千と千尋の神隠し カオナシ 正体。 千と千尋の神隠しのカオナシの正体サタン説!擬人化するとかわいい件

千と千尋の神隠しのカオナシの正体を考察でサタンと判明?モデルは一体誰? | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

Contents• カオナシは欲の塊の象徴!? カオナシは、黒い影が人に似た形をとった存在で、顔にあたる部分はお面を被っているように無表情です。 まとまった言葉を発することはなく、「あ、あ…」「ウゥ」など、言葉にならない音を発します。 言葉と言えるのは「イヤダ…」「笑ったな?」ぐらいです。 カオナシは、言葉ではなく、砂金で相手の気を引こうとします。 そのため、欲の塊のような存在と言われています。 言葉を発する際には他者を取り込みます。 その前段階として、他者の欲するものを創り出しますが、それには実体がありません。 カオナシの正体は人間そのものだった!?みんなの中にカオナシがいる!? カオナシは当初、その他大勢のキャラクターでした。 宮崎駿監督は、著書『千尋と不思議な町』の中で次のように語っています。 自分の居場所を求めたり、誰かに必要とされる事を望んだりする、多くの人の心の中に潜んでいる気持ちを、カオナシは表現しているとするのが都市伝説で広まっている解釈です。 カオナシの正体は人間そのものとも考えられますね。 カオナシの正体は現代の若者だった!?カオナシの特徴とは? 「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシの正体は、現代の若者そのものとする見方もあります。 カオナシは、言葉によるコミュニケーションをほとんど行いません。 自分が望む事態をお金の力で引き寄せようとします。 お金で解決しないと見るや、逆上して暴れ出します。 一見気弱そうな外見とは裏腹に、突然キレると暴走する側面を持ち合わせています。 湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になり、カオナシの正体について現代の若者説が広まりました。 スポンサーリンク カエルは何故カオナシに飲み込まれたのか!?カオナシの正体はサタン!? カオナシは千尋を追い回し、千尋に金を差し出して自分を受け入れてもらおうとします。 千尋は金を受け取らず、カオナシは逆上して暴走を始めます。 カオナシの差し出す金を受け取ったカエルは、カオナシに飲み込まれてしまいます。 カエルを飲み込んだことで、カオナシは片言でも喋れるようになります。 しかし、千尋にニガダンゴを食べさせられて、飲み込んだカエルを吐き出します。 カエルを吐き出したところ、カオナシは喋れなくなっておとなしくなり、千尋と一緒に銭婆のもとへ向かいます。 千尋と一緒に銭婆のもとへ向かう途中、千尋とカオナシが乗っている電車の車窓に「サタン」の文字が浮かび上がっています。 ほんの一瞬、「サタン」というネオンサインが出てきます。 これはジブリ側がカオナシの正体を密かに教えたものとの都市伝説があります。 カオナシのモデルは「借りぐらしのアリエッティ」の監督だった!? カオナシのモデルは、映画「借りぐらしのアリエッティ」を手がけた米林昌宏監督だとされています。 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそのように述べています。 「千と千尋の神隠し」のヒット祈願イベントで明かされたこのエピソードについて、坊の声を演じた神木隆之介さんも「会った瞬間、『あっ、カオナシだ』って思った」と語っています。 ただし、実際には米林監督自身によって、この逸話は後付けだったことが判明しました。 米林監督は、「自分が描いたカオナシを見て、宮崎監督が『まろにそっくりじゃないか』と言ったところから広まった」と明かしています。 ちなみに「まろ」は米林監督のニックネームです。 スポンサーリンク.

次の

千と千尋の神隠しのカオナシの正体を考察でサタンと判明?モデルは一体誰? | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

Contents• 千と千尋の神隠しのカオナシの正体を考察! 「 千と千尋の神隠し」と言えば、知らない人もいないくらい有名なジブリのアニメ映画ですよね。 2001年に公開され、興行収入はなんと 308億円!! この数字は「タイタニック」や「アナと雪の女王」、「君の名は」と言った社会現象を巻き起こすほどの数々の人気作品を抑え、現在も 日本歴代興行収入堂々の第一位です。 そんな「千と千尋の神隠し」に登場する カオナシ。 黒い体に白いお面。 「ア・・・ア・・・」とか言いながらモノをくれようとする「良いヤツそうなキャラ」だと思いきや・・・ カエルをはじめ登場人物を次々と丸飲みするシーンでは底知れぬ恐怖を覚えた人も多かったのではないでしょうか? 今回は、そんなカオナシの正体について考察したいと思います。 カオナシの正体はサタン!? 本日の妄想 カオナシはサタンと言われている。 サタンはルシフェルのことであり、元は力のある天使だった。 サタンが死ぬと聖書では「福千年」がやってきて、平和な時代が千年続くと言われている。 しかし、同時にカオナシの死は、あらゆる人間から顔の表情を消す。 つまりロボットの時代が来るのだ。 — 白島 真(しろしましん) shindesuyo53 実はカオナシの正体は サタン(聖書に登場する悪魔)なのではないか?と言われています。 これにはいくつか理由があります。 1つは千尋がカオナシや坊たちと電車に乗って銭婆の元へ行く時に車窓に映る文字です。 窓の外には色々なものが見えるのですが、なんと 画面左端に一瞬だけ「サタン」という文字が見えます! この文字は見きれていますし、コマ送りにしないと見えないくらい短い間なので、普通に見ていたら見落としてしまいますが・・・ わざわざ「サタン」という文字を入れたのには何か訳があるとしか思えないということで、その他の根拠も含め、カオナシの正体のことなのでは、と言われています。 また、電車に乗って千尋たちが向かう「 沼の底」も、カオナシがサタンと言われる理由の1つです。 この「沼の底」は6つ目の駅なのですが、 「6」は悪魔の数字だと言われています。 そして、最終的にカオナシだけはこの沼の底にある銭婆の家に残ることになるのですが、 聖書の中で、サタンが最後に行き着くのは「底知れぬ所」。 ・・・カオナシ=サタンと考えれば、カオナシが最後に辿り着いた沼の底は「底知れぬ所」ということになりますね。 このように聖書とリンクしているような部分もあるため、「カオナシサタン説」はかなり濃厚になっています。 最後に、後述しますが カオナシは欲望の塊、象徴だとも言われており、 サタンも聖書の中ではキリストたちをそそのかした悪魔という扱いです。 カオナシとサタンにはこういった多くの共通点 が見られるので、サタンをモデルにしたのではないかと言われています。 カオナシの正体は人間の欲望そのもの!? 千と千尋のカオナシは、人間の欲望の象徴であると本に書いてあった。 カオナシは金を出すことで何でも手に入ると思っている。 ご馳走や、金に集まって来た人を食べてしまう。 しかし千尋が欲しいものは出せなかった。 千尋が欲しかったのは父親と母親の安全であり、困難を乗り越えた自分だったからかも。 — とうふ GiTai1128 カオナシは何も無いところから砂金を生み出す魔力(?)を持っています。 この力を利用し、カエルを誘導して丸飲みしたりして、油屋の従業員たちを惑わします。 ちなみに自分を気に掛けてくれた千尋もこういった能力で手に入れようとしますが、それには失敗していますね。 とはいえ、カオナシは 「他者の欲」を利用し、自分の欲しいものを手に入れるのです。 そんなカオナシの姿が人間の欲望を写しだしたようだと言われています。 手から出てくるのが「砂金」というのも、 お金への欲が深い人間の心の黒い部分を投影しているようで、イヤですね。 笑 カオナシは誰の心にもいる!? 似たような人を見つけて心の中のカオナシが(あっ………あっ………あぁ………)してる — 藍笹キミコ syasinsisaisasa 「千と千尋の神隠し」を手掛けた宮崎駿監督によると、「 みんなの中にカオナシがいる」のだそうで・・・ 欲望だとか悪い心だとか、そういった人間の黒い部分をカオナシというキャラクターで描いたのではないでしょうか? 体も黒いですし・・・笑 また、カオナシは汚い欲と共に 誰かに気付いてほしい、居場所が欲しい、という寂しい部分も持ち合わせています。 これも人間誰しも少しは持っている感情です。 そう思うと、カオナシは人間の「心」というよりも「 人間そのもの」を描いている可能性も考えられますね! カオナシは若者のメタファーだった? 恐っろしい事に、現代から見ると『カオナシ』は最早『キレる若者』のメタファーではなく『迷惑なオッサン』として見た方が解り易いんだよなぁ。 どっちかって言うと、千尋の境遇の方が遥かに『今の若者』って感じだもの。 — U ebleco 現代の若者の特徴を見てみましょう。 情報社会の中で多くの情報に惑わされ、自分の意見を持っていない• 多くの情報源があるため流行にますます敏感• 量産型のメイクやファッション、ヘアスタイルなどを好み「個性」を捨てている• SNSなどの発達によりコミュニケーション能力が低下している• コミュニケーション力がないので気に入らないことがあると暴れる• 困ったことがあると人に頼ったりお金で解決しようとする もちろん全員がそう!という訳ではありませんが、今の若者たちにはこういった印象を抱かずにはいられません。 そしてカオナシは• 自分の言葉で話せないので誰にも理解されない (=コミュニケーション能力がない)• 砂金で他者を操ろうとする (=お金で解決)• 自分の意にそぐわない千尋を追いかけ回して油屋を荒らす (=気に入らないと暴れる) ・・・どうですか? いかにも「今時の若者」という感じの行動を取っていますよね。 笑 また、上映時のパンフレットのカオナシの説明には「 他人の声を使わないと意志を伝えられない・・・主体性がない」といった記載があったそうです。 「ア・・・」しか言わないし、めちゃくちゃコミュ障ですね、カオナシ・・・ そしてカオナシという名前に、真っ黒な姿、能面のような顔。 これも「個性」の感じられない現代の若者を表現しているような印象です。 かと思えばとんでもなく個性的な人もいますけどね・・・ 若者は極端です。 カオナシのモデルは一体誰? 『思い出のマーニー』の米林監督。 それは「借りぐらしのアリエッティ」の監督を務めた 米林宏昌さん。 この話は「アリエッティ」ヒット祈願のイベントの際に、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによって語られたのですが、「千と千尋」と「アリエッティ」の2作品で声優を務めた神木隆之介さんも「会った瞬間、『あっ、カオナシだ』って」と、便乗してコメントするほとでした。 ネットで検索すると、米林監督とカオナシが並んでいる写真も出てきますが、まぁ似ているような、そうでもないような・・・という感じです。 笑 しかし、実は米林監督をモデルにカオナシが作られたのではなく、宮崎駿監督がカオナシのことを「 まろ(米林監督のニックネームです^^)にそっくりじゃないか」と言ったことによって「米林、カオナシモデル説」が浮上したのだとか。 と言う訳で、カオナシのモデルとなった 具体的な人物はいませんでした! まとめ 人気アニメ映画「千と千尋の神隠し」のカオナシについて考察しました! カオナシは ・個性がない ・コミュニケーションが取れない ・欲深い などの特徴があり、その元となっているのは 聖書に登場するサタン、現代の若者、人間の欲などではないかと言われています。 具体的なモデルはいませんが、米林宏昌監督に似ている、と宮崎駿監督が語っていました。 作中の重要なキャラクターであるカオナシの行動や心の変化にも注目しながら、物語を楽しんでみてくださいね!.

次の

カオナシ (かおなし)とは【ピクシブ百科事典】

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

Contents• 湯婆婆の正体とは? 湯婆婆は 黒柳徹子を思わせる大きな玉ねぎ頭 二頭身の姿 大きな鼻 大きなイボ など凄まじい存在感のヴィジュアルをしています。 その湯婆婆の正体は 油屋の経営者にして魔法使い 油屋で働く従業員の 名前を奪い相手を支配する という特徴があります。 ハクも名前を奪われ、自分の名前がわからなくなっていましたよね。 千尋も名前を奪われて「千」になっていました。 湯婆婆の年齢は? 老婆の姿をしている湯婆婆ですが、年齢はいくつくらいなのでしょうか? 調べてみましたが、湯婆婆の年齢は謎です。 具体的な年齢設定はないようです。 ただ謎のままでいいかもしれませんね。 基本的に湯婆婆は魔法使いですから。 映画の中でコウモリ?カラス?のような姿になっていたことから変身能力はあるようです。 そうであれば老婆の姿ではなく、若い姿になることも可能かもしれませんね。 ちなみに湯婆婆の年齢は ゆうに100歳を超えている というのもありだと思います。 湯婆婆の性格は? 湯婆婆は性格は良いとは言えませんよね。 名前を奪って支配している ハクを呪いで縛っていた 口うるさく 強欲 などむしろ最低かもしれません。 また千尋に対しても傍若無人な対応をしていたりといいところを見つけるほうが難しいです。 ただ意外にも客である八百万の神々に対しては丁重な態度でもてなし、河の神を助けた千尋に対しても褒めるなど経営者として有能のようにも思えます。 この時千尋を抱きしめていましたしね。 Sponsored Links 純粋な悪役というわけではないようです。 ひどいのには違いないですが。 湯婆婆と銭婆の違いは? 千と千尋の神隠しで湯婆婆と双子のもう一人の魔女。 それが銭婆です。 この湯婆婆と銭婆は 顔・髪型・声などすべてが全く同じ! 映画を観る限りはそうみえます。 声優を担当しているのも共に 夏木マリさんです。 二人に違いはあるのでしょうか? 湯婆婆と銭婆の違いは 湯婆婆の胸元にはイボが1つ 銭婆の胸元にはイボが4つ のようです・・・。 わかりませんよね笑 ただこれはあくまで設定上のものです。 もちろんこのイボの数の違いがわかるシーンは存在しません。 そして湯婆婆と銭婆ですが、瓜二つの双子なのにもかかわらず 仲が悪い! 湯婆婆は・・・ 銭婆の魔女の契約印をハクに命令して奪わせに行かせている。 銭婆は・・・ 坊をネズミに 頭を坊に 湯バードをハエドリに にそれぞれ変えてしまいます。 このへんはどっちもどっちのような気もしますけどね。 銭婆も迎え撃ってますからね。 ただ決定的に違うのはその性格ですね。 湯婆婆に比べると銭婆は非常に温和。 千尋はハクを助けるために魔女の契約印を銭婆に返しに銭婆の元に向かい謝りまりました。 そこでの銭婆の対応は怒ることもなく あたたかく迎え入れてくれ おまえを助けてあげたいといってくれ お守りの髪留めをくれ と湯婆婆とは大違い! そしてカオナシを迎え入れています。 今回は湯婆婆と銭婆にスポットを当ててみました。

次の