キスカ 島 撤退 作戦。 太平洋奇跡の作戦 キスカ

かつての鳴神島、日本軍が攻略したアラスカ「キスカ島」の今と昔 : カラパイア

キスカ 島 撤退 作戦

作日、ドナルド・キーン氏が死去した。 日本人以上に日本と日本文化を愛してくれた人である。 そんなキーン氏は若い頃、太平洋戦争の キスカ島作戦に参加していた。 アリューシャン列島のアッツ島、キスカ島 ドナルド・キーン氏といえば、英訳の 『源氏物語』で日本文学に惹かれ、日本語を学び、日本の古典や思想を深く研究した人、何より日本を大好きでいてくれた人という印象を持っています。 キーン氏の著作は自伝ぐらいしか読んでおりませんので、キーン氏について何かを私が語ることはできませんが、彼が若い頃、アメリカ海軍の通訳士官として、あの 「キスカ島作戦」に参加していたことを思い出しました。 キスカ島といっても、ピンとくる人は多くないかもしれません。 アリューシャン列島の西部に位置する島で、キスカ島のさらに西にあるのがアッツ島です。 もちろんアメリカ領ですが、太平洋戦争開戦後の昭和17年(1942)6月、 日本軍はアッツ、キスカ2島に上陸、占領しました。 その目的は同年4月、日本に接近したアメリカ軍空母による 初めての本土空襲(ドーリットル空襲)が行われたことを受け、本土防空のために、またアメリカとソ連の連繋遮断をも視野に入れて日本軍は占領を実施したといわれます。 しかし、次第に戦局が悪化すると、アッツ、キスカ両島はアメリカ軍の反撃にさらされます。 しかも内地から十分に物資や食糧を補給できず、両島は苦戦を強いられました。 「武士道に殉じるであろう」 そして昭和18年(1943)5月、アメリカ軍はまずアッツ島攻略に向かいます。 アッツ島の 日本軍守備隊は陸海軍合わせて約2,600人に対し、アメリカ軍の 上陸部隊は1万1,000人。 しかも強力な艦隊に護衛されていました。 アッツ島守備隊の窮地に、北海道にいる 北方軍司令官の樋口季一郎中将(上写真)は急ぎ5,000人の逆上陸部隊の増援を命じますが、信じがたいことに大本営がこれを許しません。 「アッツ島の放棄、キスカ島の撤収を決定した」というのが、その理由でした。 「アッツ島のわが将兵を見殺しにせよというのか」 樋口は激怒しつつも、軍人として命令を覆すことはできません。 断腸の思いで、涙ながらに大本営の命令を、部下であるアッツ島の守備隊に打電しました。 守備隊を指揮する 山崎保代陸軍大佐は、自分たちが捨て石にされたことを知りながら、泣き言は一切表に出さず、次のように返信しています。 「国軍の苦しき立場は了承した。 我が軍は最後まで善戦奮闘し、国家永遠の生命を信じ、武士道に殉じるであろう」 山崎は指揮官として、これより生還を期せぬ戦いに臨むことを将兵に詫び、最後まで陣頭に立つことを誓います。 切々と語る山崎の言葉は将兵の胸を打ち、士気が高まりました。 アッツ島守備隊は凄まじい戦いを繰り広げます。 アメリカ軍は当初、3日で占領できると考えていましたが、 守備隊は19日間にわたって徹底抗戦を続け、5月29日、山崎大佐以下、ほとんどが戦死。 生存者は僅か27人でした。 全滅、玉砕のひと言で片付けられるような戦いではありません。 一方のアメリカ軍側は戦死者約600人、戦傷者は約1,200人と予想を大幅に上回る犠牲を出し、このために次のキスカ島攻略に対し慎重になります。 キーン氏はアッツ島の戦いについて、次のように記しています。 「アッツ島は最初の 『玉砕』の地で、アメリカ軍はこれを 『バンザイ突撃』と呼んでいた。 5月28日、島に残留していた千人余の日本兵がアメリカ軍めがけて突撃を開始した。 アメリカ軍は、かくも手ごわい抵抗のあることを予期していなかった。 日本兵は、ややもすればアメリカ軍を蹴散らしそうな勢いを見せた。 しかし結局は勝利の望みを捨て、集団自決を遂げた」(『ドナルド・キーン自伝』より) 「パーフェクト・ゲーム」 アッツ島の部下たちを見殺しにせざるを得なかった北方軍司令官の樋口季一郎は、大本営に キスカ島からの即時撤退を強硬に迫ります。 増援が見込めない中でアメリカ軍の攻撃を受ければ、アッツ島の二の舞となることは誰の目にも明らかでした。 これを受けて、海軍も撤退作戦を承認します。 しかし、撤退は言葉でいうほど容易ではありません。 キスカ島にはアッツ島の倍近い 約5,200人(陸軍2,400人、海軍2,800人)の将兵が駐留するだけでなく、島の周辺には最新式のレーダーを備えたアメリカ艦隊が待ち受けています。 これに対し、日本側が将兵を救う手立てとしては、速力のある軽巡洋艦や駆逐艦の水雷戦隊で、敵の間隙をついて島に突入し、 短時間(60分以内)で全将兵を撤収させるしかありません。 敵の航空機から発見されないために、 濃霧を味方にすることが必要条件でした。 この困難な任務を課せられたのが、 第一水雷戦隊司令官の木村昌福(まさとみ)少将(上写真)です。 木村は撤収作戦の準備を陸軍と打ち合わせる中で、短時間での撤収を実現するために、携帯兵器の放棄を申し入れます。 銃の放棄は本来、陸軍では考えられないことでしたが、これに対し独断で了承したのが、樋口季一郎でした。 樋口はこう言ったといいます。 「兵器はつくれるが、人間はつくれない」 7月7日、木村率いる2隻の軽巡洋艦、11隻の駆逐艦から成る救出艦隊が幌莚(ほろむしろ)島を出港。 7月10日、11日にキスカ島周辺が濃霧になるという気象予報を元にした作戦でした。 キスカ島の将兵は、該当日に浜で待機することになります。 ところが・・・。 10日、11日を過ぎ、15日まで待ってもキスカ島周辺に霧は立ち込めません。 各艦の艦長は、 「それでもキスカ島に突入しましょう」と木村に意見具申しますが、木村は首を縦に振りませんでした。 「帰ろう。 帰れば、また来ることができる」。 なすすべもなく幌莚島に帰投した木村に対して、軍上層部からごうごうたる非難が浴びせられます。 「臆病風に吹かれた」「木村は将たる器に乏しい」「胆力が無い」などなど。 しかし、木村の部下たちの評価は違いました。 「木村司令官のために死のう」。 部下たちは非難を一身に受ける木村が、実は強い責任感と冷静な判断力を持ち、男気溢れた行動をすることを知っていたのです。 そして7月22日、木村は再び、救出艦隊を率いてキスカ島に向かいます。 キスカ島への突入予定は当初、7月26日でしたが、濃霧の中、艦隊の小さな衝突事故があり、突入は29日に延期。 このトラブルが、思いがけない幸運を呼ぶことになりました。 26日夜、洋上待機する救出艦隊に、不可解な電信がキスカ島よりもたらされます。 「20時頃から40分間ほど、海上から激しい砲声が断続的に聞こえている。 艦隊間での砲撃戦らしい曳光と轟音を聞く」。 これはキスカ島周辺で待ち受けていた、アメリカ艦隊によるものでした。 実は アメリカ艦隊は暗号解析で木村らの突入を察知しており、26日夜に濃霧の中、 レーダーがキャッチした数隻の艦影に容赦ない砲撃を加えたのです。 しかし、レーダーがとらえたのは木村の艦隊ではなく、遠くの島々の 反響映像でした。 レーダーから映像が消えると、日本艦隊を撃滅したと判断したアメリカ艦隊は、29日早朝に燃料や物資を補給すべく、キスカ島周辺から離れます。 それはまさに木村が突入しようとする、絶妙のタイミングでした。 かくして29日13時40分、救出艦隊はキスカ湾に突入。 5,200人の将兵を一人も残すことなく収容し、55分後の14時35分、艦隊は出港。 無事に幌莚島に帰投したのです。 アメリカ軍は後に、この日本軍の奇跡的な作戦成功を、 「パーフェクト・ゲーム」と評しました。 キーン氏も巻き込まれたパニック 奇跡の生還劇の翌日にあたる7月30日。 アメリカ軍は駆逐艦がキスカ島に200発、3日後には2,312発の砲弾を撃ち込みます。 さらに航空機による激しい空襲も実施しました。 そして8月14日、アッツ島攻略時をはるかに上回る100隻の大艦隊がキスカ島に来襲、猛烈な艦砲射撃を加える中、3万1,000人余りの将兵が上陸を始めます。 用意周到なアメリカ軍からは、 アッツ島での経験から、日本軍の戦いぶりをいかに怖れていたかが窺えるでしょう。 その上陸兵の中に、通訳士官のキーン氏もいました。 キスカ島の様子からすでに日本兵はいないのではないかという見方が出ていましたが、島を空襲した航空機の操縦士は 「反撃を受けた」と強硬に主張していました。 キーン氏はこう記しています(同上)。 「上陸直前になって、ケーリ(同僚)と私は真っ先に上陸するよう命じられた。 日本兵が事実残っているかどうか、確認するためだった。 これは、 決死隊の任務に等しかった。 幸運なことに、操縦士は間違っていた。 島には、一人の日本兵もいなかった。 (中略)私たちに続いて、アメリカの部隊が上陸した。 戦うべき相手がいなくて、誰もがほっとした」 ところが数日後、思わぬことが起こります。 引き続きキーン氏の自伝より。 「数日後、別の衝撃が私たちを襲った。 海軍の通訳の中でも一番無能な男が、標識を見つけたといって私のところへ持ってきた。 『もちろん大体の意味はわかるが、幾つか不確かなところがあるのでね』と言うのだった。 標識の文字は、この上なく明快だった—ペスト患者収容所」 上陸したアメリカ軍将兵の間にパニックが生じます。 「ペストの血清を送れ」という要請が、即座にサンフランシスコに向けて打電されました。 それから数日間、キーン氏も他の将兵たちも、いつ体にペスト特有の斑点が現われはしないかと、不安にかられながら過ごしました。 後年、ペスト患者収容所の標識は、日本軍の軍医が、上陸してくるアメリカ軍に一杯食わせようと、ジョークで書いたものであることをキーン氏は知りますが、 「誰も笑わなかった」と記しています。 アッツ島将兵の壮絶な戦闘、キスカ島の「パーフェクト・ゲーム」、そして一杯喰わされたペスト患者収容所の標識。 これらがキーン氏にどのような印象を与えたのかはわかりませんが、後に帰化するほど日本と日本文化を愛したキーン氏への、 一つの後押しになったのかもしれないと想像しています。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

かつての鳴神島、日本軍が攻略したアラスカ「キスカ島」の今と昔 : カラパイア

キスカ 島 撤退 作戦

十分な練度の駆逐艦を揃えることが必須。 最低限「改造済み」かつ「火力・雷装・装甲の改修Max」程度にはしておきたい。 ボス艦隊自体は大型艦が含まれないため、駆逐艦の錬度が十分であれば撃破するのはそれほど難しくない。 ボスに到達するルートの場合、戦闘は全2~3戦となる。 ボス前のFマスでは、戦艦と必ず交戦しなくてはならない。 後述のダメコン戦法を使えば難易度が少し下がり、平均Lv20代でも十分突破可能。 またいくら高レベルやケッコン済みであっても、駆逐艦は駆逐艦であり、大破するときは大破する。 特に戦艦の一撃、被弾すれば練度関係なし。 結局は運と試行回数。 以下のダメコン戦法と一緒にやれば無改造でもクリアできないことはない。 ダメコン戦法• 応急修理要員および 応急修理女神を装備させる攻略法。 装備するなら旗艦以外全員か旗艦含め全員に。 ダメコンは使い捨て装備で、轟沈時に発動し「轟沈を回避」する。 発動しなければ消費しない。 入手方法は、任務の報酬やアイテム屋での購入など。 旗艦がダメコンを装備していた場合、旗艦大破時の強制帰還をキャンセルできる。 一方旗艦がダメコン装備で大破強制進軍時で次マスが戦闘マスだと強制消費。 一方随伴艦の場合、轟沈しなければダメコンを消費しない。 この点注意。 本海域では、基本的には旗艦はダメコンではなく電探を装備するのもオススメ。 (うずしおの効果軽減のため)。 と言うより一番簡単なやり方。 ダメコン5個用意して羅針盤に勝てばまず大丈夫。 その他• Bマスでは、鋼材が多めに獲得できる。 Gマスでは、家具箱 小 が獲得可能。 ボスマスには、補給艦が含まれるため、補給艦撃破任務の消化も可能ではある。 周回には、いわゆる潜水艦クルージング、通称「キス島クルージング(キスクル)」が有効である。 ただし対潜装備をした駆逐艦や軽巡が出現するため、オリョールクルージングより被弾率は圧倒的に高い。 先制雷撃でどれだけ敵を潰せるかが重要なため、かなりの高い錬度・5隻以上での編成が推奨される。 潜水艦編成では、ボスマスに到達できないため、補給艦撃破任務にはまったく向かない。 海域全域で正規空母「」のドロップが報告されていた。 ただしボスマス以外では、ドロップ率は極めて低くかつ勝利S限定となっている。 さらにAマスでのドロップは排除され、ボスマスも掘りには向かないため、別海域で狙ったほうが効率的。 ボスドロップでは戦艦「」、駆逐艦「」を狙える。 但し長波は、ここで狙うよりはまで待つ方が難易度は低い。 どちらかといえば長門の方が狙い目である。 任務関連 出撃任務• 出撃任務でも屈指の難易度を誇る。 ボス艦隊に勝利、もしくは 敗北Cで達成。 駆逐艦「 睦月」「 如月」「 弥生」「 望月」が固定枠、他2隻が自由枠。 達成の手順は通常の海域突破と要領は同じ。 ただし 睦月型は他の駆逐艦以上に脆いため、キラ付けとダメコンの必要性が大きく跳ね上がる。 加えて、 任務対象の睦月型から轟沈が出ると 任務不達成になるため注意。 じっくり錬度と近代化改修を積んでいけば、あとは運と根気の勝負となる。 睦月と如月については可能であれば改二にし、対空値以外の近代化改修を最大までしておこう。 最大六隻で出撃可能なので、島風・雪風の高性能コンビや改二駆逐艦を護衛に連れていくのもアリ。 彼女たちがいない場合でも、一度この海域を突破しているなら、そのときのメンツを引っぱってくるといいだろう。 特に拘りが無ければ旗艦を軽巡にするべきだろう。 高レベルかつ高性能装備なら、睦月型六隻でもボス戦でS勝利して任務達成することは十分可能。 睦月型提督は是非狙ってみよう。 出撃任務 、• 編成枠はどちらも6隻完全固定。 前者は「」が旗艦かつ「」「」「」「 初霜」「 響」の水雷戦隊、後者は「」が旗艦かつ「島風」「」「」「」「響」の水雷戦隊。 達成条件は、前者は 「ボス艦隊 H に 勝利B以上」、後者は 「 S勝利」となる。 達成の手順は通常の海域突破と要領は同じだが、こちらは阿武隈・初霜・響に改二が存在し、かつ阿武隈改二は 甲標的を装備できるので、駆逐艦のみでしか攻略できなかった時期と比べると多少は楽に感じられるだろう。 阿武隈・島風・響はどちらの任務でも必要になるが、どれも改二あるいは高性能艦であるため、羅針盤にさえ勝てれば攻略自体は楽なはずである。 共にメンドイなら阿武隈以外の3スロ目にダメコンを搭載しておけばル級eliteマスの大破は旗艦以外無視可能となり非常に楽になる。 この場合羅針盤に負けて家具箱に行ってもダメコンを使わない。 ある意味お約束なのかもしれないが、随伴艦の一部のみにダメコンを搭載すると、だいたい搭載していない艦に限ってル級eliteの一撃により大破してしまう。 装備するなら随伴全員に装備しよう。 2015夏イベントで未使用分が余っていたり課金をいとわない提督であれば補強増設の追加スロットにダメコンを積むのもアリ…かもしれない。 ただし開幕Eマスに行きかつそこで大破した場合は素直に帰ろう。 流石にル級eliteマスでダメコンが発動してしまう。 レベリングのススメ 注)以下の方法は「空母と戦艦を常用」「潜水艦や雷撃艦前提」「数戦でオレンジ疲労」「数万の資材と大量のバケツと空き時間を保有している事が前提」などの条件があり、総じてベテラン提督向け。 初めてこの海域に到達したレベルの提督にはお勧めできない。 無理をせず他海域の攻略もすすめつつ、ごゆっくり攻略を。 Aマス 3-2-1 A は 中盤におけるレベル上げに最適のポイントである。 海域EXPが320と高く、出現する敵艦は駆逐艦・軽巡・雷巡と比較的倒し易いため、1戦撤退のレベル上げに適している。 勝利S時に旗艦がMVPを取った場合「旗艦1152、随伴艦384」、随伴艦がMVPを取った場合「旗艦576、MVP768、その他384」の経験値となる。 駆逐艦複数のレベル上げ• 駆逐艦x5、駆逐艦or軽巡洋艦以外の艦x1(潜水艦を推奨)で編成する。 1戦ごとに全ての艦を順次ローテーションすることで、駆逐艦の複数をレベル上げする。 艦のレベルが高いとバケツ消費は多くなるため、レベル20程度以下の艦が多い場合向け• かんたんレベリング 初めてレベリングを行う提督向け。 時間効率は後述の方法には劣るが考えることは少ない。 旗艦にレベルを上げたい艦を据え、 戦艦系x1・潜水艦x1・残り空母系or 甲標的搭載艦がお勧め。 空母系と甲標的による開幕攻撃だけで敵艦隊を半壊させることが可能。 戦艦系を入れることで攻撃を2順させ、雷撃戦へのもつれ込みを防ぐ。 (雷撃戦に入らなければ)敵艦隊の攻撃は全て潜水艦に向かうので、潜水艦以外を修理する必要がない。 その潜水艦も修理時間が非常に短いので複数でローテーションを組めば修理中に連続出撃が可能。 他の方法と同じく、数戦でオレンジ疲労が発生してしまう。 甲標的の装備さえ忘れなければ、それ以外の艦の装備は適当で構わないので、深く考えずに控え艦と適当に交代させて出撃させてしまおう。 後述の方法に比べ 空母系と雷巡が高確率でMVPを取ってしまうため経験値効率は劣る。 特定艦のレベル上げ• 旗艦にレベルを上げたい艦を据え、 戦艦系x1・空母系x1以上・潜水艦x1で編成。 「戦艦系で2巡目の砲撃戦を確保し、空母と潜水艦の開幕先制攻撃で数を蹴散らす」という方式。 ただ、雷巡だと開幕雷撃の時点で大打撃を叩き出してMVPを掻っ攫うおそれがあり、疲労やダメージに雷撃の命中率も左右されるため、随伴艦に付けるのには向いていない。 雷巡チ級以上の艦種が出てこないので、潜水艦を入れることで他の艦への被弾を避けることが可能。 ただし雷撃戦までもつれ込むと水上艦に被害が行くので注意。 一戦終えるごとに撤退するため、 疲労の蓄積が激しいのがネック。 しかしコレも 旗艦だけにMVPを集中させるなら利用でき、 赤疲労時の命中率の悪さを利用して旗艦になるべく攻撃させるという ちょっと姑息な手もある。 編成の工夫次第で様々な艦種の育成が可能。 ただし、火力の弱い駆逐・軽巡ならば、での対潜レベリングの方が効率は良い。 5-4まで解放しているなら、5-4-1の方が経験値効率が高い。 また重巡以上かつ高速艦なら北ルート周回まで行えば、被害はそれなりだが、更に効率が高い。 AND検索 OR検索• 艦これコスプレまとめ• 掲示板• 3時と15時に更新 末日22時で終わり• 最近見えない写真 Xの付いてる真っ白な状態 が増えています、クリックの表示のあるやつはクリックしてみてください、それでも見えない場合 Xマークを押してみてください、それでもダメな場合 ホーム 新規 編集 添付 の「添付」で見れます• 艦船のLvUP• 任務(クエスト) デイリークエスト• 軽巡の育成にも有効 ウィークリークエスト• Drop:改修資材ネジx1 1-5、4-3• 4-X• Drop:改修資材ネジx3 3-3,3-4,3-5 潜4• 4-4• Drop:改修資材ネジx2 5-2• Drop:改修資材ネジx3 1-5 マンスリークエスト• 2-5• Drop:改修資材ネジx4 5-1• 1-5• Drop:改修資材ネジx2 4-2• Drop:改修資材ネジx2 2-5• ワンスクエスト 6月1日実装任務• 4月22日実装任務• 4月1日実装任務• 3月19日実装任務• 3月11日実装任務• 2月29日実装任務• 1月19日実装任務• 12月8日実装任務• 10月31日実装任務• 2回あり紛らわしいので注意• ドラム缶を8個揃えよう• 2-5• 2-3• 1-5• 3-1• 2-2• 1-4• 3-3,1-4 3月13日 金 メンテ前AM11:00まで• 9月25日実装任務• 「天山」を2つ廃棄!• MO作戦は7h遠征、敵母港空襲作戦は80h遠征です。 10月9日実装任務• 実装前情報• 1-5-Boss 伊8 DROP• 3-5-F 明石DROP• 6-1-F,H,Boss 伊8 DROP• 6-2-H 6-2-I 明石DROP• 艦娘ドロップ• 艦娘ドロップ• 補給・入渠• アイテム• 装備検証• 艦船の装備• 艦これ 関連 画像• 優秀 艦船• 新装備 GET 一覧• 新 艦船 GET 一覧• 読者投稿 艦これ小説• アップデート• 「開設!基地航空隊」• 2016冬イベント 「出撃!礼号作戦」 作戦進行中! 2016. 10~2. 参照: 迎撃!第二次マレー沖海戦• 2015 秋イベント:期間限定海域 2015. 2015夏イベント:期間限定海域• 2015. E-1 大淀堀• E-2 雲龍、瑞鳳堀• E-3 瑞穂、瑞鳳、朝霜堀• E-4 海風、明石、高波堀• Roma、大鯨、あきつ丸、U-511、酒匂堀• 風雲堀• Y地点で風雲堀、ボス:朝霜堀 2015春イベント:期間限定海域 2015. 28~5. 18AM11:00• 2015冬イベント:期間限定海域• Drop:ボス:朝霜 雲龍 伊401 山雲 早霜 清霜 伊8 伊19 伊58 伊168 長門 陸奥 瑞鶴 翔鶴 加賀 赤城 飛龍 蒼龍 瑞鳳 道中:矢矧 秋雲 浜風• 2015. 11:00終了• リンク• 管理 最新の10件.

次の

コテージ作戦

キスカ 島 撤退 作戦

ソース: キスカ島は、太平洋戦争中の1942年6月、ミッドウェー作戦の陽動作戦として同じアリューシャン列島のアッツ島と共に日本軍に攻略された島である。 ここに日本軍の拠点があることは米本土への脅威になった為、米軍による奪還作戦が決行され、日本軍守備隊と交戦がはじまった。 1943年(昭和18年)5月にアッツ島をアメリカ軍が奪還すると、キスカ島でも緊張が高まり、戦略的意義が再検討され、キスカ島より撤退することとなった。 幾度となく日本海軍救援艦隊が派遣されたが、気象状況(濃霧)や米艦隊の展開に阻害され、ようやく木村昌福少将率いる救援艦隊(第五艦隊)により、同年7月、無事救出された。 この救出作戦はキスカ島を包囲していた連合軍に全く気づかれず日本軍が無傷で守備隊全員の撤収に成功したことから「奇跡の作戦」と呼ばれる。 成功の要因はキスカ島東側より救出に向かうと敵艦隊に狙われるため、霧発生などで危険であったが島を西からぐるりと回り、あらかじめ艦に用意していた「大発」と呼ばれる主に海軍陸戦隊または陸軍上陸用に使用される小型艇で救出し、それを破棄したスペースに兵を乗せたためである。 この時期になると物資もかなり不足しており、貴重な資源を破棄するという大胆な行動であった。 また、アメリカ軍は撤退したとは知らず、無人となった島に艦砲による猛攻撃をかけ、多数の陸上部隊を上陸させたが、いたのは軍犬2匹のみだったとのことである。 この際、アメリカ軍は同士討ちによる死傷者を多数発生させている。 なお、日本軍は悪戯で「ペスト患者収容所」と書かれた立て看板を残し(実は某軍医の策略だった)、これを見たアメリカ軍は一時パニック状態に陥り、緊急に本国に大量のワクチンを発注した(ドナルド・キーンの自伝小説『私と20世紀のクロニクル』にもこの顛末が登場する)。 現在キスカ島は、国立公園となっており、自然を守る為、また、米国の歴史的なランドマークとして、そのままの状態で保存されている。 ホント、判断がよかった上に運もよかったんだと思われ 更にもぬけの殻になった島に無駄な艦砲射撃を繰り返しまくって、挙句デタラメが書かれた立て看板一枚に恐慌状態とか、あまりに出来すぎてて作り話じゃないかとさえ思えてくる程だしな まあ、デタラメっつっても、その状況でそんなもん置かれたら、そうならないほうがおかしい類の代物ではあるがw.

次の