ビルドダイバーズ メイ 正体。 【ガンダムビルドダイバーズRe:RISE】9話感想 ウォドムポッドの中からモビルドール!メイさんもしかして?

【ビルドダイバーズRe:RISE】18話『完璧な狙撃者』感想!

ビルドダイバーズ メイ 正体

「諦めないで……貴方のガンプラは、まだ諦めてない……!」 CV: 概要 とが初めてGBNをプレイした際、雪山で出会った謎の少女。 自身はガンプラを所持していないがリクたちのフォース『』のメンバーにも モモ曰くマスコット的なものとして 加入している。 物語前半ではフォース『』初陣での報奨品である首飾りをプレゼントされ、ロータスミッション攻略祝いの際にはデータペットを購入し「」と名付けている。 ガンプラへの想いを感じ取る不思議な知覚や、MS同士の戦闘へ機体未搭乗の生身アバターで直接介入する勇敢さを持つ。 前述の通りガンプラを持たない為、直接戦闘に参加することはほぼ無いが、移動や有事の際はやに同乗している。 ダブルオーダイバーのの発動に立ち合った際、「その子が苦しがっている」「トランザムは使わないで」とリクに告げ、トランザムをもう使わないことをリクと約束する。 その後リクが、の駆るとの戦闘で止むを得ずトランザムを使い、結果、窮地に陥った際、オーガ刃-Xの前に立ちはだかり、リクを救った。 戦いの後リクから「約束を破ってゴメン」と謝罪を受けるが、気にしなくていいというように笑って首を横に振り、「スキルを上げるまで、トランザムは使わない」と改めて約束。 ep12での気持ちを読み取った彼女の言葉でリクはその時期だと改めて発動させ、原作以上に異なる力を発揮させた。 人物像 儚げでどこか無機的な雰囲気の持ち主だが、話数が進むにつれ次第に口数や感情表現が豊富になっている。 の計らいでが付けられた姿のに 「かわいい」と連呼しながら頬擦りしたり、 彼女とともに、初対面のをなで回したり、を披露するなど、可愛い物好き。 また、リク達と共に、風の名乗りに参加するなど、意外なノリの良さも見せる。 一方、純粋さ故なのか時折毒舌じみた発言をしてしまうこともあり、殆どアクセスしていなかったが為にダイバーランクがフォースを組めない「F」止まりだったに対し、 「ダメ人間?」と言って彼を大いに凹ませてしまった事も。 「ミッションの中にはep02でやったバトルを伴わないものがあるので、その種のミッションを何度も実行して地道にポイントを稼いでいる」「ガンプラが無くてもリク達のガンプラに同乗してバトルに参加すればポイントを稼げる」……等の説がある) 謎 ガンプラを所持していない、GBNのシステムなどをほとんど知らない(それでいて、リク達の操作を見てすぐに同様の操作をこなしてみせる等システム面には高い順応性を見せている)等ダイバーとしては奇妙な面が目立つが、が言うように「プレイスタイルは人それぞれ」という事で今のところリクたちも深く追及はしていない。 しかしそれ以外にも前述のガンプラへの想いを読み取り、ガンプラの感情を聞き取る謎の感覚を持ち、実際にその言葉にリクは何度も導かれている。 ガンプラに込められたビルダーの思いは作った本人しか知り得ない物であり、の「声」に至っては製作したリクでさえ分かっていない。 その力はオカルトに片足を突っ込んでいるともいえる。 以下はその他彼女の謎に関わる描写 ・彼女自身は自分のガンプラを持っておらず、GBNに備わっているメール交換機能を全く知らなかった。 ・マスダイバーがブレイクデカールを使用しシステムに干渉をかけると体調を崩す描写がある。 ・GBNにログインした直後のコウイチと対面し、一目見ただけでそれまでモモカの使っていたカプルを作った人間だと見破る。 ・フォース部屋に入った際に 眠ってしまった。 仮想現実であるGBNで睡眠を取ることは考えにくい事らしくユッキーが驚く描写がある。 ・有志連合による作戦時には のプロテクトを見破り、彼の正確な居場所を割り出すという常人離れした技を披露。 ・更にとの戦いではトランザム状態のダブルオーに同乗し、リクの操縦桿に手を重ねた直後巨大な光の翼を現出させた。 GBNのメインプログラムに干渉するブレイクデカールの効果さえも打ち消し見事逆転勝利を収めるのだが、その現象を起こしたリクたちも何らかの不正を行ったのではないかと運営が僅かだが疑念を向けることになる。 ・ GBNにログインすらしていないダブルオーダイバーの声を聴き、リクの危機を察知した後、 リアルの本人に連絡を掛けつつ 達にガンプラの位置情報を送信している。 ・現実世界でリクが大変な事になっていると分かっていても「会いに行けない」と発言。 後にリクたちがリアルのと知り合った話を聞き、会えない事を残念がりながらも「そのうち」と発言している。 ・リクが彼女と手を繋ぎダブルオーダイバーに触れることで、ダブルオーのいる謎の空間を垣間見ている。 ・ミラーミッションにて何と 黒い衣装を着たもう一人の彼女が登場。 そんな二人のサラが手を重ね合わせると、突如、 本物と戦闘中だった黒いとが合体し、異形の怪物(SDガンダムのアニメオリジナルキャラクター、ノウムギャザーのブラックカラーVer. )になった。 ・ 突如目が青色に発光したかと思うと、直後 謎のバリアを発生させ、落石からを救った。 ep14時点でアヤメがリアルのリク達と対面したことで、唯一リアルの詳細が不明な人物となっている。 そもそもすら視聴者からは疑われているが その正体が何者であるにせよ、GBNを形作る根幹プログラムにある程度の干渉が可能なのはほぼ確かと見られている。 そして、ブレイクデカール編終了を区切りに彼女を監視する謎の鳥が出没するようになり、 彼女がいた地点では必ず、バグが確認され始め……? その正体 一部視聴者の予想通り彼女は人間ではなかった。 スキャンしたガンプラのデータが転送した際に生じる総容量100万分の1程の余剰データが蓄積され生まれた 電子生命体(すなわち【二次元人】)であり、開発者のは余剰データの存在に気付くとサラ誕生を予期して彼女の動向を追っていたらしい。 本人は仲間との会話で出てくる「リアル」が何なのか分からず、怪しまれることを恐れて聞くことも出来なかった模様。 GBNの中で生まれてからビルドダイバーズの面々と出会う事で加速度的に成長していく彼女だったが、その記憶と感情の増加が次第にGBNのシステムに圧迫をかけバグを引き起こすようになる。 それだけならまだ許容範囲だったものの、上記の通りブレイクデカール事件の際に力をより強く解放してしまいバグの影響はGBN全体に広がることになった。 その結果システムへの圧迫も加速し、このままではGBNは数か月でキャパシティを上回り崩壊へ向かう事が言及されている。 開発、運営共に彼女のデータを損害なく隔離・移送する事は難しいと諦めており、 運営は修正パッチの配布=サラの削除を決断。 逃亡した彼女を「 ELダイバー」と呼称して事実上の指名手配を行う。 これ以降 ep21 自身の言葉を聞いて尚、自身についてくると共に逃避行を続ける彼女だったが、とある森の中で、運営の機体を追っていたと遭遇し、彼らのフォースネストに匿われた。 しかし、すぐに自身の存在を察知したとが現れ、キョウヤに引き渡しを迫った。 勿論、当初は引き渡しを拒んだキョウヤだったが、ロンメルの 「リアルでは歩くことも、話すこともできないダイバー達からGBNを奪わないでくれ」という言葉を聞いたサラは、皆の幸せの為にも、自身は存在してはならないのだと悟ってしまい、自ら彼らの前に姿を現した。 ep22 有志連合が再結成されたことで彼らの管理下に置かれ、のフォースネストにて軟禁状態になってしまう。 独房にて仲間達との思い出を振り返っていたが、彼らのことを思えば思うほど自分の存在がいかに危険な存在かを思い知らされ、キョウヤに対し、 笑顔で「私を消して下さい」と伝えた。 しかし、内心では未練を捨てきれておらず、自身を訪ねてきたリクの叫びに対し、悲痛な表情を見せていた。 この時、リク達はを見つけていたが、成功率5%(後に12%)な上に、失敗すればサラだけでなくGBNが崩壊するリスクの高いものであり、ゲームマスター達の賛同を得られなかった。 そして、彼女の処遇を巡って、ビルドダイバーズと有志連合との間でが起きることとなった。 ep23 壮絶な戦いが繰り広げられる中、そのどさくさに紛れたゲームマスターによって消されかけてしまうが、ネスト内にて権限を発動したキョウヤによって救われた。 ep24 戦っている仲間達の安否を心配するなか、ゲームマスターからその模様を中継によって見せられる。 自分の為に機体を削り、勝ち目のほとんどない勝負に挑み、それでもサラの命を諦めない彼らの姿に、思わず涙を流した。 その後、リクとオーガの必殺技を受ける中、キョウヤは出撃の直前に聞いた、サラの本心を思い出していた。 「私…私の望みは…」 「私も…みんなと一緒にいたい…」 「笑いたい…」 「ずっと.... ずっと一緒にいたい!」 激闘を制したのはリク達だった。 オーガの後押しを受け、サラの元へと一直線に向かうダブルオースカイは、リクを送り出すように姿を消す。 リクは待っていたサラの元へと降りていき、二人は強く抱きしめあった。 再会と勝利の喜びから、彼らの目は大粒の涙が溢れていた。 ep25 バグの影響で暴走したレイドボスも倒され、サルベージが実行される。 しかし、サルベージを成功させるには、GBNの外の電脳空間を超える必要があった。 現実世界へ向かうための扉を開き、電脳空間に飛び込むサラだったのだが 空間内の膨大な情報の渦に飲まれ消滅しそうになる(その様子は暴風で に近いものになっていった)。 意識が途切れそうになった時、脳裏をよぎったのはリク達との思い出だった。 失われかけたものが次々と自身の中に流れ込み復活を果たしたサラは、。 一部ではと立ち位置が近いと噂に・・・ また「自分が犠牲にならないといけないと悟りながらも、みんなと一緒にいたいと願った」様にを重ね合わせた視聴者も。 ロンメルの「現実世界では歩くことも、話すこともできないダイバー達から GBNを奪わないでほしい」という言葉は、視点を変えるとサラにも同じ理由が言える。 サラ自身は【二次元人】であるが故に、 三次元人(ダイバー)のように電脳世界(GBN)と現実世界を行き来することができない。 三次元人のように話したり、歩いたり、友達と話したり、飲食ができ、睡眠をとることも、交流を深めることができ、自身を表現するために必要な空間であることを主張できたはずなのだが・・・キョウヤから再度本心を問われるまで明かさなかった。 関連タグ :浮世離れした雰囲気の持ち主、等、共通点が多い過去作の登場人物。 、:過去作のサラという名前繋がり :運営 :システム開発者 :似た者同士 :の似た者同士。 その誕生の経緯も似ている。 :後に登場した同族で、リアルにて対面したことが判明 関連記事 親記事.

次の

ガンダムビルドダイバーズ/2期/続編/動画1話/Re:RISE 2nd Season無料視聴|テレビナビゲーション

ビルドダイバーズ メイ 正体

デザイン担当: 概要 が使用するガンプラ。 に登場したを模してビルドされており、カラーリングはネイビーとシルバーの装甲にターコイズの関節 フレーム。 メイのバトルスタイルに合わせて ベースアイデア元の火器類のほとんどが頭部ドームに内蔵されていたことに対して、こちらはあえてドームの外周部にぶらさげる外付けタイプ 後述のネタバレになるがこちらは設定上ドーム内が空洞である必要があるため となっており、状況に合わせて武装を換装することが可能となっている。 劇中でも水中で効果の薄いビーム砲を有線式の杜に換装して水中戦に対応していた 巨大な脚部を活用した質量攻撃も可能で、メイのバトルスタイルなのか足技も多くかなり足癖の悪い戦い方をしており、ウォドムポッドの持つ優れた機動力とメイの高い操作技術により、素早く動きまわる歩行戦車のようなダイナミックなアクションを劇中で披露している。 第2期では序盤はそのまま続投していたが、途中でプラスアーマーを追加した強化型として登場する。 立体物 HGBD:Rシリーズで2020年6月に発売予定。 リリースタイミングとしては2期配信の為か、2期仕様に出来るパーツも付属することが告知されており、発売まで一カ月を切ろうという段階でようやくその正体がプラスアーマーという増加装甲であることが判明している。 各部にウォドムポッド単体では使用しない説明書にも解説のない機構が仕込まれており、なにかしらの拡張性が用意されている。 余談 なお「原型機より小型 通常のMSと同程度 」「第1期時点で商品情報がまだない」「メイの『フタツメ』発言」などからファンの間では「ウォドムをモチーフにした可変機ガンダムなのでは? 」と噂されている。 また、シルエット自体はウォドムとほぼ同一だが、実は細部を比べると 完全に一致する部分がほとんどない。 関連タグ 【警告】これより先、本機に隠された機能が記載されているため閲覧には注意されたし そして第9話ではを守るためにのシールドランチャーを受けて爆散してしまった。 しかし、その爆風の中からが出現したのだった。 関連記事 親記事.

次の

【ビルドダイバーズRe:RISE】18話『完璧な狙撃者』感想!

ビルドダイバーズ メイ 正体

「諦めないで……貴方のガンプラは、まだ諦めてない……!」 CV: 概要 とが初めてGBNをプレイした際、雪山で出会った謎の少女。 自身はガンプラを所持していないがリクたちのフォース『』のメンバーにも モモ曰くマスコット的なものとして 加入している。 物語前半ではフォース『』初陣での報奨品である首飾りをプレゼントされ、ロータスミッション攻略祝いの際にはデータペットを購入し「」と名付けている。 ガンプラへの想いを感じ取る不思議な知覚や、MS同士の戦闘へ機体未搭乗の生身アバターで直接介入する勇敢さを持つ。 前述の通りガンプラを持たない為、直接戦闘に参加することはほぼ無いが、移動や有事の際はやに同乗している。 ダブルオーダイバーのの発動に立ち合った際、「その子が苦しがっている」「トランザムは使わないで」とリクに告げ、トランザムをもう使わないことをリクと約束する。 その後リクが、の駆るとの戦闘で止むを得ずトランザムを使い、結果、窮地に陥った際、オーガ刃-Xの前に立ちはだかり、リクを救った。 戦いの後リクから「約束を破ってゴメン」と謝罪を受けるが、気にしなくていいというように笑って首を横に振り、「スキルを上げるまで、トランザムは使わない」と改めて約束。 ep12での気持ちを読み取った彼女の言葉でリクはその時期だと改めて発動させ、原作以上に異なる力を発揮させた。 人物像 儚げでどこか無機的な雰囲気の持ち主だが、話数が進むにつれ次第に口数や感情表現が豊富になっている。 の計らいでが付けられた姿のに 「かわいい」と連呼しながら頬擦りしたり、 彼女とともに、初対面のをなで回したり、を披露するなど、可愛い物好き。 また、リク達と共に、風の名乗りに参加するなど、意外なノリの良さも見せる。 一方、純粋さ故なのか時折毒舌じみた発言をしてしまうこともあり、殆どアクセスしていなかったが為にダイバーランクがフォースを組めない「F」止まりだったに対し、 「ダメ人間?」と言って彼を大いに凹ませてしまった事も。 「ミッションの中にはep02でやったバトルを伴わないものがあるので、その種のミッションを何度も実行して地道にポイントを稼いでいる」「ガンプラが無くてもリク達のガンプラに同乗してバトルに参加すればポイントを稼げる」……等の説がある) 謎 ガンプラを所持していない、GBNのシステムなどをほとんど知らない(それでいて、リク達の操作を見てすぐに同様の操作をこなしてみせる等システム面には高い順応性を見せている)等ダイバーとしては奇妙な面が目立つが、が言うように「プレイスタイルは人それぞれ」という事で今のところリクたちも深く追及はしていない。 しかしそれ以外にも前述のガンプラへの想いを読み取り、ガンプラの感情を聞き取る謎の感覚を持ち、実際にその言葉にリクは何度も導かれている。 ガンプラに込められたビルダーの思いは作った本人しか知り得ない物であり、の「声」に至っては製作したリクでさえ分かっていない。 その力はオカルトに片足を突っ込んでいるともいえる。 以下はその他彼女の謎に関わる描写 ・彼女自身は自分のガンプラを持っておらず、GBNに備わっているメール交換機能を全く知らなかった。 ・マスダイバーがブレイクデカールを使用しシステムに干渉をかけると体調を崩す描写がある。 ・GBNにログインした直後のコウイチと対面し、一目見ただけでそれまでモモカの使っていたカプルを作った人間だと見破る。 ・フォース部屋に入った際に 眠ってしまった。 仮想現実であるGBNで睡眠を取ることは考えにくい事らしくユッキーが驚く描写がある。 ・有志連合による作戦時には のプロテクトを見破り、彼の正確な居場所を割り出すという常人離れした技を披露。 ・更にとの戦いではトランザム状態のダブルオーに同乗し、リクの操縦桿に手を重ねた直後巨大な光の翼を現出させた。 GBNのメインプログラムに干渉するブレイクデカールの効果さえも打ち消し見事逆転勝利を収めるのだが、その現象を起こしたリクたちも何らかの不正を行ったのではないかと運営が僅かだが疑念を向けることになる。 ・ GBNにログインすらしていないダブルオーダイバーの声を聴き、リクの危機を察知した後、 リアルの本人に連絡を掛けつつ 達にガンプラの位置情報を送信している。 ・現実世界でリクが大変な事になっていると分かっていても「会いに行けない」と発言。 後にリクたちがリアルのと知り合った話を聞き、会えない事を残念がりながらも「そのうち」と発言している。 ・リクが彼女と手を繋ぎダブルオーダイバーに触れることで、ダブルオーのいる謎の空間を垣間見ている。 ・ミラーミッションにて何と 黒い衣装を着たもう一人の彼女が登場。 そんな二人のサラが手を重ね合わせると、突如、 本物と戦闘中だった黒いとが合体し、異形の怪物(SDガンダムのアニメオリジナルキャラクター、ノウムギャザーのブラックカラーVer. )になった。 ・ 突如目が青色に発光したかと思うと、直後 謎のバリアを発生させ、落石からを救った。 ep14時点でアヤメがリアルのリク達と対面したことで、唯一リアルの詳細が不明な人物となっている。 そもそもすら視聴者からは疑われているが その正体が何者であるにせよ、GBNを形作る根幹プログラムにある程度の干渉が可能なのはほぼ確かと見られている。 そして、ブレイクデカール編終了を区切りに彼女を監視する謎の鳥が出没するようになり、 彼女がいた地点では必ず、バグが確認され始め……? その正体 一部視聴者の予想通り彼女は人間ではなかった。 スキャンしたガンプラのデータが転送した際に生じる総容量100万分の1程の余剰データが蓄積され生まれた 電子生命体(すなわち【二次元人】)であり、開発者のは余剰データの存在に気付くとサラ誕生を予期して彼女の動向を追っていたらしい。 本人は仲間との会話で出てくる「リアル」が何なのか分からず、怪しまれることを恐れて聞くことも出来なかった模様。 GBNの中で生まれてからビルドダイバーズの面々と出会う事で加速度的に成長していく彼女だったが、その記憶と感情の増加が次第にGBNのシステムに圧迫をかけバグを引き起こすようになる。 それだけならまだ許容範囲だったものの、上記の通りブレイクデカール事件の際に力をより強く解放してしまいバグの影響はGBN全体に広がることになった。 その結果システムへの圧迫も加速し、このままではGBNは数か月でキャパシティを上回り崩壊へ向かう事が言及されている。 開発、運営共に彼女のデータを損害なく隔離・移送する事は難しいと諦めており、 運営は修正パッチの配布=サラの削除を決断。 逃亡した彼女を「 ELダイバー」と呼称して事実上の指名手配を行う。 これ以降 ep21 自身の言葉を聞いて尚、自身についてくると共に逃避行を続ける彼女だったが、とある森の中で、運営の機体を追っていたと遭遇し、彼らのフォースネストに匿われた。 しかし、すぐに自身の存在を察知したとが現れ、キョウヤに引き渡しを迫った。 勿論、当初は引き渡しを拒んだキョウヤだったが、ロンメルの 「リアルでは歩くことも、話すこともできないダイバー達からGBNを奪わないでくれ」という言葉を聞いたサラは、皆の幸せの為にも、自身は存在してはならないのだと悟ってしまい、自ら彼らの前に姿を現した。 ep22 有志連合が再結成されたことで彼らの管理下に置かれ、のフォースネストにて軟禁状態になってしまう。 独房にて仲間達との思い出を振り返っていたが、彼らのことを思えば思うほど自分の存在がいかに危険な存在かを思い知らされ、キョウヤに対し、 笑顔で「私を消して下さい」と伝えた。 しかし、内心では未練を捨てきれておらず、自身を訪ねてきたリクの叫びに対し、悲痛な表情を見せていた。 この時、リク達はを見つけていたが、成功率5%(後に12%)な上に、失敗すればサラだけでなくGBNが崩壊するリスクの高いものであり、ゲームマスター達の賛同を得られなかった。 そして、彼女の処遇を巡って、ビルドダイバーズと有志連合との間でが起きることとなった。 ep23 壮絶な戦いが繰り広げられる中、そのどさくさに紛れたゲームマスターによって消されかけてしまうが、ネスト内にて権限を発動したキョウヤによって救われた。 ep24 戦っている仲間達の安否を心配するなか、ゲームマスターからその模様を中継によって見せられる。 自分の為に機体を削り、勝ち目のほとんどない勝負に挑み、それでもサラの命を諦めない彼らの姿に、思わず涙を流した。 その後、リクとオーガの必殺技を受ける中、キョウヤは出撃の直前に聞いた、サラの本心を思い出していた。 「私…私の望みは…」 「私も…みんなと一緒にいたい…」 「笑いたい…」 「ずっと.... ずっと一緒にいたい!」 激闘を制したのはリク達だった。 オーガの後押しを受け、サラの元へと一直線に向かうダブルオースカイは、リクを送り出すように姿を消す。 リクは待っていたサラの元へと降りていき、二人は強く抱きしめあった。 再会と勝利の喜びから、彼らの目は大粒の涙が溢れていた。 ep25 バグの影響で暴走したレイドボスも倒され、サルベージが実行される。 しかし、サルベージを成功させるには、GBNの外の電脳空間を超える必要があった。 現実世界へ向かうための扉を開き、電脳空間に飛び込むサラだったのだが 空間内の膨大な情報の渦に飲まれ消滅しそうになる(その様子は暴風で に近いものになっていった)。 意識が途切れそうになった時、脳裏をよぎったのはリク達との思い出だった。 失われかけたものが次々と自身の中に流れ込み復活を果たしたサラは、。 一部ではと立ち位置が近いと噂に・・・ また「自分が犠牲にならないといけないと悟りながらも、みんなと一緒にいたいと願った」様にを重ね合わせた視聴者も。 ロンメルの「現実世界では歩くことも、話すこともできないダイバー達から GBNを奪わないでほしい」という言葉は、視点を変えるとサラにも同じ理由が言える。 サラ自身は【二次元人】であるが故に、 三次元人(ダイバー)のように電脳世界(GBN)と現実世界を行き来することができない。 三次元人のように話したり、歩いたり、友達と話したり、飲食ができ、睡眠をとることも、交流を深めることができ、自身を表現するために必要な空間であることを主張できたはずなのだが・・・キョウヤから再度本心を問われるまで明かさなかった。 関連タグ :浮世離れした雰囲気の持ち主、等、共通点が多い過去作の登場人物。 、:過去作のサラという名前繋がり :運営 :システム開発者 :似た者同士 :の似た者同士。 その誕生の経緯も似ている。 :後に登場した同族で、リアルにて対面したことが判明 関連記事 親記事.

次の