アイコス点滅。 【説明書】アイコス3(IQOS 3)の使い方マニュアル

アイコスの赤点滅!チャージャーの直し方は?

アイコス点滅

【アイコス3チャージャー】• 電源が入った時のサイン チャージャーボタンを長押しすると、 「電源が正常に入ったよ!」 って、すべてのランプが点滅します。 アイコス3の チャージャー本体の白点滅は、正常な光り方しかしないってことですね。 赤色の点滅ランプ 故障の可能性が大きい• アイコス3• アイコス3マルチ どちらも赤点滅に光ると、不具合を起こしている可能性が高いです。 内部で問題が起きてるケースがほとんどなので、一度、使用をストップすることが重要です。 そのまま使い続けると、故障してしまう可能性が高いです。 特に、 ホルダーの赤点滅は、加熱ブレードが折れてるかも ブレードが折れていると、赤点滅で異常を知らせてくれるんですね。 アイコス3ホルダー• アイコス3マルチ のランプが、赤く光った場合、ブレード部分を確認してみましょう。 少し欠けてる場合でも、赤ランプになることもあります。 黄色の点滅ランプ• ランプの電子部品によって、黄色く光ってるだけ 「あれ?なんか黄色く光ってる!」 って見えることがあります。 LEDの透過性の問題で、黄色く点滅する場合もあるんですね。 わかりやすく言えば、ランプの性質によって、黄色く光って見えるだけです。 カスタマーセンターのスタッフによっては、 「原因は不明」と回答されることもあります。 製品に異常がなければ、無視して、使い続けましょう。 アイコス3の白点滅の対処法 2回のみ白点滅したら、あたためるか冷やす 白点滅が2回だけしたら、温度の異常のサインです。 そのため、あたためるか冷やすかして、温度調整する必要があるってことです。 あたためる時:手のひらの温度• 冷やす時:こたつの中へ入れる 急激に温度を変化させないよう注意しましょう。 少しずつ温度を戻すことが重要です。 充電し続けないことがポイント 本体の温度調整がうまくいってないまま、充電をするとさらにエラーが出ることも。 白点滅が連続で2回光らなくなったら、充電するようにしましょう。 エラー時の点滅サインを見逃さないことが大切ですね。 アイコス3の赤点滅の対処法 アイコス3 とにかく再起動する ホルダーもチャージャーも、赤く光ったらリセットして様子を見ましょう。 一度、 設定をゼロにすると、直る場合があるんですね。 自分で色々といじる前に、思い切って再起動してみると改善されるかもしれません。 >> アイコス3マルチ アイコス3と同じくリセットが有効 アイコス3マルチも、赤点滅時はリセットするように、公式でもアナウンスされています。 本体に異常があったら、まずは再起動!って頭に入れておきたいですね。 改善されなければ、問い合わせへ どうしても点滅の不具合が直らず、使うことができないなら、問い合わせちゃうのが一番です。 自分で何とかしようと、分解するのは故障の元。 アイコスのサポートに頼ることも、大切です。 iQOSカスタマーセンター 0120-190-517 受付時間9:00~21:00 アイコス3の黄点滅の対処法• 特に対処する必要なし 黄色く点滅して見えても、特に問題はありません。 故障につながる色ではないので、そのまま放っておきましょう。 気になるなら、交換対応が可能 「なんだか気持ち悪いんだけど!」 ってあなたは、交換対応が可能です。 不具合の原因になるのでは?って 心配しながら使うくらいなら、いっそ交換しちゃいたいですね。 手続きがめんどうなら、特に気にせず利用し続けるのも1つです。 アイコス3の点滅の意味を説明してきましたが、最後に、• 故障してる点滅の光り方 をチェックしましょう。 故障してる点滅の光り方 アイコス3でも、赤点滅は故障につながる色 赤は危険信号ってことですね。 赤点滅しても、問題なく使用できる場合も多いんですね。 でも、機械類のため、中では異常事態のエラーってこともあるので、注意が必要です。 白ランプは安全だが、2回点滅したら注意 基本的に、白ランプの意味は正常な色です。 でも、1つだけ覚えておきたいのが、• 2回の白点滅だけは、警告色 になります。 温度調整がうまくできてないため、 あたためるか冷ますかの対応が必要になってきます。 点滅スピードがおかしい、エラー 「早いスピードで、何度もチカチカ連続点滅する!」 など 高速点滅してる場合は、明らかなエラー現象です。 ランプの光り方が早すぎる、遅すぎるなどのスピードがおかしいなら、不具合を疑いましょう。 まとめると、.

次の

【アイコス3の点滅の意味】白色や赤色ランプの対処法も

アイコス点滅

このページの内容... ポケットチャージャーのライトの見方 旧型アイコスの場合 開閉ボタンを上にした状態で、上から ・アイコスホルダー充電ステイタスライト ・アイコスポケットチャージャー充電ステイタスライト ・自動加熱クリーニングステイタスライト ・自動加熱クリーニングボタン ・電源ボタン となっています。 新型アイコス2. 4plusの場合 新型アイコス2. 4plusでは、ライトの総称を「ポケットチャージャーディスプレイ」としています。 こちらも開閉ボタンを上にした状態で、上から ・ホルダー充電状態 ・ポケットチャージャー充電状態 ・リセットボタン ・電源ボタン となっています。 ホルダー充電時のランプ点滅・点灯パターン 正常時 旧型アイコスの場合 ホルダーの充電をしている時に緑ランプが点滅し、充電が完了すると緑ランプが点灯、数秒後にランプが消灯します。 ランプが消灯したら、ホルダーの充電が完了された状態です。 新型アイコス2. 4plusの場合 旧型と同じく、画像の緑ランプ部分が白ランプに点滅し、充電が完了すると白ランプが点灯、数秒後ランプが消灯します。 ランプが消灯したら、ホルダーが充電が完了された状態です。 ホルダー充電時のランプ点灯・点滅パターン 異常時 旧型アイコスオレンジランプ点滅 ホルダーとポケットチャージャーの接触不良時に、オレンジランプが点滅します。 一度ホルダーを抜き、再度ポケットチャージャーに戻して、充電を行ってください。 赤ランプ点滅または点灯 旧型アイコス・新型アイコス2. 4plus、どちらも赤ランプが点滅・点灯している場合故障の可能性があります。 一度リセットや再起動をしてみて、万が一改善されないようであればアイコスのカスタマーサポートに連絡し、修理もしくは交換をしてもらう必要があります。 新型アイコス2. 4plus、ポケットチャージャー充電状態の最下部が赤ランプ点灯 充電状態を確認出来るディスプレイの最下部が赤ランプに点灯している場合、こちらも故障の可能性があります。 同じくリセットもしくは再起動をしてみて、直らないようであれば修理もしくは交換をしてもらう必要があります。 自動加熱クリーニングステイタスライト 旧型アイコスの場合、自動加熱クリーニングステイタスライトがあります。 オレンジランプ点灯は、クリーニング待機中で故障ではありませんので、安心してください。 ホルダーの充電が終わり次第、自動クリーニングが開始されます。 緑ランプ点滅は、自動クリーニングが行われている状態です。 自動クリーニングが終わり次第、再度ホルダーの充電が開始されます。 自動加熱クリーニングステイタスライトとアイコスホルダー充電ステイタスライトが両方赤ランプ点滅している場合、故障している可能性があります。 ポケットチャージャーの再起動をしてみて、改善されないようであればアイコスカスタマーサポートに連絡して、修理もしくは交換してもらう必要があります。 アイコスホルダーのランプ点滅・点灯パターン 正常時 旧型アイコスの場合 緑ランプ点滅はヒートスティックを加熱している状態です。 緑ランプが点滅から点灯に変わると、ヒートスティックの加熱が完了し、吸引する事が出来ます。 オレンジランプ点灯になると、ヒートスティックの吸い終わりが近い状態です。 消灯すると吸引終了となりますので、ヒートスティックを抜いてホルダーの充電をしましょう。 新型アイコス2. 4plusの場合 白ランプが点滅している時は、ヒートスティックを加熱している状態です。 白ランプが点滅から点灯に変わると、ヒートスティックの加熱が完了し、吸引する事が出来ます。 吸引が終わりに近くなると、白ランプが点滅しバイブレーターで知らせてくれます。 消灯すると吸引終了となりますので、ヒートスティックを抜いてホルダーの充電をしましょう。 アイコスホルダーのランプ点滅・点灯パターン 異常時 旧型アイコス・新型アイコス2. 4plus共に、赤ランプが点灯もしくは点滅している場合、充電不良や故障の可能性があります。 ホルダーのボタンを長押ししても加熱が始まらない時は充電不良の可能性が高いです。 一度ヒートスティックを抜いて、再度ホルダーの充電をしてみてください。 また、気温の低い場所での吸引時、ホルダーのボタンを押したのに、赤ランプが点灯する場合があります。 適度にポケットチャージャーやホルダーを温めてから、加熱を開始してください。 寒い場所での喫煙時はホルダーを手で温めながら吸うと良いですよ。 ポケットチャージャーの再起動・リセット方法 旧型アイコスの場合 電源ボタンの長押しをすると、電源ON・OFFが切り替わります。 再起動するには、電源ボタンと自動加熱クリーニングボタンを同時に長押しすると、再起動・リセットがかかります。 新型アイコス2. 4plusの場合 旧型と同様に、電源ボタンを長押しすると、電源ON・OFFが切り替わります。 再起動・リセットは、こちらも同様に電源ボタンとリセットボタンを同時に長押しすると、再起動・リセットがかかります。 アイコスを故障から守る方法 カバーやケースを使う ポケットチャージャーとホルダーは精密機械ですので水や寒さに弱いです。 ポケットチャージャーの専用カバーや専用ケースを使って、傷や汚れ・寒さなどからアイコスを守りましょう。 これからの時期、寒い地域にお住まいの方や低温になる場所での使用の際は、専用カバーを付ける事によって寒さから守る事が出来ますので、ぜひ試してみてくださいね。 また、雨や生活防水に対応した専用カバーも販売されていますので、必要に応じてカバーを付け替えてみても良いですね。 こまめにホルダーの掃除をする ヒートスティックを加熱すると、ホルダーの加熱ブレードに葉の焦げ付きが残ります。 アイコスを吸っていると必ず付くものですが、これを放置したまま吸い続けると、焦げ付きが重なり、いざ綺麗に掃除しようと思った時には落とすのが大変になります。 無理に掃除をしようと力を入れすぎると、加熱ブレードが折れてしまう場合もあります。 また、掃除が大変になるだけでなく、ヒートスティックの味わいも変わってしまいますので、ホルダーは1日1回または20本を目安に掃除ブラシやクリーニング綿棒で掃除しましょう。 ヒートスティックを正しく差し込む ヒートスティックをむやみに差し込んだりしていませんか? 普段の力で差し込もうとした時に、うまくささらない時がありますよね。 その場合、一度ヒートスティックを抜いて、葉の部分を少し揉んでから再度差し込んでみてください。 葉が詰まり過ぎている場合はこの方法で差し込みがスムーズになります。 また、ヒートスティックは差し込む位置があります。 ヒートスティックのロゴの部分を、ホルダーのボタンの位置に合わせてから差し込むとスムーズに差し込む事が出来ます。 むやみに差し込む前にヒートスティックの正しい差し込み方を覚えておきましょう。 不具合が出た時は再起動・リセットを試してみる アイコスは精密機械ですので、パソコンやスマートフォンと同じように故障は付き物です。 「故障かな?」と思ったら上記で説明したように再起動やリセットをかけると回復する場合があります。 万が一回復しない・改善されない場合は、早めにアイコスカスタマーサポートに連絡して、修理や交換をしてもらいましょう。 アイコスのポケットチャージャーとホルダーの点滅・点灯パターンや、故障かなと思った時の対処法、アイコスを故障から守る方法についてでした。 ところで、 『EFOS(イーフォス)』と言う最新の電子タバコを知っていますか? アイコスより4000円も安くて、保証も3ヶ月付いている上に、 今ならQUOカード付で購入できるキャンペーンをやっています。 キャンペーンの間に購入しておくと良いですね。 【タバコとギャンブルがセットなあなた】ギャンブルでかなりの高確率で稼ぎ続ける方法 今これを読んでいるということは、あなたも当然今までに何かしらのギャンブル(競馬・パチスロ・パチンコ・カジノ)をしたことがあると思います。 そこで現在あなたは、月間トータルで収支がプラスになっていますか? はい!と答えられる方は、少ないのではないでしょうか? ギャンブルで負ける人が多い中、実際にギャンブルで勝ち続けてご飯を食べている方は、ギャンブル=投資(資産運用)と捉えています! ですがギャンブルから投資(資産運用)に変える事は、簡単なことではありません。 でも、ギャンブルから投資(資産運用)に変えることが出来たら、パチスロで勝ち続けることができると思いませんか? 実際に勝ち続けてる方は、「投資(資産運用)」とギャンブルの事を捉えています。 ギャンブル好きというだけで、世間から白い目で見られることもありますが、私自身ギャンブルではなく資産運用と捉えていますので、もう少し前向きにパチスロ、競馬、カジノなどに興味のある方と仲良くなりたいという純粋な気持ちでこのような情報をシェアしていきたいと考えております。 興味のある方は是非LINE@の友達追加よろしくお願い致します。 『 cqx7624y 』で検索しても追加できます。

次の

【保存版】アイコス3デュオの全点滅パターンを網羅!注意すべき点滅とは?

アイコス点滅

iQOS(アイコス)は故障が多いことでも知られています。 どんな時に故障が起きるのか?故障が起きた時にどんな状態が起きていると判断することができるのでしょうか。 その方法の一つに、iQOS(アイコス)のランプの点灯や点滅による故障原因の発見方法があります。 各色のライトが点滅するときにはどんな故障が考えられるのか?またどんな対応をする必要があるのか?など、iQOS(アイコス)愛用者なら知っておきたいiQOS(アイコス)のライトの点滅時故障ポイントについてまとめました。 iQOS(アイコス)の調子が悪い…これって修理に出す必要があるの?と疑問に思った時は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。 ・ホルダー充電時のステイタスライト• ・ポケットチャージャー充電時のステイタスライト• ・自動加熱クリーニング起動時のステイタスライト まずは、それぞれがどこの位置のランプを指しているのかを把握する必要があります。 ホルダー充電時のステイタスライト ホルダー充電時のステイタスライトとは、ランプの一番右側にある丸い大きなランプのことです。 こちらはよく見かけると思いますが、充電中は緑色に点滅しています。 ホルダーの充電が完了した時に緑色のランプが数回点灯するようになっています。 これが充電の正常な状態です。 ではどんな時に不具合が考えられるのか、具体的な例からみていきましょう。 オレンジ まずオレンジに点滅していた時に考えられる不良は、ホルダーとポケットチャージャーの接触不良によるものです。 この場合どんなにiQOS(アイコス)を充電したとしても満タンになることはなく、充電すら行なうことができません。 ホルダーの抜き差しをして様子を見た上でなにも変化が見られなければ、新品のiQOS(アイコス)と交換してもらう必要があります。 赤 iQOS(アイコス)を充電した時のステイタスライトが赤く点滅している時は特に注意が必要です。 何らかの不具合が起きて故障している可能性があります。 iQOS(アイコス)自体になにか外見の破損や故障が起きていないか確認し、再起動などを試した上も赤いランプの点灯が消えない場合はカスタマーサポートに連絡して新品と交換してもらうといいでしょう。 充電時の赤いランプは「危険」と覚えておいてください。 ポケットチャージャー充電時のステイタスライト 次に、ポケットチャージャー充電時のステイタスライトの点滅・点灯について説明します。 ポケットチャージャーのステイタスライトとは、iQOS(アイコス)に4つある小さなライトのことです。 このライトはポケットチャージャー充電時についているのが通常なのですが、点滅・点灯している数によって何かしらの不調が起きていることもあります。 具体的な例としては、一つだけライトが点滅している時はポケットチャージャー自体の充電が少ないことを表します。 思っているよりも充電時間が短い可能性もありますので、再度充電をして様子を見てみてください。 それでも改善しない場合はカスタマーサポートに連絡してみてもいいでしょう。 自動加熱クリーニング起動時のステイタスライト 一番左側にある大きなライトのことをいいます。 クリーニング中は緑色に点滅し、クリーニングが完了すると終わったことを知らせてくれます。 オレンジ色の点滅をしている時はクリーニングの待機中を表し、自動クリーニングが作動するまでの間の点滅です。 何か異常があるわけではないのでそのままにしておいても問題はありません。 異常があると赤色に点滅します。 この場合は故障している可能性がありますので、カスタマーセンターに連絡して今の状態について相談しましょう。 そのまま様子をみていても故障が直るわけでもありませんし、できるだけ早く対応してもらうようにしてくださいね。 ライトの色による判断方法 iQOS(アイコス)の故障の判断方法として「緑が正常」「オレンジ要注意・そのまま」「赤が故障」であるパターンが多いことがわかります。 いずれにしても、長期間その状態が改善しない、緑の状態でも長く押さないとボタンが反応しないなど、何らかの不具合がある時は一度iQOS(アイコス)自体を見直して見たほうがいいかもしれません。 本来であれば快適に使えるのが一番ですし、使いづらいポイントがあるだけでもストレスになってしまいます。 iQOS(アイコス)ホルダー自体の点滅・点灯 iQOS(アイコス)のなかでヒートスティックを吸うために熱を発生させてくれる重要な役割をしているのがホルダーでしょう。 緑色の点滅はヒートスティックを加熱している状態なので問題はありません。 加熱が終了すると自動的に点灯に切り替わります。 点滅がオレンジ色になった時は、ヒートスティックがそろそろ終わることを表しています。 ここまでは通常起こる状態です。 一番良くないのは、赤色ランプの点滅です。 赤色の点滅は充電が切れている、もしくは充電が出来ていないことを表しています。 iQOS(アイコス)自体が冷えてしまいうまく点滅できない、すぐに消えてしまうなどホルダーになんらかの故障が起きている可能性があります。 この場合はカスタマーサポートに連絡して対応してもらうようにしましょう。 iQOS(アイコス)でランプが点滅した時にまずはチェックすること iQOS(アイコス)で赤色のランプが点滅・点灯した時は一度リセット(再起動)してみてください。 一時的な接触不調などが原因の場合もありますので、もしかしたら改善するかもしれません。 リセットする前に、ホルダーをポケットチャージャーに入れた状態で両方のデパイスが充電されていることを確認しましょう。 電源ボタンとリセットボタンの両方を長く押し、すべてのライトの点滅が消えるまで長押しします。 リセット方法はたったのこれだけです。 iQOS(アイコス)に不具合が起きた時は一度試してみてくださいね。 リセットしても改善しなければカスタマーサポートへ それでも改善しない場合は、公式サイトにある「故障診断ツール」で一度確認し、その後にカスタマーサポートに連絡して対応してもらうようにしましょう。 カスタマーサポートへは連絡が通じにくい…なんてこともあるようです。 メールにて修理を依頼することもできますが、そうなるとiQOS(アイコス)が戻ってくるまでに時間がかかってしまうこともあります。 最長10日ほどは見たほうが良さそうです。 iQOS(アイコス)は保証期間があるので、そのままにしていて保証期間が過ぎてしまわないようにできるだけ早く修理に出すようにしましょう。 iQOS(アイコス)の故障を防ぐために iQOS(アイコス)はもともと故障が多いことでも知られています。 使い方やメンテンナス方法によってかんたんに故障してしまうことがあります。 故障した時はカスタマーセンターなどで新しいiQOS(アイコス)と交換してくれますが、できるだけ故障はしたくないものですよね。 そのためにも、アイコス内部の定期的な清掃はもちろん、iQOS(アイコス)を使用する時に無理に押し込むことや、ひっぱるなどの無理な動作は避け、大切に使うようにしましょう。 iQOS(アイコス)の故障を起こさせないためにも、日頃の使い方には十分注意してください。 まとめ 今回はiQOS(アイコス)の故障時に起こる点滅・点灯パターンやその時の対策などをご紹介しました。 点滅にもさまざまなパターンがあるので、事前に知っておくことで安心してiQOS(アイコス)を利用することができます。 万が一故障してしまった時でも「この点滅はこれだ」とわかれば安心できますし、本当に故障しているのか?充電が足りてないだけなのではないかなど、さまざまなパターンを考え試すことができます。 修理に出したのに本当は故障ではなかった…なんてことがないようにしたいものですね。 特に保証期間中であれば無料で交換してくれますが、保証期間が過ぎてしまうと有償になってしまうので気を付けてください。 iQOS(アイコス)の使い方をマスターして長く愛用できるようにしましょう。

次の