スタジオ アリス 豊洲。 スタジオ・アリス 豊洲店(江東区豊洲)|エキテン

スタジオ・アリス 豊洲店(江東区豊洲)|エキテン

スタジオ アリス 豊洲

撮影料金 マリオ、アリスともに同じ料金体系です。 撮影料 3240円 + 商品代 しかし、商品代はアリスのほうが割高なります。 記念写真の定番の4切りフレームでは…• アリス:9,072円 年賀状50枚では…• アリス:11,534円 近年、流行のフォトパネクリア(クリスタルキューブ)では…• アリス:5,400円 商品によって価格差は違いますが並べて比較してみると、 撮影費用の総額はスタジオマリオのほうが安くなりそうですね。 撮影品質 撮影スタジオや照明機材は、アリスのほうが良いと思います。 スタジオマリオの場合、カメラのキタムラと併設されているという都合上、店舗を構えているスタジオアリスと比較すると物足りないと感じる部分があります。 撮影カメラは、アリスは撮影現場と一体化している専用カメラに対して、マリオは最上級の一眼レフを機材に設置している違いはあります。 仕上がりの写真は、スタジオ設備の差によるものなのか、全体的に明るめになっているスタジオアリスの仕上がりが好きです。 接客サービス 接客レベルは、どちらのお店も抜群に良かったです。 でも、一つだけ大きな違いがありました。 スタジオマリオは大人がメインの対応、スタジオアリスは子どもがメインの対応でした。 そのためスタジオアリスでは子どもと目線を合わすために、店員は片膝を付けて、子どもと話しています。 わが家は、子ども記念写真が目的なので、子どもを主役としてえ扱ってくれるスタジオアリスの対応がしっくりきます。 スタジオアリスの「子どもへの意識」はすごい! アリスの店舗の入り口には工夫が施されています。 入り口の自動ドアが2重になっています。 店舗側から外に出る場合は、ボタンを押さないと開かない半自動式です。 ボタンの位置は、子どもの手が届かない高さ(150cm付近)に設置されています。 この工夫は、 子どもが勝手に外に出て行かせないための対策です。 子どもの動きに細心の注意を払っていますが、うっかり目を離してしまうことは絶対にあります。 ちょっとした工夫ではありますが、親としては思わず「へぇー」と感心してしまいます。 写真データの取り扱い 冒頭でも話しましたが、スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた最大の理由が「写真デーの取り扱い」です。 写真データの取り扱いは、両店舗で大きく異なります。 この違いで、スタジオマリオ派、スタジオアリス派に分かれることが多いのではないでしょうか。 マリオは、 採用した写真をフォトCD(5,240円)として別途購入。 そのため写真データは、すぐ利用可能です。 アリスは、 希望者にCD(524円)で贈呈。 贈呈時期は撮影から1年後です。 写真データをすぐに利用できるスタジオマリオなら、祖父母に渡す写真は自宅のプリンタでも印刷することも可能です。 写真代の節約ができます。 スタジオアリスの場合は、写真データは購入では1年後に贈呈という形式なので、CD代だけなので安いです。 写真館を乗り換えた理由 写真館に行く目的が「写真」ではなく「撮影」だからです。 お金を出して買いたいのは、「現像してできた写真」ではなく、「スタジオでカメラマンに写真を撮ってもらう行為」なのです。 娘にとっては、撮影中は「お姫様になれる至福の時」なのです。 3歳のときから、カメラマンの話術なしで、撮影用の笑顔、ポーズを自ら決めます。 4歳になってからは、事前にポーズの練習までしています。 だから、子どもを主役として扱ってくれるスタジオアリスのほうが、わが家の目的にマッチしています。 そういった理由からスタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えました。 せっかく撮った写真なので記念として残したい気持ちは確かにあります。 でも、あくまでも目的は撮影なので今すぐに写真は必要ないのです。 どちらかと言うと、 1年後にもらったほうが当時の思い出話に花が咲いて良いくらいです。 目的によって使い分けるのが一番! ここまでの話を簡単な比較表にまとめました。 スタジオ選びの参考にしていただければと思います。

次の

スタジオアリスの口コミや評判

スタジオ アリス 豊洲

撮影料金 マリオ、アリスともに同じ料金体系です。 撮影料 3240円 + 商品代 しかし、商品代はアリスのほうが割高なります。 記念写真の定番の4切りフレームでは…• アリス:9,072円 年賀状50枚では…• アリス:11,534円 近年、流行のフォトパネクリア(クリスタルキューブ)では…• アリス:5,400円 商品によって価格差は違いますが並べて比較してみると、 撮影費用の総額はスタジオマリオのほうが安くなりそうですね。 撮影品質 撮影スタジオや照明機材は、アリスのほうが良いと思います。 スタジオマリオの場合、カメラのキタムラと併設されているという都合上、店舗を構えているスタジオアリスと比較すると物足りないと感じる部分があります。 撮影カメラは、アリスは撮影現場と一体化している専用カメラに対して、マリオは最上級の一眼レフを機材に設置している違いはあります。 仕上がりの写真は、スタジオ設備の差によるものなのか、全体的に明るめになっているスタジオアリスの仕上がりが好きです。 接客サービス 接客レベルは、どちらのお店も抜群に良かったです。 でも、一つだけ大きな違いがありました。 スタジオマリオは大人がメインの対応、スタジオアリスは子どもがメインの対応でした。 そのためスタジオアリスでは子どもと目線を合わすために、店員は片膝を付けて、子どもと話しています。 わが家は、子ども記念写真が目的なので、子どもを主役としてえ扱ってくれるスタジオアリスの対応がしっくりきます。 スタジオアリスの「子どもへの意識」はすごい! アリスの店舗の入り口には工夫が施されています。 入り口の自動ドアが2重になっています。 店舗側から外に出る場合は、ボタンを押さないと開かない半自動式です。 ボタンの位置は、子どもの手が届かない高さ(150cm付近)に設置されています。 この工夫は、 子どもが勝手に外に出て行かせないための対策です。 子どもの動きに細心の注意を払っていますが、うっかり目を離してしまうことは絶対にあります。 ちょっとした工夫ではありますが、親としては思わず「へぇー」と感心してしまいます。 写真データの取り扱い 冒頭でも話しましたが、スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた最大の理由が「写真デーの取り扱い」です。 写真データの取り扱いは、両店舗で大きく異なります。 この違いで、スタジオマリオ派、スタジオアリス派に分かれることが多いのではないでしょうか。 マリオは、 採用した写真をフォトCD(5,240円)として別途購入。 そのため写真データは、すぐ利用可能です。 アリスは、 希望者にCD(524円)で贈呈。 贈呈時期は撮影から1年後です。 写真データをすぐに利用できるスタジオマリオなら、祖父母に渡す写真は自宅のプリンタでも印刷することも可能です。 写真代の節約ができます。 スタジオアリスの場合は、写真データは購入では1年後に贈呈という形式なので、CD代だけなので安いです。 写真館を乗り換えた理由 写真館に行く目的が「写真」ではなく「撮影」だからです。 お金を出して買いたいのは、「現像してできた写真」ではなく、「スタジオでカメラマンに写真を撮ってもらう行為」なのです。 娘にとっては、撮影中は「お姫様になれる至福の時」なのです。 3歳のときから、カメラマンの話術なしで、撮影用の笑顔、ポーズを自ら決めます。 4歳になってからは、事前にポーズの練習までしています。 だから、子どもを主役として扱ってくれるスタジオアリスのほうが、わが家の目的にマッチしています。 そういった理由からスタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えました。 せっかく撮った写真なので記念として残したい気持ちは確かにあります。 でも、あくまでも目的は撮影なので今すぐに写真は必要ないのです。 どちらかと言うと、 1年後にもらったほうが当時の思い出話に花が咲いて良いくらいです。 目的によって使い分けるのが一番! ここまでの話を簡単な比較表にまとめました。 スタジオ選びの参考にしていただければと思います。

次の

スタジオマリオからスタジオアリスに乗り換えた理由

スタジオ アリス 豊洲

働きがい:【仕事のやりがい】好きな子はやりがいしかない。 自分も子どもが好き、ヘアーや着付け、写真にも興味がある中で入社したがやりがいがあることばかり。 最近は少ないが長く同じ店舗にいると赤ちゃんで撮影した子が七五三なとでまた撮影に来てくれることもあり、子どもの成長をご両親と共に感じられるし、お姉さんに撮って欲しい、前回すごく上手だったからお姉さんにヘアーして欲しいなど指名制度は無いが、指名して来てくれるお客様がいるとやってて良かったとホントに思うし、お家での会話であのお姉さんに会いたい、写真撮って欲しいとお子様が言ってくれている事を聞くと嬉しい。 業務は言ってしまえば技術職なので、撮影にしろ、ヘアーにしろ、着付けにしろ日々勉強してスキルアップしたいという気持ちが大事。 そう思ってやっている子は目に見えて分かるし、苦手ても前向きにやっている子には教えてあげたいと思う。 口コミ投稿日:2019年12月28日 働きがい:【仕事の厳しさ】やりがいにも書いたが技術職なので、スキルがものを言う。 当たり前だが最初は出来ないことだらけ、撮影していても先輩カメラマンに変わって欲しいとお客様から言われることもあるし、前回があまり上手な方じゃなかったので別の方にして欲しい予約の際に言われることもしばしば。 忙しい中の対応でそんなつもりはなくても、怒っている、雑だったとお客様からご指摘頂くこともある。 どの仕事もそうだが、スキルアップに対する貪欲さ、前向きさがないと正直やっていけないし、あまりのやる事の多さに思っていたのと違ったと辞めて行くスタッフも多い。 なるようになる。 やるしかないんだからしょうがない。 と気持ちを楽に保てる人じゃないと難しい所もある。 口コミ投稿日:2019年12月28日.

次の