従たる 従たる。 一般社団法人の従たる事務所設置手続きについて

【社会福祉法人】従たる事務所の定義と大切な点

従たる 従たる

この記事のもくじ• 右上の「従たる給与・・・」の項目とは 年末調整の「扶養控除申告書」の紙の説明です。 全員が記入していただく場所の右側に、実は 謎の項目があります。 その名も 「従たる給与についての扶養控除申告書等の提出」 提出している方は〇をつけてください。 と書いている欄です。 私は10年以上税理士事務所に勤務して、数々の会社の年末調整を手伝っていますが、 ここに丸がつけた方を見たことがありません。 普通はつけませんね そもそも「従たる給与」とはなんだ 2か所以上で働く場合、メインとその他に分かれます。 給料や日数が多い方がメインですね。 同じぐらいの場合は どちらか一方をメインと決めましょう。 メインのほうを「主たる(しゅたる)給与」 サブのほうを「従たる(じゅうたる)給与」と言います。 (余談ですが、当然両方が「給与」の場合です。 一方が個人事業(自分でやってる事業)の場合はそれは給料ではありませんので、どんなに事業が売上が多くても、常に雇われている方が「主たる給与」です。 ) 年末調整の紙は、主たる給与(メイン)にだけ提出することができます。 メイン以外では年末調整を受けることができないので、当然この紙は提出しません。 本来は、採用されて働きだすときにもその年分のこの紙を渡されるはずですが、省略されてしまっていることも多いです。 ・・・・が、知らない人が多数。 (経理担当者でも知らない人もいます) 諸事情によって言わない人が多数。 (バレたくないとか) すると、結局2か所で年末調整してしまうことになります。 二か所で年末調整するとどうなってしまうのか どちらの会社のデータも税務署に送られるので 「こいつ2か所で年末調整してるな」とはバレます。 でも、ちゃんと 確定申告等して税金などに過不足なく処理されていれば、 (今のところ) おとがめなしのことがほとんどですね。 本来納めるべき税金が払われていなければ、脱税です。 メインとサブで何か取り扱いに違いはあるのか? 従たる給与(サブ)の源泉所得税(覚えてますか? 見込みで引かれる天引きの所得税)はメインのほうで引かれる 所得税と計算方法が違います。 本来はサブのほうはかなり高い額で引かれるはずなのです。 とある表を見て源泉所得税を決めるのですが、 (見たければ国税庁のHPで見れます) メインの人は「甲欄(こうらん)」を見て計算して サブの人の場合は「乙欄(おつらん)」を見て計算します。 ダブルワークをしていて、一方がやけに税金が高かったら、 あなたは「乙欄」でサブの給料扱いされているのです。 で、じゃあこの欄は〇をつけるの? さあ大変な寄り道をしましたが、本来、従たる給与(サブ)には提出しないこの紙ですが、特別にサブに提出する用の用紙があります。 それが、 「従たる給与についての扶養控除申告書等の提出」 似たような名前ですが、別の特殊な様式です。 上でも書いた通り、10年やっていて見たことありません。 普通はそもそもサブのほうには提出しないわけですから、あえて特別な用紙をサブの方に出している人だけが関係してきます。 つまり、〇はつけなくてよい。 まとめ。 ダブルワークさんでも、「こちらがサブの職場です」というような、 特別な用紙を特別に出したことがなければ、 この項目は、無視でオッケー!ってことです。

次の

従たる権利とは

従たる 従たる

民法第87条第2項は「従物は主物の処分にしたがう」と定めている。 これは、主物の効用を高めるために主物に結合させられた物(これを従物という)は、原則として主物と法律的運命を共にするという趣旨である(詳しくはへ)。 この民法第87条第2項は、物と権利との関係にも類推適用されている。 例えば、借地上のが売買される場合には、その建物とともに土地も売買される。 このように主物に附属せしめられた権利を「従たる権利」と呼んでいる。 また、の効力は従たる権利にも及ぶとされている(「」参照)。 ただし主物が登記を備えたとき、従たる権利についても変動が公示されたことになるかどうかは別問題であり、不動産登記法などによって決定される。 主物に附属せしめられた物のことを「従物」という(民法第87条第1項)。 例えば、が主物、建物に取り付けられたは従物である。 判例に現れた従物の例としては、建物に対する・建具、宅地に対する石灯籠・取り外し可能な庭石などがある。 従物については、次の点が問題となる。 1.主物の売買 従物は「主物の処分にしたがう」(民法第87条第2項)とされているので、通常は、主物を売買すれば、当然に従物も売買されることになる。 ただし、売買の当事者がこれと異なる合意をすれば、従物と主物を切り離して売買することが可能である。 2.主物の登記 主物が登記されれば、その登記により主物と従物の両方の変動が公示されたことになる。 従って、建物が登記されれば、附属建物である物置が未登記であっても、登記の対抗力は附属建物である物置に及ぶ。 3.抵当権の設定 抵当権を設定した当時において、すでに主物に附属せしめられていた従物には、抵当権の効力が及ぶ。 しかし抵当権設定後に附属せしめられた従物については解釈が分かれている。 (詳しくはへ) 4.従たる権利 「従物は主物の処分にしたがう」という民法第87条第2項は、物と権利との関係にも類推適用されている。 例えば、借地上の建物が売買される場合には、その建物とともにも売買される。 このように、主物に附属せしめられた権利を「」という。 契約によって得られる借主の権利をいう。 借主は契約の範囲で目的物を使用し収益できる一方、に賃料を支払わなければならない。 民法上、とされる。 賃借権は債権であるので、 1.登記しなければ第三者に対抗できない(賃貸人に登記義務はなく、登記がなければを欠くので、例えば目的物が譲渡されると新たな所有者は賃借権に拘束されない) 2.賃貸人の承諾なしに賃借権の譲渡・転貸ができない(承諾なしに第三者に使用・収益させたときには賃貸人は契約を解除できる) など、に比べて法的な効力は弱い。 しかし、の賃借権は生活の基盤であるため、賃借人の保護のために不動産の賃借権について特別の扱いを定めている(賃借権の物権化)。 すなわち、対抗力については、借地に関してはその上のの、借家に関しては建物の引渡しによって要件を満たすこととした。 また、譲渡・転貸の承諾については、借地に関しては、を付与し、さらには裁判所による承諾に代わる譲渡等の許可の制度を設け、借家に関してはを付与した(いずれもである)。 そのほか、契約の更新拒絶や解約において貸主のを要件とすることを法定化し、判例においては、賃借権の無断譲渡・転貸を理由とした契約解除を厳しく制限する、賃借権にもとづく妨害排除請求権を承認するなど賃借人保護に配慮している。 一方で、借地借家の供給促進の観点から、定期借家権が創設され、賃借権の多様化が進みつつある。 の効力は「に付加してこれと一体を成したる物」に及ぶとしており、これを通常「付加一体物」と呼んでいる(民法第370条)。 この付加一体物とは、具体的には、土地の、建物の附合物、建物の従物、土地の従物である。 1.附合物 附合物とは不動産に附合したをいう(民法第242条)。 具体的には、分離できないは建物の附合物であり、取外しの困難な庭石は土地の附合物である。 従って、附合物は「」といい換えることもできる。 なお、のある者が附合させた物は、附合物であっても、抵当権の効力は及ばない。 2.従物 主物に附属せしめられた物のことを「」という(民法第87条第1項)。 例えば、に対する・建具、宅地に対する石灯籠・取外し可能な庭石などが従物である。 従物は、本来、付加一体物に含まれないと考えられていたが、不動産の与信能力を高めようとする社会的要請から、次第に従物も付加一体物に含めるとする解釈が主流となり、現在に至っている。 なお、抵当権設定後に付加された従物については、かつて判例は抵当権の効力が及ばないとしていたが、最近では抵当権の効力が及ぶとする判例も見られるようになっている。 3.従たる権利 借地上の建物に対するのように、主物に附属せしめられた権利を「従たる権利」と呼んでいる(詳しくはへ)。 判例は、抵当権の効力は当然にこの従たる権利にも及ぶとする。 物を直接に支配する権利をいう。 その典型はである。 そもそも財産を支配する権利には、「」と「」の2つの類型がある。 物権は、すべての人に対して権利を主張できる絶対的な財産支配権であるのに対して、債権は、特定の人にある要求をする権利であって第三者には権利を主張できない相対的な請求権である。 このように、物権の基本的な性格は、その絶対的排他性にある。 絶対的排他性を確保するため、物権には、 1.後に成立した物権や内容が抵触する債権に優先する効力(優先的効力、ただし借地借家の(債権である)などの例外がある) 2.物権の内容の円満な実現が妨げられ、または妨げられる恐れがある場合に、妨害を除去・予防するため必要な行為を請求する権利(物権的請求権または物上請求権と呼ばれる。 具体的には、返還、妨害排除、妨害予防の請求権) が与えられている。 また、排他性の帰結として、同一物に対して同一内容の物権は一つしか成立しない(一物一権主義、だからこそ、土地を筆に分けて各筆をそれぞれに一物とするのである)。 また、すべての人に対する権利であることから、物権の変動は公示しないと第三者に対抗できないとされる(公示の原則)。 は、に関する権利変動については「登記」、に関する物権譲渡については「引渡し」である。 さらには、物権は、法律で定められた以外のものを新たに創設することはできないとされている(物権法定主義)。 民法で定められているのは、所有権のほか、(他人の土地を借りて使用できる権利)、(他人の土地を自己の土地のために供し得る権利)、(優先的に弁済を受ける権利)、(物に対する事実上の支配により認められる権利)などである。 また、慣習法上の物権も判例により認められており、温泉権や流水利用権はこれに当たる。

次の

《コラム》主たる給与と従たる給与

従たる 従たる

2ヶ所以上の会社などから給料をもらっている人の年末調整 必ず、自分で確定申告しなければなりません。 問答無用です! 最近、2ヶ所以上の会社などから給料をもらっている人が増加しています。 「もらう側」としての「1ヶ所からの給料では生活ができない」、「払う側」としての「正社員を採用したくない(固定費を増やしたくない)」あるいは「足りない分は深夜か土日によそで稼いでくれ」という事情が背後にあるのでしょう。 「ひとつの会社に滅私奉公!」、すっかり過去の話となってしまいました。 このような雇用形態の増加に伴い、これに応じた源泉徴収(年末調整)ができておらず、思いもよらないトラブルが「もらう側」と「払う側」の双方に生じているのが実情です。 2ヶ所以上から給料をもらっている人の場合、そのうちのひとつを「主たる給与」とし、残りは「従たる給与」としなければなりません。 「この区分はどうするのか?」 ということですが、一般的には「主たる給与」とはいわゆる本業の給料であり最も勤務時間が長く給料の金額も多い会社からの給料ということになります。 そして、 税金の手続上大切なのは、「主たる給与」をもらう会社に「扶養控除等申告書」を提出しておくということです。 「主たる給与」と「従たる給与」では税金の計算上、次のような違いが出てきます。 1 「主たる給与」の毎月の源泉徴収は源泉徴収税額表の「甲欄」で、「従たる給与」は「乙欄」で行います 源泉徴収税額表につきましては国税庁のサイトをご覧ください 具体例で計算して見ましょう。 月額の給料が同じでも従たる給与のほうが税額は多くなります。 この理由は次のとおりです。 わが国の所得税はある人の一年間のすべての所得を合計して課税します。 ですから、上記の例の人は2ヶ所からの給与を合計して課税されることになります(これ以外に事業所得や不動産所得がある場合にはこれらも合計します)。 ちなみに、この人が、8万円+8万円=16万円を1ヶ所からもらっている場合には、毎月の税額は3,340円になります(社会保険料はなし、配偶者や扶養親族はなしとします)。 源泉徴収税額表の乙欄は2ヶ所以上から給料をもらっている人の毎月の源泉徴収税額が過少にならないようにする(確定申告で多額の納税をしなくて済むようにする)ための手段にほかなりません。 2 年末調整は主たる給与についてしか行えません 説明は他のページをお読みください。 3 2ヶ所以上から給料をもらっている人は自身で確定申告をしなければなりません 要するに、主たる給与についてしか税額の精算(年末調整)ができていないので、残る分(従たる給与)を 主たる給与と合計して確定申告しなければならないということです。 なお、主たる給与および従たる給与について天引きされた所得税は、最終的な所得税額から差し引くことができ、確定申告ではその差額を納めます。 《年度途中で転職した人との違い》 一見、2ヶ所以上から給料をもらっている人と同じように思えるかもしれません。 しかし、2ヶ所以上から給料をもらっている人が「掛け持ち」であるのに対して、転職した人は一定時点では1ヶ所でしか働いていません。 ですから、転職した人の源泉徴収は「甲欄」であるとともに、年末に在籍する会社などで退職した会社などの給料も合計して年末調整をすることになります。 《年度途中で退職してから就職していない場合》 その年に在籍したすべての会社などの源泉徴収票を合計して、自身で確定申告をしなければなりません。 年末調整をしていないため税額の精算ができていないからです。 《扶養控除等申告書を2ヶ所以上に提出する?》 不可能です。 あさはかです。 翌年には給与支払報告書によってばれてしまいます。 また、給与支払報告書が提出されていなくても、税務署は税務調査の際に給与台帳(含む従業員の住所などの関連情報)をこまめに収集していますのでばれてしまいます。 《従たる給与を乙欄で源泉徴収しなかった場合》 税務署は源泉徴収漏れ(乙欄と甲欄の差額)を指摘します。 納税するのは給料を支払った会社です。 会社は給料を受け取った従業員に請求します。 《乙欄で源泉徴収されなかった》 確定申告をしておけば、後日会社に源泉所得税相当額を請求された場合に、会社に払った後に税務署から還付してもらえるからです。 「ありがたい会社(副収入になる)」「ありがたい人(必要なときに必要なだけ働いてくれる)」の良好な関係を継続させるためには、上記の扱いを双方が十分に理解しておく必要があります。 訳のわからないことをいうな。 今までなんの問題もないぞ。

次の