイヤを一本化、これで全線が平日ダイヤ+土休日ダイヤの組み合わせとなる。 田園都市線では半蔵門線水天宮前〜押上間、東武伊勢崎線押上〜曳舟間開業により 中央林間〜渋谷〜押上〜南栗橋間の相互直通運転を開始。 東武30000系を使用し、南栗橋にて分割。 (復路は翌日運転) 平成15年 2003 5月1日 全駅構内で終日禁煙実施。 この日以降、駅構内の吸殻入れは撤去または使用停止となった。 停車駅は田園都市線内は急行停車駅(南町田臨時停車は実施せず)、大井町線内は各駅。 臨時列車の設定本数が多く、定期列車の時刻変更、運用変更も多岐にわたったため臨時ダイヤを設定。 田園都市線のGW臨時ダイヤは19年(18年?)ぶりのこと。 大井町発の中央林間行は初登場。 ||| <備考>• 一部の項目について、下記の参考文献間で異なった日付が記述されているものがありましたが、その場合は原則として東急電鉄発行の資料(社史、会社要覧等)の記述を優先しました。 車両の使用開始日は上記によりましたが、記述のなかったものについては最初に入籍した車両の入籍日を基準としました。 路線名、駅名等は原則として当時のものとしました。 昭和54年 1979 8月〜平成12年 2000 8月の「田園都市線ダイヤ改正」は、全て田園都市・新玉川・半蔵門・大井町の4線同時改正です。 平成12年 2000 8月以降の「田園都市線ダイヤ改正」は、全て田園都市・半蔵門・大井町の3線同時改正です。 <参考文献>• 東京急行電鉄50年史 (東京急行電鉄)• 東京急行 新玉川線建設史( 同上 )• '92/'93東京急行 ( 同上 )• 多摩田園都市 開発35年の記録( 同上 )• 鉄道ピクトリアル1977年6月増刊号「東京急行電鉄」特集• 〃 1985年1月増刊号 〃• 〃 1994年12月増刊号 〃• 〃 1996年8月号 「街づくりと鉄道」特集• 東急電車 新玉川線物語 (山本泰史著 多摩川新聞社刊)• 東急電車物語 (宮田道一著 多摩川新聞社刊)• 都市交通年報 (運輸経済研究センター)• 「 nifty 鉄道フォーラム」各館電子会議室• 東京急行電鉄ホームページ()• さいとうゆういちさん「東急電車フォトギャラリー」ホームページ()• 坪内伊丹さん「かってに東急」ホームページ() はっとり(服部 浩幸) E-mail:hiroyuki. hattori nifty.

次の