米原の雪 歌詞。 Amazon

浅田あつこ

米原の雪 歌詞

石川県で道路除雪を請け負っている会社社員です。 時間は米原経由で2時間半ぐらいです。 雪は自然現象なので何とも言えませんが、ここ2~3年は積雪に至っていません。 チラつく程度です。 福井県の敦賀の方が雪深いですよ!! しかし4年前は12月に大雪となり交通がマヒし、翌年3月まで除雪しきれませんでした。 また積雪だけでなく濡れた路面が凍結します。 運転中では気がつかない事があります。 (キラキラ光らず真っ黒に見え濡れているだけ?と錯覚します) 高速道路はライフラインのため除雪作業が一般道より頻繁に行われます。 しかしノーマルタイヤは一般道に下ろされますのでその時はひたすら「国道8号線」を北上してください。 チェーン携行をお薦めします。 また積雪時にノーマルタイヤの車が事故を起こすと罰せられます。 (罰金・点数は忘れてしまいました)その点もお気を付けて。 では石川県でお待ちしております。。。 スタッドレスタイヤは履いていますか。 夏タイヤでも行けないことはありませんが、一人でチェーンの着脱をする自信はありますか。 上記の区間の冬の路面状況がどのような感じかは、中日本高速道路のホームページに冬道走行に気をつけガイドというのがありますので、参照してみてください。 エリアを選択して、緑色の数字をクリックすると冬の積雪状況写真の例が出てきます。 当日の渋滞予測が下記のページで見られます。 だから本当は泊りで行った方がいいですよ。 北陸の冬の味覚や温泉もありますし。 10年位前ですが、2月に福井県勝山市にスキーに行くのに北陸道を通りましたが、たまたま大雪の日に当たってしまい、木之本~敦賀が通行止めで夜中に8号線に下ろされました。 しかし、雪国の高速が通行止めになるほどの時の一般道は悲惨なもので、もう、国道8号全体が駐車場のような状況(うんともすんとも動かない)になっていました。 木之本~敦賀30キロが4時間くらいかかりました。 木之本~敦賀の場合、迂回できるルートが他にないので特にひどかったのだと思いますが… ちなみに、他の方もおっしゃっているとおり、木之本~敦賀~今庄あたりが北陸道でいちばん積雪が多いというのは本当です。 石川県内はそんなにバカみたいに積もって大変という印象はありません。 まあ、最近は暖かい冬が多いので、結果的にノーマルタイヤで行ける確率もそこそこあるとは思いますが…お勧めはできません。 本州の高速で「チェーン規制」が出ていなければ基本的には夏タイヤでも走行可能ということになるのですが、一昨年の冬、関越道水上付近で、規制はギリギリされていなかったのですが、追い越し車線は真っ白で明らかに無理!という状況がありました 自分はスタッドレスを履いていました)ので、100%事故がないという保証にはなりません。 このサイトから、地図の行き先の「高速」をクリックすると、その時点での規制が調べられます。 こちら、だいぶ離れた福島市で、北陸よりは雪の量少ないけれど、 毎冬、高速が雪で通行止めなんて10回程度はありますぞ。 なお、チェーン規制、と言うのは、正確には「滑り止め装置着用」 と言う意味であって、 スタッドレスタイヤを履いていれば、チェーン装着の必要はありません。 チェーンの取り説には「35Km/h以下で走行を」などと記されており、 高速道には「最低速度制限50Km/h」と言うものがあり、 夏タイヤにチェーンで高速を走ることはそもそも不可能なのです。 スタッドレスタイヤでも危険なほどの道路状況になれば、 高速は必ず一時閉鎖になります。

次の

CD/浅田あつこ/米原の雪/河内のワルツ (歌詞カード付/メロ譜付) :tkca

米原の雪 歌詞

鉄道唱歌 「鉄道唱歌(東海道篇)」 大和田建樹作詞・多梅稚(おおのうめわか)作曲 一 汽笛一声 (いっせい)新橋を はや我 (わが)汽車は離れたり 愛宕 (あたご)の山に入りのこる 月を旅路の友として (新橋) 二 右は高輪 (たかなわ)泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消えのこる 名は千載 (せんざい)の後 のち までも 三 窓より近く品川の 台場も見えて波白く 海のあなたにうすがすむ 山は上総 (かずさ)か房州か (品川) 四 梅に名をえし大森を 注 すぐれば早も川崎の 大師河原 (だいしがわら)は程ちかし 急げや電気の道すぐに 注 「大森を」の部分を、「大森の」とミスタイプしておりました。 栗林さんに教えていただきました。 ありがとうございます。 伊豆と相模ですから、「豆相」が正解。 瀧内さんに教えていただきました。 ありがとうございます。 鉄道唱歌発表当時の歌詞をネット検索してみますと、『阿倍川』や『阿部川』と表記した ものがほとんどでした。 Furusawaさんにご指摘いただきました。 ありがとうございます。 栗林さんにご指摘いただきました。 ありがとうございます。

次の

山本譲二 夜明け前

米原の雪 歌詞

石川県で道路除雪を請け負っている会社社員です。 時間は米原経由で2時間半ぐらいです。 雪は自然現象なので何とも言えませんが、ここ2~3年は積雪に至っていません。 チラつく程度です。 福井県の敦賀の方が雪深いですよ!! しかし4年前は12月に大雪となり交通がマヒし、翌年3月まで除雪しきれませんでした。 また積雪だけでなく濡れた路面が凍結します。 運転中では気がつかない事があります。 (キラキラ光らず真っ黒に見え濡れているだけ?と錯覚します) 高速道路はライフラインのため除雪作業が一般道より頻繁に行われます。 しかしノーマルタイヤは一般道に下ろされますのでその時はひたすら「国道8号線」を北上してください。 チェーン携行をお薦めします。 また積雪時にノーマルタイヤの車が事故を起こすと罰せられます。 (罰金・点数は忘れてしまいました)その点もお気を付けて。 では石川県でお待ちしております。。。 スタッドレスタイヤは履いていますか。 夏タイヤでも行けないことはありませんが、一人でチェーンの着脱をする自信はありますか。 上記の区間の冬の路面状況がどのような感じかは、中日本高速道路のホームページに冬道走行に気をつけガイドというのがありますので、参照してみてください。 エリアを選択して、緑色の数字をクリックすると冬の積雪状況写真の例が出てきます。 当日の渋滞予測が下記のページで見られます。 だから本当は泊りで行った方がいいですよ。 北陸の冬の味覚や温泉もありますし。 10年位前ですが、2月に福井県勝山市にスキーに行くのに北陸道を通りましたが、たまたま大雪の日に当たってしまい、木之本~敦賀が通行止めで夜中に8号線に下ろされました。 しかし、雪国の高速が通行止めになるほどの時の一般道は悲惨なもので、もう、国道8号全体が駐車場のような状況(うんともすんとも動かない)になっていました。 木之本~敦賀30キロが4時間くらいかかりました。 木之本~敦賀の場合、迂回できるルートが他にないので特にひどかったのだと思いますが… ちなみに、他の方もおっしゃっているとおり、木之本~敦賀~今庄あたりが北陸道でいちばん積雪が多いというのは本当です。 石川県内はそんなにバカみたいに積もって大変という印象はありません。 まあ、最近は暖かい冬が多いので、結果的にノーマルタイヤで行ける確率もそこそこあるとは思いますが…お勧めはできません。 本州の高速で「チェーン規制」が出ていなければ基本的には夏タイヤでも走行可能ということになるのですが、一昨年の冬、関越道水上付近で、規制はギリギリされていなかったのですが、追い越し車線は真っ白で明らかに無理!という状況がありました 自分はスタッドレスを履いていました)ので、100%事故がないという保証にはなりません。 このサイトから、地図の行き先の「高速」をクリックすると、その時点での規制が調べられます。 こちら、だいぶ離れた福島市で、北陸よりは雪の量少ないけれど、 毎冬、高速が雪で通行止めなんて10回程度はありますぞ。 なお、チェーン規制、と言うのは、正確には「滑り止め装置着用」 と言う意味であって、 スタッドレスタイヤを履いていれば、チェーン装着の必要はありません。 チェーンの取り説には「35Km/h以下で走行を」などと記されており、 高速道には「最低速度制限50Km/h」と言うものがあり、 夏タイヤにチェーンで高速を走ることはそもそも不可能なのです。 スタッドレスタイヤでも危険なほどの道路状況になれば、 高速は必ず一時閉鎖になります。

次の