プロミス審査。 プロミスの審査時間内に審査結果がすぐに来ない場合の対応

【プロミス】審査の難易度は!?約8社と比較した審査基準はこれだ!

プロミス審査

簡易審査掲載カードローン・キャッシング一覧• 匿名簡易審査に登録されている企業一覧となります。 銀行カードローンの金利、審査を一覧で比較しています。 貸金業を専業としている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 ビジネスローンを扱っている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 銀行傘下の貸金業者の金利、審査を一覧で比較しています。 地方銀行などの金利、審査を一覧で比較しています。 女性専用サービスの金利、審査を一覧で比較しています。 おまとめローンとして利用できるサービスの金利、審査を一覧で比較しています。 申込から借入までをネットで行える企業の金利、審査を一覧で比較しています。 即日融資を扱っている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 無利息期間サービスを設けている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 パートやアルバイトの方も申込しやすい企業の金利、審査を一覧で比較しています。 土日や夜間でも振込み等を行う企業の金利、審査を一覧で比較しています。 一定額まで収入証明の提出が不要とするローンの金利、審査を一覧で比較しています。 口座が無くても融資を行うローンの金利、審査を一覧で比較しています。 一括返済に対応しているローンの金利、審査を一覧で比較しています。 プロミスは1962年 昭和37年 創業の消費者金融の大手です。 プロミスを会社名だと思っている人が多いようですが、実はプロミスは会社名ではなく、金融サービスの名称。 2012年にSMBCグループの子会社になったため、現在の社名は「SMBCコンシューマーファイナンス」です。 それでも、やっぱり「プロミス」の名称で親しまれているようです。 SMBCグループといえば、日本のトップクラスの企業の一つ。 信頼感と安心感は言うまでもありません。 また、テレビCMもよく流れているので、親しみやすさがあるかもしれませんね。 そして、プロミスのサービスで特徴的なのは、 なんといっても「 30 日間無利息」サービスでしょう! キャッシングに利息はつきものですが、30日間の利息がかからないのですから、これはぜひ利用したいサービスです。 ネット申込&審査通過後に最寄の『プロミス自動契約機』にいけば、すぐに借りられます。 しかもプロミス自動契約機でカードを受け取れば、基本的に「自宅に郵送物は届きません」。 お近くにプロミス自動契約機ない場合は『三井住友銀行(SMBC)ローン契約機』でもカード受け取りできます。

次の

プロミスの審査時間どれくらい?審査結果は電話?メール?

プロミス審査

インターネット上の口コミや体験談を見ると、「プロミスの審査の甘さは?」「プロミスの審査は通りやすい?」「プロミスの審査は緩い?」「プロミスは借りやすい?」など、プロミスのカードローン審査が気になっている人が多いです。 しかし、 大手消費者金融会社のプロミスの審査は甘くないです。 プロミスの公式サイトに「キャッシングの審査は甘い」とは一言も記載されておらず、審査担当者が申込者に返済能力がないと判断した場合には、プロミスの審査に通ることはできないのです。 それではなぜ、プロミスは借りやすいという噂が立つのでしょうか。 そもそもプロミスでは、どれだけの人が申し込みを行い、どれだけの人が審査に通過しているのでしょうか。 当記事では、「プロミスの審査は甘くない」というテーマで解説していきます。 プロミスの審査について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。 プロミスの審査に通る人の特徴 プロミスの審査は決して甘くはないですが、 公式サイトの申込条件である「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」を満たす人は審査に通過できる可能性があります。 プロミスの安定した収入とは、「1つの職場から2か月以上給料を受け取っている」ことです。 つまり、年齢基準を満たし毎月安定した給料またはアルバイト代を受け取っている人であれば、パートやアルバイト、フリーター、学生でもプロミスから借り入れができます。 さらに、すでに他社からの借り入れが1社~3社ある人でも、 他社借入の総額が年収の3分の1を超えておらず、返済の延滞もない場合はプロミスの審査に通る可能性が高いです。 そのため、年収の低い人や他社借入がある人でも、条件を満たしていればプロミスの審査に通ります。 プロミスの審査は甘くない 結論から言うと、プロミスの審査は甘くないです。 なお、プロミスで借りやすいと言われているのは、以下の理由からだと推測されます。 【プロミスが借りやすいと言われている理由】• 消費者金融会社だから• 即日融資に対応しているから• パートやアルバイトでも申し込めるから プロミスが借りやすいと言われているのは、上記の理由からだと推測されます。 それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。 消費者金融会社だから プロミスが借りやすいと言われているのは、「消費者金融会社だから」という点が挙げられます。 なぜなら、インターネット上の情報では、 「銀行カードローンよりも消費者金融カードローンのほうが借りやすい」と言われているからです。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【各金融機関のカードローンの金利】 各金融機関のカードローン 金利(実質年率) 審査 消費者金融カードローン 高い(3. 銀行カードローンが金利を低めに融資を行っているということは、利用者が貸倒れた場合のリスクが高いということになります。 一方、銀行カードローンと比較した場合、消費者金融カードローンの金利は高めに設定されています。 消費者金融カードローンが金利を高めに融資を行っているということは、利用者が貸倒れた場合のリスクが低いということになります。 つまり、銀行カードローンを比較対象にした場合、消費者金融カードローンは金利が高めに設定されており、貸倒れのリスクが低いことから「審査に通りやすいのではないか」と言われているのです。 しかし、低金利で融資を行っていることがカードローン審査を厳しく行っている理由にはならず、同様に、高金利で融資を行っていることがカードローン審査を甘くしている理由にもなりません。 情報に根拠がない以上、「消費者金融会社が提供しているカードローン会社だからといってプロミスの審査は甘くない」ということを覚えておきましょう。 即日融資に対応しているから プロミスが借りやすいと言われているのは、「即日融資に対応しているから」という点も挙げられます。 実際、プロミスの公式サイトでは、申し込みから審査・契約・融資までの時間を 「Webなら最短1時間融資も可能」と明記されています。 審査にかかる時間は最短30分であり、契約内容の確認が完了次第、プロミスは原則24時間最短10秒で振込による融資を受けられます。 とはいえ、審査時間や審査結果の回答が早いからと言って、プロミスの審査は甘くありません。 プロミスは申込者の情報を入念に確認していないのではなく、 コンピューターによる属性スコアリングシステムを導入し、審査にかかる時間を短縮しているのです。 属性スコアリングシステムとは、申込者の属性(年齢・年収・職業・勤続年数など)を自動的に点数化してくれる審査方式のことです。 属性スコアリングシステムで計算された点数の合計点が一定基準に満たなかった場合には、その時点でプロミスの審査に落ちます。 つまり、プロミスは審査の合否に関係なく、最短30分で審査回答が得られるようになっているのです。 そのため、即日融資に対応している点や審査時間が早い点が、プロミスの審査の甘さにつながるわけではないので注意しましょう。 パートやアルバイトでも申し込めるから プロミスが借りやすいと言われているのは、「パートやアルバイトでも申し込めるから」という点も挙げられます。 実際、プロミスの公式サイトには、申込条件として 「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。 」と記載されています。 とはいえ、パートやアルバイトでも申し込みからと言って、プロミスの審査は甘くありません。 プロミスは正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、パート、アルバイトなどの非正規雇用でも融資を受けられるように借入限度額を調整しているからです。 たとえば、アルバイトをしている学生がプロミスの審査に通過した場合、初回契約時の借入限度額は10万円程度の少額融資に設定される傾向があります。 いつでも辞められる状況にある学生アルバイトに高額融資を行ってしまうと、貸倒れのリスクが高くなるからです。 また、パートやアルバイトでも申し込めるとはいえ、申込者本人に安定した収入(目安:毎月1回以上の収入が2か月連続している)がない場合には、返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査には通りません。 パートやアルバイトでも申し込めるという点が、プロミスの審査の甘さにつながるわけではないので注意しましょう。 借入可能か気になる人は「お借入れ診断」を試してみる プロミスの審査難易度が気になっている人は、無料診断サービス「お借入れ診断」を試しましょう。 お借入れ診断を利用すれば、 「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」の3項目を入力するだけで、借入可能かすぐに結果が分かります。 ただし、お借入れ診断には信用情報(金融事故の有無など)に関する項目がないため、プロミスの審査を受ける前の目安程度にしかなりません。 「ご融資可能と思われます。 」と表示されても、プロミスの審査に落ちる可能性があります。 とはいえ、プロミスの審査の甘さを気にしている人のなかには、すでに複数の金融機関から融資を受けている方も多いです。 成約率とは、申込者に対してどれだけの人数が契約までに至ったのかを表す割合のことであり、カードローン会社の審査難易度を推測するのに利用できます。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【大手消費者金融各社の成約率】 消費者金融名 2020年3月 2020年2月 2020年1月 アコム 42. アコム・アイフル・プロミスの審査では、10人中4人が契約を結び、残りの6人がカードローン審査に落ちている計算です。 つまり、大手消費者金融会社のカードローン審査において、プロミス・アコム・アイフルに関しては、アイフルの審査難易度は同程度と推測できます。 成約率が最も高いのはアイフル 前途したように、大手消費者金融会社のなかでも、プロミス・アコム・アコムに関しては、審査難易度は同程度であると推測しました。 とはいえ、審査に通りやすいカードローン会社を探している人は、プロミスよりも成約率の高いカードローン会社を選択することもひとつの方法です。 なお、 大手消費者金融会社のなかで最も成約率が高いのはアイフルです。 アイフルはプロミス同様、「30日間金利0円サービス(通称:無利息期間)」に対応しており、無人契約機(てまいらず)で ローンカード発行すれば、土日祝日でも即日融資も受けられます。 そのため、カードローン審査に不安のある人は、成約率が最も高いアイフルへの申し込みを検討してみてください。 プロミスの審査に通らない人たち プロミスの審査の甘さを気にしている人は、まずは下記の条件を確認しましょう。 下記の条件に該当している人は、プロミスの審査には通りません。 【プロミスの審査に通らない条件】• 在籍確認が取れない• 信用情報に傷がある• 他社借入件数が多い• 無職・無収入である それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。 在籍確認の電話が取れない プロミスは在籍確認なしで通るほど、審査は甘くありません。 在籍確認は本人確認とも呼ばれており、申込者の返済能力を確かめるための事実確認のことを言います。 プロミスの在籍確認では、原則申込者の勤務先への電話連絡によって行われ、申込者の都合だけで拒否することはできません。 なぜなら、申込内容の申告だけでは入力ミスや虚偽申告も考えられ、申込者に返済能力があるのか分からないからです。 ただし、「個人情報に厳しい会社なので電話連絡が難しい」「勤務先の上司や同僚が電話連絡に応じるか分からない」など、申込者にやむを得ない事情がある場合には、プロミスは電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってくれる可能性もあります。 とはいえ、在籍確認の電話連絡を行うかどうかは審査担当者の判断に委ねられるため、やむを得ない事情があるからと言って、必ず電話連絡なしにできるとは限らないので注意しましょう。 なお、プロミスの在籍確認が不安な人は、を参考にしましょう。 電話連絡のないSMBCモビット SMBCモビットのWEB完結申込はプロミスと違い、 電話連絡が行われません。 消費者金融の中で、「電話連絡なし」を公言しているのはSMBCモビットだけです。 なお、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するには、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている方です。 また、「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」の提出が必要になります。 信用情報に傷がある 信用情報に傷がある人は、審査担当者に返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査には通りません。 信用情報とは、「申込履歴」「契約内容」「借入・返済状況」「金融事故の有無」など、個人の金融取引に関する履歴のことです。 そして、信用情報に傷がある状態で通過できるほど、プロミスの審査は甘くありません。 なお、金融事故に該当する項目は、下記の通りです。 【金融事故の種類と保管期間】 金融事故の種類 JICC CIC KSC 長期延滞(2か月~3か月以上) 解消日から5年間 解消日から5年間 解消日から5年間 債務整理(自己破産・個人再生) 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 代位弁済 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 強制解約 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 申込者の信用情報は、消費者と金融機関の信用取引を支える機関である個人信用情報機関で管理されています。 日本国内には「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」という3つの個人信用情報機関があり、プロミスはJICCとCICの2社に加盟しています。 また、個人信用情報機関は「Credit Information Network(通称:CRIN)」と呼ばれる相互交流ネットワークを通し、信用情報を各金融機関に共有しています。 つまり、クレジットカードなどのキャッシングを利用し、長期延滞などの金融事故を起こしている人は、その事実がプロミス側にも知られているのです。 そのため、 金融事故の事実を担当者に隠し通すことはできず、プロミスの審査に通るのは厳しいと言えるでしょう。 とはいえ、審査に通りやすいカードローン会社を探している人のなかには、「自分がブラックリストに入っている」と勘違いしている方も多いです。 たとえば、 他の金融機関で2か月未満の短期延滞があった程度であれば、ブラックリストに入っておらず、プロミスの審査に通る可能性もあります。 開示請求をすると自分の信用情報を調べられる 自分の信用情報に不安がある人は、プロミスに申し込む前に信用情報の開示請求を行いましょう。 個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行えば、自分の信用情報を確かめられます。 ただし、 信用情報の開示請求は、3社すべての個人信用情報機関(JICC・CIC・KSC)で行う必要があります。 プロミスが加盟している個人信用情報機関はJICCとCICの2社ですが、カードローン審査では、KSCに記録されている信用情報も確認されるからです。 なお、信用情報の開示請求の方法については、で解説しています。 他社借入件数が多い 他社借入件数が多い人は、審査担当者に返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査に通りません。 申込者の他社借入件数が多いと、審査担当者に多重債務者であると判断され、プロミスの審査に通るのが厳しくなる傾向があります。 つまり、他社借入件数の多い人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くないのです。 ただし、プロミスは他社借入件数に関する明確な基準を公表しておりません。 しかし、多重債務者に関するデータを参考にすることで、プロミスの審査に落ちる他社借入件数の目安を推測することが可能です。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【多重債務相談者の平均借入先の推移】 実施時期 平均借入先の推移 平成27年3月 4. 4件 平成28年3月 4. 2件 平成29年3月 4. また、多重債務に悩む人は「他社のローン審査に通らなくなったことで返済が追いつかなくなり、最終的に弁護士に相談することにした」という方々が多かったです。 つまり、他社借入件数が4件以上ある人は、審査担当者に多重債務者と判断され、カードローン審査に落ちやすくなる傾向があるのです。 ということは、 他社借入件数が4件以上ある人はプロミスでも多重債務者と判断される可能性が高く、カードローン審査が厳しくなると推測できます。 他社借入件数が4件以上ある人は、これ以上借入先を増やしてしまうと毎月の返済に追われ、生活そのものが破綻してしまう恐れがあります。 プロミスからの借入を諦め、まずは弁護士に相談しましょう。 法テラスであれば、借金に関する悩みを無料で相談することが可能です。 経済的に余裕のない人が利用できる法律扶助サービスを整えているため、まずはから問い合わせてみることをおすすめします。 なお、プロミスと他社借入の関係については、で詳しく解説しています。 他社借入残高が多い人も審査に落ちる プロミスは他社借入件数だけでなく、他社借入残高が多くても審査に落ちます。 なぜなら、プロミスは貸金業法で定められている総量規制の対象だからです。 総量規制とは、貸金業者からの借入を個人の年収の3分の1までに制限する法律のことです。 なお、貸金業者に含まれるのは、消費者金融会社、信販会社、クレジットカード会社(キャッシング枠のみ)なので覚えておきましょう。 たとえば、年収450万円の人が貸金業者から融資を受けられる借入額は、3分の1の金額である150万円までとなります。 つまり、年収450万円の人が貸金業者から50万円を借入していた場合には、プロミスで100万円以上の借入希望額で申告しても審査には通りません。 つまり、他社借入残高の多い人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くないのです。 貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えている人(またはそれに近い金額を借入している人)は、プロミスなどの金融機関から融資を受けようとするのではなく、まずは家計管理や家計収支を見直しましょう。 たとえば、お金の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談すれば、家計管理や家計収支に無駄がないかを考えてくれるため、他社借入残高の完済が早まる可能性があります。 なお、日本FP協会に公式サイトでは、定期的に無料体験相談のスケジュールが公開されています。 無料体験相談は完全予約制となるため、FPに相談したい方は、定期的に日本FP協会の公式サイトを確認することをおすすめします。 無職・無収入である 無職・無収入の人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くありません。 申込者本人が定職に就いておらず、安定した収入がない場合には、確実にプロミスの審査に落ちます。 プロミスの審査に通るには、 「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」という申込条件を満たしていることが絶対条件です。 そのため、申込者本人に収入がない専業主婦や年金受給者は、プロミスの審査に通ることは不可能です。 無職・無収入の人は、プロミスなどのカードローン会社から融資を受けようとするのではなく、別の方法を検討する必要があります。 なお、無職・無収入の方は、を参考にしてください。 審査に通過しても少額の利用限度額に設定される場合がある プロミスの審査に通過しても、申込者が申告した借入希望額が必ず借りられるわけではありません。 下記に該当する人は、初回契約時の利用限度額が10万円以下の少額融資に設定される可能性があります。 【利用限度額が少額に設定される人の特徴】• 勤続年数0か月(例:転職したばかりの会社員)• 年収100万円以下(例:アルバイトをしている学生)• 給与形態が歩合給(例:個人事業主や自営業者)• 65歳以上の高齢者(例:定年退職間近である会社員)• そのため、100万円以上の高額融資を希望する人は、親や親族などに頼むなど、プロミス以外から融資を受ける方法を検討してみてください。 プロミスレディースキャッシングの審査も甘くない 大手消費者金融会社のプロミスは、女性専用のキャッシングサービス「プロミスレディースキャッシング」というカードローン商品を展開していますが、通常のプロミス同様、審査は甘くありません。 なぜなら、プロミスレディースキャッシングも通常のプロミスと同じ審査基準を採用しており、「女性専用のカードローン商品だから審査を甘くしている」ということはないからです。 そのため、プロミスレディースキャッシングの利用を検討している女性の方は、ここまで解説してきた内容を参考にし、申し込みを考えるてみましょう。 なお、プロミスレディースキャッシングについて知りたい方は、を参考にしてください。

次の

【プロミス】審査の難易度は!?約8社と比較した審査基準はこれだ!

プロミス審査

プロミスとSMBCモビットは両方とも、有名な大手消費者金融ですが、どちらもSMBCグループ会社です。 カードローンの利用を検討している人は、どちらにしようか悩む、超有力候補でしょう。 どちらもSMBCグループ会社のため、「プロミスとSMBCモビットは、どこが違うんだろう?」「どちらの方がいいんだろう?」と思いますよね。 更に、SMBCグループでは、三井住友銀行が提供している三井住友銀行カードローンもあるので、 「結局、どれがいいの?」ということになります。 そこでこの記事では、プロミス・SMBCモビット・三井住友銀行カードローンを徹底比較し、メリットやおすすめの人をまとめました。 プロミスの運営会社は、 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社で、 SMBCモビットの運営会社は、 株式会社SMBCモビットです。 プロミスとSMBCモビットの歴史 ところで、 「SMBCモビットって、赤のイメージがあるけど、いつの間に緑になったんだ?」と疑問を感じている方もいるかもしれません。 SMBCモビットは、 もともと三菱東京UFJにルーツをもつ消費者金融なのですが、 いろいろあって、SMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社「SMBCモビット」となったのです。 それでは、SMBCモビットとプロミスの歴史を年表で振り返ってみましょう。 2000年 「株式会社モビット」設立 現在の三菱UFJ銀行である三和銀行が中心となり、当時独立会社だったプロミス株式会社(現:SMBCコンシューマーファイナンス)などと共同出資でモビットは発足しました。 2004年 プロミス株式会社がSMBCグループの完全子会社に。 モビットは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)に属するもののSMBCグループ(SMFG)が間接的に出資する実質合弁出資という状況になりました。 その頃は、無人契約機などの塗装や、イメージカラーは三菱東京UFJ銀行の「赤」がメインで使用され、「三菱東京UFJ銀行系」という宣伝がなされていたそうです。 2014年 SMBCグループ会社が、株式会社モビットを完全子会社化 2017年 社名を「株式会社モビット」から「株式会社SMBCモビット」へ変更 ということで、 プロミスは独立会社、SMBCモビットはSMBCグループ会社の一員となっています。 SMBCモビットのイメージカラーが三井住友銀行のコーポレートカラーである緑になったのは、最近なんですね。 さらに、SMBCグループには、三井住友銀行が提供している「三井住友銀行カードローン」もあります。 三井住友銀行ユーザーで、カードローンを検討している人は、 「結局、どれがいいの?」と思いますよね。 そこで、プロミス・SMBCモビット・三井住友銀行カードローンを徹底比較しました! 同じSMBCグループのカードローンですが、強みや特徴、こんな人におすすめ!という点は異なります。 チェック!カードローンにはノンバンク系と銀行系があるよ カードローンとは、個人向け無担保ローンのことですが、カードローンには、銀行のカードローンと、ノンバンク(銀行でない)の消費者金融があります。 プロミスとSMBCモビットは、消費者金融ですが、三井住友銀行は銀行カードローンです。 5~ 17. 0~18. それから考えると、審査が難しい順番は、次の通りです。 一番難しい:三井住友銀行カードローン(上限金利年14. 審査に時間がかかってもよいのであれば、 消費者金融よりも上限金利が低めの三井住友銀行カードローンに申し込むのがおすすめです。 はじめての場合で、30日間以内に返済のめどが立っている場合は、30日間無利息で利用できるプロミスもおすすめです。 反対に、 急いでいるという人は、SMBCモビットに申し込むのがよいでしょう。 また、プロミスの会社であるSMBCコンシューマーファイナンスは、金融事業と並行して保証事業を行っており、 三井住友銀行カードローンの保証業務も、SMBCコンシューマーファイナンスが担当しています。 SMBCモビットは、SMBCコンシューマーファイナンスの子会社なので、 別会社とはいえど、 審査情報が共有されている可能性は十分にあると考えてよいでしょう。 つまり、プロミスかSMBCモビットの審査に落ちた場合、最も審査が厳しい三井住友銀行カードローンの審査に通るのは絶望的です。 SMBCモビットかプロミスに落ちた場合に、もう一方に申し込めるのか?については、 下記「 」で詳しく解説しています。 つまり、SMBCモビットで最高限度額の800万円を借り入れようと思った場合、そもそも年収が2400万円以上ないと800万円は借りることができないのです。 ですので、 消費者金融から借り入れる場合は、借入限度額はそこまで重要視しなくてよいでしょう。 しかし、 結局のところ、カードを発行したほうが、 セブン銀行以外のATMや、コンビニメディア端末などを利用できるので便利です。 特に、 SMBCモビットの「WEB完結申込」は、必要書類がさらに増えるので、カード申込を選択するメリットがあります。 即日借入OKになるのはプロミスだけ。 手続きにかかる時間は約50分• SMBCモビットの場合、カード発行はすぐだが、審査後に必要書類のやり取りを郵送で行うため、借入OKとなるまでに時間がかかる• 審査結果を待っている間に無人契約機に移動すれば、時間の節約にもなります。 バレたくないなら、断然!電話連絡なしのSMBCモビット 「家族・職場にバレないか」というのも、重要なポイントですよね。 バレにくさで言えば、ダントツで 提出する必要書類が多い分、電話連絡なしでOKなSMBCモビットです。 「WEB完結」を選択すれば、電話・郵送一切なしで手続きができます。 SMBCモビットのWEB完結について詳しくは「SMBCモビット「」で解説しています。 プロミスも消費者金融なので、銀行カードローンと比較すれば融通は効きやすいです。 「どうしても在籍確認を避けたい」という場合は、相談の上、代替案を提示してもらえる場合もあります。 また、郵送があった場合でも「プロミス」とはわからないよう配慮があります。 三井住友銀行カードローンは、消費者金融よりも上限金利が低い分審査が厳しいため、在籍確認は回避できないと考えてよいでしょう。 ですが、三井住友銀行カードローンでも、ローン契約機でカードを受け取れば郵送がなく、 何より万が一郵送があったとしても、「三井住友銀行」名義なので、すでに三井住友銀行ユーザーの場合は家族にバレることも少なそうですね。 借入・返済のしやすさ|三井住友銀行の口座があるなら迷わずプロミス! 借入・返済など、利用する際の利便性も非常に重要です。 三井住友銀行の口座を持っているなら、圧倒的に便利なのが、 プロミスの瞬フリです。 何といっても、 深夜・土日祝日でも最短10秒で振り込みが完了する、消費者金融の中でも抜きんでたサービスです。 プロミスの返済方法については「」で詳しく解説しています。 SMBCモビットで言えば、 返済方法で銀行振込ができるのはSMBCモビットだけです。 また、「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン 返済のしやすさのランキング」で1位を取っているという実績もあります。 ですが、 SMBCモビットはインターネット返済はできないので、 インターネットバンキング中心で利用したい方なら、プロミスのサービスのほうが便利です。 審査は厳しいけど、長期返済なら三井住友銀行カードローン 50万円以下の少額融資は、上限金利が適用されることが多いです。 そのため、 基本的には上限金利をチェックしましょう。 上限金利で見れば、 銀行カードローンである三井住友銀行カードローンが年14. 5%と、最も低いです。 消費者金融よりも上限金利が低いので、 長期的な返済を計画している人に向いています。 しかし、金利の低さと審査の厳しさは比例しているので、 銀行カードローンよりも消費者金融のほうが審査は通りやすいです。 プロミスとSMBCモビットで比べると、 プロミスの上限金利は17. プロミス・SMBCモビット・三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット さて、ここまででプロミスとSMBCモビット、そして三井住友銀行カードローンの特徴を比較してきました。 3つのカードローンのメリット・デメリット、向いている人をまとめました。 プロミス• 三井住友銀行ユーザーなら、プロミスかSMBCモビットを選ぶべきでしょう。 プロミスとSMBCモビットは両方借りられる?掛け持ちの注意点 すでにプロミスかSMBCモビットを借りていて、 「さらにお金が必要になったけど、増額できなかった…」 「希望の借入限度額よりも低くなってしまった…」 そんな場合、更に他のカードローンに申し込もうと思っている人も多いと思います。 そこで、プロミスとSMBCモビットの掛け持ちについてまとめました。 そもそも、複数社掛け持ちする際のポイント・留意点 そもそも、カードローンの「審査」で最もチェックされているのは、 「借りたお金をきちんと返済できるかどうか?」というポイントです。 ですので、 2件目の借入は、1件目の借入よりも審査が厳しくなるという点は注意するべきです。 一般的に、掛け持ちの際に、下記項目に当てはまると、審査が通るのは難しいと言われています。 ですので、これは同系列のプロミスとSMBCモビットに限らず、 消費者金融では他社からの借り入れ状況は筒抜けになっている、という点も留意しておきましょう。 つまり、プロミスはSMBCグループの審査を請け負っていると考えられるので、 子会社であるSMBCモビットの審査も請け負っている可能性があります。 信用情報機関ブラック …信用情報機関にブラック認定され、新規申し込みや利用に影響を及ぼす。 影響は一定期間(5年間など)• 社内ブラック …実際に借り入れている会社で、返済の遅延・滞納や金融事故でブラック認定される。 各社によって基準は異なり、期間も決まっていない。 プロミスは、複数社から借入をした場合、新規の借り入れ停止などの対応が他社とくらべて非常に早いということも言われており、 「社内ブラック」に対する対応は迅速且つ厳しいと思っておく必要があります。 そのため、プロミスを利用する場合は、プロミスの社内ブラックにならないよう、返済の遅延・滞納や、金融事故などに細心の注意を払いましょう。 そして、SMBCモビットはプロミスの子会社です。 ですので、通常消費者金融が共有できるのは信用情報機関ブラックのみですが、 プロミスとSMBCモビットに限定していえば、社内ブラックの情報はSMBCモビットと共有されている可能性も否めません。 プロミスの利用で、返済の遅延・滞納や金融事故があった場合、 SMBCモビットの新規申し込みは厳しい可能性があります。 プロミスとSMBCモビットを両方借りる際の注意点! 消費者金融の場合、総量規制は絶対!銀行カードローンの利用も検討しよう 消費者金融を掛け持ちする場合、 何社掛け持ちしたとしても、 「総量規制」によって、合計で年収の3分の1以上は借りることができません。 なので、プロミスを借りている状態でSMBCモビットの審査に通ったとしても、 プロミスで年収の3分の1に近い額を借りていた場合、SMBCモビットでは借りられなくなってしまいます。 融資上限額 10万~800万円 金利 年4. 0~14. つまり、 「これ以上の額を借りたら返済は厳しいだろう」と判断された、ということです。 それをまず念頭に置き、 申し込む前に返済計画を立て、身の丈に合った借り入れをしましょう。 おまとめローンならプロミス 複数社からの借り入れを掛け持ちするくらいなら、おまとめローンを利用するのも一つの手です。 おまとめローンの場合、返済の計画が立てやすくなるだけでなく、 まとめることによって金利が低くなる場合があります。 消費者金融なら、プロミスのおまとめローンがおすすめです。 【参考記事】 ですが、一方でSMBCグループの保証事業は、プロミスであるSMBCコンシューマーファイナンスが行っているという点も抑えておきたいところです。 プロミスとSMBCモビットは、審査情報を共有している可能性がある、ということです。 また、SMBCモビットの審査に落ちてしまった場合ですが、 SMBCモビットは申し込み段階で収入証明書を提出する必要があるため、 チェックされる項目が多くなり、結果的に審査が厳しくなったという場合もあるでしょう。 その場合、対策をとればプロミスや別の消費者金融の審査に通る可能性は上がります。 プロミスやSMBCモビットの審査に落ちた場合は、 必ず「なぜ落ちたのか?」という原因を洗い出し、対策をとるようにしましょう。 下記に当てはまっていないか、確認してみましょう。

次の