製販一体 英語。 会社概要|神戸物産 食品業として日本最大の製販一体企業

物流の製販一体 - 第12回

製販一体 英語

既存の欧米企業の社名を少し研究すれば納得できるかとおもいますが、製販一体を 社名に表現している会社はほとんどない筈です。 社名からは製造・販売をしているかどうかは分かりません。 そのような便利な単語はないし、また習慣もないということです。 GM、IBMでも日本メーカの松下、ソニー、トヨタでもそのような表現はしていません。 どうしても表示したければ社名の下に製造・販売(Manufacturing and distribution と説明を加える方法はあります。 海外の企業と取引を想定し名刺やレターヘッドに使用するのが目的なら、このような表示でよいかと思います。 蛇足ながら製販一体という言葉は、製造部門(会社)と販売部門(会社)があたかもも一つの組織(会社)の如く、企業理念や目的を共有しなければ、競争相手に打ち勝ってよい業績をあげられない・・・という風に精神論を説くときに使用されます。 A ベストアンサー こんにちは。 間があいてしまいましたが、追加ご質問をいただいていましたので再びjoshua01です。 例えば、以前はIC(集積回路チップ)が10個で構成されていたものが、現在はLSI(高機能な集積回路チップ)1個ですむようになりました。 一方で、ICに内蔵できない部品は、数mm大で、はんだ付け間隔も数mm程度だったものが、今ではチップ部品という1mm大で、はんだ付け間隔が0. 5mmというような構成になり、手持ち式のはんだごてでは部品を外すこともできなくなりました。 このような場合は、基板ごと交換になり、修理の手順は単純化したものの、みかけの修理規模を大きくし、「修理」そのものを非現実的なものにしています。 自動車では、物が大きいだけに「メーカに送って修理」が困難で、いわゆる板金屋さんや町工場でも比較的広く修理に取り組んでいますが、地元での点検・修理の需要の高さの一方で、「車種ごとに異なる専門技術が必要」との背景が「系列店の信頼感」の醸成にもつながって、ディーラー制度が色濃く残っているようです。 もっとも、松下電器などはまだ「町の電器屋さん」を応援するCMを打っているようですので、「絶滅」はしていないようですが。 ご参考になれば幸いです。 こんにちは。 間があいてしまいましたが、追加ご質問をいただいていましたので再びjoshua01です。 例えば、以前はIC(集積回路チップ)が10個で構成されていたものが、現在はLSI(高機能な集積回路チップ)1個ですむようになりました。 一方で、ICに内蔵できない部品... Q 海外の工場にメールを書いて、表の入力を依頼することになったのですが 英語で「予算」「計画」「見込み」などをどう表現したらいいかわかりません。 (1)あるものを作ったり、購入した調達金額。 ・ 当初 予算 金額 ---年度予算時など、まだ形がわからない状態での予測に基づいた金額 ・見込金額---外から調達する場合は見込金額=見積金額=実績金額だと思いますが、 社内で作っているものがあるので、見積もりと見込み、実績が違うものがあります。 ・実績金額---actuals でいいですか? (2)(1)を調達できる時期。 ・予定(あるいは計画) ・見込み ・実績---actualsでいいですか? 皆様、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんにちは。 私の認識不足でした。 今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。 私の知らない世界でした。 以下のリンク先をざっと読んでみました。 おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。 まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。 ご質問者さんは、専門でしょうけれども、とても易しい英語で書かれています。 ほとんどの用語がそのまま使えるように思います。 epmbook. htm そこには、こんな言葉もありますね。 wikipedia. 私の認識不足でした。 今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。 私の知らない世界でした。 以下のリンク先をざっと読んでみました。 おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。 まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。

次の

「製販分離」か「製販一体」か 2015年01月22日

製販一体 英語

全国から100人超の自動産業関係者が集まりアワードセレモニーが行なわれた「J. Power Auto Summit」。 パワー ジャパンは2018年年末、同社の自動車関連の企画調査で各部門のナンバーワンとなったブランドを表彰する「J. Power Auto Summit」を開催。 冒頭に開会の挨拶として登壇したJ. パワー ジャパン 代表取締役社長 山本浩二氏は、 本社J. Powerが今年創立50周年を迎えた記念すべき年であるとともに、「自動車産業は大きな変革を迎えようとしている」と話した。 山本氏によれば、J. Disruptorsには「創造的破壊者」というような意味があり、これまでの手法や常識が通用しないどころか、旧態依然とした市場は破壊されまったく新しい市場が誕生するほどの変革期だと説明する。 パワー ジャパン 代表取締役社長 山本浩二氏。 Mobility Disruptorsの兆候としては、自動運転の進化やインターネット接続を前提としたクルマ「コネクテッドカー」の登場、フォーミュラEなどの電気自動車のレースが例に挙がった。 さらに今後は、レベル5のロボットタクシーなど「クルマを買わなくてもいいのかなという世界」(山本氏)が来るかもしれないという。 一方で、Mobility Disruptorsによって自動車業界が衰退するとはとらえず、「チャンスを捉えた新たなビジネスの機会創設」と考えているとも語る。 会場に集まった自動車産業の各企業とともに新しい市場にチャレンジしていきたいと語った。 自動車産業の「踊り場感」を打破するメーカーはどこか? 続いて特別講演として、モータージャーナリストの桃田健史氏が登壇。 桃田氏はレーシングドライバーとしてインディ500やNASCARなどに参戦した経歴を持つ。 パネルディスカッションの登壇メンバー。 左から、竹岡圭氏、桃田健史氏、NTTドコモ 谷直樹氏、経済産業省 小林大和氏、J. パワー 木本卓氏。 講演の第2部は、コーディネーターにモータージャーナリストの竹岡圭氏、パネリストとして経済産業省 大臣官房参事官(自動車・産業競争力担当)の小林大和氏、NTTドコモ 執行役員 法人ビジネス本部 IoTビジネス部長の谷直樹氏、J. パワー ジャパン オートモーティブ部 執行役員の木本卓氏、そして桃田氏による、自動運転とコネクテッドカーについての討論が行われた。 自動運転について、経産省の小林氏は「レベル4の社会実装は、サービスカーで先行するだろう。 まずは廃線跡を利用するなど、限定的な走行環境・運用方法から入って行くのが現実的」「それでも、本当に事業性が出てくるには時間がかかる。 長い目での開発競争が暫く続く」と、現実目線のコメント。 これに賛同したのはNTTドコモの谷氏だ。 同社が九州大学伊都キャンパスでパートナーと実施した自動運転バス実証の経験から、「まだまだ予測しがたい事象が出てくる。 実証実験段階にあると思う」と、技術面でのハードルがあるとした。 一方、横浜のAI運行バス実証では、自動運転バスは利用していないが、AIを使ったバスの最適な配車、運行に関する実証実験を現在行っている。 「レベル5自動運手についていつ頃に実現するか」を一般ユーザーへの聞き取りに加え、会場内でもアンケートを実施。 一般ユーザー、会場ともに「10年はかかる」という意見が多かった。 講演とパネルセッションに続き、2018年のアワードセレモニーが行なわれ、各調査、部門でNo. 1となった受賞者にトロフィーが渡された。 本年はJ. Power創立50周年ということもあり「日本自動車トータルアワード」が新たに創設された。 「日本自動車トータルアワード」はJ. パワーが実施している5つの自主企画調査結果をもとに、保有経験の全般を通して最高の顧客経験を提供しているブランドに与えられる賞。 今年はラグジュリーブランドではレクサス、量販ブランドでは同率でトヨタとフォルクスワーゲンが受賞した。 その他の各調査・部門の受賞メーカー、および車種は以下のとおり。

次の

セミナーで学びたい製販分離とは何か l 会計事務所の人材育成の課題を解決するソリューションカンパニー

製販一体 英語

東芝は、ToSpeakGx NEOを開発。 数々の課題を乗り越え、ToSpeakGx NEOを搭載した同社の「POCKETALK W」が2018年12月27日にリリースされた。 ToSpeakGx NEOを採用したことによりポケトークの日本語は今までの機械的な音声から、人の音声に忠実かつ自然な発話ができるようになった。 ポケトークはお互いに相手の言語を話せなくても、通訳がいるように対話できる手のひらサイズの音声翻訳機だ。 翻訳はクラウド上のエンジンを使うためいつでも最新で、言語ごとに最適な翻訳エンジンを利用して、英語はもちろん、中国語、韓国語、ロシア語、タイ語、ベトナム語など74言語のうち、任意の2言語でコミュニケーションできる。 プロダクト&サービス事業推進部 プロダクト&サービスソリューション営業部 営業第四担当 竹内 潤氏 2017年10月に発売された初代のポケトークは発表直後から量販店や同社のオンラインショップに予約が殺到、一時は入荷待ちの状態に陥った。 インバウンド需要に対応する製品として、大きな注目を集めていた。 これに着目したのが、音声合成ミドルウェアToSpeakのロボットなどへの組み込みを中心に営業活動を展開している東芝デジタルソリューションズ プロダクト&サービス事業推進部 プロダクト&サービスソリューション営業部 営業第四担当の竹内だった。 「私は他の営業と違い、既存のお客さまの担当だけでなく、新規のお客さまの開拓もしています。 世間でポケトークが話題になっていたことから、ソースネクスト様にコンタクトを取り、2018年6月に訪問の機会を得ることができました。 その際に執行役員の方とお会いすることができ、次号機の開発にあたって、自然な日本語発話ができる東芝のToSpeakGx NEOを採用したいという話になったのです」。 サイズが小さく処理も軽いので、消費リソースが小さく、声質や抑揚など声の特徴を短時間の収録で学習できる点が特長だ。 その中でもToSpeakGx NEOは最も新しい技術で、肉声に近く、自然で滑らかな声を実現する。 今回、竹内とともに同社へToSpeakGx NEOの提案活動を行ったのがRECAIUS事業推進部 営業部 営業第二担当の西山である。 西山は技術的な知識をもとに顧客に商品を紹介する役割を担っており、かつて研究開発センターにいた時には音声合成の研究に携わっていた。 「私が担当しているのはRECAIUSの中の組み込み製品群全般なのですが、今回、竹内から状況を聞き、ToSpeakGx NEOをソースネクスト様に紹介しました」と西山は振り返る。 2人が最初に紹介したのはToSpeakG3だったが、同社が高く評価したToSpeakGx NEOに提案内容を変え、さらに同社の要件に合うような形に変更を加えていった。 「ToSpeak G3にはまだ合成音らしい部分が残っているのですが、ToSpeakGx NEOになると、ほとんど人の声と同じです。 コミュニケーションツールとして使うので、ソースネクスト様からは人の声に近い、最高の音声品質の製品を求められました。 ToSpeakGx NEOの音声をデモで流した時に、執行役員の方から『これって人の声じゃないのですか?』と間違えてもおかしくないくらいに良い意味でご評価していただき、採用が決まりました」(竹内)。 サポート環境外であることが判明、急きょ開発を依頼 実は、ToSpeakGx NEOの採用が決定した2018年10月段階では、同社から提供されたハードウェア仕様は、当時ToSpeakGx NEOがサポートするものと合致していたが、11月になり、ハードウェア仕様に起因するソフトウェア上の制限仕様によって、現バージョンがサポートする稼動環境ではないことがわかった。 「サポートする稼動環境の追加は、バージョンアップする機会でもなければ、すぐにできるものではありません。 ところが、幸運なことに、ToSpeakGx NEOの一部処理を変更するサブバージョンアップの計画があったのです。 そこで、ポケトークに搭載できるようにすべく商品企画の担当者にサポートする稼動環境を追加し、製品検証もあわせて実施してもらうことにしたのです」(西山)。 開発を依頼する時も、隣の席に座っているので気軽に話をすることができました。 そんな中、『ちょうどサブバージョンアップという形で製品開発を進めているので、同社の仕様も考慮する事も、今決断してもらえれば不可能ではない』と聞いたのです。 そしてまさに渡りに船とばかりに、開発部に依頼して今回の案件にも展開できるようにしてもらうことが出来ました」と西山は語る。 竹内にとっても、コミュニケーションがとりやすい態勢になっていたのは大変都合がよかった。 「技術担当社員を2人ほど連れて行きましたので、ソースネクスト様も本音で話をして下さいました。 そのため私たちも色々なことを包み隠さず、ざっくばらんに会話をすることで、極めて短い期間で実装まで進むことができました。 実際にポケトークを使うユーザーの目線に立って、最も人の声に近い自然な声を発話できるToSpeakGx NEOを選びました」(竹内)。 研究者の商品化まで意識した取り組みが、ToSpeakGx NEOを生み出す 東芝がToSpeakG3からToSpeakGx NEOへといち早く進化させることができた理由は、研究開発センターにもあった。 東芝では、商品化までを視野に入れて研究開発に携わっている研究者がいるのだ。 端末に搭載するミドルウェアでは、処理量やメモリサイズを小さくする必要があるが、研究員は音声処理の方式を研究するだけではなく、例えば低ビットマイコンでの動作を可能にするなど適用する商品を意識した上で、サイズやパフォーマンスを見ながら、最高の品質の実現を考えている。 加えて、ごく近い将来の製品化計画はなくても、先行して開発している技術を顧客に提示してヒントも得ようとする。 研究者は営業部の技術担当や設計開発担当と一緒に客先に出向き、客先から直接意見を聞いたり、確認したりする風土が根付いていることも大きい。 こうして、ToSpeakGx NEOを搭載した「POCKETALK W」は自然な日本語発話を実現、翻訳専用端末として性能・機能が充実し、使いやすさも増した。 今では個人ユーザーだけでなく、飲食店、小売店などのサービス業や鉄道会社などの接客・コミュニケーションツールとしても活用されるようになっている。 同社では、2019年1月「2018年日経優秀製品・サービス賞」最優秀賞など数々の賞を受賞する結果となった。 日本語以外の言語対応や他の商品への展開を目指す 今回、半年という短い期間でありながら、高い評価を得ることができたのは、同社のスピード感に東芝が対応したことも大きな要因だ。 「お客さまがお急ぎでしたので、Face to Faceで先方の皆さんとコミュニケーションできたことがよかったと思います。 技術的にいくら優れていても、お客さまのスピードについていけないと、商談としてはまとまりません。 「POCKETALK W」という大ヒット商品を当社の技術が支えていると思うと、大変嬉しく思います」と竹内は言う。 西山は「日本語以外の言語にも対応できるようにするとともに、他の商品への展開を図っていきたいですね」と今後について熱く語る。

次の