ミレニアル 世代。 ミレニアル世代の特徴とは。世代の違いや接し方を解説

ミレニアル世代の日本と世界の人口の違い!日本の2025年労働人口の50%がミレニアル

ミレニアル 世代

読み方: 別表記:、 英語: で、からの間にたを指す語。 であり、のをさせるとして。 「」や「」という名称でも知られる。 をで区切った「」が。 のによると、1981~にた人を指すと定義されているが、にた人やにした人を指すこともある。 ミレニアル世代のとしては、がついた頃にはやがしていたため、にんでいたことが挙げられる。 、やでのにがなく、が高いというがある。 を行うときのとしては、よりがにあったで、をすることも多い。 による代を過ご、を持つ人が、へのが低い人が多いというもある。 、に安全なをる、健康のをするなど、が強いもある。 や、のでは最もの多いとなるため、やの面で強いを持つ。 では、の向け「theSkimm」がられた。 からまでにた「」、を親に持つ「エコブーマー」、からにんだの「」と重なる。

次の

【ミレニアル世代とは?】20代~30代の価値観・キャリア観など特徴のまとめ|転職アカデミア

ミレニアル 世代

また、「昭和レトロ」の場合は、Instagramなどを主な舞台に、ユーザー発信でブームが広がり、そこに企業やメディアが便乗していった…という流れだと思われます。 一方で「平成レトロ」はどちらかというと 企業発信のコンテンツやプロダクトが起点となっています。 この理由のひとつには、ミレニアル世代が発信者の立場になった点があげられるでしょう。 30歳前後を迎えたミレニアル世代が企業内での発言力を高め、自分の思い出からアイディアや企画を出すようになり、それがまた同世代に受けているという図式があるように見受けられます。 では、こうした背景も念頭におきつつ、具体的なコンテンツを見ていきましょう。 平成の懐メロを使用したCMがエモい! 最近、街中やTV、ネットでどこか耳なじみのある曲を耳にする機会が多いと感じませんか? 実は平成の懐メロのCM起用がブームになってきているのです。 1999年リリースのアルバム収録曲。 誰もが知っているメジャーな曲ではないかもしれませんが、往年のファンからするとたまらない選曲でした。 CMがテレビで放映されるとTwitterでの声がどんどん拡散し、たちまちTwitterトレンド1位に。 funny bunnyがトレンド入りしてて嬉しくてアクエリアスのCMみて案の定泣く… 今年30周年だって話から我が家ではpillows祭りになっているので、尚うれしい😊 カバーしたなぁ、懐かしい — はいしー hycykpp アクエリのcmでFunny Bunny流れた時めっちゃ懐かしかったし好きな曲だったなと思ってたのだけど、トレンド1位来ててもしかして昨日から流れ出したのかなと思い始めてる 本家のthe pillowsのも良いけど、個人的にはエルレのカバーのがめっちゃ好きだった あとスケダンの挿入歌とかもカバーあったはず — ラクロッシュ 三玖推し rakuronron 懐かしい 、うれしいとの声が多数 話題となった背景には『Funny Bunny』 が複数の文脈を持つ楽曲だったことも影響していると考えられます。 アニメ『フリクリ』や『スケットダンス』の劇中曲として、また人気バンド、ELLEGARDENのカバーver. など様々な層に対してタッチポイントがあったため、多くの人々の思い出を刺激したのです。 こうした平成の懐メロカバーCMについては他にも多くの事例があります。 例えばブルーハーツの楽曲をカバーしたカロリーメイトや東芝のCM、MONGOL800『小さな恋のうた』を使用したトヨタカローラのCM、また上白石萌歌さんをフューチャーした午後の紅茶でのCMシリーズなども90年代後半~2000年代の曲をカバーしており、これに心揺さぶられた方も多いのではないでしょうか。 歌詞もあるから一緒に口ずさんじゃうしね — まゆぽん loveshion1 ZOZO歌謡祭 ついつい聞き入ってしまう。。。 平成初期の楽曲が多いことから、ミレニアル世代に加えて、さらに上のアラフォー世代もターゲットにした企画だったといえるでしょう。 TikTokでは「め組のひと」がリバイバル 今年、こんなツイートが話題になりました。 Excelの保存マークって何で自動販売機なんですかね? — ふぇざー 映画すみっコぐらしを見よう fea0er もちろんこれはネタツイートです。 しかし、フロッピーディスクがもはや過去の遺物であることは間違いありません。 そもそも物理メディアが時代遅れになりつつある昨今。 10数年で「保存」のアイコンが通用しなくなるほど、メディアの変化がめざましかったのです。 今回取り上げた「平成レトロ」で対象になっている95年~2003年頃のコンテンツでは、主にテレビや雑誌からの共通体験がノスタルジーを支えています。 一方、それより後の2000年代中盤以降は、インターネットやスマートフォンが急速に普及していく時代でした。 2004~2006年にmixi、Youtube、ニコニコ動画などのサービス開始、2007年にiPhone登場、2008年に日本でもFacebook、Twitterが普及……。 次は何がレトロになる? 平成のリバイバルブームはこれからしばらくの間も盛り上がるでしょうが、次はどんなものが再発見されるのか、次に何がレトロとされるのか、そして「ネット普及期」のカルチャーをどう扱っていくのか。 これからも動向を追っていきたいと思います。

次の

「ミレニアル世代」が重視する会社選びのポイントとは?

ミレニアル 世代

皆さんは、 ミレニアル世代についてご存知でしょうか? ミレニアル世代は、日本において特に有名な 団塊の世代のように、決まった時期に生まれた人々のことを指します。 日本ではまだまだなじみのない言葉かもしれませんが、海外ではすでに注目を浴びているキーワードです。 ミレニアル世代は生まれ育った環境により、それまでの世代とは大きく異なる特徴を持った世代です。 近い将来、消費活動の中心はミレニアル世代へと移り変わっていきます。 それまでの世代とは考え方や価値観に大きな違いのあるミレニアル世代に対しては、マーケティングもこれまでと同じ方法では効果的ではありません。 今後のSNSマーケティングにおいても、一番大事と言われているミレニアム世代について知っていきましょう。 今回の記事ではミレニアル世代の心を掴むマーケティングの実行へ向けて、ミレニアル世代の定義やミレニアル世代を表す特徴を大きく5つに分け、さらにその項目ごとに詳しくご紹介していきます。 ミレニアル世代とは? まず初めにミレニアル世代の定義から解説して参ります。 ミレニアル世代という言葉は アメリカで生まれた言葉です。 ミレニアル(Millennial)とは英語で千年紀のという意味を持っています。 アメリカにおいて、ミレニアル世代とは、• 一般的に1981〜1996年の間に生まれた人を指す。 人口の多さから、ファストフード、ファストファッション、高等教育などに影響を与えた。 親世代とは違う親となった。 ライフスタイルも親世代と違う点が多い。 他世代と比較すると相対的には晩婚傾向が多く、従来とは異なった家庭を築き上げていることが多いです。 親世代からだと、変わっているように見えるので非難を受けやすいとも言えますが、世論を動かし人々の価値観が変えていくことも多く、このミレニアル世代の影響力は大きいと言えます。 ミレニアル世代の特徴 それでは、ミレニアル世代の特徴について説明していきます。 ミレニアル世代には大きく分けて以下の5つの特徴があります。 デジタルネイティブ• 他世代と異なる価値観• 他世代と異なるライフスタイル• 他世代と異なる働き方• テクノロジーへの理解 ミレニアル世代への理解を深めるために、1つずつ順に紹介していきます。 ミレニアル世代は生まれた時から、PCやスマホ(スマートフォン)が身近にある ミレニアル世代は、今までの世代と比較してデジタル機器への造詣が深く、自在にインターネットやSNSを利用出来る人が多いです。 生まれた時からインターネットが身近にあり、情報リテラシーに優れていて、 幼少期からデジタルの進化と共に成長しています。 インターネットを通すことで、世界中の様々な人々の生活を目の当たりにしているので、他者の価値観を受け入れやすく仲間との繋がりを大切にしている特徴があります。 その一方で個人でも日常的に情報発信をしていることが多く、個を重視しているという特徴もあります。 ミレニアル世代は人よりもテクノロジーに聞く ミレニアル世代よりも前の世代であれば、何か分からないこと、聞きたいことがあれば、そのことに対しての専門的知識のある人物に尋ねることが当たり前と言えました。 しかし、ミレニアル世代はデジタルネイティブです。 身の回りにあるPCやスマートフォンを気軽に利用してきている世代なので、何をするにしても、必ずGoogleをはじめとした検索エンジンを利用することや、Instagram インスタグラム 、Twitter ツイッター などSNSの投稿から検索することが一般的になっています。 Web上で探すことで、人に聞く時間を省きより多くの知識を得ることができることから、効率的と考える人が多いこともよくわかります。 ミレニアル世代の情報収集はインターネットよりSNS 近年では、SNSが世界中の多くの地域で広まっており、大勢の人々が活用しています。 SNSを利用することで、遠く離れた所に住んでいる人とも国をまたいで気軽につながりを持つことができることから、ミレニアル世代も多くの人がSNSを利用しています。 SNSの普及は情報検索の形にも影響を与えており、インターネットの検索エンジンを利用して情報収集を行うよりも、 SNSでつながりを持った自分が共感できる人や趣味の合う人、SNSを利用している有名人等から自分が気に入った情報を集める、といった情報収集の形を好む人が増えています。 また、調べようとしている情報についての投稿者が日々増えていることから、SNSで調べる方が早く情報を集めることができるので、理にかなっています。 ミレニアル世代は企業の広告よりもインフルエンサーの口コミを信用する テレビや新聞、雑誌といった以前から利用されているメディアや駅前や街中にある看板等はもちろん、インターネット上においても企業の広告を多く目にします。 しかし、ミレニアル世代は企業の出している広告について関心がない人が多いです。 広告ブロッカーのようなソフトウェアを利用し、インターネット利用時に企業の広告が表示されないように設定している人も多くいます。 そんなミレニアル世代が、企業が提供する製品やサービスの利用を考えた際に参考にしているポイントとして重要視しているのが、 インフルエンサーの口コミです。 インフルエンサーは主にSNSで活動していて、世界観や投稿の統一感、他ユーザーから関心を持たれるような投稿を主に行なっていて、自身が購入した製品や利用したサービスの口コミを投稿して多くのフォロワーに拡散しています。 よりリアルで信頼のおける感想や情報が得られるとして、ミレニアル世代には企業の広告よりもインフルエンサーの口コミを重要視している人が多いのです。 また、インフルエンサーはターゲットにするユーザーにとって共感性の高いコンテンツを生みだしてくれるため、質の良い 口コミがターゲット間でより拡散されやすくなります。 ミレニアル世代は、情報発信している ミレニアム世代以外の世代は非デジタルネイティブの方が多いので、情報とは「収集するもの」であり、情報を発信するのは マスコミや 芸能関係者であるというのが一般的でした。 しかしIT技術の普及から、動画配信サイトやSNSが一般的となった現在、多くのミレニアル世代が自ら情報を発信する側に変わってきました。 文章や写真、動画を使ってSNSで投稿することは、ミレニアル世代にとってもはや当たり前となっているのです。 また、多くのユーザーが投稿することによって、多くのリアルな生の情報を得ることができます。 ミレニアル世代は、体験をリアルタイムで共有したい 上記でも記載していますが、ミレニアル世代はSNSを利用している人が多くいます。 自身の体験を誰かと共有したい、誰かの体験に自身も共感したいといった欲求が強いのもミレニアル世代の特徴のひとつです。 他人との共感・共有をミレニアル世代は特に重要視しており、SNSだけでなく自身の考え方や行動する際のポイントとなっています。 旅行中の経験や参加している大学の交換プログラム、海外赴任中の仕事の様子など、自分の体験をデジタルな世界で紹介している方も多く見られます。 ミレニアル世代はお金よりも信用(フォロワー)が欲しい ミレニアル世代には、他人と直接関わることを重要視しない人が多い中で、お金を気にせず他人からの評価や信用を得ることに重きを置いている人が多いです。 特に、SNSを利用するにあたって、フォロワーの数は多くのミレニアル世代にとってかなり重要であると考えられています。 インスタ映えという言葉が流行したように、フォロワーを増やすために必要なこと、様々な工夫を惜しまない人もミレニアル世代には多くいます。 ミレニアル世代はダイバーシティ(多様性)を受け入れる ミレニアル世代以外の他の世代では、他人との違いを 恥ずかしい、 変わっていると捉える傾向にありました。 しかし、インターネットやSNSを通して様々な考え方を持っている人とコミュニケーションを行う機会が多いミレニアル世代においては、人は一人ひとり違う考えを持っており、人によって価値観が異なることを当然と捉えています。 SNSで多くの考え方を吸収していくことで、考え方が変わっていくミレニアル世代は多くいます。 そのため、ミレニアル世代には ダイバーシティ(多様性)を当たり前と受け入れる人が多いのです。 他人と同じことを好まない人も多く、一人一人の個性を持つこと、自分らしさを重要視する方が多いのがミレニアル世代の特徴です。 ミレニアル世代は 体験にお金を使う 今までの世代では、家電製品や自家用車、洋服やアクセサリといったファッションやブランド品等を購入するのにお金を使うことに、強い関心を持っている傾向にありました。 マイホームを購入することを目標にしていた人も多くいました。 それに対して、ミレニアル世代は何かを購入することに執着することなく、イベントへの参加等 体験にお金を使う傾向が強いです。 前世代と比較すると収入が減ってしまっていることも影響していると考えられていますが、それ以上に 体験を通して、SNSやコミュニティの仲間との 共感を重視しているという面も少なくないでしょう。 ミレニアル世代は、社会問題に敏感でボランティア意識が高い ミレニアル世代は、オウム真理教事件やアメリカ同時多発テロ事件といった事件、阪神淡路大震災・東日本大震災のような大災害、過労死やパワハラ・セクハラといった社会問題等多くの体験をしたり見聞きしている世代です。 そのため社会の動向に敏感であり、ソーシャルグッドやボランティアに強い関心を寄せる人が多い傾向にあります。 ミレニアル世代の労働者の 79%が、企業が自らの社会への影響力を意識しているかどうかにこだわっているようです。 インターネットやSNSと共に成長してきたこの世代にとって、社会意識は労働生活の一部になっているようです。 ミレニアル世代は、企業の社会的責任は貧困の軽減や人々の生活の向上において極めて重要だと考えてる傾向があり、利益の1%を慈善団体に寄付したりしている企業もあります。 ミレニアル世代は、ミニマリズムを意識しており必要以上の物を手に入れない 先述の通り、あまり購入したいという意欲に執着せず、ミレニアル世代は必要以上に物を手に入れることを好みません。 製品を購入することより、 体験することや、人との時間にお金をかけることに重きを置いている方が多いです。 必要なものを最低限に揃えていき無駄のない生活を送ることが、ミレニアル世代にとって大事な生き方の一つです。 ミレニアル世代はコミュニティに所属して仲間意識を強くもっている ミレニアル世代は仲間意識が強い傾向にあります。 自身と同じ趣味や価値観を持ったコミュニティに属する人は特に大切だと考えています。 この同じ価値観を持つ人々は、身の回りの友人、知人だけでなく、SNSで知り合った人や一度も会ったことがない人に対しても仲間意識を持つ傾向にあり、共通の趣味や価値観などでの繋がりがあることで面識がなくても問題がないようです。 他世代の方からすると、理解できないことや危険と感じる方が多いと思いますが、ミレニアル世代の特徴として仲間意識を持つことはどんな人でも対象になり得ることを理解する必要がありそうです。 ミレニアル世代ではシェアリングエコノミーが浸透している ミレニアル世代があまり必要のない物を購入することにお金を使わないことは上記の通りです。 これはミレニアル世代が、前世代までと比較して収入が少ない傾向があることや物に対しての価値観が違うことが理由として挙げられます。 人や場所、サービスを共有する シェアリングエコノミーが浸透していることも、物を購入しない理由を担っているようです。 日本においてもシェアリングサービスの普及が進んでいますが、特に家や部屋を共有するシェアハウス、ルームシェア、車を共有するカーシェアリングは人気のようです。 他世代と比べると、ミレニアル世代はシェアリングエコノミーへの理解があり、利用者も多い世代と言えます。 ミレニアル世代は高価なブランドより、個性のある物を欲しがる 高価なブランド品を購入することは、他世代にとっての代表的なお金の使い方であり、高級な物を所持していることが自身のステータスとして大事にされていました。 しかし ミレニアル世代は、高価なブランド品に興味を示している人が少なく個性を大切にしていることが多いです。 高価なブランド品より、誰も持っていないような物やユニークな物、個性的な物を好んでいて、所持したがる傾向にあります。 ミレニアル世代の買い物はネットショップで済ませる ミレニアル世代は、他世代と比較すると、ネットショップの利用率が高い世代で、買い物はネットショップで済ます人が多いです。 どんな商品でも、Web上を中心に限られた情報で判断して購入すること、より無駄な時間をかけず手間をかけないようにしていくことが、大きな特徴といえます。 ミレニアル世代はコストパフォーマンスを意識する 他世代が、高級・ブランド志向で商品やサービスを選択する傾向にあることに対して、ミレニアル世代はコストパフォーマンスを意識していることがわかります。 他世代と比べると節約をしている人が多いミレニアル世代は、表面的な価値よりも本質的な部分を評価基準として選んでいるので、 より安く、より機能性がある物を使い続けていくことでしょう。 ミレニアル世代の友達になるきっかけはリアルよりもネットでつくる ミレニアル世代は、現実だけで人間関係、友人関係を作ることに固執していません。 今では、直接コミュニケーションを取るのではなく、 インターネットや、SNSを利用することで、コミュニケーションを形成している傾向にあるようです。 この点はデジタルネイティブであるミレニアル世代だからこそと言えるでしょう。 ミレニアル世代は恋愛や結婚に執着していない ミレニアル世代には、前世代と比較すると恋愛や結婚に執着していない人が多いです。 日本における平均初婚年齢は、高止まりの傾向にあり、晩婚化が問題とされています。 これは今でも変わっておらず、2008年での日本の女性の平均初婚年齢は 28. 5歳、男性についてはさらに1歳半以上高い 30. 2歳であり、1970年代の女性の平均初婚年齢24. 2歳、男性の26. 9歳と比較しすると、大幅に上昇していることがわかります。 こうした傾向の背景には 個人主義が浸透しているミレニアル世代には、異性との関係、結婚に価値を見出せない人が多いことがあるようです。 世間的にも、独身で居続ける人が増えているので、社会的な抵抗は昔と比べると格段に少なくなっていることがわかります。 就労で得た収入は、自身のためやスキルアップのために使って満足感の高い生活を送っていく志向の方が、ミレニアル世代にはとても多いのです。 また、結婚した後も、育児に関する相談を家族や友人にせずに、グーグルで検索するなど、他世代から大きく変化していることがよくわかります。 それに伴ってか、 起業やフリーランスへの移行を考えている人も多く、働き方に自由を求めるのがミレニアル世代の働き方の大きな特徴です。 ミレニアル世代は副業などを通して収入源をいくつも作る 今までの世代は、収入源を複数作らずとも安定した生活をおくることが出来ていました。 しかし、昔と比べ景気が良いとは言えない環境で生まれ育ったミレニアル世代には、 非正規雇用の労働者も大変多く、一つの収入源に頼ることへの不安感が多い傾向があります。 近年の日本では、働き方改革の推進で、今までの働き方とは異なるスタイルで副業をして、労働に従事する人が増加しています。 ミレニアル世代においてもそれは例外ではなく、生活の安定を求めて副業をしている人が多くいます。 副業についての書籍や情報商材の売れ行きが良く、YouTubeでは学び系の動画の視聴回数が上昇、個人で情報発信するブログやSNSも盛んです。 中には、 複数の副業を行い、収入源をいくつも持っている人も少なくないことが特徴です。 ミレニアル世代は個人のスキルアップに余念がない 出世欲や上昇志向が薄い傾向にあるミレニアル世代ですが、それが仕事に対する意欲に欠けていると言われると、実はそうではないことがわかります。 ミレニアル世代は、 自身のスキルアップを行っていくことによって、自身の成長や向上していくことを選んでいく傾向にあります。 スキルアップのためなら、早期の退職や、後述する転職も選ぶことを辞さないようです。 ミレニアル世代は終身雇用に執着せず転職が活発 他世代における企業への就職と言えば、終身雇用が当たり前でした。 しかし、ミレニアル世代は終身雇用にほとんど執着しておらず、所属している企業での成長が望めないと感じた場合や、自身の価値観との相違を感じた場合、転職を考える人がとても多い傾向にあります。 生活の安定や自身の成長のためにはリスクも厭わない、というのもミレニアル世代の特徴です。 ミレニアル世代はプライベートの時間を重視する 日本の高度成長期やバブル経済期に働いていた世代の方は、「プライベートよりも仕事を重視する」という考え方が主流でした。 それに対し、 ミレニアル世代は「仕事よりもプライベートを重視する」傾向にあります。 どんなに働くことで高収入を得られても、プライベートの時間を取れないことの方が、億劫に感じてしまう方が多いようです。 中でも時間外労働には否定的である場合が多く、残業をすることで得られる報酬よりも、プライベートの時間を重視するという人も多いです。 ミレニアル世代は健康的な食事を好む ミレニアル世代は、ファストフードより健康的な食事を好む傾向にあるようです。 およそ8割の人々が、長寿と健康の鍵を握るのは健康的な食事だと考えています。 ワークライフバランスを最も重視する世代でもあるようです。 ミレニアル世代がこれまでになく健康志向だといわれるのは、体のために食べるべきものや避けるべき行動などについての情報がオンラインで簡単に入手可能になったことが大きな要因ではないかと考えられています。 ミレニアル世代の会社選びはワークライフバランスや福利厚生に重きを置く 仕事よりもプライベートを重視しているミレニアル世代は、就職する際の会社選びでも、休みの日数、残業の有無などのワークライフバランスや福利厚生に重きを置いて選択している人が多いです。 ミレニアル世代は、 給与額よりも、仕事内容や日々の生活においてプライベートな時間をどれだけ確保できるか、といった点を会社選びの基準にする傾向が強いです。 仕事を頑張りながら、お金を稼ぎ、プライベートをより楽しんでいける生活を送っていきたい、と考えているのがミレニアル世代の多くが希望する働き方でしょう。 ミレニアル世代は、会社や仕事に強くしばられることを嫌い、働き方にも柔軟性を求めている方が多いです。 日本においては近年、働き方改革が推進されており、 在宅勤務やフレックスタイム制といったこれまでとは異なる勤務形態も浸透しつつあります。 プライベートの時間を重視するミレニアル世代も、時代の流れに乗った自由な働き方を選択する人が増えています。 ミレニアル世代はITリテラシーを身につけている 初めてのデジタルネイティブであるミレニアル世代は、ITリテラシーをしっかりと身につけています。 PCやスマートフォンといった身の回りのデジタル機器を使いこなし、インターネットやSNSを日常的に利用することが当たり前になっています。 このことから、最新のIT技術やデジタル機器との親和性がとても高く、新技術や製品が出たとしても抵抗なく受け入れられることがわかります。 初めてのデジタルネイティブであるという点が、他世代とミレニアル世代に大きな隔たりを作り出した最大の要因であると言っても過言では無いでしょう。 ミレニアル世代のコミュニケーション方法 ミレニアル世代は、デジタル機器を用いたコミュニケーション手段を主に利用しています。 初めは電子メールが主なコミュニケーション手段として、利用されていました。 しかし今では技術が進歩し、日々新しいSNSや日々新しいコミュニケーション手段が生まれ、それらを利用している人が多くいます。 SNSでのチャットや、音声通話、ビデオ通話が主流になり、メールを利用している人は少なくなりました。 さらに今では、 ライブ配信技術や動画化が進み、チャットを主にしたコミュニケーション方法も減少傾向にあります。 このことから、日々どんなコミュニケーション方法を取っているかについて、整理し続けていくことが大事です。 ミレニアル世代はテレビや映画をスマホで観る スマートフォンの性能が格段に向上し、ビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスが普及した現在、テレビで地上波放送を観たり映画館で映画を観るミレニアル世代はとても少なくなりました。 テレビをつけるわけでもなく、映画館に足を運ぶのでもなく、動画提供サービスを利用してスマートフォンで観ることがミレニアム世代のトレンドになっています。 なので、スマートフォンを使ったSNSや動画広告を活用したマーケティングはミレニアル世代の心をつかむためには欠かせません。 ミレニアル世代の心を掴むための3つのポイント ミレニアル世代の特徴を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 他の世代とは、全く異なる特徴や価値観を持ったミレニアル世代に対しては、今までと同じマーケティング方法は、難しいこともわかりますね。 そこで、マーケターの方に、よりミレニアル世代の心を理解して、掴んでいくためにも必要な、3つの要素をご紹介していきます。 固定概念を捨てて新しい価値観を受け入れる ミレニアル世代の特徴、価値観が他世代と違うことについては、十分ご理解いただけたかと思います。 彼らの価値観には、共感することは難しいと思う他世代の方が多いのではないかと言っても問題ないくらいの差があります。 より効果的にミレニアル世代に対してマーケティングを行っていくためには、自分の固定概念を捨てることがとても重要になってきます。 どんな状況や情報でもまず受け入れていくこと、ミレニアル世代の価値観をより正しい形で理解していくことに努めていく必要があるので、固定概念に固執することを避けるように気をつけていきましょう。 新しい情報に敏感になる 世界中の消費活動の大部分を占めることになるミレニアル世代は、今までの世代と全く違った環境下で育っています。 デジタルネイティブで、最新技術や製品と共に生まれ育ったミレニアル世代は、より便利により新しい物を求めている人が多い傾向にあります。 そのため新しい情報にも敏感に反応することがわかります。 どのような情報に興味を示しているか、また興味がないかについて、より理解を深めていくことが大事になります。 そのためにも、最新のサービスや製品について、常にアンテナを張り続けていきましょう。 話題のサービスや製品はとりあえず試してみる ミレニアル世代をより理解していくためにも、すでにミレニアル世代の間で、話題となっているサービスや製品を実際に試してみることが、理解への近道になることでしょう。 繰り返し試していくことで、どのようなサービス、製品にどのようなことを必要としているかが、明確にわかってくるでしょう。 どんな事を求めているかがわかることで、マーケティング手段や、プロダクト作りに影響が出てくるはずです。 まとめ 2025年には、 世界の労働人口の75%をミレニアル世代が占める、と言われています。 これは世界の消費の大部分を、ミレニアル世代が占めるようになる、ということでもあります。 自己実現に対する欲求が前世代より強く、物や家族を持つことに執着せず、お金よりも満足度を追求して生きている、ミレニアル世代に着目することが大切になってくるのがわかりますね。 なので、これまでと同様の手法ではミレニアル世代をターゲットとしたマーケティングは効果が出ないことがよくわかります。 マーケターが、今のままでいると、近い将来企業の売り上げを大きく下げてしまう可能性があります。 ミレニアル世代の心を掴むために、固定概念を捨て、特徴を把握していくことで考え方や価値観を受け入れ、発信している情報、求めている情報に敏感になる必要があります。 ミレニアル世代が共感できる情報を投稿し続けていき、自分が体験しているようなリアル感や、実際に体験している生活シーンをイメージできるような、馴染み深い印象を与えられる投稿を行っていきましょう。 ミレニアル世代について、正しく理解していくことが、効果的なマーケティングを行うために必要不可欠です。

次の