ラ フォル ジュルネ tokyo 2020。 『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』のプログラムが発表 生誕250周年を迎えるベートーヴェンを祝い尽くす3日間と2年ぶりの前夜祭開催決定

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020の熱狂と感動を生放送で全世界へ届けたい!

ラ フォル ジュルネ tokyo 2020

1995年よりフランスのナントで開催されているラ・フォル・ジュルネ(以下LFJ)の日本版で、2005年に初めて日本の丸の内エリアで開催された 『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO』は今年2020年で16回目の開催を迎える。 2020年2月18日(火)、『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO』の本番会場の一つとなる東京国際フォーラムにて記者会見が行われ、 『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』の開催概要と注目の見所が発表された。 ふかわ氏は、今年LFJアンバサダーに就任することが発表された。 まずは、運営委員会の滝田織江氏より『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』の全体像について説明がされた。 西洋音楽史上最も偉大な音楽家の一人、ベートーヴェン。 2020年はベートーヴェンの生誕250周年にあたる年で、世界中で彼の生誕が祝され、『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』でも 「Beethovenーベートーヴェン」をテーマとし、有名な交響曲からベートーヴェン自身が編曲を手掛けた作品や、弟子や友人が編曲を手掛けた作品、滅多に演奏されることがない珍しい作品からオマージュを捧げる作品まで、『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』でしか聴けないオリジナルのプログラムを用意しているという。 続いて、ルネ・マルタン氏によりプログラムの見どころが述べられた。 ここからはトピックごとに述べていこう。 ルネ・マルタン曰く、ピアノ・ソナタを全曲やることでベートーヴェンの人生を辿っていくことができるという。 最終日の5月4日(月・祝)には、2019年モスクワで開催されたチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門第二位の 藤田真央がピアノ・ヴァイオリン・チェロのためのトリプルコンチェルトで登場。 見逃せないプログラムだ。 クラシックとラテンのフュージョン・ピアノを組み合わせた《ハバナのベートーヴェン》は3日間通して毎日演奏されるほか、オーケストラが奏でる交響曲第3番「英雄」に、3人の歌手によって歌われるイギリス出身の世界的ロックバンドColdplayの曲を融合させる《新旧楽聖の邂逅 ベートーヴェン vs コールドプレイ》(4日(月・祝)16:30~17:20 ホールA)など魅力的なプログラムが並ぶが、中でも2日(土)15:15~16:30 ホールB7にて行われるコンサートは一つの公演の中で、カルクブレンナー、ワーグナー、リストそれぞれの編曲による交響曲9番の聴き比べができるという。 この前代未聞のコンサートは、ベートーヴェンのコアなファンには垂涎の的になるだろう。 KAJIMOTO梶本社長 ほか、一足早くフランスのナントで開催されたラ・フォル・ジュルネでも大盛り上がりを見せた、 宮川彬良が交響曲5番の運命をアレンジした《シンフォニック・マンボNo. 5》は、『ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2020』版ではシエナ・ウインド・オーケストラがブラスアレンジでお送りする。 (5月3日(日・祝)16:45-17:30 ホールA〈シエナのエクストリーム・ベートーヴェン!〉) また、今年のユニークな企画として、1800年にウィーンで行われたベートーヴェンとダニエル・シュタイベルトの即興対決サロンの再現コンサートがある。 パスカル・アモワイエルと野平一郎のフランスと日本のピアノの名手が観客の目の前で即興演奏対決をするのは必聴である。 (5月4日(月・祝)21:00~21:45 ホールB7〈ベートーヴェン風即興サロン〉) 最終日の最後を飾るファイナルコンサートでは、5000人が同時に合唱する誰でも参加できる聴衆参加型プログラム「みんなで第九」で締めくくられる。 5月1日(金)の前夜祭では、スペシャルガラ・コンサート「ベートーヴェン・ピアノナイト」がホールAで行われ、6人のピアニスト(クレール・デゼール、広瀬悦子、ダヴィッド・サルモン、マニュエル・ヴィエイヤール、ダヴィッド・カドゥシュ、福間洸太朗)の華麗なるピアノ演奏を聴くことができる。 加えて、地上広場でもビール片手に楽しめるネオ屋台村スーパークラシック「ベートーヴェン・ナイトフェス」が行われ、こちらの注目ポイントとしては、2019年10月ベルギー・ディナンで開催された世界最高峰のサクソフォンコンクールである「アドルフ・サックス国際コンクール」の優勝者、齊藤健太が登場し世界が認めた演奏を披露する。 「SOUND HUG」は音楽を視覚(光)と触覚(振動)で耳の自由・不自由に関わらず新しい形で音楽体験を楽しむことができるもの。 ベートーヴェンが聴覚障害と闘いながらも生涯生み出し続けた素晴らしい作品をより多くの人に聴いてもらえる画期的な取り組みである。 この「SOUND HUG」の初導入には「いろんな方にコンサートを楽しんでほしい」とKAJIMOTOの梶本眞秀社長の思いも込められている。 記者会見の最後には、「ラ・フォル・ジュルネはクラシックの垣根を良い意味で取り払い、自由度の高い演奏を楽しめる場、にわかジュルネも大歓迎」と、フランスのナントで参加したラ・フォル・ジュルネの熱気冷めやらぬアンバサダーふかわからのメッセージで締めくくられた。

次の

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020|チケットぴあ

ラ フォル ジュルネ tokyo 2020

引用元: 1995年、フランスの港町ナントで初めて開催された クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」。 2005年からは東京・丸の内でも開催されるようになり、街全体で お祭り感覚を楽しめるユニークな音楽イベントとして、例年大好評を博しています。 そしてつい先日、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」の詳細について、創設者兼アーティスティック・ディレクターである ルネ・マルタンより公式発表がありました。 ベートーヴェン生誕250周年である2020年は、記念すべき大いなる節目として、ベートーヴェンの真髄に様々な角度から迫るプログラムが盛りだくさん! c teamMiura ベートーヴェンの名曲をたっぷりと堪能出来るのはもちろんのこと、ラ・フォル・ジュルネならではの斬新な観点からベートーヴェンの新しい魅力に迫る、ユニークなプログラムを楽しめます。 また、今年の1月末から2月頭にかけてフランス・ナントで先駆けて開催した 「ラ・フォル・ジュルネ・ド・ナント 2020 ベートーヴェン」は、史上最高の大盛況で幕を閉じたそう!フランスでもベートーヴェン人気はとても根強いということが伝わりますね。 世界中の音楽ファンから愛される偉大なる音楽家、ベートーヴェンの名曲で織り成される「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」のコンサートについて、次の項目より早速ご紹介していきます! ピアノ ・ソナタ全32曲を演奏!若き才能がきらめく新進ピアニストたちによる調べ 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」では、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを シリーズとして、3日間に渡って全32曲を演奏します。 c teamMiura また、2019年チャイコフスキー国際コンクールで第2位を受賞した大注目の若手ピアニスト、 藤田真央もラ・フォル・ジュルネに初参戦!実力派ロシア人ヴァイオリニスト、ニキータ・ボリソグレブスキーとロシアを代表するチェリスト、アレクサンドル・クニャーゼフと組む豪華トリプル・コンチェルト、 は聴きごたえたっぷりな公演になること間違いなしです。 また、藤田真央はピアノ・ソロコンサートにも出演予定です。 今をときめく若きピアニストたちの調べを聴き比べてみても面白いはず。 ベートーヴェンVSシュタイベルト、即興演奏対決再び?! ピアニスト兼作曲家の シュタイベルトがベートーヴェンに即興演奏の腕比べを果敢に仕掛けるも、シュタイベルトの楽譜を逆さまにしてベートーヴェンが見事な即興をやり遂げ勝利した逸話は、ファンの中では有名ですよね。 この有名なエピソードに因んで、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」では を上演予定です! フランスの気鋭ピアニスト、 パスカル・アモワイエルと熟練ピアニスト兼作曲家の 野平一郎がベートーヴェンVSシュタイベルトを再現します。 ラ・フォル・ジュルネらしいユニークな切り口を感じさせる企画ですよね。 また、ベートーヴェンへの造詣が非常に深いパスカル・アモワイエルによる、ピアノ・ソナタ全曲のメロディーを取り上げながらのベートーヴェンの音楽性、そして生涯を弾き語る芝居仕立ての音楽スペクタクル公演も、感動必至の密度の濃い内容となっているようです。 ピアノを演奏しながら、ストリーテラーとして楽聖ベートーヴェンについて掘り下げて語っていく斬新な公演で、ベートーヴェンファンなら必見です。 鍵盤を弾きながらも、手やスティックを用いて打楽器を奏でるようにピアノを操り、ルンバ風にアレンジした交響曲第7番は今まで聴いたことも見たこともない、新鮮なステージになること間違いなしです! Concerto Budapest c Zeneakad-mia キューバのリズムに合わせて踊り出したくなるような、独創的な交響曲第7番を味わえます。 また、 では、作曲家の 宮川彬良がベートーヴェンの交響曲第5番「運命」に、ペレス・プラードの「マンボNo. 5」を組み合わせてアレンジした 「シンフォニック・マンボNo. 5」を、 シエナ・ウインド・オーケストラのパワフルなサウンドで楽しめます。 思い切りの良いラテンアレンジは、聴いていてもついつい踊り出しそうになってしまいそうな軽快さが魅力的ですよね。 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」では、通常の第九演奏だけでなく、名音楽家たちが編曲を手がけた異色の第九を堪能できます! 最終日のコンサート、 では、第九の最終楽章を リスト・バージョン、 ワーグナー・バージョン、 カルクブレンナー・バージョンと3者それぞれの編曲版を一挙に聴き比べる形式で上演する予定です。 カルクブレンナー・バージョンのフィナーレ・歓喜の歌はフランス語で綴られており、聴き慣れていたはずの歓喜の歌がガラリと変わるはず。 他にも、オーケストラ演奏をピアノ独奏にアレンジしていたりと、斬新な第九を味わうことができます。 また、 では、ラ・フォル・ジュルネ史上最大規模の聴衆参加型プログラムとなる、大合唱コンサートが予定されています。 2014年のラ・フォル・ジュルネ前夜祭で上演し、大盛況だった 「みんなで第九」。 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」では、会場を収容規模の大きいホールAに移し、客席総勢5000人で歓喜の歌を歌おう!というビッグプロジェクトに昇華されました。 c teamMiura テーマをベートーヴェンと1つに括っていても、ラ・フォル・ジュルネらしく新しい切り口が光るバラエティに富んだプログラムばかりで、ベートーヴェンと縁がない方でも楽しめることでしょう。 メイン会場となる東京国際フォーラムでのコンサートに加え、多数のエリアコンサートも実施される「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」。 今年はベートーヴェン生誕250周年、そして東京オリンピック開催とビッグイベントが重なり、例年にも増して街全体が活気に満ち、盛り上がること間違いありません! 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」で想い出に残る熱狂体験を味わってみてはいかがでしょうか。

次の

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」お得なチケット購入方法!(開催中止)

ラ フォル ジュルネ tokyo 2020

開催に先立って行われた記者会見には、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンやアンバサダーに就任したふかわりょうらが登壇。 詳細が発表された。 期間中は、前年と同程度の約325公演(うち有料公演126公演)が、東京国際フォーラムとその周辺で行なわれる。 詳しくは下記サイトにてご確認ください。 「ベートーヴェンと仲間たち」をテーマに、ゆかりのある作曲家の作品まで網羅し、LFJならではの楽しみ方を提案。 好評を博した。 今回も主役は同じだが、新たに「ベートーヴェンが与えた影響」を掲げ、ベートーヴェンがあらゆるジャンルの音楽家たちにインスピレーションを与え続けてきたことを紹介する。 LFJアーティスティック・プロデューサーの梶本氏(KAJIMOTO)は、「前回とはかなり違った切り口で、面白くなっている」と話した。 LFJアンバサダーに就任したふかわりょう 今年は、クラシック愛好家としても知られるふかわりょう氏がLFJアンバサダーに就任。 「先日、日本に先駆けて行われたナントのラ・フォル・ジュルネに行きましたが、現地ではロックフェスのようなエネルギーを感じた。 LFJには朝から晩までいろいろなプログラムがあり、悩む喜びがある。 フランス料理を召し上がるような感覚で、LFJという音のごちそうを堪能して欲しい」とPRした。 3日間にわたって行われる有料公演では、ベートーヴェンの人生をたどる32のピアノソナタ、9つの交響曲、協奏曲、弦楽三重奏曲が全曲演奏されるほか、ヴァイオリン・ソナタや合唱曲もラインナップに並ぶ。 さらに滅多に聴くことのできない協奏曲0番などのレアな楽曲や、19世紀から21世紀にかけて作られたベートーヴェン作品の編曲およびオマージュ作品も演奏される予定だ。 ここでいくつか注目公演を紹介するので、3月14日から始まるチケット一般発売を前にぜひチェックしていただきたい。 出演するのは、クレール・デゼール、広瀬悦子、ダヴィッド・サルモン、マニュエル・ヴィエイヤール、ダヴィッド・カドゥシュ、福間洸太朗の6名。 ジャン=フランソワ・エッセールによるベートーヴェンの9つの交響曲を題材にしたオリジナル作品、後期ソナタのモティーフを使ってJ. アダムズが作ったオマージュ作《ロール・オーヴァー・ベートーヴェン》2台ピアノ版、出演者でもある福間洸太朗により編曲された3台・12手のための「トルコ行進曲」など、ここでしか聴くことができない貴重なプログラムとなっている。 前半は世界最高峰として知られるアドルフ・サックス国際コンクールの第7回優勝者である齊藤健太、後半は昨年のLFJでチケットが即日完売となったアコーディオン奏者のフェリシアン・ブリュとコントラバス奏者のエドゥアール・マカレスが登場。 ライブ中は飲食物を提供する屋台も出るので、アルコール片手に盛り上がりたい。 同エリアでは、翌日からは例年どおりアマチュアや音大生を中心とした無料コンサートが行われるほか、アンバサダーのふかわりょうも登場。 モロッコからはヌール・アヤディ(4日11:15~12:00)、台湾からはウェイ=ティン・シェー(3日13:30~14:40)、キューバからはホルヘ・ゴンザレス・ブアハサン(4日15:00~15:45)、日本からはオカダ・コウジロウ(3日21:05~22:05)、フランスからはダヴィット・サルモン(2日9:30~10:35)、スペインからはマニュエル・ヴィエイヤール(2日21:15~22:20)、中国からイーハン・ワン(5月2日13:20~14:25)、ドイツからはエリック・ブレール・ゲナント・ノッテボーム(4日18:35~19:35)が出演する。 実力派ロシア人ヴァイオリニストのニキータ・ボリソグレブスキー、ロシアを代表するチェリストのアレクサンドル・クニャーゼフと三重協奏曲を披露する。 また、藤田は同日19:15~ホールB5(2)にてソロコンサートにも出演。 ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》をはじめ、3曲を演奏する。 256席というコンパクトな会場で彼の演奏を堪能できるまたとない機会だ。 当日は、アコーディオン、コントラバス、弦楽四重奏によって、偉大な作曲家のオマージュ作品が演奏される。 ベートーヴェンへの造詣が深いアモワイエルならではの、濃厚な内容が期待できる。 ラテンアメリカ、特にキューバのリズムに深く魅入られたホースレイは、「交響曲第7番」の主題をルンバ風にアレンジ。 当時ウィーンでは、貴族のサロンで演奏家同士が即興対決を行うことが大流行していたが、この即興演奏の時に「交響曲第3番」の主題が浮かんだと言われている。 LFJでは、野平一郎とパスカル・アモワイエルの2人の熟練ピアニストが即興演奏を繰り広げる。 5」をもとに、宮川彬良が編曲した「シンフォニック・マンボNo. ユニークな編曲はナントの公演でも話題になったが、LFJではシエナ・ウインド・オーケストラがブラスアレンジで届ける。 ほかに観客も演奏に参加できる和泉宏隆の「宝島」など、遊び心にあふれた楽曲が並ぶ。 シンフォニア・ヴァルソヴィアの演奏で、LFJならではのスペシャルなサウンドが楽しめる。 会場の5,000席すべてが合唱参加席となり、ステージと客席全員が第九を歌うという前代未聞のコンサートが繰り広げられる。 1階席の前方はパート別の指定席となり、パート別チケットを購入すると2回の事前練習に参加可能。 うち4月30日には、ファイナルコンサートの指揮者である井上道義の参加も予定されている。 なお、会場には簡単な楽譜も用意しているので(公式ホームページからの事前ダウンロードも可能)、練習に参加しなくてもみんなで第九を歌う喜びを体感できる。

次の