インター エデュ 日能研。 関西版(大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、和歌山)|受験情報サイト インターエデュ・ドットコム

インターエデュ:日能研の評判

インター エデュ 日能研

インターエデュの情報によると、中学受験の世界において三大模試といわれるものがあります。 日能研公開模擬試験(日能研) 受験者数15,000人前後 首都圏模試(首都圏模試センター) 受験者数10,000人前後 合不合判定テスト(四谷大塚) 受験者数15,000人前後 首都圏の中学受験者がこぞって受験するといわれる三大模試。 この三大模試と言われるなかに サピックスの模試は入っていないのですよね。 難関中学への圧倒的な合格者数を誇るサピックスの模試はどうなのか? 歴史が浅いせいかもしれないけれど、これは意外と大きなポイントであると思われるのですが・・・。 サピックスのライバルは、日能研と四谷大塚なんだそうです。 同じ受験の合格を目指す塾同志、ライバルだ!と 火花を散らすのもどうかと思いますが、所詮生徒さんあっての塾経営。 これは、商売的には仕方のないことなのでしょうね。 日能研は、カリキュラムやテキストがしっかりしていると言われるのに対して、 サピックスは、毎回の授業でテキストが配られる。 プリントも大量に配られ、整理するだけでも相当な負担になるといわれています。 「システムの日能研」に対しては、「講師のカリスマ性が売りのサピックス」といわれ、 「予習の四谷大塚」に対しては「復習のSAPIX」 比較してみるとなかなか面白いですね。 何を基準に塾を選ぶのか、親御さんとしては迷うところでしょう。

次の

インターエデュ:日能研の評判

インター エデュ 日能研

現6年です。 新4年からではありますが、ご参考になればと思い書き込みします。 お友達が11月に一緒に入室テストを受けて「準合格」でしたが、 冬期講習を受けて、最後の講習テストの結果がよく、2月は真ん中のクラスからのスタートになりました。 うちもM基準に達してはいませんでしたが、1年後にMクラスにアップしました。 (その後アップダウンもありますが) このように、入室テストの結果は単に「テスト慣れ」などの問題もあるので、あまり気になさらず・・・ ただ新5年からいきなりスタートは、地頭の良い子ならなんの問題もないのですが 凡児の我が子を思いだすと、こつこつ復習を重ねないと5年の履修内容はきついかもしれません。 どんなタイプなのかによると思います。 授業の様子をみてくださる先生との面談がとても参考になるかと思います。 がんばってくださいね。 中学受験で目を見張るような成績を上げ、中学に行ってからも常に上位を楽にキープできる生徒は、入塾テストでも驚くような点をたたき出す子が多いですね。 正規合格でも、そういうタイプでなければ、受験が楽勝という状況にはまずなりません。 努力、努力、の繰り返しです。 それも意味があると思いますし、努力できることも一つの才能なので、決して卑下する訳ではありません。 ただし、努力、努力で中学受験を目指すことになる子の場合、着地点(進学校)の選定には親がかなり気を使わなければならないと思います。 チャレンジで成功して喜びもつかの間、3か月後にはもうどんよりとした家庭の雰囲気になってしまうケースがたくさんあります。 喜びが大きかっただけに、その落差も大きいのです。 ここで聞くより 塾に問い合わせるのが良いのではないかと思います 合格とはどう違うのか? 仮に入塾した場合、ついていけるのか不安なのですが・・・などと 聞いた方が良いと思います。 もちろん、入ってから転塾も出来ますが それにはマイナス面もありますし、同じ塾で受験まで過ごすのがベストなのは明白です。 ですから 疑問なこと、不安なことはきちんと質問し 納得された方が良いと思うのですが。 (正確な情報は塾しかわかりません。 今までのケースや一般論とは違うかもしれませんし) 仮に、その質問に真摯に答えていただけないようであれば 入塾してからも、こちらの不安・質問に答えていただけない可能性も大だと思います。 ですので、納得できるように答えていただけない場合 そんな程度の塾ということで 他塾、もしくは、日能研の他校舎を検討なされば良いと思います。

次の

インターエデュ 掲示板

インター エデュ 日能研

インターエデュと日能研の関係について取り上げたいと思います。 日能研自体は、主に小学生対象の中学受験のオーソリティー的な進学教室であり、 インターエデュ・ドットコム(inter-edu. )というのは、主に有名校受験を控える子を持つ父兄のための受験情報総合サイトであり、日本最大の受験総合掲示板です。 つまり、最大の情報交換の場でもある訳ですね。 実は、日能研にも掲示板があります。 では、何故日能研を現在利用している父兄が、日本最大の受験総合掲示板であるインターエデュの掲示板を利用するのか。 それは、直接日能研サイドの掲示板では聞けないことや、他の進学塾との比較情報などを得るためのようです。 近隣の教室同士の比較や評判、月謝の比較情報や、教材の内容、カリキュラムの比較、子供さんに合っているのかどうか、退会の仕方など、かなり深い内容の質問や情報がやり取りされています。 仮に、現状上手く行っていても、たまには「インターエデュの掲示板」であらゆる受験情報をチェックしておくのは、父兄の皆さんのモチベーションを維持する上でも有意義で効果的なのではないでしょうか。 以下参考サイトです。 inter-edu. php? inter-edu. php? inter-edu. php? 143,1157574 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。 日能研の偏差値アップカリキュラムの評判について取り上げたいと思います。 流石進学塾の日能研には偏差値や学力をどんどんアップさせる自慢のカリキュラムやプログラムが充実しています。 各カリキュラムは、日能研独自の表現で、「ステージ制」になっています。 以下、各ステージの内容を紹介します。 学習に親しむといったところから、学習の仕方を学ぶというワンランク上の技術を身につけます。 偏差値などが大きく変わるのもここからなのです。 ここで志望校に向けた学力や偏差値を養っていくのですが、なかなか評判は良いようです。 頑張りましょう。 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。 日能研の中学受験対策と偏差値重視のシステムについて取り上げたいと思います。 トップ進学塾として、当然日能研では、中学受験のための偏差値・学力向上を目指したプログラムが行われています。 過度な受験対策に批判的な教育評論家や、中学受験というと小学校の高学年から対策を練ればいいという方もいらっしゃいますが、少子化といっても有名校・人気校の倍率は下がらず、むしろより高倍率となる傾向です。 以前にも増して低学年からの早い中学受験対策を練らなければいけない時代になっています。 何か偏差値を上げるというのは何か冷たく機械的な感じがしますが、基本的にスタートとして、日能研ではまず勉強に興味を持たせるところから始まります。 単なる押し付けではなく、勉強に対して好奇心を持たせ、学ぶことが楽しいと感じさせるための低学年カリキュラムがあります。 低学年のうちは、単に机上で学ぶだけでなく、手足を使ったりして五感をたっぷりと使って勉強を楽しみます。 偏差値を上げ、中学受験へと準備に入るのは小学校4年生からになります。 このようにステップを確実に踏んでいきながら、中学受験のための偏差値アップ、つまり学力アップを目指して行くのが日能研なんです。 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。 日能研の中学受験対策プログラムの内容について紹介しましょう。 日能研は首都圏から東海エリア、関西エリアを中心に、全国各地のそれぞれ私立や国立大学の付属中学、並びに有名私立中学の受験対策を行っている進学教室です。 日能研の中学受験プログラムの基本は、毎月のように実施される各種センター模擬試験での最新データ分析とフィードバックが良いですね。 そして習熟度に合わせた徹底したクラス編成と、学年や時期による段階的な教育カリキュラムが生徒一人々に合っている点です。 中学受験はある意味テクニックでもありますが、小学校低学年から中学年においては、知的好奇心を刺激することで机に向かうということを日常化させることに力を入れています。 つまり、中学受験を目指す小学生に対し、日能研はまず勉強に興味を持たせることから始めます。 5年生後半から6年生前半にかけては、中学受験という目標を明確にさせ、目標達成のために何をするべきかを個人個人へとフィードバックしていきます。 又、日能研の入塾については、実際6年生のはじめまで可能になっていますが、それでは遅いでしょう。 親子揃って、できる限り早い段階で中学受験対策をしなければ、実際には間に合わないのが現状です。 現実は厳しいですね。 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。 日能研の志望校選定テストが重要視されています。 日能研が行うセンター模試の中に志望校選定テストというものがあります。 これは、現役6年生の私立と国立の中学受験生を対象とした模試です。 流れとしては、実力判定テストで現在の自分の学力を知り、その後に実施されるセンター模試の志望校選定テストの結果から、具体的に志望校を選んでいきます。 日能研の志望校選定テストは、センター模試の結果が一覧表でわかりやすく表示されます。 成績表には菱形のボックスが表示され、合格率を教えてくれます。 菱形の上部がR4と言われる合格率80%、菱形の下部がR2と言われる合格率20%のポイントになっています。 自分自身の成績結果はラインで表示され、そのライン上にある中学は合格の可能性があるという見方ができます。 この志望校選定テストは、6年生前期の5月と6月に実施されるため、その後の学習努力によってもっと上のラインを狙うことは十分に可能です。 日能研のセンター模試では、志望校選定テストの結果をもとに、成績を表すラインの上下にシャドーラインというものを設けています。 このシャドーラインは、今後の学習によってどの程度の可能性があるかを示したもので、努力次第で学力向上もできるという反面、気を抜くとここまで落ちるかもしれないというラインでもあります。 読者の皆さんにこの記事は参考になりましたでしょうか。 多くの秀逸な進学塾がある中で自身にあった自己の能力を最大限に引き出せる塾に出会う事を願ってやみません。 当サイトは微力ながら応援します。 又お会いしましょう。

次の