仮想 通貨 とは。 BAT(バット)とは?仮想通貨取引所での買い方と今後の将来性についても徹底解説。

仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説【漫画付き】

仮想 通貨 とは

仮想通貨と電子マネーは全然違いますよ! 電子マネーは主にカードにお金をチャージしたり、後払いをしたりといった「お金を便利に使える」という特徴があります。 「電子マネー」と私達が普段使っている「お金」は、ほぼ同じ存在なんです。 仮想通貨はお金とは全く異なる特徴を持っています。 それでは「仮想通貨」と「お金」の違いを見ていきましょう。 国や銀行などが介入する必要が無い 私達が当たり前に使っている紙幣を発行しているのは「日本銀行」です。 日本銀行が発券する日本円に対して「価値がある」と認識されているからお金と引き換えに商品を買ったりサービスを受けたりすることができます。 お金は「国」や「銀行」によって価値が保証されています。 それでは仮想通貨はどうなのでしょうか? 仮想通貨には国や銀行が介入していません。 ) 仮想通貨の価値を決めるのは「実際に仮想通貨を使っている人」と「仮想通貨を使いたい人」です。 ビットコインのような仮想通貨の価値は、そのほとんどがシステムへの信頼性や知名度への価値です。 また、ビットコインの受け渡しにも第3者が介入することがありません。 例えば、あなたが友人にお金を送金する場合 このようになります。 通常は銀行が送金元を確認してから送金処理がされるため、銀行側が決めた営業時間でしかお金を取引することができませんし、銀行に手数料を払う必要があります。 もし、外国の友人に送金するなら間に「日本の銀行」と「海外の銀行」の2つが入るので、送金手数料も大きくなるし送金までの時間がもっとかかります。 一方ビットコインを送金する場合 となりダイレクトに送金が可能になります。 第3者が介入しないことで、どこの国の人にビットコインなどの仮想通貨を送信しても手数料は格安になります。 発行量が決まっている 日本円は、銀行がどれだけ作っても良いという法律になっており上限は決まっていません。 仮想通貨であるビットコインの発行量には「2100万BTC」という上限が設定されています。 (BTCはビットコインの単位) ビットコインは「金」を金して作り上げられており、「2100万」という数字も金の埋蔵量を意識しています。 発行量の上限が決まっていることが価値を高める一因となっており、ビットコインの価値は2017年6月現在約30万円です。 これはモデルである金の価値をすでに超えていることになります。 世界各国の法定通貨と換金できる 円やドルといった法定通貨は電子マネーに交換できますが、電子マネーを円やドルに交換することはできません。 しかし、仮想通貨は円やドルやユーロといった流通している法定通貨に交換することが可能です。 円やドルで仮想通貨を買ったり、仮想通貨を売って円やドルにしたりできる場所を「取引所」といいます。 取引所はインターネット上に存在しているので、日本の取引所や海外の取引所にアクセスして取引をすることが可能です。 換金性があることから世界中で仮想通貨が新しい取引先として最も注目されています。 優れた暗号テクノロジや分散化システム 仮想通貨がお金より圧倒的に優れている点は、「システム」の部分です。 これが「金融革命」と呼ばれている理由でもあります。 ビットコインは前述している通り「管理している組織」がいません。 わかりやすくいえば、全ての取引がオープンで使用者全員で取引を管理している状態となっています。 ブロックチェーン技術• P2Pネットワークによる分散型システム• プルーフオブワークシステム これらシステムが根幹にあることで、偽造や二重取引が防がれています。 この中央管理の必要が無い画期的なシステムは送金や管理などのコスト削減の面で世界各国の銀行から注目されており、各銀行が独自の仮想通貨を開発しています。 みずほフィナンシャルグループは日本IBMと組み、仮想通貨「みずほマネー」を開発した。 引用: 大手銀行のなかでは、すでにみずほ銀行が仮想通貨「みずほマネー」を開発して実用化にむけて動いています。 みずほ銀行の利用者を対象としています。 仮想通貨投資のメリット 当ブログでは仮想通貨投資をメインに書いていきます。 僕が仮想通貨を投資対象としている理由は次の5つです。 少額から投資でき、ローリスクハイリターンが狙える• 発行上限があり、将来的に希少的価値が生まれやすい• まだ成長中の市場で爆発的な価値の上昇が見込める• 値動きが激しい• 法定通貨よりも明らかに優れているので普及が見込める それではそれぞれについて解説していきます。 少額から投資でき、ローリスク・ハイリターンが狙える 値動きが激しい現在だからこそ、元金を倍以上に増やすことも可能です。 少ない投資額でも価格の上がり幅が大きいのでハイリターンも狙えます。 しかも、長期的では無く短期的な値動きが期待できるので、投資対象としては非常に面白い案件です。 発行上限があり、将来的に希少的価値が生まれる 金もダイヤモンドも価値がある理由は美しいだけでは無くて、存在している量が決まっているからです。 ビットコインをはじめとしたほとんどの仮想通貨には発行上限が設定されており、希少性が確保されています。 (発行上限が無い仮想通貨もあります) 普段使っている「円」など通常のお金を多く発行してしまうとインフレが発生して円の価値が著しく下がってしまいます。 仮想通貨にはそれが無く、市場に仮想通貨が出回り、みんなが手に入れたいと思うほど価値が高まります。 まだ市場にあまり出回っていない仮想通貨を大量に保有して価値が高まると同時に売ると莫大な富を手にすることができます。 まだ成長中の市場で爆発的な価値の上昇が見込める 仮想通貨投資の最大の魅力がこれにあります。 2009年ビットコインは「0. 09円」という値段で取引されました。 それが2017年現在で約30万円、約300万倍の値上がりとなっています。 このような例が2017年にも起きています。 以下は仮想通貨のリップル(XRP)と円の関係を示したグラフです。 引用: 2017年3月に0. 7円の価値だったリップルですが、5月に44円まで価格が上がっています。 約63倍になっています。 もし、0. 7円の時に200万円分のリップルを買っていれば1億2600万円になっていた計算となります。 このような例が頻発しており、これが仮想通貨最大の魅力です。 値動きが激しい ビットコインをはじめとした仮想通貨は、毎日のように大きな価格変動が起きています。 例えば、ビットコインなら1日で数万円の値動きが起こる日もあります。 また、ビットコイン以外のほとんどの仮想通貨の価値は数円~数十円なのですぐに価値が倍になったりします。 (もちろんその逆もあります) これにより仮想通貨投資はデイトレードなど短期トレードにも適しています。 法定通貨よりも明らかに優れているので普及が見込める 僕は過去に「マウントゴックスビットコイン消失事件」をテレビのニュースで見た時に、仮想通貨を持つことに不安を覚えました。 しかし、その後仮想通貨ブームが起こり、ビットコインの特徴を調べると明らかに今の通貨よりも優れていることが理解できました。 現在国によって通貨が違いますが、ビットコインを中心にすればいつでも法定通貨に換金できるし、24時間365日送金可能で送金手数料も格安になります。 仮想通貨は「世界共通通貨」となり通貨に国境の概念が無くなります。 日本でもビットコインで決済できる店が増えたり、公共料金もビットコイン決済が可能になったり徐々にビットコインが普及しつつあります。 もしビットコインなどの仮想通貨が完全に普及したら両替所も銀行も不必要になります。 もしかしたら仮想通貨で世の中が変わってしまうかもしれないですね。 ・・・とは言っても価格の乱高下が激しい今の状態では決済手段としては使いづらいので、普及すれば価格が安定すると言われています。 仮想通貨の価格の乱高下が激しい今は、投資としての魅力の方が大きいです。 仮想通貨投資のデメリット 取引所が潰れるリスクがある 仮想通貨の取引所が潰れると取引所に預けている仮想通貨は無くなってしまいます。 これが現実に起こったのが2011年の「マウントゴックスのビットコイン消失事件」です。 ビットコインがハッキングによって盗まれたとして取引所であったマウントゴックスが倒産してしまい、利用者のビットコインも無くなってしまいました。 東京地裁(入江猛裁判長)は、仮想通貨ビットコイン取引所マウントゴックスの巨額コイン消失事件で業務上横領などの罪に問われた運営会社「MTGOX」の代表取締役マルク・カルプレス被告(31)の初公判を7月11日に開くと明らかにした。 引用: 当初ハッカーの仕業と思われていたこの事件の真相は、取締役による横領の疑いが濃厚です。 仮想通貨投資は新しい市場の為、取引所もまだ誕生してから数年しか経っていません。 2016年の「資金決済法」の改正に伴い、国内では今まで明確な基準が無かった取引所にも一定の基準が設けられ、現在は怪しい取引所は国内では確認できません。 しかし、海外の取引所の中には、最初から詐欺目的で設立されたような取引所もあるので注意が必要です。 税率が不透明 2016年から大きくなってきた仮想通貨投資の市場ですが、まだ法が十分に整備されておらず、仮想通貨投資で得た利益に対する税金は法律上では決まっていません。 担当していただいている税理士によると、現在のところ雑所得としての申告が妥当では無いか?とのことです。 つまり最大で55%の課税となりました。 ビットコインを購入して他のコインに変えた時点で課税対象になります。 下記のリンクでは、国税庁が発行している詳細な計算方法を見ることが可能なので参考にしてください。 仮想通貨の関する詐欺が多い 仮想通貨投資で大きく稼ぐには「価値が上がる前の仮想通貨を保有する」ことが大事です。 ここだけの話、将来価値があがることが確定している仮想通貨があるんだよ。 仕入れるルートがあるから市場に出回る前に買わない? こんな話には要注意です。 仮想通貨を買う前にその仮想通貨の事をインターネットなどで必ず自分で調べましょう。 本当に値上がりが確定しているなら必ずその情報が発見できるはずです。 また、「この仮想通貨には国家が関わっていて…」という情報にも注意です。 その仮想通貨を調べた結果、まったくその国と関係が無かった…なんてことはよくあることです。 他人の情報を全て信用するのでは無く、納得できるまで自分で調べることが詐欺被害に合わない術です。 仮想通貨の種類を知る取引量ランキング ここでは2017年6月時点での取引量が多い順番で仮想通貨を紹介します。 第1位ビットコイン(Bitcoin) 最初に誕生した仮想通貨であるビットコインは、2017年6月時点では2位のイーサリアムに2倍の差をつけて圧倒的な取引量を誇っています。 2,016年末から価格が急上昇し、2,017年6月には1BTC=30万円を超えました。 そんなビットコインですが、現在大きな問題を抱えています。 それがスケーラビリティ(scalability)問題です。 この問題を簡単に説明すると、ビットコインの送信や受信の処理にある一定の時間がかかっていますが、利用者が増えるごとに処理時間が大きくなってしまい、このままの状態で世界中で通貨代わりに使用されると処理が追いつかなくなってしまうという問題です。 この「スケーラビリティ問題」の解決法を巡って新たにハードフォーク(分裂)問題が浮上しました。 ハードフォーク問題を簡単に説明すると、スケーラビリティ問題には2つの解決方法があり、それを巡って2つのグループが今も論議が交わしています。 その結果がまだ不明ですが、現状のままでは使用に耐えかねないビットコインは2つに分裂するのでは無いか?と言われています。 取引量が世界一のビットコインは現在世界中の多くの人が関わって巨額の投資をされています。 そんなビットコインが分裂して新しい2つの通貨になってしまったら混乱は必至です。 当ブログではこの結果をいち早く記事にしてお届けいたします。 第2位イーサリアム(Ethereum) 取引量で第2位のイーサリアムは、ビットコインが現在抱えている分裂問題をすでに乗り越えている仮想通貨です。 イーサリアムは過去にハッカー被害にあっており、それをきっかけに取引量で第6位になっているイーサリアムクラシック( Ethereum Classic)と分裂しました。 プラスの材料としては以下のような物があります。 米国の仮想通貨投資家とトレーダーは、初めて、政府認可機関でイーサリアムを取引できることになった。 ニューヨーク州 金融サービス局(DFS)は、タイラーとキャメロン・ウィンクルボスによって作成されたビットコイン交換所であるジェミニ・トラストのエーテル取引の提供を認可した。 このニュースは、ウィンクルボス兄弟が運営するビットコイン取引所がイーサリアムの取引を追加したというニュース。 ウィンクルボス兄弟は、Facebookの誕生が舞台になった映画「ソーシャル・ネットワーク」にも登場した、ザッカーバーグと裁判で創始者争いをして勝利した兄弟です。 裁判で6500万ドルをFacebook社から受取り、その一部を当時2000円台だったビットコインに投資している投資家です。 その他にもこんなニュースがあります。 Azure プラットフォームにイーサリアム基盤のブロックチェーン・ツールを導入することを最近報告したマイクロソフト。 既に大手金融機関4社がこのツールを契約していることを明らかにした。 イーサリアムがWindowsの生みの親であるマイクロソフト(Microsoft)と提携したという記事です。 2017年6月時点ではイーサリアムに好材料が揃っており、一部では2018年にはビットコインの価格を抜くのでは?と言われています。 第3位リップル Ripple 2017年上半期で最も注目された仮想通貨がリップル(Ripple)です。 前述した通り0. 7円から最高で44円まで価格が上昇しました。 その時は取引量でイーサリアムを超えて2位になりましたが、今は価格も30円程度に落ち着き、取引量も落ちて3位になっています。 リップル・ラボはこれまでにグーグル・ベンチャーズの他、米投資会社のアンドリーセン・ホロウィッツやファウンダーズ・ファンド、中国のIDGキャピタルパートナーズなどから合計650万ドル(約6億5000万ドル)を調達した。 リップルにはすでにGoogleが出資しています。 リップルのシステムには、通貨の橋渡しとしての機能があり、その機能を使えば世界各国の銀行間の取引が24時間365日低コストで可能になると言われています。 三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。 米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。 米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。 高止まりしていた手数料も引き下げる見通しだ。 新技術を通じた世界連合で、銀行システムの利便性を高める。 このリップルが持つ機能に目をつけた三菱東京UFJやアメリカ、ドイツ、イギリスなどの大手銀行が連合を組んで2018年の実用化に向けて取り組んでいます。 これらの好材料から値上がりが期待されますが、リップルはブリッジ通貨としての役割を重視しており、リップルコインの価格が変動するのは都合が悪いので、一定の価格に統一されるのでは?という噂が流れています。 第4位ネム XEM 最後はライトコインを紹介します。 ライトコインは「ビットコインが金を目指すなら銀を目指す」という目標のもと、ビットコインよりも流通しやすいように、取引しやすいように作られた仮想通貨です。 現在、仮想通貨の取引量では第5位と他の通貨に負けています。 ビットコインよりも便利になっていたり、新しい機能がついている仮想通貨が多い中、ライトコインの特徴は弱いので将来的な流通に個人的には疑問が残ります。 仮想通貨投資に向いている人は? 仮想通貨投資はデイトレなど短期的な取引で利益を狙うなら、FXのように画面に張り付かなくてはいけませんが、値上がりする前の仮想通貨を保有して値上がりを待つスタイルならいかに情報を手に入れるか?が勝負になってきます。 なので、忙しいサラリーマンでも主婦でもお年寄りでも仮想通貨投資ができるし、成長中の市場なので億万長者を狙うことも十分に可能です。 仮想通貨投資をする前に・・・ 仮想通貨投資で稼ぐために必要なことの1つが「情報を手に入れる」ことです。 仮想通貨関連の情報は嘘や噂レベルの情報が多く、何が真実か?を自分で見分ける必要があります。 人から聞いた情報を鵜呑みにすることだけはやめましょう。 どんな仮想通貨に投資するべきか? 仮想通貨投資で失敗しない方法を紹介します。 取引量は十分か? 仮想通貨投資の醍醐味が値上がり前の仮想通貨を保有することです。 この時に仮想通貨を選ぶ基準として取引量が重要になってきます。 取引量が少ないと取引所の方が取扱いをいきなり辞めてしまう場合があるからです。 仮想通貨の取引量はすでに紹介済みですが下記のサイトで確認できます。 仮想通貨の情報はインターネットで確認できるか? 知人から聞いたことが無い仮想通貨の話を持ちかけられたら、まずインターネットで調べましょう。 自分で調べる癖をつけないと仮想通貨投資で勝っていくことは困難ですし、詐欺被害に合う可能性が高くなってしまいます。 ビットコイン(BTC)よりも機能面で優れているか? 最初の仮想通貨であるビットコインは• ブロックチェーン技術• P2Pネットワークによる分散型システム• プルーフオブワークシステム などの画期的な機能があります。 このシステムの信頼性により、徐々に価値が高まってきている歴史があります。 ビットコインより後にできた仮想通貨は、ビットコインの機能を上回るか、ビットコインには無い特徴を持っていないと普及する見込みはありません。 例えば、ブリッジ通貨として作られたリップル(XRP)はビットコインの欠点を補っている仮想通貨です。 ビットコインに比べ送金スピードが何倍も速くなるように作られています。 その為、大手銀行などからリップルのシステムが注目され、ビットコインよりも普及するかもしれない期待があります。 投資対象の仮想通貨はどんな特徴があるのか?• ビットコインよりも優れているポイントは? このような視点で投資対象の仮想通貨を選びましょう。 ビットコインや法定通貨(円)に換金可能か? 前述したように投資した仮想通貨の取引量が少ないと取引所での取扱いが無くなってしまい、その仮想通貨を取り扱っている取引所を探すか、どこかの取引所が新しく取り扱うまで何もできない状態になってしまいます。 安全な仮想通貨を選ぶなら、複数の取引所で取扱いのある仮想通貨を選びましょう。 どうすれば仮想通貨を購入できるか? 仮想通貨は取引所で購入することができます。 以下からオススメできる取引所を紹介していきます。 仮想通貨を購入したことが無い初心者でも、簡単にコインの売買ができる• 取り扱っている仮想通貨の種類が多い(13種類)• 公式アプリのウィジェットが便利で使いやすい(全コインの価格をすぐに確認できる)• クレジットカードで仮想通貨を購入できる• 口座を開設するだけでビットコインがもらえる デメリット• クレジット決済など手数料(スプレッド)が高い 参考記事 2位 Zaif メリット• 取り扱っている仮想通貨の種類が一番多い(14種類)• 手数料が国内では安い(取引手数料はマイナス0. 01%)• 積立投資ができる(zaifコイン積立) デメリット• ウエブ画面の操作がわかりづらい• アプリが使いづらい• サーバーが不安定でサイトに接続できない時がある 参考記事 3位 GMOコイン メリット• ほとんどの手数料が無料• 口座開設でビットコインがもらえる• 操作が簡単にできる• 大手企業グループで安心 デメリット• 取扱仮想通貨が少ない• 相場の状況により、買い規制が実施される 参考記事 4位 ビットフライヤー メリット• テレビCMが放送されており、信頼感がある• 画面が見やすく使いやすい• 不正な日本円出金を対象とした補償制度がある• 楽天やzozotownなどでの買い物でビットコインが貯まる• 手数料が全体的に高い 参考記事 5位 QUOINE メリット• アジア最大の取引所• ビットコイン取引手数料が無料• ビットコイン価格が他よりも安い• レバレッジ取引が最大25倍使用可能 デメリット• 初心者にはわかりづらい画面レイアウト• クレジット入金不可• 他の取引所に比べて、仮想通貨も日本円も出金に時間がかかる 参考記事 仮想通貨はまさに革命 この記事を読めば、仮想通貨について少しだけ知ってもらえたと思います。 仮想通貨は「怪しい」だけで片付けるのは本当にもったいない革命的な通貨です。 法定通貨よりも便利なのですが、現在は何よりも投資対象として世界中の投資家を虜にしています。 まずは「怪しい」を「知ってる」に変えてみましょう。 【当サイト限定】書籍プレゼントキャンペーン もし、あなたが収入の柱を増やしたいのであれば僕が書いた電子書籍を読んでみることをオススメ致します。 Amazonで1000円で販売中のこの本をこのブログから期間限定で無料配信しています。 詳しくは下記をご覧ください。

次の

暗号通貨とは?仮想通貨との違い、仕組み、購入方法まで解説!

仮想 通貨 とは

仮想通貨とは 仮想通貨とはIT技術を利用して生み出された通貨で、インターネット上で利用可能な暗号化された電子通貨のことをいいます。 仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、ビットコイン以外にも数百種類以上の仮想通貨が流通しており、この多さは国や中央銀行の枠にとらわれることなく発行出来ることによるものです。 ちなみに基本的に仮想通貨は、特定の誰かが管理している訳ではありません。 システムによって発行枚数や保全性が担保されているのです。 仮想通貨の購入方法は、一般的にはインターネット上の取引所に口座を開設して法定通貨を入金しておき、その日の値動きをみて好きなタイミングで購入するという方法になります。 インターネット上の取引所に接続できさえすれば購入でき、ほかのコインと取引をして、最終的には自国通貨に換金したりします。 海外では、ATMでビットコインを購入したり、売却して現金を引き出したりすることができる場所もあります。 仮想通貨の歴史 開発当初仮想通貨は、オンラインゲームやコミュニティなど特定のサービスで使用出来る通貨でした。 現金や獲得したポイントとの交換によって入手し、ゲームで使用するアイテムと交換したりするといったものです。 また不特定多数の人々の間でウェブを通して物品やサービスと交換できる通貨として考案されました。 しかし2009年以降、サトシ・ナカモトの開発により、仮想通貨はインターネット上で価値を持った電子データとしてネット送金や決済に使用されるようになりました。 実際の通貨と同じように、送金・受取・貯蓄・投資に使うことができます。 また不正防止のため高度な暗号化技術を用いており「暗号通貨」とも呼びます。 現在アメリカなどでは支払いに利用可能なショップが増えており、不動産や中古車販売などに使用された例もあります。 日本ではまだ投資や投機目的で用いられている状況ですが、株式のようにリアルタイムで変動する相場において円やドルなどと交換することが可能な仮想通貨は日々法定通貨と取引されています。 仮想通貨のブロックチェーン技術 仮想通貨は簡単に発行が可能な通貨なのに、なぜ法定通貨と同じように流通 信頼 しているのかというと、信頼性を裏付けるブロックチェーンという高度な技術が用いられているからです。 ブロックチェーンの強靭なセキュリティシステムのもと、複数のコンピュータでデータ管理し改ざんなどの不正を防いでいます。 この帳面は常に更新されており、記帳されていない仮想通貨が出現すると不正な手段で入手・作成したものであることが直ぐにわかる仕組みとなっています。 仮想通貨はこのように、電子データとして取引保管され、ブロックチェーンのような高度な技術に裏付けされ信用されているのです。 仮想通貨の"非中央集権" 仮想通貨の管理者は開発者で中央銀行などのような公的機関ではありません。 通常法定通貨のルールを決めているのは各国通貨を発行している政府であり、通貨を管理しているのは主に銀行です。 政府管理下や銀行など一つの場所で管理されるこれまでの法定通貨の管理体制が中央集権である場合、仮想通貨の多くは非中央集権で行われ、分散型のプラットフォームを使用して管理されます。 この取引データはブロックチェーン上で行われるため透明性と強靭なセキュリティで管理保管され、半永久的に残る仕組みです。 この仕組みにより様々なアプリケーションの開発や通貨の発行を自由に行え、またプロジェクトを立ち上げ、社会的に有効なシステムの開発やデータの管理を行うこともできます。 仮想通貨やブロックチェーンはまだまだ課題も多く残されてはいますが、その機能性から将来的に流動性の高い期待の出来る仕組みの上に成り立っているといえるでしょう。 デジタル通貨とは デジタル通貨は、物理的通貨(紙幣や硬貨など)と区別されています。 厳密に言えば「仮想通貨(暗号通貨)」もデジタル通貨の一つとして捉えられているのですが、ここで説明するデジタル通貨は主に「電子マネー」が該当します。 「電子マネー」は「円」を電子的に記録し現金の代わりに使用する物のことをいいます。 たとえばSuica、PASMO、nanaco、WAONやEdyなど多くの種類の電子マネーがありますが、これらは円などの法定通貨を電子データに置き換えてあり、チャージした分のみの使用となります。 また法定通貨との互換性はありません。 しかもそれぞれ管理している企業が違うため、その企業と提携している店舗などでなければ使用することが出来ず、価格が上昇したりすることなどはありません。 また電子マネーの運営会社は手数料が収益となり加盟店はポイントなどの顧客サービスにより収益を上げています。 ルールを決めているのも管理しているのも電子マネーやプリペイドカードを発行している発行元の企業ということになります。 またカードの申し込み審査が不要でチャージ残高の範囲内でクレジットカードのようにVisaやMastercardなどの加盟店で使用できます。 クレジットカードと違い決済時にすぐに口座引き落としがあるので、チャージや口座残高が必要です。 一方で仮想通貨は、価値の保証が利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ保証されていますので、価値の変動を握っているのは利用者であり、自身で保有している通貨を政府や銀行、業者などの第三者(中央機関)に左右されることなく管理することが可能です。 また法定通貨との交換も可能です。 インターネットで世界中どこでも共通で使用でき、利用者同士で銀行や企業を経由することなく直接取引することが可能です。 仮想通貨などのデジタル通貨はインターネットが存在する限り普遍的に存在します。 発行量も決まっており、その採掘量は有限です。 仮想通貨が良くゴールドに例えられるゆえんともいえます。 ・中央集権ではないため、自身による厳重な管理が必要となります。 そのためウォレットなど仮想通貨の保管場所の秘密鍵や暗証番号などを忘れたり紛失したりしてしまった場合、ウォレットを復元することが出来ません。 ・ハッキング被害がおこりやすく、また実際に起きています。 ・闇市場を生みやすく、課税の逃げ道や資金洗浄、またいわゆる「セミナー商法」による投資詐欺の可能性など懸念されています。 ・2018年1月に起きたコインチェック事件もそうですが、仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所のセキュリティ管理など体制の甘さも懸念されています。 ・マイニングの際に使用される電力についても電力の無駄ではないかという声も有ります。 またプリペイドカードはクレジットカードのように年会費などは必要ありません。 また使用地域も限定され、カードなどが提携している店舗でないと使用することが出来ません。 電子マネーやプリペイドカードは使用するごとに現金やクレジットカードでチャージしてから使うことになります。 ちなみにチャージしたお金は、その運営会社のプール金となり、私たちが決済するたびに手数料をとしてその小売店にお金を払っているのだそうです。 つまり、電子マネーの世界は特定の運営会社による限られた経済圏であり、私たちのお金がプールされている世界ということになります。 あらかじめ、利用者を囲うことで利用ごとにポイントがついたり割引されたりもします。 中国や韓国のデジタル通貨 仮想通貨も含む 状況(日本より圧倒的に決済がデジタル化されている) 中国は約1年前までは世界の仮想通貨市場の中心となっており、ビットコインの取引通貨シェアをみても、人民元は約8割以上という圧倒的な割合を誇っていました。 しかし、詐欺的なICOが横行し、また中国当局による人民元流出への不快感もあり、仮想通貨・ICO規制が行われました。 現金を持たなくてもスマホがあればどこでも買い物や飲食が可能で、仮想通貨の取り扱い店舗も増加中です。 それだけに人民銀行(国家の銀行)では将来法定通貨が消滅するのではないかと危惧しています。 2018年3月9日(金)に北京で開催された記者会見でZhou Xiaochuan(周小川)氏(中国人民銀行総裁)は「現金はいつか時代遅れになるかもしれない」と述べ、さらに仮想通貨については「投機的目的で使用される方が多く、決済で使用されることの方が少なく経済には何の役にも立っていない」ことを警告していました。 しかし中国人民銀行は仮想通貨のより早く、安くもっと便利な決済手段を達成しようとしており、デジタル通貨を検証しているところであることも述べました。 最後に「私たちは取り返しのつかない損失になる前に主要な失敗は防がなくてはならない。 私たちはあくまで慎重であるべきだ」とも述べさらに「私たちは投機的な金融商品を提供して、人々が一晩で金持ちになると錯覚をさせるようなことがあってはいけない」と退任前の最後の公の場で述べました。 中国は、昨年9月に仮想通貨を禁止し、バーチャル通貨の厳しい取り締まりを行いましたが、アリババグループなど大手の会社が開発したプラットフォームの人気のおかげで、依然としてデジタル決済の世界的リーダーの地位にあります。 また中国では仮想通貨市場での取引規制は行っていますが、マイニングに対する規制はまだ行われておらず、電気料金やハードウェアの安さなどマイニング環境やツール開発で中国はいまだ優位な立場といえます。 しかし韓国では取引量増大によるハッキング被害が頻繋に起こりました。 また近年韓国では少額硬化を処分する方向で大幅なコスト削減を図っていました。 カード決済システムが確立されている韓国でキャッシュレス化が進んだ理由の一つです。 韓国はこのようにコインレス社会に最適な環境であり、カードの所有率が国民1人当たり1. 9枚、現金決済は全体の2割程度しかないようです。 さらに硬化の存在をなくすわけではなくカードなどの代用手段を主流にしていく考えです。 実は効果の流通量を大きく減らすことで毛でもかなりの経済効果が期待出来るそうです。 ちなみにその額年間1. 回収や管理のコストが加算されることで、相当のコスト削減になるようです。 コインレス化はキャッシュレス化が世界的な傾向となっている昨今では今後も各国で同様の動きが活発に行われるようになる可能性が高そうです。 その半面現金決済もまだまだ人気は高いという現状も有ります。 0とも呼びます。 (ちなみにフィンテック1. 0はインターネットでの株取引のことで最初のブームの先駆け) 政府からの規制が厳しくなった中国の仮想通貨関連会社の多くが拠点を韓国に移しているという情報もありますが、それ以上に韓国国民の仮想通貨に対する関心が非常に高まってきています。 まとめ 電子マネーは広くデジタル通貨と定義されることが多いですが、取引を仲介している企業や業者の都合により使用状況を左右されることがあります。 その点仮想通貨は、非中央集権のためそのようなリスクは低いといえます。 たとえばデジタルという広義の意味で捉え「暗号化したデータ」と仮定すると仮想通貨と電子マネーやプリペイドカードのようなインターネットを介して取引が行われるという意味で仮想通貨と非常に近しい位置にあるのかともいえますが、決定的に違うことは中央集権か非中央集権かということがあります。 また仮想通貨は世界通貨として買い物や食事、旅行、電気など仮想通貨での支払いが可能な場所が増えてきていますが、電子マネーは国内でも使用できる店舗など限られています。 そう考えると仮想通貨はどちらかというと法定通貨と似ています。 しかし法定通貨もまた中央集権であり、たとえば日本円は日本でしか使用することが出来ません。 そういう意味で仮想通貨はこれまで使用してきた法定通貨よりもさらに流動性があり利用価値の幅を広く持つ通貨であるといえます。 また国内外問わず高い手数料を支払う必要なく個人間での送金が可能なところも魅力の一つでもあります。 仮想通貨やブロックチェーンシステムは、非中央集権というブロックチェーンシステム上で使われることでセキュリティが確保されているところもあります。 しかしその時々の経済に左右されたりして価格が変動したりするという側面があります。 その点で仮想通貨は株式投資と似ている部分もあります。 デジタル通貨も仮想通貨も、現時点ではメリットとデメリットがあり、今後両社がどのように応用されていくのかで、未来は大きく変わるかもしれませんね。

次の

仮想通貨のメリットデメリットとは?

仮想 通貨 とは

(3分07秒 の紹介動画。 音声が出ます。 ) BATは2017年5月31日にBrave社から発行されました。 そして、BATはBraveというWebブラウザ上(Braveブラウザ)で利用されているのです。 Brave社の設立者がMozillaの前CEOということから、BATにWebブラウザが関わっている点は想像に容易いですよね。 BATの概要・仕組み BATはイーサリアム(ETH)のERC20トークンとして発行されていて、総発行枚数は15億枚です。 そしてBATは「Braveブラウザ」の中で広告を見ることで入手できます。 ところで、「Braveブラウザ」と言われても、よくわからないのではないでしょうか。 簡単に言うとBraveブラウザは、Google ChromeやInternet Explorer、Firefoxなどと同じで、ネットに接続する際に用いられるアプリ、と考えればわかりやすいと思います。 Braveブラウザは、既にWindows版、macOS版、Linux版、Android版、iPhone版がリリースされていますので、使用したい場合は、Braveブラウザの公式サイトからダウンロード、インストールしてください。 (ただし、2018年7月20日時点では、BATが入手できる仕組みは、まだ実装されていないようです) 既存のWeb業界について BATの特徴がよりよく伝わるように、まずは既存のWeb業界について説明したいと思います。 既存のWeb業界は、広告主がパブリッシャー(広告を掲載している人、例えばサイトの管理人)に対して広告費用を支払っているだけで、ユーザー(Webを閲覧する人)に対してお金は入ってきません。 ユーザーが、知りたいことを調べる際や、ニュースを見るときに、突然広告のページが現れたという経験は、誰しもあると思います。 例としては漫画の広告などが挙げられるでしょうか。 パブリッシャーは自らのサイトに、このような広告を掲載することで利益を得ているのです。 ここで、既存のWebブラウザにおける、広告が掲載されるデメリットをまとめてみたいと思います。 ユーザー目線でのデメリット• 「広告」と「トラッカー(アクセス解析に使うタグなどを指す)」のせいで、モバイルデータ通信量の最大50%を消費している。 換算すると、1か月に23ドル分のコストになっている。 広告によって、約5秒の余分な読み込み時間がかかってしまう。 広告は、携帯電話のバッテリー寿命を21%も減らしている。 多数のトラッカーによるプライバシー侵害がおきている。 マルウェア感染が増加している。 パブリッシャー目線のデメリット• 72億ドルに及ぶボット詐欺が横行している。 6億台以上の端末が広告をブロックしている。 広告主目線のデメリット• 支払いが不透明である。 偽サイトやボットが存在している。 ユーザーが広告を無視してしまう。 Basic attention tokenの公式サイトより ここまでは、既存のWeb業界について書いてきましたが、話題をBATが利用されているBraveブラウザに戻していきましょう。 Braveブラウザの広告 Braveブラウザは最初から広告やトラッカーなどをブロックしています。 つまり、Braveブラウザ上に載せられる広告は、BATを使っている広告主のものだけ、ということになります。 このおかげで、パブリッシャーが、広告詐欺の被害に遭う確率も低くなります。 また、Webページのアクセス速度の上昇も見込まれます。 さらに、Braveブラウザ上でユーザーが広告を見るたびに、パブリッシャーに広告費用としてBATが支払われるだけでなく、ユーザーにもBATが支払われるのです。 ネットの広告をみるだけで、利益を得られるなんて、夢のようですね! Braveブラウザの投げ銭 ユーザーは、広告を見ることにより手に入れたBATを、パブリッシャーに対して寄与する(チップを与える)ことができます。 これにより、ユーザーは直接的にパブリッシャーに収益を与えることができ、個人的に支援することが可能になります。 既存Webブラウザだと、ユーザーとパブリッシャーの間には広告主が存在していたため、実際にパブリッシャーに対してユーザーがどれほどの報酬を与えているかは不明でした。 直接的にチップを与えることが可能であるBraveブラウザでは、その心配はないですね。 Sponsored Links BAT(バット)の買い方 2018年7月20日時点で、BATが購入できる主な取引所は「Binance」「Bittrex」「Huobi」「Upbit」「Liqui」などです。 (日本の取引所では取り扱っていません) この中でも、ダントツで取引高が多い、Binance(バイナンス)がオススメです。 なので、ここでは、バイナンスでのBATの買い方について解説していきます。 もし、バイナンスの口座を持っていない場合は、以下の記事を参考にしてください。 参考: バイナンスでのBATの購入手順は、• 日本の取引所でビットコインかイーサリアムを購入• バイナンスへ送金• バイナンスでBATを購入 となります。 それでは、バイナンスにBAT購入用のビットコインが既にある状態で、ログインした後のBATの買い方の手順について説明していきます。 通貨ペアの選択 バイナンスでは、BTC、ETH、BNBでBATを購入することができますが、ここではBTCでBATを購入する手順を例に説明します。 画面上部の「Exchange」にマウスカーソルを当てて「Basic」を選択• 画面右側の通貨ペア一覧で「BTC」を選択• 画面下の注文フォームに購入価格(レート)を入力• 購入数量を入力• 「Buy BAT」をクリック 「Buy BAT」をクリックすると、買い注文を出すことができますので、あとは約定するのを待ちましょう。 Braveブラウザと融合した今後の将来性について BATとは、Brave上で広告を見ることで、パブリッシャーにも、ユーザーにも送られる仮想通貨です。 ここでは、このBATが今後どのような展望をみせていくのかについて、考えていきたいと思います。 広告主目線で見た懸念事項 BATはBraveブラウザ上で、広告を見ることでパブリッシャーとユーザー、どちらにも配布されるものです。 つまり、広告主が費用を払う対象が2つに増えるということになります。 既存のブラウザでは、パブリッシャーに対してだけ広告費を支払っていればよかったのですが、支払い対象が2つになったBraveブラウザでは、広告主が広告を出すことを嫌がる恐れがあります。 BATとBraveブラウザの関係性 BATはBraveブラウザ上で取り扱われています。 つまり、BATが今後発展していくためには、Braveブラウザのユーザー数が増えていくことが必要不可欠になるのです。 現段階では、Braveブラウザの知名度はまだまだ低いです。 しかし、Braveブラウザは「ユーザーがどのような広告を見たのか」というデータを集計し、そのデータを広告主に還元します。 そして、この還元のおかげで広告主は自らが出す広告を、そのユーザーにとって最適なものにすることができますよね。 さらに、ユーザーは広告を見るだけでBATを獲得でき、パブリッシャーも詐欺広告を誤って掲載するリスクが少なくなり、安定した収入が期待できます。 このように、三者ともにメリットがありますので、今後は知名度が上がっていく可能性もあります。 将来的に、BraveブラウザがGoogle Chromeと同等の支持を得るとなると、Braveブラウザを利用する広告主の数も増え、BATの価値は急上昇するかも知れません。 ちなみに、BATはYouTubeでの利用も可能なのです。 ユーザーがBraveブラウザ上でYouTubeを視聴する際に、投稿者(パブリッシャー)に対してBATを送ることができます。

次の