除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる。 エアコン節電のコツ!「冷房より除湿の方が電気代が高い」は勘違い?

エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

夏場に多く使うエアコンの機能として、「冷房」のほかに「除湿」があります。 この2つをじょうずに使い分けている方は意外と少ないかもしれません。 実際のところ、電気代はどちらが安いのでしょうか? 結論から言うと、「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」ということになります。 その理由は、冷房や除湿のしくみの違いにあります。 くわしく解説していきましょう。 エアコンの「冷房」と「除湿(ドライ)」の違いは? エアコンについている「冷房」と「除湿」は、どちらも夏場の室内を快適にしてくれる機能です。 しかし、具体的にどんな違いがあるのでしょうか? 「冷房」は温度を下げる機能 冷房は部屋の温度を下げることを目的とした機能です。 室内機と室外機をつなぐ配管の中を循環する冷媒が熱交換器をとおして室内の熱を奪い、冷えた空気を室内に戻すことで室温を下げます。 空気が冷やされる際には、温度の急激な低下によって飽和した水蒸気が結露水となります。 そして、この結露水がドレンホースをとおって室外へ排出されるしくみです。 室内の空気中の水分(湿気)を排出することになるため、実は 冷房も除湿を兼ねていることになります。 「除湿」は湿度を下げる機能 いっぽうの除湿は、 湿度を下げることを目的とした機能です。 一般的な「弱冷房除湿」は、冷房と同様のしくみで室内の湿度を下げていきます。 ただし、冷房が素早く室温を下げることを目的としているのに対し、除湿は湿度を下げることをいちばんの目的としているため、急激に部屋を冷やさないよう「弱冷房」で運転して湿度を下げます。 エアコンの「除湿(ドライ)」には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類がある! 除湿は室内の湿度を下げることをいちばんの目的にした機能なので、本来であれば温度は下げずに湿度だけを下げられればいちばん目的にかなっていることになります。 そこでエアコンの中でもおもに上位機種に搭載されているのが、「再熱除湿」という除湿機能です。 もうひとつの除湿「再熱除湿」とは? 弱冷房除湿は部屋を冷やしながら除湿しますが、 再熱除湿は冷やした空気をエアコン内部であたためなおしてから送風します。 そのため、部屋を冷やさずに室温を保ったまま除湿することができます。 梅雨の時期など湿気が多くまだ肌寒さが残る日は、再熱除湿を行うことで快適な室温のまま除湿ができるでしょう。 また、再熱除湿は弱冷房除湿に比べて除湿量が大きい点もメリットです。 いっぽうで、冷やした空気をあたためなおす必要があるため、より 多くの電力を消費する点はデメリットといえます。 エアコンの「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のうち電気代が安いのはどれ? 冒頭で「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」と述べました。 すでにピンときている方もいるかも知れませんが、これは除湿に2つの種類があるためです。 では冷房と2つの除湿を比べた場合、電気代がもっとも安くなるのはどの機能なのでしょうか? ズバリ、電気代が安いほうから、• 弱冷房除湿• 再熱除湿 という順番になります。 ただし、弱冷房除湿は電気代が安いというメリットがある半面、部屋の温度を下げてしまうほか除湿量が少ないというデメリットがあります。 いっぽうの再熱除湿は電気代は高くなりますが、肌寒い梅雨の時期に適しているほか湿度を下げたいけれど冷え性で就寝時に室温を下げたくない場合などに重宝するでしょう。 逆に 真夏に再熱除湿を使用すると、室温が下がらないばかりか電気代も高くついてしまうことになるので注意が必要です。 わからない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。 エアコンの「冷房」や「除湿(ドライ)」の電気代は電力会社の切り替えでも節約できる エアコンの冷房と除湿(ドライ)の電気代やそれぞれの違いについて解説しました。 エアコンの除湿機能には2つの種類があるため、冷房と比べてどちらの電気代が安いかは一概には言えません。 まずは自宅で使用しているエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」か「再熱除湿」かを確認したうえで、各機能を適切なシーンで使い分けることが重要です。 また、エアコンに限らず、 電気代は電力会社を切り替えることでも大幅に節約ができます。 自分の家庭の生活スタイルにあった電力会社・電気料金プランを選べば、 同じように電気を使っても電気代を安く抑えることができるでしょう。 夏の電気代が気になる方は、ぜひ電力会社の見直しも検討してみましょう! 電力会社を見直して夏の電気代を節約しよう! 暑い夏を乗り切るためにエアコンは欠かせない存在ですが、それだけに電気代はどうしてもかさんでしまいがち。 そこでおすすめなのが電力会社の見直しです。 電気の使い方にあわせてぴっらりの電気料金プランを選べば、電気代を大幅に節約できる可能性があるんです。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

冷房と除湿(ドライ)って、どっちがお得なの?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? 夏を乗り切る為に欠かせないエアコン。 猛暑ともなると、 1日中エアコンを 付けっぱなしという家庭も 多いのではないでしょうか? エアコンには、 冷房と暖房の他に 除湿またはドライという 名称の機能があります。 このエアコンの除湿は、 簡単に言うと部屋の湿度を 下げてくれるというモノです。 ですが、 製品によっては、 除湿に設定すると湿度だけではなく 部屋の温度まで下がる場合があります。 日本の夏は、 気温が高いだけではなく、 湿度も高く蒸し暑いのが特徴。 その為、 冷房ではなく除湿モードを 活用しているという家庭も ちらほら見受けられます。 また、 冷房よりも除湿の方が 電気代がリーズナブルという説が、 にわかに囁かれているようです。 実際には、 どちらのモードの方が 安上がりなのでしょうか。 今回は、 そんな雑学の悩みについて のお話です。 どうぞ最後までお楽しみに下さい。 合わせてこちらの記事もお読み頂くと、 雑学のお悩みについて 理解が深まると思います。 その1:エアコンの除湿には種類があるって知ってた? エアコンの除湿は、 湿度を下げるという点は同じでも その方法は機種によって異なります。 以前最も多かったのは、 弱冷房除湿というものです。 これはどんな方法か簡単に説明すると、 冷房運転を続ける事で 空気を冷やし湿気を排出します。 その仕組みは、 基本的に冷房と同じ。 だから、 湿気が少なくなると共に 部屋の温度も下がるのです。 しかし、 最近の除湿モードは、 弱冷房方式に変わって 再熱除湿方式 が多くなってきました。 何故なら、 前者の弱冷房方式は、 あまり除湿としての性能が 高いとは言えなかったからです。 湿気を排出する能力が高くない為、 湿度が思った程下がらないというなが、 デメリットでした。 そこで登場したのが、 再熱除湿方式という訳です。 こちらは、 冷房運転をし続ける前者と異なり、 一度空気を冷やした後で その空気を暖めてから室内に放出します。 除湿機能に関しては、 こちらの方が格段に上となります。 更に、 この2つの方式に加えて ハイブリッド除湿という方法も。 まずは、 ご家庭の製品が この内のどの方式で除湿を 行っているのか確認してみましょう。 スポンサーリンク エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その2:電気代が安いのは冷房と除湿どっち? 結論から述べると、 料金が最も安いのは、 弱冷房運転を続ける事により、 水分を排出する 弱冷房除湿。 こちらは設定温度を 同じにした冷房運転よりも 電気料金が安くなります。 ここだけを見ると、 冷房よりも除湿の方が お得だと思われるでしょう。 ただし、 その方法は弱冷房だけではありません。 再熱除湿方式の場合、 一旦冷やした後でその冷気を 暖める必要がある為に、 逆に多くの電力が掛かってしまいます。 それ故に、 弱冷房除湿よりも冷房運転よりも、 最も電気代は嵩んでしまうのです。 また、 ハイブリッド方式の場合は、 あまり冷房運転と比べて電気代は 大きく変わりません。 同じ設定温度にした場合、 料金だけを比較すると、 弱冷房除湿が最も安く次が冷房、 最も高いのが最熱除湿方式。 ハイブリッドは、 冷房と同じ位だと覚えておきましょう。 <大人気おすすめ> エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その3:冷房の自動運転がお得?暑い夏に本当に電気代がリーズナブルなのは… 夏にエアコンを使う一番の目的は、 部屋の湿度を下げるよりも 温度を下げる事ではないでしょうか。 確かに設定温度が同じであれば、 一見すると弱冷房運転が ベストの様にも思えます。 しかし、 悪魔でも除湿の目的は湿度を下げる事、 それを最優先に動きます。 その為、 外気温が30度を超える猛暑日に、 室内温度を快適に保つ事を優先するなら、 冷房運転が最も無駄がありません。 除湿モードにして 弱冷房運転を続けるよりも、 冷房モードで自動運転する方が、 電気代を節約出来る事もあります。 また、 どちらもその作用は一緒ですから、 冷房モードでもある程度の除湿効果は ありますよ。 温度を下げるのか、 湿度を下げるのかどちらを優先するのか? それにより、 どちらを選択するか決めると良いでしょう。 スポンサーリンク エアコンの除湿と冷房の電気代はどっちが安い?夏はどちらの運転が正解? その4:まとめ エアコンに備わっている除湿モードは、 その方式が弱冷房除湿方式の場合、 冷房運転よりも単純な電気代は 安くなる事があります。 ただし、 再熱方式の場合は、 確実に電気料金が高くなりますし、 部屋の温度を下げないというのが、 この方式の特徴なので 冷房の代わりにはなりません。 ハイブリッド方式は、 電気代こそ冷房と変わりませんが、 こちらも冷房の代わりとして 使うものではありません。 暑い季節の選択肢としては、 結局のところ冷房か弱冷房除湿か、 という事になります。 電気代に関しては、 後者の方がお得とも言えますが、 猛暑の季節に部屋の温度を下げる事を 第一に考えるなら、 冷房の自動運転が、 最も効率的に部屋を冷やし、 料金も経済的なケースが 多くなっています。 夏場の電気代が気になるなら、 まずはご家庭の機器の除湿方式を確かめる事。 そして、 弱冷房が採用されているなら、 湿度が高いせいで気温以上に 暑さを感じる場合は、 除湿モードを。 真夏で外気温も室温も高い猛暑日は、 冷房モードで効率的に 部屋の温度を下げる方が、 電気代も節約になるでしょう。 この記事がお役に立てていれば、 ブログ内「クリックしてね」欄の ブログランキングボタン、 ブログ村ボタンをクリックして頂けると とても嬉しい限りです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」では、はたしてどちらの方が電気代は安くなるのだろうか。 この記事では、誰もが気になるエアコンの電気代を調べてみた。 【参考】 エアコンの除湿と冷房、どちらが電気代がかかるの? ドライ(除湿)と冷房だと、どちらがより電気代を食ってしまうのか。 そもそもエアコンの除湿機能は、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類にわかれている。 基本的に冷房と同じで、空気が冷やされることで結露した空気中の水分を、液体の水として排出する仕組みだ。 弱冷房除湿は、文字通り弱い冷房をかけることで湿度と温度両方を下げるモードだ。 再熱除湿のほうは、除湿した空気を暖めて放出するので、室温が低下しないメリットがある。 湿気を取り除きたいが、温度は下げたくない場合に利用する。 東京電力が検証したデータによると、電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順に高くなっている。 ひとまとめに「ドライなら冷房より電気代が高い(安い)」とは言えず、方式によって違ってくるようだ。 【参考】 エアコンのドライ(除湿)運転にかかる電気代はいくら? エアコンのドライ運転にかかる電気代は、前述のとおり弱冷房除湿と再熱除湿のどちらを採用しているかで変わってくる。 ここからは、一般的な出力2. 8KWのエアコンを使った電気代を、参考までにシミュレーションしていく。 弱冷房除湿:約4. 1円 再熱除湿:約14. 9円 エアコンをドライで1日使った場合の電気代は? エアコンをドライで1日(24時間)稼働させた場合、電気料金は以下となる。 弱冷房除湿:約98. 4円 再熱除湿:約357. 6円 エアコンをドライで1か月使った場合の電気代は? エアコンのドライ運転を1日8時間、1か月間(30日間)稼働させた場合の電気代は以下となる。 弱冷房除湿:約2952円 再熱除湿:約1万728円 ちなみに冷房だと7920円となる。 機種によりばらつきがあるものの、除湿方式が弱冷房除湿のエアコンなら電気代は冷房よりも安く、逆に再熱除湿なら電気代は冷房よりも高くなるようだ。 10年前のエアコンとの電気代の差はどれくらい? 出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会 統計データ エアコンの電気代は10年前の機種と比較すると、どのくらい違うのだろうか。 一般社団法人日本冷凍空調工業会が公開しているデータによると、2019年製のエアコンの1年間の消費電力量は801kWhで、2009年製では849 kWhとなっている。 これを元に電気代を計算すると、10年前より年間約1296円安くなっているようだ。 【参考】 エアコンを安い電気代で使う方法は? 上記のように、エアコンを買い換えても年間で電気代が1000円ちょっとと、それほど大きな節約につながらない場合も多い。 そこで、温度設定や風量の調整など、使い方の工夫で電気代は節約できるのかを見ていこう。 エアコンの設定温度を調節すれば、かなりの節電効果が期待できそうだ。 エアコンの風量を弱くしても電気代は節約できない 一方、エアコンの風量を弱くしても、さほど電気代は安くならない。 ただし、エアコンのスイッチを入れた直後は、風量を強くして一気に室温を調節した方が結果として節電になるようだ。 エアコンをつけっぱなしにすると電気代は上がる? 下がる? 結論から言うと、これは状況によって変わる。 先ほども書いたように、エアコンはスイッチを入れた直後の室温を調節している時に、もっとも電気を多く使う。 したがって、30分程度の短時間の外出の場合には、いったんエアコンを切って帰ってきてから再度スイッチを入れるよりも、つけっぱなしにして温度を一定に保った方が節電になるようだ。 【参考】 エアコンを除湿にしてつけっぱなしにすると電気代は安くなる? 冷房と同じく、短時間の外出であればつけっぱなしのほうが電気代は安くなるケースも多い。 ただし、先にも書いたとおり、再熱除湿は冷房よりも電気代が高くなる。 つけっぱなしにするなら、弱冷房除湿方式なら安く済みそうだ。 一人暮らしの電気代を節約するエアコンの使い方 一人暮らしの場合も、節約テクは上に述べたことと基本は同じだ。 短い外出ならつけっぱなしのほうが電気代の節約につながるし、設定温度は少しでも常温に近いほうがいい。 夏場なら、エアコンと扇風機を併用すれば、設定温度を高めにしても十分涼しさを感じられるだろう。 【参考】 エアコンのドライ運転の電気代を計算してみた 各メーカーのカタログ記載のデータを元に、ドライで運転した時の電気代を参考までに計算してみた。 エアコンの除湿能力は一般社団法人日本冷凍空調工業会が定めている測定条件があり、基本的に各メーカーともこの基準に則したデータをカタログ等に記載している。 その基準は以下のとおり。 電気代は1時間あたり約3. 24円となる。 14畳用の最上位機種で省エネ性能はかなり高い。 〈見出し4〉ドライだけではなく冷房の電気代も安いダイキンのエアコン 「うるさらX」の冷房時の消費電力は790Wで、こちらもほかの製品とくらべてかなり電気代を抑えられる。 電気代は1時間あたり約16. 2円となる。 冷房時の消費電力は540Wとなっている。 先ほどのダイキンの製品と比べるとかなり消費電力が多いのは、ドライモードに再熱除湿方式を採用しているため。 その分、除湿量に関してはこちらの製品の方が多い。 【参考】 三菱重工のエアコンの除湿と冷房の電気代は? やや紛らわしいが、三菱電機と三菱重工は別の企業で、三菱重工のエアコンは「ビーバーエアコン」の愛称で親しまれている。 使用機種は14畳用のSRK40SX2で最上位機種。 電気代は1時間あたり約9. 45円だ。 冷房時の消費電力は900Wとなっている。 【参考】 冷房除湿など3つのドライ運転から選べるパナソニックのエアコン! 電気代は冷房と同程度 パナソニックのエアコン「Eolia」には、室温が下がりにくい「快適除湿モード」、冷房をしながら除湿する「冷房除湿モード」、「衣類乾燥モード」の3つのモードが搭載されている。 メーカーHPによると、快適除湿・冷房除湿の消費電力は冷房と同じとなっている。 ただし、再熱除湿モード、衣類乾燥モードは再熱除湿なので、消費電力は冷房よりも約20%高くなる。 【参考】 使っているエアコンの機種を把握して、電気代を抑えよう 以上、ドライ運転を中心に、エアコンの電気代や節電について解説してきた。 ひとくちに「ドライ」といっても、その方式によって冷房よりも高くついたり、逆に節約になったりもする。 光熱費を節約したい人は、自宅で使っている機種やスペックをまず把握するところから始めよう。 また、買い替えを検討している人は、最後に紹介した商品も参考にして欲しい。 文/ねこリセット.

次の