キンクマ ハムスター ケージ。 キンクマハムスターの飼育ポイント6つ。キンクマと過ごそう

ゴールデンハムスター用のケージは広いミニデュナがおすすめです

キンクマ ハムスター ケージ

スポンサーリンク ハムスターのケージ選びで重要なポイント どんなケージを購入するか検討する前に、まずはハムスターのケージ選びで重要なポイントを知っておきましょう。 1.なるべく大きいケージを選ぼう ズバリ、ハムスターにとって良いケージとは、 大きく広いケージです! ハムスターは運動量の多い動物。 さらに、縄張り意識もあるため、ケージが広ければ広いほど、ハムスターにとっては快適な住み家になるんですね。 十分な大きさのケージでないと、ハムスターにとってストレスになることがあります。 一人暮らしのワンルームなど、あなたのお部屋のスペースが限られているとしても、 可能な限り大きいケージを用意してあげるようにしましょう。 また、縄張り意識が特に強い種類なので、ケンカなどのトラブルを避けるため、基本的に 1匹ずつ別々のケージで飼育するようにしましょう。 ゴールデンと違って、ペアなど複数のハムスターを1つのケージで飼育することもできますが、その場合は上記の目安よりも 1. 5倍程度広いスペースを確保してあげるようにしましょう。 2.安全性の高いケージを選ぶようにしよう ケージが原因で怪我をするハムスターも意外と多いんです。 なので、ケージを選ぶ時は、ハムスターが安全に暮らせるかどうかを第一に考えてあげるようにしましょう。 ハムスターにとって危険で注意が必要なのが、• 2階・3階建て• 縦方向のトンネル・はしご など、 上下の移動ができるようになっているケージです。 ハムスターはもともと地面を這うようにして生活する生き物で、上下の運動は必要ないんですね。 ずんぐり体型で視力も弱いため、上下運動には不向きです。 落ちて骨折するようなケースもあるので、ケージを選ぶ時はハムスターがスムーズに移動できる シンプルな作りのものが安全です。 ハムスターのケージの種類 ケージ選びで重要になる、ケージの大きさ・安全性について把握できたら、次はどんな種類のケージにするか検討していきましょう。 ハムスターのケージには、様々な種類のものが市販されていますが、一般的なものは• 金網タイプ• 水槽タイプ(ガラス・アクリル・プラスチック製)• プラスチックタイプ• 衣装ケース の4種類です。 それぞれ、メリット・デメリットなど特徴がありますので、どのタイプを選ぶか参考にしてくださいね。 安くて種類が豊富• 軽量で掃除の時など持ち運びやすい• 通気性が良く、湿気や匂いがこもらない• 給水器や回し車など、グッズを取り付けやすい デメリット• 金網部分をかじって、歯や口周りの健康トラブルにつながることがある• 金網をよじ登ったり、うんてい運動をするうちに落下事故が起きやすい• 金網の隙間に足が挟まって骨折したり怪我をすることがある• 金網の隙間から床材や食べ物などが飛び出し、散らかる• 熱がこもらないため、冬場は寒い• 外の音が遮られず、ハムスターにそのまま伝わってしまう おすすめポイント 残念ながら、獣医師としてはおすすめできるケージではありません。 なぜなら、金網タイプのケージは、 ケージを噛むことによる歯のトラブルや、落下事故、足を挟んで骨折する・・・など 本当に危険やトラブルが多いからです。 ケージ噛みによるトラブルについては、で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてください。 これからケージを購入する方は、絶対に「金網タイプ以外」のケージを検討してくださいね。 かわいいハムちゃんのために。 それでは、次のタイプを紹介していきますね。 ハムスターの様子を観察しやすい• ケージの中にいるままでも、キレイにハムスターの写真が撮れる• 凹凸がないため、ケージをかじることがない• 凹凸がないため、掃除がしやすい• 外の音が遮られ、静かに過ごすことができる• 保温性があり、冬でも暖かい• ケージ内の床材や食べ物やが散らばらない デメリット• 通気性が悪く、湿気や臭いがこもる• ケージの上部から手を入れて世話をすることになるため、手を恐がるハムスターもいる• ガラス製のものは重い• アクリル・プラスチック製のものは軽いが、爪で傷がつきやすい• ガラス・アクリル製のものは高額• 給水器や回し車などのグッズを取り付ける時に工夫が必要 おすすめポイント 水槽タイプのケージは見た目がスッキリしているだけでなく、ハムスターにとっても安全です。 ただし、湿気や匂いがこもらないように、汚れたら細目に掃除してあげる必要があります。 重さが気になる方は、ガラス製ではなくアクリル製(お値段高め)、プラスチック製(お手頃価格!)を選ぶと掃除もしやすいですよ。 また、ケージの外からでも写真が撮りやすいので、 可愛いハムスターの写真をいっぱい撮りたい!というあなたにもおすすめです。 安くて種類が豊富• 軽量で持ち運びやすい• トンネルやドームなど、アクセサリーが付いていて楽しそう• 外の音が遮られ、静かに過ごすことができる• 保温性があり、冬でも暖かい• ケージ内の床材や食べ物やが散らばらない• 部分的にメッシュや金網になっているデザインのものは、通気性UP デメリット• 狭く小さいものが多い• 掃除する時は各パーツに分解する手間がかかり、掃除しにくい• プラスチック製のアクセサリーは壊れやすい• トンネルや2階部分からの落下や壊れたパーツの断面などでハムスターが怪我をすることも• メッシュや金網部分はかじられやすい• 湿気や臭いがこもりやすい おすすめポイント 金網タイプと水槽タイプのどちらの要素も兼ね備えているのが、プラスチックタイプのケージです。 種類も豊富で手頃な値段なので、初心者さんにも購入しやすいのもいいですね。 様々なアクセサリーが付いているものは、一見魅力的に感じられるかもしれませんが、ハムスターにとってはアクセサリーの多さよりもケージの広さが大切。 人間の自己満足にならないよう、ハムスターが安全に暮らせることを第一に考えて、 なるべくシンプルなものをおすすめします。 大きいサイズが豊富で、お手頃価格• 軽量で持ち運びやすく、掃除も楽• 自分の思い通りに改造することができる• 外の音が遮られ、静かに過ごすことができる• 保温性があり、冬でも暖かい• ケージ内の床材や食べ物やが散らばらない デメリット• 通気性が悪く、湿気や臭いがこもる• 半透明なので中の様子が確認しずらい• 内側のでっぱり部分や、カスタムのために開けた穴をハムスターにかじられる可能性あり• ケージ改造が面倒に感じる・苦手な人には不向き おすすめポイント 広いケージを用意してあげたいけど手頃な価格がいい、と考えるあなたにピッタリなのが衣装ケースです。 改造して自作ケージを作るのは難しそう・・・と思うかもしれませんが、頑張って作った分だけ愛着もわきますよね。 いろいろカスタムできるのが、衣装ケースの醍醐味であります。 本格的なDIYでなくとも、ふたに金網を取り付けるだけでも通気性がUPして快適なケージに変身させることができますよ!.

次の

【ハムスターのケージ】ケージの折を噛むようになった!防止策を準備した結果

キンクマ ハムスター ケージ

ゴールデンハムスターの特徴 ゴールデンハムスターは齧歯目キヌゲネズミ科に分類されるネズミの仲間です。 別名でシリアンハムスターと呼ばれています。 シリアやトルコ、レバノンなどの中東の草原や半砂漠地帯に生息しています。 日中は土の中に掘った巣穴の中で寝て過ごしており、夜になると餌になる昆虫や果実を探して、何十キロも走り回ります。 白色と茶色がまばらに入っており、一部分に黒い毛があります。 模様は個体差が大きいので、お気に入りの体色を探す楽しみがあります。 なつく性格 ゴールデンハムスターの性格は大人しく、人になつきやすいです。 他のハムスターよりもなつきやすいので、初心者向けのハムスターとして人気です。 なつくと自分から手の上に乗ってきたり、手から直接餌を受け取ってくれたりととてもかわいいですよ。 しかし、縄張り意識は強いので、ハムスター同士で飼育すると激しく喧嘩をしてしまいます。 また、警戒心が強いので、一度大きな恐怖を与えるとなつかないようになるので、注意してください。 体の大きさ ゴールデンハムスターの体の大きさはオスだと18cm、メスだと19cmまで成長します。 やなどのドワーフハムスターは12cmほどの大きさなので、2まわり以上は大きいです。 体重 ゴールデンハムスターの体重は平均だとオスで130g、メスで150gになります。 小柄なゴールデンハムスターだと体重は90gほどで止まります。 寿命の長さ ゴールデンハムスターの寿命は2年~3年です。 ストレスの少ない飼育下では長生きさせやすいです。 生後2年目から老衰で死ぬ可能性が高くなるので、運動力の低下による怪我に注意してください。 老衰の症状や長生きのコツはで紹介しているので、ご参考ください。 ゴールデンハムスターの毛色の種類 ゴールデンハムスターは繁殖力が強いので、品種改良が盛んに行われています。 特に毛色のバリエーションが豊富なので、どのような色があるのか知っておくと良いですよ。 ホワイト ホワイトは茶色との黒色の毛がない、真っ白なゴールデンハムスターです。 温度が低くなるとノーマルカラーのゴールデンハムスターも冬毛で真っ白になることがあるため、確実に入手したいときは春か夏に購入しに行きましょう。 アルビノ アルビノは色素が抜けたゴールデンハムスターです。 体色が白くなるだけではなく、目が真っ赤になります。 とても珍しいので、ほとんど販売されることはありません。 ダルメシアン ダルメシアンは白色をベースに、黒い斑点模様が入ったゴールデンハムスターです。 犬のダルメシアンの黒模様が若干グレー寄りになったような色合いをしています。 ブラックバンド ブラックバンドは白色と黒色がバンド模様になっているゴールデンハムスターです。 キンクマ キンクマはゴールデンハムスターの中でも人気がある毛色です。 薄いクリーム色がとてもかわいらしく、テディベアハムスターとも呼ばれています。 キンクマはゴールデンハムスターと同じ種類なので、交配することが出来ます。 で紹介しているので、ご参考ください。 ゴールデンハムスターの入手方法 ゴールデンハムスターを入手するにはペットショップで購入するか、里親募集で譲り受ける方法があります。 値段と販売場所 ゴールデンハムスターは人気のハムスターなので、ペットショップや小動物店で年中販売されています。 ペットショップの値段だと1,000円~2,000円で販売されていることが多いです。 里親募集 ゴールデンハムスターは繁殖力が強いため、増え過ぎてしまった飼い主さんが里親募集をしている事があります。 成体だけではなく赤ちゃんの里親募集もあります。 ネットで検索してみると良いですよ。 ゴールデンハムスターの飼育に必要なもの ゴールデンハムスターの飼育に必要なものを紹介していきます。 他のハムスターと同じものですが、体の大きさが違うので、ゴールデンハムスター用のものが必要です。 初期費用では1万5千円ほどみておきましょう。 ケージの選び方 ゴールデンハムスターの飼育ケージの大きさは横幅で40cm、奥行きで30cm以上は必要です。 ケージには水槽タイプ、金網タイプ、アクリルタイプの3つがあります。 水槽 保温性が高く、床材が外に出ない。 通気性が悪く、蒸れやすい 金網 通気性が高く臭いが少ない。 ハムスターがよじ登って怪我をすることがある アクリル 通気穴があるタイプだと通気性が高く、怪我をするリスクも小さい 詳しくはで紹介しているので、ご参考ください。 回し車 ゴールデンハムスターの飼育に回し車は必須です。 野生のゴールデンハムスターは毎日数十キロは走り回っており、ケージの中だけでは運動不足になってしまうからです。 音が小さい回し車が販売されており、夜間の騒音もそれほど気になりません。 体の大きさに合った回し車を選んでくださいね。 で紹介しているので、ご参考ください。 巣箱 巣箱はゴールデンハムスターの隠れ家になり、安心して休むために必要です。 巣箱の大きさは、巣箱の中で毛づくろいや餌を食べられるくらいの隙間があると気に入ってくれやすいです。 気に入らなければ自分で床材を詰めますが、あまりに大きすぎると巣箱として使ってくれません。 巣箱には陶器製と木製、プラスチック製の3種類があります。 好みのデザインで選ぶと良いですよ。 で紹介しているので、ご参考下さい。 床材 床材はゴールデンハムスターが苦手な湿気を吸収してくれるので、ストレスの軽減につながります。 また、ゴールデンハムスターは土に潜るのが好きなので、たくさんの床材を入れておくと、掘って遊ぶ様子が観察できます。 で紹介しているので、ご参考ください。 エサ入れ ゴールデンハムスターがいつでも餌を食べられるように、常にエサ入れに餌を入れておきます。 エサ入れを使うことで床材の誤飲も減らすことが出来ますよ。 ゴールデンハムスターの飼育方法 ゴールデンハムスターは体が丈夫で飼育しやすいハムスターです。 寒さに弱いので、冬の温度管理には注意してください。 飼い始めの注意点 ゴールデンハムスターは警戒心が強いので、ゆっくりと飼い主さんに慣していきましょう。 飼い始めの初日は静かな場所にケージを置いておき、ハムスターを観察せずにそっとしておいてください。 2日目からは餌やりや水換えなど最低限のお世話だけをします。 1週間ほど経ったらケージをのぞき込み、ハムスターが警戒していないか観察してみます。 怖がっている様子がなければ、ゆっくりと手を近づけて、餌を与えてみてください。 おすすめの餌 ゴールデンハムスターは餌は人工餌であるペレットを与えましょう。 ペレットは栄養満点の餌で、これ一つで最後まで飼育することができます。 おやつにやなどの野菜やひまわりの種を与えることがありますが、ペレットを食べられないくらい与えると栄養不足になってしまいます。 あくまでもおやつとして、1週間で2,3回程度にしておくのがベストです。 餌の量は1日でペレットを15gほど食べます。 ハムスターが太り始めたら餌の量を制限してください。 で紹介しているので、ご参考ください。 飼育に適している温度 ゴールデンハムスターに適している温度は18度~25度です。 高温になる夏は風通しが良い場所にケージを置いておき、30度を超えるようならエアコンを使います。 冬はを使うか、暖房を使うと確実に保温できます。 温度対策についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 散歩は必要なの? ゴールデンハムスターはなるべく散歩をしてあげた方が良いです。 散歩は運動不足の解消だけではなく、健康状態のチェックのチャンスにもなります。 一度散歩をさせた場所は縄張りを思うので、そこから毎日同じ場所を散歩させないとストレスを感じさせてしまいます。 なので、散歩させる範囲は大きくしない方が楽です。 で紹介しているので、ご参考ください。 ケージを噛む理由と対策 ゴールデンハムスターは強いストレスを感じているとケージを噛むようになります。 金網タイプのケージであれば「ガガガガッ」とすごい音が鳴ります。 これを無視していると不正咬合 ふせいこうごう という上下の歯の噛み合わせが悪くなる病気を引き起こし、餌を食べられずに栄養失調になってしまいます。 ケージを噛む原因で最も多いのが、過去に散歩したことがある場所を縄張りと思っており、パトロールをしないと気が済まないからです。 毎日同じ場所を散歩してあげましょう。 他の対策についてはで紹介しているので、ご参考ください。 多頭飼いはできない ゴールデンハムスターは縄張り意識が強いので、多頭飼いは出来ません。 狭いケージで多頭飼いをすると、どちらかが死ぬまで喧嘩をしてしまいます。 ペットショップで多頭飼いができているのは、まだ子供で縄張り意識が強くないからです。 この事を知らずに、ペットショップで購入してから2ヶ月程度で出血するほどの喧嘩をし始めました。 オスとメスのペアでも喧嘩する可能性があります。 必ず1匹に1つのケージを用意して、複数のケージを置くときは距離をとっておきましょう。 で紹介しているので、ご参考ください。 ゴールデンハムスターについてまとめ ゴールデンハムスターは人なつっこい性格をしているので、ふれ合いながら遊びたい人にはうってつけのハムスターです。 餌を手渡しで食べてくれたり、手乗りをしてくれるので、とても楽しいですよ。 カラーバリエーションが豊富で、かわいい毛色の種類がたくさんいますので、観察しているだけでも心が癒やされます。 興味を持たれたからはぜひ飼育に挑戦してみてくださいね。

次の

本当に良いハムスター飼育ケージの選び方!おすすめの種類はコレ!

キンクマ ハムスター ケージ

キンクマハムスターの紹介 1. 原産地 原産地はありません。 ゴールデンハムスターを人工改良した種類のため、野生では存在しないためです。 平均体高・平均体重 体重は、オスが85~130g、メスが95~150gです。 日本で飼育されている数・名前のルーツ キンがゴールデンハムスターの金色から、そしてクマは熊の顔に似ていることから、キンクマハムスターという名がつけられているという説があります。 気をつける病気 ・脱毛 ストレスや、様々な病気によって脱毛が生じます。 ・下痢 ウェットテイルと呼ばれているものです。 ・胃炎 ハムスターには適さない食べ物は与えないようにしましょう。 平均寿命 平均して2~3年程度とされています。 他のハムスターとの違い ゴールデンハムスターの種類の中にキンクマハムスターがいます。 一般的なゴールデンハムスターよりも 大きいのがキンクマハムスターです。 その他には色の種類が異なります。 理解してあげよう!キンクマハムスターの性格の2大特徴 1. 温和 温和でおとなしいため、飼いやすいといえるでしょう。 鳴くこともあまりありませんので、おすすめすることができます。 人懐っこい 人懐っこい性格ではありますが、最初は警戒心を持つことがあります。 そのため、最初は注意して接する必要がありますが、基本的には人懐っこいため、安心して飼うことが出来るでしょう。 性別でも違うの?オスとメスでの性格の違いとは 1. 人懐っこさ 個体差はありますが、メスよりもオスのほうが人懐っこい場合が多いようです。 実際に飼う前に、オスとメスで比べてみるのが良いでしょう。 におい メスは発情期に発する性器臭がします。 においがなかなか取れないこともあります。 オスは、このようなにおいはありません。 キンクマハムスターを飼う人に向いているポイント 初めてハムスターを飼う場合におすすめすることができます。 とっても温厚なので、初心者でも扱いやすいです。 よって 初めてハムスターを飼う場合にはキンクマハムスターを飼うことをおすすめします。 要チェック!しつけの4つのコツとは? 1. 環境を整える ケージを用意し、そこに床材を敷き、給水器、砂入りトイレ、ハウス、回し車、エサ皿を置きます。 このような環境を整えることでなついてもらい、さらにはしつけができるようになります。 はじめはそっとしておく 飼い始めたとき、まだキンクマハムスターは、新しい環境で不安でいっぱいです。 そのため、無理に動かしたりせずに、ケージの中で安心していられるまでそのままにしておきましょう。 においを覚えてもらう 自分のにおいを覚えてもらうために、エサを与えましょう。 エサを与える際に、自分のにおいをかぐことがあります。 最初は警戒をしていますが、そのうちに大丈夫になります。 覚えてもらってから触るようにしましょう。 まだ覚えてない段階で触ろうとすると、噛みつかれてしまうことがあるからです。 十分に注意してください。 トイレのしつけ キンクマハムスターは、トイレのしつけができるようになります。 そのためには、専用のトイレを用意するようにしましょう。 キンクマハムスターを飼育する場合の4つの重要ポイント 1. 散歩 ハムスターにも散歩が必要だということはご存知でしたか。 ハムスターは、散歩が大好きです。 いつものケージの中だけでなく、時々外へ出してあげましょう。 外と言っても、家の外ではなく、家の中で問題ありません。 家の中を好きな様に駆け回らせるのです。 もちろん、そのままの状態で散歩させてしまっては、大切な物をかじられてしまったり、見失ってしまう恐れがあります。 そのため、玄関を活用したり、コードなどかじられそうなものを隠しておくなどしておく必要があります。 お部屋 ハムスター専用のケージを用意してあげましょう。 専用のケージを用意してあげることで、快適に暮らすことができます。 注意しなければいけないことがあります。 それは、脱走する可能性があるということです。 脱走をしないように注意しておく必要がありますが、脱走をしても大丈夫なように囲いを置いておくなどしましょう。 食事 食事は1日3回用意するのが望ましいです。 もし時間がない場合でも、最低1日1回は食事を出しましょう。 固形のハムスターフードを中心に与えてください。 ハムスターといえばひまわりの種を思い浮かべる方が多いですが、与えないほうが無難です。 脂肪分が多いためハムスターにはあまり良くないとされています。 睡眠 キンクマハムスターは夜行性です。 そのため、普段人間が寝ている時間に活動をし、人間が活動している時に寝ています。 そして、さらに睡眠時間が長いです。 このようなことから、いつもキンクマハムスターをかまいたいと考えている時には寝ている可能性があります。 よく寝る動物なので、しっかりと寝かせる必要があります。 キンクマハムスターを飼う場合の心構え 1. 短命であることを知る 犬や猫などと比べると短命です。 平均して2~3年しか生きられません。 そのため、あっという間にお別れを知れしてしまうことを事前に知り、飼う必要があります。 今回のまとめ キンクマハムスターの紹介 理解してあげよう!キンクマハムスターの性格の2大特徴 性別でも違うの?オスとメスでの性格の違いとは キンクマハムスターを飼う人に向いているポイント 要チェック!しつけの4つのコツとは? キンクマハムスターを飼育する場合の4つの重要ポイント キンクマハムスターを飼う場合の心構え ハムスターの関連記事 他にハムスターについての記事もありますので、よろしければご覧ください。 各種ハムスターの関連記事 各ハムスターについて詳しく紹介した記事もありますので、よろしければご覧ください。

次の