結果きみしか勝たんのだし。 closeup201707

過去村リプレイ(過去ログ): ときみょん村

結果きみしか勝たんのだし

西武ライオンズ 日本一!! 獅子は強かった!!! 日本一!!! 石井貴投手、すばらしい投球でした。 文句なしのMVPです。 ドラゴンズ完敗です。 50年ぶりの日本一は残念ながら逃しましたが、すばらしい日本シリーズを最後の最後まで見ることができて、幸せです。 西武ライオンズ、おめでとう!! 伊東監督おめでとう!! 中日ドラゴンズ、今まですばらしい試合をありがとう!! 落合監督ありがとう!! Weblog: FUKUHIROのブログ Tracked: 2004-10-26 02:29 Excerpt: 両リーグの覇者が誇りと意地をぶつけあい、もつれにもつれた日本シリーズも、ついに決着の時が来ました。 最終戦も点差こそついたとはいえ、9回裏までどうなるか分からない、まさに白熱した試合でした。 プロ野球に.. Weblog: にわか日ハムファンのブログ Tracked: 2004-10-26 02:54 Excerpt: <画像:ずたたん TIMELY REPORT様。 1年間お疲れ様でした!> プロ野球日本シリーズ第7戦は25日、ナゴヤドームで行われ、パ・リーグのレギュラーシーズンで2位だった西武が中日を.. Weblog: 孤空の彼方へ Tracked: 2004-10-26 03:44 Excerpt: 日本シリーズ第7戦の結果はいかに? Weblog: 日々雑感 Tracked: 2004-10-26 05:06 Excerpt: ダイエーホークスの元オーナー代行が、25日に強制わいせつ容疑で逮捕された。 同氏は、再生請負人として赤字事業をであった福岡ダイエー事業を1年で黒字化させた豪腕の持ち主。 その経営手腕は高く評価されている.. Weblog: 投資、経済、日常、人生 Tracked: 2004-10-26 07:03 Excerpt: Illustrated by. ずたたんさん 日本シリーズ最終戦。 50年振りの... Weblog: Party? Party! neppie. Weblog: 和敬静寂 Tracked: 2004-10-26 07:31 Excerpt: (ブログ名:元に戻しました) ずたたんさんのオリジナルを修正 <日本シリーズ第7戦> 10月25日 18時22分開始 西武 4勝3敗 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 西武 0 0 5.. Weblog: 阪神優勝、巨人最下位 Tracked: 2004-10-26 07:32 Excerpt: 燃え尽きました。 試合についていちいち欠く気力はありません。 最後はやや一方的な試合となり最終的には日本一を逃しましたが、しかし全体としてシリーズ自体は高いレベルのないようだった。 正直過去二回のシリ.. Weblog: ふなやすさんの退廃した生活 Tracked: 2004-10-26 07:50 Excerpt: 残念ながら ドラゴンズは日本一を逃しました。 戦いが終わればノーサイド 本来ならライオンズの選手やファンに祝福と拍手を送るのだが コテンパンにやられたり あきらかに実力差があったなら 素直に「おめ.. 日ハムとのプレーオフから数えること15戦の末に掴んだ日本一…。 シリーズ中に発覚したインサイダー疑惑もなんのその。 Weblog: 足立区民のスポーツBlog Tracked: 2004-10-26 08:55 Excerpt: 123456789計 西 武0050011007 中 日... Weblog: BASEBLOG Tracked: 2004-10-26 09:07 Excerpt: 就任1年目同士の監督対決、 西部ライオンズの伊東監督に軍配あがったね。 12年ぶりと50年ぶりの優勝となると、 やっぱり50年ぶりの方の中日ドラゴンズを応援してたけれど、 でもやっぱりやっ.. Weblog: パンダログ Tracked: 2004-10-26 10:09 Excerpt: 7試合ともタイトル画像はずたたんさまより。 MVP石井貴・2試合13回ドラ Weblog: つげちゃんのNEW気ま日記 Tracked: 2004-10-26 10:23 Excerpt: 悔しさもむなしさも乗り越えて、近所迷惑も顧みぬ絶唱の一発録音。 ライオンズもドラゴンズも野球をありがとう。 Weblog: マジメにぼやいてみよう。 Tracked: 2004-10-26 11:26 Excerpt: 西武12年ぶりの日本一 (参考:スポニチ) いやー、これはお見事でした!!! 今日の「With livedoor!」は何位かな??Check!?(人気blogランキング) Weblog: With livedoor!(…と愉快な猛虎達) Tracked: 2004-10-26 12:09 Excerpt: 西武ライオンズ優勝記念セールの準備をしているようです。 中日は継投が後手になってしまい、3回二死から悪夢の5失点。 西武は先発・石井貴が貫禄のピッチング。 2試合13回を被安打5、無失点とは、恐れ入りました。.. Weblog: 禁煙日記だった。 プロ野球日本シリーズは第7戦までもつれこみ、西武ライオンズが12年ぶり9度目の日本一に輝きました。 Weblog: よもよもダイアリィ Tracked: 2004-10-26 15:03 Excerpt: 昨日行われた日本シリーズ第7戦。 とても気合を入れて、「日」「本」「一」っていうボードも持って、応援、行ってきたんですけど。 結局負けてしまいました。 Weblog: 海の向こうで。 Travel Stories Tracked: 2004-10-26 18:06 Excerpt: 皆さん。 1年間お疲れさまでした。 来年も頑張りましょう。 Weblog: On The Road Tracked: 2004-10-26 18:10 Excerpt: シリーズ前の予想では中日の4勝3敗との予想でしたが、昨日終わった時点の予想ではやっぱり西武有利でしたかねえ。 ともあれプレーオフを含め、短期決戦を全て制した西武が日本一に輝きました。 やはり短期決戦の戦.. Weblog: スポーツメンタルトレーナーの小噺 Tracked: 2004-10-26 19:27 Excerpt: 日本シリーズを制したのは、 ナント!西武 Weblog: 三日坊主の雑記帳 Tracked: 2004-10-26 20:45 Excerpt: 中日 2-7 西武(西武4勝3敗で優勝) 競る間もなく完敗 昨日に限って残業…日シリ見たのはわずか10分… スポーツニュースなどを見て思ったが、 やはり力の差はあった。 特に打撃は。 残念だが認めよ.. Weblog: わたくしのぼやき3日記inブログ Tracked: 2004-10-26 21:22 Excerpt: 日本シリーズ第7戦は、2?? 宙に舞う伊藤監督に、拍手を送るも力が入らない。 西武ドームで2勝をあげて、王手をかけて臨んだ日本シリーズ第6戦・第7戦。 宙に舞う伊藤監督に、拍手を送るも力が入らない。 西武ドームで2勝をあげて、王手をかけて臨んだ日本シリーズ第6戦・第7戦。 今後も多少中身をいじる可能性はありますが、保存用の小ブログってことでよろしく! きみは、竜の涙を見たか? Weblog: Return of the まにあな日記 Tracked: 2004-10-28 23:44 Excerpt: 日本シリーズの観戦記をまとめて下記で公開しました。 今後も多少中身をいじる可能性はありますが、保存用の小ブログってことでよろしく! きみは、竜の涙を見たか? Weblog: Return of the まにあな日記 Tracked: 2004-10-28 23:45.

次の

ヒアルロンリーガール 歌詞「ZOC」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

結果きみしか勝たんのだし

玉垣 光章(たまがき みつあき)調教師 1975年10月8日、岡山県生まれ。 地元の高校を卒業後、 1996年4月に兵庫県で騎手デビュー。 20歳と遅咲きの競馬界入りだった。 2006年9月までの 10年5ヶ月で230勝を挙げる成績を残した。 その後調教師補佐 助手 として大石厩舎で活動し、 2014年に調教師試験に合格。 2015年1月13日に初めて出走馬を送り込み、 見事そのレースで初勝利を収めた。 開業初年度は7勝止まりで、 2年目の昨年は25勝。 玉垣師自身が「勝負の年」と語る 今年は、すでに 6月13日時点で 24勝を挙げ、 昨年の倍以上のペースで勝ち鞍を量産している。 今後の活躍が期待される若手調教師のひとり。 人見知り人間を変えた開業前の実行力 開業から2年間を西脇ですごした玉垣光章調教師は、昨年秋に園田に厩舎を移した。 1年目7勝、2年目25勝と勝ち星を重ね、園田に戻った今年は5月末時点ですでに 24勝 ランキング8位 を挙げている。 大躍進ともいえるここまでの好成績の背後に何があったのか、要因をたずねた。 「1年目2年目は手さぐりの状態で、西脇にいたころは勉強する時期だと 自分に言い聞かせてました。 だからいろんなことを試してみたりして…。 それで園田に戻ってからが勝負だと。 3年目が勝負の年になると考えてました」 1、2年目は布石の年、来るべき将来に備えて準備を整える時期であったようだ。 「園田に戻って態勢が整ったという感じですかね。 以前からもいい馬を預けてもらってたんですけど、 勝ち負けできるかどうか、まだ手さぐりだった。 で、こっちに帰ってきてそういう思惑がうまくいきはじめた」。 単身赴任だった西脇とはちがい、家庭に戻って落ち着きを取り戻し、 さあ、やるぞ!と気力が充実したことも大きかったようだ。 調教師になる以前から玉垣師は自分なりのプランを持っていた。 1年目は「とりあえず馬を集めよう」と考え、北海道の牧場やJRAの競馬場にかよい、 そこで知り合った馬主に開業前の自厩舎をアピールし、 あるいは別のオーナーを紹介してもらい営業の輪を広げていった。 とはいってもまだ開業前、海の物とも山の物ともわからない時期に 自厩舎を売り込むのは無謀、無鉄砲ではある。 「頼みにいっても相手にされないのはわかってるんですけど、 余裕のあるオーナーさんは、なんていうか… タニマチが若い力士を育てるじゃないですけど… 頑張ってる者を応援したいという馬主さんも多いので、 そういう方たちとめぐり会えたのは幸運でした」。 玉垣光章という人間に、馬主たちは何か手を差しのべたくなる人柄を見たのだろう。 自分は生来の人見知り、と玉垣師は言う。 シャイで消極的な人間が社会でもまれていくうち優秀な営業社員になったという話は よく聞くが、彼もそのタイプであるらしい。 人は置かれた環境や情況によって変われるものなのである。 「はじめての人に声をかけるのって勇気いるじゃないですか。 だけど、そこで躊躇してたら何もはじまらない。 ここを逃したら、 この人と二度と会えないと思ったら、勇気をだして声かけるしかないんですよ」 北海道の牧場で、中央の競馬場で、勇気をふりしぼって未知のオーナーたちに挨拶してまわった。 自分を気に入ってくれた一人のオーナーから新たな未知のオーナーへと 紹介の輪が広がったことが大きい、と玉垣師は述懐する。 そのころ出会った馬主たちからこんなふうに言われたという。 「きみのやってること、間違ってないよ。 ぼくらも若いころはそうゆうふうにやってたんだ」と。 「結局1年目2年目は結果が出せなかったので… 結果を出せなかった馬がいっぱいいるんで申し訳なかったと思ってます。 だから、実績も知名度もない自分を応援してくれた当初からのオーナーさんは大事な存在なんですよ」 開業の2年前から計画を立て、準備をし、営業にも着手して備えたプランニング能力には驚かされる。 伸びざかりの厩舎には、伸びて当然と思える緻密な戦略があったのである。

次の

過去村リプレイ(過去ログ): ときみょん村

結果きみしか勝たんのだし

玉垣 光章(たまがき みつあき)調教師 1975年10月8日、岡山県生まれ。 地元の高校を卒業後、 1996年4月に兵庫県で騎手デビュー。 20歳と遅咲きの競馬界入りだった。 2006年9月までの 10年5ヶ月で230勝を挙げる成績を残した。 その後調教師補佐 助手 として大石厩舎で活動し、 2014年に調教師試験に合格。 2015年1月13日に初めて出走馬を送り込み、 見事そのレースで初勝利を収めた。 開業初年度は7勝止まりで、 2年目の昨年は25勝。 玉垣師自身が「勝負の年」と語る 今年は、すでに 6月13日時点で 24勝を挙げ、 昨年の倍以上のペースで勝ち鞍を量産している。 今後の活躍が期待される若手調教師のひとり。 人見知り人間を変えた開業前の実行力 開業から2年間を西脇ですごした玉垣光章調教師は、昨年秋に園田に厩舎を移した。 1年目7勝、2年目25勝と勝ち星を重ね、園田に戻った今年は5月末時点ですでに 24勝 ランキング8位 を挙げている。 大躍進ともいえるここまでの好成績の背後に何があったのか、要因をたずねた。 「1年目2年目は手さぐりの状態で、西脇にいたころは勉強する時期だと 自分に言い聞かせてました。 だからいろんなことを試してみたりして…。 それで園田に戻ってからが勝負だと。 3年目が勝負の年になると考えてました」 1、2年目は布石の年、来るべき将来に備えて準備を整える時期であったようだ。 「園田に戻って態勢が整ったという感じですかね。 以前からもいい馬を預けてもらってたんですけど、 勝ち負けできるかどうか、まだ手さぐりだった。 で、こっちに帰ってきてそういう思惑がうまくいきはじめた」。 単身赴任だった西脇とはちがい、家庭に戻って落ち着きを取り戻し、 さあ、やるぞ!と気力が充実したことも大きかったようだ。 調教師になる以前から玉垣師は自分なりのプランを持っていた。 1年目は「とりあえず馬を集めよう」と考え、北海道の牧場やJRAの競馬場にかよい、 そこで知り合った馬主に開業前の自厩舎をアピールし、 あるいは別のオーナーを紹介してもらい営業の輪を広げていった。 とはいってもまだ開業前、海の物とも山の物ともわからない時期に 自厩舎を売り込むのは無謀、無鉄砲ではある。 「頼みにいっても相手にされないのはわかってるんですけど、 余裕のあるオーナーさんは、なんていうか… タニマチが若い力士を育てるじゃないですけど… 頑張ってる者を応援したいという馬主さんも多いので、 そういう方たちとめぐり会えたのは幸運でした」。 玉垣光章という人間に、馬主たちは何か手を差しのべたくなる人柄を見たのだろう。 自分は生来の人見知り、と玉垣師は言う。 シャイで消極的な人間が社会でもまれていくうち優秀な営業社員になったという話は よく聞くが、彼もそのタイプであるらしい。 人は置かれた環境や情況によって変われるものなのである。 「はじめての人に声をかけるのって勇気いるじゃないですか。 だけど、そこで躊躇してたら何もはじまらない。 ここを逃したら、 この人と二度と会えないと思ったら、勇気をだして声かけるしかないんですよ」 北海道の牧場で、中央の競馬場で、勇気をふりしぼって未知のオーナーたちに挨拶してまわった。 自分を気に入ってくれた一人のオーナーから新たな未知のオーナーへと 紹介の輪が広がったことが大きい、と玉垣師は述懐する。 そのころ出会った馬主たちからこんなふうに言われたという。 「きみのやってること、間違ってないよ。 ぼくらも若いころはそうゆうふうにやってたんだ」と。 「結局1年目2年目は結果が出せなかったので… 結果を出せなかった馬がいっぱいいるんで申し訳なかったと思ってます。 だから、実績も知名度もない自分を応援してくれた当初からのオーナーさんは大事な存在なんですよ」 開業の2年前から計画を立て、準備をし、営業にも着手して備えたプランニング能力には驚かされる。 伸びざかりの厩舎には、伸びて当然と思える緻密な戦略があったのである。

次の