省スペース デスクトップ。 おすすめ省スペース型デスクトップパソコン(法人)

省スペースデスクトップパソコン徹底比較

省スペース デスクトップ

こんにちは。 ナラシカ()です。 「モバイルディスプレイ」、皆さんご存知ですか? 「デスクトップPCのディスプレイの画面部分だけ」と書けばイメージしやすいかと思います。 数年前から普及してきたモバイルディスプレイは、今となってはタッチパネルは当たり前です。 更に、 USBケーブルのみで電源と映像どちらも転送できるようなものも増えてきて、より持ち運びする事が便利になっています。 私は生活スペースの都合でなかなかデスクトップPC、特にディスプレイを置くスペースがありません。 そんな中、このモバイルディスプレイが すべての問題を解決してくれました。 本記事では、生活スペースを減らしたくない方へ、 このモバイルディスプレイが如何に魅力的であるかについて書いていきます。 Contents• 最近のモバイルディスプレイはケーブル一本のみ! ここ数年でモバイルディスプレイの利便性は大きく飛躍してきています。 それを支えるのは、ケーブル規格の進化です。 USB-TypeCという規格から、従来のUSBよりも色々と進化してきているのです。 特に代表的なものとしては、 「USB PD Power Delivery 」という機能があります。 これはUSBで電源供給を 相互に行うことができる機能です。 ここでは簡単に、USBでPCからモバイルディスプレイに電源供給できるんだなぁ。 と理解していただければ問題ありません。 次に、実は映像情報もUSB-TypeCケーブルでは送信することが可能になっています。 「Alternate Mode」という機能に対応の機器同士であれば、 USBでHDMIやDispleyportの信号が送信できるんです。 これは、モバイルディスプレイ自体と使用PC、そしてケーブルが全て規格に対応した物でないといけないという制約があります。 しかし、これらを満たしている環境ではモバイルディスプレイとPCをUSB一本で接続するだけで、通常のモニターとして使用できます。 タッチパネルにも対応可能です。 ここで、特にコンセントからの給電が不要であるメリットは想像以上に便利なものです。 生活スペースを減らさずにデスクトップPC環境が作れる そもそもデスクトップPCって必要なのか? 私は自作PCを作ろうかと考えている時に友人から 「そもそも、デスクトップPC環境って必要なの?ノートPCで十分でしょ。 」 と言われたことがあります。 私もハイスペックのノートPCと悩んでいた部分もありましたが、ハッキリ言ってデスクトップPCの快適さは別格です。 特に自作PCだとスペックを自分仕様にできること、コストパフォーマンスが非常に良いこと。 そして何よりパソコンの知識が身に付きます。 自作PCの話はこれくらいにして話を戻すと、PCでやりたいことにもよりますが基本的には ノートPCは デスクトップPCの代用にはなりません。 もし、デスクトップを置くスペースがないから、と言う理由でノートPCに妥協しようとしている方がいらっしゃれば、この後の内容を読んでモバイルディスプレイを検討してみてください。 ディスプレイを見えない場所へコンパクトに収納可能! 実際にデスクトップPCの置き場所に困っている場合、その理由のほとんどはモニターの置くスペースだと思います。 PC本体は箱型のものがほとんどですので、部屋の隅などに置いておけば問題ないでしょう。 一方、基本的には モニターは使用する場所に常設ですよね。 使うたびに引っ張り出してきたり収納したりする方は殆どいませんよね。 それは 動かすことが面倒だからです。 モバイルディスプレイは、いわばタブレットのようなものです。 サイズも大きいもので15. 4インチとノートPCくらいの大きさはありますので、大画面志向のこだわりがなければ特別ストレスを感じません。 私は使用しない時にはノートPC用ケースなどに入れてテレビ台の下に収納しています。 スタンドはタブレット固定用のL字スタンドで十分ですので、場所もとりません。 これによって、 使用しない時間はデスクトップPC本体以外は収納が可能です。 細かい環境の紹介は次にしていきます。 【実用例】私のモバイルディスプレイを活用したPC環境を紹介 それでは、私が実際にモバイルディスプレイを使用しているPC環境を紹介させていただきます。 前提のイメージとして、私は1LDKに住んでおり1部屋は寝室のみで使用しています。 下の図が私の部屋の大まかなレイアウトです。 汚い絵で申し訳ないですが。。。 寝室は書いてませんが、PCが置ける作業スペースは全くないんですね。 ですので、私は赤枠の部分にPC本体を置いて食卓にモニターを置いて作業するしかない環境でした。 赤枠部分にPC本体を、食卓にモバイルモニターを設置した環境が下の写真です。 ちなみに私の場合は、PCがAltモード非対応のためHDMIケーブルとUSBケーブルの2本で使用しています。 バンドで束ねているのでほとんど1本として使っています。 写真に写っている3本目はヘッドフォンケーブルです。 流石に距離が遠くてPCから距離があるので、2mのUSB-Cケーブルと1. 5mの延長ケーブルを使ってなんとか配線しています。 汗 HDMIケーブルも5mのものでなんとか届いています。 配線は少しややこしく感じるかもしれませんが、収納時は線を抜いてPCと壁の間に収めるだけですので、ケーブル収納は楽々です。 実際の作業環境が下の写真のようになっています。 モニターの大きさも大画面で何か特別しなければ、 YouTubeを見るのもブログを書くのも、困ることはありません。 モバイルディスプレイはテレビ下のスペースに、その他はPC本体上に置いて保管しています。 セッティングは20秒くらいでできますし、収納も同じくらいの時間で出来てしまいます。 このように、大きいモニターを置かずともモバイルディスプレイで 手間をかけずにで最小限スペースでデスクトップPCの環境が作れてしまいます。 まとめ:デスクトップPC環境を最小限のスペースで構築したい方へ! 実例でも紹介したように小さい部屋で作業スペースがない方でも、モバイルディスプレイを使うことでデスクトップPCの作業環境を構築することが可能です。 奥さんに部屋のスペースをPCデスクで埋めることを反対されていても、これなら問題なくPC環境を作れてしまいますよ。 もちろん、ノートPCにもノートPCの良さがあります。 今回紹介したものは、スペースは取りたくないけど、動画編集や通貨などのトレード、PCゲームをするようなハイスペックPCをどうしても部屋に置きたい!と考えている方にオススメできます。 同じような悩みを抱えている方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

スリムタワー型デスクトップパソコンの比較

省スペース デスクトップ

タワー型のおすすめモデル• 省スペース型のおすすめモデル• 一体型のおすすめモデル• デスクトップパソコンのメリットは? デスクトップパソコンを選ぶ最大のメリットは、何と言ってもスペックの高さです。 モデルにもよりますが、ノートパソコンでは搭載できない高性能なCPUやグラフィックボードを搭載でき、ゲームや動画編集などが快適に行えます。 また、モデルによっては、購入後にユーザー自身がメモリーやHDDなどのパーツを交換することもできます。 メーカー保証外となるパーツ交換は上級者向けではありますが、購入後にパワーアップできるのはデスクトップパソコンの魅力と言えるでしょう。 同じ「Core i7」「Core i5」「Core i3」というブランドでも、デスクトップパソコン向けのCPUは、ノートパソコン向けのCPUよりも処理性能は高め。 なお、コンパクトな省スペース型モデルや一体型モデルの中には、消費電力の少ないノートパソコン向けのCPUを採用しているモデルもあります AMDの「Ryzen」、インテルの「第9世代Coreプロセッサー」など、最新CPUが続々と登場しており、デスクトップパソコンの性能はますますパワーアップしています。 ストレージも価格とスピードを両立したOptaneメモリーなど、新しい技術が登場しています 好みのディスプレイを使えるのもデスクトップパソコンのいいところです。 複数のウィンドウを開いて作業するのに適した、大画面で高解像度なディスプレイを組み合わせれば、作業効率が高まります。 最近は手ごろな価格の大型液晶ディスプレイが増えており、価格. comで調べると1万円台でフルHD解像度の24型液晶ディスプレイが購入できます。 5万円も出せば4K解像度のモデルすら選べます。 PCゲームをヘビーにプレイするなら、応答速度の速いディスプレイを選ぶといいでしょう。 複数台の液晶ディスプレイを使ってマルチディスプレイ環境を構築しても面白いかもしれません。 もちろん、ディスプレイだけでなく、キーボードやマウスも好きなものを選べます。 デスクトップパソコンの種類と選び方 デスクトップパソコンにはさまざまな種類がありますが、代表的なもとのとしてタワー型、省スペース型、一体型の3つがあります。 タワー型は、拡張性の高さが大きな魅力。 高性能なパーツを搭載しているモデルが多く、特に高性能なグラフィックボードを搭載したモデルは、高いグラフィック性能が求められるゲームやグラフィック用途に適しています。 比較的簡単にパーツの交換ができるので、購入後にメモリーやHDDを交換したいという人にも向いています。 設置場所を取るのが難点ですが、スペックや拡張性を重視するならタワー型を選ぶといいでしょう。 省スペース型は、本体がスリムで、文字通り設置スペースを取らないのが魅力。 ただし、本体がスリムな分だけ、内部のスペースが狭く、高性能なグラフィックボードを搭載しにくいなど、タワー型よりもスペックは少しだけ落ちます。 一体型はディスプレイとパソコン本体が一体になったモデル。 ディスプレイを別途用意したり、接続したりする手間がなく、ほぼディスプレイのみの設置スペースですむのが特徴です。 また、国内メーカー製を中心に、画質や音質にこだわったモデルが多いのもポイント。 なかにはテレビチューナーを内蔵したモデルもあり、テレビ兼HDDレコーダーとしても利用できます。 最近は新モデルが出ていませんが、USBメモリーサイズのスティックPCもあります。 HDMI入力端子を備えたテレビに挿すだけで、テレビがパソコンに早変わりする手軽さが魅力です。 スペックは必要最低限で、主な用途はインターネットやメールに限られますが、リビングで手軽に使えるマシンがほしいなら、スティックPCをチェックしてみるといいでしょう。 タワー型のおすすめモデル 1. マウスコンピューター「LUV MACHINES AG400XN-M2SH2-KK」 高コスパなハイスペックマシン マウスコンピューターのタワー型デスクトップパソコンは、バランスのとれたスペックと手ごろな価格が魅力で、豊富なラインアップが揃っています。 comで一番人気があるのは、「LUV MACHINES AG400XN-M2SH2-KK」(価格. com限定)。 8コアの「Ryzen 7 3700X」、16GBのメモリー、256GB SSD+2TB HDDというハイスペックなマシンです。 グラフィックボードには「GeForce GTX 1650」を備えており、日常作業はもちろん、ゲームや動画編集なども快適にこなせるでしょう。 com最安価格は99,800円。 コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。 クチコミではコストパフォーマンスのよさに加え、動作音の静かさや処理速度の速さを評価する書き込みがいくつかありました。 高コスパなハイスペックマシンを探している人はチェックしてみてください。 日本HP「Pavilion Gaming Desktop 690-0072jp」(価格. com限定) 「Core i7-9700」「GeForce GTX 1660」搭載のゲーミングPC 8コアCPUの「Core i7-9700」と「GeForce GTX 1660」を搭載するゲーミングPC。 メモリーは16GB、ストレージは256GB SSD+2TB HDDとハイスペックなマシンです。 他社の同等スペックのモデルと比べると、5,000円〜1万円ほど安いのが魅力です。 ゲームはプレイしないという人は、グラフィックボードを搭載いない「Pavilion Gaming Desktop 690-0071jp」(グラフィックレスエディション)を検討してみるといいでしょう。 ドスパラ「Magnate IM」(価格. com限定) 安くて高性能! オーソドックスなタワー型 老舗パソコン専門店、ドスパラのオリジナルモデル。 CPUにはベース動作周波数が2. 90GHz、ターボ・ブースト利用時が最大4. 10GHzのパワフルな「Core i5-9400」(Coffee Lake Refresh)を搭載しています。 メモリーは8GB、ストレージは240GB SSDと控えめなスペックですが、その分、価格が安いのが魅力。 com最安価格は56,980円。 12cmの大型ファン、400Wの静音電源、豊富な拡張ベイなど、タワー型デスクトップらしく拡張性が高く、2スロット占有タイプのグラフィックボードも搭載できます。 安くて高性能なタワー型デスクトップパソコンを探している人は要チェックです。 省スペース型のおすすめモデル 4. デル「Inspiron スモールデスクトップ プレミアム」 オーソドックスな省スペースモデル 省スペース型デスクトップパソコンの王道とも言えるオーソドックスなモデル。 際立った特徴はありませんが、同価格帯のほかのモデルよりもスペックがワンランク上なのが魅力です。 CPUには6コアの「Core i5-9400」(2. 90GHz、最大4. 10GHz)を搭載。 メモリーは8GB、ストレージは256GB SSD+1TB HDDというスペックです。 データの読み書きが高速なSSDと大容量のHDDは、使い勝手のよい組み合わせです。 Office Home and Business 2019を搭載するモデルも用意されています。 一体型のおすすめモデル 8. 画質を少し落として長時間録画できる「セミファインロング」モードを使えば、地上デジタル放送の番組を最長約4314時間も録画できるので、見たい番組がたくさんあるテレビ好きにもピッタリです。 サウンド面では、YAMAHAサウンドシステムを採用しており、ハイレゾ音源の再生にも対応。 「Core i7-8565U」や3TBの大容量HDD+Optaneメモリーなど、スペック面も充実しています。 テレビとパソコンを1台で済ませられるので、1人暮らしの方にピッタリな1台と言えるでしょう。 もちろん、書斎や自室のテレビを兼ねたパソコンとして選ぶのもありです。 アップル「iMac」 19万円台で5Kディスプレイを搭載 Macの一体型デスクトップと言えば「iMac」です。 現行モデルは2019年3月にリフレッシュされ、CPUやGPUがパワーアップし、処理性能が最大60%高速になりました。 5型モデルと27型モデルの2つの画面サイズがラインアップされていますが、設置場所に余裕があるなら大きな画面の27型を選びたいところ。 com最安価格193,843円と、非常にコストパフォーマンスが高いのがその理由です。 CPUは6コアの3. 0GHz Core i5、メモリーは8GB、ストレージは1TB Fusion Drive、GPUは「Radeon Pro 570X」と、幅広い用途に使えるスペックです。

次の

MSI 省スペース設計ゲーミングデスクトップPC

省スペース デスクトップ

win7 HP SP1、Core2Duo E7300、メモリ4GB、64ビット ここで、増設したグラボを先に紹介しておきます。 このグラボを選んだ理由や、Windows エクスペリエンス インデックスの数値などは後述します。 増設できるグラフィックボードはあるのか?省スペースPCのため、拡張スロットのサイズに制限があります。 7cm)まず、ロープロファイル対応であること、さらに、奥行が最大でも16. 7cmしかないこと。 次に、消費電力(電源)に制限があります。 最大で240Wしかありません。 高性能なグラボの場合、推奨電源が600W以上。 そこそこの性能のものでも、400W以上必要とされています。 グラボを選ぶポイント• ロープロ対応• 奥行16. 7cm以下• 電源240Wで動作• 補助電源なし• (GT640>HD7750という意味ではありません) この中で一番増設したかったのがHD7750でしたが、デュアルディスプレイにするだけの目的の場合、ここまでの性能は必要としていないのと、電源的にかなりギリギリだったため断念しました。 同じ理由で、GT640も除外しました。 価格はどちらも9,000円前後でした。 次は、どうせ高性能にする必要がないなら、一番価格の安いグラボにしようと思い調べました。 一番安かったのはHD5450で、価格は3000円前後でした。 次に、GT520(=GT610)とHD6450がほぼ同じ価格で4000円前後でした。 しかし、HD5450は、HD6450と価格で約1,000円しか差がないものの、性能差は約2倍違うため除外しました。 価格の安さだけで選ぶならHD5450でよさそうですが、性能はオンボード以下といわれています。 GT440(=GT630)は7,000円前後。 ここまで出すなら1つ上のクラスがほしいところ。 GT430は5,000円~といった感じでした。 GT620は、地雷といわれているので除外。 消去法により残ったのがGT520とHD6450で、価格がGT520の方が少し安かったためGT520に決定しました。 2015年3月24日時点では、HD6450の方が少し安くなっていました。 現在、円安により価格が上昇傾向にあるようです。 増設する意味はあるのか?まず、最大の増設目的であるデュアルディスプレイにできたので、増設した意味はありました。 モニターはNECとSAMSUNGで、NECがDVI、SAMSUNGをRGB(D-sub)で接続しました。 DVI接続できるようになり、見た目でもわかるくらい画質はよくなりました。 ) Windows エクスペリエンス インデックス 室温17度にパソコンを置いた数値で、右側がMAXです。 その他の数値は画像で確認してください。 ここから追記重要なことを書き忘れていました。 hp dc5800にGT520でDVIとRGBで接続する場合は、RGBのコード(ケーブル)が硬くてきれいに収まらないかもしれません。 今回は、PCIブラケット?(パソコンの裏についてる鉄のプレート)を隣ではなく、2つ間を空けて装着しました。 並びは、DVI・空・空・RGBのように装着。 この状態でも、コードに逆関節をずっとかけている状態なので、気になる方はコードを替えたほうがよさそうです。 名称がわからなかったため、 で検索しました。 (私は、そのまま使っているので、これが使えるかどうかはわかりません。 ) グラボを増設したら音が出なくなったBIOSのサウンド設定を変更したら出るようになりました。 (あくまでも一例です。 ) ベンチマークテストオンボードではテストさえできなかった、ドラクエ10のベンチマークテストをしてみました。

次の