モク ナシ ゴリ ランダー。 【ポケカ】愛知CLで奮闘!モクナシゴリランダーデッキご紹介

【レシピまとめ】2019年12月14日ジムバトル優勝レシピ│国立ポケカ図書館

モク ナシ ゴリ ランダー

アローラ!まつと申します。 今シーズンも懲りずに新弾評価です! SSS 長い間環境を取る最強カード SS 環境デッキの軸にとなるカード S 環境デッキに食い込んでくる程度 A 強い B そこそこ強い C 普通 D かなり厳しい E 厳しい を基準に評価しています。 ゴリランダーと組み合わせることで2ターン目から200点叩きだせるのは悪くないが、水が雷弱点になった所と鋼タイプが草抵抗を持ってしまった所、Vの基本的なHPは220であるためげんきのハチマキ込みでの突破が難しいのが若干向かい風。 V S…上技のおかげでスタートしてしまってもベンチに返ることができ、VMAXを引けなくてもオーシャンループで210とかなりの高打点が出せる。 スタン環境でベンチを呼ぶ手段が限られている点、モスノウで手札に戻したエネは再度貼る事ができる点、VMAXしなくてもそこそこの打点を出せるため進化するかしないかの選択ができる点からモスノウやVMAXと非常に噛み合いの取れた良カードだといえる。 VMAX S…HP320のが200以上を連発してくるだけで恐ろしい。 三神は7エネ若しくは6エネ+げんきのハチマキで1パン。 モスノウと組み合わせると2ターン目から6エネ付けて270出すことも不可能では無いため非常にカードパワーが高い、というかモスノウが強い。 V A…上技でカウンターされる危険性があることから壁役として優秀。 等ベンチを呼ぶ手段、そして相手がをベンチに逃がす手段が少ないため下技もかなりのロック性能を誇る。 ただで突っ張り続ける動きは相手も対策しやすく非常に脆いため、かげしばりで相手の行動を制限しつつ、ダメカンを乗せてきたらふんばりがえし、乗せてこなかったら別で殴ると切り替えた方が強そう。 その際はやあかつきネクロと組み合わせると強い。 HP220は次環境出しやすいが多そうなため、できれば大きなおまもりと組み合わせたい。 イシヘンジンV B…1エネ40の技がありVMAXの下として最低限の性能を持っている。 込みで60、格闘道場込みで70を後攻1ターン目から出せ、サイドテンポを取りながらVMAXに繋げられるという点は優秀だが、上も3エネ起動なのは痛い。 イシヘンジンVMAX B…次環境のVは標準HPが220という事もあり、ダイロックは込みで220出るため最低限の打点を持っているといえる。 ただ要求エネが闘3つで準備するまでに3ターンかかる。 1ターン目は前に何かしらのを置いてサイドを取ってもらい黒帯から起動する構築が一番良さそう。 HPが異常に高いのでVを2体持っていけるスペックはある。 他にも鋼エネがあったら付けられたり、3エネ230出せたりと申し分ないパワー。 デッキとしては1ターン目をパスすることが多くエネの色が噛み合っている三神と組み合わせると強そう。 他にも&メルメタルと組み合わせることで鋼鉄のフライパン込みで実質HP280になったり、ニャイキングを立てることで打点を270まで伸ばしたりと、鋼は周りのカードのスペックが高いため様々なタイプが考えられる。 また技を宣言しないLOにも入る可能性はある。 無色エネ起動のためエネ加速を持つデッキに入れ得ではあるが、ダブル無色エネが無いのはかなり痛い。 非V ゴリランダー S…ちょっと弱い。 Vやモクナシ、セレバナ、といった草エネを使う重いと組み合わせると強く、今後の草デッキを支える存在になりそう。 ジメレオン A…アロキュウと違ってサポートとスタジアムもサーチでき、真ん中の進化にしてはかなり優秀。 上のカードと合わせて特殊なコンボも狙いに行ける。 インテレオン A…ジメレオン同様トレーナーズ2枚サーチが強力。 しんかのおこうで触れられ、ベンチを呼べるカードが少ない中でカスタムキャッチャーを揃えられ、アロキュウと違いサポートも持って来られる非常に便利な特性。 技は2エネ120-20と標準的であるが火力不足なためあくまでサポートの立ち位置で、水アタッカー以外とも組み合わせられそう。 ゲンガー A…Vの打点を調整したり、前の超のダメカンを後ろに動かすことで実質まんたんのくすりのような動きをしたりと悪い事ができる。 ニャイキング S…重なる20点は強い 確信。 ザシアンVの打点をTAGTEAMに届くようにしたり、メルカリGXやザマゼンタVの火力を補ったりと万能カード。 げんきのハチマキは+10で今までよりも打点を上げる方法が限られているため、+20特性の恩恵は今までよりも強そう。 特性が超強力なのは言うまでも無いが、技は控えめ。 40なのでGXのGX技との相性が良い。 D…普通。 D…1エネ麻痺なのでイツキと組み合わせたら面白そう。 C…ゴリランダーでエネ加速したら楽しそう。 サルノリ E…スターター猿の方のHPが高い。 バチンキー C…が無い環境で挑発はそこそこ使えそう。 ヤトウモリ D…HPは高いがなかまをよぶヤトウモリが残っている。 E…大した打点が出なくて使え無さそう。 ヤクデ D…スターターヤクデは無限ダメージが出せるためこちらはあまり使わなさそう。 マルヤクデ E…溶接工でマルヤクデにエネ付けるよりもジュジュハチ打った方が効率的。 クラブ C…1エネ全体10点が雑に強い。 D…下技がクラブの技と噛み合っているが要求エネのわりに打点不足。 E…壁。 メッソン D…スターターメッソンがHP70。 ワンパチ D…標準。 等その他HPの低いGXやVも持っていけるため可能性のあるカード。 サンマ、ゲイン、エネで1エネ180が実現する コケコVで良くないか?。 バチンウニ E…コイン狂信者がお遊びするカード。 実は50%の確率で麻痺だったりする。 ゴース C…ピッピ人形やと組み合わせて手軽に悪いことできそう。 ゴースト D…催眠は正義。 ヤバチャ E…HPが低い。 まじでの方が強い。 ポットデス B…HPも低く1進化であるが非GXにしては破格のダメージを出せる可能性がある。 から進化したら意表が付けそうな。 E…ゲンガーでダメカンをに動かしたら90ダメージ出る。 D…標準。 C…大きなおまもりでHPを増やせば自分が気絶せずに2エネ200を出せるが、要求が多く現実的ではない。 タタッコ C…HPも技もたねにしては優秀。 ベンチでGXのような特性でダメージを与えられるを動かすのも強く、若しくは闘エネ+黒帯で動かしてLOを狙いに行くのも面白そう。 D…毒タイプは悪に入るらしい。 B…「この特性は、が何匹いても重ならない」というテキストが存在しない。 で縛ったり、で打点UPしたりと毒界隈が明るいカード。 クスネ B…悪タイプは虫に弱いので草弱点。 技がかなりいやらしいので強いフォクスライが出た時に引っ張り出されそう。 フォクスライ D…相手の手札を確認できるのは良いが、打点が低く下の技も大したことが無い。 ガラル C…HP70。 D…普通。 D…現環境はベンチを呼ぶ手段が少ないため下技は噛み合ってそうだが、別に打点が高いわけでもエネが軽いわけでもないため特段採用する理由は無い。 別のがそこそこ強いためそこに繋ぐという点では相性が良いのかもしれない。 LOやエネ破壊デッキの壁として採用される可能性がある。 アーマーガア B…トリプル加速と組み合わせたら実質ノーコストで100のバリアを貼る事が出来る。 フライパンやメルカリのGXワザを使ったらー160となり実質HP330。 中打点殺しのデッキにはなるが、わざわざ2進化を立ててまでしなくてもメルカリのフライパン込みー60で間に合ってそう。 D…HP70。 ココガラ D…普通 アオガラス D…道具を落とせるのは強いかも。 トレーナーズ&エネルギー しんかのおこう SS…汎用性の塊。 進化デッキに2~3枚入れると強そう。 ふつうのつりざお SS…すごいつりざおのリメイク。 前に比べて戻せるorエネルギーの最大枚数は減っているが、その分orエネルギーを選択しないでも良くなったため使い勝手はむしろ良さそう。 ふうせん SS…あかつきなどが落ちたことで出番が少なくなっていた逃げ2の優秀なが動きやすくなる。 博士の研究ー博士 SSS…文句なし。 ビート S…汎用性の塊。 エネ加速が足りていないデッキに採用したらそれなりに活躍できる。 すごいきずぐすり B…まんくすで反省した感がある。 エネトラッシュしないと使えないためかなり使いにくそう。 じてんしゃ A…LOなら入るかもしれない。 普通のデッキには入らないと思っている。 ラムのみ D…いれかえと風船で良さそう。 新弾のカードを使用したデッキ案 ここでは自分が気になったカードを使用したデッキをいくつか挙げています。 1回も回してないので強いかどうかは諸説です モクナシゴリランダー デッキコード…kffkkk-9za7vQ-FVw5dV かつてのブルルを彷彿とさせる爆発力の高いデッキで、クイボネット合計8投で序盤が安定、のレギュ落ちによりセレバナの特性の価値が上がった。 1ターン目はモクナシのスーパーグロウでゴリランダーを立てていきたい。 モクナシのトロピカルアワーGXの追加効果が三神系統にかなり強い。 メルカリニャイキング デッキコード…kkFkVw-bhobf1-fV5FFv 元から耐久に優れた鋼デッキが火力とエネ加速を手にした。 打点調整のために、ベンチを呼ぶためにが入っているが、恐らくこの2枚に関しては多くのデッキの入れ得カードになる。 今回は以上です!シールドの評価までもう少々お待ちください..

次の

ポケカブログ【新弾ソード&シールドよりゴリランダービート!】デッキレシピ紹介!

モク ナシ ゴリ ランダー

こんにちはテトリです。 ポケモンカードは公式大会に抽選が通らず、ソード・シールドになってからはほとんどやる機会がなくなっていたのですが、 シーズン3のシティリーグにようやく当選し、環境考察やデッキ調整をしてきたのでご紹介させていただこうと思います。 デッキは モクナシゴリランダーです。 CL愛知でも上位に食い込んでいたデッキですが、 その後の拡張パック "VMAXライジング" で登場した ゴリランダーVMAXも採用し、 今までの構築ではモクナシ2回攻撃しないと倒せなかった相手も、ゴリランダーVMAXの技で倒せるようにしました。 またその後の拡張パック "反逆クラッシュ" キャプチャーエネルギーが登場しました。 これのおかげで今までよりもより安定して、後攻1ターン目でゴリランダーを育てることができるようになりました。 LO対策にセレビィ&フシギバナを採用しようと思いましたが、逃げエネ4の為動きが決まらなくなる可能性があったため辞めました。 技「 やすらぎハリケーン」で150ダメージ おまけに30回復 1ターン目にキャプチャーエネルギーをモクナシに付けることができていた場合は、ゴリランダーVを出して1枚手貼りしてもいいですね。 相手は次の1ターン動けないでしょう。 4ターン目くらいまでは、ドロサポを使うことになります。 その後は山のエネルギーの数もかなり減っているし、ボスの指令やグレートキャッチャーへのタッチもしやすくなってくると思います。 多くの対戦数をこなさなければいけないCLにおいて、最初にやることが決まっているデッキはそれだけ脳の負担を減らせるので、色んな相手との練習環境が整っていない自分にとって、プレミを減らすという観点からも良いデッキです。 トロピカルアワーGX後はゴリランダーVMAXのダイレンダを打てるようにして、3神を倒すかザシアンVを2体倒して勝ち。 それができない場合は、やすらぎハリケーン+ライフフォレストでの回復すれば350ダメージを受けきれるのですが、相手にエレキパワーを1枚でも使われると倒されるので、危ない橋。 ゴリランダーVMAXのダイレンダで6エネ付いているピカゼクを1体倒せれば巻き返せるので、初手の展開が物いう対戦とも言えます。 2回受けた時のダメージは280ダメージなので、やすらぎハリケーンで攻撃すれば耐えられて、後3トロピカルアワーGXで逆に倒せる。 カラマネロサイクルをさせないために6エネつけてGXしてもいいし、どうせすぐエネは捨てられるから3エネでGX技を打ってもいい。 3エネにする分、次のアタッカーを育てていけば有利に立ち回れると思う。 以上です。 まだリザードンVが登場する前の大会への調整だったので、今後炎タイプがどうなって来るか。。。 私は草タイプが好きなので、活躍できる環境だと意気込んでいたんですが、コロナのせいでなんとも残念な結末となりましたね... こんにちは。 テトリです。 今回もCL東京で使用する予定だったデッキの紹介です。 こちらは練習不足で、本命は前回のレシラム&リザードンGXTAGのデッキです そちらの記事もご参考にどうぞ。 今回は新弾オルタージェネシスに収録されていたカードから アルセウス&ディアルガ&パルキアGX 以下 三神と呼びます をメインに使用したデッキです。 ~デッキレシピ~ 三神といえば ケルディオGXと組み合わせるデッキが今流行しているそうですね。 しかし僕のは特性を使わずブルーの探索で展開していく形をとりました。 まずここに至るまでの経緯として、 2019CL京都第3位の方のブログにあった "ニンフィア&サーナイトGXはこだわりメットをつければ、GX技以外で1撃で倒されることない" という言葉に注目しました。 ……三神はメット無しでも倒れないな…? ということで、上記のニンフサナデッキを参考にアレンジしていった形となります。 このデッキの本質は 回復です。 アルティメットレイで後ろの三神のエネルギーを加速させつつ、アセロラ等で回復する というのが中盤以降の動きです。 オルタージェネシスGXは追加効果ありで打つ場合もありますが、追加効果無しで打つことも多くあります。 コンボの為に必要なパーツが多いので、ドロー枚数を増やすためにムウマージも採用。 0+ ブルーの探索がドロー含めた初手8枚に来る確率は、70. なので、同等とは言わないがそれなりに近いカードとして マサキの解析も採用しました。 三神をベンチor場に出しつつ、ムウマをやみのいしで進化 アクアパッチとエネルギーつけかえだけは手札に残し他は捨てられそうなら捨てていいです。 トラッシュへ捨てる手段はミステリートレジャーとトキワの森になります。 ムウマ場に出せている可能性は高めなので、ブルーの探索でサーチするのはトキワの森とやみのいしになることが多いです。 トキワの森で鋼エネルギーを持ってきて三神につけます。 相手がTAGチームデッキならば追加無しで使ってもいいですが、GXや非GXには追加効果ありでないと回復手段が足りないので、追加効果ありを狙います。 ダメージを受けて次にやられそうだったらアセロラなり逃がして満タンの薬なりで回復します。 逃がす場合は、エネルギーつけかえで鋼エネルギーは確保しましょう。 途中でユキメノコの攻撃も挟みます。 HP10でバトル場に残しても相手はサイドレース的にユキメノコを倒すメリットがないのでなんならもう一回うらみのといきを使えます。 バトル場に生き残っていた方が良いことが多いので、こごかぜを使う時があるやもしれぬ。 レシリザには滅法強いカードですので、炎相手には単純にアタッカーとして使っていってもok うらみのといきがオルジェネの30を追加して170ダメージ=ケルディオGXが倒せるのが偉いです。 残り2体で回復しつつ、リセットスタンプで手札を1枚にして乗り切りましょう ~改善点~ 3神と鋼が3枚ずつなのでその後の回復を考えると4枚ずつあったほうが良いと感じることも多い。 ユキメノコは本当は1枚で良いと思っていますが、レシリザが一番多いデッキと思っているので、2枚から変えられませんでした。 ケルディオGX型とどちらが良いか悩みましたが、ケルディオGXは対策されていると弱いカードだと思っているので、使う側は今ではないと思います。 対策は切れませんけれどもね… こんにちは。 テトリです。 今回はCL東京で使用する予定だったデッキを紹介します。 タイトルに予定とありますが。。。 今回も抽選に落ちました。 ですが、環境考察等は行っていたので、少しでも明後日のご参考になればと思います。 手札にエネルギーがあればアタッカーではないほうに1枚つけてカキを打つことが多いです。 TAGの打ち合いでは火力で勝るのでガンガン押していきましょう。 こだわりハチマキやウルガモスGXでのサポートもお忘れなく。 アルティメットレイによる加速もこちらのカキのほうがスピード&安定感で上。 目先だけ見てダブルブレイズを アルセウスTAGに放ってはいけない。 このデッキにはデデンネGXなども入っている為、最後にそこを狙う。 グレイシアGXを採用しているデッキが表に出ているが、 相手の初手グレイシア成功率はこちらのカキよりも高くないことと、エネルギーを始めにグレイシアGXに付けていることで相手の展開力も落ちるので、対策は切り目。 当たったらジラーチ等でリカバリーしていくことにする。 マオ&スイレンを回復しつつ ヒードランGXのばくねつスタンプ130ダメがGood また ウルガモスGXで20ダメージ射撃ができるので、ギラティナが多く技を打つと誰かしら1匹倒せる状態になることが多い。 2匹目はバクガメスを使い倒しに行く。 基本的に2パン以上の攻撃が飛んでくるので、マオ&スイレンで120回復を挟めれば1ターン多く攻撃できるので対策出来ると思います。 バクガメスを場に置いてレシリザで攻撃してしまうと返しのブラッキーでバクガメスが狙われるので、厳禁。 巨大なかまどが3枚火打石が1枚と通常よりも多く採用してあるので、必要パーツを手札にそろえて溶接工で3エネ付けられる状態を待ちます。 こだわりハチマキが引けなかった場合の保険 2. 増えると予想する サーナイトGXに対してエネルギーを絞って戦える。 にがにがかふんの ラフレシア対策 ラフレシアデッキを握るのを諦めた要因 以上になります。 サイドイベントには遊びに行こうと思ってますので、これは持っていくと思います。

次の

愛知CLで使う予定だったデッキ:青きモクナシゴリランダー|のり|note

モク ナシ ゴリ ランダー

そこからは 「ゴリランダー」の特性でどんどんエネ加速をして、 「やすらぎハリケーン」 「トロピカルアワーGX」を撃っていくのが狙いかと思います。 ゴリランダー 3-2-2 特性 「ボルテージビート」によって毎ターン山札から草エネ2枚を1匹につけられるので、このポケモンが立っていればほぼどのポケモンでも速攻で攻撃を始められます。 ダダリンV 1 こちらのポケモンが前の番に倒されていれば、 「イカリのいかり」で1エネ120ダメージを出すことができます。 また、 「ゴリランダー」のエネ加速があるので、 「ギガハンマー」もすぐに撃てますね。 イエッサンV 1 超エネはないので、どうやら特性 「こころくばり」でアタッカーたちを回復させるのが目的なようです。 「やすらぎハリケーン」と合わせれば、毎ターン50回復が見込めますね。 ウッウV 1 「スピットシュート」で直接ベンチに160ダメージを与えられるので、たとえ相手ポケモンがベンチに逃げてもお構いなしに倒すことができます。 優勝デッキを分析した感想 以前はモクナシと 「クワガノン」だった組み合わせが、新レギュになって 「ゴリランダー」になっているようです。 「ゴリランダー」はかなりの高HPなので、一度立てばすぐには倒されることなく毎ターンのエネ加速ができるのではないでしょうか。 草タイプのエネ加速ポケモンが出てきたことで、まだまだ色々なデッキが出てきそうですね! 関連デッキレシピ一覧.

次の