きみが心に棲みついたネタバレ。 【きみが心に棲みついた】結末は?漫画のネタバレで最終回は…「キョドコと星名の闇が怖い・・・」

【きみが心に棲みついた】結末は?漫画のネタバレで最終回は…「キョドコと星名の闇が怖い・・・」

きみが心に棲みついたネタバレ

天堂きりん先生が描くラブストーリー漫画『きみが心に棲みついた』のあらすじ 挙動不審でネガティブな主人公が繰り広げる人間模様が面白い『きみが心に棲みついた』の設定やあらすじをご紹介していきます。 一度でも恋愛において相手に依存してしまったことがある人は、胸に響くものがあるかもしれません。 作品の設定や概要• 著者:天堂きりん• 出版社:祥伝社(フィールコミックス)• ジャンル:ラブストーリー• 巻数:新装版は上下2巻(完結:2020年3月12日現在) 設定として、大学時代の元カレから精神的なダメージを受け、恋愛自体にトラウマを持ったまま社会人になった今日子。 幼少期から自分に自信がなく、唯一そんな自分を受け入れてくれた存在だった彼からの突然の裏切りを受け、恋愛に対して消極的になっていたところ、合コン先で1人の男性と出会います。 やけくそになった今日子は、事もあろうに初対面のその男性に大胆告白…もちろん撃沈。 それでも自分を変えるべく、その人に心惹かれ頑張って歩み寄ろうとしていた矢先、今日子の会社に例のトラウマ元カレが入社!?その元カレから昔の話を持ち出され困惑する今日子。 そんな彼女の周りで様々な人間関係の波乱が巻き起こるスリリングな展開を、是非あなたも味わってみてください。 あらすじ 実写ドラマ化!人気シリーズ新装版上下巻同時配信!下着メーカーに勤める小川今日子(おがわきょうこ)は自己評価の低いネガティブ女子。 すぐにテンパり挙動不審なため、ついたあだ名は「キョドコ」…。 合コンでも暴走して皆をドン引きさせた上、初対面の漫画編集者・吉崎(よしざき)に「つき合ってください! 」とすがりつき、突き飛ばされてしまう。 そんなキョドコの心を未だ囚えて放さないのは、大学時代の先輩・星名(ほしな)。 彼はキョドコが初めて心を許した男であると同時に、キョドコの心を酷く傷つけた男だった。 引用) 豪華キャストが勢揃い『きみが心に棲みついた』のドラマ化情報 『きみが心に棲みついた』は2018年1月16日から2018年3月20日にTBS系列でテレビドラマ化されました。 2018年3月20日のはブルーレイボックスも発売されています。 とにかくキャストが豪華すぎて、より作品の魅力を引き出してくれています。 『きみ棲み』の世界観にどっぷり浸れること間違いなしですね。 そんな作品の監督や主演キャストは以下の通りとなっています。 原作:天堂きりん• 脚本:吉崎智子、徳尾浩司• 小川今日子役:吉岡里帆• 吉崎幸次郎役:桐谷健太• 星名漣役:向井理• 飯田彩香:石橋杏奈• 成川映美:中村アン• スズキ次郎:ムロツヨシ• 八木泉:鈴木紗理奈• 堀田麻衣子:瀬戸朝香• 主題歌:「Pain,pain」E-girls rhythm zone• 挿入歌:「偽りのシンパシー」MONDO GROSSO cutting edge さらに詳しい関係者のコメントなどを知りたい方はをご覧ください。 公式ホームページには主演キャストのみなさんがツイッターで撮影風景を投稿していたり、オフィシャルグッズやLINEスタンプなどもお知らせされていて、『きみが心に棲みついた』ファンには嬉しい情報満載です。 ぜひ原作と一緒に、実写ドラマ化ならではの面白さも味わってみてください。 コミックだからこそ面白い『きみが心に棲みついた』の主な登場人物 ストーリーが進む中で登場人物一人一人がいい味を出してくる『きみが心に棲みついた』。 今日子を取り巻く人間関係がストーリーを読み進めていくうちにどんどん濃く、複雑になっていく様子にハラハラドキドキしてしまう『きみが心に棲みついた』の主な登場人物をご紹介していきます 小川 今日子 おがわ きょうこ 下着メーカーで材料課に所属している主人公の女性。 幼い頃から自分に自信がなく、人前に立つと挙動不審になってしまい友達や家族から煙たがられていた。 そんな自分の悩みを唯一聞いてくれていた大学時代の先輩である星名にいつの間にか恋をするようになる。 しかし、星名から受けた精神的なトラウマが原因で、普通の恋愛が出来なくなってしまったことに悩んでいる。 不安なことがあると私服で首に巻いているストールをネジネジして中尾巻きにする癖がある。 吉崎 幸次郎 よしざき こうじろう 出版社に勤めている男性。 仕事熱心で頼り甲斐があるが、プライベートはツンケンした性格。 堀田が主催の合コンで今日子と出会ったが、出会った当初から今日子に対して冷たい態度で接してくる。 しかし、今日子が元彼に対して思いを断ち切りたいという悩みを聞いてから、ことあるごとに世話を焼いてくれる優しい一面もある。 星名 漣 ほしな れん 今日子の大学時代の先輩であり元彼でもあり、今日子に恋愛のトラウマを植え付けた張本人。 大学を卒業して今日子が連絡を絶った後も、執拗に連絡を取ろうとしてくる。 一見爽やかで人当たりのいい好青年に見えるが、今日子がトラウマを抱えるほどの裏の顔が存在していて…? 飯田 彩香 いいだ あやか 今日子と同じ会社に勤める2個下の後輩。 星名に気があるようだが、社内で元彼にしつこく復縁を持ちかけられて悩んでいる。 堀田 麻衣子 ほった まいこ 今日子と同じ会社でデザイン課に勤める先輩。 挙動不審だけど仕事に関して一生懸命で努力家なところを誰よりも理解していて、今日子としても唯一仕事の相談ができる頼れる存在。 今日子のことをオガちゃんと呼んでいる。 稲垣 いながき 今日子と同じ材料課に勤める女性。 八木 泉 やぎ いずみ 社内コンペで何度も選ばれるセンスの持ち主。 今日子と同じプロジェクトチームのメンバーに選出されたが、仕事に対してのプライドが高く、今日子のことを毛嫌いしている。 為末 れいか ためすえ れいか 吉崎の後輩。 吉崎のことを尊敬しており、慕っている。 スズキ 次郎 すずき じろう 吉崎が担当する漫画家。 成川 映美 なるかわ えみ 吉崎の元恋人で作家。 読めば読むほど闇が深くなる『きみが心に棲みついた』の3つの見どころ(ネタバレあり) とにかく考えさせられることが多い『きみが心に棲みついた』にはたくさんの見どころが存在します。 そんな数ある見どころの中でも、特に注目してほしいポイントを3つご紹介していきます。 OLとして、女性としての今日子 『きみが心に棲みついた』では今日子がOLとして、また一人の女性として奮闘する姿が見どころとなっています。 今、女性が仕事をバリバリこなしていく社会になってきている中で、今日子も日々仕事に真摯に打ち込む姿が漫画の中に随所に描かれています。 そんな中で、やはり女性として仕事だけ打ち込むだけでなく、恋愛に対しても自分を変えたいと一生懸命になっている姿を見ると、つい同情したくなる自分がいます。 一生懸命すぎて、何が正解なのか分からない中で、自分なりに努力して変わろうとする姿勢は、世のどんな女性にも響くものがあるのではないかと思います。 漫画の世界だから…と一線置くのではなく、自分のことのような目線で読み進めらるのがこの作品の魅力なので、是非その部分も考えながら読んでみると新たな価値観に巡り会えるかもしれません。 星名の思惑 また『きみが心に棲みついた』では、星名が今日子に何をしたのか、何を企んでいるのかが明るみになっていくところも見どころの一つになっています。 今日子にトラウマを植え付けた張本人である彼ですが、彼自身の幼少期にどうやら秘密があるようです。 それが原因で、今日子に対して酷いことをしてしまったというのは分かるのですが…。 ただ物語の中での現在進行形でいうと、今日子から一度縁を切られたにも関わらずしつこく非通知表示で今日子に電話をかけ続けたり、職場での偶然の再会の時ですら、今日子を脅迫するようなことを言ったりと、彼の言動の意図が全く見えないのが怖いところだなというのが直感的に感じました。 今後彼の言動の真意や、過去が明るみになるのか気になるところではありますが、悲惨な最終回だけ迎えないでほしいと切に願います。 今日子と吉崎の関係性 そして『きみが心に棲みついた』では、今日子と吉崎の関係がどうなっていくのかも見どころの一つになっています。 初めて会った合コンで初対面にも関わらず好きだ!と謎の告白をした今日子とそれを無下にした と言ったら語弊がありますが 吉崎。 ファーストコンタクト最悪の二人ですが、今日子の一生懸命さとなんやかんや世話好きな吉崎は、お互いの仕事を見ていくうちに少しずつわだかまりが取れて、距離が近づいている感じが見て取れます。 正直この二人がちゃんとした恋愛に発展するかは予測がつかないですが、今後の発展が非常に気になる二人であることは間違いないです。 読み進めていくとこの二人の恋愛模様ではない大きな闇の存在に注目が集まりがち、と言いますかもはや大きすぎる障害になってくるのですが、そんな障害重はねのけてみんなが幸せな結末になるといいなと思っています。 読めば読むほど深みにはまる『きみが心に棲みついた』はこんな人におすすめ 『きみが心に棲みついた』は、恋愛に対して依存的になってしまう人には特におすすめの作品になっています。 主人公の今日子は、過去に星名から受けた精神的なトラウマが原因で恋愛ができなくなってしまいます。 社会人になって、普通の恋愛がしたいという思いが強くなり、自分を変えたくて合コンに出席するようになります。 そこで出会った吉崎のことを無理やり好きになろうとして空回ったり、過去のトラウマのせいで忘れたくても忘れられない元彼のことを思い出して困惑する今日子。 そんな彼女を見ていると、思わず自分もそんな時期があったな…と共感したくなる人もいるのではないでしょうか。 忘れられないことで、相手に対して変な意識を持ったまま感情が歪んで、自分でもなんなのか分からなくなることってあると思います。 その結果脳が勝手に好きだと思い込んでしまって泥沼にハマるなんてことも、あり得ますよね。 個人的にはそこまで相手に憔悴したり、恋愛に対して依存的ではないので今日子の言動に共感できない部分も実はあったのですが…。 それを知人に話してみたところ「今日子のつらい過去や自信のなさを唯一受け止めてくれた星名さんが、良くも悪くも今の今日子にとっての数少ない心の拠り所になってるんだよ、だから忘れたくても忘れられないんじゃないかな。 」と話してくれました。 この言葉で、私の中の価値観がまた一つ変わった瞬間でもありました。 他人の価値観を受け入れて、理解してあげることをこの作品で学ぶことができました。 今日子の言動に共感できる人もできない人も、いろんなことを考えながら読み進めていける作品になっているので、是非ご覧になってみてください。 管理人の思う『きみが心に棲みついた』が伝えたいこと(考察) 『きみが心に棲みついた』は、現代社会の荒波に揉まれながら、仕事も恋愛も両立させて自分を変えていきたいと思う女性の葛藤を伝えたいように感じます。 下着メーカーに勤務する今日子は、勤務態度も良く、材料課に所属する先輩からも材料を見る目が誰よりもあるなど一目置かれる存在になっていました。 社内での新たなプロジェクトの一員に抜擢されるほどの仕事に対する実力と真面目さも買われるほどです。 自分に自信がなくて消極的なのを差し引いたらすごく素敵な女性だなと個人的には思います。 ただ、そんな素敵な女性に甘い言葉で近寄って利用しようとする輩がいるのも事実で、今日子はそんな男性である星名に心を持って行かれてしまうのです。 それは洗脳に近い何かをストーリーを読み進めて行くと感じ取れると思います。 ダメだと分かっていながらそんな星名にすがってしまう今日子の気持ちに、もしかしたら共感の嵐が巻き起こる人も中にいるかもしれません。 仕事に恋愛に葛藤しながら今日子がどんな人生を歩んでいくのか、物語の結末をどう迎えるのか見届けないと落ち着かないくらいに読者を引き込むストーリー展開になっているので、是非皆さんも今日子を応援する気持ちで単行本を手にとって読んでみてください。 『きみが心に棲みついた』の評価まとめと感想 最後に記事執筆者の評価と他の漫画サイトからの評価をまとめてみました。 漫画を購入するときのひとつの指標として、よかったら周りの評価も参考にしてみてください。 当サイトの評価 3. 0(記事作成者の評価) コミックシーモア 3. 4(152件の評価) まんが王国 3. 7(12件の評価) Renta! 3(82件の評価) BookLive 3. 3(8件の評価) めちゃコミック 3.

次の

きみが心に棲みついたS(きみ棲み)ネタバレ最新話第51話

きみが心に棲みついたネタバレ

吉岡里帆さん主演、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。 星名(向井理)に認められたいという動機は不純なものの、仕事に全力投球する今日子(吉岡里帆)のことが徐々に気になる存在となってきた吉崎(桐谷健太)。 仕事の話があると言って、今日子との時間を邪魔しようとした星名に、吉崎は『仕事の話は会社でしてもらっていいですか?』というクリティカルヒットを炸裂させ、思わぬ一撃を喰らった星名の恐ろしい反撃が始まります。 以下、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。 ネタバレしますので、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。 ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話までの簡単なあらすじ( ネタバレ) 今日子(吉岡里帆)への新たな攻撃として、 職権乱用し仕事をも奪おうとする 星名(向井理)。 星名は今日子と 飯田彩香(石橋杏奈)を競合させ、 デザイナー・八木泉(鈴木紗理奈)の満足できる生地を用意できなければ、今日子をプロジェクトから外し、代わりに飯田に2つのプロジェクトを兼任させると通告。 今日子は生地探しに奔走することになります。 飯田が縫製工場の社長である 叔父のコネを使った一方、今日子は 地道な努力で生地を用意。 クオリティに関しては飯田に軍配があがるものの、飯田が量産を視野に入れていなかったことから、八木は『小川が見つけてくれた生地の方が何倍も価値あると思うな!』と 今日子の生地を選択。 今日子は見事プロジェクトメンバーからの脱落の危機を回避します。 仕事に全力投球する今日子の姿を目の当たりにした 編集者・吉崎幸次郎(桐谷健太)は徐々に今日子のことが気になる存在に・・・。 他メーカーランジェリーの撮影会に今日子を誘うのでした。 2人の仲を邪魔しようと企む星名は撮影会に現れ、仕事の話がしたいと今日子に切り出します。 『仕事の話は会社でしてもらっていいですか?』と吉崎は星名に言い、今日子を連れ、去って行きました。 してやられた星名は、吉崎への 対抗心をむき出しにするのでした。 さらに詳しいドラマ『きみが心に棲みついた』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方は スポンサーリンク ドラマ『きみが心に棲みついた』第4話の視聴率は7. 0%という結果になりました。 5〜6%代で低迷しているいくつかのドラマから頭一つ抜きに出ていたドラマ『きみが心に棲みついた』ですが、第4話で視聴率を落としたことにより、その差がほぼなくなる状態となりました。 本格的に三角関係が始動することから、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話の視聴率はわずかに上昇し8%前後と予想します。 実際のドラマ『きみが心に棲みついた』第5話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。 0%でした 第1話 第2話 第3話 第4話 9. 4% 8. 5% 8. 4% 7. 0% 第5話 第6話 第7話 第8話 7. 0% ー ー ー 第9話 ー それでは、ドラマ『きみが心に棲みついた』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです! スポンサーリンク 火がついた星名 1週間後。 今日子(吉岡里帆)とデザイナー・八木泉(鈴木紗理奈)が作った試作品が完成した。 八木に命じられ、試着を終えた今日子が試着室の外に出ると、そこには星名漣(向井理)の姿があった。 八木に電話がかかってきて、八木が出て行き、2人きりとなる。 『うまくいってるみたいだね?この間は恥かかせてくれてありがとうな?』という星名。 『違うんです・・・』言葉に詰まる今日子に、星名はもう身体の関係は持ったのか?と尋ね、意地悪い笑顔を浮かべる。 吉崎幸次郎(桐谷健太)から相手にされるわけないと笑う星名に、今日子はそれがわかっているからこそ、吉崎のことを本当に好きになり、迷惑をかけたくないと言う。 『吉崎さん、本当にいい人だから・・・』今日子の言葉を聞いた瞬間、星名が表情を変え、今日子は星名に首を締め上げられた。 吉崎が今日子の言うように、本当にいい人なのかを確かめてやるという星名は、『あいつの化けの皮、剥がしてやるよ・・・』と言い、去っていく。 戻ってきた八木は、今日子の首が赤くなっていることに気づく。 『どないしたん?首、めっちゃ赤なってるやん?』乾燥で荒れているだけだと答える今日子を、八木は訝しげに見つめた。 漫画家・スズキ次郎(ムロツヨシ)の自宅。 スズキは作品のために、今日子と星名に会いたいと吉崎に漏らす。 星名に冷たくされたことから元気がない飯田彩香(石橋杏奈)。 『喧嘩したんじゃないですか?』2人が付き合っていることを知っている稲垣栞里(岡本絵梨香)が明かすと、復帰してきたMD・市ノ瀬高文(西村元貴)は表情を変える。 動き始めた星名 『首になんか締められた痕があってん・・・』八木がデザイナー・堀田麻衣子(瀬戸朝香)に明かした。 堀田が、今日子が大学時代の先輩に傷つけられたことがあったという話を聞いたことがあると言う。 『その先輩が星名さんてことはないん?』という八木。 2人が調べた結果、星名と今日子が同じ大学を卒業していることがわかる。 星名が姉・谷山祥子(星野園美)との待ち合わせ場所に現れた。 祥子は星名に顔も体型も、似ても似つかない外見をしていた。 『顔も悪い、頭も悪い、誰に似たんだろうな?!』星名に父に罵られた記憶が蘇る。 『こっちの要望をまとめてきたわ』祥子は出所した母の生活費にかかる諸費用として、300万円を要求した。 『私も綺麗になりたかったわよ、あんたみたいに整形してさ』という祥子に、星名は母に自分の居場所を教えない代わりに金を渡すことに応じた。 『お母さんに俺の居場所を教えたら、ぶっ殺すよ?』と星名はつぶやく。 スポンサーリンク お土産を貰った後、映画を観に行った今日子と吉崎。 偶然会った吉崎の元恋人・成川映美(中村アン)が声をかけてきた。 『今度、私の本が映画になるの』という映美。 『ごめんね、デートの邪魔して』今日子は吉崎とは友達だと説明した。 吉崎と別れた今日子は堀田に飲みに誘われる。 『オガちゃんが恋愛に踏み込めないのは、前に言ってた大学時代の先輩が関係してるのかなって・・・今でも連絡取ってるの?』と尋ねる堀田。 今日子は大学時代の先輩は関係ないと慌て、心の中で星名から離れたいと願っていた。 『星名さんが入ってきて、オガちゃんも飯田も変わったと思うんだよね。 オガちゃんの大学時代の先輩ってさ・・・』と堀田が切り出した時、吉崎から今日子にメールが来た。 (小川さんが苦手な人と飲んでます笑)メールには、バーテンダー・牧村英二(山岸門人)の店で、星名と一緒に写る吉崎とスズキの写真が添付されていた。 『え!?』驚きから思わず声を上げる今日子。 吉崎は、週末に星名と一緒にBBQに行く約束をしたとのこと。 翌日、今日子は星名を資料室に呼び出した。 『吉崎さんには近づかないでください!』誰と会おうが自分の勝手だという星名。 『吉崎さんには変な真似をしないでください。 吉崎さんは私の大切な友達なんです・・・だから・・・』ネジネジを弄びながら、今日子は言葉に詰まる。 『わかった、何もしないよ』星名は心配ならば、堀田や八木を誘ってBBQに来ればいいと笑った。 スポンサーリンク BBQ当日。 堀田と稲垣を誘い、BBQに参加することになった今日子。 吉崎や為末れいか(田中真琴)と合流し、現地へ向かう。 八木からは『行くか、ボケ!!』と断られた・・・ いち早く現地に到着した今日子と吉崎は、BBQの準備を進める。 吉崎といちゃつく (ように見える)今日子に、為末の鋭い視線が飛ぶ。 すると、星名がやってきた。 『あれ?キョドコちゃん』大学時代の先輩・小野寺レイコ(小林恵美)が現れ、今日子は動揺を隠せない。 続けて、牧村も現れる。 『久しぶりだな・・・キョドコちゃん』イヤらしい笑みを浮かべる牧村。 やがてBBQが始まる。 『まだあのストール巻いてたんだ?!ウケる〜〜!』終始感じの悪いレイコ。 『相変わらず暗いね?あんたそんなんで仕事できるの?』できるという堀田。 『え〜キョドコが?』今日子はいたたまれず席を立った。 1人でいる今日子に牧村が話しかけてきた。 『覚えてるよね?部室でやってくれたじゃん?ストリップショー?』牧村はビデオを見せてきた。 『どうするつもりですか?!』と今日子が声を荒げると、牧村はまた脱いで欲しいと言い、冗談だと笑った。 『これは俺と星名の秘密だから』牧村は去っていく。 帰ってこない今日子を探しに、吉崎が席を立った。 (いくら吉崎さんでもあんなの見たら、嫌われる・・・今度こそ絶対嫌われる・・・)今日子は思いつめ、倒れてしまう。 そこに吉崎が駆けつけた。 車にて目を覚ました今日子は、『どうしよう!?なんであんなバカなことしちゃたんだろう?何したって過去の自分は消せないから・・・』と息を荒くする。 吉崎はそんな今日子をなだめた。 『しょうがないじゃん、終わったことは。 変わったと思うよ。 初めて会った時は正直引いたけど・・・でも今はなんていうか、友達として困った時は味方になれたらいいなって思ってる』片付けてくると、吉崎は車から出て行った。 今日子は吉崎に過去を知られる覚悟を決める必要があると自分に言い聞かせた。 吉崎の告白 BBQをしながら、今日子の話題となる。 『見てるとイライラするし、計算に見えるし、あざといです!』という為末。 レイコがそれに乗っかるように『大学の時、星名君と付き合ってたんだけど、私、超邪魔されたからね?キョドコは星名くんのストーカーよ』と言う。 そんな会話を打ち消すかのように、現れた吉崎が、帰りが混みそうなのでおひらきにしたいと早々に片付け始めた。 そんな吉崎のことを見つめながら、牧村は星名に『本当絵に描いたようないい奴だな・・・』と漏らす。 片付けを終えた吉崎とスズキが車に戻ると、今日子の姿がない。 『オガちゃん、先に帰るってメールが・・・』堀田が駆けつけてきた。 吉崎は運転をスズキに任せ、走り始めた。 『追いかけないほうが身のためですよ?小川今日子はあなたの手に負えるような女じゃない。 少しでも優しくすると、全身全霊でよりかかってくる』星名が吉崎に声をかける。 吉崎は急いでいると、走り去って行った。 『星名さんのおもちゃが横取りされちゃうってか?』という牧村。 星名は牧村に蹴りを入れた。 『俺を見下すような口きくんじゃねえよ!』 バス停で1人待つ今日子の前に、吉崎が現れた。 『ごめんね、今日ずっとしんどかったでしょ?星名さんと何があったか知らないけど、無神経にBBQなんか誘ってごめんね?』という吉崎の言葉を聞いた瞬間、今日子が1人で帰ると歩き出す。 『1人で帰らせてください!じゃないと、諦められなくなる・・・・』振り返った今日子は吉崎に『好きです』と告白した。 『もうとっくに振られてるのに、ごめんなさい。 このまま嫌われる前にさよならしちゃダメですか?』泣き出した今日子のことを、吉崎が抱きしめた。 『正直、どう扱っていいのか、わかんねえんだよ・・・笑ってたと思ってたら泣いてるし、落ち込んでたと思ってたら立ち直って走ってるし、振れ幅が大きくていつも戸惑ってる。 けど・・・ほっとけないんだ。 自分でも抑えがきかないくらい』と吉崎は明かすと、今日子にキスをした。 (私はその日、生まれて初めて、好きな人とキスをしました) スポンサーリンク おそらく星名自身も自分が心の均衡を図るために今日子を必要としているということに気づいていないと思われますが、実際にはそうですよね・・・星名にとっては、そのことを認めることはかなりの屈辱感を伴うことが推測されますが、まずはその事実を受け入れて、過去も受け入れて、満たされなかった想いを癒してあげなければ、星名は一生このままでしょう。 星名からの暴力を受ける今日子も可哀想ですが、実はもっと可哀想なのが星名なのかもしれません。 第5話では、吉崎が相変わらずのいい人ぶりを発揮し、次々に明かされる今日子の過去の噂に不安そうな顔をするどころか、今日子に嫌な想いをさせたことを謝罪する気の回しよう、本当に素晴らしいです。 吉崎みたいな人と付き合えば、今日子も徐々に自信がつき、星名から卒業できることは確実ですね。 第6話以降、今日子を失いたくない星名が暴走することが予想されますが、星名には負けず、2人の愛を貫いて欲しいです!そして、星名もそろそろそんな2人から何かを気づければいいなと思います。 スポンサーリンク ついに恋人通しとなった今日子と吉崎。 ついつい浮かれてしまいそうになる今日子ですが、吉崎を星名から守るため、付き合うことになったことは絶対に星名に知られてはいけないと気を引き締めます。 そんなか、何やら星名と通じているらしい池脇部長(杉本彩)が、最終プレゼン前にもかかわらず、新ブランドのデザイナーに堀田を指名。 池脇は八木と男絡みの因縁があり、八木を恨んでいるのでした。 予定通り、最終プレゼンを行ってほしいと星名に依頼する今日子でしたが、星名は衝撃の交換条件を提示してきます。 そして、第6話では飯田に星名からの辛い仕打ちが待っていそうです。 思えば、今日子にダメージを与えるために利用されただけの飯田も可哀想ですね・・・飯田がかつての今日子のようになってしまいそうな気配がします・・・.

次の

【きみが心に棲みついた】結末は?漫画のネタバレで最終回は…「キョドコと星名の闇が怖い・・・」

きみが心に棲みついたネタバレ

Contents• 漫画『きみが心に棲みついた』あらすじ 下着メーカーに勤める 小川今日子は、子供の頃から人前に出ると緊張のあまりパニックになって吃(ども)ってしまったり、自分の意見を押し通せない弱気な性格だった。 今日子には大学時代から忘れることのできない男がいた。 結果的に彼のせいで今日子は傷付いたが、性格を悩む今日子に「そのままでいい」と言ってくれた言葉で救われた部分もあったのだ。 同僚に誘われた合コンで「ちゃんとした恋愛がしたい」と発言したところ、合コン相手の一人、 吉崎幸次郎から説教されてしまう。 吉崎のはっきりとした言葉に心を動かされた今日子は勢いで告白し振られる。 新しい恋を始められるかもしれないと心躍らせる今日子だったが、忘れられない男・ 星名漣が転勤によって同僚となる。 今日子の心に棲みつく悪魔のような星名は、大学時代と変わらず、今日子に悪夢のような再会をもたらすことになる。 毒親に育てられたせいで、人の目を気にしてばかりで自信が持てない、主人公の今日子。 いつもおどおどしているので、みんなからは「キョドコ」というあだ名で呼ばれていた。 そんな自信のなさから、 男性に依存して生きるという歪んだ恋愛観念を作り上げていました。 そんなキョドコの脳裏に浮かぶのは、大学時代の先輩、星名。 友達がいないキョドコの唯一の理解者でもあり、 そして心を深く傷つけた最低の男でもありました。 毎日かかってくる非通知電話(おそらく星名から)に怯えながら過ごしていたある日、キョドコが勤める会社に星名が入社してきてから、様々な問題に巻き込まれていくことに。 キョドコはなんとか、星名の呪縛から逃れようとするが…? 漫画『きみが心に棲みついた』感想・ネタバレ ツイッターで内容きついと書かれていたので、覚悟して読んだんですが…。 ほんまに内容キツかった!!! 星名さんサイコパスすぎる!!! そして、キョドコだめすぎ!笑 漫画『きみが心に棲みついた』をどんな内容か一行で説明すると、 恋愛依存のメンヘラ女子とサイコパス男子がお互いに共依存し合う話! 星名と吉崎の間で揺れる乙女心を描いた恋愛ストーリー…と見せかけて、 実はサイコパスがでてくるホラー物という。 とてもこわい。 出てくるキャラの片方が闇抱えてて、片方が救済…みたいなカレカノタイプのストーリー展開ならまだしも、 きみ棲みの場合は両方ともどす黒いでっかい闇抱えてるんですよ。 ちょちょ、ブラックホールでかすぎない…???闇…。 深い…なにこの救われない感じ。 読んでるだけでMPガリガリ削られていくんだけど。 誰か…誰か回復薬を…逃げ恥のあのキュンキュンを…我にください……!!!闇に飲まれてしんじゃうっ… 過去に男性からDVを受けたトラウマとか、親が毒親だった人にはかなりキツイ漫画かもしれませんね…。 暴力描写自体はあまりないけど、精神的にやられるやつだわ、これ。 多分、キョドコに感情移入する人と、イライラする人にわかれそうだなーって思いながら読んでました。 自己肯定感が低い人は、星名さんみたいな人に惹かれるのかなあ…。 (私は少しだけ共感、大半はイライラしたw) 学校を卒業して、星名から一旦は離れたキョドコ。 しかし、社会人になった今でも、星名からの非通知電話に悩まされる毎日。 ある日、偶然吉崎に出会うキョドコ。 非通知電話に悩まされるキョドコを見て、吉崎が一言。 吉崎「電話が嫌なら、電話番号変えればいいのに」 吉崎のその一言で即電話番法を変えに行くキョドコ。 なにこの漫画みたいな展開…!!!(漫画だった) ようやく星名からの呪縛から開放されたと思ったのに、星名が目の前に現れて、再び翻弄され始めてしまうキョドコ。 せっかく吉崎さんを好きになって、前向きに仕事も頑張れそうだったのに…。 キョドコの自信がない故の目の前の人に翻弄されてしまうブレブレっぷり、わかる…。 と、こんな感じで恋愛はとにかくダメダメなキョドコだけど、実は仕事熱心で頑張り屋さんなんですよね。 先輩の堀田から仕事ぶりを買われ、新しいプロジェクトのメンバーに選ばれて喜ぶキョドコですが、 これも星名の策略で潰されてしまいます。 星名が会社に来てからというもの、翻弄されまくりで精神不安定モードに入ってしまうキョドコでした。 ことごとくキョドコが不安になるように星名がしむけてくるので、見ているとイライラMAXでしかないです。 笑 あーーー!ムカつく!星名はキョドコのこと好きなのかよ! 好きな子いじめちゃうーって、中2男子かよ!笑 一方的に星名が支配しているように見えるけど、実際これは「共依存」なのかなー。 キョドコが星名に依存しているように、実は星名もキョドコに依存しているんですよね。 星名のことをドSって紹介してる人もいたけど、これはドSじゃなくてただのサイコパス野郎だわ! SってサービスのSだから!Mが喜ぶことじゃなきゃ意味ないから!(熱弁) 1巻で私が一番イラっとしたシーンは、キョドコが星名との学生時代の記憶を思い出すシーンですね。 ある日、星名はキョドコにこんな事を言います。 星名「こいつと寝たら、他の女全員切ってもいいよ」 そして、星名がいないと生きていけない!状態だったキョドコは、星名の言葉を信じ、 その知らない男子と体を交えてしまうんです。 なんだこいつ…人間じゃないやん…キョドコこんな男が好きなの…???なんで??? キョドコは星名からこんなひどい扱いを受けたにも関わらず、 友だちがいなかった時に優しく寄り添ってくれた星名を忘れることができず、今だに心を乱されているんですね。 ここまでくるともはや恋愛感情ではなく、ただの執着。 キョドコと星名の恋愛は、麻薬のような中毒性で成り立っていました。 一瞬は幸せを感じられるけど段々と禁断症状がでてきて、過剰摂取しないと平常でいられない状態。 ツライ。 寂しい。 でもやめられない。 そもそも恋愛って2種類あるんですよね。 それは、幸せになる恋と不幸になる恋。 キョドコの恋愛は完全に後者です。 星名に心乱されて、ぐちゃぐちゃに引っ掻き回されて。 星名から逃げたい。 離れたい。 でも、それは1人じゃやめることができない。 ひとりではもう、どうしようもない。 だから、吉崎さんだけがキョドコの希望だったんです。 キョドコが星名依存をやめることはできるのか。 がんばれキョドコーーー! まとめ きみ棲み読んだらメンタルやられかけた 以上、漫画『』の感想でした。 ドラマは吉岡里帆さん、向井理さん、桐谷健太さんが主演を務めます。 なので、これからきみ棲み読んでみようかなと思ってる人は.

次の