かぐや様 174話 感想。 かぐや様は告らせたい 170話 ネタバレ感想 修学旅行スタート

かぐや様は告らせたい【174話】最新話ネタバレ感想|早坂愛の友達③

かぐや様 174話 感想

2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプ2020年19号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』174話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜174話は、かぐやは早坂との関係が始まった場所を幾つか思い出して向かうも、ことごとく外れてしまっていました。 そして四宮家所有の山へとやって来た白銀達でしたが、早坂のリュックにGPSが取り付けられていたせいで、雲鷹と八雲が現れて抑え込まれてしまったみたいです。 抑え込まれてしまった2人の運命は如何なってしまうのでしょうか。 かぐや様は告らせたい174話のあらすじネタバレ 早坂の母親である奈央からあの場所で待っているという早坂の伝言を聞いたかぐやでしたが、あの場所が何処なのかが全く分かっていませんでした。 奈央が運転する車に乗ってからも色々考えたが分からないのか、この伝言で伝わると思っている辺り変な子だと、京都には頻繁に滞在していると愚痴を漏らし始めました。 そんなかぐやに奈央は京都で印象深い出来事はありませんかと聞くと、かぐやは自身の母親の7回忌の時の事を思い出したようです。 かぐやは一人涙目になって体育座りしており、それを早坂が目撃したので声をかけました。 かぐやはクラスの子達が自分が妾の子で、一族の立場が危うい事を他の人にばらしていたのでその事で母親を悪く言われているようで許せないみたいです。 そんなかぐやを早坂は慰めつつ、信頼できる友達を作るように忠告しました。 その言葉を聞いたかぐやは今度からは秘密を守れる人としか友達にならないと宣言し、早坂もそうするべきだと同意したようです。 現在に至り、かぐやは傷ついていた自分を早坂が優しく慰めたからそこが思い出の場所だと確信したようです。 その場所に向かったが、早坂の姿は何処にもいません。 奈央は早坂からしたら延々と愚痴に付き合わされただけの時間だから思い出の場所ではないかもと言い、かぐやは困り果てた表情をしているようです。 その頃、早坂は老人からバイクを借りて追っ手を撒こうとしている白銀から後ろに乗れと言われます。 老人は白銀から事情を聞いてからバイクを燃料満タンで返してくれるのなら構わないと答えたのです。 白銀は土産はあの店で買おうと心に決ると、早坂に自分は困ったら人を頼りその分誰かの助けに応じると、助け合いと言う相互扶助の仕組みは人類最大の発明だと言います。 早坂はバイクの後ろに乗るとこういうのは初めてなのでドキドキしているようです。 しかし、白銀も教習所以外での運転は初めてと言ったので早坂は自分が運転すると言いました。 その頃、かぐやは何かを思い出したようでした。 一度早坂が奈央と言い合いで家出をした際、彼女が避難していた場所が思い出の場所だと思い出しました。 その場所に行くもそこは売地になっていて、早坂の姿は当然ありませんでした。 もう心当たりがないと言い放つかぐやに、奈央は娘の事をもう少し理解していると思っていたと非難の言葉を言います。 かぐやは早坂は内側を見せてくれないと、一緒にいる時間が長い分お互いを理解できるのが事実なら全ての親族も理解していると、所詮自分と早坂の関係は他人同士だと弱音を吐いたようです。 その頃、早坂と白銀は四宮家が所有している山へとやって来て、ここに来た理由を早坂が述べようとするも早坂のリュックにはGPSが取り付けられていました。 それを使って追ってきた雲鷹が八雲を始めとした配下を使って2人を取り押さえたようです。 心の中で自分の人生は思い通りに行かないと呟く早坂。 早坂は長らくかぐやに仕えており、早坂から見たかぐやは色々問題があるも守ってあげたいと思える人物でした。 しかし、現実は厳しく、早坂は幼少期からかぐやの兄からかぐやの行動を把握しろと命じられていました。 それ故に早坂から見て、かぐやとの関係には罪悪感が付いて回っているようです。 かぐや様は告らせたい174話の感想と考察 最初は分からないと言っていたかぐやは思い出しながら探していますが、中々思い出せないようですね。 かぐやなりに真剣だとは思いますが、こうまでしても見つけられないとなるとかぐやと早坂が幼稚園の頃になるのではないでしょうか。 早坂が白銀と共に山へと来ていましたので、きっと幼稚園に通うくらいの年齢の時に思いっきり遊んだのではないかと思います。 四宮家とかメイドとかの立場を忘れて思いっきり遊んだがゆえに、早坂からしたらかぐやとの信頼を強くし、深い関係になったのだと思ってこの場所に来たのでしょう。 次回175話は早坂が自らを犠牲に白銀を見逃すように頼むのではないでしょうか。 早坂は雲鷹達の目的は自分であって、白銀ではないので自分は何でも言う事聞くから見逃すように頼むと思います。 このままでは白銀は早坂に協力したとして始末される可能性があり、彼が命を落としてしまえばかぐやも悲しむはずであり、その姿を早坂は見たくないのだと思います。 曲がりなりにも白銀は生徒会長であるので、もし始末すれば色々面倒な事になると思いますし、雲鷹達も秘密裏に動いているので下手に騒がすのは得策ではないと考えていると思いますので早坂の提案を飲むでしょう。

次の

「かぐや様は告らせたい:174話」最新話ネタバレと感想!早坂愛の友達③

かぐや様 174話 感想

かぐや様は告らせたい【第174話】のネタバレ あの場所で待つ あの場所で待つと言われたかぐやは携帯も繋がらない中早坂愛の母の運転で京都内にある思い出深い場所を巡り早坂を探していました。 最初に思い出したのは母の7回忌の時、友人に裏切られて妾の子と噂され傷つき泣いていたのを早坂がずっと慰めてくれた場所。 しかしそこに早坂はいませんでした。 一方早坂は白銀が土産屋の主人から借りたバイクで目的地に向かう所。 知らない人に頼るなんてと渋る早坂に白銀は助け合いの大切さを教えます。 ーーーー 次にかぐやが思いついたのは昔早坂が家出した時に迷い込んだ場所、その時かぐやは早坂も弱い人間なのだと気づいたそうです。 しかしそこにも早坂はいませんでした… もうかぐやに心当たりはありません。 自分の内側を見せない早坂、一緒にいる時間がながければ長いほど理解し合えるのなら全ての親兄弟も理解し合えているはず。 私たちの関係は所詮…とかぐやの心は陰りを見せていきます。 罪悪感で成り立つ関係 ようやく目的地についた早坂 そこは四宮家の所有する山。 しかしカバンにいつの間にかGPSが着けられていたことに気付きます。 追っ手にも捕まってしまい絶体絶命。 拘束される中早坂は、かぐやとのことを思いましていました。 早坂にとって人生は思い通りにならないもの。 また早坂にとって四宮かぐやは可愛く心から守ってあげたい存在。 けれどそう思う心と裏腹に現実は思い通りにはいかないためそう思うことすら虫のいい話に思えたのです。

次の

かぐや様は告らせたい176話感想 早坂が早坂をやめる日

かぐや様 174話 感想

2020年4月9日発売の週刊ヤングジャンプ2020年19号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』174話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜174話は、かぐやは早坂との関係が始まった場所を幾つか思い出して向かうも、ことごとく外れてしまっていました。 そして四宮家所有の山へとやって来た白銀達でしたが、早坂のリュックにGPSが取り付けられていたせいで、雲鷹と八雲が現れて抑え込まれてしまったみたいです。 抑え込まれてしまった2人の運命は如何なってしまうのでしょうか。 かぐや様は告らせたい174話のあらすじネタバレ 早坂の母親である奈央からあの場所で待っているという早坂の伝言を聞いたかぐやでしたが、あの場所が何処なのかが全く分かっていませんでした。 奈央が運転する車に乗ってからも色々考えたが分からないのか、この伝言で伝わると思っている辺り変な子だと、京都には頻繁に滞在していると愚痴を漏らし始めました。 そんなかぐやに奈央は京都で印象深い出来事はありませんかと聞くと、かぐやは自身の母親の7回忌の時の事を思い出したようです。 かぐやは一人涙目になって体育座りしており、それを早坂が目撃したので声をかけました。 かぐやはクラスの子達が自分が妾の子で、一族の立場が危うい事を他の人にばらしていたのでその事で母親を悪く言われているようで許せないみたいです。 そんなかぐやを早坂は慰めつつ、信頼できる友達を作るように忠告しました。 その言葉を聞いたかぐやは今度からは秘密を守れる人としか友達にならないと宣言し、早坂もそうするべきだと同意したようです。 現在に至り、かぐやは傷ついていた自分を早坂が優しく慰めたからそこが思い出の場所だと確信したようです。 その場所に向かったが、早坂の姿は何処にもいません。 奈央は早坂からしたら延々と愚痴に付き合わされただけの時間だから思い出の場所ではないかもと言い、かぐやは困り果てた表情をしているようです。 その頃、早坂は老人からバイクを借りて追っ手を撒こうとしている白銀から後ろに乗れと言われます。 老人は白銀から事情を聞いてからバイクを燃料満タンで返してくれるのなら構わないと答えたのです。 白銀は土産はあの店で買おうと心に決ると、早坂に自分は困ったら人を頼りその分誰かの助けに応じると、助け合いと言う相互扶助の仕組みは人類最大の発明だと言います。 早坂はバイクの後ろに乗るとこういうのは初めてなのでドキドキしているようです。 しかし、白銀も教習所以外での運転は初めてと言ったので早坂は自分が運転すると言いました。 その頃、かぐやは何かを思い出したようでした。 一度早坂が奈央と言い合いで家出をした際、彼女が避難していた場所が思い出の場所だと思い出しました。 その場所に行くもそこは売地になっていて、早坂の姿は当然ありませんでした。 もう心当たりがないと言い放つかぐやに、奈央は娘の事をもう少し理解していると思っていたと非難の言葉を言います。 かぐやは早坂は内側を見せてくれないと、一緒にいる時間が長い分お互いを理解できるのが事実なら全ての親族も理解していると、所詮自分と早坂の関係は他人同士だと弱音を吐いたようです。 その頃、早坂と白銀は四宮家が所有している山へとやって来て、ここに来た理由を早坂が述べようとするも早坂のリュックにはGPSが取り付けられていました。 それを使って追ってきた雲鷹が八雲を始めとした配下を使って2人を取り押さえたようです。 心の中で自分の人生は思い通りに行かないと呟く早坂。 早坂は長らくかぐやに仕えており、早坂から見たかぐやは色々問題があるも守ってあげたいと思える人物でした。 しかし、現実は厳しく、早坂は幼少期からかぐやの兄からかぐやの行動を把握しろと命じられていました。 それ故に早坂から見て、かぐやとの関係には罪悪感が付いて回っているようです。 かぐや様は告らせたい174話の感想と考察 最初は分からないと言っていたかぐやは思い出しながら探していますが、中々思い出せないようですね。 かぐやなりに真剣だとは思いますが、こうまでしても見つけられないとなるとかぐやと早坂が幼稚園の頃になるのではないでしょうか。 早坂が白銀と共に山へと来ていましたので、きっと幼稚園に通うくらいの年齢の時に思いっきり遊んだのではないかと思います。 四宮家とかメイドとかの立場を忘れて思いっきり遊んだがゆえに、早坂からしたらかぐやとの信頼を強くし、深い関係になったのだと思ってこの場所に来たのでしょう。 次回175話は早坂が自らを犠牲に白銀を見逃すように頼むのではないでしょうか。 早坂は雲鷹達の目的は自分であって、白銀ではないので自分は何でも言う事聞くから見逃すように頼むと思います。 このままでは白銀は早坂に協力したとして始末される可能性があり、彼が命を落としてしまえばかぐやも悲しむはずであり、その姿を早坂は見たくないのだと思います。 曲がりなりにも白銀は生徒会長であるので、もし始末すれば色々面倒な事になると思いますし、雲鷹達も秘密裏に動いているので下手に騒がすのは得策ではないと考えていると思いますので早坂の提案を飲むでしょう。

次の