ジェネシス ヘルス ケア 株式 会社。 遺伝子検査のパイオニア企業、ジェネシスヘルスケア株式会社がシンガポールに海外子会社を設立 |ジェネシスヘルスケア株式会社のプレスリリース

ジェネシスヘルスケア

ジェネシス ヘルス ケア 株式 会社

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 バラン 伊里、以下「ジェネシスヘルスケア社」)から約14億円の第三者割当増資を引き受け、同社に出資いたしましたので、お知らせします。 なお、同社には当社の三木谷 浩史が社外取締役として就任いたします。 ジェネシスヘルスケアは、長年の自社による遺伝子解析と同分野における共同研究による実績に加え、遺伝子解析サービスの提供を通じて国内最大規模の遺伝情報データベース(2017年8月時点 アジア地域含む約52万人分)を保有しています。 2020年には100万人分のデータベースにまで到達させることを目標に、医療や研究機関等の広範囲に向けてサービスを提供できるように、当社独自の研究を行っています。 今回の出資に関して、ジェネシスヘルスケア社代表取締役の佐藤 バラン 伊里氏は次のように述べています。 「日本を代表するインターネットサービス企業である楽天からの出資は、次世代の遺伝情報サービスの実現に向けた大きな後押しとなるでしょう。 個人が遺伝情報から潜在的な体質を知り、活用することは従来のヘルスケアに大きな変革をもたらします。 今後、デジタルヘルス市場において、個人や企業のセルフメディテーションの推進に大きく貢献できると考えています」 当社の三木谷 浩史は以下のように述べています。 「日本が抱える医療費削減や健康意識向上などに向けた課題解決には、ジェネシスヘルスケアの遺伝子解析のような未来技術を活用し、社会にセルフメディケーションの概念を浸透させていくことが必要です。 今回の出資により、日本における遺伝子検査サービスに対する理解と普及において、ジェネシスヘルスケアが中心的な役割を果たしていく一助となることを期待しています」 楽天は出資を通じて、日本における遺伝子分野に関する技術向上や人々の理解促進を後押しすることで、より豊かな社会に実現に寄与してまいります。 最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

次の

会社概要|ヘルス・ケア・グループ|綜合ヘルス・ケア株式会社

ジェネシス ヘルス ケア 株式 会社

検査結果の信頼性について DNA解析の信頼性 (分析の質の担保、分析的妥当性) 解析は、自社の遺伝学研究所(千葉県)で行います。 更に品質を高める目的で、自社で日本人及び東アジア人の遺伝子を特定し、それらを設計に加えたカスタムチップを開発。 これによって、98%以上の高い解析品質が出せるようにしています。 他社からの受託解析も多く、マーケットシェアの約7割を占めているそうで、実績は十分です。 対象集団:東アジア人もしくは日本人で科学的根拠がある• 論文名・著者・発行年• 参考としている論文の評価結果• 自社データベース(52万人:2017年8月時点) リスク判定の詳細は分かりませんが、サイト内の「ジェネシスヘルスケアの誓約」ページで、遺伝子の解析結果から分かることは限定的であることをきちんとサイトでうたっている点は、好感が持てます。 情報保護の信頼性 個人情報及び個人遺伝情報は、「個人情報保護法」及び「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン(経済産業省)」を遵守しながら、管理しています。 また、NPO法人個人遺伝情報取扱協議会の自主基準を遵守しながらサービスの運営をしています。 なお、解析データの保持期間は、結果通知時から1年間となっています。 2016年6月1日、NPO法人 個人遺伝情報取扱協議会が定める を取得しました。 倫理審査委員会等の設置状況 自社研究や個人遺伝情報の取扱いについて、公正かつ中立的に事業実施の適否を審査するために、大学教授や弁護士を委員とした「倫理審査委員会」を設置し、事業の安全性を高めています。 検査実施後のケアについて 検査結果の確認方法 【Webで確認】【モバイルアプリで確認】 サイトのマイページで検査結果、疾患発症の統計的可能性、予防アドバイスが確認可能です。 ただし、解析結果等を閲覧できる期間は、今のところ1年間となっています。 検査結果ページのサンプル 検査結果の更新性 【あり】 再判定を行った場合は、その都度結果がアップデートされます。 ただし、今のところ結果ページを確認できるのは1年間なので、それ以降の新しい情報は得られないようです。 検査結果に基づくアドバイス 【あり】 食事・運動・睡眠などを中心に生活習慣を 見直すアドバイスが、マイページから確認可能です。 専門家によるカウンセリング 【あり】 検査結果に関する質問は、GeneLifeサービス窓口のフリーダイヤルまたは、ジェネシスヘルスケア社が提携する「ジェネシスメディカルクリニック六本木」で、無料で答えてくれます。 また、「ジェネシスメディカルクリニック六本木」では医師によるカウンセリングを行っており、遺伝子検査と他の検査を掛け合わせて「遺伝因子」、「環境因子」、「個別因子」を明らかにしたうえで、個別化医療プログラムを提案しています。 ただし、自由診療のため、健康保険は適用されません。 GENESIS 2. 0 (ジェネシス 2. 0) がん 生活習慣病 その他の病気 アルコール代謝 ダイエット・肥満 薄毛・AGA 肌質 その他の体質 学習能力 運動能力 性格・その他能力 祖先 検査項目数は世界最多の360項目。 1,500以上の遺伝子を検査し、2017年8月にバージョンアップしてして新登場。 リニューアルポイント(GeneLifeサイトより)• 「ニキビ」「(閉塞性)睡眠時無呼吸症候群」、「過敏性腸症候群」、「乗り物酔い」などの新しい検査項目が追加。 日本人で行われた研究を参考に、解析する遺伝子を見直し、日本人に最適なものをピックアップ。 日本人基準の評価を採用し、日本人全体の中で自分の疾患リスクが高いのか低いのかを判定。 検査結果が見やすいよう、検査結果のページのデザインを見直し。 項目 詳細 費用(税別) 29,800 円 検査方法 自宅で唾液を採取して、郵送。 検査結果日数 約1か月 DNA解析の委託先 自社(日本) 検査項目 360項目 【がん】 胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、甲状線がん など 【生活習慣病】 高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、骨粗しょう症 など 【その他の病気】 腎臓病、緑内障、喘息、関節リウマチ など 【アルコール代謝】 アルコールの体内への残りやすさ 【ダイエット・肥満】 肥満、コレステロール、炭水化物の摂取傾向 など 【薄毛・AGA】 男性型脱毛症のなりやすさ、円形脱毛症 【肌質】 肌タイプ(しわ、しみ、抗酸化力)、そばかすのできやすさ など 【その他の体質】 体格、目の特徴、味の感じやすさ、虫歯のなりやすさ など 【学習能力】 記憶力、計算速度、失敗からの学習能力 など 【運動能力】 速筋・遅筋の発達 など 【性格・その他能力】 好奇心、ギャンブル依存傾向 など 【祖先】 ハプログループ調査 その他検査項目詳細は 備考 ・18歳以上の方のみ、検査可能。 項目 詳細 費用(税別) 29,800 円 検査方法 自宅で唾液を採取して、郵送。 検査結果日数 1か月 DNA解析の委託先 自社(日本) 検査項目 87項目 【生活習慣病】 骨粗しょう症 【その他の病気】 近視、感染症のかかりやすさなど 【アルコール代謝】 飲酒量、アルコールによる顔の赤くなりやすさ 【ダイエット・肥満】 肥満、コレステロール、中性脂肪濃度 など 【肌質】 肌タイプ(しわ、しみ、抗酸化力) 【その他の体質】 喫煙量、ED、夜型、長寿 など 【学習能力】 記憶力、計算速度 など 【運動能力】 速筋・遅筋の発達 など 【性格・その他能力】 協調性、外向性、支配欲、外見的な魅力を求める傾向 など その他検査項目詳細は 備考 ・18歳以上の方を推奨。 18歳未満の方の場合は親権者の同意が必要。

次の

大阪堺市の総合トータル物流サービス 株式会社ジェネシス

ジェネシス ヘルス ケア 株式 会社

概要 [ ] ジェネシスは、1990年10月にGregory ShenkmanとAlec Miloslavskyによって設立された。 1997 年6月に会社の株式公開を完了し、GCTIの株式銘柄コードのもと、NASDAQの株式市場に上場した。 5 billion (約1,500億円)で買収した。 2012年2月、Alcatel-Lucentの傘下にあったジェネシスは、ペルミラとTCVから出資を受け、独立企業となった。 ジェネシスは、クラウドベース、オンプレミス両方のCXおよびコンタクトセンター向けソフトウェアを取り扱う。 2007年10月、Paul SegreがCEOに就任。 買収 [ ] 1990年 [ ] 1997年12月、Eメール管理ソフトウェアの開発を手掛けたForte Software, Inc. (後にAdanteと改名される)を買収。 さらに、1999年6月、ワークフォース・マネジメントのソフトウェアを開発したNext Age Technologiesを買収した。 2000年 [ ] Genesysは2001年、IBMのコンピューターテレフォニー(CTI)ソフトウェア、CallPathを買収した。 翌年の2002年にはTeleraと提携し、音声ポータルと自動音声応答装置 IVR を実装。 2006年にGMKとVoiceGenieを買収した結果、ジェネシスのIVRシステムは優れた機能性を備え、市場プレゼンスが大幅に向上した。 2007年12月、ジェネシスは顧客サービス向けのパフォーマンス管理ソフトウェアの開発会社である、Informiamを買収した。 2008年には更に、ConserosおよびSDE Software Development Engineeringといった2つの会社を買収している。 Conserosはジェネシス社の傘下に入って以降、大規模なタスク管理ソフトウェアを開発し、SDEはホスティング管理ソフトウェアを開発した。 同年、IVRシステムを手掛けるブラジルのLM Sistemaも買収している。 2010年 [ ] 2013年には、5つの会社を買収。 詳細は以下のとおりである。 2013年の初めには、音声分析とワークフォース最適化システムを扱うUtopyを買収。 続いてクラウドベースのIVRおよびコンタクトセンター・ソフトウェア開発会社のAngelを買収。 続いて同年5月、クラウドベースの問い合わせ受付や課金、モバイルマーケティング、顧客サービスを扱うソフトウェア開発会社のSoundBite Communicationsを100億円で買収。 10月には、クラウドベースのコンタクトセンター・ソフトウェア開発会社のEchopassを買収。 2ヶ月後の12月、ワークフォース最適化ソフトウェア会社のVoran Technologiaを買収し、ブラジルやラテンアメリカまで事業を拡大した。 2014年に入るとすぐに、ジェネシスはクラウドベースのマルチチャネル対応顧客コミュニケーション、インタラクション・ソフトウェアのプロバイダーであるカナダのパートナー企業、Ventriloquist Voice Solutionsを買収した。 更には、ソーシャル・カスタマーケアおよび分析プラットフォームを扱うSolariatを買収。 同年5月、自動メッセージソリューションを提供するOVM Solutions社も買収している。 脚注 [ ] []• Patrick Hoge 2014年3月11日. San Francisco Business Times. 2014年12月22日閲覧。 Scott McCormack 1998年7月6日. 2014年12月22日閲覧。 Securities and Exchange Commission 1997年. 2014年12月22日閲覧。 1999年9月29日. 2014年12月22日閲覧。 Patrick Hoge 2012年6月15日. San Francisco Business Times. 2014年12月22日閲覧。 Network Briefing. 1998年3月24日• Securities and Exchange Commission. 2014年12月23日閲覧。 2014年12月31日閲覧。 Ann Bednarz 2002年8月5日. Network World• Telecom Tactics Insider. 2006年4月15日• Phillip Britt 2007年12月11日. Destination CRM. 2014年12月31日閲覧。 Telecomworldwire. 2009年1月23日• Telecomworldwire. 2009年1月23日• Destination CRM. 2014年12月31日閲覧。 Cromwell Schubarth 2013年10月8日. Silicon Valley Business Journal. 2014年12月31日閲覧。 Savitz, Eric 2013年2月26日. Forbes. The Wall Street Journal. 2013年5月20日. Cromwell Schubarth 2013年10月8日. Silicon Valley Business Journal. 2014年12月31日閲覧。 2014年12月31日閲覧。 Leonard Klie 2014年1月21日. Speech Technology. 2014年12月31日閲覧。 Jim Tierney 2014年1月22日. loyalty360. 2014年12月31日閲覧。 Rory J. Thompson 2014年1月27日. Cloud Call Center. 2014年12月31日閲覧。 Speech Technology Magazine 2014年5月5日. 2014年12月31日閲覧。

次の