ディミトリ 支援 会話。 会話集/支援会話/ディミトリ(セイロス聖教会)

会話集/支援会話/ディミトリ(レスター諸侯同盟)

ディミトリ 支援 会話

本作では、同じ所属の者同士の他、スカウトによって所属が異なるキャラ同士の支援会話も見ることができます。 支援値を上げる方法には以下があります。 今作では、戦闘に出撃させずとも支援値を上げることが可能です。 戦闘での隣接、連携、回復、応援(、副官でも可)• グループ課題• 合唱練習• 主人公については、上記に加え、以下の方法があります。 個別指導• 散策時の落とし物• 散策時の贈り物• お茶会• 所属が異なるキャラ同士でも、食事や合唱練習、課題協力を使って支援値を上げることで、スカウト・加入前でも支援会話を見ることができます。 ただし自学級の生徒に比べると支援値を上げるタイミングが少ない、やる気を上げられない、経験値が入らないなどのデメリットがあります。 第一部終了時点で仲間になっていないキャラクターは、第二部の開始時点で修道院を去ります(例外あり)。 第一部終了までが期限となる主人公とレアを除き、支援Aは第二部に解放されるため、自学級に編入させずに全ての支援を見ることは難しいです。 一部の支援会話は、発生時期が特定期間に限られています。 所定の時期までに支援会話を解放しないと、「絆を深める機会を逃してしまったようだ」と表示され、支援会話が発生しなくなります。 機会を逃してしまう会話はC支援に多く、主人公の支援会話や、元々同学級の生徒同士にこのパターンが多く見られます。 機会を逃した後は一切取り戻すチャンスがないため、そのプレイデータ内では該当する支援会話は見られません。 支援会話を見たい場合は早めにスカウトするか、スカウト前に上記の方法で支援会話を解放しておく必要があります。 支援S会話は主人公のみ。 発生条件は参照。 食事時の台詞・特殊会話はに記載します。 エクストラでの鑑賞• 一度解放した支援会話は、メインメニューのエクストラから鑑賞することができます。 主人公の選択肢による差分なども確認出来る他、再生条件を変更することで、第一部と第二部での会話の違い、ルートによる会話の違いを確認できます。 ルートは第一部であれば学級選択、第二部はEP. 13開始により再生条件に設定可能となります。 解放さえしていれば、実際のプレイではスカウトしなかったキャラ・ルートの組み合わせであっても再生条件に設定して鑑賞することができます(紅花のヒルダのようにそもそも不可能な場合は除く)。 主人公以外の支援会話で、主人公の性別が支援会話に影響する時、直近でセーブしたデータにおける性別が適用されます(クロード&イグナーツBなど)。 ディミトリとラファエルの支援会話を追加してもらった人のやる気を削ぐようで大変申し訳ないが、中途半端に記入するのだけはやめて欲しい。 無双の絆会話のページで同じことをしている人がいたけど、食べ残しを見るようであまりいい気はしなかった。 大変なのはすごく分かるが、こちらも3ルートクリアしたら編集していくので、とりあえずCを書くならCの内容を全部埋めて欲しい。 あれが全てだというなら申し訳ない。 長文失礼 -- 2019-08-11 日 08:14:23• 更新してくれるのはすごく助かる。 ありがとう。 -- 2019-08-11 日 08:22:52• これで非表示にすると、編集画面を開けないかぎり見えないからね。 一番いいのは、一旦メモ帳等で書き溜めてからコピーペーストだと思うけど。 -- 2019-08-11 日 15:56:50• 特定の支援会話を見ている状態で特定の支援会話を再生すると差分が発生することを確認しました。 回想で見ることはできない どんな処理にしましょうか? -- 名無し 2019-08-16 金 18:08:01• 具体例としては、ヒューベルトとリンハルトの支援Bを見た状態でリンハルトとアネットの支援A会話を見ると、とある場所にヒューベルトのことを話すセリフが追加されたりします。 -- 名無し 2019-08-16 金 18:09:44• 他には、ヒューベルトとフェルディナントの支援Aでフェルディナントとエーデルガルトの支援会話冒頭が変化する、ヒューベルトに支援Aの相手がいる状態でエーデルガルトとの支援Aを見ると一部セリフが変わっていました。 -- 名無し 2019-08-16 金 18:11:29• すいません、フェルディナントとエーデルガルトの支援A会話冒頭です。 -- 名無し 2019-08-16 金 18:12:54• -- 2019-08-16 金 18:49:54• 今回の支援会話埋めるの大変だな -- 2019-08-18 日 16:55:22• 支援会話じゃないけど、ギルベルトとアネットをご飯に誘った時、ギルベルト-アネット間の支援がAとそれ以前でセリフが違ってる。 どんだけ分岐してるの… -- 2019-08-18 日 22:18:30• ご飯の会話はヒューベルトとフェルディナントで3段階あるのを確認しています -- 名無し 2019-08-19 月 01:01:53• アネットちゃんフェリクスの支援C書き終わったんだけど、編集初めてだから名前の横?とかに生成されるパラメーターとかがわからないから編集してくれると助かる…ディミくんからコピペで成型しようとしたんだけど、固有のパラメーターとかあったら申し訳ないのでいじれてない… 支援Cは最後まで書いた。 とりまコメントアウトにして保存しておくね…。 -- 2019-08-19 月 13:10:14• (リンハルトの頁で実験済み)これ使い分けとかあるんだっけ? -- 2019-08-21 水 01:12:38• 自分は&br;で慣れてるからこっちだけど。 -- 2019-08-21 水 01:30:18• 主人公とヒューベルトの支援B会話、学校編か戦争編かで内容が少し変わる模様。 ページには学校編を記入しています。 -- 2019-08-26 月 00:38:32• 取り敢えず生徒同士の支援用ページをざっと作成しました。 -- 2019-08-26 月 01:18:24• 教会関係の支援会話ページも作成しました。 -- 2019-08-26 月 23:22:01• -- 2019-08-31 土 14:10:38• ……regionが使えたら第二部の内容を楽に入力できたのですが。 -- 2019-09-01 日 22:32:16• クロード周りの支援会話を編集した方、なぜ今の方式に変えたのか理由をお願いします。 -- 2019-09-10 火 01:13:21• でもこのやり方だと利用者は読みづらくないですか? -- 2019-09-10 火 01:26:29• -- 2019-09-10 火 01:30:07• 利用者のことを考えるならどっちもどっち。 「全会話を順に見たい」なら確かに手間は増えるが、「特定の会話を見たい」場合は主人公の一人であるクロードの会話はクロードのページから見たい人の方が多いと思われる -- 2019-09-10 火 01:44:52• 黒鷲の学級の上に「級長」項目を用意するのはアリかも -- 2019-09-10 火 01:47:44• 追記しかしていないので、同じ内容が2種類存在していますが…… -- 2019-09-10 火 01:53:08• ありがとう。 学級名がないのが消す上でネックだと思ったので、備考追加して重複分削除。 いっそ主人公と同じフォーマットにすることも考えたが、そこまではしなくていいか -- 2019-09-10 火 02:07:37• レアとの支援B会話は一部9章までに見ないと機会を逃してしまう。 10章で見ようとして失敗した。 バックアップデータを使って9章で見れることは確認済み。 -- 2019-09-11 水 22:33:28• レアとソティスの支援会話を埋めました。 二人とも少し特殊な部分があるのですが、レアはセリフは同じだけど選択によって好感度が上がるもの 支援C があり、ソティスは最後のセリフがテキストでは「……」扱いになっているがボイスはちゃんと喋っています。 もし手を加えた方がいいならお願いします。 -- 2019-09-22 日 13:04:07• 主人公との支援会話ですが、今のところディミトリ セイロス聖教会 のページにだけ該当ページへ飛ぶリンクが貼ってあります。 もし必要ならば全キャラのページに載せた方がいいと思いますが。 -- 2019-10-23 水 23:22:50• イェリッツァ先生実装おめ -- 2019-11-09 土 11:22:10• 今回の追加コンテンツでイエリッツア先生に追加支援会話が増えた。 -- 2020-02-14 金 07:11:51• 灰狼の学級と、支援が新たに追加されたキャラのページ作成。 イエリッツァを帝国に移して、「地下の住人」なり「灰狼の学級」を立てるか、「追加コンテンツ」に名称変更するか・・・・・・? -- 2020-02-21 金 03:21:53• まあ個人的には名称変えて良いと思いますけども。 -- 2020-02-21 金 03:30:11.

次の

【FE風花雪月】食堂特殊会話のキャラ組み合わせと会話内容まとめ(支援・ストーリーによる変化ver)

ディミトリ 支援 会話

士官学校編中盤までのディミトリ 「封じられた森の戦い」あたりまでのディミトリ。 ときどき激情を露にすることがあるものの、まだ基本的には落ち着いている。 先生の冗談で笑うこともしばしば。 炎帝やソロンといった黒幕の人物に対しては、誰よりも強い敵意を示していました。 ガルグ=マク決戦付近でのディミトリ エーデルガルト=炎帝だと発覚し、ついに豹変。 (炎帝が落としていった短剣から、ある程度予想はしていたのかもしれないが) 心の中に溜め込んでいた復讐心を爆発させ、エーデルガルトの首を取ることに妄執するようになる。 第一部の最終節(3月)の散策では、ディミトリに話しかけても、何かに取り憑かれたような反応しかしない。 支援会話の進行• 食事に誘う• 一緒に料理• 個別指導• グループ課題• 落し物、贈り物• お茶会に誘う これらの行動が全て不可能。 (個別指導すらできないのは、さすがに笑った) こいつはいつになったら元に戻るんだ…? — Spica 風花雪月4周目ブロガー spicaundrei ディミトリの復活 ターニングポイントは、ロドリグが自分を庇ったあたり。 村娘(フレーチェ)から自分を庇ってロドリグは死んでいったわけですが、その村娘の行動原理もディミトリと同じく復讐だった、と。 目元のクマが消えるのも、このシーンが初めて。 大修道院での先生とのイベントを経て、復活。 関連記事:•

次の

会話集/支援会話/ディミトリ(ファーガス神聖王国)

ディミトリ 支援 会話

支援C 《共通》 食堂にて [ディミトリ] ああ……今日の料理当番はフレンか? 珍しいこともある。 張り切ってお料理を 作った……のですけれど……。 困り果てていたところでしたのよ。 俺で良ければ食べるが。 なら、ありがたくいただこう。 ……なあ、フレン、もう一杯貰えないか。 気に病むこともない。 美味かった。 また作ってくれ。 こんな真夜中に。 少し頭痛がするだけだ。 けれど、心配なさらないで。 治して差し上げられるかもしれませんわ。 気持ちはありがたいが、遠慮しておく。 彼らの死をなかったことにしてはならない。 守れなかった人々を…… 殺めてきた人々を、忘れないための。 けれど、あなたに共感はできかねますわね。 ついつい、喋り過ぎてしまいましたわね。 あまり夜更かしはなさらないでくださいね。 ……ありがとう、フレン。 風邪を引くぞ。 では、お隣に。 ……思い切り殴られたような気がしたよ。 俺のほうこそ、 お前に謝らねばならないことがある。 ……9年前から、ずっと。 ずっとおかしいとは思ってましたのよ。 美味いとか何だとか、 いろいろと、適当なことを言って。 例え味がわからなくても、十分に美味い。 相変わらずお上手なのですね。 早く部屋に戻って床に就け。 このままずっと眠ってしまうのでは、と。 俺は、何十年経とうと、 絶対にお前のことを忘れはしない。 けれど、 わたくしにはわかるのです。 お前に伝えたかったことがある。 絶対にだ。 皆もきっと、同じように言うと思う。 ま、よろしくてよ。 そこがあなたの良いところですもの。 よりによってここで寝るな。 ……まったく、仕方のない奴だな。 祈りは、もう済んだのですか。 ギルベルト殿などと呼ぶのはやめましょう。 3年ぶりになるか。 この名を呼ぶのは8年ぶりになるか。 許可なく国を離れたこと、 お詫びいたします。 私は……。 理由ならわかっている。 ……「ダスカーの悲劇」だろう。 私のような者には、こうすることしか……。 逃げ出す 先があるなら、ここしかないと思っていた。 いささか、腑抜けた顔になった。 無論、パトリシア様や殿下の御身も。 後悔を口にしたところで、戻ってはこない。 感謝こそすれ、恨む道理はない。 あの国に、私の戻るべき場所は ございません。 どうかご容赦を。 戻る気がないのなら、それでもいい。 お前の家族が哀れでならない。 お心遣いに、感謝いたします。 あなたにはいま一度、兵法の 何たるかを指南しなければなりませんね。 大将自ら前線で槍を振るうなど 言語同断です。 今後は慎まれるように。 俺を避けているのではなかったのか。 あなたはもっと自らの命を大切にすべきだ。 俺も、今回ばかりは軽率だったと思う。 それが勝利につながると、俺は信じている。 それほど気に食わないか、ギュスタヴ。 10年以上もの昔、北征の折に 陛下も同じように仰っていた、と。 俺は お前を恨んではいない。 そう言ったはずだ。 変わってしまわれた。 ……そうか。 なら、1つだけ言ってやる。 なぜ俺を、 彼らと諸共に死なせてくれなかった。 今、ここでだ。 先ほども申し上げましたが、 あなたはもっと自らの命を大切にすべきだ。 ふ、そうか。 その時にはまた、 槍と兵法の指南でも頼もうかな。 私に見抜けぬと、お思いなのだろうか。 陛下……私は……。 剣など手にして、礼拝には物騒すぎる。 私は……己の罪をあがないに来ました。 演技や嘘が下手なところも、本当に……。 ……どう誤魔化そうと、私にはわかります。 何でもお見通しというわけか、お前は。 殿下がお生まれになった時から、 私はずっとあなたを見守ってきた……。 まるで、 我が子を手に掛けるような心持ちです。 そして、礼を言う。 さあ、一思いにやってくれ。 ……それは、ただの逃避に過ぎません。 大修道院に。 我が軍に。 ……それからここにも、一人。 ……それが、私にとっての贖罪です。 ……なあ、俺の手を見てみろ。 ……が、死を恐怖したのは、初めてだ。 生きて……。 降りやむ様子もないようですし……。 これでは外出もままならん。 そうですね……。 ならば、すぐにでも。 ちょうど時間を持て余していましたので。 こうして声を上げて笑うのは久しぶりです。 冗談そのものへの言及は……控えます。 魔物風情にこうも追い詰められるとは。 ……私がもう少し気を払っていれば。 まだ死にたくねえよ……。 皆、狼狽えるのも無理はあるまいよ。 昔、私がジェラルト殿の 従者として盗賊討伐の任に就いた時の話だ。 おかしくてたまりませんよ。 あの日の冗談は酷いものだった、と。 おかげで、修道院にも帰還できましたし。 とても、あのような行動はとれなかった。 そんなあなただからこそ、皆に慕われる。 よろしくお願いいたします、アロイス殿。 武器を握っていないほうが落ち着きません。 あなたに初めて 掛けられた言葉は、今でも覚えています。 あんな可愛い髪型だったアンタが悪い。 もちろん少しは気にしましたが……。 ……ダスカーでの事件とかさ。 アタシは今の生活に満足してる。 罪人の汚名を被ったままで。 アタシは自分の意思でここにいるんだから。 ……相当、肩が凝ってそうだ。 それは誰から聞いたんです。 力任せに剣を振り回してへし折ったとか。 あれから私も、 それなりに努力してきましたので。 私など、まだまだ未熟者です。 謙遜は要らん。 勝ちを狙いにいくのは良いが、 あまりに逸ると足をすくわれるぞ。 ご指導、ありがとうございます。 そんなもん、ほっぽり出しときゃいいのに。 私も、責任ある立場ですから。 日を改めてまた誘うさ。 もっと気楽にいろいろ話したいんだ。 ……昔、あなたが剣を振るう姿を見た時から ずっとあなたの背を追ってきました。 こっ恥ずかしいこと言い出して。 今度は剣じゃなく、槍でかかってきな。 アタシも本気で迎え撃つよ。 では、遠慮なく。 すっかり腹も満たされたよ。 やはりファーガスに戻る気はないのですか。 アタシには忠義を尽くす相手がいる。 アタシはただ、レア様が好きなのさ。 この世のどんな奴よりもね。 別にアンタが 駄目だから、国に戻らないんじゃない。 あなたはこれからの王国に必要な人だ。 まあ、そうだよな。 アンタは生真面目な堅物だもんな。 ま、そう惜しがることはないよ。 アタシの父様はまだまだ現役だからね。 家を継ぐには十分な器だと思ってる。 で、アンタは王都で国をまとめる。 夜更かしせずに、 とっとと部屋に戻りな。 調子はすぐに戻します。 ま、万事が上手く運べば、だけど。 何の説明もなく、それじゃわからんだろ。 ……やっぱり、そっちが本性か。 ……前向きにね。

次の