妊娠 中 偏 頭痛。 妊娠中の偏頭痛

【医療監修】妊娠初期の頭痛、めまいや吐き気を伴うときは薬を飲んでもよい?頭痛の種類と対処法 [ママリ]

妊娠 中 偏 頭痛

冷やすのがいいのか、温めるのがいいのか?これは頭痛のタイプによって異なるので注意しましょう。 こめかみがズキンズキンと痛む 偏頭痛の場合は、血管の拡張が原因なので、痛むところを冷たいタオルなどで冷やしてみましょう。 小さな保冷剤をタオルで包むと手軽に冷やせます。 いっぽう、締め付けられるように痛む 筋緊張性の頭痛の場合は、血行不良が原因なので、温めるのが基本。 蒸しタオル(電子レンジでぬれたタオルを温める)で凝ったところを温めたり、半身浴をしたりして血行をよくする工夫をしましょう。 軽いストレッチもいいですね。 筆者のおすすめは、大きな筋肉が集まる肩甲骨回り。 肩を回して筋肉をほぐしたり、肩甲骨のくぼみをマッサージしたりすると(これはパートナーに手伝ってもらいましょう)、たちまち上半身がポカポカしてきます。 頭痛は安静にして体も心もリラックスすることが一番。 特に妊娠初期はホルモンバランスに大きな変化が起こっているので、疲れやすく神経も過敏になっている時期です。 ふだんは平気な人も、妊娠して頭痛に悩むこともあります。 仕事や家事はできるだけ量を減らして、つらいときは無理をせずに休息する習慣を。 また、妊娠時期と症状から、自分の頭痛のタイプを知ることも大切。 偏頭痛タイプだったら冷やし、筋緊張性タイプなら温めるなど、症状に合った対処法を選びましょう。 セルフでできるツボ押しやマッサージですが、パートナーと一緒に楽しく行えば、リラクゼーション効果も倍増!それでも治らないなら、無理をせずに産婦人科で相談して薬を処方してもらうことも大切です。 妊娠中にストレスは大敵。 少しでも不快な痛みはなくして、スッキリ気持ちのいい毎日を過ごしましょう。

次の

妊娠中の偏頭痛

妊娠 中 偏 頭痛

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中のトラブルでよく見られるものに「頭痛」があります。 頭痛に悩まされる女性は少なくありませんが、妊娠中は痛み止めの薬をむやみに飲むわけにはいかず、対処法に困ってしまいますよね。 そこで今回は、妊娠中に頭痛が起きやすい原因と、妊婦さんでもできる対処法についてご説明します。 頭痛には2つのタイプがある 一口に「頭痛」といっても、実は2つのタイプがあります。 それぞれで症状や対処法が異なるため、妊娠中の頭痛に対処する場合も、自分がどちらのタイプなのかを把握することが大切です。 以下の特徴を参考に、自分の頭痛のタイプを見極めてくださいね。 偏頭痛 偏頭痛は、脳内の血管が広がって血流量が増えることで起こります。 目の周りがズキズキと痛んだり、体を動かしたときに痛んだりするのが特徴です。 吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 緊張型頭痛 緊張型頭痛は、脳への血流量が減少して酸素不足になり、脳周辺の筋肉がこわばることで現れます。 後頭部から首筋にかけて頭全体が締め付けられるように痛むのが特徴です。 偏頭痛と違って吐き気や嘔吐は起こりませんが、めまいや体のだるさを感じることがあります。 関連記事 妊娠中に頭痛が起きやすい原因は? 妊娠中は偏頭痛と緊張型頭痛のどちらも起きる可能性があります。 それぞれ原因が異なるので、自分の頭痛のタイプと体の状態をチェックしておきましょう。 偏頭痛の原因 妊娠すると体内のホルモンバランスが変化することが引き金になります。 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えてバランスが乱れることで、脳の血管が広がりやすくなって偏頭痛が起こります。 緊張型頭痛の原因 妊娠すると運動不足気味になり、体の血行が悪くなります。 血行不良で腰や肩、首が凝ってしまい、頭痛を引き起こします。 妊娠中期を過ぎてお腹が大きくなってくると、疲れやすくなったり、寝不足気味になったりして、頭痛がさらに悪化することも。 また、妊娠中は鉄分の不足で鉄欠乏性貧血を起こしやすく、それが原因で緊張型頭痛になっている場合もあります。 関連記事 妊婦もできる頭痛対策は? 偏頭痛と緊張型頭痛は原因が違うので、対処法も違います。 対処法を間違えるとかえって痛みがひどくなることがあるので、注意してください。 妊娠中の偏頭痛への対処法 偏頭痛の痛みの原因は脳の血管が広がっていることなので、脳の活動を安静にしてあげることが大切です。 光や音などの刺激を避けて、暗く静かな部屋で目を閉じて横になりましょう。 アイマスクや耳栓で物理的な刺激を遮るのもおすすめです。 そして、頭や首筋など痛む場所に冷たい濡れタオルを当てて冷やすと、広がった血管が収縮して痛みがやわらぎますよ。 温めると痛みが増してしまうので、お風呂は湯船に浸かるのは避けてシャワーにしましょう。 また、カフェイン摂取も偏頭痛対策のひとつです。 カフェインには血管を収縮させる効果があります。 偏頭痛がひどい方は1日1杯程度であれば、コーヒーや紅茶、緑茶を楽しんでもいいかもしれません。 ただし、カフェイン摂取の量には十分注意をし、不安がある方は無理をしないようにしてくださいね。 関連記事 妊娠中の頭痛時に、薬を飲んでもいいの? 妊娠前であれば頭痛が出たら頭痛薬を使って対処していた人も多いと思います。 しかし妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響を考えると、気軽には使えませんよね。 頭痛薬にもいろいろ種類があり、妊娠中に飲めるものもあれば、飲んではいけないものもあります。 そのため、妊娠前に使っていた頭痛薬を自己判断で使うのは止めましょう。 事前に必ず注意書きを確認し、「妊娠中に使えるかどうか」を確認してください。 できれば、産婦人科医に相談した上で、問題ないといわれたときだけ使うようにしましょう。 頻繁に頭痛が出ている人は、市販薬に頼るよりも、病院で処方してもらった薬を服用したほうが安心です。 関連記事 妊婦の頭痛は、妊娠高血圧症候群の可能性も? 妊娠中にだけ高血圧を起こす「妊娠高血圧症候群」を発症すると、症状のひとつとして頭痛が現れることがあります。 血圧の上昇で脳の血管が広がって偏頭痛を引き起こすからです。 頭痛以外にめまいや倦怠感なども現れますが、自覚症状ではむくみが出やすいので、頭痛と一緒にむくみがないかを確認してください。 妊娠高血圧症候群による頭痛は、冷やせばある程度痛みはやわらぎますが、根本的には高血圧を改善する必要があります。 ただ、妊婦健診に通っていれば、毎回血圧のチェックや尿蛋白の検査があるので、頭痛が起きるまで高血圧に気づかないケースはほとんどありません。 「血圧が高め」と注意を受けたら高血圧予防のために食事や生活習慣を見直しましょう。

次の

妊娠中(妊婦)のツラい偏頭痛!対策や薬の服用は?実体験を暴露

妊娠 中 偏 頭痛

妊娠中の頭痛の二大要因「緊張性頭痛」と「偏頭痛」。 治る時期は? 代表的な頭痛として「緊張性頭痛」と「偏頭痛」の2種類があり、妊娠初期の頭痛は、緊張性の頭痛であることが多いです。 それぞれ痛みの感覚は違いますが、どちらの頭痛も頭の表面が痛く感じる頭痛です。 妊娠中の緊張性頭痛は、圧迫されるような痛みが長く続く 頭を締め付けられるようなギリギリとした痛みがある場合は、緊張性頭痛によるものと考えられます。 頭部全体が痛い• 同じ姿勢でいたり、細かい作業をしている時に起きる• 我慢できない痛みではないが長時間続く これらが当てはまる場合は、緊張性頭痛の可能性が高いです。 妊娠中の緊張性頭痛の原因は、血流の悪化 緊張性頭痛は、身体的・精神的ストレスによる「血流の悪化」によって引き起こされます。 妊娠初期はホルモンバランスが急激に変化するため、体も心も大変なストレスに晒されがちです。 ストレスは神経や筋肉に負荷をかけ、血流を悪化させます。 血流が悪化すると筋肉内に乳酸などの老廃物がたまり、それらが周囲の神経を刺激して、頭が圧迫されるような重い痛みを生むのです。 首や肩のコリ、目の疲れを伴う場合は、まさしく緊張性頭痛であると考えられます。 妊娠時の緊張性頭痛はいつ頃治るの? 妊娠初期の緊張性頭痛は、ホルモンバランスが落ち着いてくる妊娠中期ごろまでには改善されることが多いです。 妊娠中の偏頭痛は、部分的な強い痛み 一方、妊娠中にこめかみのあたりの脈動をともなって痛く感じる頭痛は、偏頭痛の可能性が高いです。 ズキズキ、ガンガンし、かなり痛い• 吐き気がする• 光や音などの強い刺激が不快に感じる このような症状を伴います。 妊娠中の偏頭痛の原因は、血流の拡張 偏頭痛の原因は、緊張性頭痛とは逆で、血管が拡張されて起こります。 一気に心身のストレスから解放された時• 寝すぎてしまった時• 逆に寝不足の時• 空腹時 このような時に起きやすい症状です。 妊娠時の偏頭痛はいつ頃治るの? 実は、「妊娠による体質変化が原因で偏頭痛を患う」事例はほとんどなく、そのため妊娠期で治りやすいと言える時期もないようです。 むしろ、慢性的な偏頭痛は妊娠中に軽減する傾向があるとのことですが、つわりが治まってくる頃もしくは出産後・授乳期終了後にぶり返すことも多いと言われています。 妊娠して初めて偏頭痛と言えるような痛みを感じるようになった場合は、脳静脈洞血栓症や子癇前症といった合併症である可能性が考えられ、注意が必要と言われています。 「緊張性頭痛」や「片頭痛」以外の妊娠が起因となる頭痛 貧血で頭痛 元々貧血になりやすい女性の場合は、妊娠初期から貧血の症状が出やすいと言われています。 貧血による頭痛は、赤血球の減少等により酸素が十分に脳に行き渡らなくなるために起こります。 貧血による頭痛の改善は、貧血を治す(鉄分を摂る)ことが第一ですが、緊張性頭痛を緩和する方法で、症状改善が期待出来ます。 水分不足で頭痛 悪阻で嘔吐し続けている等、体内の水分が不足している場合にも頭痛は起こります。 こちらは血液がドロドロになり血流が滞ることで起こります。 緊張性頭痛に属する頭痛です。 妊娠中毒症による頭痛 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の一症状として頭痛があらわれることがあります。 つらい頭痛が長引く、あたまがぼうっとするといった症状がある場合は直ちにお医者さんに相談してください。 妊娠以外の原因が考えられる頭痛 妊娠中に頭痛が起きると、妊娠の影響だと思いがちですが、全く違ったところに原因がある場合もあります。 鼻や目、耳、歯や顎関節症による頭痛 蓄膿症や副鼻腔炎、眼性疲労や緑内障、中耳炎、虫歯、顎関節症からくる食いしばりなどが、頭痛の原因となっている場合もあります。 出産後の話ではありますが、私自身、酷い頭痛と歯痛を感じて歯科を受診したら内科をすすめられ、そこで「蓄膿症」と診断、処方された抗菌薬を飲んだら数日で頭痛が治った経験があります。 頭の内側が痛む場合 例えば目の奥のあたりが痛む場合などは、妊娠以外の原因も考えられます。 検査を受けた方が良い状況だと思われますので、この場合はお医者さんに罹ってください。 突発的に殴られたような激しい痛みに襲われる場合 秒単位で痛みがMAXに達するような瞬間的な頭痛の場合は、深刻な病気である可能性も捨てきれません。 ただちにお医者さんに行かれてください。 二大要因別 妊娠中の頭痛対処法 頭痛の種類が「緊張性頭痛」であるのか、「偏頭痛」であるのかによって、改善策は違ってきます。 緊張性頭痛(圧迫痛)の対策 緊張性頭痛は、身体面、精神面、それぞれのストレスを緩和し、血行を改善する必要があります。 先に挙げました締めつけるような頭痛、首や肩の凝りを伴う頭痛、貧血や水分不足による頭痛の場合は下記をお試しいただければと思います。 身体的アプローチ• 長時間同じ姿勢を取らないように心がける• ストレッチをして血行促進、コリをほぐす• 半身浴や蒸しタオルで血行促進• 甘いものを控える(体を冷やす作用があるため)• カフェインを控える(血管収縮作用があるため)• 枕の高さを適正な高さにする 合わない枕を使うと、筋肉を緊張させてしまい、頭痛の原因となってしまいます。 枕の適正な高さについては、でご案内しています。 蒸気マスクで頭痛解消 目の周りがかなり温まるようです、頭痛緩和が期待できそうです。 精神的アプローチ• 気分転換に外を散策• 全てを忘れて寝る• リラクゼーションマッサージを受けて血行促進、コリをほぐす• アロマの香りでリラックス• ハーブティーでリラックス アロマオイルの中には妊娠中の仕様を推奨されていない香油もありますが、直接肌につけなければ、悪影響は無いとされています。 グレープフルーツや、カモミール、ベルガモットなどで芳香浴すると、リフレッシュできるかもしれません。 マタニティー専用アロマオイルとハーブティーのご紹介 下記に紹介しますのは、妊娠初期から全期に渡って安全にご利用いただけるアロマとマタニティーハーブティーです。 どちらも私自身で試し済みです。 マタニティー専用アロマオイル アロマセラピスト兼助産婦さんが最高級グレードの精油を使用して作った、妊婦さん専用アロマ。 グレープフルーツやベルガモットの香りで気分をリフレッシュさせてくれます。 とにかく癖がなく、不純物を感じさせないストレートな香りです。 色んなニオイに敏感になりやすい時期、このアロマをかげば、周囲の嫌な臭いもリセットできそうです。 妊婦さんのアロマについては詳細を別記事で解説していますので、良ければご覧くださいね。 私はハーブティーはどちらかと言うと苦手なのですが、このハーブティーはとても飲みやすい、と感じました。 規則正しい生活をする 寝すぎたり、逆に寝不足だったり、不規則な食生活で空腹だったりすると、偏頭痛が起こりやすくなります。 特に二度寝は大敵です。 頭痛を誘発する食べ物を控える• チーズ• チョコレート• レバー• キムチ• アルコール これらの食べ物は、血管拡張作用があると言われています。 食べることで、偏頭痛を誘発してしまうかもしれません。 冷やす 偏頭痛の場合は、痛む場所(拡張した血管部分)を冷やすことで症状が楽になります。 ジェルシートやアイスノンなどを使って、目や首回り、肩を冷やしましょう。 痛みを感じる時には要注意です。 カーテンを閉めた部屋で一時間程横になると、症状が緩和する可能性があります。 甘いもの、カフェインを摂る 甘いものもカフェインも妊婦さんにあまり勧められませんが、これらには血管収縮作用があり、摂ることで頭痛が緩和される可能性があります。 どちらも「妊婦絶対NG」とまで言われているものではありませんので、症状が酷い時に適量試してみても良いかもしれません。 栄養不足でも頭痛が起きる? 先述の鉄分不足による貧血もそうですが、マグネシウムの不足で偏頭痛が起きやすくなるなど、栄養不足によって頭痛やその他の不快症状が引き起こされる場合もあります。 当ブログでは、妊婦さん推奨サプリの中でもダントツで栄養価が高い「 」(私も飲んでいます)と、比較的栄養バランスが良く、妊婦さんに大人気の「 」をお勧めしています。 しかし、原因が貧血であったり水分不足であったり、妊娠中毒症である場合は注意が必要です。 お医者さんに相談の上、不安なく過ごしていただけたらと思います。 あやと申します。 不妊治療の後、悪阻で入院し2ヶ月絶食、点滴のみで生きる日々を乗り越えて男の子を出産しました。 生まれた子は、8種類の食物アレルギーを抱え、喘息とアトピーを持ち、さらに発達障害(アスペルガー症候群)と診断されました。 一連の経験をもとに、つわりや妊娠時の不調で苦しんでいる妊婦さんのお役に立てたらと、症状軽減のためのブログを立ち上げました。 私自身が経験したこと、先生や看護師さん、書籍等の信頼に足りうる情報を多角的に精査し、「本当に役に立つ情報をお伝えする」をポリシーに、サイトを運営しています。 皆さんからの体験談やつわりアンケート調査結果も載せています。 あなたの辛いつわり期を、少しでもサポートできたらうれしいです。

次の